史跡・戦跡・名勝

2017年11月22日

MIRAIZA・・・

とーとつですが・・・MIRAIZA・・・であります・・・



じゃーん

DSCN6272

そう、大阪城天守閣の・・・




お隣にある・・・

DSCN6251




DSCN6249

旧帝国陸軍・第四師団司令部庁舎を改修して先月オープンしたばかりの・・・





DSCN6275


DSCN6273

MIRAIZA OSAKA-JOであります。



大阪城は江戸末期には徳川幕府の外交上・防衛上の拠点となり、明治になってからも第四師団の
前身である大阪鎮台時代からずっと陸軍の拠点だったのですが、当時東京市を抜いて東洋一の大都市
となっていた大阪市が陸軍と交渉、昭和6年にその一部を市民の寄付により公園として整備し一般開放、
本丸御殿の大阪市への移管ということもあり、その際の寄付金で天守閣の再建とあわせて建設された、
今となっては貴重な現存するロマネスク様式の司令部庁舎であります。

その後は昭和15年に中部軍管区司令部となり、戦時中は再び大阪城全域が立ち入り禁止になり、
戦後は全域が史跡公園となったのですが、この建物は米軍の接収から大阪市警視庁(のちの大阪府
警察本部)庁舎などを経て、平成13年まで大阪市立博物館として使われてました。

師団司令部として専用設計された堅固な造りで天守閣とともに米軍の猛爆にも耐えたのですが、
戦後の内部改修などで今の耐震基準に合致しなくなり長年放置されていたのを今回耐震補強して、
集客施設としてリニューアルオープンしたとゆー次第。

なにせ師団司令部ですから公開されている設計図にはない極秘の地下指揮所とか地下通路とか、
様々な都市伝説があり、万城目学氏の小説「プリンセス・トヨトミ」では天守閣の地下とされてますが、
この司令部の地下深くにも・・・
って、わたくしは大戦末期にあわてて掘られた地下室や地下通路ぐらいしか知りませんが・・・


閑話休題


今回はいつもの職場の同期会で行ったのですが、今も建物の一部には・・・

DSCN6254

独特なアーチなどは一部に残ってました。




今回はじつにひさしぶりのイタ飯でした・・・

DSCN6255




DSCN6253






DSCN6261

って、食べる前に撮ればいいものを・・・げふっ








m98k at 01:22|PermalinkComments(6) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2017年10月28日

正倉院展と・・・


とーとつですが奈良の正倉院展に行ってきました。



鹿さんをかき分けつつ奈良国立博物館の新館へ向かいます・・・

DSCN5978







DSCN5980






DSCN5981






DSCN5982






DSCN5985

正倉院展なんて、わたくし何十年ぶりになるでしょう・・・





とーぜん内部は撮影禁止なので、せめて案内図だけでも・・・

DSCN5987

会場は西新館と東新館・・・ちなみに地下回廊から「なら仏像館」~「本館」と続きます。




テーマごとに九つのブースで構成されてました。

DSCN5988

今年で、もう69回目なんですね・・・「モノ」好きにはじつに面白い展覧会です。





と、ゆーことで・・・

DSCN5997

地下回廊にあった「正倉院展の歴史」であります・・・




せっかくなので、同「仏像の見方」も・・・

DSCN6022


DSCN6023


DSCN6027


DSCN6026


DSCN6025







さらにせっかくなので同、各種「印相」も・・・

DSCN6020


DSCN6019




DSCN6017




DSCN6015




DSCN6013




DSCN6009




DSCN6007





DSCN6000





DSCN6003





DSCN6004

ひとつひとつの形に意味があって、こちらもじつに面白いですね。



と、この後「なら仏像館」にも行ったのですが、こちらも撮影禁止でしたので画像はありません。




で、まったりと見学して外界へ出てみると・・

DSCN6029

すでに本館などがライトアップされてました。




今回、ありがたい仏像の紹介ができませんでしたので、せめてこちら・・・

DSCN6030

そう、せんとくんとばんびくんであります・・・ありがたや・・・ありがたや・・・






m98k at 00:28|PermalinkComments(5) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2017年10月14日

2017秋・熊野キャンプ報告(後編)

前篇からの続きであります。

10月6日の夕方に現地入りしてから7日の夜9時まで、ほぼ飲み続けの食べ続けだったのですが、
たっぷりと寝た8日の朝は、しっかりと心を入れ替えて・・・


BlogPaint

25km先の新宮城址を目指して、wingさんと二人でポタリングに出発・・・
そう、春のキャンプでは途中で雨が降ってきて20km地点で引き返したので今度こそ・・・




って、「今回は10kmで引き返しましょう。とぼとぼ」と、相変わらず弱気なwingさん

DSCN5743

ちなみにわたくしのXVの右に見えるのが、wingさんのモンベル・ムーンライト3型テント!!!
今回オートキャンプ専用に新調されたそうで、自転車がそのまま入るのも魅力だったとか・・・

わたくしが社会人になってはじめて買ったテントが、当時発売されたばかりのこれでした。
高価な本格ドーム型か安物粗悪品しかなかった時代には画期的な製品、当時としては小型軽量で
設営も簡単、しかも長雨にも充分耐えて、その割には比較的求めやすい価格設定でした。

一人でも担げる重さで(今は無理ですが)二人ならゆったり、三人でも交互になれば眠れました。
わたくしはソロキャンプにも使ってて、テントだけで充分過ごせる広さも魅力でした。
まあ今はダンロップの3人用R-324かケシュアの3人用で、これらを担ぐことはありませんが・・・

現モデルは前後にドアが付きフライの張り出しも標準になってますが、他は40年以上前とほぼ同じ・・・
まさに完成された超ロングセラー・モデルなんですね。


閑話休題・・・


(以下、わたくしの写っている画像などはwingさんからの提供です。)

DSCN5744

前回とちがって、この日は好天に恵まれました。






DSCN5745



DSCN5747

ま、前回同様、あちこちで休憩してますが・・・






DSCN5748

やはり晴れてると、走ってても気持ちがいいですね・・・




そのため走行中の画像は少ないですが・・・

DSCN5752



DSCN5754

「飛雪の滝キャンプ場」でも、たっぷりと休憩・・・




前回はたどり着けなかった・・・

DSCN5756

「御船島」まで来ました。(左端に少しだけ見える小さな島です。)






DSCN5755






DSCN5758




DSCN6417

ま、ここでもまたまた、まったりと休憩・・・




ようやく・・・


DSCN6419





DSCN5761

新宮城址が見えてきました。ふう




で、河口付近の橋を渡れば・・・

DSCN5762

新宮城址であります。最近、雑草や木を取り払い再整備したようです。





DSCN5763



河口にある山城で熊野川や太平洋に舟で出入りできる「水ノ手」があったのが特徴。






DSCN5764

「上りは嫌いじゃあ・・・」とぶつぶつ言いつつ・・・






DSCN5766



DSCN5765

松ノ丸から、いったん水の手へ下ります・・・




って・・・

DSCN5767

ここを下りたあたりで・・・





DSCN5770


DSCN5768

「このまま下りて行ったら、上りが大変ですね・・・」

「ええ、お互い上りは嫌いだし、ここで引き返しましょう・・・水の手も見えたことだし・・・」

と、そそくさと引き返し・・・

DSCN5772



DSCN5773



DSCN5775






DSCN5777




BlogPaint

「また上りじゃあ!!!」と躊躇するwingさんを無視して・・・






P_20171008_113158





ひいひいと本丸の最高部まで上ると・・・

DSCN5780




DSCN5782

下りなかった「水の手」の様子がよくわかります。


せっかくなので小さく写っている説明板を30倍ズームで拡大・・・

DSCN5783

敷地部分には広大な「炭納屋群」があったようですね・・・
専売品である熊野川流域の「備長炭」は藩の生命線、城としては特異な経済施設だったようです。




ちなみに本丸の井戸跡には水飲み場と蛇口があって、冷たい水道水を飲んだり頭から浴びたり、
じつにありがたかったです。

P_20171008_113815

って、ずいぶん髪の毛が少なくなったなあ・・・ううっ



と、

DSCN5785


DSCN5774



DSCN5786

大手道とは反対側から下りて、城址を(水の手を除き)ぐるっと一巡・・・





DSCN5787

城址を貫くトンネルを眺めつつ、自転車を置いてある大手門まで戻りました。


「さて、次はいよいよ新宮駅前へ・・・じゅるじゅる・・・

「剣鉈コレクターさんオススメの寿司屋さんですね・・・じゅるじゅる・・・

そう、じつはこちらが今回ポタリングのメイン・・・

DSCN5794


DSCN5793



DSCN5792

駅前にある「徐福寿司」であります。
このすぐ裏に「徐福公園」と「徐福の墓」があるんですね。




DSCN5789



DSCN5788

まずは名物の「さんま姿寿司」から・・・じゅるじゅる・・・




続いて握りの盛り合わせも・・・

DSCN5791

って、食べる前に撮ればいいものを・・・

いやあ、どれもおいしかったですが、わたくしには特に鰻が秀逸でした・・・げふっ




と、食後は駅の観光案内所で教えてもらったクレープ屋さんでソフトクリームなんぞを食べ・・・

P_20171008_131022





ふたたび河口付近の橋を渡って、来た道を引き返しました。

DSCN5796

この季節は(晴れてると)ポタリングやサイクリングには最高ですね。




めずらしくwingさんが走行中の画像を撮ってくれてました。

DSCN6427




DSCN6428

ひいひいと坂を上り・・・




DSCN6429

やっと上り終えて一息ついてるわたくしを・・・




DSCN6432

情け容赦なく追い抜いてやったぞ!!!、という連続写真ですね・・・



ま・・・

DSCN5801






DSCN5800


P_20171008_140812




DSCN5807

帰りもあちこちで、ぐったりと休憩してましたが・・・



ちなみに熊野川そのものも、世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」の一部で・・・

DSCN5806

川舟も熊野古道のひとつなんですね・・・



と、ようやく念願の完走(と寿司の完食)を果たし、無事キャンプサイトに戻りました。

サイコンでは、この日の走行距離は52.4km、走行時間は3時間弱、平均速度は17.7km/hでした。
9時過ぎに出て3時過ぎに戻ったので所用時間は6時間、ま、いつもの休憩ペースでした。あははは



で、タープの下でまったりと休憩後は、(クルマで)いつもの湯ノ口温泉へ行って、さらにまったりと入浴、
キャンプサイトに当日も残ってたワンテン夫婦と四人で、最後の夕食宴会であります。

DSCN5810

まずは新機軸の「サケのチャンチャン焼き」から・・・ぷしゅ、くはあ・・・ビールに合うなあ・・・ばくばく

その後は恒例の焼き物と寄せ鍋に移行したのですが、先に帰った連中が余った食材を置いてたし、
つまみ用に用意していたスモークまで、たどり着くことはできませんでした。げふっ


まあ、大量に残ったおでん具材やスモーク具材は・・・

DSCN5839

すべて寄せ鍋に追加して夜食にしましたが・・・ばくばく



で、この夜のイベントは・・・

DSCN5811






DSCN5830

夏の残り物の名残の花火大会・・・





DSCN5820

なかなかハートマークは撮れませんでしたが・・・


と、この夜も早めに10時過ぎには就寝しました。


で、翌9日の朝は大量に残ってた寄せ鍋にうどんを投入して食べた・・・のですが・・・

「明太子や漬物など、ご飯のお供もいっぱい残ってますよ・・・」

「残ってるハムもハム巻きご飯で食べるとおいしいなあ・・・」

「寄せ鍋といいつつ煮詰まってるので、ご飯のおかずに合うなあ・・・」

ということで、wingさんが朝食後にご飯を炊いて・・・

DSCN5841

こちらも午前中には完食しました。げふっ

と、昼過ぎには残った4人も全員撤収し、夕方には無事に帰宅したという次第。

今回も珍しい食材やつまみ、飲み物なんぞをみなさんが持ち寄ってくれてたのですが飲食に夢中で、
ほとんど画像がなく、何を食べて飲んでたのかもよく覚えてません・・・あははは
ともかくみなさん、ご馳走様でした!!!

次回は来年の春の予定ですので、ぜひご一緒しましょう!!!







m98k at 00:51|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2017年10月01日

奈良・上ツ道ふらふら

(期間限定のお知らせ)
8月1日から1ヶ月半にわたり2017夏「トスカーナの休日」記事を長期連載しています。


今日から10月になりました。
大阪でも少し秋らしくなった一昨日、奈良の「上ツ道」を小径車でふらふらしてきました。

奈良の都から飛鳥の里へ南下する古道は、ハイキング向きの「山の辺の道」を除き、「下ツ道」、
「中ツ道」、「上ツ道」とありますが、今回は「上ツ道」ルートを輪行ポタリングで楽しんできた次第。


まずはJRの奈良駅に集合して、駅前で愛車を組み立てて記念撮影・・・

BlogPaint





BlogPaint

って、三人なのに自転車が2台しかありません・・・???

そう、わたくしと同じシルヴァF8Fに乗る友人が、今回は歩くと思って手ぶらで来てしまったのであります!!!

彼に連絡したダッシュP18に乗る俳句好きの友人は、主語や目的語の省略は日本語の特徴で、もともと
正確な情報伝達には向かない言語、しかしこの省略が俳句には不可欠であって・・・ぶつぶつ・・・
とか抜かしてましたし、片方は、そーいや前回のサイクリングで涼しくなったら三人で上ツ道を走ろう
とか言ってたような気もするけど、そんなこたあ、もうすっかり忘れてたし・・・ぶつぶつ・・・
とか抜かしてましたし、ったく、トシをとるとウンチクやら物忘れやらロクなことはないな・・・ぶつぶつ・・・
と、文句ばかり言うようになるのもトシをとったせいか・・・ぶつぶつ・・・


と、三人でぶつぶついいながら、とりあえず猿沢池を目指して(自転車を押して)歩きます・・・

DSCN5571

平日でしたが観光客が多く自転車走行は困難、幸か不幸か、のんびりと散策できました。




で、猿沢池に到着・・・

DSCN5574



ここで右折すると・・・



DSCN5576

古い街並みの残る「ならまち」の中心を南下する「上ツ道」ルートであります。



やはり観光客の多い「ならまち」を(幸か不幸か)のんびりと歩き続けます。

DSCN5577

ピザーリアなんかも、飛鳥時代からあったのね!!!






DSCN5579

シルヴァF8Fを持ってこなかった友人、遮熱傘は持ってきてて「完全街歩き仕様」ですね・・・







DSCN5580

旨そうなお土産が・・・じゅるじゅる・・・





DSCN5584

旨そうな弁当が・・・じゅるじゅる・・・





DSCN5585

旨そうな地酒が・・・じゅるじゅる・・・




DSCN5586

旨そうなドルチェが・・・じゅるじゅる・・・



と、昼食には早かったのですが「ならまち」のほぼ南端にある食堂へ・・・じゅるじゅる

DSCN5589





店名どおり、竈で炊くご飯がウリのようでした。

DSCN5590

DSCN5592




この日のご飯は・・・

DSCN5597

やはり竈で炊いたご飯はおいしいですね・・・ばくばく・・・



とまあ・・・


DSCN5593


DSCN5594


DSCN5596

ともかく完食・・・って、ご飯のおかわりは自由だったけどアルコール類は一切ありませんでした。
イタリアやスペインでは、まずあり得ない食堂ですね・・・



で、自転車を忘れた友人は「ならまち」を一人で散策して帰ることになり、彼とはここでお別れ、
残った二人は(ようやく自転車に乗って)「上ツ道」の南下を再開しました。

DSCN5599

昔の風情は残ってるけど、このあたりは抜け道になってるのか、けっこうクルマが多かったです。





DSCN5600

「京終(きょうばて)」を過ぎたあたりから、ほぼJR桜井線と並行して走ります。




DSCN5604




畔には点々と彼岸花・・・

DSCN5606



DSCN5603

「みのりの秋」らしい風景です・・・





このあたりの「上ツ道」は・・・

DSCN5608

しばらく水田の間を走ると小さな集落に入る、といった繰り返しになります。
これが「ニッポンの里道」の原型ですね・・・





「帯解寺」にお参りしました・・・

DSCN5609






DSCN5612





DSCN5611

奈良では安産祈願で有名なお寺だそうです。





こちらの眼科医院・・・

DSCN5613

じつに渋い建物ですねえ・・・






DSCN5616

この先あたりでいったん右折して天理市街に入り・・・






DSCN5617

丹波市町の市場跡だそうです。



田園風景の向こうに三輪山が見えてきました。

DSCN5618






芭蕉の句碑で休憩・・・

DSCN5621

熱心に説明板を読む俳句好きの友人・・・





DSCN5619

・・・とゆー次第で藤棚があるんですね・・・





西を望めば金剛山、大和葛城山、二上山が・・・

DSCN5625

いつも見てる大阪側からとは逆に並んで見えます。
当たり前なんですが、何度見ても不思議な感覚になります・・・




いっぽう、東を望めば・・・

DSCN5626

三輪山がかなり近づいてきました。




ようやく「ならクル」の標識を見つけました。


DSCN5627

箸墓古墳から橿原方面へ・・・




こちらが箸墓古墳・・・

DSCN5632





上空から見ると・・・

DSCN5631

こんな感じなんですね・・・




走行中の画像でブレブレですが・・・

DSCN5633

さらに三輪山が近づいてきました。





せっかくなので三輪山にもお参りすることにしました・・・

DSCN5635

三輪山・・・正式には「三輪明神・大神神社」なんですね・・・大和の国の一之宮だそうです・・・
ちなみに摂津の国の一之宮は住吉大社で・・・ぶつぶつ・・・

さらにちなみに、わたくし寺は「参る」もので神社は「詣る」ものだと思ってましたが、ちと調べてみると、
諸説あって、その違いがじつに面白かったです。

ま、語源は同じで「参出る」の変化した「もうでる」に、言葉が旨くなる、転じて高みに行くという意味の
「詣」の字を使うようになった、という説が納得できましたし、明治政府の神仏分離・廃仏毀釈までは
お寺も神社もずっと神仏習合で仲良く一緒に存在してたわけですから、寺社仏閣に限らず人々の
信仰を集めているようなところに「行く」際には、「行く」の謙譲語である「参る」を今後は使うことに・・・
でも、「参詣」とか「初詣」などとゆー言葉もあるので、そこはまあ、てきとーに気分次第で・・・



閑話休題



大鳥居を潜り抜け・・・って、じつは横の旧道から入ったのですが・・・

DSCN5634





JRの踏切を越えた先に見える・・・

DSCN5636

三輪山そのものが神社のご神体なのであります。





中の鳥居前の駐輪場に自転車を置いて・・・

DSCN5639


DSCN5638

本場で食べる三輪そうめんかあ・・・じゅるじゅる・・・って、まずは神社に「お参り」ですね・・・




中の鳥居から参道を上って振り返ると・・・

DSCN5644

やはり「高み」に「参った」気分になりますね・・・






さらに「高み」へ・・・

DSCN5645





DSCN5646






DSCN5647

ご神体を背後に抱える拝殿であります。
本殿はなく拝殿の一番奥に結界をあらわす鳥居があって、そこから先はご神体そのもの・・・
これは神社建築ができる前からの祭祀方式で、わが国最古の神社とされているとか・・・


ま、我々は・・・

DSCN5651

素敵なおねいさん巫女さんの優雅な神楽なんぞを拝んでましたが・・・




ちなみに境内では・・・

DSCN5671

こんなのをやってました。




せっかくの「あかり展なので、わたくしの気に入ったものをいくつか・・・

DSCN5661



DSCN5662


DSCN5665



DSCN5666



DSCN5667


DSCN5668



DSCN5669

いつかwingさんにも出展してもらいましょう!!!





と、お帰りの際は・・・

DSCN5672

ちゃんと大鳥居を潜りました・・・




飛鳥の里に入り、特別史跡・山田寺跡に立ち寄りました。

DSCN5681

ま、発掘調査された礎石なんぞは埋め戻されてるので、ただの更地にしか見えませんが・・・




詳しくは文化庁の説明なんぞを・・・

DSCN5674

って、わたくしのシルヴァF8Fが邪魔ですね・・・





DSCN5676

法隆寺より古い大規模な伽藍配置があったようですね。




飛鳥寺・岡寺方面に進みます。

DSCN5683








DSCN5689



DSCN5688

この「雷(いかづち)の丘」南側の狭い道を西へ抜けるのが本来の「上ツ道」ルートだったのですが、
それに気づかず、いったん北上してから橿原神宮方面へ・・・



ようやく近鉄・橿原神宮前駅に到着、とーぜん・・・

DSCN5690

駅前のバル居酒屋で、まずはビールであります。
ちゃんと飲む前に自転車をたたみました。そう、これが学習効果というやつであります。




ま、冷製タパス突き出しで最初の一杯だけは撮りましたが・・・

DSCN5691

この後の記憶がいつもどおり・・・殆どありましぇん。

って、やはり学習効果が活かされていないではないかっ!!!


と、サイコンによると今回の走行距離は自宅と駅との往復を含めて35kmちょいで走行時間は3時間、
平均時速は12km/hになってました。

まあJR奈良駅から最初の2kmは、1時間かけて三人でのんびりと歩いてましたから・・・
35km-2km÷2時間=平均時速16.5km/h程度で走ってたことになります。
小径車による、のんびりポタリングにしてはなかなかのスピード・・・

って、JR奈良駅から近鉄・橿原神宮前駅までの所要時間は6時間ほどでしたから、やはり半分以上は
昼食と居酒屋宴会に費やしていたことになりますね・・・どっとはらい





m98k at 11:11|PermalinkComments(2) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2017年09月27日

世界のタイル博物館!!!

(期間限定のお知らせ)
①2017秋の熊野キャンプへのお誘い記事はこちらです。
②日程が重なりますが
2017年10月7日に「世界水フォーラムの展望と課題」講演会があります。
③8月1日から一ヶ月半、2017夏「トスカーナの休日」記事を連載しています。



とーとつですが、愛知県常滑市にある「世界のタイル博物館」に行ってきました。

DSCN5461

ま、家族旅行でさくさくっと廻っただけなので、詳細は上記リンク先をご覧いただくとして・・・


一階は古代から順にタイル装飾を再現した空間を歩くようになっており、真っ暗な通路を進むと、
まずはBC3500年頃のメソポタミアのやきもので装飾された土壁が再現された空間・・・
・・・は、画像を撮るのを忘れましたが・・・


次はエジプト最古のピラミッドの地下空間・・・

DSCN5450

こちらも肝心な「王の部屋」への門を撮るのを忘れましたが、ブルーのタイルが特徴的でした。






イスラームのモザイク・タイルを再現した天井・・・

DSCN5453

朝・昼・夜のイメージで、ゆっくりと照明が変わっていき、なかなか幻想的でした。





オランダ・タイルで装飾された暖炉・・・

DSCN5454

白地にコバルトブルーで身近な風景を描くのが特徴だとか・・・






イギリスのヴィクトリアン・タイル・・・

DSCN5456


DSCN5457

この頃から、室内のタイル装飾が市民にも拡がっていったそうです。




日本のタイル装飾・・・

DSCN5459

お風呂屋さん(銭湯)ではおなじみでしたね・・・




続いて二階の展示室へ・・・

DSCN5462

って、階段にもタイル装飾が・・・




DSCN5463

もとは個人のコレクションだったんですね・・・





DSCN5464



DSCN5465

世界最古のタイルとか、膨大なコレクションが分かりやすく分類展示されてたのですが、とてもすべては
紹介できませんので、以下は思い切って省略させていただきます。
上記リンク先に一点一点の詳細な画像と解説があるので興味のある方はそちらをご覧ください。


で、一階に戻り企画展示室へ・・・


こちらでは改築休館中の資料館の展示の一部が移設されてました。


じゃーん

DSCN5508

いやあ、これはじつに懐かしかったです。






DSCN5500

小便器は左の朝顔形と右の向高形に、大便器は小判形と角形に分類されるんですね。





DSCN5503

真ん中にあるのは「厠下駄」・・・



以下、さくさくっと・・・

DSCN5504



DSCN5505



DSCN5506






DSCN5501



DSCN5502



DSCN5507



広い敷地内には、このタイル博物館以外にも、いろんな展示棟や体験棟があって、野外展示もあり、
ま、こちらもさくさくっと・・・


DSCN5510

敷地内の庭園に展示されていたタイル焼き付け用の炉の内部・・・





DSCN5515



DSCN5516

やきものの基本も知ることができました・・・





DSCN5521

どろだんごと(やきもの用の)各地の土・・・







DSCN5512



DSCN5513

日本独特のトイレ文化の紹介・・・







DSCN5509

ミュージアムショップにあったお土産・・・


と、さくさくっと廻っただけでも、けっこう充実してて楽しかったです。



で・・・

DSCN5539

昼食は評判の鰻屋さんで・・・

関西風というか名古屋風というか、蒸さずに時間をかけて焼いた直焼きタイプで、大阪に住んでても、
本格的に焼いたものはけっこうお高いので、じつにひさしぶりでした。ばくばく

ちなみにこのお店、常滑焼の窯元の一部を改造してやっておられるそうで、ま、同じ焼き物ですから、
焼き加減なんぞはお手の物なんでしょうね・・・ばくばく





じつは前日から知多半島の先端付近にあるお宿に泊まってて・・・

DSCN5447



DSCN5446

名物の「じゃこソフト」を食べたり・・・
って、振りかけてある新鮮な「しらす」の塩分などが、案外ソフトクリームと合ってました。ばくばく



すべての種類と焼きたてを試食できる「えびせんべいの里」にも・・・って・・・

DSCN5434

こっ、こんなにいっぱい買ってたのね・・・


とまあ、はじめての知多半島でしたが、なかなか楽しかったです。






m98k at 00:27|PermalinkComments(4) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック