宴会

2017年08月18日

2017秋の熊野キャンプへのお誘い


トスカーナ紀行番組の途中ではありますが、とーとつに・・・


2017秋の熊野キャンプへのお誘いであります。


基本日程  2017年10月7日(土曜日)~9日(月曜日・休日)
      (わたくし98kは6日(金曜日)に現地入りするつもりです。)

集合場所  いつもの熊野川の中流域(十津川と北山川の合流点あたり)の何もない河原
      (水道と水洗トイレはあります。)

内容    朝宴会~昼宴会~夜宴会~・・・たまにポタリングとかライト照射とか温泉とか・・・

持ち物   自分用のテント・シュラフ・マット・着替え・椅子・食糧飲料つまみ・おもちゃ

はじめての方も家族連れの方も大歓迎ですので、参加してみようかという奇特な方は、この記事の
コメント欄などへ事前連絡をお願いします。場所や目印などの詳細をお知らせします。



それでは・・・10月に熊野の河原でお会いしましょう!!!

DSCN0981
                 (今年の春の熊野キャンプの画像です。)



それでは、引き続きトスカーナ紀行をお楽しみください。




m98k at 21:30|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2017年08月17日

トスカーナ紀行4 モンテカルロ宴会!!!

モンテカルロの要塞を出た一行は、リストランテの予約時間まで山上の旧市街を散策しました。

以下、さくさくっと・・・


DSCF4477

要塞前のガリバルディ広場を旧市街側から見た様子・・・





DSCF4475

当日18時から「D'armi広場」でコンサート開催の案内がありました。





ちなみに要塞前では・・・

DSCN2536

こんなイベントもやってたようです。







DSCN2531

モンテカルロ(コムーネ)の公用車・・・旧市街は標高162mの山上ですからね・・・







DSCN2532


DSCN2535

焼き物屋さん。



昔の女子修道院・・・

DSCF4478

その後も女子教育の場として使われ、マルタさんもここの教室に通っていたそうです。




昔なら男子は入れなかった中へ・・・

DSCN2542



DSCF4480




DSCN2545

云われてみれば女子修道院の雰囲気・・・って、どんな雰囲気か知りませんが・・・





旧市街の城壁には何ヶ所かの出入り口がありました。

DSCN2547






こちらがローリスさん宅からも見える教会の鐘楼・・・

DSCF4505







せっかくなので教会の中を見学しました。

DSCN2552




DSCN2558



DSCN2559




DSCN2560




DSCN2567




DSCN2564

こちらは聖夜のジオラマですね・・・





教会を出て・・・

DSCF4506





さらに街中を散策します・・・

DSCF4507


DSCF4508

突き当りには要塞とは反対側の城門が見えてきました。ここがメインストリートなんですね。





とりあえず中央の広場に出ます・・・

DSCN2571



コンサートの準備をしてたので・・・

DSCN2549

ここが「D'armi広場」なんでしょうね・・・




広場からは麓を一望できました。

DSCF4502

予約しているリストランテはすぐ下のパラソルのところ・・・
・・・なんですが、時間があったので、さらに散策しました。




ちなみに・・・

DSCN2573

DSCF4504

広場から見たローリスさん宅のアップ・・・
高倍率なので家が密集してるように見えますが、実際はゆったりしています。



で、広場の近くにある別の大きなリストランテ・・・

DSCF4550


DSCF4551

なんとこちら、ローリスさんとマルタさんの結婚披露宴の会場だったそうです!!!
想い出の宴会場がそのまま何十年も残ってるなんて、日本の大都市では珍しいことです。
わたくしが披露宴をした大阪市内の会場なんか、もう何年も前に跡形もなくなってました・・・





さらに旧市街を歩きます。

DSCN2586




DSCF4544

ピンクのリボンはこの家で最近、女の子が生まれたお祝いのしるし・・・





DSCN2589

アレくんが熱心に見てるのは・・・




DSCN2587

売り家の貼り紙でした・・・各国語対応もあり外国人でも買えるようですね。
うーむ、どうしようかな・・・ま、上りがきつそうだし、空港から自転車だと、ちと遠いし・・・






モンテカルロ警察のパトカー・・・コムーネ単位で地方警察があるようです。

DSCN2597




で、アレくんが指差しているのが・・・




DSCN2600



DSCN2598

モンテカルロの紋章だそうです。




抜け道・・・

DSCN2590


DSCN2592

じつに絵になりますねえ・・・





と、表通りを離れ、今度は城壁沿いに歩きます。

DSCN2602

DSCN2604



DSCN2605

ところどころに小さな見張り台がありました。





DSCN2607


DSCN2608

この「ヌーヴォ門」からいったん出て・・・ま、新しい門といっても、かなり古そうでしたが・・・





DSCN2610





こちらからも眺めは最高でした・・・

DSCN2613



DSCN2614

午前中に行ったアルトパッシオの街並み・・・




と、今度は・・・

DSCN2616


DSCN2619

フィレンツェへの旧街道へ続く「フィオレンティーナ門」から再び旧市街に入り・・・




DSCF4573





DSCN2622





DSCF4574







DSCF4579


DSCF4580

ようやく中央の広場まで戻ってきました。ひいひい




で・・・

DSCF4583

広場から階段を下りてリストランテのテラス席へ・・・




午後7時の強い日差しを浴びつつ、絶景を眺めつつ・・・

DSCF4600

「まずはビールで乾杯!!!」・・・は我々二人だけでしたが・・・



ワイン・リストとは別冊のビール・リストもあって、わたくしはオススメの地ビールにしましたが、

DSCN2645

みなさんは店のオリジナル・ハウスワインの赤白、とーぜんモンテカルロ産であります。



で・・・

DSCN2643






DSCN2646







DSCN2649

各種パスタからはじまり・・・もちろんフォッカチャやパンはテーブルにどどんと・・・




魚料理に・・・

DSCN2647





肉料理・・・

DSCN2644




・・・を、みんなが取り分けて食べ終わる頃には・・・




DSCN2650



DSCN2674



DSCN2676

ようやく日没となり・・・って、もう10時前なんですが・・・





DSCN2679

アルトパッシオのライトアップも確認できました。



で、もちろん締めは・・・

DSCN2666


DSCN2665

ドルチェとジェラート・・・と・・・





DSCN2687

エスプレッソであります。




とまあ・・・

DSCN2682

絶景のリストランテで飲んで食べて1人20ユーロほど、やはり飲食はお安いですねえ・・・





と、完食完飲後は・・・

DSCN2690





DSCN2692





DSCN2691

10時を過ぎて、ますます賑やかになる山上の旧市街や・・・




DSCN2695

ライトアップされたモンテカルロ要塞に別れを告げ・・・



直下の駐車場へと下りていきました・・・

DSCN2699

まだ空がほのかに明るいですね・・・


って・・・この先の公園にあった・・・

DSCN2702

このモニュメントは何だったのだろうか???






m98k at 02:18|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2017年08月11日

シチリア紀行8 披露宴!!!

前回記事からの続きです。

モッタ・サンタ・アナスタシア城での結婚式を終え、参列者は海の近くにある披露宴会場へ・・・

DSCN2101

ずいぶんこじんまりとしたB&Bでやるのね・・・



と、思ってたら・・・

DSCN2104


DSCN2117

広大な中庭にパーティ会場が準備されてて・・・



中庭からは・・・

DSCN2148


DSCN2114

地中海が望めました。




で、とりあえず・・・

DSCN2106

DSCF3752

冷たい飲み物を片手に、木陰でお話してると・・・






DSCF3743

新郎新婦の登場・・・



DSCF3770



DSCF3774




DSCN2121

三々五々で飲みつつ食べつつ、まったりとおしゃべり・・・

披露宴は野外立食パーティだったのか、でも、この炎天下でずっと続くのはきついなあ・・・




と、体力を維持するため、ひたすらばくばくごくごくしてると、やがてみなさん・・・

DSCN2145

奥にある広いバンケットルームの中へ・・・エアコンが効いててじつに快適です・・・





もちろん新郎新婦もしっかりと・・・

DSCN2123

中央の主役席に座ってました。





そう、

DSCN2151

中庭での立食パーティーと思ったのは、あくまで左上のアペリティーブ(食前酒)のメニューで
(それだけでもけっこうな品数とボリュームでしたが)、
これから右側のフルコースがはじまるのでありますね・・・じゅるじゅる






DSCN2125


DSCN2150

ええ、この後の料理撮影は、きっぱりとあきらめましたが・・・げふっ



スコットランドから来てた牧師さんと隣席だったのですが、宴席の話で盛り上がり、

DSCN2138

「日本では、空いた瓶はこのように寝かせておきます。下げてくださいというサインです。」

「それは便利な習慣ですね。」

「まあ、高級なお店では決してしないのですが、わたくしは安い店ばかりなので・・・」

「はははは、わたしも安い店ばかりですよ。」

20年以上オランダで布教されてて、数年前にスコットランドの教会に帰ったばかりだそうで、
スコットランド独立やEU離脱の話題から、どういうわけか連隊(レジメンタル)マークの話題になり、
「なんでそんなに詳しいねん???」と怪しまれてしまいましたが・・・あははは



と、特に「ご両家ご親族紹介」とか「ご来賓あいさつ」とかいった堅苦しいものは一切なく・・・

DSCN2152

みなさん食べつつ飲みつつ、席を立ったりして延々とおしゃべりしてました。


わたくしも主役席に挨拶に行くと・・・

DSCN2134

新郎が花嫁をはじめ、素敵な女性たちに囲まれてたので・・・




「ええい、その席を変わらんかいっ!!!」と押しのけて・・・

DSCN2137

わははは、しあわせじゃあ!!!




ま、さすがに新郎新婦はその後・・・

DSCN2155


DSCN2141

各テーブルに挨拶に廻ってましたが・・・



せいぜいイベントといえば・・・

DSCF3816

出席者が押捺して作る「木」と、サイン帳が置いてあるぐらいでした。



ま、新郎新婦は・・・

DSCF3794

「踊れ、踊れ」といわれたり・・・

ちなみに後ろにある風船は、のちほど中庭での「風船飛ばしセレモニー」に使われます。




DSCF3799

「キスしろ、キスしろ」といわれたりして、にこにこと応じてました・・・


で、たっぷりのフルコースで食べ続け飲み続け、お話もいっぱいして、いよいよお開き・・・


と思いきや・・・

DSCN2166

ふたたび全員が、少し涼しくなってきた中庭に出て・・・



まず、右端に置いてある、

DSCN2169





風船を飛ばして・・・

DSCN2167





次にウェディングケーキに入刀・・・やはりそれなりのイベントはあるんですね・・・

DSCN2162

切り分けたケーキを二人が参列者に配ります。まさに食後のデザートなんですね。



さらにフルーツと各種ドルチェ(お菓子)とスパークリングワインなんぞでまったり・・・

DSCF3856




さらに・・・

DSCN2178



DSCN2179

グラッパや甘いリキュール、ウィスキーなど強い食後酒と・・・





DSCN2177

祝いの席には欠かせない葉巻なんぞで、またまた、まったりとおしゃべりしつつ・・・




白いアーモンドキャンディなど伝統の「引き出物」を・・・

DSCN2176



DSCN2175



DSCN2173



DSCN2174



DSCF3872

お二人からいただいて・・・




ふらふらと本館のバーカウンターへ行き・・・

DSCF3895




DSCF3881

淹れたてのエスプレッソ・コーヒーで締めました・・・

スピーチなどは一切なく、飲食とおしゃべりがメインの気さくな結婚披露宴で、とてもよかったのですが、
この間、6時間は食べ続けの飲み続けでしたので、さすがに宿に戻ってから夕食を食べる気力はなく、
シャワーを浴びてから冷蔵庫に残ってたビールと柿ピーなんぞで済ませました。げふっ



と、シチリアでの結婚式・披露宴を終え、いよいよ翌日の早朝からトスカーナに向かいます。

(シチリア紀行は今回でおしまい、次回からはトスカーナ紀行になります。)




m98k at 08:11|PermalinkComments(2) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2017年08月09日

シチリア紀行6 パテルノー

シチリア紀行の6回目であります。

朝からタオルミナとカターニャとシラクーサ、さらに奈緒子さんのおいしいシチリア料理を堪能して、
夕方遅くにパテルノー郊外のアグリツーリズモまで戻ってくると、明後日に結婚式を挙げる若い二人が、
一足先に部屋を訪ねて来てくれました。

8年前に我が家にホームステイしていたアンドレアくんとフィアンセのマリアリタさんであります。

DSCF3457

マリアリタさんには昨夜、空港までお迎えに来てもらってたのでお会いしてたのですが、
アンドレアくんとはじつに8年ぶりの再会、ずいぶんと逞しくなってました。



さっそく結婚祝いや二人へのメッセージを渡し・・・

DSCF3467




DSCF3486

今回編集して持参した来日時のアルバムを見ながら、思い出話で盛り上がりました。

そーいや、あの時はwingさんや川端さんらとキャンプにも連れて行ったなあ・・・
ま、ライト照射と宴会がメインで、彼はけっこうほったらかしだったけど・・・


現在は二人ともスコットランドで働いており、彼はこの日の便でシチリアに来たようです。

とまあ、この日はとても充実した一日、シャワーを浴びて持参した柿ピーなんぞでかぱかぱ飲んでると、

DSCN1880

どーゆーわけか、翌朝には瓶ビールのストックが少なくなってました・・・
そうか、缶ビールは持ち運べるので瓶ビールからどんどん空けてたのか・・・




と、シチリア三日目の朝であります。

DSCN1888

この日はエトナ山の噴煙が右にたなびいてました。




ちなみに二回目の朝食は・・・

DSCF3473

イタリア風に少しシンプルになってきてますね。
この後は毎朝、コーヒーと甘いパンかケーキのみになりました。





で、午前中から新郎側の関係者が次々と到着、中庭のプールで泳いだりしてたので・・・

DSCF3480


DSCF3477

挨拶がてら一緒に泳いだりして、のんびりと過ごしました。





で、お昼までに到着した関係者でとりあえずの昼食宴会がはじまりました。
まずは日本式にビールで乾杯・・・

DSCF3495

・・・しているのはわたくしだけで、みなさんは赤ワインか白ワインか炭酸水でした。
そう、「最初はビール」派のわたくしの分だけ、わざわざ注文してくれてたんですね。



「最初のビールもいいもんだよ、まあまあ、おひとつ・・・」こぽこぽこぽ・・・

DSCF3497

「おっとっと、もう結構です・・・」とやってるのは、アンドレアくんの弟のクリスティアーノ(クリ)くん、
その隣で「食事の前にビールを飲むのかっ???」と驚いているのが、従兄のアレッサンドロ(アレ)くん、
この二人は英会話もでき、トスカーナでは通訳をはじめ、いろいろとお世話になることになります。



「まあまあ、赤ワインもどうぞ・・・こぽこぽこぽ」と、我々に注いでくれるアンドレアくん

DSCF3504

さすが日本式宴会に慣れてますねえ・・・我が家には1ヶ月ほどのホームステイだったけど・・・




DSCF3501

左からアンドレアくんのお姉さんのカテリーナさん、お母さんのマルタさん、お父さんのローリスさん・・・
式後、アンドレアくんは新婚旅行でしたし、カテリーナさんはこのままサマーバカンスでしたので、
トスカーナではマルタさんとローリスさんとクリくん、そして従兄のアレくんの四人で、我々の面倒を
全面的に見ていただくことになりました。



とまあ・・・

DSCN1893

わたくしは軽くビールとパスタだけの昼食・・・のつもりだったのですが、結局生ハムやらサラミやら
パンやらチーズやら焼きナスやら(たっぷりの新鮮なオリーブオイルで絶品でした。)、赤ワインやら
白ワインやらジェラートやらドルチェ(デザート)やらコーヒーやら、たらふくご馳走になりました。げふっ



昼食後はしばらくお昼寝してたのですが、その後も新郎側の関係者が次々と到着してたようで、

DSCN1898



DSCN1900

またまた一緒に泳いだり・・・






DSCN1902

エトナ山をズームで狙ってみたり・・・





電柱を撮ってみたり・・・

DSCN1907

電柱や高圧鉄塔の形状は、各国でそれぞれ特徴があって面白いですね。


と、まったりとした午後を過ごしているうちに、遅い夕食宴会となりました。


夕食はテラス席でのピザ・パーティーで・・・

DSCF3519


DSCF3520


DSCN1917

好みのピザが焼けたところから三々五々で始まって、それをお互い取り分けて食べつつ飲みつつ、
延々とお話しするスタイルのようでしたが、ピザの量と種類が半端ではありませんでした。

わたくしはわからず「アーリオ(にんにく)たっぷりのをてきとーに」と代わりに注文してもらいましたが、
みなさんは一人一人、じつに細かい注文をされてました。
って、このデカさのピザを一人一枚分は食べてから、さらに追加してたことになるのね。

また「パスタにはワイン、ピザにはビール」と口を揃えて言ってて、最初はビールが並んでましたが、
飲み続けてると、いつの間にかワインになってました。


ちなみにいくら完食しても・・・

DSCN1920

隣接するピザ窯で次々と焼いているので、いくらでも出てきます。げふっ




で、ようやく・・・

DSCN1925

シチリア名物のドルチェ(名前を忘れた)とエスプレッソ・コーヒーでお開きになりました・・・
8月9日追記です。
アレくんから下記のメールが届きました。シチリア名物のドルチェは「カンノーロ」だったんですね。
I keep reading your blog every now and then! very nice pictures! well done!
B
y the way,the name of the Sicilian cake is "CANNOLO",
may be you can add in one of your next part of the photo gallery!

アレくん、(グーグル翻訳版で)丁寧に読んでくれてありがとう!!!





腹ごなしに中庭を散策・・・

DSCN1924





DSCN1934






DSCN1929

この夜は遅くから他のグループも来てたようです。




DSCN1935

従姉(アレくんのお姉さん)のエリザベータさんと長男のトマゾくん・・・

もうとっくに11時を過ぎているというのに元気そのものでしたねえ。
夕食は遅く8時か9時ぐらいからで、しかも昼食以上にたっぷりと時間をかけるのが普通なんですが、
子どもたちを先に寝かせるといったことは、今回わたくしの知る限りはなかったように思います。



と、明日はいよいよ結婚式に臨みます。

(次号に続きます。)



m98k at 08:09|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2017年05月31日

韓国宮廷料理!!!


ええ、韓国宮廷料理つーのを味わってきました。でへへへ

以下、お店ネット情報の一部をコピペしておきます・・・でへへへ

韓国調理技能士1級の免許を女性で初めて取得した朴三淳から受け継いだ韓国宮廷料理を
ベースにしたコースのみのお店です。
鶴橋の本店と同じく、前菜には名物の高麗人参のお刺身や自家製のキムチ盛合せなど、
焼肉には佐賀牛の特上クラシタロースの特大一枚肉と豚肉の骨つきカルビをご用意しております。
そして、最後には商標登録済みでもある韓味一のサンゲタンでしめてもらうという
鶴橋で四〇年愛され続けたコースはそのままございます!!!


つーことで、そのコースをば・・・じゅるじゅる

DSCN1113


DSCN1114



DSCN1116

大阪・靱本町にある韓味一・朴邸とゆーお店であります。





高齢もとい恒例の同期会だったのですが・・・

DSCN1115

お向かいにある靭公園に夕日が沈まないうちから、わたくしはお店の中で待機・・・じゅるじゅる



数人が集まったところで、とりあえず・・・

DSCN1118

でへへへ んぐんぐんぐ ぷはぁ



で、高齢もとい恒例の幹事も来たので、定刻前でしたがお構いなくコース料理をスタート・・・

DSCN1120

次々と出てくる前菜・・・全部で十数種類あったはず・・・




DSCN1122

中央が高麗人参のお刺身、その右側にある蜂蜜を好みでつけていただきます・・・






DSCN1123



DSCN1126

いやまあ、どれもおいしかったな・・・ばくばくごくごく





特にこちら・・・

DSCN1127

アワビとウニを濃厚なお粥に載せたものですが絶品でした。

この後、上記ネット情報にあるメインの焼肉と名物のサンゲタンが出てきた・・・のですが・・・

わたくしはすでに飲食に夢中、もちろん以降の画像は一切ありません・・・

めでたし、めでたしと・・・げふっ
       




m98k at 15:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック