史跡・戦跡・名勝

2018年07月24日

おシャチさま・・・

ええ・・・

過日「おクジラさま」を紹介したので、今回は「おシャチさま」のご紹介・・・げひげひ



じゃーん

DSCN9640

「おシャチさま」であります・・・





そう・・・

DSCN9641

名古屋名物「元祖」鯱もなか・・・なのでありますね。




さっそくパリパリの皮に・・・

DSCN9642




セットの粒あんをたっぷり詰め込んで・・・

DSCN9643

ばりばり、むぐむぐ、わははは、しあわせじゃあ!!!






大阪以上の猛暑が続く名古屋から届いたものであります。ありがとね!!!

DSCN9644

名古屋城の天守は江戸時代から金の鯱(しゃち)で有名でしたが、こちらの「元祖」鯱もなかは、
大正10年に「苦心研究の結果創製したもの」だったんですね。ふむふむ、ぱりぱり、もぐもぐ・・・

ちなみに名古屋城の天守は戦前まで残ってた天守の中でも最大規模でしたが、終戦直前の空襲で
焼け落ちてしまい、現在の天守は昭和34年に鉄筋コンクリート造で外観のみ復元したもの。

ただし大阪城の天守などとは異なり空襲までは実在していたうえ、昭和5年には国宝に指定され、
細部の実測図も作成されてて資料も数多く残っており、内部まで精密に復元可能であったため、
今年の11月から現天守を解体し、4年後の竣工を目指して本格復元するようですね。

お城好きとしては嬉しい限りですが、多額の費用やバリアフリーの是非など名古屋市民の間でも
様々な意見があるようです。

ま、大阪城の天守は豊臣期はもちろん徳川期の資料も殆どないので正確な復元は不可能・・・

そこで・・・

現在の天守閣(昭和6年竣工)が現存する「世界最大・最古の鉄骨鉄筋コンクリート造」である!!!
つーことで世界遺産に!!!、といった意見が大阪市民の間でも・・・あるんかいっ???

P.S  そーいや朝日新聞の「勝手に関西世界遺産」では最終回を飾ってきっぱりと登録されてましたね・・・




m98k at 00:24|PermalinkComments(7) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2018年06月07日

2018・内モンゴル紀行10・紫禁城大団円!!!

2018・内モンゴル紀行記事も、いよいよ今回が最終回であります。
(最初から順にご覧いただくにはN.GKSサイトのこちらのカテゴリへ、ほぼ同じ内容です。)

ツアー5日目の朝にホテルの自室から見た北京市街・・・

DSCN9249

DSCN9248

この日も快晴でした。




DSCN9263

泊まったのは「船舶重工酒店」とゆーホテルで、



何か関係があるのかロビーには・・・

DSCN9253

中国初の本格空母「遼寧」の1/200模型がありました!!!

旧ソ連からウクライナの所有となってた未完成の艦体を「マカオの海上カジノにする」という名目で、
スクラップとして2000万ドルで購入、大連で長い年月をかけて艤装した、いわくつきの空母です。



DSCN9256



DSCN9257

艦載機は殲-15ですね・・・これも遼寧に合わせて開発された初の艦上戦闘機。



ま、せっかくなので・・・

DSCN9258

遼寧・・・よりフロントのおねいさんとツーショット・・・



と、ツアー最後の朝食であります。

DSCN9251

さすが北京のホテル、とても全ては味見できないほどの種類がありましたが・・・



特にこちらの湯麺は白湯スープで旨かったなあ・・・

DSCN9252

って、前夜遅くに醤油とんこつラーメンを食べたような気もしますが・・・ま、気のせいでしょう。




と、朝食後は近くのコンビニで・・・

DSCN9260

お安いパイチュウを買ったりして荷物をパッキング・・・



この日は朝から世界遺産「故宮博物院」(紫禁城)へ・・・
(ただし高齢の澤井代表はT橋さんとホテルで待機、昼食会場で合流します。)

DSCN9271

故宮博物院・・・故宮とも紫禁城とも呼ばれます・・・

明の時代から清のラスト・エンペラー愛新覚羅溥儀までの中国歴代皇帝が住んでいた王宮で、
世界最大の木造建築群、ただし中にあった宝物の大部分は台湾・台北市にある「故宮博物院」
に展示されています・・・と、バスの車中で通訳ガイドのワンさんからの説明。

なので数多くの宝物を見るなら台北へ、建物を見るなら北京へ、とゆーことになりますが、
2009年には初の共同展も開催されてるようですね。
ま、どちらも「故宮博物院」でややこしいので、今回記事では紫禁城で統一します。

DSCN9278

お馴染みの天安門から・・・紫禁城の南端の門であります。

正面の毛沢東の巨大な肖像画は3年に一度、新しく書き換えられているそうです。
隊員の一人と話してたのですが、正面スローガンにある「人民」も「共和国」も「世界」も「団結」も、
すべて明治期の日本で欧米の概念を翻訳する際に造られた日本語が中国に逆輸入されたもので
本来の中国語は「中華」と「万歳」だけ、他にも頻繁に使われる和製中国語は多いとか・・・
まあ、今の日本のように何でもカタカナ(中国の場合は意味と発音で当て字)にするよりいいですね。

ここ天安門前広場では100万人規模の集会ができるそうで、毛沢東が中華人民共和国の成立を
宣言したのもここでしたね。

広場には、あちこちに下水管が埋めてあり、舗装を外せば臨時トイレになる仕組みで、以前、
大阪でもこの仕組みを災害対策用に全ての公園に作ろうという動きがありましたが費用が・・・

と、記念撮影してから紫禁城の内部へ・・・・・・

IMGP3066

「いー、あーる、さん、茄子(ちぇいずっ)!!!」と日本人の団体が何度もやってると、
周囲の中国人観光客から、どっと笑いが起こってウケてました。



DSCN9279

わたくしは通訳ガイドのワンさんにぴったりと寄り添って・・・
もちろん、しっかりと説明を聴くためですよ!!!



天安門を抜け、次の午門・・・桝形配置になっており、やはり守りの城ですね。

IMGP3077

この門から内部が紫禁城の有料区域で入場には予約が必要、セキュリティ・チェックもあります。
ワンさんによると予約は一日10万人まで(ネット情報では8万人まで)に制限されてるとのこと。
同じくネットによると2017年の入場者数は約800万人でパリのルーブル城に次いで世界第2位。
日本のお城で入場者数が一番多い大阪城天守閣で年間255万人ですから、入場制限してても
やはり物凄い数で、スケールが違いますね。この日も凄い人出でした。
さらに紫禁城でも大阪城でも無料区域まで来てる人は入場者の何倍にもなるはず・・・
天安門前広場や天守閣前(本丸)広場で写真だけ撮って帰る観光客は多いです。



ま、セキュリティ・チェックを受ける際にも・・・

DSCN9285

わたくしはワンさんにぴったり寄り添って・・・
もちろん、しっかりと説明を聴くためですよ!!!
って、しっかりと手を握ってるな・・・
もちろん、迷子にならないためですよっ!!!




午門の次の太和門・・・

DSCN9289

前を流れるのは金水河・・・




DSCN9293

この辺りはもう宮殿の造りで、日本の城では本丸御殿への門になります。


こちらは門の内側、太和殿からみた太和門・・・

DSCN9303

この階段は皇帝専用で、映画ラスト・エンペラーの冒頭シーンでも使われてましたね。
この広場を埋め尽くすエキストラを使ってたわけで、やはり大作です。



城の中しか自転車で走れないラスト・エンペラー・・・なのかっ???

DSCN9291

そう、城の中は清のままだったけど、外はすでに中華民国だったんですよね・・・



太和殿であります・・・

DSCN9300

太和殿、中和殿、保和殿の総称で紫禁城の中心建物・・・


ま、せっかくなので・・・

IMGP3108

ここでも記念写真・・・いー、あーる、さん、茄子(ちぇいずっ)!!!

ともかく凄い人出で同じような建物が続いてたので、ま、あとはてきとーに・・・

以下、さくさくっと・・・

こちら、防火用の水瓶・・・

DSCN9305



DSCN9311

冬の凍結に備えて下部で火が焚けるようになってました。





DSCN9310

もうすぐ完成する北京で一番高いビル・・・成長は続いているようです。




DSCN9313

紫禁城の北にある景山も離宮として人工的に造られたものなんですね。
太和門の前を流れる金水河も、もちろん人工的に引き込んだもので、宮廷は山を背にして、
川に面するのが吉とされる風水の「背山面水」に基づいてるそうです。ふむふむ


太和殿の西にあり西太后など歴代の妃たちの居住地、西六宮へ・・・

DSCN9318


DSCN9325


DSCN9327


DSCN9328


DSCN9329


DSCN9331

以外と簡素な感じでした。



DSCN9333



と、ようやく

DSCN9342

一番北の門「神武門」を抜けて外へ出ました。



DSCN9344

道を隔てて北は景山・・・



DSCN9345

北濠を東に歩きます。



DSCN9348

北東の隅櫓・・・やはりお城なんですね・・・「北京の55日」では籠城してたし・・・



ま、せっかくなので・・・

DSCN9350

記念写真を撮ってもらったり・・・



こちらでも記念写真を撮ってもらってました・・・

DSCN9356

結婚式用の撮影でしょうか・・・多くのカップルが一斉に・・・




こちら・・・

DSCN9358

登録すれば自由に使えるレンタサイクルの回収車。
1時間3元とお安く、スマホでロック解除するそうで、市内のあちこちで見かけました。


と、紫禁城の東北側からバスに乗り・・・

DSCN9363

前日の夕食サヨナラパーティー会場と同じ、老舗の北京料理店へ



DSCN9365

おいしい昼食であります。ばくばくばく・・・


これで昼食宴会も最後なので・・・

DSCN9366

燕京ビールの純生もごくごくごく・・・



ちなみに窓から見えた改築中の建物・・・

DSCN9369

足場に竹とか間伐材を使っているのか???



と、よく見たら・・・

DSCN9370

塗装が錆びた鉄パイプでした・・・



と、まったりと昼食後は・・・

DSCN9374

渋滞する中、北京空港を目指します。


空港では奇跡的にセキュリティ・チェックも無事通過・・・


少し時間があったので、最年少のH田誠一朗隊員と・・・

DSCN9381

空港内の紫禁城???で・・・


DSCN9384


DSCN9385

限定のスタバ・ミッドナイト・モカとゆーのをまったりと味わい・・・


DSCN9378

北京空港のおねいさんたちともお別れ・・・



DSCN9388

搭乗ゲートが屋外に変更になったエア・チャイナ機に無事搭乗し・・・



DSCN9398

北京の街とも中国ともお別れしました。


ま、最後の画像は恒例により・・・

DSCN9399

機内食と燕京ビールで大団円!!!

関空到着は予定より30分ほど遅れましたが、離陸が1時間以上遅れてたので、よしとしましょう。

と、いろいろありましたが、ともかく全員無事で元気に帰国することができました。

旅行社のT橋さんはじめ通訳ガイドのみなさん、恩格貝生態示範区管理委員会のみなさん、
日本沙漠緑化実践協会のT城氏はじめ現地スタッフのみなさん、そして王明海氏・・・
みなさんのおかげでとても有意義なツアーになりました。ありがとうございました。
特に王明海氏と管理委員会の周書記には連日で宴席にお招きいただき、お礼の言葉もありません。
とても美味しく、とても楽しかったです。

恩格貝はじめ中国西北部だけでも、近年人類が沙漠化してしまった土地はまだまだ広大ですが、
植林した地域でも間伐禁止や大規模農業による地下水の汲み上げなど様々な課題があることが、
今回のツアーであらためて実感できました。

さらにオルドス市の石炭・不動産バブル崩壊による新市街の鬼城(ゴーストタウン)化の問題や、
レアメタルの国際取引所もでき発展を続ける包頭市でも、過剰汲み上げによる地下水位の低下や、
一部レアメタル抽出の際に生じる放射性廃液の処理問題(この処理に莫大な費用を要するので
埋蔵量はあるものの採算性から生産していない国も多い中、なぜか包頭では安価に生産してたそうで、
最近はその処理費用名目で値上げしたりもしてるようですが、ずっと井戸水を利用してた住民には
異常を訴える人も多いとか)など、そのまま放置すれば、やがて不毛の土地になってしまうような
大きな課題も、現地で見聞して初めて知りました。

いっぽうで、中央政府や地方政府が緑化政策を大規模に推進した結果、以前とは見違えるほどの
緑の大地になっていたことも事実でした。
逆に言えば、それが日本からの植林ボランティア活動が衰退してきた一因ともいえるでしょう。
ただしこれまで書いてきたとおり、緑化についてもまだまだ課題は多いので今後も注視していく
必要があるのは間違いありません。

日中平和友好条約が締結されて今年で(まだ)40年、それよりも長い間、両国は戦争状態だった
のですから、政府間では今後もぎくしゃくすることもあるでしょう。
それでも王明海氏と遠山先生のように、民間レベルでお互いを理解しあい、できることはあるはず。
機会があれば、またいつかご一緒しましょう!!!

最後になりましたが、Y崎隊長はじめ参加者のみなさんにも本当にお世話になりました。
今回様々なご寄付をいただいた方々と合わせて、あらためてお礼を申し上げます。


謝謝了!!!




m98k at 12:07|PermalinkComments(5) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2018年05月30日

2018・内モンゴル紀行3・成吉思汗陵???

前回記事からの続きであります。

オルドス市を中心部から南下してチンギス・ハーン陵(成吉思汗陵)???へ向かいます。

DSCN8624

あちこちの炭鉱(跡?)を過ぎ・・・



DSCN8627

こちらの砂丘は「植林のし忘れ」つーより、砂漠遊園地として残してあるようですね。
なにせ高速道路から「見える範囲」ですからねえ・・・



オルドス周辺では鬼城化した新設SAも多く、数少ない営業中のSAでトイレ休憩・・・
中国ではSAは服務区、サービスは服務、エリアは区ですから、わかりやすいですね。

DSCN8629

成陵(成吉思汗陵)服務区の公共衛生間(公衆トイレ)へ急ぎます。
鬼城化したSAは閉まってるし、昔のように高速道路の走行車線にバスを停めて道端で用を足すと
今は厳しく罰せられるそうですから、この日のトイレ休憩はここが初めてでした。


さすが「習近平トイレ改革」は徹底されてて・・・

DSCN8631

ここ以降も公衆トイレはどこでもぴかぴか、清掃も行き届いてました。
しかも個室はドアが上から下まであって、きちんとロックできるようになってました。
6年前に嘉峪関付近で入った新設SAのトイレは清潔でしたが、男子小用の間仕切りなどはなく、
個室のドアは中ほど1/3程度でロックはなかったので、まさに全国的な大改革ですね・・・



と、ふたたびバスに乗り込み走ります・・・

DSCN8633

この辺りは植林地に囲まれて牧草地が回復し、牛さんが放牧されてました。
ただし稜線の向こう側は砂漠化したまま・・・なんでしょうね・・・
なにせ高速道路から「見える範囲」ですからねえ・・・


と、ようやく・・・

DSCN8636

成陵(成吉思汗陵)インターの出口へ・・・ゲートがいかにもですね・・・




いよいよチンギス・ハーン陵へ・・・行く前に・・・

DSCN8649

まずは「草原情大酒店・餐飲部」で昼食であります。店名がいかにもですね・・・


で・・・

DSCN8642

とりあえずは乾杯・・・




DSCN8643

ドイツ系でしょうか、このビールも旨かったな・・・かぱかぱ・・・



まあ、あとはみなさん・・・

IMGP2750 (1)

ひたすら、ばくばく、ごくごく、もぐもぐ、んぐんぐ・・・

ここのビールは旅行社T橋さんの奢りだったので、ご覧のとおり空き瓶がずらっと並びました。
T橋さん、ご馳走様でした!!!




で、ようやく人心地がついて、店を出て一息・・・

DSCN8650



DSCN8651


DSCN8652

オート三輪も植林ツアーの初期に較べ、ぴかぴかの新車が増えましたねえ・・・


と、今度こそチンギス・ハーン陵へ向かいます・・・

DSCN8653

このあたりの青い屋根は全てチンギス・ハーン陵で働く人たちの住宅街だそうです。

前回紹介したウィキペディア記事にもありましたが、ここは15世紀に移住してきたモンゴル族
オルドス部の人たちがチンギス・ハーンを祀っている場所で、通訳ガイドのバヤンさんのお母さんも、
チンギス・ハーンの第三夫人を祀る仕事を先祖から受け継いで今は37代目だそうです。

お墓は別としても、この辺りにチンギス・ハーンの宮廷あるいは休息所があったことは事実でしょうし、
ずっとここでチンギス・ハーンを祀り続けている人たちがいることは紛れもない事実でした。



と、ようやくチンギス・ハーン陵(とされるところ)に到着、まずは記念撮影であります。

IMGP2758 (1)

はるか奥に見えるのがお墓(とされるところ)で、ここから歩きます。




反対側には・・・

DSCN8656

さらに長い参道が伸びています。



そう、

DSCN8689

画像をクリックして拡大いただくと分かりますが、我々は赤い線で囲まれた旅游区の施設の
9割以上をショートカットして左上の駐車場まで来たのですが、それでもかなり歩くことになります。


以下、さくさくっと・・・

DSCN8661

12年前に訪れた時と同じ騎馬像の前で・・・



そう・・・こちらが12年前の画像であります。

4cd2e007.jpg

施設はさらに充実してるようですが、本人の体型はあまり変わりませんね・・・


でも、あの時はモンゴル族のおねいさんのガイド付きだったものなあ・・・

62bb48a1.jpg

彼女もモンゴル族オルドス部の出身だったんでしょうね・・・今頃どうしてるのかな・・・



DSCN8663



DSCN8664



DSCN8665

12年前には、確かこんなのはなかったはずです・・・



正面左側にある祭壇・・・

DSCN8668




正面にある霊廟(お墓とされるところ)・・・

DSCN8674

12年前にも書きましたが、いずれも基壇部は中国伝統の陰陽説による円形と方形の組み合わせ、
上部構造はモンゴル伝統のゲルや祭壇になっています。
まさに民族融和の象徴として建てられたんですね・・・




せっかくなので・・・

IMGP2769 (3)

霊廟前でも記念写真。

ちなみに今回のツアーでは、集合写真はH田隊員の一眼レフで、旅行社T橋さんにシャッターを
押してもらってたのですが、T橋さんが記念写真の際の中国式の掛け声を教えてくれました。

「1,2,3,茄子!!!(いー、あー、さん、ちぇいずっ!!!)、ダメダメもっと大きな声でもう一度、はいっ!!!」

そう、「チーズ!!!」は英語なので中国語ではよく似た発音の「茄子!!!」でやってるんですね。
その後、観光地でこれを大声でやると、周りの中国人観光客から大受けしました。


で、

DSCN8670

ここから中は撮影禁止でしたが、12年前にあった近代的(ソビエト的)な怪しい展示は一掃され、
遺物中心になってました。

通訳ガイドのバヤンさんによると内部に灯されている灯明は、混乱期には遠くの省まで運ばれて、
ずっとオルドス部の人たちが守り続け、これまで一度も消えたことはないそうです。


で、戻る道すがら・・・

DSCN8677




旅行社T橋さんの指し示す、このあたりの松が・・・

DSCN8681


DSCN8682

1991年に故・遠山正瑛翁が自ら隊員を募集し隊長を務めた「日本沙漠緑化実践協会」の第1次隊が
植樹したもので、第1次隊は悪天候で恩格貝へ入れず、やむなくここで記念植樹されたとか・・・
今では協会からの派遣隊だけでも250回を超えているようです。

T橋さんによると、昨年まであった記念プレートが見つからず、工事のため一時的に保管されているか、
新しく作り直されているのではないか、とのことでした。


ま、せっかくなので12年前の画像をご紹介・・・

8f15daf7.jpg

少なくとも松は大きく無事に育ってるようですね・・・よかったよかった・・・



まあ、近くにできてた新しいプレートにも・・・

DSCN8685

故・遠山正瑛翁の座右の銘が書かれてたので、当面はよしとしましょう・・・とのことでした。


で、駐車場まで戻り、12年前よりはるかに立派になってた売店へ・・・

DSCN8690





DSCN8691

モンゴル服はすでに奥様用のがあるしなあ・・・



DSCN8693



DSCN8692

中国の国内線では、武器類は託送荷物に入れててもひっかかるし・・・

白酒(パイチュウ)入りのよさげなスキットルがあったのですが、実用には軽いペットボトルが一番だし・・・
とゆー次第で、今回みなさんへのお土産は一切ありません・・・げひげひ

と、チンギス・ハーン陵(とされるところ)を後にした一行は、いよいよクブチ沙漠の植林拠点となっている、
恩格貝を目指します。

(次号に続きます。)





m98k at 00:33|PermalinkComments(2) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2018年05月28日

2018・内モンゴル紀行2・オルドス

前回記事からの続きであります。

内モンゴル二日目の朝、包頭市内のホテルを出た一行は高速道路をひたすら南下し、
オルドス市を目指すことになります。

DSCN8514


DSCN8516

包頭市のシンボル、鹿のモニュメントともお別れし・・・




バスは黄河を渡ります。

DSCN8520

ご覧のとおり、今は近くに何本もの橋が架かってますが、植林ツアーの初期には近くに橋はなく、
鉄の箱舟を並べて鉄板を乗せた「浮橋」を渡るので車体を軽くするためバスから降りて鉄板上を歩いたり、
道路でも未舗装部分で何度も砂に埋もれてスタックし、みんなで押したりしてましたが、現在では、
片側4車線の高速道路が平行して何本も走っています。

さらに当時は郊外へ出ると、貧しい家は日干しの泥レンガ作り、ふつーの家は焼きレンガ作り、
金持ちの家になると壁はタイル張りが定番でしたが、今では・・・

DSCN8525

どの家も真っ白な壁と赤い屋根で統一され、とてもきれいになってました。

ただ、すべて同じ色で、しかも新しいので不思議に思ってると、旅行社のT橋さんから説明があり、
新しい市長が郊外をクルマで走ってみると、あまりに家屋がみすぼらしかったので、全ての壁を白く、
屋根を赤く塗るよう指示して補助したからで、中味は昔のままとのことでした。

他にも、大規模な緑化でオルドスまでの200kmを見渡す限り植林したけど、あくまで政府要人が
高速道路を走る際に見える範囲だけで、そこに枯れた木があれば急いで緑のペンキを塗ってたとか、
いかにも現代中国らしいエピソードを話してくれてました。

そう、

DSCN8527

あの稜線の向こうは砂漠のままなんですよね・・・
グーグルの衛星写真を見ると、すぐにわかるのですが・・・

まあ、砂を固定して道路を守るため、まず道路周辺から植林していくのは確かに基本なんですが、
政府要人に「見える範囲」とゆーのが、やはり現代中国らしいです。



と、料金所をいくつか通過・・・

DSCN8530

料金所では何回か抜き打ちで交通警察が車内に入ってきて、シートベルト着用をチェックしてました。
厳しいですが着用率を高めるには有効ですね・・・


DSCN8529

イタリアのアウトストラーダではTELEPASSでしたが、中国は日本と同じETCなんですね・・・
ただ後払いではなく先払いで、このETCが全国に普及する前に、すでにスマホを使う最新のITCが
あちこちで導入されているようです。

中国の高速道路は植林ツアー初期には粗末なものでしたが、今や総延長13万kmで、しかも
毎年6000km以上を延伸しているそうで、日本の高速道路の総延長が9000kmですから凄い勢いです。

こちらも現代中国らしいですねえ・・・



と、あちこちに炭鉱(跡?)が見えてくると・・・

DSCN8534

いよいよオルドス市の中心部に近づいてきたようです。

(以下ウィキペディアより一部抜粋)

オルドス市は内モンゴル自治区西南部に位置する地級市。
黄河が北に大きく屈曲した地点にあたるオルドス高原に位置する。
2002年2月26日、伊克昭(イフ・ジョー)盟から市となった。

オルドス市の市域は(近代化以前は)遊牧の好適地であるとともに、モンゴル高原から華北、
華北からモンゴル高原に通じる交通上の要衝であり、古くは匈奴と秦・漢が争奪した地帯である。
匈奴の呼韓邪単于は、後漢に従いこの地に王庭をおいた。
15世紀にモンゴル族のオルドス部が移住してきたため、これにちなんで地名の上でもオルドスと
呼ばれるようになった。
オルドスはモンゴル語・テュルク語で「宮廷」を意味する「オルド」が語源であり、この集団は
モンゴル帝国の始祖チンギス・ハーンの生前の宮廷をチンギスの霊廟として奉祀しており、
現在も成吉思汗陵が存在している。
(ただし実際の墓ではない。もともと移動式のゲルでチンギス・ハーンを祀っていたのを変更して、
周恩来とウランフの後押しで1956年にできた建物であり、遺骸は棺になく弓矢や鞍などが祀られてる。
しかし、棺を担いだオルドスの扎薩克で中国最後のモンゴル王公である奇忠義は人骨の一部が
納められていたとも証言している。)


貧困都市であったが、1990年代から石炭生産に力を入れたことで中国有数の産炭地となり、
石炭バブルによって空前の好景気に沸いた。2000年の西部大開発プロジェクトを受けて開発が進み、
人口も約30万人から200万近くに急増した。
1人当たり域内総生産(GDP)が2007年に北京や上海を抜き、2010年には香港やマカオと並ぶ
中国トップクラスとなり、バブル崩壊まで「中国一豊かな都市」と呼ばれた。

2003年から建設が始まった康巴什新区(カンバシ新区)のような巨大なニュータウンでは、
開発と不動産投資が急速に進みすぎ、人の住まない住宅が増えて鬼城(ゴーストタウン)化も
問題視されるようになっている。
『浙商網・浙江経済報道』の2013年の
報道によると、石炭価格の大幅な値下がりにより
市内に35ある炭鉱の半数以上が停止しており、市の成長率は内モンゴル最下位にまで落ち込んだ
と報じられており、1,000億元以上の負債を抱え、不動産市場が崩壊しているオルドス市は危機に
瀕しており、中国の地方政府として初の破産に直面していると報じる中国メディアもあった。

・・・

ちなみに旅行社のT橋さんによると、現在の人口は40万人とのことです。

そう、不動産バブルが崩壊して石炭価格も下落、新築や建築中のまま放置された高層マンションや
高層ビルが立ち並ぶ「最新廃墟都市」で、廃墟好きとしては一度は見ておきたかったのであります。

以下、さくさくっと・・・

まだ郊外ですが・・・

DSCN8535

建築途中で放置されてるのがお分かりでしょうか・・・




せっかくなので、動画でもご紹介・・・







この一画も見渡す限り建築中で・・・

DSCN8540







DSCN8542

どの棟も放置されたままです。



DSCN8544

こちらは完成してますが、住んでるのは数世帯だそうです。まさに鬼城・・・




DSCN8546


DSCN8551

こちらも全ての窓ガラスがないので完成直前のまま・・・



DSCN8553


DSCN8566





DSCN8572




DSCN8585


DSCN8579

人が住んでる気配は殆どありませんでしたが、街路樹や道路は管理されてました・・・



こちらは商店や事務所・・・

DSCN8580








DSCN8582

やはり無人・・・



こちらは・・・


DSCN8618





官公庁でしょうか・・・

DSCN8619

日曜日のせいもあるでしょうが、ほぼ無人でした・・・



オルドス市のシンボルは「馬」・・・

DSCN8574

中心部なのでクルマは走ってましたが包頭の比ではなく、住んでる人は少なそうです。




こちらは低層の高級コンドミニアム・・・

DSCN8607


DSCN8547

やはり殆どが無人でした。



ま、日曜日でしたから・・・

DSCN8614


DSCN8604

人工湖のほとりや・・・


こちらの、

DSCN8609

「オルドス婚礼文化園」とゆー公園施設には人も集まってましたが、やはり包頭の比ではなく、
都市規模のわりには圧倒的に少数でした・・・





こちらは日本でいう「国民体育大会」のために建てられた新しいスタジアム・・・

DSCN8603

オリンピックの開会式でもできそうですが、以後の利用はないそうです。



ともかく・・・

DSCN8599

日本でもバブル崩壊後に放置された建物やリゾートはありますが、規模が違いました。

この後は、120万人規模で完成しマンションなども完売したけど今は2万人しか住んでいないとゆー
最新の「カンバシ新区」に入って詳細を見る予定だったのですが、ドライバーが道を間違えたようで、
ついに時間切れとなり、たどり着くことはできませんでした。

いやあ、それにしても・・・

と、複雑な思いを抱きながら一行はさらに南下、いよいよ上記ウィキペディアの説明にもあった、
チンギス・ハーン陵(成吉思汗陵)とされるところ???に向かいます。

(以下、次号に続きます。)



m98k at 00:28|PermalinkComments(2) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2018年05月19日

山の辺の道ふらふら

本日の午後の便で内モンゴル植林ボランティアツアーに出発・・・なんですが・・・

じつは今週の火曜日5月15日・・・この時期にはめずらしく真夏日になった日・・・
奈良・山の辺の道をふらふら歩いて、ふらふらになってました。

わたくし出発前夜は興奮して眠れず・・・って、遠足前の小学生みたいですが・・・
眠れぬまま記事にまとめましたので、さくさくっと紹介させていただきます。

ま、帰国まで記事の更新はしませんしコメントにも返信しませんが、画像も多めにアップしましたので、
こちらの記事をゆっくりとご覧いただき、コメント欄で好きなように遊んでて下さいね。


で、山の辺の道であります。

山辺の道(やまのべのみち)は大和の古代道路のひとつで、奈良盆地の東南にある三輪山のふもとから
東北部の春日山のふもとまで、盆地の東縁、春日断層崖下を山々の裾を縫うように南北に通ずる古道。
山の辺の道とも表記され、歴史上の記録では日本最古の道として知られる。
(以上ウィキペディアより一部抜粋)


古墳時代の奈良盆地は沼地や湿地が多く山裾に沿って作られたので曲がりくねった狭い道となり、
その後、盆地の中に直線的な上ツ道、中ツ道、下ツ道が整備されたようですが、それまでは南北を
結ぶ唯一の幹線道路で総延長は約35km、一般的なハイキングコースはJR桜井駅からJR天理駅
までの約16kmで、この間には古社寺や古墳も多く、古代ヤマトの情景が想像できます。

以前、上ツ道はミニベロで走ったことがあるのですが、山の辺の道はハイキングコースなので、
今回、じつにひさしぶりにふらふらと歩いてきた次第。
そーいや最近、donchanさんもひさしぶりに歩いてこられたようですね。


朝9時半、JR桜井駅の北口に集合・・・

DSCN8286

って、駅前ロータリーのモニュメントが前方後円墳になってるんですね!!! 知りませんでした。



駅にあった案内図・・・

DSCN8282

桜井市の案内図なので、上は巻向あたりまでしかありませんが・・・
ご覧のとおり、赤い線で示された道の大和川右岸が山の辺の道の南の起点で、まさに「山の辺」を
くねくねと通ってるのがお分かりいただけると思います。(画像をクリックすると拡大します。)



駅前にあった新しくて立派な道標・・・

DSCN8289




ま、せっかくなので当日集まった学生時代の史跡サークル仲間で記念撮影・・・

BlogPaint

左が「奈良ソムリエ」資格を持ち現在ボランティアで観光ガイドをしている友人で、今回も忙しい中、
案内人を引き受けてくれました。ま、残り二人は「自転車ふらふら」シリーズでおなじみですね・・・



で、わかりやすい道標どおりに歩いて・・・

DSCN8293

三輪そうめん「たつみ」の工場を過ぎると・・・



大和川左岸に出ます。

DSCN8294





で・・・

DSCN8296

次の橋を渡る、と書いてあるのに、この橋を渡る御一行・・・



ええ・・・

DSCN8297

案内人にどのような意図があったのかはわかりませんが・・・



で、しばらく大和川右岸を遡上・・・

DSCN8301

ここで左へ折れると山の辺の道なんですが、御一行はいったん右へ折れます。



と、これが先ほど道標にあった「次の橋」・・・

DSCN8304




そう、このあたりが・・・

DSCN8303

「仏教伝来の地」で、仏教を持ち込んだ百済の使節が、ここの港に上陸したとのこと・・・

大和川はこの辺りでは初瀬川だと思ってたのですが、説明を見ると泊瀬川になってたので訊けば、
古い書物にも、どちらの表記もあるとのことでした。うーむ、知りませんでした。

ちなみに千尋ちゃんが乗ってた龍は琥珀川の神様でニギハヤミ コハクヌシでしたね・・・



と、先ほどの交差点に戻り、少し北上すると・・・

DSCN8305



DSCN8307

古代から栄えた交易市の海柘榴市(つばいち)で、ここが山の辺の道の南の起点・・・
大和川を遡上してきた物資や文化を古代都市の中心へ運ぶ幹線だったんですね。



ここから山の辺を縫うように北上する「山の辺の道」を歩きます。

DSCN8309




ほどなく・・・

DSCN8312

金屋の石仏・・・




DSCN8314

わたくし以前の植林ボランティアツアーで甘粛省・蘭州にある炳霊寺石窟や敦煌の莫高窟を
見学したことがありますが、なんとなくそんなイメージでしたね・・・




で・・・

DSCN8320

三輪山平等寺へ・・・





DSCN8315

なにせ「山の辺」の道なので、山から流れ出る渓流を渡るアップダウンが何度もあります。ひいひい






DSCN8316





ここの境内には、こんなマップがありました。

DSCN8321

まだ先は長いな・・・ひいひい

ちなみに上記リンク記事で走った上ツ道は、マップにあるJR万葉まほろば線(桜井線)と、
この山の辺の道の間にあり、ほぼ直線で並走していました。



この辺りからは奈良盆地が一望でき・・・

DSCN8323

大和三山の一つ耳成山もきれいに見えました。




と、狭い山道から立派な石畳の道に出て・・・

DSCN8324

巫女のおねいさんにぞろぞろついて行くと・・・






DSCN8326

大神神社(三輪大社)に到着・・・



DSCN8329

やはり巫女のおねいさんお神楽はいいですねえ・・・じゅるじゅる




後ろの三輪山そのものがご神体であります。

DSCN8330



佐井神社方面へ続くのが山の辺の道・・・

DSCN8331




ちなみにこちらの拝殿でも・・・

DSCN8333

巫女のおねいさんお神楽がいいですねえ・・・じゅるじゅる




佐井神社であります。

DSCN8339




DSCN8340



DSCN8341

ここから、ご神体の山頂まで登拝できるんですねえ・・・知りませんでした。
ちなみに正式な登拝者は白装束で裸足になって登ってました。
案内人に訊けば山頂に磐座があって、そこで遥拝されるそうです。

山頂でキャンプして照射宴会!!!なんて、とんでもないですね・・・じゅるじゅる



で、こちらの池畔に・・・

DSCN8349





こんな説明板があるのを、俳句好きの友人が教えてくれました。

DSCN8347

ここでの登拝体験が「豊饒の海」第二巻の主題になってたんですねえ・・・知りませんでした。




で、山の辺の道を忠実にトレースして・・・

DSCN8352

せせらぎの音が途絶える頃には、次のせせらぎの音がかすかに聞こえてきます。ひいひい





DSCN8354





DSCN8356




DSCN8357

玄賓庵・・・こちらは三輪山奥之院で真言宗のお寺・・・そーいや浄土宗のお寺もありましたね。




そして桧原神社へ・・・

DSCN8359

こちらもご神体は山そのものなんですね・・・



西側には奈良盆地の向こうに・・・

DSCN8361




二上山が・・・

DSCN8362

大阪側からとは反対に見えます・・・当たり前ですが何度見ても不思議な感覚です。





DSCN8363

万葉集にも詠まれてたんですね・・・知りませんでした。



で、このあたりから・・・

DSCN8364



DSCN8367

少し平野部に下って・・・




DSCN8368

山の辺の道はさらに左へ下るのですが、我々はいったん右の相撲神社へ・・・





DSCN8369




ちょうどこのあたりから・・・

DSCN8371

巻向遺跡が一望できます。




DSCN8370

反射して見にくいですがクリックして拡大いただくと、山の辺の道が物資や文化の上陸地点である
大和川から巻向の宮殿を経て北へ向かう、わが国初の都市幹線道路であったことが分かります。



で・・・

DSCN8372

モンゴル相撲の横綱さま・・・ちなみに横綱の発祥は住吉大社です。




大兵主神社(相撲神社)カタヤケシ由緒・・・

DSCN8374







カタヤケシの土俵・・・修復中でしたが・・・

BlogPaint

「現在の大相撲は吊屋根になってて四隅は赤房とか白房とかになってるけど、本来はこのように
四隅に木が生えてて、その中央が土俵・・・」と解説してくれる案内人・・・うーむ、知りませんでした。

最近、女性を土俵に上げる上げないの議論があるようですが興行としては今の女子プロレス同様、
昔は女相撲も大人気だったし、賭場や富くじと同じで、寺社の境内を使って興行するのが一般的
でしたから、神仏との結びつきも男女を問わず深かったでしょう。
なので大峰山など山岳信仰の女人禁制とは少し異なると思うのですが・・・

とか、わいわい喋りつつ・・・


DSCN8381

日本の農業や環境問題についても、わいわい喋りつつ・・・




炎天下をふらふら歩き続けると、ようやく景行天皇陵が見えてきました。

DSCN8378




DSCN8380

前方後円のかたちがはっきりとわかりますね。






DSCN8385

古墳の周りをぐるっと一周して・・・




いったん山の辺の道から離れ・・・

DSCN8386




上ツ道のひとつ東側にできた国道169号線沿いにある・・・

DSCN8387



DSCN8389

手打ちそば・うどんの店へ・・・じゅるじゅる



とりあえずはビールで乾杯・・・

DSCN8390




ま、わたくしを除く3人全員が日本酒好きなんですが・・・


特に俳句好きの友人は奈良の地酒を目当てに、つまみになるトッピングのそばセットを・・・

DSCN8392

「次はお酒下さいっ!!! 冷やで大徳利でっ!!!」

「すみません、お酒切らしてるんです。」

「うぐぐぐ・・・」

と、仕方なく、好みのそばやうどんを食べました。

DSCN8394



こちら、わたくしの頼んだ、まほろばのおうどん(冷)とかやくご飯のセット・・・

DSCN8395

確かに手打ちうどんがおいしかったです・・・


と、店を出て少し169号線を北上すると・・・

DSCN8398

崇神天皇陵であります。





DSCN8401

ま、階段が長そうなので遠景だけにとどめて・・・ひいひい



JR柳本駅方面へ・・・

DSCN8403






まずは・・・

DSCN8404

黒塚古墳展示館に立ち寄りました。ええ、入館無料だったので・・・






DSCN8405

こちらには三角縁神獣鏡の実物展示があります。



まずはパネル展示の一部・・・

DSCN8406

手前が景行陵で奥が崇神陵、黒塚はぎりぎり画面上端で切れてますね・・・




DSCN8409

剣や刀など他の出土品の展示もありました。



で、こちらが石室や玄道など発掘された地下空間の実物大レプリカ・・・

DSCN8411

こんなかたちで大量の三角縁神獣鏡が出土したんですね・・・





二階の展示室へ・・・

DSCN8414

三角縁神獣鏡であります。




ええ・・・

DSCN8415

いっぱいありました・・・






DSCN8417

古墳のかたちもいろいろあるんですねえ・・・触ってもわかるようになってました。




二階から見た石室のレプリカ・・・

DSCN8413






DSCN8419





DSCN8421

この中で照射宴会するなんて、とんでもないですね・・・じゅるじゅる



と、いよいよ実物に登頂します。

DSCN8422





この地下に先ほどの石室があります。

DSCN8423

「ここは石室が北を向いてて大陸の影響を受けてると考えられるけど東を向いてる古墳とかもあり、
それぞれ当時の思想や信仰が反映されてて、古墳はその方角だけでも面白いよ。」と案内人。

「今回も行く内モンゴルのチンギス・ハーン陵(とされるところ)は、方形と円形を陰陽説によって
組み合わせる中国古来の建築様式とモンゴルのゲルの様式を結合させて両民族融合の象徴に
してあったぞ!!!」と98k。

「あははは、それはどう見ても後世にこじつけて作ったもんやろ・・・」

「いやいや、碑文なんかも仲良くモンゴル語と中国語で併記されてたし・・・」

とか、わいわい喋りつつ・・・


後円部頂上からは・・・

DSCN8424



DSCN8425

大和の山々が見事に見えました・・・




で、

DSCN8426

前方部にも下りて行けるのが、この古墳の特徴だそうです。



ちなみに、

DSCN8427

外縁部も散策できます。


「さてさて、山の辺の道ハイキングコースとしては、ここから戻ればちょうどコースの半分あたり・・・」

「ま、半分といっても、あちこち寄り道してるし10km以上は歩いたな・・・」

「そうそう、今から山の辺に戻るのもしんどいし、昼飯では乾杯だけやったし・・・」

と、たちまち意見は一致して・・・


DSCN8429

そそくさと柳本駅へ・・・




DSCN8430





DSCN8431

なかなか風情のある駅でしたが、駅前にはお店は一軒もありませんでした。



で、JR奈良駅で下りて居酒屋を探したのですが、さすがにどこもまだ準備中でした・・・

DSCN8432




で・・・

DSCN8434

おなじみの店へ・・・





DSCN8437

おなじみのビールから・・・




DSCN8438

おなじみのハイボールへ・・・あははは



と、最後は・・・

DSCN8442

ホームから東大寺と若草山を眺め、次回はあの裏の春日山を歩こうと約束して奈良とお別れました。

と、記事を書き終わったら、もうこんな時間になってるではないかっ!!!

ま、12時間後には中華航空の機内で燕京ビールなんぞをかぱかぱ飲んでるだろうし、その後も
北京空港や内モンゴル包頭市内のホテルで飲み続け仮眠し続けてるだろうから、ま、いいか・・・




m98k at 02:40|PermalinkComments(2) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック