写真用品

2014年05月24日

帝塚山ふらふら

(当サイトの過去記事を画像付きで一覧できます。)


wingさんと川端さんとred-bicycleさんが、わたくしを放置して遊んでるようなので・・・

またまた友人との自転車ふらふら記事であります。


今回は、大阪市内南部の帝塚山周辺をふらふらと・・・



まずは、全国の住吉神社の総本社として知られる住吉大社・・・にある・・・

DSCN2258

淀君が献納した太鼓橋の前で、昼過ぎに友人と合流したのですが・・・




ここで・・・

DSCN2251

プジョーの自転車に乗ったフランス人の青年が・・・
ちなみに奥にあるのは、ニッポンのおっちゃんが乗ってるダホンの自転車・・・








黒マントを被って、なにやらごそごそと・・・

DSCN2253

どうやら、ここで写真の現像をしているようです。素敵な色合いのカメラバッグ持ってるし・・・






で、使ってたカメラが・・・

DSCN2254


DSCN2247

なんとも懐かしい、カメラ黎明期の木製乾板写真機!!!(ひょっとして湿式???)







先ほど顔を突っ込んで、ごそごそしていたのは・・・

DSCN2256

なんとケシュアと同じポップアップ式の暗室だったのでありますね。

ちなみに赤色光で使ってたヘッ電はペツル製でした・・・さすがフランスの青年・・・









DSCN2249

で、ポップアップ暗室での現像、停止作業を終え、その場で定着、水洗作業を終えると・・・









DSCN2248

オリジナルポジの完成であります・・・そう、焼き増しはできませんので一枚きりの作品・・・

ちなみにベースにはガラス板ではなくアルミ板を使っているとか・・・自分で乳剤を塗ってるんでしょうか・・・

すぐに現像する必要があるとすれば、ほんとに湿式乾板!なのかも知れませんね・・・




で、木製カメラや現像セットを片付けたあとにやってきた、若い女性の集団を発見!!!

DSCN2263

いそいそと別のカメラを取り出してきました・・・

暗幕を肩にかけたポーズがキマってますね、さすがフランスの青年・・・






BlogPaint




DSCN2260

1950年製のカメラに、新しいコパルのシャッターとニコンのレンズを装着しているとのこと・・・

まあ、こちらはふつーにシースに入れたシートフィルムを使う、ふつーの大判カメラのようですが、
ひょっとして、こちらにもモノクロのガラス乾板を入れてるかも・・・

そう、この青年、モノクロ乾板の質感が好きとのことで、あちこちを撮り歩いてるようでした。



で、だらだらとダベってから、ようやく住吉大社を出発、最初に向かったのが・・・

DSCN2265


DSCN2264

住吉大社のすぐ北側にあり、奥の天神としても知られる生根神社・・・こちらも由緒ある神社であります。




このあたりから帝塚山一帯は上町台地の西端に位置し、大昔は台地と湿地と海が入り組んでいたところ、

DSCN2267

大阪市内にはめずらしく、あちこちに坂があります。
この後、あちこちの坂を上ったり下ったり・・・といっても、せいぜい標高差は10m未満なんですが・・・





で、上町台地へ上がる阪堺上町線(チンチン電車)の踏切を越えて、さらに旧街道を北上・・・

DSCN2270







DSCN2273

古い町屋を再生したお店があったり・・・






DSCN2276

真正面に高さ300mのあべのハルカスビルが見えてくると・・・




DSCN2279




DSCN2278

南海高野線の帝塚山駅であります・・・
ちなみに線路の向こう側に見えてるのは、憧れの帝塚山学院・・・じゅるじゅる





で、ここから、お花見シーズンには家族で行く公園へと向かいます・・・

DSCN2280


DSCN2281

この春に巣立った雛でしょうか、まだ飛ぶのに慣れていないようでした。柔らかそうですね・・・じゅるじゅる




DSCN2284

で、一周800m弱の池をふらふらと周回し、さらに一周200kmの琵琶湖周回へ向けたトレーニングとして・・・





帝塚山の住宅街をジグザグに廻ります・・・

DSCN2285

前述のとおり、この辺りは坂が多く、まさにヒルクライムとダウンヒルの繰り返し・・・
といっても、あくまで標高差は10m未満なんですが・・・







DSCN2286

右端に見える友人、この坂は何とか自転車から降りずに登りきったようですが・・・






DSCN2290

こちらの坂は最初からあきらめたようです・・・
わたくしはもちろん、トレーニングを兼ねて全ての坂を・・・押して登りました・・・








ちなみにこのあたり・・・


DSCN2291

市内有数の高級住宅地で豪邸が続きます・・・前に高級自転車も置いてありますね・・・







で・・・

DSCN2294

こちらの「女坂」とゆー、緩やかな坂を登ると・・・






DSCN2296

聖天山・正圓寺の山門に到着・・・
このあたり、とても大阪市内とは思えない、緑に囲まれた閑静な一画です。





DSCN2297

南側から登ってきたのですが、こちらの西側も下り坂になっており、本堂がピークになってるんですね。






ええ、そう書いてあります・・・

DSCN2302

ついにピークへの登頂に成功!!!・・・って、標高差はあくまで10m未満なんですが・・・





この聖天山は吉田兼好の隠棲地としても有名で、いくつかの碑があります。

DSCN2310

こちらの碑は、有名な徒然草の書き出しですね・・・

つれづれなるままに 日ぐらしパソコンにむかひて 心にうつりゆく物欲を 

そこはかとなく書きつくれば あやしい物狂いこそ集いけれ・・・



徒然草って、このブログサイトの日常を綴ったものだったのねっ・・・(違)




いっぽうこちらの碑は・・・

DSCN2309


兼好の 午睡さますな 蝉しぐれ

江戸時代の俳人の句だそうです・・・





ちょうど傍らでお昼寝していた・・・

DSCN2313


ぬこさんの・・・



DSCN2314


午睡を醒ます 98kの魔手・・・
げひげひ


なぁに、ちと夕食の食材にでも・・・柔らかそうだし・・・じゅるじゅる





で、聖天山からは西へ、天下茶屋の駅前商店街へ下りました

DSCN2316

「あのう、この食材をですね・・・」って、海鮮料理や中華料理には合わないか・・・





こちらの・・・

DSCN2319

もつ鍋にならぴったりかな・・・じゅるじゅる

って、いかにも大阪の下町らしい立ち呑み屋さんですねえ・・・




と、今度は天下茶屋駅前商店街から南下、玉出本通り商店街へと入りました・・・

DSCN2320

こちらが、今は各地にある「スーパー玉出」の第一号店。

ここで捌いてもらうとするか・・・じゅるじゅる


と、この後はふらふらと自宅付近まで戻り、老舗のジャズ喫茶でハイネケンなんぞをおかわりしつつ、
古いジャズを古いJBLスピーカーで聴きながら、友人とまったりと話し込んでるうちに、
ほんとにふらふらになってしまい、自転車を押しながらふらふらと帰宅したのでありました。





ふらふらとP.S.

今回もまた、「出先で泥酔して自転車をたたみ、電車で無事に帰宅する。」とゆー重要ミッションは、
果たすことができませんでしたが、堺浜や大和川とは異なり、今回はかなりアップダウンがあり、
標高差の合計はけっこうありましたが、総走行距離としては僅かなものでした・・・

それでも何度も乗り降りを繰り返しているうちに、サドルに跨る際によろめいて倒れたりして、
ほとほと体力が落ちているのを自覚した次第。
憧れの琵琶湖一周や、しまなみ海道往復は、まだまだ先の話ですねえ・・・

ちなみに本日5月24日からNHKで半年間5回シリーズ「グレート・トラバース」とゆー番組が始まりましたね。
アドベンチャーレース・トップアスリートの田中陽希さんが、今年4月1日の屋久島・宮之浦岳を皮切りに、
利尻島の利尻岳まで、210日間ぶっとおしで日本百名山の一筆書き7800km走破を目指すとゆーもの・・・

以前やってた関野吉晴さんの「グレート・ジャーニー」とは異なり、自転車は使わず徒歩とカヤックだけ、
しかも海抜0メートルから登る総標高は10万メートルを超える!!!とゆーのは、これまた凄いですね。
ちなみに今夜の放送の中では・・・ともかく「ひばり食堂」のかつ丼がおいしそうでしたね・・・

ま、わたくしもいつかはですね、自転車で日本百名山・・・の山麓の温泉を一筆書きで・・・
そう、210日間、「毎晩ぶっとおし温泉宴会」とかの記録を目指してですね・・・ぷつん




m98k at 21:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2014年02月07日

カメラポーチ・ツインパック!!!

(期間限定? 当サイトの過去記事を画像付きで一覧できます。)
(2/9追記です。左バーにタグクラウドを表示しました。字が大きいほど記事が多いのですが、いくつかのタグはリンクしません。(^_^;)



一週間ぶりの記事更新になってしまいましたが・・・

今回はハクバ・ピクスギアシリーズのカメラポーチ、ツインパックSのご紹介であります。

DSCN1584

画像では色合いがわかりにくいですが、オリーブドラブとゆー目立たない色であります。






わたくし昨年の夏、4年ぶりにコンパクトカメラを更新した際・・・

DSCN1585

左にある、同じピクスギアシリーズのセミハードMとゆーのを購入し、今も愛用しているのですが・・・
(ちなみに今回の方が大きく見えますが、厚みがあるだけでタテヨコはほぼ同じサイズです。)

なにせポケットもベルト通しもない極めてシンプルなタイプでしたので、バッグなどに入れて使うのには、
まさにぴったりなんですが、単体でベルトに付けたりショルダーストラップなどに吊るすにはやや不便でした・・・





そこで・・・

DSCN1586

ツインポケットでベルト通しもついて、しかもわたくし好みの色合いの、これも購入してみました。

ちなみに購入価格はセミハードMより0.08kお高く、0.78kでした。ま、両方足しても1.5k未満なら・・・







DSCN1587

セミハードMと同じカラビナフックが付いてましたが、まあ、こちらもいずれ付け替えるとして・・・





メインポケットにはカメラを・・・

DSCN1590

ニコンP330で撮ってるので、古いリコーCX-1を入れてみましたが、カメラの大きさは殆ど同じです。







サブポケットにはスマートフォンなど・・・と、説明には書かれてましたが・・・

DSCN1594

わたくしスマホは持ってないので、傷だらけのG'z Oneケータイを入れてあります・・・



まあこれで、カメラケースも用途に応じて使い分けができるようになって、めでたしめでたし・・・

なのですが、ご覧のようにサブポケットにケータイを入れてしまうと、セミハードM同様・・・




やはり予備バッテリーくんの居場所が・・・ううっ




またまた悩みのP.S.

こちらはソフトケースなので、予備バッテリーをサブポケットの中央あたりになら(ある程度膨らむので)、
ケータイと一緒に入れることもできるのですが、ソフトケースで裏地も滑るので中央部に固定することは困難。
なのでケータイを出し入れする都度、もう一方の手で中央あたりに位置決めしてやる必要があり、
とても面倒ですし、いずれ出し入れの際に落としてしまいそうで不安なのであります・・・ううっ

また、メインポケットに入れようとすると、やはりセミハードMのときと同じような問題が生じます。ううっ

で、メインポケットの底に敷けば高さがめいっぱいになり、今度はファスナーの開閉がきつくなって・・・ううっ

ま、サブポケットを予備バッテリー専用にすれば済む話なんですが、それでは空きスペースが勿体ないし・・・

と、これの使い勝手についても、うじうじと悩んでいる・・・つーか、うじうじと楽しんでいるのであります。










m98k at 21:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2014年01月08日

ドームスタジオ!!!

(期間限定? 当サイトの過去記事を画像付きで一覧できます。)


「ドームスタジオ」のご紹介・・・なのですが、まずはその前に、これの購入に至る若干の経過を・・・

じつは新年早々、いつもの関西ライト好き仲間四人で新年会の相談をしていたのであります・・・

98k「やはり、どこかの山の中でのキャンプ宴会がいいですねえ・・・じゅるじゅる

red-bicycle(赤チャリ)「どこでも・・・別に富士山頂でもいいのですが・・・できれば日帰りにしてください・・・」

川端「日帰りで軽く、がいいですね・・・帰りにアウトドアショップにも立ち寄って、物欲を全開にしたいし・・・」

wing「じゃ、軽く歩いてから梅田あたりで物欲全開ツアー、その後に新年会つーのはどうでしょう・・・じゅるじゅる

98k「なはは、それなら最初から物欲全開ツアーにして、すぐに新年会に突入!!! つーことで、はい決まりっ、と!!!

一同「はい決まりっ、と!!!って・・・あんた今年から物欲を抑えるとか、書いてたやないかっ!!!」

98k「わたくしはみなさんの背中を押すだけです、それに食欲まで抑えるとは一言も・・・むひひひ

といったよーなやりとりがあり、結局、「物欲・食欲全開ツアー!!!」の新年会となった次第・・・



で、当日体調を崩された川端さんを除く3人が、アルビ大阪にあるモンベル大阪駅店に集合、
アルビ大阪やグランフロント大阪にあるアウトドアショップ街なんぞを、食べつつ飲みつつしゃべりつつ、
その割には、なにひとつ購入せずに延々と巡り続け、仕上げにヨドバシカメラへと向かいました。

ここの地下にもアウトドア用品売り場があって、新春10%ポイントセールとかもやってた・・・のですが・・・
「物欲の帝王」川端さんが不在のためか、赤チャリさんがコールマンのケトルを買われたぐらい、
一眼レフ売り場ではニコンのDFなんぞも、みんなでさんざんいぢってたのですが・・・

「お二人とも古いニッコールレンズをいっぱい持ってるんだから、どどんと買えばいいのに・・・」

「98kさんこそ、こんなクラシカルなダイヤル操作が好きなんでしょ・・・」

とか、お互い背中を押されても冷静さを失わずに無事歩き続け、最後に写真関連用品売り場へ行きまして・・・

98k「おおっ、引伸機かぁ・・・懐かしいなあ・・・わたくしの持ってたのは確かラッキーの90Mやったなぁ・・・」

赤チャリ「いやあ、暗室の酢酸の匂いを思い出しますねぇ・・・でも、いまだに売ってるとは・・・」

wing「いやいや、今どきモノクロなんて、逆に自分で引き伸ばすしかないのかも知れませんよ・・・」

とか、おしゃべりはずっと全開、LED900灯のスタジオ用ライトやペリカンケースの前などでまた一談義して、
さらにふらふら歩いていると、トランク式になった高級ミニスタジオが目に入りました・・・

「わわっ、こんな便利なものがあるのねっ!!!」

「98kさん、こんなの知らなかったんですか、昔から写真やってたんでしょ!!!」

「いや、ブツ撮りなんてブログ始めてからだし、昔もレフ板を使ったぐらいで、こんなの売ってるなんて知らなんだ・・・」

「こんなのを使うと、ひまぱさんらにもブログで自慢できますよ、まあ自慢できる画像までは撮れないでしょうが・・・」

「ううっ、めったに三脚も使わないものなあ・・・それにこれ、けっこうなお値段だし・・・うじうじ・・・」

「こっちに、もっとお安いのもありますよ、おひとついかがです・・・」と、さらに背中を押すお二人・・・

「うーむ、まだ高いなあ・・・あっ、こっちにこんなお安いのがある・・・」と、わたくしがこれを見つけると・・・

「わっ、ほんとだっ、これはお安い・・・しかも10%ポイント付き!!!」と、今度はお二人が夢中になって・・・



と、たいへん前置きが長くなりましたが、ついに三人揃って、物欲に負けてしまったとゆー・・・

じゃーん
DSCN1476

エツミ・ドームスタジオのSサイズ、収納袋付きであります。
上のライトは大きさ比較用のウルフアイズT3で長さは16cmちょい・・・

ちなみにお値段は1.88k、さらに10%のポイント付きでした。








DSCN1489

これさえあれば、「だれでもキレイに撮れる」のねっ!!!

しかも以前紹介したようなアウトドア用の「風除板」としても使えるんですねえ・・・

ま、「高熱になる照明器具を近くで使用すると火災の原因となります。」との警告がありますし、
そもそもドーム型なのでバーナーの風除けには使えませんが、アウトドアでは風がないと思っていても、
小さなお花なんぞは、いつもびみょーに揺れてますから、クローズアップで撮る際には便利そうですね。
でも手持ち撮影とか三脚使用でもレリーズなしだと、誰かにこれを持ってもらわないと撮れませんね・・・
そう、うちの奥様と一緒に行ったりしたら、間違いなくわたくしが撮影助手に・・・ううっ


ちなみに重さを量ってみると収納袋込みで僅か165g、しかもこのサイズなら充分リュックに収まります。


DSCN1488

室内では、こんな風にして撮影するようであります。








DSCN1487

組立サイズはこんな感じ、表裏ブルーとグリーンの取り外し式バックスクリーンも付いてました。




傘を開くのと同じワンタッチ式で、さっそく窓際で開いてみると・・・

DSCN1478

まさにワンタッチ・ドームテントのミニチュア、ここにてきとーなブツを入れて撮ればいいのねっ!!!




と、さっそく手元にあったウルフアイズT3で試してみました・・・





まずはこちらが・・・
DSCN1484

レースカーテン越しの太陽光下、カーペットに転がしただけのオートモード・手持ち撮影・・・



で、こちらが・・・
DSCN1482

同条件でこのドームスタジオに放り込んだだけの、オートモード・手持ち撮影・・・

たしかにハイライトとシャドウが軽減されて、質感もなんとなく高級そうに見えますね・・・

うーむ、みなさんはこんなのを使ってたから、キレイに撮れてたんだ・・・

って、光量が少なくなった分、手ブレが目立つようになり被写界深度も浅くなってますね・・・

あとはテクニックとセンスに加え、きちんと撮るとゆー「姿勢」の問題か・・・あははは





m98k at 01:08|PermalinkComments(2)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2013年11月18日

ボールヘッド!

当サイトの過去記事を画像付きで一覧できる「HISTORY VIEW」はこちらです。




今回はとーとつに「ボールヘッド」であります。







???








じゃーん

DSCN1156

そう、エツミETSUMIのボールヘッドミニBALL HEAD MINIであります。







これをシンプルなトライポッド(三脚)やモノポッド(一脚)にですね・・・

DSCN1158










くるくると装着すると・・・

DSCN1153






DSCN1154

たちまち自由雲台付きの高級品?に変身するのであります。



ご覧のモノポッド、じつはタープのポール用として購入、ヘッド部分にはwingさん製のこんなのを装着して、

地面に逆さまに立てて少人数のキャンプ宴会に使う・・・はず・・・だったんですが・・・

ええ、ご推察のとおり、うちの奥様に見つかり、本来のカメラ用モノポッドとしてお使いになられまして・・・

「三脚とちがって、すぐに虫さんの高さに合わせられるし、そのまま持ち歩けるので便利だけど、
カメラの角度が変えられないっ! 大至急なんとかしなさいっ!」とゆーことで、今回ポチッと・・・

これでモノポッドをタープ用ポールにするとゆー、わたくしの名案は儚く消え・・・とほほほ

まあ、こちらのボールヘッドとやらは、お値段わずかに0.78kで、重量もわずかに50g・・・なんですが、
そのぶん、耐荷重もわずかに500gしかありません・・・あははは

とーぜん、軽いコンパクトカメラしか装着できませんし、固定するのも、そーっと仮止め、とゆー感じです。

モノポッド自体の耐荷重は3kgなので、それに対応できるような、そこそこの自由雲台にしてもよかったのですが・・・

そんなことしたら・・・たちまち奥様の一眼レフ熱が再燃することは必定・・・

つーことで今回は、小型・軽量・軽耐荷重に固執したのであります。こっそりと、きっぱりと・・・

って、そーいやまた最近・・・
「やはりAPS-Cよりフルサイズがいいな、D7100よりD610にしようかな・・・Dfとかも出たな・・・ぶつぶつ・・・」
とかいってたよーな・・・となると、これはいずれリタイアする運命か・・・いやいやそんな恐ろしいこと・・・びくびく

そりゃあ、新発売のニコンDf、あのメカニカル感はわたくしも好きですよ、防塵防滴で頑丈そうだし、
きっぱりと動画撮影や内蔵フラッシュを排除してるし、ニコンのフルサイズでは最小・最軽量だし・・・
でもねえ、今さらフルサイズカメラでレンズ群から揃えて行ったら、いったいいくらかかることか・・・

えっ、可倒式露出計連動レバー装備で、非AIの古いニッコールレンズ群も使えるって・・・
いや、そんなこといってもですね・・・って、これはわたくしが魅力を感じてるのか・・・ぶつぶつぶつ・・・

でも、古いニッコールといっても手元には3本しか残ってないし、1本なんかカビ生えてるし・・・
うーむ、やはりわたくしも、こんなのを探すことにするか・・・でもレンズだけでも重いな・・・





m98k at 22:58|PermalinkComments(4)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2013年08月15日

カメラポーチ・セミハード!!!

ええ、このカテゴリでも何度か書いてますが、わたくし、モノゴトはすべて外見から入るタイプ・・・

新しいカメラを買えば、まずはその操作をマスターしようとする・・・のではなく、まずはケースをどうするか、
と、そちらのほうに興味が移ってしまうのでありますね。あははは

で、前回記事のニコンP330とゆーコンパクトカメラもですね、操作マニュアルなんかろくに読まずに、
まずはケースをどうするか、いろいろとですね・・・でへへへ




他のカテゴリでも何度か書いてますが、わたくしポーチ類は、なぜかたくさん持っております。





カメラポーチに使えそうなやつだけでも・・・

RIMG15983





まあ、今回のニコンP330なら、このぐらいか・・・

RIMG15984








特にお気に入りは、下段のみっつ・・・

RIMG15985

サイズ的には真ん中のがぴったりなんですが、なにせリコーCX-1専用として四年間使い続けたため、
よく見ると隅が擦り切れてたりして、実際にはかなり傷んでおります・・・

まあ、これは引き続きCX-1専用にしておいて、せっかくの機会なので、じつはこんなものをですね・・・




じゃーん

RIMG15986


RIMG15987





RIMG15991

写真用品の老舗、ハクバのピクスギアシリーズ、カメラポーチ・セミハードMであります。

カメラ本体に比して、けっこう大きく見えますが、台紙に記載のとおりポーチの内寸法は60×105×32、
P330の外寸法が58.3×103×32ですから、まさにぴったりとゆーか、ぎりぎりいっぱいとゆーか・・・








RIMG15989

通販で買うにはサイズが不安だったのですが、たまたまリコーCX-4を収めてある画像を見つけたもので、
よく似たサイズのP330ならおそらく・・・と大きな決断をしましたが、まさに大正解でした。
まあ、大きな決断とはいっても、なんと7割引、0.7kの決断だったのですが・・・

それでもさすが写真用品の老舗、作りもなかなかしっかりしており、酔っぱらって地面に叩きつけても、
カメラ本体はおそらく無傷でしょう・・・ええ、少なくとも外観上は・・・






ところで、このカメラポーチには、こんなカラビナフックが付いてたのですが・・・

RIMG15988

ベルトループの類は付いてません。シンプルっちゃあ、シンプルであります・・・

ベルトループは、ウェストポーチのベルトやリュックのウェストベルトに装着する際などに使いますが、
わたくしは、ウェストポーチの場合はその中に入れますし、リュックの場合はショルダーベルトに下げますので、
実際にベルトループを使うことは滅多にありません。

でもカラビナフックは必需品・・・なんだけど・・・これはちと大きそうだし、安っぽい感じもするな・・・





とゆー次第で・・・

RIMG15990

さてさて、どれに付け替えようかな・・・




そう、わたくしカラビナフック類も、なぜかたくさん持っております。






ちと困った相談P.S.

前回記事でも書きましたが、わたくし予備バッテリーがないと不安なタイプで、いつもカメラ本体とともに、
ポーチに収納しているのですが、記事本文のとおり、このポーチ、まさにぴったり過ぎてですね・・・

ちょうどレンズ部の出っ張りがあるので、ポーチの下部に予備バッテリーを入れておいて、カメラのレンズ部が、
ポーチの上部にくるようにカメラ本体を収納すれば、ぴったりと収まるのですが、レンズ部を上にしようとすると、
右手に持ったカメラを、いったん持ち替えて、ひっくり返してからしか収めることができません。

逆にレンズ部を下にして、その上に予備バッテリーを収めようとすると、カメラを出し入れする都度、
いちいち予備バッテリーも出し入れしなければなりません。

つーことで、わたくしの思いつく解決策としては・・・
ポーチ内側の上部に、予備バッテリーを収める袋を貼りつけるぐらい・・・なのですが・・・

何か、いいアイデアがありましたら、ぜひご教示くださいませ・・・m(_ _)m

って、たしかキャノンのG7を買った時も、同じような相談をしてたような・・・




その後の追記です。
予備バッテリー収納については、みなさんからのご意見を参考に、お手軽な方法からぼちぼち試してます。

解決案その1

DSCN1452

両面ファスナーで(フック側を外側にして)巻いてとめただけ・・・

このカメラポーチの内張りが起毛素材なので、これだけでも安定して固定できます・・・
ただ・・・
ぶ厚い両面ファスナーが三重にバッテリーを覆うため、カメラ本体のレンズ部分よりも厚くなります。
ポーチのファスナーはいちおー閉まりますが、けっこう膨らんでしまい、もう少し余裕が欲しいところ・・・

フック側片面だけの粘着剤付きファスナーを薄い収納袋に貼り付ければ、厚みは1/6になるんですが、
収納袋に開口部があればべろんと垂れ下がるだろうし、それに袋縫い自体が面倒だし・・・



m98k at 20:20|PermalinkComments(6)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック