宴会

2017年05月31日

韓国宮廷料理!!!


ええ、韓国宮廷料理つーのを味わってきました。でへへへ

以下、お店ネット情報の一部をコピペしておきます・・・でへへへ

韓国調理技能士1級の免許を女性で初めて取得した朴三淳から受け継いだ韓国宮廷料理を
ベースにしたコースのみのお店です。
鶴橋の本店と同じく、前菜には名物の高麗人参のお刺身や自家製のキムチ盛合せなど、
焼肉には佐賀牛の特上クラシタロースの特大一枚肉と豚肉の骨つきカルビをご用意しております。
そして、最後には商標登録済みでもある韓味一のサンゲタンでしめてもらうという
鶴橋で四〇年愛され続けたコースはそのままございます!!!


つーことで、そのコースをば・・・じゅるじゅる

DSCN1113


DSCN1114



DSCN1116

大阪・靱本町にある韓味一・朴邸とゆーお店であります。





高齢もとい恒例の同期会だったのですが・・・

DSCN1115

お向かいにある靭公園に夕日が沈まないうちから、わたくしはお店の中で待機・・・じゅるじゅる



数人が集まったところで、とりあえず・・・

DSCN1118

でへへへ んぐんぐんぐ ぷはぁ



で、高齢もとい恒例の幹事も来たので、定刻前でしたがお構いなくコース料理をスタート・・・

DSCN1120

次々と出てくる前菜・・・全部で十数種類あったはず・・・




DSCN1122

中央が高麗人参のお刺身、その右側にある蜂蜜を好みでつけていただきます・・・






DSCN1123



DSCN1126

いやまあ、どれもおいしかったな・・・ばくばくごくごく





特にこちら・・・

DSCN1127

アワビとウニを濃厚なお粥に載せたものですが絶品でした。

この後、上記ネット情報にあるメインの焼肉と名物のサンゲタンが出てきた・・・のですが・・・

わたくしはすでに飲食に夢中、もちろん以降の画像は一切ありません・・・

めでたし、めでたしと・・・げふっ
       




m98k at 15:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2017年05月11日

新タープ!!!


あらためて前回記事の熊野キャンプでデビューさせた新タープのご紹介であります。

DSCN0952




DSCN0953

FIELDOORつーブランドの、イベントタープとかワンタッチタープとか呼ばれるタイプのタープです。

わたくし2008年5月にノース・イーグル「ワンタッチ・キャノピー300」つーのを購入して、それ以来
ずっと愛用してたのですが、さすがに長雨には耐えられなくなり、ほぼ同様のこちらに更新した次第。

更新前のはスチール製でしたが今回はアルミ製、さらに生地もやや薄くなって重さは2/3程度になり、
持ち運びはラクになりましたが、軽く薄くなった分、強度・耐水性・耐久性についてはちと不安ですね。
また仕舞寸法も少し長くなったようで、スバルXVの荷室には横積みできませんでした。


3m×3mサイズで重さは11kgほど、サイドタープが一枚付いて15k弱のお値段でした・・・

DSCN0956

ポリエステル生地の裏側にはシルバーコーティングが施され、天頂部は風が抜けるようになってます。
右側の骨組みが張ってませんが支柱にきちんとロックしてなかったためで、撮影後にロックしたら、
とーぜんきれいに張れました。




DSCN0957

こちらが正しくロックされた状態。
下端のファスナーと両側に折り込まれた両面ファスナーはサイドタープ用です。






DSCN0958

付属のサイドタープを装着した状態です。
西日をモロに受けてますが、けっこう影が濃いのがお分かりでしょうか・・・
風対策と通気のため下部の両面ファスナーはあえて固定してませんが、本来はぴったりと張れます。

サイドタープには左右にもファスナーがあり、あと3枚追加すればフルクローズ・シェルターになりますが、
わたくしは1枚で充分、あくまで日よけがメインなので午前と午後で付け替えればいいだけですし、
フルクローズのシェルターが必要な冬季や雨風の強いシーンにはドーム型の方がいいでしょう。
ちなみにサイドタープを横に伸ばしてポールやラインで固定すると、さらに広い空間が確保できます。

ま、今回のキャンプでは長雨や豪雨がなかったので耐水性能については今のところ不明ですが、
きちんと支柱をペグ止めしてラインも張っておいたので、それなりの風でも安定してました。
もちろんこのタイプは強風が吹くようなら、早めに撤収する方が賢明です。

やはりシルバーコーティング加工のタープとサイドタープは春夏秋のキャンプには必需品ですねえ。
コーティングなしのタープとでは、晴天時の日陰の温度がまったく違います。
極厚の遮光・遮熱・通気生地はけっこうなお値段だし、シルバーコーティングがお手軽でオススメですね。

追記です。
遮熱性素材や断熱についての一考察を、こちらの記事の末尾に記載しています。




くどくどとタープについての再考察P.S

今回の更新にあたっては様々なタイプのタープで悩んでました。
クラッシックなオアシス型(コールマン・オアシス・スクリーン)は持ってるし・・・
(設営がけっこうめんどーで最近はまったく使ってないけど)、ドーム型でも大型になってくると、
けっこう設営がめんどー、ヘキサやスクエアなどの一枚ものは開放感があってビシッと決まれば
かっこいいけど、やはり大型になると設営がめんどー、ケシュアのは狭くて開放感がなさそうだし・・・
ほかにもいろんなタイプがありますが、大型ではイベントタープに比べると圧倒的にめんどーです。

いっぽうイベントタープの欠点は風に弱い、重い、仕舞寸法がデカい、といったところでしょうか・・・

でもまあクルマでのお気楽な宴会キャンプ、しかも春夏秋の穏やかな日に限定つーことであれば、
これはもうイベントタープが一番便利ですね。運動会やフリーマーケットのイメージが強いけど・・・

1人~2人の少人数ならウィングタープ、4人程度ならヘキサタープ、それ以上ならスクエアタープ、
(ポールもペグもラインも大きさに比例して増え、設営にもコツが要りますが)が開放感もあって、
やはり一番キャンプらしいのですが、最近はズボラな宴会キャンプばっかりだし・・・

また虫対策にはドーム型が一番ですが開放感がないので、わたくしの好みではありません。
もちろん寒い時期や悪天候の際には、これが一番ありがたいのですが・・・

こう考えると、やはりタープもTPOと人数に合わせて選択して持って行く、とゆーことになり、
まだまだ物欲は尽きないのでありますね・・・じゅるじゅる



m98k at 13:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2017年05月06日

2017春・熊野キャンプ報告

今年も行ってきました、恒例・春の熊野キャンプ!!!

ま、例によって(食べ物画像を中心に)さくさくっとご紹介・・・



剣鉈コレクターさんは5月2日の午後1時半には現地に到着されてたようですが・・・

わたくしは朝から生鮮食品の買い物をして12時に出発、トイレ休憩や給油休憩・・・

DSCN0951

それに和歌山ラーメン休憩・・・などで・・・




のんびりと4時半ごろに現地に到着・・・

DSCN0954

さっそくタープを継ぎ足し、ポトフや焼肉やさんま寿司なんぞでばくばくごくごくし続けてると・・・




深夜に若手7人が到着・・・

BlogPaint






ついでに・・・

BlogPaint

wingさんも到着・・・

その後、鵜飼いならぬ「トンビ飼い」夫妻も到着して、結局、朝の4時半まで宴会が続きました。

この日わたくしは12時間、剣鉈コレクターさんは15時間、宴会してたことになりますね。




で、翌朝にはワンテン夫婦とわたくしの友人夫婦、wingさんつながりの軽キャンパーさんも到着・・・

DSCN0977

さらにタープを継ぎ足して・・・




DSCN0975



DSCN0976

メンバーは総勢17名となり、すっかり賑やかになりました。





メイン宴会は若手による鯛の塩釜焼にはじまり・・・

DSCN0964

ちなみに手前は友人夫婦恒例の「さいぼし」・・・



DSCN0967

いやあ、どちらも旨かったなあ・・・





さらに剣鉈コレクターさんの・・・

DSCN0963




DSCN0968

鶏の唐揚げに、wingさん持参の「呼吸チョコ・きな粉味」・・・




イカリングフライに・・・

DSCN0970




DSCN0974

軽キャンパーさん持参の揚げ餃子・・・






DSCN0971

若手の手作りの砂肝とキノコのアヒージョに・・・






DSCN0973

こちらも若手が生地から練って伸ばして、炭焼きピザ釜で焼いてくれた各種ピザ・・・


しかもこの間ワンテンパパさんが、持ち寄った大量の焼き物を延々と焼き続けてくれたので、
今回もひたすら食べ続けの飲み続けでした・・・げふっ

DSCN0981



DSCN0982



DSCN0983

で、あれよあれよと、このまま夕食宴会に突入しました・・・



ちなみにこちら左側が・・・

DSCN0980

wingさんの友人の軽キャンパーさんの軽キャンパー・・・

最大4人が就寝できて二人ならゆったり、オーニングもサイドオーニングもFFヒーターも付いてて、
今回はお一人での参加でしたが、リタイア後にご夫婦で全国を回られてるとか・・・いいなあ・・・




で、夕食宴会には朝から続いてた焼き物の大量追加に加えて・・・

DSCN0984

剣鉈コレクターさん恒例の自家製つみれ鍋とか・・・





DSCN0985

軽キャンパーさんの塩ちゃんこ鍋とか・・・




DSCN0986

これまた若手手作りの海鮮パエリアとか・・・

これ以外にも天日干しコシヒカリの炊きたてに明太子と漬物と卵かけといった、あっさり系もたっぷり・・・

ま、さすがにこの夜は、わたくしは日付が変わる頃に就寝しましたが・・・げふっ



で、翌4日は朝からあいにくの曇り空・・・でしたが・・・

BlogPaint

わたくしとwingさんは新宮城址まで片道25kmのポタリングに出発・・・

「って、ほんとに行くんですかあ・・・雨も降りそうだし今日も朝から宴会にしましょうよ・・・」

「でも新宮駅前には剣鉈コレクターさんオススメのおいしい寿司屋があるそうですよ・・・」

「おいしい寿司ですか・・・じゅるじゅる・・・それならまあ、お付き合いすることにしますか・・・」

と、wingさんの、いつもの甘い判断が、いつもの悲劇をですね・・・

DSCN0990

お寿司を目指してひたすら走るwingさんと・・・




熊野川の左岸をのんびりとポタリング・・・

DSCN0993







DSCN0994







DSCN0995


DSCN0999

工事による車両通行止め区間もありましたが工事は連休でお休み、自転車は通れました。






DSCN1001






BlogPaint

わははは、愉快愉快・・・



で・・・

DSCN1008





DSCN1009




DSCN1010

このキャンプ場あたりから雨がぽつぽつと降りはじめ・・・

「98kさん、もう引き返しましょう・・・ひいひい」

「って、新宮まで、あと僅か6kmほどですよ・・・ぜいぜい」

「いや、この雨雲レーダーによると、これから本格的に降ってきます。ほれほれ・・・」

「うーむ、そこまでデータを見せつけられると・・・仕方ないなあ・・・」

と、結局20kmほど走ったところで、あきらめて引き返しました。




で、ひいひいと急いで戻ってみると・・・

DSCN1014

キャンプサイトの周辺には、雨の痕跡すらありませんでした。




DSCN1012

「ううっ、これなら新宮駅前のお寿司を食べればよかった」と泣き崩れるwingさん

「って、あんたが直前で引き返そうってゆーたんやないかっ!!!」と責め立てる98kさん

と、わいわい言いながら昼前に戻ってみると、メンバーの大部分は帰ったようでした。

残ってたワンテンママさんから、ちゃんと二人分の昼食は残しておきますから、といわれてひと安心、
わたくしとwingさんは、いつもの湯ノ口温泉へ・・・

で、長風呂の二人は寝湯とかでまったり、今回は自転車ホイールの話題なんぞでダベリ続け・・・

BlogPaint

風呂上がりのフルーツ牛乳・・・がなかったので、コーヒー牛乳でさらにまったりして戻ると、
「男二人で、どんだけ長風呂してたんすかっ!!!」といいつつ、ワンテンママさんがうどん鍋を作ってくれ、
またまたばくばくごくごくして、この日も引き続き夕食宴会に突入・・・

DSCN1036

結局5月4日の夜も残ったのは、ワンテン夫婦とわたくしの友人夫婦とwingさんとわたくしの6人のみ、
この夜のメインは豚しゃぶ鍋と焼肉とスモーク各種・・・



だったのですが、さらに・・・

DSCN0987


DSCN1021





さらさらに・・・

DSCN1041


DSCN1040

wingさんのボルネオ植林ツアー土産の猫(クチン)チョコとか・・・





DSCN1042



DSCN1047

同じく98kさんのボルネオ植林ツアー土産のフリーズドライ・ドリアンとか・・・

まあ、いろんなつまみやデザートを次から次へと食べ続け、飲み続けました。

ちなみにフリーズドライのドリアン、味と香りは生に近いのですが、あのクリーミーな食感はなく・・・
って、みなさんドリアンははじめてのようで、全員うぐぐぐ・・・となっておられましたが・・・

と、この夜は霧雨も降ったりして静かに更けていき、やはり日付が変わる頃には就寝しました。


翌5月5日は朝から快晴、残ったパンや生鮮食品で朝食を食べ、切れ目なく続いた早めの昼食は、
わたくしお得意「ソーセージ・オニオン・ペペロンチーノ・アーリオ・オーリオ」スパゲティで締めて、
渋滞を避けた昼過ぎの解散となった次第。めでたし、めでたしと・・・

いやあ、今回もじつに楽しかったです。

今回参加できなかったみなさん、次回秋の熊野キャンプには、ぜひご一緒しましょう!!!



m98k at 23:13|PermalinkComments(4)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2017年04月17日

2017琵琶湖一周???

(期間限定のお知らせ)
2017春・熊野キャンプへのお誘い記事はこちらです。

つーことで、今年も行ってきました、琵琶湖一周???
って、毎年「一周」のあとに「???」が入ってますが、今年こそ一周・・・したのかっ???

先週の土曜日、琵琶湖大橋西詰にある宿の駐車場に朝7時に集合・・・だったのですが・・・
わたくし前日の夜、早め多めのビールと夕食で9時半には就寝・・・したのですが・・・
きっかり1時間後に目が覚めてしまい、以後はまったく眠ることができず・・・
って、まるで遠足前日の小学生ですね・・・あははは

仕方なく2時からまったりと朝食、4時には大阪を出て5時過ぎには現地に着いてしまいました。

30分ほどクルマで仮眠して持参した2回目の朝食を食べてから、まったりと付近を散策・・・

DSCN0842

ようやく明るくなってきました・・・





DSCN0843

昨年もほぼ同じ時期で、桜花はすっかり終わってたのですが、今年はちょうど満開でした。

で、めずらしく定刻20分前にwingさんが到着、他の「カメさんチーム」2人はぴったり7時に到着・・・
ちなみに完周予定の「ウサギさんチーム」4名は7時30分の集合予定・・・

そう、カメさんチームは今年も輪行袋必携、ま、昨年の近江塩津より、もう少し先まで行こうかと・・・

「でも事前のメールには、今年こそ完走じゃあ!!!とか書かれてましたが・・・」

「あれは寒い冬に入る前の話です。ええ、きっぱりと・・・
冬の間ほとんど走らずひたすら食べ続け、仕上げにボルネオ植林ツアーでもひたすら食べてたら、
どーゆーわけか体重がひたすら増えて、体力がひたすら落ちましたので・・・あははは
ま、今年はせめて今津あたりを目指してですね・・・」

「でも今津までだと110kmほどありますが、大丈夫なんですか???」

「わははは、ちゃんと計算してきました。110kmなら平均22km/hで走れば走行時間は5時間、
30分に1回の休憩で毎回ジェルと羊羹をばくばく食べて1時間、まったり昼食にはカツ玉定食と
うどん大とおはぎ2個とチョコケーキを食べてコーヒー飲んで1時間、これで合計7時間です。
で、宿に戻って風呂上がりの缶ビールを飲み終える頃には、近江牛すき焼き宴会に突入!!!
とゆー完璧な計算なのでありますね。むひひひ」

「まあ、食べる計画だけは完璧に計算されたようですが・・・
平均22km/hだと、加減速を考えると巡航速度は25km/h以上になりますよ・・・」

「ううっ、それはちとつらいな・・・ならばもっと手前であきらめて、駅前で宴会して輪行で戻るか・・・
でも、それだと引き続きの近江牛すき焼きを食べ尽せるかどうか・・・ぶつぶつ・・・」

と、ぶつぶつ悩みながら7時15分にはカメさんチームが出発・・・

DSCN0844

してすぐ、スマホのログ記録を設定してるwingさんを待ったりして・・・




まずは琵琶湖大橋のてっぺんまで上り・・・ひいひい・・・

BlogPaint



BlogPaint

さっそく休憩もとい記念撮影・・・

この日はあいにくの曇り空、しかも午後からは雷雨の予想だったので、早めに距離を稼いでおこう・・・



といいつつ、またもやすぐに休憩・・・

DSCN0849





対岸には比良山系の最高峰、武奈ヶ岳がかすかに見えました・・・

DSCN0850





ま、せっかくなので30倍ズームで・・・

DSCN0851

山頂付近には、まだまだ雪が残ってますねえ・・・




で、恒例の長命寺港でも、またまた休憩・・・

DSCN0853

こちらも桜花が満開でした。






DSCN0855

菜の花も満開・・・






BlogPaint

道すがらはどこも桜花が満開・・・


で、これまたいつもの「あすぱらだいす」で、今年はソフトクリームとたこ焼きでまったり休憩・・・


滋賀県立大学のキャンパスも満開・・・

DSCN0862





前回休憩した公園の桜花も今年は満開・・・

DSCN0863





ようやく彦根城が見えてきて・・・

DSCN0865

城内の桜花も満開のようでした・・・



「彦根千乃松原」の桜花も満開・・・

DSCN0868





ま、せっかくなので松原でも休憩・・・

DSCN0869

って、左突端部の桜花はやはり満開ですね・・・




今回のわたくしの装備品を紹介しておきます・・・

DSCN0872

スペシャライズド・ルーベSL4・2016スポーツモデルノーマル仕様の・・・

サドルバッグには簡易工具・レインチャップス・チェーンキー・ポケッタブルデイパック・大量のおやつ、
シートチューブのペットボトルにはスペアチューブなどパンク修理キット・ポンチョ・救急キットなど、
ダウンチューブには800ccステンレス魔法瓶、トップチューブのスペシャ・バイタルパックにはカメラ、
フロントバッグ代わりのスナグパック・レスポンスバッグには輪行袋・眼鏡・ライト・財布ケータイ・地図など、
そして空いたスペースには大量のおやつが入ってます。

ちなみにヘリウムジャケットならどこにでも追加で入りましたが、ハイドロライトジャケットは入らないので、
今回はジャージのバックポケットに入れてました。



で、長浜まで12kmの、これも恒例の休憩地点・・・

DSCN0874

雨がパラついてきたので、剣鉈コレクターさんはパールイズミのレインジャケットを着て、
ヘルメットには使い切りシャワーキャップを・・・いやあ、用意周到ですね・・・

わたくしもジャージのバックポケットに入れてたスゴイのハイドロライト・ジャケットを着ましたが、
まだ小降りだったので、レインチャップスまでは付けませんでした・・・
やはり自転車用のレインジャケットは、バタつかず前傾でもお尻が濡れないのがいいですね。

で、またトイレに行きたくなったので、長浜の手前で「母の郷」への寄り道をお願いしてトイレ休憩・・・

偶然ですが、ここのトイレでウサギさんチーム4人と合流、しかもけっこう雨が激しくなってきたので、
11時前でしたが、ここで全員そろって早めの昼食を食べることにしました。


で、ウサギとカメに分かれて席に着いた途端・・・

DSCN0876

物凄い豪雨になりました・・・

「いやあ、ウサギさんチームと合流できたのも、この豪雨を避けられたのも、すべては98kさんの
頻尿のおかげですねえ・・・あははは

とまあ、(人様の)スマホで雨雲レーダーを見ると、1時間ほどで強い雨雲は東に去りそうだったので、

「当面、ここでひたすら食べ続けて雨宿りすることにして、ま、あとは天候次第で・・・」

「そうですね、止まない場合は米原まで戻れば2kmほど、長浜まで行っても4kmほどですからね・・・」
と、すっかりあきらめムードのカメさんチーム

「もちろん輪行袋なんか持ってきてないし・・・雨の中100km進むのも地獄、60km戻るも地獄やなあ・・・
最悪ゴミ袋でも買って最寄駅から輪行するか・・・」と、ウサギさんチームのトライアスリート2人・・・


で、蕎麦大盛り唐揚げ定食を完食する頃には・・・

DSCN0878

雨も小降りになってきて・・・




さらに東屋でまったりしてると・・・

DSCN0879

ほとんど雨は上がりました。

「ま、せっかくなので長浜まで一緒に走りましょう。」と全員そろって出発したのですが・・・

高速のウサギさん4人に引っ張られ必死でついて行くカメ3人にも、わたくしたちまち引き離され・・・

ひいひい、待ってくれい・・・と、あせってると前を行くウサギさんチームが長浜を過ぎてから停車中・・・

おおっ、なかなか優しいじゃないか、とか思って追いつくと、1台の前輪がパンクしたそうです。
雨上がり直後はスリップしやすく危険、鋭利な破片などが浮き上がるのかパンクもしやすいそうですね。

で、先に出発してパンク修理を終えたウサギさんチームに再び追い抜かれる頃には・・・

DSCN0883



DSCN0884



DSCN0881

けっこう晴れ間も見えてきて、安全運転を名目に湖北地方をのんびりまったりと・・・


せめて木之本まで、まあついでにもう一駅・・・


と・・・

DSCN0886




DSCN0887




DSCN6059
                               (wingさん提供画像)





結局、この日は余呉駅で自転車を輪行袋に収納・・・

DSCN0890

今回は奇跡的に、わたくしも短時間で無事に収納することができました。



ま、せっかくなので・・・

BlogPaint

記念撮影したりして・・・
って、前から見ると、どーとゆーこともないのですが、全員、後姿は埃まみれでした。

土埃や桜花の自転車への付着も物凄く、どちらも乾いてたのでバンダナで払い落しましたが、
細かい凹部分にはぎっしりと土埃などが詰まったままでした。
雨上がり後は土埃や落ちた花びらが路面から浮いてるので、とんでもないことになりますね。
雨中なら、またそれを洗い流してくれるのですが、そのために雨中走行なんかしたくないし・・・

と、余呉までの走行時間は3時間51分、走行距離は82kmほどで、平均時速は21.1km/hになってました。
朝7時15分の出発で駅に着いたのは2時25分でしたから、所要時間は7時間ちょいですね。

所要時間と平均時速は、ほぼ当初計算どおりでしたが、これは走行距離110kmでの計算だったはず・・・
そう、当初予定より走行時間を1時間短縮し、休憩時間を1時間延長したことになりますが、
ま、今回は雨宿りのために仕方なく・・・とゆーことにしておこう・・・わははは


ホームからは、春の余呉湖が一望できました・・・

DSCN0895


DSCN0900



DSCN0901

余呉湖の桜花も満開でした・・・




ま、福井県側には、まだまだ雪が残ってましたが・・・

DSCN0898




で、一駅分だけ北陸線に乗り・・・って、この間が自転車だと大変なんですが・・・

DSCN0903

ね、今年はどこもはみ出してないでしょ・・・
クランクをフレームと水平にするのがコツなんですよね、タイオガ・フレックス・ポッドの場合・・・




近江塩津で湖西線に乗り換え待ち・・・

DSCN0909

って、ここでも桜花は満開でした・・・


で、姫路行きの新快速で堅田までうとうと、駅前でふたたび愛車を組んで2kmほどで宿に到着、
まったりとお風呂に入って、オリオンビールが売り切れてたので缶チューハイを買って前庭へ・・・

DSCN0910

もう夕暮れ、でも宴会の開始時間になっても、めずらしくウサギさんチームが到着しません。
やがて連絡が入り、宿から16km手前で再び豪雨に見舞われ、雨宿りしてたとのことでした。

「宴会は8時には終わらないといけないし、そろそろスタートしましょうか。じゅるじゅる」と98kさん

「あと15分で到着なので待ちましょう。入浴時間は全然ないけど・・・むひひひ」と剣鉈コレクターさん

「って、二人ともなんと冷たいことを・・・淡路島では遅れたカメ3人をウサギ2人が待ってくれてた
じゃないすかっ!!!」と、めずらしく優しいことをゆーwingさん

「淡路島では宴会に遅れないようショーカットして間に合わせましたよ。」と剣鉈コレクターさん

「それはあんたが足が痛くなったからやないかっ! しかも宴会5分前にずぶ濡れになって到着したら、
あんただけ、あと5分で宴会じゃあ!!!とか寝床から叫んでたやないかっ!!!」とつっこむ98kさん

とか、カメさんがわいわいいってると、ようやくウサギさんチームが到着・・・

さっそく声をあわせて「あと5分で宴会じゃあ!!!」とか叫んでたのは98kさんと剣鉈コレクターさんでした・・・

で、あわてて入浴するウサギさんチームを無視して、そのまま宴会場に行ったカメさんチーム4人、

「ま、とりあえず・・・こぽこぽこぽ・・・んぐんぐんぐ・・・ぷはぁ・・・」とかやってると、やがて全員が集合・・・

BlogPaint

って、奥のウサギさんチームが一人増えて5人になってますが・・・

何でも朝寝坊で出遅れてしまい、名古屋から150kmを自走して先ほど到着したばかりだそうで、
彼も冬の間に食べ過ぎたようですが、150km自走で宴会だけ参加つーのも凄いですね・・・

とまあ、近江牛すき焼きにお刺身に茶わん蒸しにデザートと、いつもながらたらふく食べて飲んで、
間違いなく消費カロリー以上のカロリーを摂取してから、カメ3人はすぐに就寝・・・

ところがわたくし、きっかり1時間後に剣鉈コレクターさんのいびきで目が覚めたとたん、
ひさしぶりに両足が一度につって、七転八倒の苦しみに・・・

「うぎゃあ、痛いっ、動けないっ、誰か何とかしてくれい!!! ひいひい」と叫んでたのですが、
wingさんも剣鉈コレクターさんも爆睡中で、まったく反応なし・・・

トイレに行きたいけど立つこともできないし、このままお漏らしするのもあんまりだしなあ・・・
と、なんとか灯りを点けて這うようにトイレに行き、ようやく戻って「速攻元気」と痛み止めを飲み、
持参してたサロンパス・フェイタスを塗りたくってたのですが、お二人ともこの間もずっと爆睡中でした。

翌朝、お二人に訊いたら「そーいや夢の中で、誰かが叫んでたような・・・」とのことでした・・・ううっ

で、朝食後はいつもどおり三々五々の解散、わたくしはwingさんの指導で愛車を水洗いしました。
この宿は砂浜の遊泳場に面してるので、前庭にシャワーや洗い場があって助かりました。
自宅の風呂場とかで洗うと、あとが大変なんですよね・・・

今回は堅田から宿までを含めても84kmほどの走行、しかも上り坂はほとんどなかったとゆーのに、
なんで夜に両足がつったんだろう???
やはり冬の間の不摂生が祟ったのだろうか???

と、今年も???付きの「ビワイチ」でした・・・どっとはらい



m98k at 20:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2017年04月13日

2017春・熊野キャンプへのお誘い!!!

高齢もとい恒例!!! 春の熊野キャンプへのお誘いであります。


開催日 2017年5月3日(水)~5日(金)

開催場所 紀州・熊野川の何もない河原(水洗トイレと水道はあります。)

持ち物 自分用の食糧・飲料・テント・シュラフ・椅子・ライト・その他のおもちゃ

内容 朝食宴会・昼食宴会・夕食宴会・夜食宴会・深夜宴会・照射宴会・ポタ宴会など



わたくし98kは2日(火)から現地入りする予定です。
例によって自由集合・自由解散で、もちろん初参加も大歓迎です。
参加される方は、この記事へのコメントなどで事前連絡をお願いします。
現地の位置や目印などの詳細をメール等でお知らせします。


それでは熊野の河原でお会いしましょう!!!

DSCN7695




DSCN7694





DSCN7700

2016春の様子です。朝から「やきとり丼」宴会じゃあ!!!





m98k at 04:13|PermalinkComments(2)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック