史跡・戦跡・名勝

2017年08月08日

シチリア紀行5 シラクーサ

シチリア紀行の5回目は、カターニャからシラクーサへ向かう・・・のですが・・・

その前に案内いただいてる奈緒子さんにお願いし、スーパーに立ち寄ってもらいました・・・

DSCF3362

正面はサルメリアさん・・・
ま、サラミ屋さん兼ハム屋さん兼チーズ屋さん、肉乳加工品販売店といったところでしょうか・・・
ちなみに純粋な肉屋さんはマッチョリア、ヨーグルト屋さんはヨーグテリア、ピザ屋さんはピザーリア、
ジェラート屋さんはジェラッテリア、パン屋さんはパンネッテリアで、この辺りはわかりやすいです。



わたくしの目的は、もちろんこちら・・・

DSCF3366

いそいそいそ・・・





DSCF3364

「これ、シチリアビールですね。」

「じゅるじゅる・・・ おおっ、横にトスカーナビールもあるぞ!!! じゅるじゅるじゅる

「こちらでよく飲まれてるのはこれ、わたしが好きなのはこちらです・・・」

「ではそれらも・・・がちゃがちゃがちゃ・・・ でも缶ビールが少ないですね・・・」

「少し割高だし、圧倒的に小瓶入りが好まれてます。わたしはいつも大瓶ですが・・・」




と、部屋飲み用に大量のビールを買い込み、今度こそアウトストラーダをシラクーサへ・・・

DSCN1721

ずいぶんエトナ山が霞んできました。




と思ってたら・・・

DSCN1722

「なんか前方視界が急に悪くなって、煙の臭いが充満してきましたが大丈夫でしょうか・・・」

とお訊きし、奈緒子さんも心配になったようで運転中の旦那様に相談されところ、

「ま、いつものことですが・・・無問題・無問題といってます・・・あははは

「あははは



と・・・

DSCN1724

ごおーっ





DSCN1723

ばちばちばち






DSCN1727

めらめらめら


左右から迫りくる炎と煙を、スーパーマリオなみのドラテクで避けながら一気に通過しましたが、
エアコンの効いた車内からでも、炎の熱線が感じられるほどでした・・・

いやあ、まさかシチリアで「火の輪くぐり」が楽しめるとは思いませんでした。あははは




と、楽しいドライブでシラクーサに到着・・・

DSCN1730


DSCN1731

新市街を抜け・・・




DSCN1734

旧市街オルティージャ島にある港へ・・・





DSCN1735

雰囲気のある波止場への坂道を上がると・・・




DSCN1737



DSCF3369

波止場の目の前にある素敵なリストランテに到着・・・

じつはこのリストランテは奈緒子さんの経営で、彼女はオーナーシェフだったのでありますね。
案内中の会話の中で、そのことをうかがってたので、無理をお願いして連れて来てもらった次第。



DSCF3371

この季節は夜からの営業だそうですが、我々二人のために特別に開けていただきました。
旦那様がウェイターになって、いそいそと準備してくれてます。



日本語併記のメニュー

DSCF3376


DSCF3377


DSCN1754

アンティパスト(前菜)からはじまる様々なシチリア料理に加え・・・




DSCN1753

とーぜん和食メニューもあります。じゅるじゅる

「メインはシチリア料理ですがシラクーサはちょうどイオニア海が地中海の本海とぶつかるところで、
本マグロやカンパチをはじめ魚介類がとても新鮮でおいしいので和食もやってます。」

ま、せっかくなので旬の本マグロなんぞをメインに、オススメのシチリア料理をお願いしましたが、
日本人らしく、とりあえずはビールで乾杯!!!

DSCN1757

DSCN1778

DSCN1767


DSCN1747

午後の一番暑い時間、外気温はおそらく40℃を超えてたでしょうが、分厚い石造りの室内は涼しく、
目の前の地中海(イオニア海)を眺めながら飲む冷たいビールは最高でした。



で・・・

DSCN1755



赤白のシチリアワインとともに、まずはウニ・エビ・イカなどのパスタから・・・

DSCN1770


DSCN1766

って、食べる前に撮ればいいものを・・・ばくばくごくごく・・・旨いっ!!!




DSCN1760

カルパッチョといいつつ、手前はほとんどお刺身でしたね・・・旨いっ!!!




DSCN1765

わははは、しあわせじゃあ!!!



ちなみにこちら・・・

DSCF3381

シチリア郷土料理のカポナータだそうで・・・ともかく旨いっ!!!




DSCN1780



DSCN1781

とーぜん、締めのジェラートやドルチェ、エスプレッソコーヒーまで完食完飲・・・げふっ






DSCN1788

いやあ、ほんとにご馳走様でした。ありがとうございました。

おいしくて雰囲気が良くてお値段も良心的なので、ここできっぱりと宣伝しておきます。

Ristrante la Cambusaであります。和食もあり、シラクーサに行かれる際にはオススメです。
日本語メニューがあり、とーぜん奈緒子さんは日本語が話せるので、とてもありがたいです。
さらに98kさんのブログを見たといえば・・・どんなことになるかはわかりませんが・・・


ついでに・・・

DSCN1791

こちらもおいしそうやな・・・じゅるじゅる

「その子は料理しません。きっぱりと。ま、少しだけでもシラクーサを案内しましょう。」

と、裏口から階段を下りると・・・

DSCN1794

素敵な中庭に出て・・・



さらに・・・

DSCN1795

中庭を抜け、反対側の通路へ・・・



DSCN1797

こんな通路に、さりげに古いヴェスパが置いてあると、じつに絵になりますねえ・・・



と通路を抜けると、いきなり・・・

DSCF3389

ドゥオーモ広場に出ました。

そう、奈緒子さんのお店はドゥオーモ広場の海側にあったんですね。




ドゥオーモであります。

DSCF3392


DSCF3398





ドゥオーモ広場であります。

DSCN1811






で、いったんお店まで戻り・・・

DSCN1816




DSCF3411




DSCF3415

開店準備のある奈緒子さんとはここでお別れ、帰りは旦那様に送っていただきます。




帰り道に寄って下さった、すぐ近くにある「アレトゥーサの泉」

DSCF3418



DSCN1826

ご覧のとおり海沿いの泉なのに、きれいな真水が滾々と湧き出てました。

ま、アレトゥーサとアルフェウスの哀しいお話については、ネット検索で・・・





DSCF3423



DSCN1838




DSCN1822



DSCN1830


DSCN1834






DSCN1823


DSCN1840

ほんとはこんな旧市街の道ものんびりと散策したかったのですが・・・
すでに予定よりかなり遅い時間になってしまいました。






DSCN1843





DSCN1846






DSCF3448

サン・ジョバンネッロ要塞を抜けて・・・





DSCN1850

橋を渡って新市街へ・・・新市街といってもけっこう風情のある街並みでしたが・・・



DSCN1851

誰の像なんでしょうか?  アルキメデス???




DSCN1852

このあたりで海岸線ともお別れして・・・





DSCN1860

カターニャ方面へのアウトストラーダへ入ります。

今回は残念ながら、古代ギリシャの遺跡や郊外などを廻る時間はありませんでしたが、
奈緒子さんのおいしいシチリア料理とオルティージャ島の旧市街を楽しむことができました。


で、しばらくアウトストラーダを走ってると、またまた煙が充満してきたので旦那様に訊いてみました。
わたくしは大阪弁、旦那様はシチリア弁なんですが、なんとなく話が通じます・・・

「さっきの火事、阪神高速は大丈夫なんやろかっ???」

「無問題、無問題、人生に何も問題はない。わははは」

といった感じで、そのまま走ってると・・・

DSCN1865


DSCN1864



DSCN1866


「やっぱり通行止めやないかっ!!!」

「無問題、無問題。抜け道を知ってるさかい。」


DSCN1871

「って、こっちも燃えとうよっ!!!」と、シチリア弁につられて神戸弁になってましゅが・・・

「わははは、まかしとかんかいっ、がしがしがし・・・」


DSCN1859



と、またまた見事なシフトワークで、次々と炎や煙をかいくぐり・・・



DSCN1873

「どや、ちゃんとアウトストラーダに戻ったやろ、がははは」と自慢する旦那様。さすがです。

そーいやシラクーサに向かう反対車線は凄い渋滞になってますね。

と、抜け道でも楽しいドライブ(うちの奥様はぐっすり眠ってましたが)、さらに、

DSCN1877

その後のアウトストラーダでも、あちこちで「火の輪くぐり」を楽しみつつ・・・




DSCF3451





DSCF3453

かなり遅くなってから、パテルノー近郊アグリツーリズモのお宿に帰り着きました。

後でテレビで知ったのですが、この日の火災は石油コンビナートとかにも近づいていたようで、
その後はあちこちで消防ヘリも飛んでて、けっこう大規模だったようです。

ともかく・・・
奈緒子さんと旦那様、朝から丸一日、ほんとうにありがとうございました。
タオルミナ、カターニャ、シラクーサの案内も、奈緒子さんのシチリア料理も素晴らしかったです。

と、さすがにこの夜は、持参したおつまみとスーパーで買ったビールだけで充分でした。げふっ

(次号に続きます。)



m98k at 08:08|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2017年08月07日

シチリア紀行4 カターニャ

シチリア紀行の4回目、島の南東部をタオルミナからカターニャ市内に向かいます。


よく見ると、あちこちで煙が上がってました。

DSCN1660




DSCN1658






カターニャの市街地が近づいてきても・・・

DSCN1663




DSCN1664

各所に煙が見えます。

極度の乾燥と猛暑で、あちこちで火事が発生しているようで、案内の奈緒子さんに伺います。

「シロッコの強風で枝が擦れあうとか、やはり自然発火なんでしょうか?」

「オリーブやレモンは油分が多く自然発火もありますが、剪定など作業による火事も多いです。」

「消防も警察も動いてないようですが、消火活動とかはしないんですか???」

「特に市街地や工場などが近くになければ、まあ、そのままですね。」


と、無事にカターニャ市街の中心部に到着。

DSCF3297

ここでクルマから下りて、まずは青空マーケットを歩きます。






DSCF3298



DSCN1669



DSCF3305


DSCF3306



DSCN1670

マーケットを歩くと、その国や地方の暮らしぶりが想像できます。





DSCF3310

お話に夢中で、わたくしカメラの電源が入ったままですね・・・あははは




できるだけ街を歩きたいとお願いしてたので、さらに歩きます。

DSCN1671




ちなみに街路の石畳も・・・

DSCN1674

黒い溶岩なので太陽熱をどどんと吸収するため、夏は物凄い暑さになるのだとか・・・




DSCN1675

ま、乾燥してるので日陰はとても爽やかで快適・・・なので・・・
みなさん、日中からビールやワインを傾けておられました。じゅるじゅる



ようやく幹線道路に出ました。

DSCN1676

エトナ山の噴火で街が何度か壊滅してるので、建築様式はその都度変わっているそうですが、
左中央にあるような、白い石灰岩と黒い溶岩を交互に使った建物がカターニャの特徴だそうです。


こちら

DSCF3319


DSCN1677

カターニャゆかりの作曲家、ベルリーニを記念した広場。




こちら

DSCF3318


DSCN1685

古代ローマ時代の円形闘技場の遺構の一部であります。





DSCN1683

昔からエトナ山の黒い溶岩を使ってたんですね・・・



無料だったのでせっかくなので中に入ることにしました。

DSCN1684

遺構が重なっているのがおわかりでしょうか・・・





DSCF3332





DSCN1690

内部は溶岩などを取り除き修復された部分もあるんでしょうが、きれいに残ってました。







DSCN1692



DSCN1693


DSCN1691

円形闘技場の一部が溶岩などで埋まり、その上に中世の遺構、さらにその上に近世の建物が、
次々と建てられていった様子がよくわかります。
昔からの都市では何層にも遺構が重なってるのはどこも共通ですが、ここはエトナ山の溶岩層が
途中で挟まれているのが特徴ですね。



こちら、柵と暗幕で隠された部分・・・

DSCN1689

ライオンとかスパルタカスとかが隠れてて、いきなり襲いかかってくるのかっ???




と、ふたたび地上に出て、さらに歩きます。

DSCN1700





装飾も白と黒の対比なんですね・・・

DSCF3339

って、なんで「シェー」をしてるのかっ???





こちら

DSCF3342

象さんで有名なドゥオーモ広場と・・・






DSCF3345

ドゥオーモであります。





ま、せっかくなので・・・

DSCF3351

記念写真を撮ってもらったりして・・・象さんの由来についてはネット検索ででも・・・




こちら、カターニャ大学(文学部?)であります。

DSCN1702

ま、せっかくなので、案内いただいてる奈緒子さんとツーショット!!!




さらに歩いて・・・

DSCN1708





DSCN1710

デパートや土産物屋さんに立ち寄ったりしました・・・

シチリア州の州都はパレルモですがカターニャはそれに次ぐ街で、ナポリなど半島にも近く便利なので、
人口も増え続けて、今やパレルモ以上の活況を呈しているとか・・・



ちなみにこちら・・・

DSCN1711

シチリアのシンボルだそうですが、ま、由来なんぞはネット検索で・・・




こちらはシチリア伝統の人形劇PUPIで使われる操り人形のスケールモデル・・・

DSCN1713




DSCN1712

ホンモノのカターニャのPUPIは1m以上あるそうですが、ま、詳しくはネット検索で・・・



で、有名なウルシーノ城にも立ち寄ってもらいました・・・

DSCN1716

内部が歴史博物館になっているのですが、今回は残念ながらパスしてアウトストラーダを南下、
古代ギリシャではアテネと並ぶ、アルキメデスのいた都市国家、シラクーサを目指します。

(次号に続きます。)




m98k at 01:01|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2017年08月05日

シチリア紀行3 タオルミナ

シチリア紀行の3回目、モーラ城からタオルミナの街に下りてきました。


DSCN1612

こちらはモーラ城方面へ上って行く道路ですが、まさにリゾートの雰囲気。




もちろん海側も・・・

DSCF3269

まさにリゾートそのものであります。背後にはエトナ山がうっすらと・・・





我々はメインストリートのカターニャからメッシーナに抜ける旧街道を歩きます。

DSCN1613

こちらのカターニャ側にある「カターニャ門」から旧市街へ入ります。
ヨーロッパではもともと都市=城壁内ですから、シティもキャッスルも語源は同じなんですね。
なので、たいていの都市の旧市街は城壁に囲まれてて中は味わい深く、歩くのが楽しいです。



と、そんな風に考える人は、わたくしだけではないようで・・・

DSCN1616

さらにヨーロッパ屈指のリゾート地で、しかもサマーバカンス中なので平日でも凄い人出です。





DSCN1618

ドゥオーモ(大聖堂)とドゥオーモ広場・・・
この組み合わせは、この後、どんな小さな村でも見かけましたねえ・・・






DSCF3251


DSCN1621

ドゥオーモ広場にある有名な人魚像・・・ま、由来なんぞはネットで調べてくださいね。





DSCF3274

左、時計塔(メッゾ門)と、正面、サン・ジュゼッペ教会と、4月9日広場・・・ま、由来なんぞはネットで・・・




広場からは海岸線が一望できます。

DSCN1636



DSCN1634

こちらは映画「グラン・ブルー」にでてくるホテル・・・



ま、せっかくなので・・・

DSCN1640

案内いただいた奈緒子さんに記念写真を撮ってもらいました。





ちなみに、わたくしが撮ってたのは・・・

DSCF3275

素敵なおねいさん・・・ではなく・・・






DSCF3276

こちらでした。サイクルウェアがキマってますねえ・・・じゅるじゅる



ま、ホンモノのほうは・・・

DSCN1627

さすがに歩行者がいっぱいで、なかなか走れないようでしたが・・・




ちなみにこんな商品もありました。

DSCN1652


DSCN1654

「タオルミナ・サイクリングチーム」ジャージは欲しかったな・・・じゅるじゅる





ま、せめてジェラッテリアでジェラートなんぞを・・・

DSCF3295



DSCF3293


DSCN1651

左端2.6ユーロの一番小さなコーンでもこのボリューム、しかもめっちゃおいしかったです。ばくばく





ちなみに奥のバール・リストランテに続く、こちらの道・・・

DSCN1646



DSCN1647

一人がやっと通れるほどの狭い路地でした。
もともと裏通りにあるお店などとも、こんな感じでつながってるんですね。




ジェラートをぺろぺろしながら、さらにのんびりと散策します。

DSCN1648







La dolce vita・・・甘い生活・・・

DSCN1650

フェリーニの映画の舞台はローマですが、タオルミナは世界中の映画人が愛したリゾートでもあり、
写真はタオルミナ映画祭の受賞者たちですから、彼らのタオルミナでの華麗な世界を映画「甘い生活」
の世界にたとえてあるんでしょうか・・・そーいや今年はG7サミットも開催されてましたね・・・






DSCF3296



DSCN1631

枝道の一本一本も絵になり、どこでもくつろげそうで、映画人たちが愛したのもわかる気がします。




とかいっているうちに・・・

DSCN1655


DSCN1656

メッシーナ側の「メッシーナ門」が見えてきました。
カターニャ門からここまで1kmの散策、クルマは先回りして待ってくれてました。

クルマはここからアウトストラーダを戻り、カターニャ市内に向かいます。
なので残念ながら、今回はビーチサイドには立ち寄れなかったので・・・

DSCN1630

せめてビーチサイドの絵だけでも・・・

(次号に続きます。)



m98k at 00:15|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2017年08月03日

シチリア紀行2 モーラ城へ

「トスカーナの休日」カテゴリの2回目であります。って、当面はシチリア紀行なんですが・・・


7月12日の朝、シチリア島パテルノー郊外にあるアグリツーリズモのお宿から見た・・・

DSCN1516

エトナ山(の右側)に昇る朝日であります!!!

標高3350m、ヨーロッパ最大の活火山で現在も噴煙を上げ続け、過去に何度も大噴火を繰り返しています。
よく見ると、この時は左側へ噴煙がたなびいてますね。
この後、どこへ行っても背後にはエトナ山が聳えてました・・・ま、その周辺を巡ってたからなんですが・・・




で、こちらが5日間お世話になった・・・

DSCN1517

アグリツーリズモのお宿の正面玄関であります。
各地にある農家を改造した宿泊施設で、農業体験プログラムなどをやっているそうですが、
お安いB&B(朝食&寝室)として利用でき、さらにここにはリストランテとピザーリアがあって、
宴会場としても使われているようです。


広い中庭に面したテラス席・・・

DSCN1519

まさに野外宴会場にぴったり!!! 奥の窓口がピザ工房になってて、中に本格的なピザ窯があり、
新郎側が全員集まった挙式の前夜は、このテラスで遅くまでピザ・パーティーでした。



とりあえず中に戻って、イタリアではじめての朝食であります。わくわく

DSCF3129


DSCN1523


DSCN1524


DSCN1525

さすがにフルーツ系は豊富・・・なんですが・・・



DSCN1526

DSCF3131

メインは甘いケーキか甘いパン、あとは卵とハムとチーズが置いてあるぐらいでした・・・
さらにこれらをばくばく食べてるのは我々のみ、みなさんはパンかケーキを一切れとコーヒーだけでした。

我が家にホームステイしていた青年も、朝はクッキー1枚とコーヒーだけで不思議に思ってたのですが、
イタリアでは朝食は軽く済ませるようで、この後もずっと甘いパンかケーキとコーヒーのみでした。
ニッポンの朝食バイキングなんか、おそらく見向きもしないんだろうな・・・


で、朝食後は中庭や建物周辺を散策・・・

DSCN1528

いわくありげな壺と・・・





DSCN1529

いわくありげなぬこさん・・・



建物の裏側に出れば・・・

DSCN1532


DSCN1521

やはり農家なんですね・・・ちなみに黒い石はエトナ山の溶岩を利用しているそうです。



ちなみに部屋はこんな感じ・・・

DSCN1493

バスタブこそありませんが、トイレもシャワーも冷蔵庫もホテルと変わりませんでした。



で、表側の道路に出れば・・・

DSCN1533


DSCN1534



DSCN1535




DSCN1538


DSCN1539


DSCF3160

エトナ山へのヒルクライムでしょうか、次々とロードバイクが上がってきてました。

みなさん陽気とゆーか、カメラを向けて待ち構えてるとニッコリとポーズを決めてくれます。



で、ネットで案内をお願いしていたシラクーサ在住の奈緒子さんに8時半にお迎えに来てもらい、
まずはアウトストラーダ(高速道路)でエトナ山の反対側(北東側)にある景勝地・タオルミナへ・・・

DSCN1549

奥の山塊の頂上に見えるのがモーラ城で、谷あいの街がタオルミナ・・・だったはず・・・


とっ、ともかくタオルミナへの出口へ・・・

DSCN1550

ちなみにシチリア島などイタリア南部は平均所得が低いので、アウトストラーダはほとんどが無料、
ただしカターニャからタオルミナやシラクーサなど、いわゆる観光路線は一部が有料だそうですが、
それでも日本に比べると高速料金そのものがお安く、感覚的には1/10ぐらいでしょうか。





DSCN1559

高度が上がるにつれ、山頂の様子が見えてきます。





DSCN1562

こちらの山頂がタオルミナ城・・・だったはず・・・



とっ、ともかくモーラ城のある山頂付近に到着であります。

DSCN1563

運転して下さったのは奈緒子さんの旦那様で、愛車はベンツGLK-200の新車・・・
フィアットなどの大衆車が圧倒的に多いイタリアでは、けっこうな高級車であります。
ちなみにイタリア国内を走るクルマの98%はマニュアル車だそうです。

「いいクルマですねえ・・・ところで奥様として見たイタリア男性はどんな感じです・・・」

「特にシチリアの男性は呑気で陽気で遊び好きで、あまり計画性がありませんねえ・・・
まとまったお金が入るとバールで見ず知らずの人にまで御馳走してしまうし、無断欠勤はざらだし・・・
家を買おうと貯金してても、少し貯まると高級車を買ってしまうし・・・ったくもう・・・ぶつぶつ・・・」

と、一般的なお話だったのか旦那様への愛情の証だったのか、ともかく仲のいいご夫婦でした。


眺めのいい広場へ・・・

DSCF3203

石畳の黒い溶岩の使い方が面白いですね。






DSCN1572

中央の山頂がタオルミナ城、その向こう側の麓がタオルミナの街・・・だったはず・・・

「うーむ・・・真っ青な地中海の空と海を期待していたのですが・・・案外霞んでますね・・・」

「その日のエトナ山の噴煙と北アフリカからの(サハラの砂を含む)シロッコの加減によりますね。」




DSCN1606

さらに上にあるモーラ城の天守台(?)を目指します。やはり黒い溶岩の使い方が面白いです。



ま、せっかくなので・・・

DSCN1580

元気なうちに記念写真をば・・・



階段を延々と・・・

DSCN1582

ひいひい





DSCN1583

ぜいぜい





DSCN1592

はあはあ




DSCN1594

ふうふう





DSCN1596

ようやく山頂に到着・・・





DSCN1599

とーぜん、ここからは360度のパノラマが楽しめます。



タオルミナのビーチリゾート・・・

DSCN1589

砂浜に整然と並んでいるのは全てビーチパラソル、物凄い数であります。




はるか南西にはエトナ山がうっすらと・・・

DSCN1588

シロッコと噴煙でかなり霞んでますが・・・黄砂に霞む富士山みたいなもんか・・・





DSCN1601

手前の山頂がタオルミナ城で、その奥の山頂が円形劇場跡・・・反対だったかも知れませんが・・・

とっ、ともかく、その谷あいに見えるタオルミナの中心部を目指してクルマで下りることに・・・

(次号に続きます。)





m98k at 01:00|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2017年06月14日

なにわ探検クルーズふらふら

前回の「なにわ自転車道」ふらふらに続き、今回は「なにわ探検クルーズ」ふらふらであります。

なにわ探検クルーズ・・・

噺家さんの案内で水都・大阪を川から探検するとゆークルーズ船であります。
ま、川を遡上したり下ったりするのは前回記事と同様でしゅが・・・

じゃーん

DSCN1362

ま、こんな感じです・・・





今回乗った環状線コースは青いラインを時計回りに一周します・・・

DSCN1367

中央下にある湊町船着場の発着で一周90分のコース。







今回乗ったクルーズ船「ほたる」・・・

DSCN1366

ま、こんな感じです・・・
乗ってると客室が昇降するとゆーより、窓枠などが昇降している感じですね。
また低い橋を潜る際には、船体自体の喫水線も下がってました。









DSCN1248

道頓堀川にある湊町船着場・・・乗船するクルーズ船「ほたる」が橋の下に泊まっています。




撮ったのは「なんばハッチ」の三階テラスから・・・

DSCN1243

スタンディングホールのあるライブ会場でFM大阪なんぞも入っています。
そーいや、ここのオープニングで本場のシカゴ・ブルースを聴いたなあ・・・もう15年になるのか・・・





船乗りのおねいさん

DSCN1251

ツーショットで撮りたかったなあ・・・じゅるじゅる
ま、今回は家族連れだったので・・・ぐしゅん






案内役は「落語界の海老蔵」と(自ら)称される、笑福亭呂竹さん・・・

DSCN1256

ま、こちらとのツーショットはどちらでも・・・もごもご・・・

呂竹さんによると上方落語協会の会員数は現在250名だそうで、わたくしがあちこちの落語会に
足しげく通ってた頃には、まだ50名ぐらいでしたから、じつにうれしい限りであります。



前回記事の復路で渡った汐見橋から日吉橋を過ぎると尻無川へ出る水門(閘門)に入ります。

DSCN1257






DSCN1259

呂竹さんが扇子で指し示すあたりです。ちなみに今回通過する橋はちょうど50だそうです。





DSCN1260

この日は引き潮時に乗船したので・・・






DSCN1262

かなり水位が下がりました。





で、尻無川に出て木津川に入ると・・・

DSCN1263

巨大たこ焼きもとい京セラドームが見えてきます。




とーぜん呂竹さん・・・

DSCN1264

ここではバファローズの応援歌を・・・




木津川から中之島の北側を流れる堂島川に入ると・・・

DSCN1269


おなじみのホテルの前に・・・


DSCN1268

こんなのができてたんですねえ・・・知りませんでした・・・




以下、さくさくっと・・・

DSCN1272

新しくなった朝日新聞ビルとフェスティバルホール・・・






DSCN1273

こちらは昔ながらのサントリービル・・・





DSCN1275

手前の日銀大阪支店と奥の大阪市役所・・・その間を南北に通るのが御堂筋であります。




DSCN1279

中之島の中央公会堂を過ぎて・・・





DSCN1280

安宅コレクションで知られる東洋陶磁美術館・・・







DSCN1282

天神祭で有名な天神橋を潜り・・・





北大阪サイクルラインを走った際に集合した天満橋との間で、船はUターンしました。

DSCN1285

このあたり、まさに大阪のビジネス街の中心部。





で、今度は中之島の南側、土佐堀川を下り、東横堀川の水門(閘門)に入ります。

DSCN1288

こちらは内陸部なので下からせり上がるゲートではなく横から閉じるゲート・・・なるほどねえ・・・





で、東横堀川から道頓堀川へ下ってくると・・・

DSCN1290


DSCN1291


DSCN1298


DSCN1299


DSCN1301

おなじみミナミの繁華街に到着であります。





ま、せっかくなので動画と音声でも大阪ミナミの雰囲気をお楽しみ下さい・・・





と、今回のクルーズ、呂竹さんの解説や小噺も面白く、川から見る大阪もひさしぶり、その変貌ぶりなども、
けっこう楽しかったです。前は一面の焼け野原やったな・・・その前は明治維新で、その前は夏の陣で焼け野原やったな・・・

8年前にナイトクルーズで乗った際の記事がこちらで、今回とほぼ同じコースですがグリコの看板は
LEDに変わる前だし、道頓堀川に投げ込まれたカーネルサンダースもまだ発見されてなかった頃でした。
ま、今なら安物コンパクトカメラの性能も良くなってるので、もっときれいに夜景が撮れるんでしょうね・・・






m98k at 10:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック