レーション

2014年12月24日

バゥドゥッコのパネトーネとトースト!!!

(期間限定のお知らせ) 2015年3月ボルネオ植林ツアーへのお誘い記事はこちらです。





ちゃん、ちゃかちゃか、ちゃかちゃか、ちゃん・・・





めりぃ、くりすます!!! みすたぁろれんす!!!







つーことで・・・ま、戦メリと直接の関係はありませんが・・・

DSCN4086

今回はクリスマス・スペシャルケーキ!!!とかのご紹介!!!








そう、まずは・・・

DSCN4082

こちら、バゥドゥッコBauduccoのパネトーネであります!!!








DSCN4083

ええ、約1kgあります・・・









DSCN4085

で、パネトーネPanettoneとゆー名前の由来なんですが・・・


昔っ、アラブぅのぉ、偉いお坊ぉさんがぁ・・・ではなく・・・


昔、イタリアのトニーとゆーパン屋さんが、パンに様々な甘い具材を入れて焼いたのがはじまり、
それが知られるようになって、やがてトニーのパンでパネトーネと呼ばれるようになったとか・・・


ま、メリーとゆーパン屋さんが焼いてたら・・・

メリーとぉゆう名のぉ、女が焼いてるぅぅぅぅ

甘くてぇ、酸っぱいぃ、メリーが焼いたジェリーロール・・・

最高の味だぜぇぃ、ジェリーロールベイカーズブルース!!!



おっいぇい、ジェリーロールベイカーズブルース!!!







閑話休題





で、ブラジルへ移民したイタリア系のパン屋さんバゥドゥッコBauduccoがブラジル中に広めて大成功し、
今や世界中で、クリスマスなどお祝い事の際に食べられるようになったとか・・・

じつはこちら、次男の友人のブラジル人からのプレゼントで、ま、その受け売りなんですが・・・




(食後の感想追記です。)
記事にアップした後に試食しました。
なんとなく、硬めのカステラを想像してましたが、食感も見た目も柔らかいパンそのものでした。
生地自体も甘く、シロップ漬けフルーツも入ってるので、甘いパン好きにはたまらないでしょうね。
コーヒー・紅茶に限らず白ワインなど甘めのお酒にも合いそうで、開封しない限りは日持ちしますから、
キャンプでパンが固くなってしまう二日目以降の朝食や夜食にも最適ですが、開封すれば冷蔵で三日、
冷凍で一ヶ月つーことですから、多人数キャンプでの食べ切りが前提になりますね。






いっぽう、こちらは自分で買った・・・

DSCN4067

同じくバゥドゥッコBauduccoの「トースト」であります。








DSCN4069

トースト、ビスケット、ラスク、クッキー、クラッカー、堅焼きパン・・・いろんな製法や呼び名がありますが、
ま、二度焼きパンつーか、様々な方法で水分を少なくしてかりかりさくさくに、日持ちも良くなったパンで、
戦闘糧食・コンバットレーションでもおなじみ、わが国では乾パンが不動の地位を占めてますね・・・

バゥドゥッコはトーストだけでも何種類か出してますが、これは書いてあるとおりマルチシリアルタイプ、
ご飯でいえば雑穀米でしょうか、なかなか健康にもよさそうです。





ちなみにこちらは・・・

DSCN4066

いかにもトーストらしい見た目と食感で、お味もかりかりのトーストそのもの。







DSCN4064

クリームチーズや様々なスプレッド、ジャムやパテ類、コンビーフやランチョンミートにも合いますし、
赤チャリさんご愛用の甘い甘いカルピスソフトやwingさんご愛用のガーリック&マーガリンにもぴったり、
ワインのつまみや忙しい時の朝食用としてだけでなく、行動食としても最適なのであります。


なので、こちらはご覧のとおり、8パックをまとめ買いっ!!! 賞味期限が近いからか、一瞬半値になってたし・・・







なにせ・・・

DSCN4065

このように「100均・ほぼ密閉容器」に入れて持ち運べば崩れず、どんな状況でもトーストが味わえ、
同じ100均の丸型・スクリュー式容器にアルファ米(時間と燃料に余裕があれば無洗米)を入れて持ち歩けば・・・




和洋いずれの緊急野外宴会にも即応できるとゆー・・・


って、やっぱりそっちに行くんかいっ!!!





m98k at 19:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)mixiチェック

2014年10月30日

健康的に

ええ、健康的に・・・






DSCN3056

バランスアップシリーズの小麦ブラン「木の実と繊維」と玄米ブラン「メープルくるみ」










こちらは以前にも紹介したことのある・・・

DSCN3055

五穀のビスケットであります。



わたくし、朝食から昼食までと、昼食から夕食までの間に、頻繁に食べていないとイライラするとゆー、
わかりやすい性格なので、職場にはいろんな食べ物を置いてるのですが、ま、なるべく健康的なものを、
また、仕事で昼食のタイミングが遅れた場合など、そのままでは危険なまで凶暴になりますので、
緊急時にはそれなりのレーションにもなるものを選ぶようにしています。

非常時だけを考えると、なるべく高カロリーなほうがいいのでしょうが、それではひたすら太るばかり、
でも、あまりに低カロリーだと食べた気がせず、イライラが高まるばかりで周囲に迷惑ですので、
そのあたりのバランスが難しくて・・・あっ、それでバランス栄養食とゆーのか・・・(違)

ま、このあたりなら一袋で80から137キロカロリー、せいぜい食パン一枚分ですので、ひと箱食べたとしても安心???




でも、やはり甘いものは欲しいので・・・

DSCN3053

小麦ブラン配合のチョコタルトなんぞも・・・





DSCN3054

こちら、播磨の国は姫路で製造されてるんですね・・・










あとは、wingさんにキャンプでいただいて以来、すっかりわたくしの常食となった・・・

DSCN3507

小麦胚芽入りのビスコ・・・そう、グリーンビスコであります。








ま、こちらは常食なので・・・

DSCN3509

いっぱい用意しました。がははは



って、ほんとに「健康的に」なのか・・・





m98k at 01:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)mixiチェック

2014年03月17日

ビスコその2!!!

(当サイトの過去記事を画像付きで一覧できます。)
(左バーにタグクラウドを表示しました。関連記事の検索にご利用ください。)




wingさんの常食ビスコ
の再登場であります。



じゃーん

DSCN1621








上記リンク記事で紹介したwingさん愛用のは5枚×3パック、15枚入りの小箱なんですが、こちらは・・・

DSCN1623

そう、小麦胚芽・乳酸菌入りグリーンビスコの2枚×25パック、50枚入り徳用袋なのであります。

小箱はwingさんの通常入手価格が0.1k、わたくしは特価0.088kの際に入手してたんですが・・・

こちらはなんと、特価で0.2k!!!

そう、一枚当たり単価では3/5程度になるのでお買い得、しかも2枚で1パックと、更に小分けされてます。




DSCN1622

まあ、これなら、みんなにも少しぐらいなら分けてあげるか・・・1パック2枚入りだし・・・





そう、わたくしこの50枚入り徳用袋を・・・

DSCN1624

とりあえず10袋買いまして、すでに3袋は職場へ・・・げひげひ

まあ、残り7袋、350枚あればキャンプ宴会でも決して負けはしないかと・・・(意味不明)







で、もうひとつ・・・こちらが新発売の・・・

DSCN1889

バターが香る、ゴールドパッケージのスペシャルビスコであります。






そう、wingさん常食のグリーンビスコは乳酸菌が1億個でしたが、このゴールドビスコはなんと・・・

DSCN1891


乳酸菌が2億個なのでありますね・・・






DSCN1890

発酵バター入りのビスケットにバニラシード入りのクリーム・・・じゅるじゅる

今のところ15枚入りの小箱しか見かけませんが、これの徳用袋が楽しみであります。じゅるじゅる





m98k at 22:34|PermalinkComments(3)TrackBack(0)mixiチェック

2014年02月11日

プデチゲ!!!

(当サイトの過去記事を画像付きで一覧できます。)
(左バーにタグクラウドを表示しました。文字が大きいほど記事も多いですが、表示されているタグは一部です。)




関西の本格的な春の到来は、3月14日までの奈良・東大寺二月堂のお水取りが過ぎてから・・・

でも1月末に奈良・若草山の山焼きが終わると、スーパーなどでは一斉に春の気配が・・・




そう、若草山の山焼きとゆーのは、

冬物商品の安売りが始まる合図なんですね・・・
(違)







つーことで今回は、2月に入ってさっそく半額になってた冬物商品をご紹介・・・


DSCN1616




韓国の大衆鍋料理「プデチゲ」用のスープであります・・・




DSCN1614

こちらの説明にもあるとおり、プデチゲは「部隊鍋」と書きます。

米軍のコンバットレーションだったスパムなど缶詰ランチョンミートをメインに、キムチや即席麺など、
ありあわせの具材を大鍋に投入して、兵士たちが部隊の仲間でつついてた味が忘れられずに、
除隊後も集まって食べてたものが、やがて大衆鍋料理として拡がっていったようであります。

もともと韓国の伝統的な鍋料理は、一人ひとり別々の鍋で食べるの一般的だったようですが、
この部隊鍋の普及により、みんなでひとつの鍋を囲んで食べるという(下品な)習慣が定着したとか・・・

ま、起源といい素材といい食べ方といい比較的新しい鍋料理として、特に本場の韓国では、
「みんなでつつく!!!」とゆー食べ方が、とても下品で新鮮だったんでしょうね。

スパムが大好きなわたくし、かなり以前からキャンプ宴会などで、部隊鍋らしきものは作っており、
本格的なものにするときには、韓国製のインスタント袋麺の麺とスープを使っていたのですが、
最近は専用スープまで出回ってたんですねえ・・・今回まで知りませんでした。

ま、冬の季節商品とはいえ、わたくし真夏以外は鍋料理を常食としてますから、半額セールはうれしい限り・・・


つーことで、袋に書いてあった(おそらく本場で普及している)正統派プデチゲの作り方であります。

DSCN1619



DSCN1620

うーむ、そーいやわたくし、部隊鍋にジャガイモやチーズを入れたことはなかったなあ・・・

逆に白菜やネギなどの野菜は入れないようですね・・・ま、キムチをたっぷり入れるのでいいのか・・・

つーことで、次回のキャンプ宴会ではこのスープを使った本格的なプデチゲをですね・・・じゅるじゅる・・・

って、それまで残ってるかどうかは怪しいですが・・・じゅるじゅる・・・



m98k at 02:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)mixiチェック

2014年01月24日

マジックパスタ!!!

(期間限定? 当サイトの過去記事を画像付きで一覧できます。)

今回はマジックパスタ!!!であります。

???

わたくし、日帰り山歩きの昼食メインは、おにぎりとカップ麺か袋麺(とバーボン)が多いのですが、
たまにはちと贅沢に、パスタ類やパン類(とワイン)をメインにすることもあります。
まあ、どちらの場合も、おかず(つーかつまみ)は、ランチョンミートやコンビーフなど肉類が中心ですが・・・

で、当日おにぎりが用意できない場合は、自宅の備蓄用アルファ米とかを持って行くこともありますが、
こちらも贅沢といえば贅沢なのであります・・・

そう、アルファ化したご飯類やパスタ類は、調理が簡単で軽く、長期保存できるので便利なんですが、
ま、単価的にはかなりお高いので、けっこう贅沢、つーことになるんですよねえ・・・


で、今回は、さらに贅沢に・・・


じゃーん

DSCN1556

アルファ化したパスタなのであります。きっぱりと

そう、マジックライスでおなじみのサタケのマジックパスタであります。
しかもこちらは、なんとも懐かしいナポリタン味・・・じゅるじゅる







DSCN1557

デュラム小麦セモリナのショートパスタで重量はソース込み72g、んで、出来上がり量が約220g・・・






DSCN1558

そう、150ccのお湯を注いで3分で、それなりのパスタがいただけるのであります。じゅるじゅる




で、さっそく試食であります・・・

DSCN1571

まず中に入っている粉末ソース、脱酸素剤、スプーンを取り出します。
袋の下部がしっかりと自立するようになっており、スプーンも入ってるので食器は一切不要です。



DSCN1572

見た目はふつーの乾麺(乾燥パスタ)と同じですが、アルファ化されてるのでこのまま齧っても消化吸収します。

で、お湯を注水線まで注ぎ、付属のスプーンで軽くかき混ぜて、しっかりファスナーを閉じます。




DSCN1574

あとはひたすら3分間待って・・・ううっ、待ち遠しいなあ・・・




そうだ、粉末ソースを開けておこう・・・

DSCN1576

見た限り、固形物はピーマンとタマネギのごく小さな切れ端だけのようでした。





で、3分後に粉末ソースを入れて、よくかき混ぜ・・・そう、よくかき混ぜないとソースが馴染みません。

DSCN1577

完成であります。





さらに1分後・・・

DSCN1578

完食であります。


食べた感想は、まあふつーのナポリタン味の、ふつーのショートパスタ・・・
と言ってしまえばそれまでなんですが、僅か150ccのお湯と3分間の待ち時間で、それなりの食感とお味が、
それなりに楽しめるとゆーのは、やはりうれしいですね。


マジックライスなどのアルファ化されたご飯類も、緊急の場合にはそのまま齧ることもできますが、
ふつーのご飯として食べるには、お湯でも15分程度、水なら60分以上置いておかないといけません。

いっぽうカップ麺の場合は、こちらと同じ3分間で食べられますが、通常400cc程度のお湯が必要ですから、
湯沸かしに要する時間も合わせると、こちらのほうがかなり短時間で食べられることになります。

ところが前述のとおり、アルファ化したご飯類やパスタ類は、カップ麺やおにぎりに比べてかなりお高く、
わたくしにとっては贅沢品なわけで、たまに備蓄用の貴重品を持って行くのがせいぜいだったんですが、
軽くて使用するお湯も少なく、それなりにおいしいパスタが食べたいとゆー物欲を押さえられず・・・


今回は思い切ってですね・・・



じゃじゃーん
DSCN1553



DSCN1555

わははは、贅沢にも20袋入りの箱をどどんと・・・


って、そう、じつはこれ・・・


DSCN1554

通常は賞味期限3年程度で販売されてるのが、残り1年半となったため、半額以下になってたんですね。

まあ、今月中とかならいざ知らず、1年半で20袋なら充分消費できますので・・・

って、一回で2袋消費するとしても昼食10回分、1年半で10回も山歩きに行けるかなあ・・・とほほ・・・

そうか、自宅やキャンプでお夜食に食べる分を忘れていたぞ・・・

お夜食なので一晩で1袋としても、1年半で約550袋か・・・それに山歩きの昼食用も含めると・・・

うーむ、一箱ではなく、30箱ほど買っておけばよかった・・・のかっ???




m98k at 22:55|PermalinkComments(2)TrackBack(0)mixiチェック

2013年11月14日

ランチョンミート・・・

(期間未定のお知らせ) 当サイトの過去記事を画像付きで一覧できる「HISTORY VIEW」はこちらです。
(期間限定のお知らせ) 植林ボランティア団体N.GKS講演会へのお誘い記事はこちらです。



ええ、さらに糧食記事が続きますが・・・

今回はcombatfoxさんのブログ記事に刺激されましてですね・・・

このサイトでも、すでに何度か紹介しているランチョンミートであります。

ランチョンミート・・・

アメリカ・ホーメル社の「スパム」が、ランチョンミートの代名詞になるほど有名ですが、
味付けした生の挽肉を缶に充填してから、加熱(調理・殺菌)するのが特徴だそうです。(ウィキペディアより)

コンビーフ缶なんぞと並び、保存用糧食としておなじみで、世界中に展開した米軍のレーションとして、
アジア各地にも普及し、特に沖縄料理や韓国の部隊鍋(プテチゲ)には不可欠な食材でもあります・・・

ま、プテチゲの作り方については、こちらのキャンプ宴会画像をご参考に・・・






と、前置きはさておき、今回見つけたのは・・・







RIMG14281

こんなポーク・ランチョンミートであります。(左は大きさ比較用のFENIX MC-10で長さは10cm。)

「うす塩味」とゆーのが、やや気になるところではありますが・・・

てきとーにスライスして、かるく炙ってパンやご飯にのせたり、生肉を持ち歩けない場合の鍋具材にしたり、
ま、なにせ「貴重な肉類」ですから、ソロキャンプの場合などは、これだけで充分メインディッシュになります。











RIMG14282

デンマーク・ミッドランド社製の300g缶、やはり消費の多い沖縄の会社が輸入してるんですね・・・

ちなみに上記リンク記事のcombatfoxさんが入手されたのはチューリップ社製、こちらもデンマークですね。

さらにちなみに、ボルネオ島のスーパーのノン・ハラル(非イスラム)コーナーにあったランチョンミートも、
その殆どがアメリカ・ホーメル社製か、デンマーク・チューリップ社製でした。

アメリカ製以外では、デンマーク製とオランダ製が多いようですが、デンマークやオランダ国内では、
ランチョンミートを食べる習慣はなく、すべて輸出用だそうであります。ふーむ・・・

ま、ランチョンミートのお味は確かにアメリカ的ですね・・・わたくしは大好きなんですが・・・


賞味期限は5年以上あり、もちろんそのままでも食べられるので、非常食としても最適ですね・・・

って、それまで、わたくしのお腹が持つはずもなく・・・さっそく、お夜食にでも・・・じゅるじゅる





m98k at 00:55|PermalinkComments(2)TrackBack(0)mixiチェック

2013年11月06日

五穀のビスケット!!!

(期間未定のお知らせ) 当サイトの過去記事を画像付きで一覧できる「HISTORY VIEW」はこちらです。
(期間限定のお知らせ) 植林ボランティア団体N.GKS講演会へのお誘い記事はこちらです。



まあ、前回記事の続きとゆーか・・・


ブルボン・五穀のビスケットであります。


DSCN1024









ちなみに、このビスケットに入ってる五穀とは・・・

DSCN1025

黒大豆、玄米、大麦、あわ、きび、だそーです・・・


五穀については時代や地域などでバラバラのようで、同じ日本でも、古事記と日本書紀でも異なり、
また密教でも経典により、農家でも麻など食べ物以外の重要な農作物を含む場合もあるようですが、
現代日本ではコメ・ムギ・アワ・マメ・キビまたはヒエ、を指すことが多いそうです。(ウィキペディアより)

さらにちなみに、中国薬膳の五穀・五果・五畜・五菜にある五畜とはニワトリ・ヒツジ・ウシ・イヌ(ウマ)・ブタ、
んで、モンゴルの五畜はウマ・ウシ・ラクダ・ヤギ・ヒツジで、これは五大放牧家畜、つーことなんですね。

さらさらにちなみに、わたくし五畜のうち、イヌとラクダは食べたことがありません。たぶん・・・


閑話休題


ビスケットとかクラッカーとゆーのは日持ちするので、欧米のコンバットレーションには、パンがわりに
たいていセットされてますね・・・ま、我が国ではおなじみの乾パンですが・・・

こちらの商品、ま、ふつーのビスケットよりは、少しは身体によさそうな気もしますが・・・

ま、食べ過ぎれば同じことか・・・あははは


m98k at 22:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)mixiチェック

2013年11月04日

ビスコ!!!

(期間未定のお知らせ) 当サイトの過去記事を画像付きで一覧できる「HISTORY VIEW」はこちらです。
(期間限定のお知らせ) 植林ボランティア団体N.GKS講演会へのお誘い記事はこちらです。


ええ、ビスコであります。きっぱりと

わたくし、グリコの戦闘糧食もとい検査食キットで丸一日過ごしたことがあります。

じつはその中にビスコが入ってまして、ひさしぶりに食べたその味が忘れられず・・・








RIMG15993

ええ、ついつい買ってしまったのであります。



そう、「おいしくてつよくなる」、グリコのビスコ・・・




RIMG15994

おなじみのビスコと、知らなかったビスコいちごミルクのアソートパックであります。








RIMG15995

2枚×25パック、50枚入りであります。








RIMG15996


乳酸菌にビタミンB1、B2、D、カルシウムも入ってて、「家族みんなの健康おやつ」・・・

と、書いてありますが、もちろんこれはわたくし専用、ええ、誰にもあげません・・・みひひひ

ちなみに1パック(標準8.4g)あたり、39キロカロリーのエネルギーだそうであります。

そうか、25パックぜんぶ食べても・・・975キロカロリーか・・・100パックで3900キロカロリー・・・
うーむ、これでようやく・・・わたくしの一日分・・・ちとさみしいな・・・



で、たまたま昨夜、wingさんちで強奪もとい、いただいてきたのがこれ・・・

DSCN1118

こちらは「小麦胚芽入り」とか「植物繊維入り」とか「香ばしさアップ!」とか書いてありますね・・・




しかも・・・

DSCN1119

5枚あたり、乳酸菌が1億個!!! 

さらにこちらのは、5枚入り1パック22.4gとありましたから一枚当たり4.48g、いっぽう、わたくしが買ったのは、
二枚入り1パックで8.4gですから、一枚当たり4.2g・・・うーむ、びみょーにちがいますね・・・


wingさんは、ビスコまで高級品志向だったのかっ!!!


裏画像だってかわいいし・・・

DSCN1120






感謝のP.S.
wingさん、昨夜はとーとつにお邪魔してお土産までいただいてしまい、まことにありがとうございました。
いや、ビスコはこの記事に使いたかっただけで、奪ってまで食べるつもりは・・・旨かったですが!!!


m98k at 15:15|PermalinkComments(2)TrackBack(0)mixiチェック

2013年08月24日

2013ボルネオ島ツアー装備!!!

(期間限定?のお知らせ)
ライブドアブログ10周年記念サイトの「HISTORY VIEW」で、当サイトの過去記事を月毎・年毎に一覧することができます。





わたくし、8月28日から6日間、ボルネオ島への植林ツアーに参加してきます。

わたくしにとっては2010年1月のツアー以来三年半ぶり、三回目のボルネオ島であります。

今回ツアーのメインはサラワク州クチン市郊外サバルでの地元の子どもたちとの植林と交流、
サバ州サンダカン市郊外スカウでの地元の子どもたちとの植林と交流、そして同じくスカウでの、
キナバタンガン川流域のリバークルーズとトレッキングでの動植物たちとの交流・・・

の予定なんですが・・・

例によって予定は未定、天候や現地の都合で変更もあるかと思いますが、ま、それも楽しみのひとつ、
わたくし自身は、酒とつまみさえあれば、あとはなんとでもなるとゆー・・・わははは

でもまあ、団体で行く植林ボランティアツアーですから、やはりそれなりの個人装備は必要・・・






つーことで、今回は珍しく早めから準備しましたので、わたくしの個人装備の一部を紹介させていただきます。

ま、みなさんの海外旅行の際の参考に・・・は、多分ならないと思いますが・・・







まず酒・・・は空港の免税店や現地のスーパーで確保するとして、とりあえずのつまみ兼非常食は・・・

RIMG15998

ま、こんなもんか・・・あとのカップ麺やつまみは現地調達の予定・・・でもスーパーに立ち寄る時間があるのか・・・

ちなみに左上は塩と胡椒と顆粒の「かつおしょうゆ」であります。
これさえあればどんなに稀少な野生動物でも美味しく食べることが・・・じゅるじゅる(違)







で今回、ジャングルのナイトトレッキングやナイトクルーズはスケジュールには入ってないのですが、
希望者が多ければ、オプションで可能なようなので・・・それに期待してと・・・

RIMG16000

ライトは新調したウルフアイズの三つ目をメインに・・・げひげひ

あっ、右下の妖灯は、あくまで魔除けとしての持参なのであります・・・びくびく








さらに、こちらも必需品の・・・

RIMG15999

トイレットペーパーに、TOMOさんからいただいたコールマンのマルチツール・・・そう、これさえあれば、
どんなに稀少な野生動物でも捕獲して解体して、美味しく食べることが・・・じゅるじゅる(違)

そして残りはすべて・・・


緊急どこでも宴会セット!!!
なのであります。

ちなみにツートーンのお箸はred-bicycleさんからのいただきもの・・・






おっと、大事なことを忘れてました・・・

①ボルネオ島では日に何度かはスコールがやってくる
②今回ツアーで3回予定されているリバークルーズの際には、傘はまったく使えない
③でも本格的なレインウェアでは蒸し暑くて、わたくしとても耐えられそうにない・・・


つーことで、今回の雨具は・・・

RIMG16001

クルーズ用やトレッキング用にはポンチョレインチャップス、市街地用には超軽量折り畳み傘にしました。

まあ、わたくしおそらく、ずっと短パンなので、レインチャップスまで使うことはないでしょうが、
なにせご覧のとおり、きわめて小型軽量なので、持ち歩くにも苦になりません。








で、今回持参する救急キットの中身であります。

RIMG15997

ボルネオのジャングルでは虫よけにポイズン・リムーバー、化膿止め、抗生剤、消炎剤は必須ですね・・・

わたくし一週間程度の海外ツアーなら、風邪薬も含めて内服薬は三日分を持参することにしています。
それ以上服用しなければならない状況なら別の処置が必要になるでしょうし、ま、帰国まで保てばいい、
との想定ですが、わたくし自身が内服薬を使うことは、今までも滅多にありませんでした。









で、あとはてきとーなお着替えを・・・そうだ、案内書に服装についても書いてあったな・・・どれどれ・・・

RIMG16004


RIMG16005


RIMG16006

ふむふむ、茶色や緑などに・・・ナチュラル系の色のもの・・・ね・・・

やはり動物さんたちを警戒させない色にしないといけないのね・・・でへへへ







そう、わたくしの持参する衣類・・・

RIMG16003

すべて茶系か緑系なのであります・・・









あと、足回りは、植林作業とトレッキングにはTNFのバレンスMID、それ以外はコロンビアのプトゥトゥで過ごすつもり・・・

託送するメインのバッグはコールマンのローリングボストン、サブにはマウンテンデザインのパッカブルデイパックと、
エーグルのパッカブルショルダーバッグ、それと前回記事のキャラバン・ウェストポーチを使い分けるつもりです。

トレッキング、植林作業、リバークルーズ、市街地の散策など、それぞれで持ち物の量や持ち方も異なりますが、
少し大きめのスリーウェイタイプひとつで済ませるか、小型軽量なパッカブルタイプをいくつか用意するか、
なかなか悩ましいところですが、カメラと貴重品と傘だけを持つ場合と、雨具上下から着替えまで持つ場合とで、
今回、わたくしは別にすることにしました。もちろん持ち歩く荷物は最小限で、なるべくひとつにまとめておく、
ほんとの貴重品は場合によっては肌身につけておく、とゆーのが、「どこでも宴会」前提のわたくしの鉄則・・・

まあ、どちらの場合でも飲料水は持ち歩くので、ちっちゃなウェストポーチならボトルホルダーは必需品、
今回わたくしは、モンベルの薄手のホルダーを畳んでウェストポーチに入れてます。



また、ローリングボストンはソフトシェルなので、中は100均のプラケースなどでてきとーに仕分けてますが、
周囲に着替えなど衣類袋、真ん中にプラケースなど硬いもの・・・これがパッキングの基本ですね。

RIMG16007

この上に、さらに現地プレゼント用のTシャツを数十枚、詰め込む予定です。



今回は早めに準備できたので、ちとメモにしてみましたが、いつもは前夜にてきとーに詰め込むだけ、
必ず足りないものや余計なものが出てきて、いつも現地で後悔していたものであります。

出発までにはまだ日数があり、装備の増減もできますので、みなさんの助言なんぞをいただければ・・・

とはいいつつ最後は・・・ま、てきとーなんですが・・・





つーことで、とりあえず28日の朝から、ボルネオ島へ行ってきまーす!!!

RIMG0985

(2010年1月にコタキナバルから見た、東南アジア最高峰、キナバル山(4095m)の朝焼けであります。)



m98k at 16:00|PermalinkComments(6)TrackBack(0)mixiチェック

2013年08月07日

グリコのコンバットレーション???

グリコ製の、一日三食分とおやつまでがワンパックになった、レトルト食品キットのご紹介であります。





じゃーん

RIMG15947

右下は大きさ比較用のFENIX MC-10で高さは約10cm・・・

温めるだけの朝食、昼食、夕食の各パックに間食パックまでが小さな紙箱にきちんとセットされています。



まさにコンバットレーション(戦闘糧食)???


これが日本の最新MRE・・・なのかっ???






でも、たとえば右端の夕食パック・・・

RIMG15948

夕食がポテトスープ一杯だけ???






ほかのセットも・・・

RIMG15941

なっ、なんか物足りないような・・・これで丸一日戦えるのかっ???






そう、じつはこれ・・・

RIMG15940



ニッポンの戦闘糧食ではなく、ニッポンの検査食なのでありますね。






RIMG15944

グリコの大腸検査用検査食、エニマクリンであります。


じつはわたくし、今年の定期健康診断で、生まれてはじめて「大腸の直接検査を受けて下さい。」といわれまして・・・


で、検査を受ける予定の病院へ行ったら、検査の前日はこのセットだけを食べるように、と渡された次第。


でも、この一日分、三食+間食の総カロリーは僅か1100キロカロリーしかありません・・・


わたくしの一食分の半分程度ではないかっ!!!


「あのう、これ、6パックほどいただけませんか、ええ、一日分として・・・」

「あくまで1パックで一日分です。」

「では、せめて大盛りパックとか・・・」

「そんなのありません。ええ、きっぱりと。」

と、白衣のおねいさんに言われ、すごすごと帰ってきました。とほほほ



まあ、人間は三週間ぐらいは食べなくても生きている、とはいわれてますが・・・

検査当日に病院へ行く体力は残っているのか、98kっ!!!







とりあえずの経過報告P.S.

昨日の朝、空腹でふらふらしながら病院に行くと、こんなお薬を2リッター、どんと渡されました。

RIMG15950




RIMG15951

味の素製で、お味はやや塩味のスポーツドリンクといった感じ、このぐらいなら、わたくし一気に飲めるんですが、
これを指示どおり2時間かけて、ちびちびと飲まねばなりません。ええい、いらいらするなあ・・・

で、1リッターあたりから何度もトイレに行くようになるのですが、その都度、おねいさんに確認してもらいます。
わたくし、指示どおり2リッター全量を飲んで、その間、何回も確認してもらったのですが・・・

「うーん、飲んでも飲んでも、まだ透明になりませんね、便が透明にならないと検査できないんですが。
昨日、検査食以外に何か食べませんでしたか、たとえばお肉とかお肉とかお肉とか・・・」

「そんなあ、昨日はあの検査食だけですよ、ま、一昨日は日付が変わるまでドカ食いしてましたが・・・
ええ、二日間食べられないので、ひたすらお肉とかお肉とかお肉とか・・・あとビールもどきとかもドカ飲み・・・」

「では、特別にもう1パックお渡ししましょう・・・ったく・・・」

と、さらに2リッターをどんと置かれまして・・・ま、これも結局、完飲したのですが・・・

「まだ腸の上のほうに何か残ってるようですね、お肉とかお肉とかお肉とか・・・
このお薬は4リッター以上は渡せませんので、あとは水を飲んでください水を・・・ったく・・・」

「はいはい、さすがに4リッターも飲むと、そろそろ飽きてきたところ、水ならまだいくらでも・・・」

と、さらにお水をかぱかぱ飲んで、やっときれいになったところで内視鏡検査室へ・・・


まあ、そのあとは断片的にしか覚えてないのですが・・・

検査だけならその日のうちに退院、ポリープがあって切除すれば、安静と経過観察のため一泊入院、

つーことだったのですが、どうやら大きいやつを8個ほど切除されたようで、結局その日は入院・・・

(たまたま大部屋が満室だったので差額なしになった)きれいな個室で覚醒した途端、おねいさんに訊いたのは、
もちろん切除具合や今後の養生方法・・・などではなく、その日の夕食についてであります。

「もう検査とか関係ないんですよね、ならば夕食は、お肉とかお肉とかお肉とか・・・じゅるじゅる」

「そんなの食べたら、たちまち傷口が開いて出血します。今夜の夕食はこれです。」

BlogPaint


「そんなあ・・・昨日の朝からずっとおかゆ、今朝から、お薬とお水だけで、またおかゆ・・・せめておかわりを・・・」

「ありません、きっぱりと。」

「ううっ、このままでは朝まで持たないぞ・・・」

と、こっそり病院を抜け出し、近くのコンビニで・・・

RIMG15957

まあ、内容は夕食とそんなに変わらないし、消化のいいジュースと粉食だけだし・・・みひひひ





で、本日の朝食は・・・
RIMG15959


やはりおかゆでした・・・


まあ、今後は自重しないといけないようなので、これを機会にダイエットすることにします。ややきっぱりと・・・

それに夜遅くまで、ネットで遊んだりしないで、健康的に早寝早起きします。これもややきっぱりと・・・

とーぜん、アルコールやニコチン、カフェイン、ニンニクなんぞの刺激物や動物性脂肪も・・・ややきっぱりと・・・

キャンプ宴会や照射宴会なんてとんでもない・・・ええ、ややきっぱりと・・・ぶつぶつぶつ・・・





m98k at 23:36|PermalinkComments(9)TrackBack(0)mixiチェック