宴会

2020年01月23日

最新版!!!98k式!!!部隊鍋(プテチゲ)

ぽんぽこぽこぽこ ぽんぽんぽん ぽこぽこぽんぽんぽん

さて、きょうの料理の時間は・・・

キャンプ宴会以外でも週に一度は作ってて、毎回進化してるのに長らく紹介してなかった・・・


最新版!!! 98k式!!!部隊鍋(プテチゲ)であります!!!


①材料4人前(今回は一般的な分量だったので表記しました。)

DSCN5166

野菜など・・・
・白菜 1/2個
・にら 1束
・玉ねぎ 大1個
・白ネギ 2本
・鍋用もやし 1袋
・エノキ 1パック
・シメジ 1パック
・にんにく 2房(2粒ではありません)
・木綿豆腐 1丁

肉・魚介類など・・・
・ボロニア・ソーセージ 300g1本
(スパム缶より安くて、けっこう美味しいのでオススメです)
・ウインナ・ソーセージ(贅沢にシャウエッセン) 1袋(6本)
・ちくわ 4本
・アサリむき身 約50g
・豚肉(しゃぶしゃぶ用) 約300g
・冷凍水餃子 12個

調味など・・・
・キムチ鍋の素 1本
・白菜キムチ(なるべく熟成したもの) 約400g
・(好みにより唐辛子・チーズ・麺スープ・白出汁などを追加)

〆として・・・
・中華太麺 4玉
・(好みによりご飯・卵・餅などを追加)

以上であります。


②作り方

・食べやすい大きさに切った白菜の白い部分、白ネギの青い部分、にんにく、ちくわ、しめじ、あさり、
玉ねぎを、旨みを出すため先に鍋に入れ、周囲に木綿豆腐をそぉっと並べる。
・キムチ鍋の素と定量よりやや多めの水を鍋に加えて強火で煮込む。
・旨みが出たら食べやすい大きさに切ったボロニア・ソーセージ、シャウエッセンを並べ中火に。
・ソーセージ類の旨みも出たら、白菜キムチ(汁ごと)、にら、もやし、えのき、豚肉の順に乗せ弱火に。


③食べ方

DSCN5194

・ともかく、がつがつ食べる。ただし、周囲に入れた豆腐は崩さないように掬い取る。
・味が濃くなってきたら白ネギの白い部分、白菜の青い部分、熱湯かスープを追加。
・その後に水餃子や入りきらなかった食材を適宜投入し、ひたすら食べ続ける。


④〆方

DSCN5197

・中華太麺を2回ぐらいに分けて投入、ひたすら食べる。こんな場合は熱湯かスープを追加。
(この太麺、かなり煮込んでもぶよぶよにならないので、最近ハマってます。)
・それでも足りない場合は、ご飯を入れ、とき卵を上からかけて雑炊にする。


今回は約1名が口内炎だったため辛味は控えめでしたが、通常は唐辛子を大量追加します・・・

そう、この日はわたくしの実家で学生時代のサークル仲間4人での新年会だったのであります。

ちなみに、この日の飲み物は、いただきものの本物ビールを手始めに・・・

DSCN5193

いただきものの高級な日本酒が各種・・・


そして・・・

DSCN5195

わたくしが用意した、安物ウィスキーと白酒(バイチュウ)とビールもどきでした。

そーいや、安物マッコリを買うのを忘れてたな・・・


(donchanさんからコメントをいただいて補足追記しました。)

部隊鍋プテチゲは在韓米軍から流れてきたスパム缶とインスタントラーメンと常備食だったキムチを
ひとつの鍋にぶち込んで、部隊の仲間でつつき合った韓国軍兵士の鍋料理がルーツだそうで、
これが除隊した兵士から学生など若者に広がり、当時は一人鍋が常識だった大人たちから、
「日本人みたいな下品な食べ方」とひんしゅくを買ったそうですが、やがて全国に普及したようです。

ともかく安くて手軽で腹いっぱいになることが重要で、スープもインスタントラーメンに付いてる
粉末スープとキムチの汁だけ、スパム缶とありあわせ材料をぶち込んで煮込むのが基本です。

そう、これって、わたくしが50年以上前からキャンプでやってた基本料理だったんですね。
ま、当時スパム缶はあまり流通せず高かったし、わたくしは魚肉ソーセージでしたが・・・
キムチの汁を入れれば美味しくなる、でも大量のキムチは日本ではそれなりのお値段になるので
ラーメンの粉末スープ、粉唐辛子、にんにく、日持ちするタマネギなどで麺鍋にして食べてました。

クーラーボックスなど贅沢な、担いで行くキャンプではキムチは保存食であり生鮮食品であり、
常温で発酵がすすんで食べにくくなっても鍋に入れればいい出汁になる・・・
とゆーことを経験したのも担いで行くキャンプでした。まさに部隊鍋だったんですね。

で、最新版の98k式では今回のような材料を使ってますが、基本のスパム缶かソーセージ、麺、
そしてキムチさえ押さえておけば、バリエーションは無限なのでありますね。じゅるじゅる




m98k at 01:23|PermalinkComments(2) mixiチェック

2020年01月16日

マレーシア ボレ!!!

とーとつですが月曜日に日帰りで!!!マレーシアへ行ってきました。


???


まずは大阪駅にあるモンベルでwingさんと待ち合わせして・・・今回は二人とも物欲に惑わされず・・・

DSCN5093



大阪駅から関空特急「はるか」で関西空港へ・・・ではなく駅の北側から歩いて・・・

DSCN5096



まずは梅田スカイビルを目指します・・・

DSCN5097



んで、その足元にあるのが・・・

DSCN5100



DSCN5101



DSCN5102

マレーシア料理のお店マレーシア ボレであります。



店内もさりげにそれらしい雰囲気でした。

DSCN5107



DSCN5108

そう、昨年10月のボルネオ島「チームフラッシュ光・下見ツアー」の反省会(単なる飲み会ともゆー)
だったのでありますね。

所用のあったS田さんを除く5人が集まることになり、せっかくなのでマレーシア料理のお店にしようと、
今回はじめて利用させていただいた次第。

予約してたのは、とーぜん一番お安い飲み放題コースで・・・

DSCN5106

まずは懐かしい揚げたてクルポ(えびせん)で乾杯!!!

「いやあ、チームフラッシュ光ツアー、じつに楽しかったですね。また行きたいなあ・・・」

「今回もN嶋さんにはお世話になったなあ・・・クチンの屋台料理も旨かったし・・・」

「次回は植林ボランティアも少しはスケジュールに入れたいですね。」

「ライト照射がメインなら、モンゴル大草原のゲルの夜も素晴らしいですよ。
人工光が少ないのはボルネオと同じですが湿度がほぼゼロなので、驚くほど遠射できます。」

「やはり日本が寒い2月ぐらいにボルネオつーのが魅力ですな。熱いシャワーは欲しいけど・・・」

「そう、マリオット・リゾートみたいな豪華ホテルもいいな・・・そーいやムルも再訪したいなあ・・・」

「豪華ホテルもいいけど次回パックツアーを企画するなら料金設定も重要な要素でしょう。」

「うぐぐぐ・・・」

とか、最初のクルポで生ビールを何杯かおかわりしてると・・・

DSCN5109

生春巻き・・・こちらはボルネオでもスプリング・ロールかな、と思ってネット翻訳してみると、
Gulung bunga segarと出ましたが、ピリ辛ソースがビールに絶妙でした。


さらに生ビールをおかわりするもの、ワインに切り替えるものとか、かぱかぱやってると・・・

DSCN5110

揚げ物2種・・・揚げ物もゴレンなのでボルネオではアヤン・ゴレンとイカン・ゴレンですね。
ちなみに英語ではフライドチキンとフライドフィッシュケーキか・・・


続いてかぱかぱ飲んでると、

DSCN5111

鶏の黒胡椒炒め・・・ボルネオではやはりアヤン・ゴレンかな・・・もちろんサラワク・ペッパーで・・・
そーいや今回、カエル料理を別に注文するのを忘れてたな・・・



DSCN5113

海鮮ピリ辛太麺・・・ま、ミーゴレン・イカンつーところでしょうか・・・
太麺の食感がクバ国立公園一日目の夕食にクチン郊外で食べた太麺と同じで嬉しかったです。


って、

DSCN5114

急に色合いが変わりましたが・・・



DSCN5116



DSCN5117

ええ、約1名がこんなのを照射してました。




DSCN5118

ココナッツミルクたっぷりのチキンカレー、ボルネオではアヤン・カリとナシですね。


と、この頃になると醸造酒から蒸留酒に切り替えるものが続出、わたくしも怪しくなってきて・・・

DSCN5126

確かココナッツプリンだったと思うのですが最後のデザートが出てきても、まだ飲み物を追加・・・
してたような記憶が・・・


と、結局・・・

DSCN5124

クルポを追加注文して、またハイボールなんぞを延々と飲んでたようです・・・ひっく

と、店を出て昔の梅田貨物駅の地下道を歩いてたあたりで、わたくしの記憶はぷっつりと・・・
確か9時前にはお店を出たはずなのに自宅に帰ったら11時を過ぎてました。
ええ、恒例により地下鉄・西梅田~住之江公園間を何往復もしてたようです。あははは

今回はじめてのお店でしたが本格的なマレーシアのニョニャ料理で、とても美味しかったですし、
食材などはハラル認証されたものを使っておられるそうで海外からのお客さんも多かったです。
料理も取りやすいよう2人前と3人前に分けてくれてましたし、店長さんの料理を出すタイミングや
さりげない飲み物オーダーのタイミングがじつに絶妙で、最後まで気持ちよく飲食できました。

まあ、呑み放題であんだけかぱかぱ飲んでたら、お店としては上客とは呼べないでしょうが・・・




m98k at 01:16|PermalinkComments(4) mixiチェック

2020年01月08日

あこや貝のパスタ

ぽんぽこ、ぽこぽこ ぽんぽんぽん、ぽこぽこ、ぽんぽんぽん

きょうの料理の時間であります・・・と、

10年前には「春野菜のパスタ」レシピを紹介しましたが・・・
今回は「あこや貝のパスタ」レシピをご紹介

わたくし実家で12/27にはフラッシュライト仲間の忘年会、1/4には中学同級生仲間の新年会と、
キャンプ宴会とほぼ同じ内容でやってまして、いずれも撮影なんぞはすっかり忘れ、ひたすら、
ごくごくばくばくべらべらがはがは、ばかりだったので記事にはアップしませんでしたが、
わたくしの作った料理は、いつもの手軽で材料費のお安いプテチゲ(部隊鍋)でした。
(最近コウケンテツ氏のレシピにハマってます。ハムは高いのでボロニア・ソーセージだけど・・・)

で、新年会では仲間の一人がたまたま入手したとゆー、あこや貝をオリーブオイル炒めにして持参、
これがつまみに大好評で、その際に鍋の具材として冷凍の生パックもいただいてたのですが、
わたくしの鍋、味はともかく分量は最高レベルだし、他にもみなさん大量のつまみを持参してたので、
午後4時から午前2時まで10時間の大宴会!!!(全員ご近所なので日帰り)だったにもかかわらず、
結局、あこや貝の生パックまでは辿り着かず、今回まで実家の冷凍庫に入ったままでした。

つーことで前置きが長くなりましたが・・・


「サルでもできる、あこや貝のパスタ」レシピであります。


①材料
・パスタ1.4mm程度の安物・・・ただしデュラム小麦100%のもの・・・適量
(10年前は一人前200g~300gと書いてますが、今は健康的に適量表示)今回わたくしは僅か120gだったはず・・・
・アーリオ(にんにく)オーリオ(オリーブオイル)ペペロンチーノ(唐辛子)・・・同様に適量
・冷凍の生パックあこや貝(の貝柱)・・・いただきものなので大量
・塩・胡椒・白ワイン・・・適量
今回はシンプルに貝を味わうので材料は以上ですが、好みで青物を用意してもいいですね。

②作り方
・冷凍あこや貝は冷蔵庫で自然解凍、にんにくは皮を剥いて厚切りにして芯は抜いておきます。

DSCN5074

・フライパンにオリーブオイルを多めに入れ、弱火でニンニクと唐辛子の風味をなじませます。
(にんにくも唐辛子も10年前より分量が若干減ってますね。)



DSCN5075

左のはトスカーナでお世話になったご家族から届くアーリオ・オーリオ・ペペロンチーノの素で、
10年前のレシピと異なるのはこれぐらい、せっかくなので適量を追加しました。


あとはいつものパスタ・レシピと同じ・・・

DSCN5076

・多めの塩を入れた熱湯にパスタを投入、あこや貝(の貝柱)を中火で炒めはじめます。
今回はいちおー中まで火をとおしましたが、加熱し過ぎると身が固くなるので、生食用であれば
表面だけが白くなってきている、この程度でも充分でしょう。




DSCN5077

・海の幸なので今回はパスタ茹で汁の代わりに白ワイン、あとは海塩と胡椒で味を調えます。

・茹で汁を切ったパスタをフライパンに入れ一本一本が乳化した油で完全にコーティングされるまで、
しっかりとあえるのが、このタイプのパスタ料理の基本ですね。
その分だけ標準時間より短めに茹で、パスタ一本一本に被膜ができた時点で、ちょうど好みの
歯応えになるよう時間調整すれば、安物乾麺でも充分に美味しい、つーのがわたくしの持論。

と・・・

DSCN5079

③完成であります。貝柱と厚切りにんにくの区別がつきませんが・・・


で・・・

DSCN5081

④完食であります。げふっ


って、

DSCN5082

料理には殆ど使ってないのに、なんで1.5リッターのワインが半分になったのだろう??? ひっく

ホタテ貝柱よりシコシコした食感でパスタとも相性がよく、とても美味しかったです。
いただいたご本人からは、さっと湯通しして、わさび醤油で食べても絶品だったと聞きましたが、
貝の旨みが乳化したパスタソースに沁み込んで、これはこれで絶品でした。

わたくし、あこや貝の貝柱つーのは今回が初めてだったので、ちとネットで調べてみると、
真珠を採取する際の副産物で干物や加工品もあるようですが、生は季節品でお値段も結構なもの、
今回たっぷりといただいた中学同級生仲間のS井さんに改めて感謝です。ぺこぺこ

さらに大量の寿司やスナック菓子や本物ビールを持参いただいたT橋さん、自分は飲まないのに
毎回高級酒を大量に差し入れてくれるG藤さん、手作りのおせち料理を持参いただいたF井さん、
やはり殆ど飲まないのにバーボンからホッピーから酒飲み用つまみまで持参いただいたF山さん、
みなさんにも感謝です。ぺこぺこ

で、ビールとビールもどき12本、吟醸酒一升、スコッチ1本を空けて、それでも実家に大量に残った
未開封の酒類やつまみ類につきましては、わたくしが責任を持って次回まで・・・


ごくごくばくばく、がはは、しあわせじゃあ!!!






m98k at 01:08|PermalinkComments(2) mixiチェック

2020年01月04日

人生の初期設定の探し方

新年早々、とーとつですが・・・

「人生の初期設定の探し方」つーのを以前、TV番組(超ムーの世界R)で紹介してました。

初期設定に限らず仕事とか家族とか健康とか、何らかの転機に再設定する際にも・・・
と、わたくしも年頭にあたり(ヒマなので)やってみました。

まず最初に自分が好きな形容詞を五つ並べ、上二つから連想する言葉(名詞でも何でも)を書き出し、
それを繰り返して最後に連想した言葉が、その人の人生キーワードになるとゆーもの・・・
あまり深く考えないで思いつくまま書いていくのがポイントだそうです。
(以下はスマートフォン版だと改行が見にくいので、なるべくPC版でご覧ください。)

①まずはわたくしの好きな形容詞を五つ・・・

のんびり
楽しく
まったり
ほっこり
腹いっぱい

②上二つずつから連想した言葉・・・

のんびり
     >ポタリング
楽しく
     >キャンプ
まったり
     >温泉
ほっこり
     >宴会
腹いっぱい

③同様に三列目の連想・・・

のんびり
     >ポタリング
楽しく           >輪行
     >キャンプ
まったり        >秘湯
     >温泉
ほっこり        >熊野
     >宴会
腹いっぱい

④四列目の連想・・・

のんびり
       >ポタリング
楽しく          >輪行
       >キャンプ       >マウンテンバイク
まったり       >秘湯
     >温泉         >秘境
ほっこり       >熊野
     >宴会
腹いっぱい

⑤最後に連想したキーワードは・・・

のんびり
     >ポタリング
楽しく           >輪行
     >ソロキャンプ    >マウンテンバイク
まったり        >秘湯         >グレート・ジャーニー
     >温泉        >秘境
ほっこり        >熊野
     >宴会
腹いっぱい


なんと、関野吉晴氏の「グレート・ジャーニー」に辿り着きました。

つーことは、わたくしの(残り少ない)人生のキーワードは・・・



人類の遥かな旅路を南米ホーン岬からアフリカ大地溝帯まで自力で遡る・・・

グレート・ジャーニーだったのかっ???


なんか最初に並べた好きな形容詞群とは真逆のイメージなんでしゅが・・・うぐぐぐ



(と、改めて自分勝手な再設定)

そもそも「ポタリング」と「キャンプ」から「輪行」を連想したのが間違いだったのかも・・・
これはおそらく昨年11月からマウンテンバイク・ツーリングで来日してた二人の影響で、
わたくし自身は(お気楽ポタリングでは輪行もしますが)、輪行キャンプなんてあり得ないので
もう少し現実的に三列目の「輪行」を「クルマ」に置き換えてみると・・・

クルマ
     >キャンプ宴会
秘湯          >キャンプ宴会
     >キャンプ宴会
熊野

と、四列目からは全て「キャンプ宴会」になりましたとさ。あはは

ま、これなら転機とか再設定とか関係なく、わたくしの人生はこれからも、


キャンプ宴会がキーワード!!!


だったんですね。

つーことで、みなさん今年もよろしくです。じゅるじゅる




m98k at 01:04|PermalinkComments(2) mixiチェック

2019年12月02日

橿原市昆虫館30周年!!!

(期間限定のお知らせ)
12月7日(土)8日(日)の二日間、京都環境フェスティバルが開催されます。
わたくしの属していた植林ボランティア団体N.GKSも「緑の協力隊・関西澤井隊」として個人出展されます。
出展は22番ブースで今年10月に行ったボルネオ島・サバル森林保護区の状況もパネル展示されます。
わたくしは7日には終日22番ブースでお手伝い予定ですので、よかったらご一緒しましょう!!!


つーことで、とーとつですが・・・

奈良県橿原市の昆虫館は平成元年にオープンして今年で30年目なのでありますね。
で、11月30日開催の30周年記念シンポジウムに行きませんかとwingさんからお誘いがあり・・・

「昆虫館とシンポジウム会場とは別の場所になるのでクルマでピックアップします。」

とのことだったのですが、調べてみると会場は大和八木駅の近く、昆虫館は天の香具山の麓にあり、
この間4~5kmの2/3ほどは、以前走った飛鳥川沿いの自転車道だったので・・・

「せっかくなので輪行ポタリングしましょう、今なら桜の紅葉も見頃だろうし・・・」

「どうもミニベロ担いで電車に乗るのはねえ。 やはりクルマにしましょう。」

「でもクルマだとシンポジウムが終わってから・・・飲めませんよ。

「うぐぐぐ、それは・・・でも輪行は嫌だし、昆虫館は駅から遠いし・・・おろおろ


つーことで、当日は近鉄・橿原神宮前から・・・なんと!!!

DSCN4914

ま、こちらは少々レンタル料が高かったので・・・その後ろに見えてる・・・




DSCN4827

橿原市コミュニティ・バスを利用させていただきました・・・
ええ、運行本数は少ないけど何せ一律170円だし65歳以上なら90円だし・・・


と、15分ほどで橿原市昆虫館に到着。

DSCN4830



さっそく入館料520円を払って展示室へ・・・

DSCN4833

よく見ると壁にも虫さんがしゃかしゃかと・・・



DSCN4836

まずは地球生命の過程を振り返りつつ・・・



DSCN4837

そう、地球は虫の惑星なんですよね。脊椎動物なんて僅か3%だし・・・



と・・・

DSCN4839

こちらは・・・




DSCN4840

巨大なゲンゴロウさんの体内に潜ると・・・



DSCN4841

ゲンゴロウさんの視点で水面と水中が見えるというギミック・・・


とか、興味深い展示が続いたのですが、何といってもメインは・・・

DSCN4845

常時600匹以上のチョウチョさんが放たれている大温室であります。



さっそく中へ・・・

DSCN4857

ええ、巨大な温室の中にチョウチョさんが飛び回ってました。・・・



せっかくなので動画で一部をご紹介・・・






動画の最後に脊椎動物が一匹だけ蠢いてましたが・・・

DSCN4859



DSCN4854

汗びっしょりでした。そりゃあ温室ですからね・・・ふうふう


以下、wingさん撮影画像の一部をご紹介・・・

PB302741_a



PB302674_a


PB302633_a


PB302656

こちらシンポジウムに関連するフジバカマとリュウキュウアサギマダラ・・・だそうです。



PB302613_a





で、わたくしも何枚か撮ってみました・・・

DSCN4860




DSCN4863




DSCN4901

ま、機材の違いとゆーことで・・・



と、新館に入ると・・・

DSCN4870



DSCN4891



DSCN4890

日本にも、けっこうな種類がお住まいなんですね。



注意 あまり虫好きでない方は以下5枚を早送りして下さいね・・・

DSCN4879


DSCN4880


DSCN4874



DSCN4882



DSCN4875

よく見てると、けっこうかわゆいですね・・・唐揚げとかにしてもおいしそうだし・・・じゅるじゅる



と、ヨダレを垂らしながら撮影するwingさん・・・

DSCN4888

じゅるじゅるじゅる・・・



と、復路でも何枚か・・・

DSCN4903

黄金の蛹さんとか・・・





DSCN4909

BMI指数の高そうなオオサンショウウオさんの剥製とか・・・



特にこちら・・・

DSCN4904

紫外線ライトで光るナナフシさん・・・


ちなみにこちらがwingさん画像・・・

P_20191130_111344_vHDR_On_HP



P_20191130_111339_vHDR_On_HP

ま、機材の違いとゆーことで・・・

ちなみにwingさんはボルネオ・クバ国立公園でも撮っておられましたね・・・


と、昆虫館を楽しんだ後はコミュニティバスで橿原神宮前に戻り、ワサビ葉で巻いた目張り寿司?
なんぞを食べつつ近鉄電車に乗って、5分ほどでシンポジウム会場のある大和八木に到着。

(終了後の宴会に備えて)軽く駅前で・・・

DSCN4916

わたくしは日替わり定食なんぞを・・・


前夜の宴会で二日酔い気味だとゆーwingさんは・・・

DSCN4917

さらに軽く、ざる蕎麦だけで腹ごしらえをして・・・




DSCN4918

いずれも完食・・・って、さっき何か食べたような気も・・・ま、画像がないのでさりげに無視して・・・


と・・・

DSCN4919

土曜日で閉庁している橿原市役所分庁舎へ・・・



DSCN4920

そう、ここで記念講演と記念シンポジウムが開催されるのでありますね。


開演まで少し時間があったので・・・

DSCN4922

まずは10階にある展望施設へ・・・




DSCN4927




DSCN4929



DSCN4930

大和三山から、その後ろに聳える三輪山まで見事な眺めでした。

さすが「日本国はじまりの地」として売り出し中の橿原市・新分庁舎ですね。


と、4階の会場で受付を済ませ、レジュメや記念グッズをいただき、ロビーには・・・

DSCN4931

ジャポニカ学習帳表紙でおなじみ昆虫植物写真家・山口進氏の・・・


基調講演テーマである・・・

DSCN4932



DSCN4933



DSCN4934



DSCN4935



DSCN4938

ハナカマキリさんや・・・



パネルディスカッションのテーマである・・・

DSCN4939

アサギマダラさんがお出迎え・・・

さすが昆虫館らしいですねえ・・・

と、基調講演もパネルディスカッションも充実してたのですが、ま、レジュメだけでも・・・

DSCN4956


DSCN4955

万葉集では秋の七種、今は秋の七草といってるが萩は低木で草ではないので七種が正しいとか、
七種のうち撫子・女郎花・藤袴・桔梗は希少種になってるとか、万葉時代の自然植生は落葉樹林と
草原なので飛鳥に復元すべき、石垣島は照葉樹林としてとか、今はチョウチョさんのマーキング
確認連絡網がネットになったので飛躍的に成果が上がり、昆虫館でマーキングしたアサギマダラが
九州で見つかったり、北海道から台湾、中国まで確認できるようになってるとか、じつに興味深かったです。

ちなみにネット上とかで山口進氏とは繋がりのあるwingさんですが、リアルでは初対面とのことで
名刺代わりに新作ライトをプレゼントされたところ、紫外線ライトについてもご存じだったようで、
さっきナナフシ撮影に使ってた紫外線ライトもプレゼントされたとのことでした。

と、充実したシンポジウムのあとは近鉄電車で鶴橋まで戻り、駅前のコリアン・タウンへ・・・

今はすっかり観光地になり、外国からの観光客も新しい店も急増してて見違えてしまいましたが、
我々は昭和41年創業とゆー古い焼肉店に入って・・・

DSCN4943



DSCN4944

まずは白菜キムチと生ビールで乾杯!!!


ま、その後は・・・

DSCN4945


DSCN4946


DSCN4947


DSCN4948

ひたすら、ばくばく、んぐんぐと・・・



DSCN4949

〆はテッチャンチゲで・・・




DSCN4950

完食完飲であります・・・げふっ

その後も明るくきれいになったコリアン・タウンをふらふらと・・・
「ううっ、寒いのでラーメンが食べたくなったぞ、熱燗でもいいけど・・・ひっく」
「熱燗はいいですが、汁物は入りませんね。ま、餃子とビールか甘いものなら・・・げふっ」

ま、この夜は比較的健康な時間帯に帰宅した・・・はずです。

で、会場でいただいた記念グッズ・・・

DSCN4957

昆虫館関係者がデザインされた記念エコバッグと・・・



DSCN4958

藤袴の匂い袋・・・クマリンとゆー匂い成分だそうでサクラと同じ香りでした。くんくん


で、こちらが昆虫館ミュージアム・ショップでwingさんが見つけてくれた・・・

DSCN4953

ボルネオ島・クバ国立公園でも見たギガスオオアリのキーホルダーでアリさんは3cm以上あります。

とまあ、じつに楽しく充実した一日でした。
あらためてwingさん、お誘いをいただきありがとうございました。
ま、次回は飛鳥川ポタリングで廻りましょうね!!!



m98k at 22:22|PermalinkComments(4) mixiチェック