腕時計・ケータイ

2017年03月14日

マイクロSDカードとか・・・


先月末に発売されたTORQUEシリーズのスマホG02ガラホX01の画像保存用に、

新たに購入したマイクロSDカードであります。

DSCN0122

「スマートフォンに最適」とありますが、今どきガラホ用に買う人もいるのであります。きっぱりと








DSCN0123




DSCN0124

3648×2736≒10Mで約1560枚の容量ですから、5M程度なら3000枚以上は入るはず・・・

X01内臓カメラのセンサーは約1300万画素、10年前のG'z Oneケータイ記事へのコメントで、
alaris540さんが「36万画素のケータイから127万画素のケータイに変えて画質は格段に向上・・・」
とか書かれていた時代と比べると、まさに隔世の感がありますねえ・・・

わたくし現在はニコン・クールピクスS9700がメインで、ガラホのカメラはあくまで予備なんですが、
画素数だけ見るとほぼ同じ、メインでも8Mで保存してるので、こちらは5M程度でも充分です。




DSCN0125

ちなみに信頼の台湾製で、お値段は0.7k弱でした。

そう、こちらも隔世の感がありますねえ・・・

4GBを超えるとSDHCとゆーそうですが、このブログサイトを始めた12年前にはそんなのなく、
コンデジ用には標準だった256MBのSDカードでも、何千円もしてましたから・・・

わたくしマイクロSDカードつーのははじめてなんですが、ほんとにちっちゃいんですねえ。
ガラホ本体に入れるのにけっこう気を使いました。
これをまた外して付属のSDアダプターに移し替えたり・・・できるのだろうか・・・うぐぐぐ




P.S.スマホとガラホについてのメモ

今回モバイル機器を第三世代から第四世代に移行するにあたって、けっこう悩んでました。
まあ、当初はスマホにするかタブレットとの2台持ちにするかの選択肢・・・だったのですが・・・

わたくしの使い道としては、職場と自宅ではパソコンとネット環境があるので外出時のみの使用、
さらにアウトドアには、電波状況に関係なく使えるGPSと世界地図が本体に入ったS9700を
持って出かけることが多いし、とーぜんクルマにはナビが付いてるし・・・
しかも使う機能はせいぜい電話とメール、あとは地図とお店や乗り換えなどの検索ぐらいです。

地図機能は大きな画面で多様な地図アプリがダウンロードできるスマホ(タブレット)が圧倒的に有利・・・
なんですが、そのためだけにスマホにしたりタブレットとの2台持ちにしたりするかどうか・・・

いちおーauのガラホには地図アプリ(助手席ナビとナビウォークとふつーの地図)が入ってますし、
画面も第三世代に比べると若干ですが大きくなってるし、それより大きな地図が常時見たければ、
バッテリーを気にしてちまちま節電するより地図を持ち歩けばいいし・・・

ま、今のわたくしはポタリングに持参するので、大きな画面で詳細な地図やログ記録や検索など、
位置情報付きパソコンとして出先で自由に使えるスマホ(タブレット)も魅力的だったのですが・・・
ポイントはスマホとガラホの違いと自分の使い方との比較だったんですよね・・・

漠然と思いつくスマホの魅力
①あらゆるパソコン・ネット機能を外出先でもほぼ同様に利用できる。(はず・・・)
②画面が大きいので(特にタブレットなら)地図や画像、ネットページなどが見やすい。
③タッチパネルに慣れればさくさく操作できる。(はず・・・)
漠然と思いつくスマホへの不安
④大手キャリアは月額使用料がお高い、格安版は素人にはやや不安。
⑤バッテリーの消耗が大きい。
⑥画面が剥き出しなのもやや不安。
⑦タッチパネルに慣れないと片手操作ができない。
ぐらいでしょうか・・・いっぽうガラホは、ちょうど真逆のイメージです。

今のガラホなら、速度は同じ第四世代のスマホとそんなに変わらないでしょうから、残る違いの、
①についてはガラホでもブラウザ経由か既定のアプリ経由でいちおーサイトを見るぐらいはできるし、
わたくしパソコンのアプリ自体あまり使ってないしダウンロードすることもないし・・・
③⑦についてはタッチパネルより片手操作のキーボードのほうが使い慣れてるし・・・
④についてはメルアドを変えたくなかったし、ガラホなら電話5分かけ放題データ2GBまで定額で、
何とか割とかで2年間は月額1.4kで収まりそうですが、スマホなら月額5kぐらいは要るようですね。
ただ格安版やSIMフリーのタブレットはやはり魅力的なので、いずれは2台持ちするかもですが・・・
⑤について、ガラホは1500mA~2000mA程度のバッテリーですが最低でも数日間は持ちそうです。
⑥については慣れの問題でしょうが、なにせわたくし、ずっとG'z Oneケータイを使ってましたから、
ついついデザインそのままのTORQUE X01に惹かれました。

つーことで、(画面の大きさ以外では)ガラホのTORQUE X01がわたくし向きと判断・・・
確かにモバイル向きのネット画面でもけっこう小さく、ましてやデスクトップ用のネット画面だと、
文字がほとんど見えないのはつらいのですが・・・文字サイズを大きくできるのかわからないし・・・
ま、画面の大きさとアプリの多様性を捨てずにガラホとタブレットの2台持ち、とゆー選択もありましたが、
出先では誰かさんのスマホやタブレットを使い倒せばいいことだし・・・げひげひ

ただ、キャンプサイトなどで一人深夜に飲みながら、まったりとネットを楽しむのは魅力的なので、
(電波の届くキャンプサイトは限られるでしょうが・・・)タブレットとソーラー充電器と予備バッテリーを
ガラホとあわせて持ちたい、とゆー未練はまだあります・・・じゅるじゅる






m98k at 20:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2017年02月28日

トルクに機種更新!!!

ついにわたくし・・・

長年使ってきたG'z Oneガラケーをば・・・

スマホのTORQUE G02に・・・

ではなく・・・

ガラホのTORQUE X01に機種更新しました!!!


ええ、ほんの数日前に発売されたばかりの最新機種であります。


じゃーん

DSCN0093



DSCN0094


DSCN0095

トルク・シリーズはミル・スペック準拠の頑丈さが売りで、今度のは耐海水性能まで付いてます!!!




ま、その分・・・

DSCN0096

G'z Oneより、さらにデカく、重くなったようでしゅが・・・

右のカシオW62CAに買い替えたのが2008年ですから、こちらは9年間使ってたことになりますね。

わたくし、日本初の防水・耐衝撃性能を有した携帯電話であるカシオG'z Oneの初号機C303CA
(映画ホワイトアウトで主人公が使ってたやつね!)を購入したのが2000年の春で、それ以降ずっと、
カシオG'z Oneシリーズだけで何台か機種更新してたのですが、2010年に発売されたTYPE-Xを最後に
G'z One新機種の発売がなくなり(ちなみに2012年発売の最終モデルTYPE-Lはスマホでした)、
やがてカシオそのものが携帯電話から撤退、以後ずっと大事に使い続けていたとゆー次第・・・



ええ、ずっと大事に使ってたので・・・

DSCN0097

まだまだ新品同様だったのですが・・・

昨年末に京セラ・トルクシリーズからガラホが出るとの発表があり、ついつい無意識に予約してたようで、
2月24日の発売入荷連絡と同時に、最新機種に更新したのでありますね。




ちなみに厚みも・・・

DSCN0103

かなり分厚くなってましゅが・・・





まあ・・・

DSCN0105

画面もキーボードもデカくなってるので、これは年寄りにはうれしいですね・・・げほげほ




もちろん、G'z Oneの頑丈さとともに様々なアウトドア機能も継承されただけでなく・・・

DSCN0098

まともな気圧計・高度計・気圧変化傾向(天気予想)が付き、歩数計(距離計)は自転車もクルマも自動計測、
コンパス画面は水平器画面にも切り替えられます。どれも電波状況と関係ないのがいいですね。

潮汐画面では月齢から月輝面、月出、正中、月入、日出、正中、日入から天文薄明、常用薄明なども
全国選択で表示され、さらに魚の活性度も・・・ま、わたくしには不要な機能なんですが・・・




さらに・・・

DSCN0099

こちらの読み上げ機能つーのも使うかどうか・・・スピーカーは大音量仕様らしいのですが・・・






でもこちらの・・・

DSCN0100



DSCN0101

「クマ鈴」はいいですねえ・・・それ以上に話し声がうるさいだろうけど・・・





でもやはり、一番うれしいのは簡易ライト機能・・・

DSCN0102

点滅機能や輝度調整、点灯時間変更ができ、ファンクションキーだけで点灯する初期設定に
なっているのも、ライト好きにはうれしいかぎりです・・・じゅるじゅる





もちろん輝度調整は・・・

DSCN0108

最高レベルに設定しましたとさ。めでたし、めでたし・・・


とまあ、無事に更新できたのはよかったのですが、予備電池や卓上ホルダーはまだ在庫がなく、
いちいちカバーを外して充電してるとシールがすぐにダメになるので、一刻も早く入手したいのですが・・・ううっ

でもまあ、「G'z One愛用者限定」キャッシュバック・クーポンも使えたことだし、5分かけ放題パックで、
今までのガラケー契約よりさらにお安くなることだし、3Gから4Gになって速度も音質もよくなって、
とりあえずは満足しています。





m98k at 12:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2015年09月08日

NATOストラップ!!!

(期間限定・植林ツアー参加者募集のお知らせ) 
2015秋・ボルネオ植林ボランティアツアーへの
お誘い記事はこちらです。
参加申し込みがまだまだ少ないので、少しでも興味のある方は、ぜひご連絡下さい!!!


さて、8月15日に落車して骨折、とーぶん自転車に乗れなくなったわたくし、すっかり物欲も萎えてしまい・・・

ええ、あくまで自転車関係に限ってのお話ですが・・・



つーことで・・・



9月になってちまちまと購入したのは、NATOタイプの時計ベルトであります。




まずは現在の愛用品・・・

DSCN5409

新品の高級プロトレックを次男に持ち去られて以来、再び愛用しているオーバーランドであります。

この時計ベルトはすでに二代目なんですが、布ベルトとゆーのは金属ベルトよりヘタリが早いです。

特に暑い季節には、何度もタワシや歯ブラシでごしごし洗ってますが、内側には汚れが残りますし、
表側も毛羽立ってきたり、すり減ったりしてきます。






で・・・

DSCN5410

今回は一枚モノのNATOタイプにしてみました。










DSCN5412




DSCN5413

特徴は本体裏側にベルトを二重に通すため、金属面が皮膚に触れないとゆー点ですね。

氷点下でも皮膚に金属が貼りつきませんし金属アレルギーがあってもまず大丈夫でしょう。
いちいちピンを外す必要もないので、取り外し交換も簡単で本体と隙間があるので蒸れにくい・・・
といったメリットもありますが、本体裏にベルト2枚が入るので分厚くなるのがデメリット・・・


ま、もともと分厚いオーバーランドなので、ベルト2枚分ぐらいは気にせずに使います・・・






ちなみにわたくし、布ベルトはよく使ってるので、けっこう古いのが貯まってきてます。

DSCN5414

ちなみに一番下のは最近使ってないアルバ・ツインセンサーを装着したままですが、
いまだ正確な時を刻んでました・・・





m98k at 21:00|PermalinkComments(3)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2011年11月11日

やっとプロトレックのアナログを!!!

ぬははは・・・わざわざ2011年11月11 日11時11分に公開予約設定しておいた、記念すべき記事はですね・・・




今週の火曜日に届いたばかりの、カシオ・プロトレックPRW-5100-1JFであります。




じゃーん

RIMG6151












じゃじゃーん

RIMG6152


そう、ひさしぶりのアナログ・デジタル併用型となった、昨年3月に発売されたPRW-5000シリーズの次期シリーズとして、
今年3月に発売されたPRW-5100シリーズ・・・の中でも、さらに一番・・・お安い樹脂ケースタイプであります。


わたくし、アウトドア用のリストウォッチとしては、15年以上もセイコーアルバのツインセンサーとゆーデジタル式を愛用、
さすがに気圧計や温度計がおかしくなってきて、次はどうしてもアナログ式のやつが欲しいと、一昨年の2月に、
カシオのオーバーランドシリーズのお安いやつを買ったのですが、当時、左記リンク記事に某プ~さんから、
「なぜそこでプロトレックにいかないのか?」とコメントをいただいており、わたくし「現行モデルではアナログ式がないもん。」
と愚痴をこぼしていたんですが、前述のように昨年3月に5000シリーズが発売された・・・わけなんですが・・・

色使いがわたくしの好みとはなぁ・・・ぶつぶつ・・・とか言ってるあいだに今回の5100シリーズが発売となり、
まあ今度の色使いなら許せるか・・・でもけっこうお高いのよね・・・ぶつぶつ・・・とか言って、さらに半年が経過・・・

ところがつい最近、ひょんなことから50k相当とゆー某カタログギフトがわたくしの手元に廻ってきたのであります。
カタログギフトとゆーやつ、めったにわたくしの欲しいものはなかったのですが、今回はたまたまこれがあってですね・・・

まあこのモデル、定価はいちおー54kとなってますが、ネット通販だと現在の相場はせいぜい35k程度、
ところが他のアウトドアグッズとかだと、20kかそれ以下で揃えられそうなものもカタログにはありましたので、
今回は、自分のお小遣いではまず買わなかったであろう贅沢品、つーことでですね・・・くどくど・・・






と、前置きがやや長くなりましたが・・・







RIMG6153

方位計、気圧計(相対高度計)、温度計のトリプルセンサーを基本に、世界29都市のワールドタイム機能、
(ヒマラヤ登山用に、わざわざカトマンズ標準時間を追加してあるとゆー)など、プロトレックとゆー名称どおり、
トレッキング用の機能を満載したリストウォッチなのであります。

カシオご自慢のタフソーラー、アナログのタフムーブメント、世界6ヶ所からの長波標準電波受信といった、
最新Gショックシリーズとの共通スペックも多く、古いモデルのオーバーランドよりは山で頼りになりそうなんですが・・・









RIMG6154


こちらの中央にちっちゃく刻印してある・・・




JAPAN  H って、どーゆー意味なんだろ・・・









m98k at 11:11|PermalinkComments(2)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2010年10月23日

これは使える!!!・・・のかっ???

ええーっと・・・










まずは画像を・・・


RIMG2937






裏はこんな感じ・・・

RIMG2938

ちなみに、手前にあるのは、大きさ比較用のFENIX LD10で、長さはちょうど10cmであります。












で、中はこんな感じです。

RIMG2939



これ、先週土曜日の、川端さんのマジック仲間とライト仲間のはじめての合コン、もとい、合同OFF会に、
参加させていただいたとき、集合時間前に早めに合流した川端さんと一緒に、
ミリタリーショップを覗いてて、ついつい衝動買いしてしまったものであります。






で、何に使うのかとゆーとですね・・・












ま、こんなふうに腕時計を装着して・・・

RIMG2940














RIMG2936

こんな感じになり・・・












RIMG2935

こんなふうにカバーをしておくこともできる・・・




とゆー、スグレモノのリストウォッチバンド・・・




と、思わず購入したのでありますが・・・




なにせ安物・・・




大げさなわりには、比較的薄い生地で、縫製やつくりもなんとなく頼りなく、
すべて面ファスナーによる固定ですから、ハードな条件や水中での使用には不安であります。

また、ガラス面の保護や反射を抑えるためには、カバーは有効なのですが、
なにせ面ファスナーですから、カバーを開けるときにはべりべりと大きな音がします。

ですから、サバゲやバードウォッチングなどには、絶対に使えませんね・・・







で、






これは使える!!!・・・のかっ???



m98k at 21:23|PermalinkComments(10)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック