廃線敷

2011年12月22日

廃線OFF会と・・・その2

前回記事からの続きであります。

廃線敷を歩いて真っ暗なトンネルに次々と遭遇、その度に生き生きとご自慢ライトを照射してきた御一行ですが、






RIMG6533

ようやく、生瀬駅から武田尾駅間では最後のトンネルに近づいてきました。










このあたりだけは・・・

RIMG6536

地元自治体とJRが管理について合意したのでしょうか、遊歩道としてきれいに整備されてました。









で・・・

RIMG6537




RIMG6539

最後の鉄橋を渡り、こちらの最後のトンネルを抜けて・・・











RIMG6540

廃線敷を利用した右側の道といったん分かれて、左側の武田尾集落へ至る旧道へ進みます。








集落内の橋を渡り、再び武庫川の右岸へ・・・

RIMG6543













次の目的は、もちろん・・・

RIMG6544


RIMG6545




温泉と牡丹鍋であります。きっぱりとじゅるじゅる



そう、じつは今回のOFF会、忘年会を兼ねてやろうとゆーことで、恒例の耐寒キャンプ案も検討したのですが、
一泊では日程調整がつかず、結局、わたくしとwingさんがお酒を飲まない赤チャリさんと川端さんを説得、
武田尾温泉の古い旅館で温泉に入って、冬の名物、牡丹鍋を堪能しよう、とゆーことになっていたのであります。











午前中の廃線敷散策ですっかり冷え切った御一行、足早に予約してある温泉旅館を目指します。

RIMG6546

ちなみに、路肩の水たまりは完全に凍結してました。ぶるぶる






さらにちなみに、向こうに見える赤い鉄橋が、JR福知山線の新線であります。







RIMG6548

新線は、ほとんどが直線のトンネルになったため、こちらの武田尾駅のホームは一部が橋上に出ており、
残りの大部分はトンネル内になっています。











RIMG6554

トンネル内と橋上にまたがるホームとゆーのも面白いですが、やはり古い駅舎のほうが風情があるような・・・













で、新線の新駅を過ぎて、さらに上流へ・・・

RIMG6557

対岸には、先ほど分かれた廃線敷を利用した道路が続いています。












RIMG6558

やはり古い鉄道トンネルとゆーのは、独特の雰囲気がありますね。













とかいいつつ、やっと予約していた温泉旅館に到着しました・・・

RIMG6594


よく見ると、背後の山の絶壁に廃墟らしきものもある、不思議な雰囲気の旅館でした・・・







で、とりあえずはお部屋に案内してもらい、熱いお茶と「黒豆せんべい」で一息ついてから、いざ温泉へ・・・

宗教上の理由からか、めったに温泉には入らないとゆー川端さん、ずっと睡眠不足が続いておられたそうで、
「みなさんが温泉に入ってる間に少し横になります・・・」と、ばったり畳に倒れ込んだので、ま、そのまま放置することにして、
三人だけで露天風呂へ行きました・・・






RIMG6578

建物内にある、崖の中腹を穿った薄暗い階段を登った先には・・・















RIMG6574

素朴な露天風呂があり・・・








そこにはなんと・・・







先客の温泉美人が!!!








じゃーん

RIMG6573


って、まあ、赤チャリさんをモデルに使ったヤラセ画像なのでありますが・・・おえっ








実際には我々三人だけの貸切で、じつに気持ちのいい露天風呂でした・・・

RIMG6567

ラジウム含有の単純泉でまったりと温まり・・・まあ、床には氷が張ってましたが・・・ぶるぶる











RIMG6571

三人でシンクロごっこなんぞをやって・・・おえっ






と、さんざん遊んでからお部屋に戻ると・・・





川端さんがすっかり冷たくなって横たわっており・・・ま、遺体はそのまま放置することにして・・・

いよいよ牡丹鍋宴会に突入したのであります。


(さらに次号に続きます。)



m98k at 21:11|PermalinkComments(3)TrackBack(0)mixiチェック

2011年12月19日

廃線OFF会と・・・その1

先週の土曜日、ひさしぶりに関西のまむし四兄弟ライト仲間が集まって、JR福知山線の廃線敷を歩いてきました。



ええ、真っ暗なトンネルをお目当てに・・・



じつはこのサイトでも、関西在住のライト好きのみなさんに広く声をかけようと思っていたのですが、
四人の日程調整がぎりぎりまでつかず、今回はご案内できなかったとゆー次第・・・

また機会があればお誘いしますので、とりあえず、当日の様子なんぞをさくさくっとご紹介します。



JR福知山線の宝塚以北は、昭和61年に大部分が直線トンネルの新線が完成し、武庫川沿いをくねくねと、
曲がりながら走っていた旧線は廃線となったのですが、春の桜(水上勉氏の「櫻守」で有名)や、秋の紅葉が美しく、
特に生瀬駅から武田尾駅間は隠れたハイキングコースとなっているのであります。

で、紅葉もすっかり散ってしまったこの寒い時期に、ひたすらトンネル内でライトを照射することだけを目的に、
朝の九時に生瀬駅に集合した四人、一路、武田尾温泉めざして歩きはじめました。
(わたくし以外はクルマで武田尾温泉に予備集合し、電車で生瀬駅まで戻ってきてからのスタート。)

駅付近では、旧線は国道176号線の西側から東側へトンネルで抜け、武庫川右岸に下りていたのですが、
中国自動車道の工事や宅地開発などにより、廃線敷はズタズタに寸断され、トンネルも完全に埋められてますので、
武庫川右岸に下りるまでは、国道176号の狭い歩道をしばらく歩きます。

「いやあ、20年前に来た時とはずいぶん様子がちがうなあ・・・」とwingさん。

「わたしがマウンテンバイクで走った時はガタガタで大変でした。」とred-bicycle(赤チャリ)さん。

「家族で来た時はもっと手前で川沿いに下りたよーな気がします。」と川端さん。

「ううっ、初体験はわたくしだけなのね・・・びくびく・・・」と緊張する98kさん。

それにしてもみなさん、真っ暗なトンネルは昔からお好きだったんですねえ・・・


RIMG6482

中国自動車道を過ぎ、ようやく廃線敷と出会いました。




RIMG6483

こちらが現在の廃線敷コースのスタート地点、突きあたりに小さく見える白い看板には・・・











RIMG6488


この「・・・トンネルでは照明がなく足元が見えない・・・」とゆー部分を目的にやってきた、不思議な御一行・・・でへへへ









RIMG6489

こちらが最初の鉄橋・・・カーブに沿って、びみょーに傾斜しているのがいかにも鉄道敷らしいですね。




ま、歩行についてはあくまで自己責任なんですが、ハイキングコースとして関西ではすっかり定着してますので、
JRとしても完全閉鎖することができず、かといって本格的な遊歩道として整備・管理するには費用もかかるので、
地元自治体も簡単には引き受けてくれないだろうし、ここは悩ましいところなんでしょうねえ・・・






などとゆーことは無視して、とことこと進む御一行・・・

RIMG6491

右は武庫川の流れ・・・

昔の鉄道はみんなそうなんですが、川沿いを忠実に遡上し、どうしようもなくなると、切り通しで進むか、
できるだけ川幅が狭いところに橋を架けて対岸に渡るか、さらに行き止まると仕方なくトンネルを掘ってました。

そう、昔の技術ではトンネルを掘るのがともかく大変、できるだけ避けてくねくねと川沿いに曲がるので、
古いローカル線や新線にとってかわられた廃線敷は、景色の変化が楽しめる、とゆー次第なのであります。






まあ、景色もさることながら・・・

RIMG6493








RIMG6494

いろんな鉄道遺構を楽しみながら、のんびりと散策します。







RIMG6496

大がかりな支柱ですが、対岸なので鉄道とは関係ないでしょうし・・・何だろ・・・飛び込み台かな・・・










とかいってる間に、ようやく最初のトンネルが見えてきました。わくわく・・・


RIMG6497












で、内部はとーぜん真っ暗・・・

RIMG6498

・・・には、決してなりませんね、この御一行の場合・・・








ストロボ焚いて、いつもの記念撮影であります。

RIMG6499

例によって、ライトをカメラレンズに向けた一枚目は、完全に白トビでしたが・・・








その後も・・・

RIMG6506



RIMG6505



RIMG6507



RIMG6509






RIMG6512




RIMG6518

次々とトンネルが現れ、ご機嫌の御一行・・・





RIMG6519


「川端さん、あの柿、取ってきてよ・・・じゅるじゅる・・・」と98kさん。

「行けないことはないですが・・・」

「あれはトリさんが食べてないので渋柿です。きっぱりと」とwingさん。

「ううっ」

とかいいつつ、さらにすすみます。


RIMG6520

こちらのトンネルは、下部が石積み、上部が煉瓦積みのポータルの手前を、さらにコンクリート巻きで補強したもの、
保守にはかなり苦労してたようですねえ・・・








RIMG6522

石と煉瓦と蒸気機関車の煤が、じつに歴史を感じさせますが、このトンネルの出口には・・・









RIMG6523










RIMG6524












RIMG6526


このコースのハイライトともゆーべき、対岸へ渡る大鉄橋がありました。


線路敷そのものは、今はフェンスで完全に閉鎖され通行止めになっており、左側の犬走りを渡ります・・・










RIMG6527

渡った対岸から見た、保線用犬走りの様子・・・







まあ、この御一行にとっては、ハイライトは鉄橋なんかより・・・

RIMG6528


RIMG6529




ともかくトンネルだったようですが・・・






(次号に続きます。)



m98k at 23:03|PermalinkComments(4)TrackBack(0)mixiチェック

2007年11月01日

富士・・・初登頂???その2

前回記事の後半であります。
最近、くだらない画像をたくさんアップしているため、分割記事になっておりますが、
まあ、さくさくっと見てやってください。ぺこぺこ

天見富士からいつもの府庁山に達したわたくし、奥様が撮影でよく停滞するため、
予定より一時間以上遅れて、普段の登りコースを下山しました。

いやあ、登りでは気づかなかった、いろんな風景に出会いました。
以下に、さくさくっとスナップを・・・

09e06e25.jpg
いつもの島の谷の集落ですが、反対側から見るとまた趣がちがいます。




8109794f.jpg
2m以上離れた杉の間に、見事に張られた蜘蛛の巣。



01916fb2.jpg
林道脇に停めてあったオフロードバイク。まさに本来の使い方、といった感じであります。



e5f0b50d.jpg

6e9d6b6c.jpg
木の葉も少しずつ色づきはじめております。



で、駅近くまで戻ると、前回記事のとおり、反対側は5分で山道になるんですが、
こちら側にはこんな立派な遊歩道があります。
887b7cf3.jpg

2cc423c0.jpg
このカーブを見て、すぐに気づいた方は、かなりの鉄オタだと思われますがにっこり
じつはこの遊歩道、左に見えるトンネルができるまで、南海高野線の単線区間だった廃線敷なのであります。
線路跡の道というのは、本来道路として設計された道とは、ビミョーにカーブの具合が異なりますね。

昔の山陰本線の、京都の保津峡部分がトンネルになって、旧線の一部が観光トロッコ電車専用区間になりましたが、こちらは遊歩道になったようであります。

昔の鉄道技術では、トンネルは大変な難工事で、できる限り川に沿ってくねくねと曲がり、
行き止まりになる前に川幅の狭いところで橋を架けて渡り、小さな山は切り通しで、
どうしても越えられないところに短いトンネルをいくつも掘ったので、
古いローカル線は味わいがあると、大好きな故宮脇俊三さんが書いておられましたが、
まさしくそのとおりで、この南海高野線も、昔からそのままの橋本から高野山までの単線区間は、
いまだに山岳鉄道の雰囲気が強く残っております。


4c0933ad.jpg
左側の小さな橋も、昔はさぞ風情のある鉄道橋だったんでしょうねえ。

前週には信貴山のケーブルカー跡とロープウェイ跡を辿ったわたくし、

これからは廃線敷き探検家として・・・げひげひ

なんぞと考えつつ歩いていると・・・




80e43657.jpg
ふーむ、このあたりの小学生は、マムシにちゅういしなければならないのね。


で・・・


5e2853a7.jpg
ふーむ、中学生になると、痴漢も警戒しなければならないのね・・・ううっ






at 22:30|PermalinkComments(5)TrackBack(0)mixiチェック

2007年10月27日

真の闇と・・・その1

えーっ、ま、前回記事の続き・・・とゆーか・・・

10月21日の日曜日に、奈良にある長龍酒造広陵蔵の蔵開きに参加したわたくし、
酔い覚ましの昼食後に、引き続き地元の友人の案内で、
信貴山縁起絵巻で知られる、信貴山に登ってきました。

大阪府と奈良県の県境となっている主な山といえば、北から南へ、
生駒山、信貴山、二上山、大和葛城山、金剛山と続くのですが、
どの山もふもとの駅から山頂付近まで、ケーブルカーやロープウェイで、簡単に登ることができます。

大阪方面からだけでなく、奈良方面からもケーブルカーやロープウェイがついてる山も多いのですが、
信貴山もそのひとつ・・・だったのであります。ちょっと前までは・・・

奈良方面からの登山口である、近鉄「信貴山下」という、そのまんまの駅名の駅で下車・・・

さっそく駅前から・・・
5ec9ae32.jpg

ケーブルカーがないっびっくり

画面右側の狭いほうの道、じつはこちらがケーブルカーの廃線敷きなのであります。

で、こちらをとことこと、歩いて登っていくわけであります。
bae5e812.jpg
画像ではわかりにくいですが、けっこうな急坂であります。


で、まだ酔いの残るふらふらした足取りで、なんとかつきあたりまで登りつめると、
ケーブルカー駅舎跡の広場があり、そこから山頂付近へとつづくロープウェイが・・・
f0399345.jpg

やっぱり、ないっびっくり

じつはこのロープウェイ跡が、ハイキングコースになっているのであります。

通常、山を登るハイキングコースといえば、ジグザクになっているのですが、
ここは、登っても・・・
75ebf93d.jpg


登っても・・・
1362cd9a.jpg


さらに登っても・・・
ee08823f.jpg


ずーっと、直線なのであります。

緑のトンネルの向こうに、何度も明るいところが見えるので、今度こそ、
「いよいよ山頂駅かっ。」と思うのですが、樹木が開けているだけだったりして・・・

まあ、振り返れば奈良盆地が一望できるのですが・・・
48e197ba.jpg
盆地の中央にちっちゃくポツンと見えるのが耳成山、右端のやや大きいのが畝傍山であります。
大和三山の残るひとつ、天の香具山はさらに奥なので見えにくいですね。

ようやく山頂付近にたどり着くと・・・そこは一転・・・
8d5dbac5.jpg
かなり大きな門前町が続く、「観光地・信貴山」だったのであります。

今はかなり寂れたような感じの門前町も、どゆーわけか・・・

ずーっと、真っ直ぐに続いているのであります。


そしてその先には・・・いよいよ・・・
2db65723.jpg

毘沙門天と張子の虎で昔から信仰を集める、
信貴山真言宗総本山、朝護孫子寺があり・・・そこで・・・

真の闇と、さらに・・・(以下、次号を待てびっくり)にっこり



言い訳のP.S.
いや、あの、別にもったいぶって記事を分割したのではなく、
単に一記事あたり10枚までしか画像がアップできないだけであります。

ハイキングコースの同じような画像にかなり枚数を割きましたが、
ずっと一直線という登山道、はじめてのわたくしにはかなり驚異でした。

バスやマイカーで気軽に上まで登れるようになり、ケーブルカーのあった中腹辺りまでは宅地開発も進んでおり、
山頂付近の宿坊や旅館に泊まる人も少なくなったんでしょうね。
ちなみにロープウェイ跡のうち700mは「千本桜並木道」として桜が植えられており、
桜のシーズンには、まさに桜のトンネルになるそうであります。

それにしても、こんな経緯でできた、一直線の登山道というのは、全国的にも珍しいのではないでしょうか・・・
見上げても見上げても、ずーっとまっすぐ上に道が続くというのは、なかなかの景観でしたねえ。

次回はいよいよ、信貴山「真の闇」体験と・・・げひげひ・・・






at 01:30|PermalinkComments(3)TrackBack(0)mixiチェック