植林

2017年12月19日

内モンゴル・沙漠植林ツアーのご案内(予告編)

(期間限定のお知らせ)

わたくし98kも関わっている海外植林ボランティア団体N.GKS(エヌ・ジクス)が、
2018年5月に予定している内モンゴル・沙漠植林ツアーの概要が決まりましたので、
とりあえずのご案内(予告編)であります。

まずは今回の隊長を務められるY崎さんのごあいさつから・・・

N.GKSの植林活動は、1999年4月に中国・内モンゴル自治区・クブチ沙漠・恩格貝にある、
「遠山正瑛沙漠緑化師範区」において第1次隊37名が1,300本のポプラの植林をスタートし、
今年3月の第22次隊(98kが隊長でした!!!)のマレーシアボルネオ・サラワク州・サバル森林保護区
での植林まで、延べ460名が1万5千本の植林を世界各地で行ってきました。

第23次隊では、その恩格貝を訪ねて18年前から9回にわたって植林してきたポプラの森の確認と
現地の方々との交流を主な目的としています。代表も是非参加すると熱い思いを持っておられます。

今、恩格貝は沙漠だったイメージは全くありません。
クブチ沙漠の真ん中にできた森として観光スポットとなっています。
N.GKSの前身である緑の協力隊・関西澤井隊として初期に参加された方は、
その変わりように驚かれると思います。ぜひ自分の目でお確かめください。

N.GKSは「植林を通じてその国の文化を知る」ことも大事にしてきました。
今回は沙漠に忽然と出現したオルドス市やチンギス・ハーン陵などを見学します。



とゆーことで・・・


N.GKS(エヌ・ジクス)第23次隊のご案内(予告編)!!!


・実施時期 2018年5月19日(土曜日)~23日(水曜日) 5日間

・内容(一部変更の可能性があります。)

一日目5/19(土)
関西空港 集合
午後:関空発(13:50)ー 夕刻:北京着(16:05)
夜:国内線にて内モンゴル第二の都市、包頭へ
着後:専用バスにて市内ホテルへ        包頭市内 天外天酒店(泊)

二日目5/20(日)
朝食後:専用バスにてオルドス市へ(黄河を渡ります)
チンギス・ハーン陵、オルドス市街見学
夕刻:クブチ沙漠「恩格貝」へ
到着後:モンゴル式歓迎               恩格貝 沙漠賓館(泊)

三日目5/21(月)
終日:「緑の協力隊の森 」記念植樹や「N.GKSの森」剪定などの軽作業・沙漠ウォッチング
・オリエンテーションなど
夕食は恩格貝緑化関係者との懇親会及び交流会     恩格貝 沙漠賓館(泊)

四日目5/22(水)
朝食後:専用バスにて包頭空港へ、包頭空港より国内線にて北京へ移動
北京空港到着後(オリンピック公園“鳥の巣”など)
夜:市内レストランにて サヨナラパーティ      北京市内 船舶酒店(泊)

五日目5/23(水)
午前:世界遺産「万里の長城」へ又は自由行動
昼食後:専用バスにて北京空港へ、北京空港16:25発ー関空20:30着
夜:空港到着後 → 解散 おつかれさまでした!!!

・費用 ¥180.000(諸費用込)ただし早割(2/28まで)▲¥12,000で¥168,000(諸費用込)!!!

・募集定員20名(最少催行人員10名)



以下、98kの勝手な注釈!!!
1)オルドス市
100万人規模の人工都市が完成直後から石炭需要の変化でほぼ無人のまま放置されてるとゆー、
沙漠の中の巨大廃墟だそうで、廃墟好きにはたまりません!!!
2)チンギス・ハーン陵
故遠山正瑛翁が1991年に沙漠緑化実践協会の第1次隊を組織、自ら隊長となって恩格貝に入ろうとしたが
悪天と悪路に阻まれ果たせず、やむなくここの参道に記念植樹したとゆー因縁の地。
ただし、チンギス・ハーンの墓所については諸説があって、怪しいモノ好きにはたまりません!!!
3)沙漠ウォッチング
沙漠に森ができたといってもクブチ沙漠は四国ほどの面積で、これまで緑化できたのはせいぜい
大阪市ほどの面積ですから、大部分は沙漠(砂沙漠)になったままです。
見渡す限りの沙漠とゆーのは一見の価値がありますし、乾燥地で夜は周辺に人工光がないので
(砂嵐さえなければ)物凄い星空とライト照射が楽しめます。


興味のある方はメール・コメント等で連絡下されば詳細をお知らせします。



それではクブチ沙漠でお会いしましょう!!!

(2012夏・第17次隊クブチ沙漠の様子であります。)
IMGP2241
人類が沙漠化してしまった土地に、少しずつでも木を植えていくと・・・


IMGP2247
タクラマカンからの飛砂が定着し、ふたたび肥沃な大地となり・・・


IMGP2272
森に囲まれた農地や牧草地が蘇り、やがて人も自然も豊かになっていくのであります。
 
     



m98k at 00:19|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2017年12月11日

京都環境フェスティバル2017報告


昨日の日曜日、京都環境フェスティバル2017つーのに行ってきました。



京都駅からREX(らくなんエクスプレス)とゆーバスに乗り・・・

DSCN6577





烏丸通りを南下していくと・・・

DSCN6578






DSCN6579

どどーんと、ニンテンドー本社・・・は尻目に殺して・・・





DSCN6583

どどーんと、京セラ本社・・・



・・・の隣にある・・・

DSCN6585




DSCN6588

京都ブランドの発信拠点!!!京都パルスプラザ(京都府総合見本市会館)に到着。



さっそく一階にある大展示場へ・・・

DSCN6590



DSCN6591



DSCN6592

植林ボランティア団体N.GKS(エヌ・ジクス)の前身である「NGO緑の協力隊・関西澤井隊」の
過去の活動を紹介するブースを、N.GKSのボルネオ植林ツアーなどで何度も隊長を務められた、
切り絵作家のT富さんが個人出展されてたので、わたくしもお手伝いに行ってきた次第・・・



こちらが出展されてた16番ブースであります。

DSCN6598


DSCN6633




各ブースには〇✖式のクイズがあって、全ブースを廻って回答するとプレゼントがもらえる!!!
とゆー面白い企画になってて、T富さんが出された16番ブースの問題は・・・

DSCN6632

けっこう難しかったようで、「正解を教えて下さい!!!」と話しかけてくる来場者も多かったです。
難問をきっかけに来場者に説明できるというのは、なかなかうまい設問方法ですね。
ちなみに「ビールス」とあるのは「微生物」の意味ですが、正解がわからない方はコメント下さいね。

N.GKS代表の講演時には、ブースに誰もいなくなるので留守番をしてほしいと頼まれてたのですが、
それ以外の時間には特にやることもないので、各ブースをふらふらと見学しました。



会場内のミニ・ステージでは・・・

DSCN6602

自然系アイドルグループ!!!「ぽぽっぽくらぶ」のミニ・コンサート!!!とか・・・




DSCN6661

気象予報士・蓬莱大介さんと、お天気キャスター・斎藤雪乃さんの環境トークショーとかが・・・




テーマゾーンでは・・・

DSCN6594


DSCN6634



DSCN6635


DSCN6636



DSCN6645



DSCN6646

エコカーの展示とか・・・




こちらは・・・

DSCN6641

T富さんの主催する切り絵サークルの展示・体験ブース






DSCN6678

同じくT富さんの所属する自治会環境部のブース



こちらでは・・・

DSCN6679

電気を人力で生じさせるのは、いかに大変な労力かを体験するコーナーとか・・・




DSCN6656

火打石の体験コーナーとかをやっておられました。




ちなみに・・・

DSCN6660

「火打金」を関東の方言では「火打鎌」とゆーそうです。これまで知りませんでした。

まあ、わたくしが留守番しているときには、「こんなのより非常用にはファイアースターターですが、
むしろ使い切りライターを持つのが一番確実です。」と説明しておきましたが・・・げひげひ




以下、さくさくっと一部のブースをご紹介・・・

DSCN6608






DSCN6609






DSCN6617






DSCN6619






DSCN6620






DSCN6624






DSCN6628






DSCN6651






DSCN6652






DSCN6654






DSCN6662





DSCN6665






DSCN6666






DSCN6667





DSCN6671

官公庁やその外郭団体、企業やその関連団体の出展も多かったですが、ちまちまと活動している、
我々のような小さなボランティア団体の出展もけっこうありました。

みなさん、それぞれの分野で楽しく実践しておられる雰囲気が伝わってきて素晴らしかったです。
そう、自分が楽しめる範囲だけでも、何もしないよりはるかにマシなんですよね、地球環境には・・・




で、第一展示場のワークショップで行われた、

DSCN6675



DSCN6676

N.GKS代表による「世界の植林事情」と題した講演。





DSCN6683

ええ、わたくしはこの時、ブースの留守番でしたので、別の会員に撮ってもらった画像ですが・・・


と、今回はブースの留守番をしている間だけでも、多くの来場者や出展者とお話ができました。

環境問題については関心と知識をお持ちの方が多かったのですが、沙漠や熱帯雨林の現状や、
現地での植林活動については、けっこう誤解されておられた方も多かったです。
やはり実際に体験してみて、その経験を踏まえて情報を発信し続けることも大事ですね。





m98k at 22:22|PermalinkComments(3) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2017年04月04日

2017ボルネオ紀行9

2017ボルネオ紀行の9回目、連載最終回であります。

ツアー五日目の午前中は、今回初めてのフリータイム・・・

わたくし98kとwingさんは、まったりと起きて、まったりと朝食・・・

DSCN0689



DSCN0690

まったりと自室に戻り・・・



DSCN0692


DSCN0694

川べりを望むテラスで、まったりとコーヒータイム・・・

そーいや、昨夜はここからホタルが見えたなあ・・・巨大セミも入ってきたなあ・・・

と、ひたすらまったりしてたのですが、他の隊員たちは散歩に出かけたりプールで泳いだり、
それぞれに好きな時間を過ごされてたようです。

わたくしキャンプでもそうなんですが、ほんとは一日だけでも何もしない日が欲しいタイプ。
特にこんな感じのいいリゾートホテルだと二日でも三日でも何もせずテラスやプールサイドで、
冷たいビールなんぞを傾けたり、近くをぶらぶら散歩したりして過ごしたい・・・

ま、みなさん仕事や学業が忙しい中の植林ツアーですから毎回タイトな日程になるのですが・・・

と、後ろ髪をひかれる思いで、お昼前には送迎バスでムル空港へ・・・

DSCN0695




ま、空港屋外ロビーでのお弁当とタイガービールで・・・

DSCN0697

またまた、まったりしてましたが・・・




こちら・・・

DSCN0698

まったりしつつも学業に励む若者隊員・・・



で、搭乗予定のクチン行きの便が1時間以上遅れて到着し、ようやく乗機・・・

DSCN0699



DSCN0700

グヌン・ムルの大自然ともお別れであります。


予定ではクチンでも時間があったので、いったん市街へ出ようかとも相談していたのですが、
ムルからクチンへの便が大幅に遅れたため、慌ただしく出州審査を受けて、何とか予定どおりの
クアラルンプール行きに乗機しました。


DSCN0703

クチンの街とも・・・


DSCN0705


DSCN0706

サラワクとも・・・



DSCN0712

そしてボルネオ島ともお別れであります・・・ぐすん



で、マレー半島に入りクアラ空港が近づいてくると・・・

DSCN0723


DSCN0724

一面にアブラヤシとその苗木が拡がってました。




DSCN0725

こちらはアブラヤシ農園の拡張中でしょうか、放棄跡でしょうか・・・



とまあ、クアラ空港には定時に着いたので深夜発の関西空港行きまで、たっぷりと時間があり、
「ひさしぶりに日本のラーメンが食べたいな!!!」とゆーI里隊員の希望で・・・

DSCN0731





DSCN0733


DSCN0734


DSCN0735

北海道ラーメンや焼うどんなんぞでアサヒスーパードライの生をかぱかぱと・・・
さすがにラーメンのチャーシューはチキン、焼うどんの具はシーフードでしたが・・・




ええ、なにせクアラ空港は巨大なハブ空港でヌードルショップだけでも何軒もあり・・・

DSCN0729


DSCN0730

こんな航空会社も乗り入れてました・・・

と、みなさん無数にある空港内のショップで最後のお土産を買い求めたり、カフェでまったりしたりして、
(残念ながら熱帯雨林のツリーウォークを疑似体験できる空港内の屋外植物園はメンテナンス中でしたが)
日付が変わる頃に満員の関西空港行きに乗機、機内ではすぐに軽食が出て、わたくしはタイガービールで
ばくばくやりつつ映画なんぞを見て(「嫌な女」つーのは面白かったな・・・)、30分ほどうとうとしたら
すぐに朝食、さすがにビールなしでばくばくして、翌朝の7時前には関空に到着しました。

ともかく全員無事に帰国できたのがなにより、特に今回は隊長さんが隊長さんだっただけに、
生還できるかとても心配だったのですが・・・
って、最後まで本人が本人を一番心配してたのかっ!!! あははは


感謝とお願いのP.S

現地旅行社のN嶋さん、マレーシア専門旅行社のT井さん、サラワク州森林局のみなさん、
テラグス小学校の子どもたちと先生たち、ほんとにありがとうございました。
おかげさまで、とても楽しく充実した植林ツアーになりました。ティリマカシー!!!

そして、じつにてきとーな隊長を支えていただいた15名の隊員のみなさん、
ありがとうございました。おおきに!!!
交流会の入念な準備からツリーウォークなどのご提案、現地での様々なフォローや細かい気遣いなど、
てきとーな隊長だけでは、とてもできなかったことばかりです。
4名の若者隊員のみなさんも交流会などで大活躍いただき、ありがとうございました。


今回はじめて参加された隊員のみなさん、今回の連載記事をお読みになった読者のみなさん、
ボルネオ島の熱帯雨林はいかがでしたでしょうか?

特にここ数十年、熱帯雨林の面積は確実に減少しています。
いっぽうでアブラヤシをはじめとする熱帯雨林を減らして生ずる産物が、我々にも現地の人たちにも
限りない恩恵をもたらしていることも事実です。
さらに、現地の人たちが少しでも豊かになろうとしているのを、やめろとも言えません。

熱帯雨林も現地の人たちの生活も、そして我々の生活も共存共栄していく方法はないのか・・・
わたくしはアグロフォレストリー・エコツーリズム・フェアトレードがキーワードだとも思いますが、
おそらく単純な答えはなく、ひとつひとつの小さなことの積み重ねも重要でしょう。

また熱帯雨林の再生は時間とお金のかかる困難な事業で、政府はもちろん、なにより現地の人たちが、
熱帯雨林を再生し育てることが自分たちにとっても有用で大事なことだと、思ってくれないことには、
単なる押しつけになってしまいますし、誰もそんな苦労はしないでしょう。

子どもたちと一緒に植林すると周りの大人たちも巻き込みますし、子どもたちが大きくなる頃には
育てた森が彼らの役に立ち、そのことでさらに未来の子どもたちに繋がっていくはず・・・
と信じて、ちまちまと活動を続けてきたのですが、他にも様々なやり方があるでしょう。

もし興味を持たれたようなら、このサイトにも「沙漠緑化・熱帯雨林再生」カテゴリに過去の関連記事
がありますので、一度ご覧になって、自分にできるやり方を考えていただければと思います。







m98k at 00:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2017年03月31日

2017ボルネオ紀行6

2017ボルネオ紀行の6回目であります。

前回で世界最大洞窟ディアケイブを出た一行は、入り口に近い広場で夕方まで待機しました。

DSCN0481



DSCN0508

ディアケイブの昇竜を見るために世界中から人々が集まってきました。

昇竜・・・

そう、夕方になると無数のコウモリさんが列をなし、うねうねと天に昇っていくさまが、
まるで天に昇る竜のように見える・・・とゆーのですが・・・

天候などによっては現れなかったり、たまたま現れても途切れたりするので、
見事な昇竜を見ることができれば、まさにハッピードラゴン・・・

そーいやハッピータイガーとゆードイツ軍の戦車があったな・・・
たしかダス・ライヒ師団のティーゲルⅠ型で・・・ぶつぶつ・・・

とか、ぶつぶついってたら、周りから歓声が聞こえ、あわてて見上げると・・・


じゃーん

DSCN0488

昇竜の第一弾であります。

この日は大きなドラゴンが次から次へと天に昇り始め・・・


DSCN0497


DSCN0498



DSCN0499

いやあ、なかなかの壮観でした・・・



ま、せっかくなので動画でもご紹介・・・











小さな画面だと迫力がありませんが、目の前にするとやはり迫力でした。




で、帰り道はすっかり暗くなり、再びライトを取り出してナイト・トレッキングも楽しめたのですが、
やがてスコールも降り出し、途中で眼鏡を落としてパーク・レンジャーに確認に戻ったりして、
わたくしはすっかりへろへろになってしまいました。

なんとかホテルに帰り着き、熱いシャワーを浴びて・・・

DSCN0515

ようやく遅い夕食であります。

夕食もビュッフェ・スタイルで食べ放題つーのはうれしかったですね・・・
ま、いちおー高級リゾートホテルなのでビールは結構なお値段でしたが・・・

その分、アイスやデザートでたっぷりと糖分補給しました。

DSCN0516

で、呑兵衛隊員の注文を聞いて、T中隊員がビールの買い出しに行ってくれたので、
(ホテルを出て橋を渡ったところに居酒屋つーか雑貨屋がありましたがタイガービールのお値段は
クチンのコンビニの倍でした・・・)
隊長部屋ではwingさんのウェアラブルカメラ映像や全周囲カメラ画像を大型液晶テレビに接続して・・・
って、wingさん、いろんな電子機器つーか、おもちゃを持って来られてましたので・・・
呑兵衛隊員が集まり、大画面でその日の映像を楽しみながら飲み続けたのであります。

ええ、明日のコースはかなりのアップダウンがあるとゆーのに・・・ひっく

(と、二日酔いの次号に続きます。)




m98k at 03:31|PermalinkComments(2)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2017年03月30日

2017ボルネオ紀行5

2017ボルネオ紀行の5回目・・・


しょっぱなからブレブレ画像で申し訳ありませんが・・・

DSCN0394

グヌン・ムル国立公園Lang Caveラングケイブの入口であります。



以下、さくさくっと・・・

DSCN0397



DSCN0402


DSCN0403

洞内には部分的に照明がありますが、やはりフラッシュライト(懐中電灯)は必携・・・





DSCN0404



DSCN0406

ムル洞窟群の中でも、ラングケイブは特に鍾乳石が見事な洞窟だそうです・・・

ボルネオ島は大陸プレートの中央にあり大きな火山活動もなく、世界でも有数の安定した島で、
このような大規模な洞窟群が残ったとか・・・






DSCN0408

天井から糸状のものが垂れ下がっているのがお分かりでしょうか・・・

これに関するN嶋さんの解説を現地で聞いたけど、すっかり忘れてしまったので、
もう一度コメントかメールで教えてくださいね。追記しますので・・・

(さっそく回答をいただきましたので追記です。)
天井からの糸はツチボタルの仲間の幼虫が垂らした糸で、粘着性があり飛翔した虫が引っかかり、
この幼虫の餌となります。ホタルと言っても、ハエの一種です。
ニュージーランドのこの種は幼虫が発光してすごくきれいな場所もあるそうですが、
ここのは完全に暗くしても、あまり発光した感じは無いのですが。。。




DSCN0412






で、よく見ると約1名・・・

DSCN0414

フラッシュライトを両手持ちして照射比較している人物がいますね・・・





ま、正確には・・・

DSCN0417

2名でしたが・・・




そう・・・

DSCN0416

わざわざ日本からやって来たライトマニアたちでした・・・

左からウルフアイズT3-Ⅱノーマル、コンボイS2・wingスペシャル・電球色・明るさ重視バージョン、
コンボイS2・wingスペシャル明るさ重視バージョンとランタイム重視バージョン・・・

wingさんは撮影者に気を遣ってやや下に向けてますが、違いがおわかりでしょうか・・・むひひひ


閑話休題


こちら・・・

DSCN0419

なんとなく卑猥な鍾乳石・・・






やがて出口が近づいてくると・・・

DSCN0422








DSCN0426

ミツヅノ・コノハガエルさんとか・・・




(以下3枚は、Mどりさんからの提供画像)

188


191

なかなか威厳のある顔つきです・・・


195

ライトでシルエットにすると三本のツノが面白いですね・・・




さらには、かわいいフルーツコウモリさんとか・・・

DSCN0432

外の世界で暮らす生き物たちが現れるようになりました。



で、ラングケイブを出て、いよいよ世界最大といわれるDeer Caveディアケイブへ・・・

DSCN0433



DSCN0434

さすがに入口からしてデカいですね・・・
全周囲カメラやウェアラブルカメラで遊んでる隊員もいますが・・・




DSCN0442



DSCN0443





DSCN0452

人物と比べて洞窟の大きさがおわかりいただけると思います・・・







こちら・・・

DSCN0446





DSCN0448

N嶋さんの横顔、もとい、リンカーンの横顔に見える天井の穴・・・




DSCN0455



DSCN0463

洞内あちこちで、天井から霧のような滝が降り注いでいます・・・

ちなみに天井の黒い部分は、すべてお休み中のコウモリさんたちです。



で、洞内にはコウモリさんの糞が最大8mも降り積もり・・・

DSCN0459

それを食べる小さなゴキさんたちもいっぱい・・・

ちなみにコウモリさんたちの主食は蚊などで、おかげでムル周辺には蚊が少ないそうで、
コウモリさんたちは、かなり遠くまでお出かけするそうです。
たしかに今回、蚊はほとんど見かけませんでしたね。

さらにちなみに中華料理に「蚊の目玉」の料理がありますが、コウモリさんの糞から採取するようで、
ここまでくれば、いくらでも採取できると思いますが、ま、そこまで大量消費することはないのか・・・




ディアケイブとして、よく紹介されているアングルから・・・

DSCN0466

たしかに、この洞窟の大きさがわかります・・・



この後、画像中央に見える階段を上り、さらに右奥のコースを歩きます。

DSCN0469



DSCN0470

外は手つかずの熱帯雨林であります。






DSCN0475

こちら人工物ではなく自然の排水ダクト・・・きちんと天井までライトが届いてます。

ディアケイブで今回歩いたのは入り口付近のみでしたが、すっかり疲れてしまいました。
それなりのケービング装備とセットで専門ガイドに案内してもらい、さらに奥に進むこともできますので、
ま、いつかは再訪したいものであります。ええ、さらにライトをいっぱい持って・・・


と、記念撮影した場所まで戻り夕方まで待機、次は世界最大の「昇竜」の観察であります。

こちらは天候などの条件に左右されるため、果たして観察できるのか???

(以下次号)



m98k at 03:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック