作例

2012年07月25日

WG-2 作例(屋久島編)

防水コンパクトカメラ、ペンタックスWG-2 GPSでの作例紹介二回目は(屋久島編)であります。

ただし今回の撮影は・・・ぜーんぶ、うちの奥様によるもの・・・
そう、おばちゃん会じょし会で、三泊四日の屋久島トレッキングに行かれたのであります。

屋久島は雨が多いので防水カメラを、つーことで買ったWG-2ですが、なんと、殆ど晴天だったとか。

「やはり、わたしの日頃のおこないがいいからだね・・・むははは
って、誰かさんみたいにえらそーにいってましたが・・・


比較できるような他機種による画像はありませんが、さくさくっと画像を紹介させていただきます。

画像の元サイズはワイド2M(1920×1080)、たまに標準3M(2048×1536)、
ほとんどオートモード、たまに風景モードでの撮影、補正は一切なし、だそうです。

サムネイル画像をクリックすると、最大1280×960~720程度に拡大します。



IMGP0267

電子水準器が付いてないので水平線が傾いてますが、海の色はほぼ見た目どおりだったとのこと・・・











IMGP0268

山や空も、おおむね見たままに発色しているそうで、わたくしにはややおとなしい印象です。












IMGP0010

このハイビスカスの色も、ほぼ見たままの発色だそうです。よかったよかった・・・リコーCX-1ならオレンジ色に・・・













屋久島といえば、なんといっても太古からの森・・・

IMGP0295








IMGP0941








IMGP1301

ダイナミックレンジはこんなものか・・・複数枚での合成補正機能はないようです・・・








IMGP1413

巨大な杉にガスがかかると、いかにも屋久島らしいですね・・・












IMGP0705

苔から顔を出した杉の赤ちゃん・・・千年後には立派な屋久杉に・・・








で・・・

IMGP0844







IMGP0807








IMGP0904

まさに、おばちゃんたちもののけ姫たちの世界・・・










ええ、ホンモノのもののけたちも、あちこちにいたようで・・・

IMGP0710








IMGP0005











どーゆーわけか、せんとくんまで・・・

IMGP1477

やはりジゴ坊についてきたのか???








ちなみに・・・

IMGP1668

こちらのビールを飲んでるもののけは、ネパールのナマステくんだそうです・・・






やはり屋久島は奥が深い・・・のかっ???






感想と妄想のP.S.

この防水カメラ、最近のコンデジ標準である1/2.3・裏面照射型CMOSとゆー撮像素子を搭載し、
レンズは35mm換算で28~140mmズーム、F値3.5~5.5とゆー、ちっちゃい9群11枚のタマが、
密閉された厚さ29.5mmのボディの中に、どーゆー仕組みか不思議ですが、見事に収まっています。

わたくし愛用のリコーCX-1に較べると、さすがに新しいだけあって、いろんな面で進化しているとゆーか、
様々な楽しみ方ができそうで、フルオートでほぼ見た目の色合いに撮れているのも、けっこう気に入りました。
ともかく防水性、耐衝撃性のあるカメラですから、アウトドアでのお気楽スナップにはガンガン使えそうです。

ただ今回は、3Mや2Mといった、わたくしにとっては比較的大きなサイズで撮ったものを見てしまったので、
パソコンの画面で見ても、やはりレンズと撮像素子の小ささの限界を感じてしまいました・・・

白トビや黒トビ、奥行感のなさ、周辺ボケや歪みやにじみ、フォーカスの甘さ、などなど・・・
VGAサイズでは気にもならなかったのですが、ある程度の大きさになるとねえ・・・

でも、フルサイズやAPS-Cサイズの一眼になると、わたくし撮ること自体に専念してしまいそうだし、
第一、そんな気力はないし、そんな機会もめったにないだろうし・・・

で、これを機会に、次期選定機種を妄想してみたのですが・・・って、これで終わりやなかったんかいっ!

お安くて有力候補だったニコンP-310とリコーCX-6は1/2.3型センサーなので、今回から外すとして、
1.5型のパワーショットG1-Xになると、わたくしにはちと大げさだし、まだけっこうお高いし、
そうなると、お安くなってる1/1.7型のパワーショットS100あたりなんだけど、この程度だと、
今回はじめて気になってきた、自分なりの画質への不満を、また感じてしまいそうな気もするし、
(ま、冷静に考えれば、わたくしの使い方なら、1/1.7もあれば充分なんでしょうが・・・)、それに、
今のリコーCX-1よりは高画質で新しいけど、けっこうカブるところもあるので、ちともったいないかな・・・

うーむ、ここはやはり思い切って・・・
1型CMOSでレンズも付いて、けっこうお安くなってる、ニコンのJ1あたりにいってみるか・・・
でもズームレンズも含むと、やはり嵩張って重いか・・・でもパンケーキだけでズームなし、つーのもなあ・・・
薄型でズーム付きなら、イルミナムさんも追加購入されたソニーのRX-100か・・・
マクロにはリコーCX-1を使って・・・って、ふたつ持てば、やはり嵩張って重いな・・・それにまだまだお高いし・・・
どーせなら、9月発売予定のキャノン初のミラーレス、EOS Mを待つか・・・なにせAPS-Cサイズだもんな・・・
どちらも、お値段が落ち着くのは半年後ぐらいか・・・ま、わたくしにとっては、どちらも贅沢品かなぁ・・・

と、楽しみ悩みは尽きないのでありますね・・・むふふふ





m98k at 00:25|PermalinkComments(2)TrackBack(0)mixiチェック

2012年07月23日

WG-2 作例(顕微鏡モード編)

今回は、ひまぱのぱさんの記事をパクって、ペンタックスWG-2 GPSの作例紹介であります。わははは

で、さらに「近接撮影編」とゆーのもパクって、こちらは「顕微鏡モード編」なのでありますね。むははは

ペンタックスWGシリーズには、上記リンク記事で紹介のとおりレンズの周囲にLEDが付いてて(1は5個、2は6個)、
マクロ撮影のときには威力を発揮(するはずで)、さらにこれを使ったデジタル顕微鏡モードとゆーのが付いてて、
奥様から奇跡的に無事にカメラが還ってきたので、さっそく気になってたこのモードを試してみました。


画像サイズはいずれも、16:9ワイドモード1920×1080 2Mサイズとゆー、比較的ちっちゃいサイズに設定。
このカメラ、最大では4608×3456 16Mサイズとゆーので記録できるのですが、貧乏性のわたくし、
なるべくちっちゃいサイズで、メモリーカードやパソコンの容量を無駄にしないよーにと・・・うじうじ・・・

ちなみにサムネイル画像をクリックすると最大1260×720程度に拡大します。





で、今回の被写体は・・・

IMGP1796

奥様が、(奇跡的に無事だったカメラとともに)屋久島から持ち帰ったリーフレットの表紙であります。
左は大きさ比較用のFENIX MC-10で高さは約10cm、葉書より一回り小さいサイズのリーフレットです。
オートモードでさりげに撮りましたが、ほぼ自然な発色になってます。よかったよかった・・・





このリーフレットを食卓に置いて、ふつーに手持ちマクロで上から撮ろうとすると・・・

IMGP1797

マクロは1cmまで撮影可能なのですが、これ以上近づくと完全にカメラの影になってしまいますし、
この距離でも、やはり天井のライトが反射してる部分と、カメラの影になった部分に分かれてしまってますね。





で、この表紙の中央にある、シャクナゲの絵あたりにですね・・・





デジタル顕微鏡モードにしたカメラをすっぽりと被せると・・・

IMGP1798

あらあら不思議、中は真っ暗なはずなのにちゃんと写るんですねえ・・・
って、左右にLEDの反射が見えてますね・・・やはりワイド画面だと、ちと無理があるのかな・・・

これでマクロ標準のはずです。





で、こちらが顕微鏡モードでの光学ズーム限界の、マクロ1.8倍

IMGP1799

クリックして拡大していただくと、さすがにちっちゃいレンズでほとんど開放状態でしょうから、
周辺ボケや歪みが見えますが、手持ちなのにほとんど手ブレがないのがお分かりかと思います。






こちらが同じく、顕微鏡モードでのデジタルズーム限界のマクロ6.5倍

IMGP1800

まあ、こちらは一枚手前の画像を拡大しても、たぶん同じことなんでしょうが・・・



インク一粒一粒の形状までわかるぐらいまで拡大撮影ができて・・・
なによりも、三脚なしでお気楽に、手ブレせずに撮れるのがうれしいです。

まあ、うちの奥様は屋久島で、アリさんを閉じ込めて撮ってみたけど、動き回って中央に来なかったとか・・・
そりゃあ、動き回る被写体には難しいでしょうし、厚みのある被写体には合焦困難でしょうが、
たとえば木の葉に被せて葉脈を撮るとか、平面に近いちっちゃな被写体なら、けっこう楽しめそうです。


で、次回はいよいよ、WG-2 GPS作例(屋久島編)、ただし奥様による撮影・・・の予定です。ううっ







m98k at 00:45|PermalinkComments(2)TrackBack(0)mixiチェック

2010年05月31日

ダブルショットふたたび・・・

(期間限定のお知らせ  6月の無人島OFF会キャンプへのお誘い記事はこちら、7月の内蒙古植林ツアーへのお誘い記事はこちらです。)


えーっ、わたくしの愛機、リコーCX-1についている、ダイナミックレンジダブルショットモードとゆーやつを、
実際に使ってみるべく、2か月ほど前に、ある山へ行ってテストしたのですが、その時点では、

説明書をまったく読んでなかったため、効果が四段階で選べることを知らず、

初期設定の「弱」のままで撮影、その時は、あまり効果がわかりませんでした。


そこで一昨日の土曜日、今度は効果を「強」に設定して、とある山へ行ってきました。















RIMG2142


わかりやすい案内板のある府庁山であります。きっぱりと







えーっ、リコーCX-1のダイナミックレンジダブルショットモードとゆーのは、
露出の異なる二枚の画像を連続して撮影、いいとこどりして合成して、ダイナミックレンジを稼ごうとゆー、
なんとなく涙ぐましいとゆーか、撮像センサーのちっちゃいカメラの工夫なのであります。




今回は、効果を「強」にしてますので、少しはちがいがわかるかと・・・
ちなみにいずれの画像も、一枚目が通常のオート撮影、二枚目がDRモード「強」での撮影であります。


















RIMG2081

RIMG2082

うーむ、ハイコンすぎたのか、あまり効果がわかりませんね・・・











RIMG2080

RIMG2079

こちらは、かなり白トビが改善されてます・・・
右上の岩陰の黒トビも、いくらかは改善されているよーであります・・・










RIMG2099

RIMG2098

二枚連続撮影するため、手持ちスローシャッターの場合はかなりブレますね・・・













RIMG2109

RIMG2110

DRモードのほうが絞り込まれている、とゆーことでしょうか・・・
ズームの画角を変えたつもりはないのですが、わたくしが一歩下がったのかな・・・










RIMG2124

RIMG2125

どちらも青空は白くとんでしまってますねえ・・・
こちらもハイコンすぎたのか、あまり効果がわかりません。






しっかし、できるだけ同じ構図で、モードをセットしなおして手持ちで撮るのは難しいなあ・・・

と、帰宅してから説明書をちらっと見てみると・・・

「通常撮影画像を付加し、合計2枚記録することもできます。がははは」・・・とかありました・・・きっぱりと






まあ、比較的効果のわかりやすい画像を選んだつもりでしたが、やはり暗い所や、
風で揺れているもの、極端なハイコントラストなんぞは、うまくいかないようですね。












ちなみに、通常のオート撮影でも・・・

RIMG2118

RIMG2117

ストロボの強制発光を使えば、青空も白くならないんですよね・・・










で、まあ・・・せっかくなので、季節の花のご紹介なんぞも・・・

RIMG2116

モチツツジ・・・だそうであります・・・











RIMG2139

ウツキ・・・だそうであります・・・











BlogPaint

えらそーに花の解説をしてくれた同行者・・・であります・・・

新しい靴を買ったからといって、ついてこなくてもいいのに・・・ぶつぶつ・・・わっ、やめっ・・・



(途中省略)




さて、裏面照射型CMOSになって高感度に強くなったとゆー、リコーCX-3では、
ダイナミックレンジダブルショットモードの効果のほどはいかがなものでしょうか・・・

alaris540さん、一度試してみてね・・・ ついでにミニチュアライズモードもねっ






m98k at 00:25|PermalinkComments(4)TrackBack(0)mixiチェック

2010年03月28日

ダイナミックレンジダブルショット

えーっ、前回記事の「生掛け軸」の撮影で白とびを経験したわたくし、
リコーのCX-1についている「ダイナミックレンジダブルショットモード」を、
いつか試してみようとその時には思っておりました。

で、



そんなことは、

きれいさっぱり忘れていた・・・




のでありますが・・・

最近、HDR(ハイダイナミックレンジ)とゆー記事を、
イルミナムさんのサイトで読ませていただき、
さっそくパクろう、こっちのお手軽カメラにもそんなのが付いてたな」、と思い出した次第であります。



で、急きょ、昨日の土曜日に被写体を求めて・・・






魔の山へ行ってきました。






じゃーん
RIMG1708


あははは・・・

ま、どこが魔の山かとゆーと、めったに道標がなく、
新しいのがあっても、標高がころころ変わってたりするあたりが・・・





で、まずはいつもの島の谷の集落から・・・

RIMG1680
RIMG1681






RIMG1682
RIMG1683

いずれも上が標準(オート)モード、下がDR(ダイナミックレンジダブルショット)モードでの撮影であります。

CX-1のDRモードは、露出の異なる画像を二枚連続撮影して、
その二枚をてきとーに合成するソフトのようであります。

効果設定は、微弱、弱、中、強、の四段切り替え(こたつみたいやな・・・)なのですが、
説明書をめったに読まないわたくし、そのことに気づいたのは帰宅してから・・・あははは
ですから今回の設定は、すべて初期値の「弱」のままなのであります。哀しくもきっぱりと・・・

さて、いかがでしょう・・・

ま、しょせん、640×480のスモールサイズなんですが・・・

ひとつめの画像では、白壁の部分は変わらず、
右の民家の玄関あたりの黒とびが改善されてますね。

ただ、ふたつめの画像では、空の色が、若干見た目に近い感じになってるような気もしますが、
それ以外の改善は感じられませんでした・・・



RIMG1684
RIMG1685

こちらの画像では、右側の杉木立の黒とびが明らかに改善されてますが、
青空はどちらも真っ白にとんでしまったままですね。

このあたりは、効果を「強」とかにすると解消されるのでしょうか・・・











RIMG1690
RIMG1691

こちらでは、空の色は見た目に近くなりましたが、石垣はちと白くなってしまいました。












RIMG1703
RIMG1704

こちらでは、左下の日陰になった枯れ枝部分の青っぽさが改善されてますが・・・












RIMG1709
RIMG1710

逆にこちらでは、連続撮影によるブレのせいでしょうか、左下の照葉部分が白くなってます。













典型的なのがこちらの画像・・・

RIMG1715
RIMG1716

けっこう薄暗い渓谷のため、オートでもスローシャッターになってたんですが、
DRモードでは、さらにスローシャッターになってたようで、滝も白い筋になり、
連続撮影によるブレも顕著になってしまいました。

とまあ、今回は効果設定「弱」だけだったんですが、いずれ「強」とかでも試してみようと思っています。




で、せっかくですので、山頂の風物なんぞも・・・




まずは山頂に咲く、可憐なエーデルワイス・・・







RIMG1702

ま、こんな画像が撮れるのも、めったに人と出会わない府庁山の山頂ならでは・・・がははは











RIMG1701

以前の標高の異なる道標は二枚とも外され、また別の道標になってました・・・










おっと、やはり今回はDRモードとの比較、帰りの駅のホームでのショットであります。

RIMG1717
RIMG1718

白いベンチが背景で、若干黒とびしていたタトンカのパックのディテールがくっきりと・・・

わははは、よかったよかった・・・って・・・

そうなんですう、
じつはこのパックを奥様に召しあげられ、ドイターのメートーヘン20とゆーのを買ったのですが、
結局それも奥様に召しあげられ、ぼろぼろになったこれがわたくしに返ってきたとゆー次第。ううっ







m98k at 14:03|PermalinkComments(4)TrackBack(0)mixiチェック

2009年07月29日

CX1のズーム比較・・・

えーっ、ま、「某県某所で!!!」記事のおまけとゆーか・・・


リコーCX1で撮った、某県にある某信濃川の河口であります。にっこり
22899052.jpg
35mmフィルムカメラ換算で28mmの画角










10e0faf7.jpg
同、光学ズーム最大の200mmの画角










b35b54d2.jpg
デジタルズームは最大4.8倍ですから、これは最大960mmの画角




これ以外にも、オートリサイズズームとゆーのにセットすれば、
最大5.8倍になるそうですから、最大1080mmとゆーことになりますが、
そこまでは撮りませんでした。

つーか、

セットの仕方がわからなかった・・・困った




また、このCX1、ステップズームとゆー機能もついており、35mmフィルム換算で、
28mm,35mm,50mm,85mm,105mm,135mm,200mm,の7段階に固定できます。

ズームレンズが高価な時代、安物単焦点レンズを使い続けていたわたくし、
これらの画角に慣れているとゆーか、どのタマなら、どの程度の遠近感になるか、
だいたいのイメージが頭の中に焼きついてますので、
(85mmと105mmは持ってませんでしたが、他人様のを使ってました・・・にっこり)
この機能はありがたいのであります。

まあ、ズームレバーのストロークが短くしかも早いので、どうせ微調整ができない、
とゆーこともあるのですが・・・落ち込み


で、7段階の画角比較・・・って、ま、そこまでは撮りませんでした。


つーか・・・


各ステップで止められなかった・・・困った









at 23:17|PermalinkComments(2)TrackBack(0)mixiチェック

2008年12月14日

PowerShot SX10 IS 画像編

えーっ、以前ご紹介したキャノンパワーショット、SX10 ISでありますが、

現在、これを独占使用されておられる、うちの奥様に、
ひまぱのぱさんの、こちらの記事を教えたところ、たちまち興味を示され、
翌12月1日の、月と木星と金星の最接近を、おニューのSX10 ISで撮られたのであります。

もちろん、家事をほったらかしにして・・・怒る

で、「一度拝見したいものです。」とゆー、ひまぱのぱさんの、怖いもの知らずのコメントもあり、

今回、画像編としてアップした次第なのであります。


ちなみに、撮影者はすべてうちの奥様、もちろん手持ちのオート撮影であります。
24fb9935.jpg
12月1日、日没直前の17:05ごろの南西方面の空、自宅ベランダからの撮影であります。
シャッタースピード1/15、絞り5.0、ISO感度200(オート)、焦点距離47.5mmになってます。
まあ、すべてオート撮影なので、撮影データは以下略、とゆーことで・・・にっこり




456ef0d8.jpg
同、最望遠側100mm(35mmフィルムカメラ換算560mm相当)×デジタルズーム4倍での撮影。
ちなみにベランダの手すりを利用しての手持ちだそうで、二段階手ブレ補正が効いてますね。にっこり





c8c6a029.jpg
こちらは10分後ぐらい、シャッタースピードは1/8、ISO感度はオートで400に上がってました。





57766ac2.jpg
ほぼ同時刻、焦点距離8.5mmでの撮影。かなりブレてますね。





25882dbc.jpg
で、18:00ごろの撮影。すっかり暗くなって、ニコニコマークになってます。





ちなみに・・・
d9ecf009.jpg
翌12月2日、ほぼ同時刻の撮影ですが、すでに位置が逆になってますね。






afd51170.jpg
で、こちらは16:35ごろ、最広角5mm(28mm相当)での撮影であります。
この画像の中央部、夕陽の当たっているマンション最上階の手すりをアップにすると・・・






60aef822.jpg
100mm(560mm相当)×デジタルズーム1.4倍の画像であります。
この距離だと、なかなかきれいに撮れてますね。






参考までに、こちらが本日、自宅から東側を最広角5mm(28mm)で撮られた画像・・・
19d44f99.jpg
黒く見える神社の杜のはるか向こうの山が、生駒山山頂付近であります。




で、その山頂付近を、100mm(560mm相当)×デジタルズーム4倍でお撮りになった画像・・・
b03cfdc9.jpg
テレビ塔や・・・




1f4c0eef.jpg
生駒山上遊園地の飛行塔、ジェットコースターまで写るのね・・・




とまあ、さくさくっとご紹介しましたが、このズームはさすがに奥様にも、
お気に召していただけたようであります。たしかに静かで早いですし・・・






ただまあ・・・たとえば過日の洞窟キャンプで撮られた、この画像・・・
19e8ae72.jpg


「ほんとは、もっともっと鮮やかな赤だったのにぃ、
ほかにもお空だって、カメラで見ると、もっともっと青かったのにぃ、
パソコンで見ると、みんな色褪せてるのよ、どうしてくれるのよぅ、がるるるぅ怒る
と、お怒りになられ、
「G-7のときは、オートでも見た目どおり撮れてたのにぃ・・・がるるるぅ怒る」とも・・・困った

たしかにカメラ側のバリアングルモニターで見ると、けっこう鮮やかな発色でした。
まあパソコン側の編集で、彩度やコントラスト、フォーカスなどを思いきり上げてやると、

「あっ、こんな感じだったわ。」と満足し、
カメラの設定も自分の好みで変えられるから、まず説明書を読んでみなさい、
とゆーことで、いちおーは収まったのですが・・・悲しい

エンジンがDIGIC-4になって、オート設定が変わったんでしょうか・・・
でも、カメラのモニターで見ると、たしかにもっと鮮やかなんですが・・・

ちなみに、わたくしも奥様も、640×480サイズのファインモード以外は撮らないのですが。

まっ、まさか撮像素子(CCD)の大きさのちがい、とか、いわないでくださいね。丸秘
(このSX10 ISは1/2.3インチ、G-7は1/1.7インチだったけど・・・)

今でもうちの奥様、一眼レフをあきらめた様子はないのですから・・・汗










at 17:00|PermalinkComments(7)TrackBack(0)mixiチェック

2005年07月03日

梅雨空を照らす一条の光

35a6e451.jpg


梅雨空を貫き、無窮へ届く一条の光・・・その光源は・・・

わたくしがMODした強力ライトレプリカ!なわけないか。笑い

ええーっと、フラッシュライトのMODや、フラッシュライトフォトの世界では、
TOMOさんにかなわないことが判明しましたので、急遽、

天才天体写真家として、alaris540さんに弟子入りを!

勝手に決めた98kであります。きっぱり

天体写真といえば、空気のきれいな、周りに明かりのない、晴れた夜空が前提であります、たぶん。
ところが、今は梅雨、しかも空気の汚い、深夜でも明るい市街地のど真ん中であります。困った
そこで、気になっていたスポット投光器の光をベランダから撮影してみました。拍手
もっと真っ白に見えるのですが、画像にするとはっきりしませんねえ・・・困った

ちなみに、もう少しズームアップしてみたのが下の画像であります。
0e6b7631.jpg

うーん、見えるでしょうか?天才天体写真家としてはイマイチですねえ・・・困った

たぶん郊外にある、パチンコ店かなんかの広告塔なんでしょうが、360度不定期に回転してます。
角度も不規則に変化しますが、位置的に八尾空港の近くなので大丈夫なんでしょうか???
それとも空港の方向は、角度とか変えてるのかなあ???

トムクランシーの「日米開戦」で、CIAのスナイパーが、日本の黒幕をのせた旅客機の離陸時を狙って、パイロットの目に強力なスポット光を一瞬照射して墜落させるシーンがありましたね。
ミサイルや銃で狙うのとは異なり、これならまず痕跡が残りませんね。このアイデア、いつかパクってやろう

HOWAさんも照射するときは周りに目撃者がいないか、よく注意してくださいね。注意


P.S撮影後記
デジカメになって、はじめての夜景撮影でしたが、「夜景スナップモード」にしただけの手持ち撮影では、思ったように撮れませんねえ。やはりジッツォの三脚が要るのか・・・悲しい
でもわたくし、高校の写真部の頃には、一秒以上手持ちでブレない訓練とかしてたんですよ。ぶつぶつ・・・
いやいやそんなことじゃなく、先にちゃんとデジカメの取り説を読まないとね・・・反省落ち込み
P.SのP.S
また、ドリコムさんが書き込めなくなってました。なんか空模様と関係でもあるのか!
ほんとにもう、ストレスがたまるなあ、ぶつぶつ。また危ないサイトで時間つぶしを、ぶつぶつ。


at 00:07|PermalinkComments(11)TrackBack(0)mixiチェック