作例

2019年12月02日

橿原市昆虫館30周年!!!

(期間限定のお知らせ)
12月7日(土)8日(日)の二日間、京都環境フェスティバルが開催されます。
わたくしの属していた植林ボランティア団体N.GKSも「緑の協力隊・関西澤井隊」として個人出展されます。
出展は22番ブースで今年10月に行ったボルネオ島・サバル森林保護区の状況もパネル展示されます。
わたくしは7日には終日22番ブースでお手伝い予定ですので、よかったらご一緒しましょう!!!


つーことで、とーとつですが・・・

奈良県橿原市の昆虫館は平成元年にオープンして今年で30年目なのでありますね。
で、11月30日開催の30周年記念シンポジウムに行きませんかとwingさんからお誘いがあり・・・

「昆虫館とシンポジウム会場とは別の場所になるのでクルマでピックアップします。」

とのことだったのですが、調べてみると会場は大和八木駅の近く、昆虫館は天の香具山の麓にあり、
この間4~5kmの2/3ほどは、以前走った飛鳥川沿いの自転車道だったので・・・

「せっかくなので輪行ポタリングしましょう、今なら桜の紅葉も見頃だろうし・・・」

「どうもミニベロ担いで電車に乗るのはねえ。 やはりクルマにしましょう。」

「でもクルマだとシンポジウムが終わってから・・・飲めませんよ。

「うぐぐぐ、それは・・・でも輪行は嫌だし、昆虫館は駅から遠いし・・・おろおろ


つーことで、当日は近鉄・橿原神宮前から・・・なんと!!!

DSCN4914

ま、こちらは少々レンタル料が高かったので・・・その後ろに見えてる・・・




DSCN4827

橿原市コミュニティ・バスを利用させていただきました・・・
ええ、運行本数は少ないけど何せ一律170円だし65歳以上なら90円だし・・・


と、15分ほどで橿原市昆虫館に到着。

DSCN4830



さっそく入館料520円を払って展示室へ・・・

DSCN4833

よく見ると壁にも虫さんがしゃかしゃかと・・・



DSCN4836

まずは地球生命の過程を振り返りつつ・・・



DSCN4837

そう、地球は虫の惑星なんですよね。脊椎動物なんて僅か3%だし・・・



と・・・

DSCN4839

こちらは・・・




DSCN4840

巨大なゲンゴロウさんの体内に潜ると・・・



DSCN4841

ゲンゴロウさんの視点で水面と水中が見えるというギミック・・・


とか、興味深い展示が続いたのですが、何といってもメインは・・・

DSCN4845

常時600匹以上のチョウチョさんが放たれている大温室であります。



さっそく中へ・・・

DSCN4857

ええ、巨大な温室の中にチョウチョさんが飛び回ってました。・・・



せっかくなので動画で一部をご紹介・・・






動画の最後に脊椎動物が一匹だけ蠢いてましたが・・・

DSCN4859



DSCN4854

汗びっしょりでした。そりゃあ温室ですからね・・・ふうふう


以下、wingさん撮影画像の一部をご紹介・・・

PB302741_a



PB302674_a


PB302633_a


PB302656

こちらシンポジウムに関連するフジバカマとリュウキュウアサギマダラ・・・だそうです。



PB302613_a





で、わたくしも何枚か撮ってみました・・・

DSCN4860




DSCN4863




DSCN4901

ま、機材の違いとゆーことで・・・



と、新館に入ると・・・

DSCN4870



DSCN4891



DSCN4890

日本にも、けっこうな種類がお住まいなんですね。



注意 あまり虫好きでない方は以下5枚を早送りして下さいね・・・

DSCN4879


DSCN4880


DSCN4874



DSCN4882



DSCN4875

よく見てると、けっこうかわゆいですね・・・唐揚げとかにしてもおいしそうだし・・・じゅるじゅる



と、ヨダレを垂らしながら撮影するwingさん・・・

DSCN4888

じゅるじゅるじゅる・・・



と、復路でも何枚か・・・

DSCN4903

黄金の蛹さんとか・・・





DSCN4909

BMI指数の高そうなオオサンショウウオさんの剥製とか・・・



特にこちら・・・

DSCN4904

紫外線ライトで光るナナフシさん・・・


ちなみにこちらがwingさん画像・・・

P_20191130_111344_vHDR_On_HP



P_20191130_111339_vHDR_On_HP

ま、機材の違いとゆーことで・・・

ちなみにwingさんはボルネオ・クバ国立公園でも撮っておられましたね・・・


と、昆虫館を楽しんだ後はコミュニティバスで橿原神宮前に戻り、ワサビ葉で巻いた目張り寿司?
なんぞを食べつつ近鉄電車に乗って、5分ほどでシンポジウム会場のある大和八木に到着。

(終了後の宴会に備えて)軽く駅前で・・・

DSCN4916

わたくしは日替わり定食なんぞを・・・


前夜の宴会で二日酔い気味だとゆーwingさんは・・・

DSCN4917

さらに軽く、ざる蕎麦だけで腹ごしらえをして・・・




DSCN4918

いずれも完食・・・って、さっき何か食べたような気も・・・ま、画像がないのでさりげに無視して・・・


と・・・

DSCN4919

土曜日で閉庁している橿原市役所分庁舎へ・・・



DSCN4920

そう、ここで記念講演と記念シンポジウムが開催されるのでありますね。


開演まで少し時間があったので・・・

DSCN4922

まずは10階にある展望施設へ・・・




DSCN4927




DSCN4929



DSCN4930

大和三山から、その後ろに聳える三輪山まで見事な眺めでした。

さすが「日本国はじまりの地」として売り出し中の橿原市・新分庁舎ですね。


と、4階の会場で受付を済ませ、レジュメや記念グッズをいただき、ロビーには・・・

DSCN4931

ジャポニカ学習帳表紙でおなじみ昆虫植物写真家・山口進氏の・・・


基調講演テーマである・・・

DSCN4932



DSCN4933



DSCN4934



DSCN4935



DSCN4938

ハナカマキリさんや・・・



パネルディスカッションのテーマである・・・

DSCN4939

アサギマダラさんがお出迎え・・・

さすが昆虫館らしいですねえ・・・

と、基調講演もパネルディスカッションも充実してたのですが、ま、レジュメだけでも・・・

DSCN4956


DSCN4955

万葉集では秋の七種、今は秋の七草といってるが萩は低木で草ではないので七種が正しいとか、
七種のうち撫子・女郎花・藤袴・桔梗は希少種になってるとか、万葉時代の自然植生は落葉樹林と
草原なので飛鳥に復元すべき、石垣島は照葉樹林としてとか、今はチョウチョさんのマーキング
確認連絡網がネットになったので飛躍的に成果が上がり、昆虫館でマーキングしたアサギマダラが
九州で見つかったり、北海道から台湾、中国まで確認できるようになってるとか、じつに興味深かったです。

ちなみにネット上とかで山口進氏とは繋がりのあるwingさんですが、リアルでは初対面とのことで
名刺代わりに新作ライトをプレゼントされたところ、紫外線ライトについてもご存じだったようで、
さっきナナフシ撮影に使ってた紫外線ライトもプレゼントされたとのことでした。

と、充実したシンポジウムのあとは近鉄電車で鶴橋まで戻り、駅前のコリアン・タウンへ・・・

今はすっかり観光地になり、外国からの観光客も新しい店も急増してて見違えてしまいましたが、
我々は昭和41年創業とゆー古い焼肉店に入って・・・

DSCN4943



DSCN4944

まずは白菜キムチと生ビールで乾杯!!!


ま、その後は・・・

DSCN4945


DSCN4946


DSCN4947


DSCN4948

ひたすら、ばくばく、んぐんぐと・・・



DSCN4949

〆はテッチャンチゲで・・・




DSCN4950

完食完飲であります・・・げふっ

その後も明るくきれいになったコリアン・タウンをふらふらと・・・
「ううっ、寒いのでラーメンが食べたくなったぞ、熱燗でもいいけど・・・ひっく」
「熱燗はいいですが、汁物は入りませんね。ま、餃子とビールか甘いものなら・・・げふっ」

ま、この夜は比較的健康な時間帯に帰宅した・・・はずです。

で、会場でいただいた記念グッズ・・・

DSCN4957

昆虫館関係者がデザインされた記念エコバッグと・・・



DSCN4958

藤袴の匂い袋・・・クマリンとゆー匂い成分だそうでサクラと同じ香りでした。くんくん


で、こちらが昆虫館ミュージアム・ショップでwingさんが見つけてくれた・・・

DSCN4953

ボルネオ島・クバ国立公園でも見たギガスオオアリのキーホルダーでアリさんは3cm以上あります。

とまあ、じつに楽しく充実した一日でした。
あらためてwingさん、お誘いをいただきありがとうございました。
ま、次回は飛鳥川ポタリングで廻りましょうね!!!



m98k at 22:22|PermalinkComments(4) mixiチェック

2019年11月13日

チーム・フラッシュ光・下見ツアー報告7

ボルネオ下見ツアー報告の7回目であります。

10月17日の夕方にクチン中心部のホテルを出た明るい御一行、バコとクバの中間に突き出た
半島の付け根あたりまでクルマで移動、船着場から貸し切りボートに乗り込み・・・

DSCN4140

「トワイライト・クルーズ」に出発であります。わくわく


河口から広大な汽水域になってる湾内に出て、まずは記念撮影・・・

DSCN4143

この後、湾内に生息するカワイルカさんを探します。




DSCN4146

「丸い頭がぴょこっと水面に出ますので注意して見てて下さいね・・・」とN嶋さんから聞いてて、
かなり長時間、湾内を探し廻って水面を凝視してたのですが・・・



DSCN4145



DSCN4147

この日は少し波もあって、とうとう見つけることはできませんでした。


で、湾の奥に向かい・・・

DSCN4151





DSCN4152

バコでおなじみになった「ワニに注意」の看板や・・・




DSCN4153

他の観察ボートも見えてくると・・・


DSCN4164

いかにもワニさんのいそうな岸辺の樹上には・・・




DSCN4156




DSCN4161

テングザルさんたちが・・・



ま、わたくしの安物コンデジでは望遠側の限界時刻になったので・・・

DSCN4168

河口付近の島の岸辺にある水上集落なんぞを広角側で・・・




DSCN4165

こちらは定時にコーランを流すためのタワーですが、最近Wi-Fi用アンテナも設置されたとか・・・





こちら唯一高台にある緑色の立派な建物がモスク・・・

IMGP3498

こちらはH田さんの撮影画像ですが、この程度の明るさなら、あまり遜色はないな・・・



さらに上流へ遡上していると・・・

DSCN4171



DSCN4174

けっこう暗くなってきました・・・わくわく



DSCN4179

気分はまさに「地獄の黙示録」・・・どきどき



で、全員・・・

DSCN4183


DSCN4195

岸辺や水面をwingライトで照射して、ワニさんの眼を探しました・・・



ちなみに、こちらがH田さんの撮影画像・・・

IMGP3500

うーむ、この暗さになると完全に差がついてますね。ま、機材の違いとゆーことに・・・



結局、今回はワニさんも発見できず、テングザルさんだけでしたが、それでも岸辺の様子など
「夜のジャングル照射クルーズ!!!」を堪能した御一行は、

DSCN4186



DSCN4190

すっかり暗くなった先ほどの水上集落から湾に出て、暗闇の中を船着場まで戻りました。
広角側で夜景モードなら、それなりに撮れてますね。

と、帰りは真っ暗な湾内をバッテラひとつだけで、あちこち照射しながら高速で走るのですが、
小さな流木などは避け切れずスクリューが何かに接触したようで、エンジン停止して点検してました。
さらに船着場が近づくと減速して左右の澪標をバッテラで交互に何度も照射、操縦者はその真ん中を、
まさに手探りで進んでました。真っ暗な水上でもライト1本あれば何とかなるんですねえ・・・


と、御一行はふたたびクチンの中心部に戻って・・・

DSCN4211

おなじみの屋上シーフード・レストランで遅めの夕食であります。

いつもN嶋さんが利用されてるのは、この25番の「猫眼嶺」なんですが・・・

ここには30店以上のシーフード・レストランが出店しています。

DSCN4200

で、ビールと料理を待っている間にN嶋さんからクイズ・・・

「ここに集まっているレストランはどこも美味しく値段もほぼ同じです。なのに、この25番だけが
いつもグループで賑わっています。さて、その理由は何でしょう???」
「キャッシュレスだとポイントが付くから?」
「今、日本ではそうらしいですね。でもクチンでは、まだまだ現金決済が主流です。」
とか、いろんな回答がありましたが、現役の営業マンであるH田さんが、
「ひょっとして会社のツケが効くから?」
「さすがですねえ・・・正解です。ま、わが社はいつもニコニコ現金払い!!!がモットーですが・・・

とか楽しくやってると・・・

DSCN4205


DSCN4206




DSCN4207


DSCN4208


DSCN4209

次々と料理が出てきて全てを撮影する余裕もなく、ひたすらばくばく、ごくごく・・・



DSCN4212

あっとゆー間に完食であります。げふっ

と、遅い夕食後は各自ホテルの自室に戻って、おとなしく就寝・・・するはずもなく・・・
酒類調達担当のH田さんらが調達してくれた冷たいビールや、残ったブラックニッカ、赤霧・黒霧
なんぞで集まって部屋飲み、大いに盛り上がりましたとさ。ひっく

と、明日はいよいよ、これまで植林してきたサバル森林保護区に向かいます。

(次回に続きます。)



m98k at 01:13|PermalinkComments(0) mixiチェック

2019年11月11日

チーム・フラッシュ光・下見ツアー報告6

ボルネオ下見ツアー報告の6回目であります。

クバ国立公園のコテージで2泊3日を過ごし、夜のジャングル照射ツアー!!!を堪能した御一行は、
10月17日の朝から国立公園ピークの反対側にあるマタン・ワイルドライフ・センターへ・・・

P_20191017_092002_vHDR_Auto

ビジターホール玄関の階段上には、ここで暮らす12人の「森の人」(オラン・ウータン)たちが・・・
そう、ウータンたちだけでなく、サラワク各地で保護された野生動物たちを治療・飼育・展示して、
可能な場合は野生に還す活動もしているセンターなのであります。
ちなみに階段下には、ここへ来た6人の「明るい人」(オラン・トーチ?)たちが・・・


で、広大なセンター敷地に拡がる・・・

DSCN4049

隔壁エリアを一周するトレイル・コースへ・・・ひいひい



サラワクの国立公園内で、やってはいけないこと、やってもいいこと・・・

DSCN4045

釣りや狩り焚火などだけでなく、飲酒はもちろん酒気帯びさえも禁止だったのね・・・
しかも禁止事項のトップに・・・ま、我々はコテージ内でひっそりと、でしたから・・・ひっく

ちなみにライト照射は観察や撮影の一環ですからOKですね。異様に明るかったけど・・・




DSCN4047

素敵なカラーリングのオフィシャル・カー。三菱モーターズ・マレーシアの提供だそうです。



以下、各エリアをさくさくっとご紹介・・・

DSCN4050

手前、アタマの切れてるデカいのがイリエワニさん。って、動物撮影の基本が・・・ううっ


で、一番奥、鼻つーか顎の細くて長いのが・・・

DSCN4051

今や稀少な種となったマレー・ガルビルさん。




こちら水鹿さん・・・

DSCN4056

って、フォーカスが手前のフェンスに合ってますね・・・ううっ



ハリネズミさん・・・追記です。マレー・ヤマアラシさんですね、たぶん・・・

DSCN4064

中は真っ暗だったけど、S田さんがwingライトを照射してくれました。




おなじみ、マレーシアの国鳥サイチョウさん

DSCN4071



こちらは別の種類のサイチョウさん・・・

DSCN4068

サイチョウさんだけで7種類いるそうです。




そして森の人・・・

DSCN4083

立派なフリンジのある成人男性ですが、ボス争いをするので野生に還せないそうです。
この日も離れたケージにいる別のオスに向かって何度も叫んで威嚇してました。



いっぽう、こちらは森の子どもたち・・・

DSCN4088

左の子は6歳になり、野生に還そうとしてるけど、すぐにこのケージに戻ってくるとか・・・



右の子は4歳だそうで・・・

DSCN4085

ともかく遊び好きで、人が近寄って来ると・・・




DSCN4090

器用に外側のネット・フェンスを引き寄せて・・・



勢いをつけて「えいっ!!!」

DSCN4089

と、ぶらんぶらんさせて「どうだ、しゅごいだろっ!!!」と自慢げでした。



こちらは野外の隔壁に囲まれたエリア・・・

DSCN4094





DSCN4105





DSCN4104


DSCN4109

ここでは二人が暮らしてましたが、本来の野生ではウータンくんは一人暮らしだそうです。




DSCN4110

ほんと「森の人」ですね・・・



ちなみに観察用タワーの床に・・・

DSCN4103

フンがいっぱい落ちてたので・・・



見上げると・・・

DSCN4102

タワー主?のフルーツコウモリさんがいました。



確かに園内には・・・

DSCN4093

フルーツもいっぱいでした。



こちらの隔壁画・・・

DSCN4092

やはり三菱モーターズ・マレーシアの提供なんですね・・・



と、各エリアを隔てるゲートを通過して・・・

DSCN4119

「開けたら閉めてね!」と表示があり、他の野生動物たちの移動を防いでるんですね。





DSCN4122

マレーグマさんの隔壁エリア



こちらはH田さん提供画像ですが・・・

IMGP3484

マレーグマさんにも「ツキノワ」があるんですね。



ついでに動物さん以外も・・・

DSCN4127

巨大な飛行石???





DSCN4126

ランの原種・・・






DSCN4125




DSCN4124

いろんな鳥の巣もありました。

と、他にもいっぱい見て、いっぱい撮りましたし、wingさん、H田さん、S田さんらからも、他に
素晴らしい画像もいただいてたのですが、今回はわたくしの撮った画像を中心にごく一部だけ、
さくさくっと紹介させていただきました。



と、ようやく御一行はクバ国立公園を後にクチンに戻り、遅めの昼食であります。

DSCN4129

最近、クチンで話題になってるとゆー肉骨茶(バクテ)のチェーン店であります。


看板商品のバクテにはスープタイプとドライタイプがあり、こちらはスープタイプ・・・

DSCN4132



DSCN4133

薬草の入ったお茶とゆーか独特の風味で、なかなかのお味でした。

で、ドライタイプも同時に食べたのですが、けっこう空腹だった全員が食べるのに夢中で、
誰も画像を撮る余裕がなかったようです。もちろん、わたくしも含めて、でしゅが・・・

で、このお茶は何のお茶だったっけ?

と、あっとゆー間に完食したわたくし、壁にあるデザートメニューがずっと気になってて・・・

DSCN4131

「あの黒くて美味しそうなのは何ですか・・・じゅるじゅる」とN嶋さんに尋ねました。

「あれはシソ科の薬草を煮詰めて固めたデザートで身体を冷やす効果があり、ここクチンでは
タピオカの次にブームになりそうな勢いですね。
ちなみにタピオカとは本来キャッサバ芋のでんぷんを粉にしたものを指し、球状に加工したのが
タピオカ・パール、なので今流行っているのはキャッサバ芋が原料のタピオカ・パールなんですよ。
なのに最近では専門家でもタピオカの原料はタピオカ芋とか書いてる奴がいて・・・ぶつぶつぶつ・・・」

「あの・・・タピオカの解説はそのぐらいで・・・あれを食べてみたいです・・・じゅるじゅる」と、
全員の分を追加注文してもらいました。

DSCN4134

薬草の香りがほんのりして、いかにも涼しげで美味しかったです。ずるずる
ちなみに「涼粉」でネットで調べてみると、中国各地の暑い地域で昔から食べられてるようですね。
わたくし中国西北部には何度か行ってるので食べてたかも・・・全く覚えてないけど・・・

さらにちなみにタピオカ・パールを茹でて放置しておくと水分を含んで、あの食感がなくなるので、
日本の加工品に入ってるタピオカは、原料の大部分がコンニャク芋だそうです。


と、遅めの昼食後は、いったんクチン中心部にあって定宿にしているホテルに入りました。

各部屋で各自荷物を解き、4日ぶりの熱いシャワーを浴びたりして夕方までフリータイム。

ま、わたくしは自室でまったりしてましたが、2年半前には改築中だったホテルは全面改装済みで、
室内も一新されバスタブはなくなったもののシャワーやトイレは広く便利になってた・・・のですが、

こちらの便座・・・

DSCN4136

なんとシャワーノズル付きになってました!!!
そりゃあ「左手・全手動ウォシュレット」に慣れたお国柄で導入にも抵抗感はなかったんでしょうね。


ただまあ・・・

DSCN4137

シャワーノズルは日本のような可動式ではなく固定式・・・
確かに温水も暖房便座も不要な熱帯で固定式なら電力不要で合理的・・・なんでしょうが・・・

N嶋さんが何日目かに、
「定宿のホテルでも改装でシャワー付き便座になりましたが、これが固定式で、なんつーか、
姿勢によってはノズルが直接お尻に触れるし、ヘタするとお尻に突き刺さるような気が・・・
つーことで他人のお尻に突き刺さってたかも知れないと思うと、なんとなく気持ち悪いです。
もちろんノズル洗浄とかはついてないので、わたしはまずフタをして、勢いよく水栓をひねって
ノズルをよく洗ってから使ってます。」と言ってたことを思い出しました。

ま、わたくしはそこまで気にせず使いましたが、確かに国立公園のコテージとかにあったような
旧式のシャワーノズル付きホースの方が使いやすい気がしましたね。
ただ、日本の和式便器に近い一般的な現地の便器なら、そのままの姿勢でホースが使えますが、
洋式となると、腰を浮かせた姿勢でホースを正しい位置に向けるには慣れが必要でしたが・・・

とか現地トイレ事情の変遷も考察しつつ、夕方からはトワイライト・クルーズへ・・・
そう、ボート上からの「夜のジャングル照射ツアー!!!」に向かったのであります。

(次回に続きます。)



m98k at 01:11|PermalinkComments(0) mixiチェック

2019年11月07日

チーム・フラッシュ光・下見ツアー報告4

ボルネオ下見ツアー報告の4回目であります。

台風の影響で関西空港出発が丸1日半遅れとなり、2泊3日の予定だったバコ国立公園では、
午後からの1泊だけでしたが、クバ国立公園では予定どおり2泊3日の滞在となりました。

で、1日目「夜のジャングル照射ツアー!!!」のメインは「カエル池」周辺であります。
夜、いろんな種類のカエルさんが池の周りに集まってくるとゆー有名な観察ポイント・・・

なんですが・・・

わたくし早めの夕食後にコテージに戻ってから冷えたタイガービールをかぱかぱ飲んでたし、
右脚の痛みもあって、この夜も皆さんについて行くのが精いっぱい、とゆー状態でした。
それに安物コンデジでの夜の撮影となると、さすがプロなみの腕前があってもですね・・・

つーことで・・・

今回は「準備万端!!!」で臨まれたwingさん画像を中心に紹介させていただきます。きっぱりと

ちなみに、この夜はカエルに詳しいパークレンジャー2名がガイドとして付いてくれました。
で、まず見つけてくれたのは・・・

DSCN3829



DSCN3837

「世界で2番目に小さなカエル」であります・・・これで大人サイズ・・・


ま、わたくしの安物コンデジとしゃがめない右脚では・・・

DSCN3839

このあたりまでが限界なので、以下はwingさん画像から・・・



PA150244



PA150246_a


PA150240_a


PA150243_a

ま、撮影機材の違い・・・とゆーことにしておこう・・・


他にもwingさんからいただいたカエル画像をてきとーに無断転載・・・

PA150220_a

むにゃむにゃむにゃ・・・



PA150228

むにゃむにゃ・・・って、テグスか何かが絡んでますね・・・大丈夫なのか・・・



PA150204

こちらは交尾しつつ、ぐーすか寝てたのかっ???




PA150283

こちら夜更かしタイプのカエルさんでしょうか、しっかり起きてました。




PA150346

こちらは毒のあるカエルさんだそうです・・・如何にもですね。



PA150386

なかなか精悍な顔つきです。


せっかくなので、わたくしの撮った画像も何枚か・・・

DSCN3914


DSCN3907

奇跡的にオートフォーカスが効いて・・・でも、動物撮影の基本である瞳が・・・ううっ


と、わたくし陸上でのカエル撮影とかはあきらめ、池面に目を向けると・・・

DSCN3848


DSCN3846

水中にも何やら生き物が蠢いてて・・・



水上には・・・

DSCN3849


DSCN3853

水グモさんでしょうか・・・光ってるのは瞳の反射???




と、wingさんも、もちろんカエルさんだけでなく・・・

PA150351

カメレオンさんとかも・・・



・・・を撮影されてるwingさんを撮影する98kさん・・・

DSCN3897

「わっ、撮影中にストロボ焚かないでくださいっ!!! わわっ、ライトも向けないでくださいっ!!!」
とか叫んでおられましたが、そのあたりは無視して・・・



引き続きwingさん画像・・・

PA150345

指がずいぶん長いですね・・・



後ろから撮ろうとしたからか・・・

PA150341

しっかり目だけ後ろを向いてますね。あはは

今回はトビトカゲさん、トビヘビさん、トビガエルさんなどの飛翔を確認することはできませんでしたが、
さすがのwingさんとwingライトでも、夜の飛翔体を撮るのは難しかったでしょうね・・・


引き続きwing画像から・・・

PA160776

ド派手なケムシさん・・・



PA150367_a

ウ〇コ色でウ〇コみたいな形の・・・




PA160764

巨大なカタツムリさん・・・でしょうか?






PA160844

巨大な・・・ゴキさん・・・



紫外線ライトで光るトゲトゲのナナフシさん・・・

PA160788

「いやあ、紫外線ライトを持参した甲斐がありましたねえ。」と、嬉しそうなwingさんでした。



こちらは98kさんがストロボ撮影したトゲトゲのナナフシさん・・・

DSCN3926



DSCN3931




ストロボをOFFにしてwingライトでも撮影してみました・・・

DSCN3930

やはり安物コンデジでも立体感が出ますね・・・さすがwingライト!!!



と、ふつーの巨大ナナフシさんを撮影するwingさんを撮影する98kさん・・・

DSCN3822

「だから撮影中にストロボ焚かないで!!!!!って言ってるでしょうがあ!!!がるるる」
ま、引き続き無視しましたが・・・



で、カエル池から戻る道すがらも、みなさんあちこちを照射しつつ・・・

PA150336

なにせ周囲は真の闇ですからね・・・それにしても明るい御一行であります・・・



ウツボカズラの群生を発見したN嶋さんとwingさん・・・

PA150306



なんと中では「世界で2番目に小さいカエル」のオタマジャクシが・・・

PA150313

育っているそうで、N嶋さんの指導でwingさんが何度も設定を変えて撮影にチャレンジされてました。


ま、すでにジャングルへ分け入る気力と体力のないわたくしは道路側から・・・

DSCN3879

「はーい、こっち向いて・・・」


とかやってると、wingさん側からも、

DSCN3878

ライトを向けて撮影されてました。



で、

DSCN3932

道端で巨大な葉っぱの上を動き回る巨大なアリさんの撮影を続けていたwingさんも・・・



DSCN3934

「うぐぐぐ、もう足腰が限界じゃあ・・・」と、ようやく撮影をあきらめ帰途についたのですが・・・

その道すがら、これから探索に向かうという鋤簾を担いだ素敵な女性とパークレンジャーに遭遇、
たまたまN嶋さんがそのパークレンジャーと親しかったので訊けば、京都大学・生物資源学部?
の大学院生?だそうで、一人でロッジに泊まり込みながら研究を続けておられるとか・・・
さらに彼女の指導教授もN嶋さんのお知り合い!!!とゆーことで話が弾みました。

「毎晩、パークレンジャーと二人でジャングルに入られてるんですか?}
「いえ、一人で入ることも多いですよ。」
「よほど夜のジャングルの動物たちがお好きなんですねえ・・・」
「ええ。ただし手足のある動物は苦手です。手足のないのが大好きなんです・・・
と翌日、wingさんが撮ったヘビさんの画像を提供すると、
「けっこうレアな毒蛇ですね、かわいいでしょ、学名は・・・」とか丁寧に解説してくれてました。

ちなみに遭遇した際に、ごく一般的なヘッデンを頭に装着してた彼女に、
「ヘッデンでは頭が重いでしょう。このライトにこのホルダーを付けると・・・で、カメラには・・・」
と丁寧に解説され、さらにそれらを気前よくプレゼントされてたwingさんでした。

とまあ、様々な素敵な夜の出会いがあって・・・

DSCN3936

全員無事に(約1名はへろへろでしたが)戻って乾杯したのは、かなり夜も更けてからでした。

その後もみなさんは延々と飲み続け、話し続けておられてたようですが、わたくしは冷たいシャワー後の
追加の一杯で意識が朦朧となり、すぐにベッドで「釈迦涅槃像」を演じましたとさ。とほほ

(次回に続きます。)



m98k at 01:07|PermalinkComments(2) mixiチェック

2019年11月03日

チーム・フラッシュ光・下見ツアー報告2

ボルネオ下見ツアー報告の2回目であります。

1日半遅れでボルネオ島のクチン空港に着いた御一行、さらに次の便になった託送荷物を待つ間に、
市街地まで昼食宴会に往復したりして、空港からバコ国立公園に向かったのは10月14日の午後でした。

まずはクルマでクチン近郊の船着場まで移動・・・

DSCN3639


DSCN3642


DSCN3643

N嶋さんがオーバーナイトつーことで手続きをしてる間に・・・





DSCN3641


DSCN3640

wingさんがクチンの子クチン(ぬこ)に弄ばれてました。



で、河口に近い船着場から・・・

DSCN3644





IMGP3286

荷物がいっぱいなので二艇に分かれて乗船、いったん海へ出てバコ国立公園を目指します。
写ってるフネに乗ってるのはN嶋さん、S田さん、wingさん、98kさんの4名。

ちなみに陸路だと、ジャングルの山道を歩くしかなく8時間以上はかかるそうです。



DSCN3650



DSCN3655

あちこちに奇岩が見えてきて・・・




IMGP3290

20分ほどで、小さな川の河口付近にあるバコ国立公園の船着場に到着・・・
訪問者は欧米系のツーリストやバックパッカーが殆どでした。




IMGP3288

ちっちゃなイリエワニに手を噛まれてる宴会担当のY原さん・・・


と・・・

IMGP3293

酒類調達担当課長(前回の係長から昇任!!!)のH田さん・・・

イリエワニは汽水域にも生息し最大で8m以上にもなり、このあたりでは最も危険な生物、
特に夜間は絶対に水際に近づいてはいけません。


到着後は各自荷物を持って・・・

IMG_4285

国立公園直営のロッジを目指します。


で、ロッジのテラスに荷物を置いて一息ついてると・・・

DSCN3659


DSCN3660

さっそくヒゲのイノシシさんがお出迎え・・・

N嶋さんによると、この辺りはイスラム教徒が多く、イノシシを食べないので人を怖がらないが、
食べる習慣のある地域では、滅多に人前には出てこないとのことでした。なるほど・・・


で、酒類調達担当H田さんが公園事務所併設の食堂で調達してきてくれた冷たいビールで、
恒例の「ぷしゅ、くはあ・・・わははは、しあわせじゃあ・・・」なんぞをしつつ・・・

DSCN3663

夜の照射トレッキングに備えて、まったりとライトや虫よけなんぞを準備・・・

そう、液体は託送荷物だったしリチウムイオン電池は手荷物だったしライト本体は別だったし・・・
ま、手荷物では運べない量のライトをスーツケースに入れててチェックされてた方もおられましたが・・・

ちなみに、ここのビールのお値段はクチンのコンビニの倍ぐらい、そりゃあボートと人力で運ぶので、
日本の山小屋なんぞと同様に割高になってるんでしょうね。



で、テラスでまったりしてから下見ツアーの下見つーか、暗くなる直前にも散策に出かけました。

DSCN3672

まっ、待ってくれい・・・ひいひい




DSCN3675

まずは船着場周辺の散策路を歩きます。



DSCN3677

デッキの下には・・・




DSCN3678

ハゼさんの仲間でしょうか・・・みなさん最後の日光浴をされてるようです。



典型的なマングローブ・・・

DSCN3679

枝の形に応じて拡がる無数の黒いものは落ちた種の新芽なんですね・・・




DSCN3681

いかにもワニさんが潜んでいそうな茂み・・・なんですが・・・




DSCN3680

どんどん潮が引いてきました・・・



せっかくなので安全な砂浜を歩きます。

DSCN3685





DSCN3686





IMG_4301




親子でしょうか、イノシシさんも砂浜に出てきてて・・・

DSCN3689



DSCN3692



DSCN3695

カニさんを探して食べてるんでしょうね・・・


とか、ふらふら砂浜を歩いてたら・・・

DSCN3703



DSCN3709

あっとゆー間に太陽が沈みはじめました・・・
N嶋さんによると赤道付近では、太陽はスッと昇ってストンと沈む感じとのこと。わかるなぁ・・・


暗くなる前にN嶋さんに記念写真を撮ってもらいました。

IMGP3310

わたくし今回は右脚の痛みがずっと続いてて、全行程ストックを手放せませんでした。
立ち座りと上り下りで激痛が走るようになり、後半は痛み止めも服用してました・・・ううっ

少し落ち着いたらロードバイク漕ぎを再開、体幹(インナーマッスル)を鍛えて体脂肪も減らして・・・
と決意しつつ暴飲暴食が続いた場合は、おとなしく整形外科で診てもらうことにします。



で、いったんロッジに戻って公園事務所併設の食堂へ・・・

DSCN3671

付近では親子でしょうか、テングザルさんがグルーミング中・・・


DSCN3708

それにしても白くて長い尻尾ですね・・・
ま、わたくしの安物コンデジ、この明るさではオートフォーカスが殆ど効きませんでしたが。




IMGP3336

さすがH田さんの一眼レフでは暗くてもフォーカスが合ってますね。ううっ





5461

wingさんのミラーレスもきれいに撮れてるなあ・・・ううっ



ちなみにこちらがトリミングしてもらった・・・

5464

おねいさんとのツーショット画像!!!

ま、他にテングザルさんの股間アップも送っていただきましたが、そっちは無視して・・・


ビュッフェ方式の食堂のテラスで夕食であります。

DSCN3710

ミネラルウォーターは食事に付いてましたが、とーぜんビールは別料金。
ただし料理はおかわり自由なので、この後も何度かおかわりしました。ばくばくばく


夕食後は、いよいよ「夜のジャングル照射ツアー!!!」(の下見)に出発であります!!!

ただ前日からほぼ一睡もせず飲み続けていたわたくし、夕食後には意識が朦朧となっており、
さらに脚の痛みもあって途中で断念してベンチで休憩してた・・・あたりまでは覚えてるのですが・・・

ま、下見ツアーの記録としては、人様の撮った画像一枚だけで誤魔化しておきます・・・

5446

いかがです、いかにも照射ツアーらしい画像でしょ!!!

この木道の下は満潮時には汽水域になってワニさんの生息地なんですが、この時刻はちょうど干潮、
残念ながらワニさんを見つけることはできませんでした。

ちなみに、みなさんが照らしておられるのは同仕様のwingさん製MODライトで、今回ツアーのために、
様々な試行を半年以上繰り返して全員分を揃えて下さいました。ありがとね!!!

と、(わたくしだけへろへろでしたが)全員無事ロッジに戻り、冷たいシャワーを浴びたりしてから就寝。
ちなみに、ロッジは4ベッドの部屋を2部屋、隣同士で借りてくれてました。

「うーむ、部屋の照明を点けたままだと眩しいし、消すと真っ暗でトイレにも行けないし・・・」
とか、ぶつぶつ言ってると、wingさんがいそいそと起き出し、自分のスーツケースを掻き廻して・・・

「こんなセットもあります・・・むひひひ

5454

そう、瞳の暗順応を阻害せず明度調整もできる自作の赤色ライトにライトホルダーをセットして、
わたくしのストックの上部に装着・・・

「明るさはこんなものかな・・・もう少し暗い方がいいかな・・・いきいきいき・・・」

とまあ、全員が就寝した後、いつまで遊んでたのかは神のみぞ知るべし・・・どっとはらい


で、とーとつに・・・

DSCN3713

翌15日の朝食であります。ま、この後デザートやフルーツなんぞをおかわりしましたが・・・




周辺の木々ではテングザルさんも朝食中・・・

DSCN3734


DSCN3733

朝の光だと安物コンデジでもそれなりに撮れますね、なにせ30倍ズームだし・・・



せっかくなので周辺のスナップも何枚か・・・

DSCN3717

食堂テラスの正面で、その向こうは一段下りてすぐに砂浜・・・




DSCN3718

「スラマッ・ジャラン」は去り行く人への「さようなら」で、「良い旅を」とかいった意味だそうで、
逆に残る人への「さようなら」は「スラマッ・ティンガル」、「良い暮らしを」といった意味だそうです。


さらにこちら・・・

DSCN3719

動植物の持ち出しなどは5000リンギの罰金と1年の収監とか、公園内で何が起きようが自己責任、
サラワク州政府は一切知らないよ、とか書かれてますが、下の「野生動物の攻撃に注意」の看板・・・


そう・・・

DSCN3743

水際のワニさんだけでなく、地表にはカニクイザルさんなんかもいっぱいいて・・・




DSCN3747

ちょっとした隙に食べ物なんぞを失敬していくんですね。


と、朝食後はみなさん周辺を散策したり野生動物の写真を撮ったりして・・・
ま、わたくしはロッジのテラスでまったりとおしゃべりしてましたが・・・


あっとゆー間に・・・

DSCN3742

昼食であります・・・って、食べる前に撮ればいいものを・・・またおかわりしましたが・・・


ちなみにこちらの「雪花啤酒」とゆービール・・・

DSCN3741

8年前に北京ではカモ柄もあって持ち帰りたかったのを思い出しました。

と、昼食後もロッジのテラスでまったり、1時半には荷物をまとめてまったりと出発準備・・・

途中、わたくしとS田さんは公園事務所の公衆トイレに行きました。(以下S田さんの貴重な画像)

IMG_4346

なかなかきれいなトイレ・・・なんですが・・・




IMG_4345

この表示・・・我々は無意識に青いマークの左側に入ったのですが・・・・



よく見ると・・・

IMG_4343

左側は女性用でした・・・



で、右側が男性用・・・

IMG_4344

外周は男性用が青で女性用が赤になってますが、シルエットの色は逆でした・・・
うーむ、シルエットの色だけで判断した我々も悪いのは確か・・・なんですが・・・



とか、あれこれ理由を考えつつ荷物を持って、潮の引いた砂浜へ・・・

IMG_4353

干潮時は船着場が使えないので、沖合にあるボート目指して砂浜をびちゃびちゃと歩きます。
ちなみにわたくしの重いスーツケースはN嶋さんらに交代で持っていただきました。ぺこぺこ

今回は現地7泊の予定が現地5泊に短縮されたのに着替えなどはそのまま、さらに脚への不安から
ストックも軽量タイプと2セット用意、痛み止めなど薬品から宴会セットやライトまで多めに入れてたし、
次回からはもう少し軽量化も考えないといけませんね、いつまでも若くないんだかんね・・・ううっ



で、往路同様・・・

DSCN3751

復路も2艇のボートに分乗してクチン近郊の船着場へ戻ります。
ちなみに写ってるフネに乗ってるのはY原さん、wingさん、I里さんの3名。
やはり4人乗りより3人乗りの方が速かったですね。

と、御一行はこの後、クチンで買い出しをしてからクバ国立公園へ向かうことになります。

(次号に続きます。)




m98k at 01:03|PermalinkComments(0) mixiチェック