紅葉

2010年11月30日

秋の京都散策その2


(期間限定のお知らせ) 冬季洞窟キャンプへのお誘い記事はこちらです。




秋の京都散策、前回記事からの続きであります。

午後一時から二条木屋町にある角倉了以別邸で大宴会、その庭園をふらふらと鑑賞してから、
東山の麓にある黒谷光明寺へ着いたのは四時前、拝観終了時間ぎりぎりでした。
それでもまだまだ観光客は多く、観光協会による仮設拝観券売り場には人が並んでました。

まず特別公開中の本堂(御影堂)と大方丈を拝観したのですが、内部はさすがに撮影禁止・・・

その後、やはり特別公開中だった方丈庭園を散策しました。






RIMG3152

このあたりの枯山水は、「紫雲の庭」と名付けられた、最近新たに整備された部分、
その周辺は回遊式で、学生時代に数多くの京都の庭園を廻ったはずのわたくしですが、
こちらの庭園は今回がはじめてであります。



ま、紅葉の真っ盛りですし、さくさくっと画像でご紹介・・・









RIMG3153






人が多い時期の回遊式の庭園とゆーのは、なかなか構図が難しいですねえ・・・






RIMG3154






遠景を入れると、どうしても人物が入って・・・ほんとはもっと左に振りたかったのですが・・・






RIMG3157






そーいや、ダイナミックレンジダブルショットモードとゆーのがあったな・・・






RIMG3163






どーもいまいち、紅葉の透明感が出ないなあ・・・






RIMG3165






こちらも人物を避けて寄せ過ぎ・・・






RIMG3169






DRモードでこれだものなあ・・・ううっ






RIMG3167


ほんとはこんなオレンジ色の紅葉ではなく、深紅の紅葉なのにぃ・・・











BlogPaint

今回ご一緒した、サークル時代の美しき同級生たち・・・

ま、今の年齢を足したら、軽く200オーバー、さらにあと追加が・・・





ぼかっべきっぐしゃばきっ








RIMG3171

ぼこぼこにされつつ、ひいひい墓地を登って、三重塔に着く頃には陽も傾き、振り返ると・・・











RIMG3175

西山に沈む夕日を、京都の市街地を挟んで、東山の麓から望む絶景が・・・










で、さらに北に数分歩くと、真如堂であります・・・

RIMG3178



ちょうど夕日があたって、きれいきれい・・・









RIMG3179













RIMG3188











ま、画像としては、こちらのほうが好みなんですが・・・

RIMG3187




と、ふらふらと真如堂をでて、ふたたび市街中心部に戻る頃には、あたりはすっかり暗くなり、
わたくしの秋の京都散策も、いよいよ夜の部に・・・


(以下、もう一回だけ続きます。)



m98k at 01:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0)mixiチェック

2010年11月28日

秋の京都散策その1

(期間限定のお知らせ) 冬季洞窟キャンプへのお誘い記事はこちらです。



昨日の土曜日、朝から京都で植林ボランティアの会合があり、それとは別に午後からは、
わたくしが学生時代に参加していた、寺社仏閣を巡るサークルの同窓会、
とゆーことで、ひさしぶりに秋の京都をふらふらと歩いてきました。

まあ、このサークルの同窓会は、毎年学園祭の時期に開催されているのですが、
昨年はお仕事の関係で行けなかったわたくし、二年ぶりの参加となった次第であります。





午前中に京都府南部であった会合を済ませ、昼過ぎに着いた同窓会の(一次会)会場は・・・

RIMG3115

高瀬舟の浮かぶ、「高瀬川一之舟入り」の左岸(画像の右側)にある・・・













RIMG3116

角倉了以の別邸跡を使った「がんこ高瀬川二条苑」・・・

なんでも角倉了以が開削した高瀬川の源流部になるそうで、その源流部を庭園にしてるそうです。

がんこ寿司のグループは、関西の古いお屋敷を使ったお店をいくつか展開しており、
わたくし、大阪の「平野郷屋敷」にはこの一月に行っておりますが、こちらのお店ははじめてであります。


まあ、上記のお店のリンクどおりのお安いコースだったのですが、

RIMG3118












やはり、紅葉は見事・・・

RIMG3119













まあ、メインの豆乳ゆば鍋を食べ尽くす頃には、別に頼んだボジョレー・ヌーヴォーも少なくなり・・・

RIMG3122



すっかり出来上がってからの庭園散策となりました。あははは












RIMG3138














RIMG3125














RIMG3128













RIMG3129















RIMG3126















RIMG3130









深山幽谷の趣がありますが、場所は二条木屋町、市街地のど真ん中であります。




RIMG3131








まあ、市街地のど真ん中といっても・・・





RIMG3139

古い建物もけっこう残っているのが京都の魅力なんですが・・・











この後、夜の二次会までの間に、東山の麓にある特別公開中の黒谷・光明寺へ・・・

RIMG3141

このお寺、テレビドラマになった「坂の上の雲」や、いろんな映画のロケに使われ、
庭園は今年のJR西日本のポスターにも使われているそうですが、
我々のサークルの活動では行ったことがなく、今回はじめての拝観となりました。

二年前に行った上記リンク記事の相国寺といい、学生時代に行けなかった京都の寺社仏閣を、
元気なうちに見ておこうとゆー同級生の思いに、つくづく年齢を感じるとゆーか・・・





RIMG3140

紅葉シーズン真っ盛りの好天の休日、歴史ブームや竜馬ブームの影響もあるのでしょうか、
そんなに有名なお寺でもないのに、ものすごい人とクルマの数でした。










RIMG3142














RIMG3146















BlogPaint

さすがに紅葉は見事で、一昨年に較べ和服姿の観光客もけっこう見受けました。

和装もブームなんでしょうか・・・京都には似合いますねえ・・・ま、歩きにくいとは思いますが・・・








立派な山門には・・・

RIMG3144













立派なカラーチャートが・・・

RIMG3145

って、わたくしのリコーCX-1、オートで撮ると、どうしても緑が勝ってしまうなあ・・・
巫女さんの緋袴もオレンジ色になってたし、深紅の紅葉もオレンジにくすんでるし・・・










RIMG3150


で、こちらの本堂(御影堂)から入り、特別公開中の大方丈、方丈庭園と拝観したのであります・・・


(ちと長くなったので、以下次号に続きます。)



m98k at 16:02|PermalinkComments(10)TrackBack(0)mixiチェック

2006年11月29日

紅葉狩り 観心寺編

えーっ、前回記事のとおり、週末に千早赤阪村の「山燈花」へ行ったわたくし、
たっぷりと昼食を食べて紅葉を見て、そこからクルマで10分ほどの、紅葉の名勝、
河内長野の「観心寺」へ行きました。

観心寺といえば、わたくし世代の大阪人には、小学校低学年の遠足先として、なじみのあるお寺であります。

河内長野駅から徒歩30分程度でしょうか、小学校低学年でも1時間はかからないでしょう。
広い広場があり、お弁当を食べたり集合したりするのに便利だったんでしょうね。

広場ぐらいしか記憶になかったのですが、じつは、国宝や重要文化財のいっぱいある、
後村上天皇ゆかりの、真言宗の名刹だったんですねえ。
昔に比べて、かなり整備もされているようでした。

さて今回は、左バーにあるニャん丸さんのブログ「ラティコン」をきっぱりとパクって、
サラサラサラと紅葉の画像を載せていきましょう。
(こちらは、あるふぁシリーズとかの高級一眼レフではなく、
IXY-50のオート撮影ばかりでありますが・・・ううっ悲しい)

50a0595d.jpg
山門を入ったところから、正面の金堂(国宝)であります。

dab9b2af.jpg
同じく山門横の手洗、注連縄が張ってあるんですね。

0ac945a9.jpg
金堂横の・・・ううっ、覚えてないぞ・・・ま、あとはてきとーに・・・

0b97fa7f.jpg
紅葉であります。

df9e2f5e.jpg
お堂と紅葉であります。

a601309b.jpg
あっ、これはたしか阿弥陀堂前の・・・何だったかな・・・

cdfd513e.jpg
さすがに退屈してきたので、強制ストロボにしてみたり、

f1ee27b2.jpg
ストロボをオフにしてみたり・・・(ISO感度設定方法を忘れたので、完全に手ブレ泣く)

810480d1.jpg
真下から撮ったりしたんですが、この木の紅葉がいちばんいい発色でした。

ac9ccf3f.jpg
でも、奥に見える女子トイレに向かって、カメラ構えてるおじさんというのは、
それはそれで怪しい雰囲気だったんでしょうねえ。でへへへ



P.S
さすがに紅葉の名勝、曇天で閉門直前の夕方だというのに、でかい三脚を持ったカメラマンがまだけっこう残ってましたね。
でもやはり、高く晴れた秋空がないと、紅葉は直射光に映えませんね。
桜花もそうですが、観賞用の紅葉もそれはそれで美しくていいのですが・・・
今年も大台ケ原の紅葉には行けなかったけど、理想からいえば・・・
名もない渓流で、自然の綾錦の下、はらはらと散る落葉に自分の人生を重ねて思索に浸り・・・

んでもって、テント張ってライト照らして、焼き肉と鍋やって、大宴会じゃあ!
って、結局そこに落ち着くんかいっ!にっこり

at 23:00|PermalinkComments(3)TrackBack(0)mixiチェック

2006年11月27日

紅葉狩り 山燈花編

えーっ、週末に親孝行を兼ねて、紅葉狩りに行ってきました。

大阪府下では唯一の村となってしまった千早赤阪村の、金剛山の麓にある、

「山燈花」という不思議なところなんですが、

けっこうお気に入りになりましたので、お店のリンクを貼ってあります。

どうも山林の持ち主が代々、趣味で石楠花を中心に草木を植えていったようであります。

59648f34.jpg
中腹に白く見えるのが、オーナーのお屋敷の門であります。


で、門前には、こんな感じで滝なんぞの造作が施してあります。
d1de2830.jpg


そこから下に見えるのが、レストラン「山燈花」とギャラリーその1、
この辺りの山全体が私有地で、入場者は自由に散策できるようになってます。
f3c05deb.jpg


で、古材を組み直したらしきレストラン棟であります。
7392b724.jpg


それにしても、すごい梁材であります。
8cdc7db4.jpg

c19fa966.jpg


で、入り口の格子戸が、おそろしくでかくて重い!
23de77c7.jpg


食事は、会席風の昼食とお弁当風の軽食の二種類のみ。もちろん昼食を予約しました。
最初にお抹茶とお菓子、以後、すべての料理に花が添えられてきました。
5863529e.jpg


お抹茶の後には・・・へっへっへっ
6f831418.jpg

画像以外にも、本格的な鍋や、ほかほかのおこわなんぞもあり、
わたくしでも、けっこうお腹がいっぱいになりました。
(母親の分もけっこう食べましたが・・・クルマなので飲めなかったのが残念・・・)

あまごも虹鱒もかりん酒も胡麻豆腐も山菜も野菜も果物も、すべて自家製だそうであります。
そりゃあ、敷地の中を渓流が流れてるんだものなあ・・・ううっ

敷地内にギャラリーその2や池などもあり、四季の草花が楽しめる散策コースになっているのですが、
なにせでかい山林ですので、ちょっとしたハイキングコースぐらいあり、
高齢の母親にはちときつかったようで、途中で引き返しました。


あっ、もちろん、敷地内の紅葉も、いちおうは見ましたよ・・・げふっにっこり
2a29376e.jpg



P.S
寺社仏閣や料亭の庭ほどの造作はなく、自然を巧みに活かして長い年月をかけて育てたようで、
すべてが借景とでもいうのでしょうか、自然に溶け込んで好感が持てました。
食事や、ギャラリーで売ってる焼き物なども良心的なお値段でしたし、
わたくしの大好きな山頭火をさりげなくテーマにした雰囲気もよかったです。
12月7日までで冬期はお休み、全て予約のみで人数制限してるのもいいですね。

ちなみに今回はじめて、カーナビなるものを使ったんですが、
おねいさんが丁寧に案内してくれるんですね。
「あと700mで右方向です、右の車線にお寄りください。」
「あっ、はいはい。」
「3km先で100m以上の混雑が発生しています。」
「あっ、そうですか。」
しかも、自宅に着いたら、
「これで音声案内を終了します。お疲れ様でした。」
思わず、「いや、どーもどーも。」と答えてしまいました。
もし、こんな音声案内つきフラッシュライトがあったら・・・ラブ

at 23:50|PermalinkComments(4)TrackBack(0)mixiチェック