自転車

2017年10月14日

2017秋・熊野キャンプ報告(後編)

前篇からの続きであります。

10月6日の夕方に現地入りしてから7日の夜9時まで、ほぼ飲み続けの食べ続けだったのですが、
たっぷりと寝た8日の朝は、しっかりと心を入れ替えて・・・


BlogPaint

25km先の新宮城址を目指して、wingさんと二人でポタリングに出発・・・
そう、春のキャンプでは途中で雨が降ってきて20km地点で引き返したので今度こそ・・・




って、「今回は10kmで引き返しましょう。とぼとぼ」と、相変わらず弱気なwingさん

DSCN5743

ちなみにわたくしのXVの右に見えるのが、wingさんのモンベル・ムーンライト3型テント!!!
今回オートキャンプ専用に新調されたそうで、自転車がそのまま入るのも魅力だったとか・・・

わたくしが社会人になってはじめて買ったテントが、当時発売されたばかりのこれでした。
高価な本格ドーム型か安物粗悪品しかなかった時代には画期的な製品、当時としては小型軽量で
設営も簡単、しかも長雨にも充分耐えて、その割には比較的求めやすい価格設定でした。

一人でも担げる重さで(今は無理ですが)二人ならゆったり、三人でも交互になれば眠れました。
わたくしはソロキャンプにも使ってて、テントだけで充分過ごせる広さも魅力でした。
まあ今はダンロップの3人用R-324かケシュアの3人用で、これらを担ぐことはありませんが・・・

現モデルは前後にドアが付きフライの張り出しも標準になってますが、他は40年以上前とほぼ同じ・・・
まさに完成された超ロングセラー・モデルなんですね。


閑話休題・・・


(以下、わたくしの写っている画像などはwingさんからの提供です。)

DSCN5744

前回とちがって、この日は好天に恵まれました。






DSCN5745



DSCN5747

ま、前回同様、あちこちで休憩してますが・・・






DSCN5748

やはり晴れてると、走ってても気持ちがいいですね・・・




そのため走行中の画像は少ないですが・・・

DSCN5752



DSCN5754

「飛雪の滝キャンプ場」でも、たっぷりと休憩・・・




前回はたどり着けなかった・・・

DSCN5756

「御船島」まで来ました。(左端に少しだけ見える小さな島です。)






DSCN5755






DSCN5758




DSCN6417

ま、ここでもまたまた、まったりと休憩・・・




ようやく・・・


DSCN6419





DSCN5761

新宮城址が見えてきました。ふう




で、河口付近の橋を渡れば・・・

DSCN5762

新宮城址であります。最近、雑草や木を取り払い再整備したようです。





DSCN5763



河口にある山城で熊野川や太平洋に舟で出入りできる「水ノ手」があったのが特徴。






DSCN5764

「上りは嫌いじゃあ・・・」とぶつぶつ言いつつ・・・






DSCN5766



DSCN5765

松ノ丸から、いったん水の手へ下ります・・・




って・・・

DSCN5767

ここを下りたあたりで・・・





DSCN5770


DSCN5768

「このまま下りて行ったら、上りが大変ですね・・・」

「ええ、お互い上りは嫌いだし、ここで引き返しましょう・・・水の手も見えたことだし・・・」

と、そそくさと引き返し・・・

DSCN5772



DSCN5773



DSCN5775






DSCN5777




BlogPaint

「また上りじゃあ!!!」と躊躇するwingさんを無視して・・・






P_20171008_113158





ひいひいと本丸の最高部まで上ると・・・

DSCN5780




DSCN5782

下りなかった「水の手」の様子がよくわかります。


せっかくなので小さく写っている説明板を30倍ズームで拡大・・・

DSCN5783

敷地部分には広大な「炭納屋群」があったようですね・・・
専売品である熊野川流域の「備長炭」は藩の生命線、城としては特異な経済施設だったようです。




ちなみに本丸の井戸跡には水飲み場と蛇口があって、冷たい水道水を飲んだり頭から浴びたり、
じつにありがたかったです。

P_20171008_113815

って、ずいぶん髪の毛が少なくなったなあ・・・ううっ



と、

DSCN5785


DSCN5774



DSCN5786

大手道とは反対側から下りて、城址を(水の手を除き)ぐるっと一巡・・・





DSCN5787

城址を貫くトンネルを眺めつつ、自転車を置いてある大手門まで戻りました。


「さて、次はいよいよ新宮駅前へ・・・じゅるじゅる・・・

「剣鉈コレクターさんオススメの寿司屋さんですね・・・じゅるじゅる・・・

そう、じつはこちらが今回ポタリングのメイン・・・

DSCN5794


DSCN5793



DSCN5792

駅前にある「徐福寿司」であります。
このすぐ裏に「徐福公園」と「徐福の墓」があるんですね。




DSCN5789



DSCN5788

まずは名物の「さんま姿寿司」から・・・じゅるじゅる・・・




続いて握りの盛り合わせも・・・

DSCN5791

って、食べる前に撮ればいいものを・・・

いやあ、どれもおいしかったですが、わたくしには特に鰻が秀逸でした・・・げふっ




と、食後は駅の観光案内所で教えてもらったクレープ屋さんでソフトクリームなんぞを食べ・・・

P_20171008_131022





ふたたび河口付近の橋を渡って、来た道を引き返しました。

DSCN5796

この季節は(晴れてると)ポタリングやサイクリングには最高ですね。




めずらしくwingさんが走行中の画像を撮ってくれてました。

DSCN6427




DSCN6428

ひいひいと坂を上り・・・




DSCN6429

やっと上り終えて一息ついてるわたくしを・・・




DSCN6432

情け容赦なく追い抜いてやったぞ!!!、という連続写真ですね・・・



ま・・・

DSCN5801






DSCN5800


P_20171008_140812




DSCN5807

帰りもあちこちで、ぐったりと休憩してましたが・・・



ちなみに熊野川そのものも、世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」の一部で・・・

DSCN5806

川舟も熊野古道のひとつなんですね・・・



と、ようやく念願の完走(と寿司の完食)を果たし、無事キャンプサイトに戻りました。

サイコンでは、この日の走行距離は52.4km、走行時間は3時間弱、平均速度は17.7km/hでした。
9時過ぎに出て3時過ぎに戻ったので所用時間は6時間、ま、いつもの休憩ペースでした。あははは



で、タープの下でまったりと休憩後は、(クルマで)いつもの湯ノ口温泉へ行って、さらにまったりと入浴、
キャンプサイトに当日も残ってたワンテン夫婦と四人で、最後の夕食宴会であります。

DSCN5810

まずは新機軸の「サケのチャンチャン焼き」から・・・ぷしゅ、くはあ・・・ビールに合うなあ・・・ばくばく

その後は恒例の焼き物と寄せ鍋に移行したのですが、先に帰った連中が余った食材を置いてたし、
つまみ用に用意していたスモークまで、たどり着くことはできませんでした。げふっ


まあ、大量に残ったおでん具材やスモーク具材は・・・

DSCN5839

すべて寄せ鍋に追加して夜食にしましたが・・・ばくばく



で、この夜のイベントは・・・

DSCN5811






DSCN5830

夏の残り物の名残の花火大会・・・





DSCN5820

なかなかハートマークは撮れませんでしたが・・・


と、この夜も早めに10時過ぎには就寝しました。


で、翌9日の朝は大量に残ってた寄せ鍋にうどんを投入して食べた・・・のですが・・・

「明太子や漬物など、ご飯のお供もいっぱい残ってますよ・・・」

「残ってるハムもハム巻きご飯で食べるとおいしいなあ・・・」

「寄せ鍋といいつつ煮詰まってるので、ご飯のおかずに合うなあ・・・」

ということで、wingさんが朝食後にご飯を炊いて・・・

DSCN5841

こちらも午前中には完食しました。げふっ

と、昼過ぎには残った4人も全員撤収し、夕方には無事に帰宅したという次第。

今回も珍しい食材やつまみ、飲み物なんぞをみなさんが持ち寄ってくれてたのですが飲食に夢中で、
ほとんど画像がなく、何を食べて飲んでたのかもよく覚えてません・・・あははは
ともかくみなさん、ご馳走様でした!!!

次回は来年の春の予定ですので、ぜひご一緒しましょう!!!







m98k at 00:51|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2017年10月01日

奈良・上ツ道ふらふら

(期間限定のお知らせ)
8月1日から1ヶ月半にわたり2017夏「トスカーナの休日」記事を長期連載しています。


今日から10月になりました。
大阪でも少し秋らしくなった一昨日、奈良の「上ツ道」を小径車でふらふらしてきました。

奈良の都から飛鳥の里へ南下する古道は、ハイキング向きの「山の辺の道」を除き、「下ツ道」、
「中ツ道」、「上ツ道」とありますが、今回は「上ツ道」ルートを輪行ポタリングで楽しんできた次第。


まずはJRの奈良駅に集合して、駅前で愛車を組み立てて記念撮影・・・

BlogPaint





BlogPaint

って、三人なのに自転車が2台しかありません・・・???

そう、わたくしと同じシルヴァF8Fに乗る友人が、今回は歩くと思って手ぶらで来てしまったのであります!!!

彼に連絡したダッシュP18に乗る俳句好きの友人は、主語や目的語の省略は日本語の特徴で、もともと
正確な情報伝達には向かない言語、しかしこの省略が俳句には不可欠であって・・・ぶつぶつ・・・
とか抜かしてましたし、片方は、そーいや前回のサイクリングで涼しくなったら三人で上ツ道を走ろう
とか言ってたような気もするけど、そんなこたあ、もうすっかり忘れてたし・・・ぶつぶつ・・・
とか抜かしてましたし、ったく、トシをとるとウンチクやら物忘れやらロクなことはないな・・・ぶつぶつ・・・
と、文句ばかり言うようになるのもトシをとったせいか・・・ぶつぶつ・・・


と、三人でぶつぶついいながら、とりあえず猿沢池を目指して(自転車を押して)歩きます・・・

DSCN5571

平日でしたが観光客が多く自転車走行は困難、幸か不幸か、のんびりと散策できました。




で、猿沢池に到着・・・

DSCN5574



ここで右折すると・・・



DSCN5576

古い街並みの残る「ならまち」の中心を南下する「上ツ道」ルートであります。



やはり観光客の多い「ならまち」を(幸か不幸か)のんびりと歩き続けます。

DSCN5577

ピザーリアなんかも、飛鳥時代からあったのね!!!






DSCN5579

シルヴァF8Fを持ってこなかった友人、遮熱傘は持ってきてて「完全街歩き仕様」ですね・・・







DSCN5580

旨そうなお土産が・・・じゅるじゅる・・・





DSCN5584

旨そうな弁当が・・・じゅるじゅる・・・





DSCN5585

旨そうな地酒が・・・じゅるじゅる・・・




DSCN5586

旨そうなドルチェが・・・じゅるじゅる・・・



と、昼食には早かったのですが「ならまち」のほぼ南端にある食堂へ・・・じゅるじゅる

DSCN5589





店名どおり、竈で炊くご飯がウリのようでした。

DSCN5590

DSCN5592




この日のご飯は・・・

DSCN5597

やはり竈で炊いたご飯はおいしいですね・・・ばくばく・・・



とまあ・・・


DSCN5593


DSCN5594


DSCN5596

ともかく完食・・・って、ご飯のおかわりは自由だったけどアルコール類は一切ありませんでした。
イタリアやスペインでは、まずあり得ない食堂ですね・・・



で、自転車を忘れた友人は「ならまち」を一人で散策して帰ることになり、彼とはここでお別れ、
残った二人は(ようやく自転車に乗って)「上ツ道」の南下を再開しました。

DSCN5599

昔の風情は残ってるけど、このあたりは抜け道になってるのか、けっこうクルマが多かったです。





DSCN5600

「京終(きょうばて)」を過ぎたあたりから、ほぼJR桜井線と並行して走ります。




DSCN5604




畔には点々と彼岸花・・・

DSCN5606



DSCN5603

「みのりの秋」らしい風景です・・・





このあたりの「上ツ道」は・・・

DSCN5608

しばらく水田の間を走ると小さな集落に入る、といった繰り返しになります。
これが「ニッポンの里道」の原型ですね・・・





「帯解寺」にお参りしました・・・

DSCN5609






DSCN5612





DSCN5611

奈良では安産祈願で有名なお寺だそうです。





こちらの眼科医院・・・

DSCN5613

じつに渋い建物ですねえ・・・






DSCN5616

この先あたりでいったん右折して天理市街に入り・・・






DSCN5617

丹波市町の市場跡だそうです。



田園風景の向こうに三輪山が見えてきました。

DSCN5618






芭蕉の句碑で休憩・・・

DSCN5621

熱心に説明板を読む俳句好きの友人・・・





DSCN5619

・・・とゆー次第で藤棚があるんですね・・・





西を望めば金剛山、大和葛城山、二上山が・・・

DSCN5625

いつも見てる大阪側からとは逆に並んで見えます。
当たり前なんですが、何度見ても不思議な感覚になります・・・




いっぽう、東を望めば・・・

DSCN5626

三輪山がかなり近づいてきました。




ようやく「ならクル」の標識を見つけました。


DSCN5627

箸墓古墳から橿原方面へ・・・




こちらが箸墓古墳・・・

DSCN5632





上空から見ると・・・

DSCN5631

こんな感じなんですね・・・




走行中の画像でブレブレですが・・・

DSCN5633

さらに三輪山が近づいてきました。





せっかくなので三輪山にもお参りすることにしました・・・

DSCN5635

三輪山・・・正式には「三輪明神・大神神社」なんですね・・・大和の国の一之宮だそうです・・・
ちなみに摂津の国の一之宮は住吉大社で・・・ぶつぶつ・・・

さらにちなみに、わたくし寺は「参る」もので神社は「詣る」ものだと思ってましたが、ちと調べてみると、
諸説あって、その違いがじつに面白かったです。

ま、語源は同じで「参出る」の変化した「もうでる」に、言葉が旨くなる、転じて高みに行くという意味の
「詣」の字を使うようになった、という説が納得できましたし、明治政府の神仏分離・廃仏毀釈までは
お寺も神社もずっと神仏習合で仲良く一緒に存在してたわけですから、寺社仏閣に限らず人々の
信仰を集めているようなところに「行く」際には、「行く」の謙譲語である「参る」を今後は使うことに・・・
でも、「参詣」とか「初詣」などとゆー言葉もあるので、そこはまあ、てきとーに気分次第で・・・



閑話休題



大鳥居を潜り抜け・・・って、じつは横の旧道から入ったのですが・・・

DSCN5634





JRの踏切を越えた先に見える・・・

DSCN5636

三輪山そのものが神社のご神体なのであります。





中の鳥居前の駐輪場に自転車を置いて・・・

DSCN5639


DSCN5638

本場で食べる三輪そうめんかあ・・・じゅるじゅる・・・って、まずは神社に「お参り」ですね・・・




中の鳥居から参道を上って振り返ると・・・

DSCN5644

やはり「高み」に「参った」気分になりますね・・・






さらに「高み」へ・・・

DSCN5645





DSCN5646






DSCN5647

ご神体を背後に抱える拝殿であります。
本殿はなく拝殿の一番奥に結界をあらわす鳥居があって、そこから先はご神体そのもの・・・
これは神社建築ができる前からの祭祀方式で、わが国最古の神社とされているとか・・・


ま、我々は・・・

DSCN5651

素敵なおねいさん巫女さんの優雅な神楽なんぞを拝んでましたが・・・




ちなみに境内では・・・

DSCN5671

こんなのをやってました。




せっかくの「あかり展なので、わたくしの気に入ったものをいくつか・・・

DSCN5661



DSCN5662


DSCN5665



DSCN5666



DSCN5667


DSCN5668



DSCN5669

いつかwingさんにも出展してもらいましょう!!!





と、お帰りの際は・・・

DSCN5672

ちゃんと大鳥居を潜りました・・・




飛鳥の里に入り、特別史跡・山田寺跡に立ち寄りました。

DSCN5681

ま、発掘調査された礎石なんぞは埋め戻されてるので、ただの更地にしか見えませんが・・・




詳しくは文化庁の説明なんぞを・・・

DSCN5674

って、わたくしのシルヴァF8Fが邪魔ですね・・・





DSCN5676

法隆寺より古い大規模な伽藍配置があったようですね。




飛鳥寺・岡寺方面に進みます。

DSCN5683








DSCN5689



DSCN5688

この「雷(いかづち)の丘」南側の狭い道を西へ抜けるのが本来の「上ツ道」ルートだったのですが、
それに気づかず、いったん北上してから橿原神宮方面へ・・・



ようやく近鉄・橿原神宮前駅に到着、とーぜん・・・

DSCN5690

駅前のバル居酒屋で、まずはビールであります。
ちゃんと飲む前に自転車をたたみました。そう、これが学習効果というやつであります。




ま、冷製タパス突き出しで最初の一杯だけは撮りましたが・・・

DSCN5691

この後の記憶がいつもどおり・・・殆どありましぇん。

って、やはり学習効果が活かされていないではないかっ!!!


と、サイコンによると今回の走行距離は自宅と駅との往復を含めて35kmちょいで走行時間は3時間、
平均時速は12km/hになってました。

まあJR奈良駅から最初の2kmは、1時間かけて三人でのんびりと歩いてましたから・・・
35km-2km÷2時間=平均時速16.5km/h程度で走ってたことになります。
小径車による、のんびりポタリングにしてはなかなかのスピード・・・

って、JR奈良駅から近鉄・橿原神宮前駅までの所要時間は6時間ほどでしたから、やはり半分以上は
昼食と居酒屋宴会に費やしていたことになりますね・・・どっとはらい





m98k at 11:11|PermalinkComments(2) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2017年09月12日

バルセロナ紀行6 市内点描

(期間限定のお知らせ)
①2017秋の熊野キャンプへのお誘い記事は
こちらです。
②日程が重なりますが
2017年10月7日に「世界水フォーラムの展望と課題」講演会があります。


7月27日はバルセロナ三日目・・・といっても初日の到着が深夜だったので実質は二日目・・・

前日は朝から政府公認ガイド・ティエリーさんの案内で旧市街などを散策、夜はステイ先に下宿していた
米国からの留学生二人と遅くまで話したりしてたので、この日は朝食後も自室でまったり・・・
・・・しているうちに、うちの奥様は再び眠り込んでしまい、わたくしは昨日同様、一人で海岸へ・・・

以下、今回は二日目の市内散策の様子をさくさくっと紹介します。


ステイ先からのんびり歩いて海岸線に着いたのは10時半ぐらい・・・

DSCN4927

海沿いのレストランなどはまだ準備中でしたが・・・



平日の朝だというのに海辺はけっこうな人出でした。

DSCN4936

ちょうど真正面にモンジュイックの丘が見えます。



ま、せっかくなので・・・

DSCN4937

昨日行ったモンジュイック城をズームアップしたりして・・・




荷物車・・・

DSCN4935

トスカーナでもここバルセロナでも、このパターンの実用車が多かったです・・・





DSCN4939




DSCN4941

レンタルのセグウェイや自転車での観光・・・こんなのもいいですねえ・・・



海辺のツインビル・・・

DSCN4940

この向うにステイ先のオリンピック選手村があるので目印にして戻ります。


で、うちの奥様がピカソ美術館に行きたいというので地図を調べると、徒歩でも30分程度の距離、
せっかくなので、のんびりと散策しながら行くことにしました。


以下、ほんとに点描になりますが・・・

DSCN4946

トラム・・・






DSCF6900

鉄道の終着駅・・・




DSCN4948

ロードバイクと窓に映る自画像・・・




ジェラート屋さん

DSCN4958

スペイン語のGERATSは、カタルーニャ語ではHERADOSなんですね・・・





この通りの突き当りを曲がると・・・

DSCN4961




DSCN4962



DSCN4963

古いお屋敷3棟を改造したピカソ美術館であります。

4000点以上の作品があり人気の美術館ですが、幸い20分ほどの待ち時間で入れました。



2階部分にある展示室は撮影禁止なので・・・

DSCN4970

中庭だけ・・・

この美術館には、若きピカソがバルセロナに住んでた頃に描いたバルセロナの風景画が多数あって、
そこから各時代順に鑑賞していく仕組みで、素人にもピカソの変遷がわかりやすかったです。



美術館を出て・・・

DSCN4974

ピカソも描いた旧市街を歩きます・・・



こちら・・・

DSCN4975



DSCN4977

中庭で「スペインの」フラメンコをやってるんですね・・・



こちらはルイス・ブニュエルの「アンダルシアの犬」・・・

DSCN4979

・・・ではなく、「バルセロナの犬」・・・



と、再び海岸方面へ・・・

DSCN4978




DSCN4983

右はカタルーニャ歴史博物館・・・入りませんでしたが・・・





海岸通りに出ました・・・

DSCN4981

もと(スペイン)政府代表部???




モンジュイックの丘のほうを見ると・・・

DSCN4984




DSCN4985


DSCN4986

有名なコロンブスの像が見えました。

「あっちへ行きたいな・・・」

「わたしは旧市街とかでショッピングしたい・・・」

と、ここで意見が分かれ・・・とりあえず昼食であります。

うちの奥様はあまりお腹が空いてないということで、結局・・・

DSCN4998

海沿いの小さなカフェテリアというかバルというかに入り・・・





DSCN4992

イベリコ豚の生ハムとビールと・・・





DSCN4991


DSCN4989

アーティチョークとサングリアだけで軽く済ませて、ここから別行動となりました。



で、奥様と別行動となったので、さっそく素敵なおねいさん画像なんぞを・・・

DSCN4987


って、その向こう・・・


DSCN4988

素敵なおねいさんの警察官の装備が気になってたのでありますね・・・

ハンドガンはグリップ形状からするとUSPでしょうか・・・だとするとスペイン陸軍と同じはず・・・
ちなみにトスカーナでは、みなさんさすがにM92でしたが・・・


こちら・・・

DSCN5002

港湾警察のパトカー・・・




DSCN5004

こちらもカタルーニャの自動車メーカー・セアットSEAT製でした・・・



ちなみにこちらは奥様が撮った・・・

DSCF6974

港湾警察の人たちですが、先ほどのおねいさんたちとは制服が異なりますね・・・





DSCN5007



DSCN5008




DSCN5018




DSCN5020

こちらが現在のスペイン政府代表部のようです。




この前に立っている数分のあいだに・・・

DSCN5014



DSCN5016




DSCN5011


DSCN5021

何台もロードバイクが・・・地中海性気候というのはロードバイク乗りには最適ですね。


ま、こんなのも走ってましたが・・・

DSCN5012

ベロ・タクシーですね・・・




こちらはほぼ同時刻に旧市街で、うちの奥様が撮られた画像ですが・・・

DSCF6976

よく見ると「ミヤタ」の古いロードバイクですね・・・



ちなみに別行動のうちの奥様は・・・

DSCF6977


DSCF6982




DSCF6978

こんな店にも入ってたのね・・・じゅるじゅる



と、わたくしはコロンブス広場まで歩いてきました。

DSCN5026


DSCN5029




DSCN5031

港湾局の庁舎・・・さすが港を中心に栄えた都市だけあって立派なものです。



蚤の市へ・・・

DSCN5036



DSCN5035



DSCN5037



DSCN5041



DSCN5043



DSCN5045

じゅるじゅるじゅる・・・




コロンブスの塔・・・

DSCN5046

そういえば・・・
「この像の周りを飾ってるのは大麻ですが、別にマリファナを称賛しているわけではありません。
昔の航海には麻の帆布や麻のロープが必需品だったので、装飾にも使われているのです。」
と、昨日ティエリーさんが教えてくれてました。


これこれ、

DSCN5055

そんなところに上がってはいけません・・・



塔の後ろにある建物は・・・

DSCN5049

スペイン海軍のカタルーニャ司令部???




ま、このコロンブス像とバルセロナの関係については・・・

DSCN5047

諸説あるようで、とても興味深いのですが、ま、詳しくはネット検索で・・・





DSCN5061

ストリートパフォーマー





DSCN5058

馬車とロードバイク・・・







で、このあたりから・・・

DSCN5066

おねいさんたちについて行きたかったけど・・・



一人で市街地に入りました。

DSCN5072





蝋人形館・・・

DSCN5063



DSCN5064

ううっ、入りたいけど時間が・・・



で、今回の旅の中で、いちばん絵になっていた自転車がこちら・・・

DSCN5068

古いプジョーの荷物車!!!で、荷台と細いクロモリ・フレームとのバランスが絶妙ですね・・・



で、さらにふらふらと歩いてると・・・

DSCN5081




大きな教会があったので・・・

DSCN5082

入ってみました。



DSCN5087



DSCN5086

まさに歴史的建造物だらけですね・・・



さらにふらふらと歩き・・・

DSCN5088




DSCN5089



DSCN5093

カタルーニャ文化センター前の広場でしばし休憩・・・




DSCN5094





DSCN5095





DSCN5096





さらにふらふらと歩こうとしたのでが・・・

DSCN5107





昼食が軽かったので、遅い夕食まで持ちそうになく・・・

DSCN5106



DSCN5097

ひさしぶりにハンバーガーもいいなあ・・・うちの奥様は食べないし・・・じゅるじゅる




と、テラス席ではなく、エアコンの効いたテーブル席へ・・・

DSCN5099







DSCN5101


DSCN5103

ギリシャ料理のお店なんでしょうか、ともかく旨かったです。




と、少し落ち着いた後は、店の前にある1888年の万国博会場だった公園に入りました。

DSCN5108



DSCN5109

もとの要塞を万博会場にして、その跡地を公園にしたそうで・・・



植物園や・・・

DSCN5116




動物園など・・・

DSCN5098

当時のパビリオンを利用した施設が残っているようです。



ちなみに公園内にあった空き缶用のごみ箱・・・

DSCN5111

・・・のスポンサーになっているDamm Lemonというレモンビール、スーパーで買って飲みましたが、
とても安くて、とてもおいしかったです。


と、公園を出てステイ先を目指します。

DSCN5121


DSCN5122

ご覧のとおり、車道のセンター寄りに自転車専用道がありました。これはいいなあ・・・



ちなみに・・・

DSCN5123

VWゴルフ・スポーツバンのバルセロナ販売価格はこんなものでした。



と、ステイ先まで戻ってきました。

DSCN5125

この間、うちの奥様は旧市街にあった、あのフラメンコのライブとかを楽しまれてたようでした。




で、ステイ先の夕食ではニョッキと東洋人のためにチャーハンを作ってくれてました。

DSCN5129



この日は近所に住むステイ先の娘さんも来てくれたので・・・



DSCN5133

みんなで記念撮影・・・





で、「チャーハンにはソーヤでしょう!!!」と、出してくれたのですが・・・

DSCN5138

いつもは使わないのでしょうね、少し風味が落ちてました。



で・・・「これを試してみて下さい。」と、わたくしが取り出したのは・・・

DSCN5139

二重構造ボトルの新品醤油!!!

わたくし、今回の旅の非常用に密かに持参してたのでありますね。
そう、どうしても口にあわない料理が出てきた場合、醤油をかければ何とでもなりますので・・・
ま、結局そんなシーンは一度もなく、ここまで新品のまま持ち歩いていたという次第。

さすが地中海料理のおいしさに慣れた方々で、香りと風味がまるで違うと驚いてました。

とか楽しく話してたのですが、娘さんがけっこう本格的なマウンテンバイクに乗っておられたので、
訊いてみると、なんとMTBもロードも大好きで、ヨーロッパ各地をロングツーリングされてるとか!!!

「おおっ、素晴らしいですね!!! やはりロードバイクはオルベアとかですか???」

「いや、今のメインはビアンキですが、2ヶ月かけてトルコまで行った時は・・・」

と、サイクリングの話ですっかり盛り上がり・・・

とうぜん、せっかくなのでツーショット・・・

DSCN5142

わははは、しあわせじゃあ!!!

(と、しあわせなまま、次回の最終回に続きます。)



m98k at 11:30|PermalinkComments(2) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2017年09月10日

バルセロナ紀行5 サグラダ・ファミリアとか

(期間限定のお知らせ)
①2017秋の熊野キャンプへのお誘い記事は
こちらです。
②日程が重なりますが
2017年10月7日に「世界水フォーラムの展望と課題」講演会があります。


バルのはしご(2軒だけでしたが)ですっかり廻ってしまい、カフェテリアで酔いを醒まして・・・

ふらふらと住宅街にある地下鉄駅へ・・・

DSCF6840






ちなみにバルセロナの地下鉄にも・・・

DSCN4818

自転車を載せるスペースがあり、そのまま持ち込めるようになっています。






DSCN4817

カタルーニャ語とスペイン語で「6月から9月の朝夕ラッシュ時を除く」と書いてある・・・のでしょうか?

と、ちと調べてみると6月はカタルーニャ語でJUNY、スペイン語でJUNIO、フランス語ではJUINでした。
まさにスペイン語でもフランス語でもない、文法も単語も異なる独自の言語なんですね・・・





とか、感心しつつ地下鉄を下りて駅の階段を上がると・・・

DSCN4824

135年間、ずっと建築中のサグラダ・ファミリア教会であります。






ま、せっかくなので・・・

DSCN4820

ティエリーさんに記念写真を撮ってもらいました・・・


この教会については、それこそ画像や情報がいっぱいありますし、我々は街を歩きたかったので、
周辺をぐるっと案内してもらいました。
ただしティエリーさんによると、この教会は内部が素晴らしいとのことでしたが・・・





ま、さくさくっと・・・

DSCN4838



DSCN4837

こうすると、建築中であることが隠れますね・・・





以下、時計回りに・・・

DSCN4849






DSCN4854





DSCN4863






DSCN4866

ちなみに完成予定は2026年だそうです。






で、こちらは建築現場の作業所・・・

DSCN4845





DSCN4844

昔は現場ですべての石材加工などをしていたそうですが、だんだん敷地が狭くなってきて、
現在ではほとんど他で加工したものを持ち込んで建設しているとか・・・

さらにティエリーさんによると、この作業所の左側道路の地下にスペイン高速鉄道AVEが通ってて、
その建設にあたっては教会建設側とAVE建設側でずっと揉めてて、反対運動も激しかったそうで、
最終的には大規模な耐震隔壁を地下に設置することで決着したそうです。





ちなみに、市内を走るタクシーは黒と黄色のこのタイプがほとんどでしたが・・・

DSCF6872






ティエリーさんに教えてもらったのですが、このエンブレムに注目・・・

DSCN4881

日本ではなじみのない、フィアットならぬセアット(SEAT)というブランド・・・
カタルーニャに本拠を置く自動車メーカーだそうで、タクシーとパトカーはほぼ全車がSEATでした。
昔はフィアットのライセンス生産で今はVW傘下だそうですが、カタルーニャ愛に満ちてますねえ・・・




と、帰りは二両連結のバスに乗りました。

DSCF6874




DSCN4888






(スペインの)闘牛場の前で、ちょうど同型車とすれ違いました。

DSCN4883

まさに大型バスの二両連結で、幹線のバス路線を走っているようです。


と、ステイ先の最寄バス停でティエリーさんとはお別れ、ほんとにありがとうございました。

ティエリーさんが個人でやっている「カタルーニャ観光」のホームページはこちらです。
日本語も(大阪語も)堪能で、とても丁寧な対応でしたので、きっぱりと宣伝しておきます。


で、夕食まで時間があったので、ティエリーさんに教えてもらった近くのショッピングセンターへ・・・

ゆっくり買い物をしたいという奥様とも別れ、わたくしはセンター内の食品スーパーで缶ビールなんぞを
買い求めて、しばらくセンター内をふらふらしました。

DSCN4891

こちらスポーツショップのアウトドア用品売り場・・・まあ、そんなに目立ったものはなかったです。





こちらは寿司屋さんのようでしたが・・・

DSCN4892

なんか変ですね・・・






と、一人でふらふらと海岸へ・・・

DSCN4901





DSCN4902

夜の8時だというのに、人出もまだまだこれから・・・という感じでした・・・






こちらはヨットハーバー・・・

DSCN4906








海岸沿いの遊歩道・・・

DSCN4905






DSCN4912







こちらは海岸沿いの飲食店街・・・

DSCN4911

これからようやくお楽しみ・・・という感じで、どんどん人が集まってきてました。






こちらは・・・

DSCN4910

「そごう」が撤退した後にできたカジノだそうです。






と、ステイ先に戻ると、ステイ先のご親戚が立ち寄られてて、下宿中の留学生も一緒に・・・

DSCN4917

みんなで記念撮影・・・


その後は下宿している米国からの留学生2人と我々の4人で夕食・・・

二人とも短期留学でスペイン語を勉強中、たまたま同じ下宿になったそうで、一人は明日の早朝から
TGVと直通になったAVEでパリへ出かける予定で、予約したタクシー会社のストを心配してました。
もう一人も明日にはいったん帰国するそうで、まだパッキングしてないのが心配とか・・・

二人とも、とてもまじめな学生で将来の夢や、やりたいことを持ってるけど、なかなか現実は厳しいです、
とも言ってましたが、まあ、若いうちはあちこち旅して、いろんな経験をすることも大事なこと、
おじさんのような歳になると、なかなか思いどおりの行動はできないもんじゃぞ・・・げほげほ・・・
とか、楽しくお話ししました。いやあ、やはり若い頃の一人旅っていいですねえ・・・


と、せっかくなので記念撮影・・・

DSCN4922

わははは、しあわせじゃあ!!!

って、二人が手にしているのは、うちの奥様のオカリナとカリンバ(親指ピアノ)!!!

こんなの持って来てたのね・・・と、この後も演奏会とかで盛り上がりました・・・

明日早朝の出発とかパッキングとかで大変なのに付き合ってくれてありがとうね!!!

(次号に続きます。)



m98k at 02:10|PermalinkComments(5) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2017年09月04日

トスカーナ紀行17 バルセロナへ???

(期間限定のお知らせ)
①2017秋の熊野キャンプへのお誘い記事は
こちらです。
②日程が重なりますが
2017年10月7日に「世界水フォーラムの展望と課題」講演会があります。

7月24日はトスカーナからスペイン・バルセロナへの移動日で、この日がトスカーナ最後の日・・・
・・・のはずだったのですが・・・まあ、詳細はのちほど・・・


フィレンツェの空港へは夕方に着けばいい、ということで、朝からアレくんのお姉さんの嫁ぎ先へ・・・
昨夜シチリアでのサマーバカンスから戻られ、ご自宅に招待いただいてたのであります。

アレくんのお母さんの運転で、わたくしたち夫婦とクリくんがまず連れて行ってもらったのは・・・

DSCN4464

おいしいケーキ屋さん!!!




DSCN4463

そう、まずは朝食であります。いやあ、じつにおいしかったです。



で・・・

DSCN4466



DSCN4467



DSCN4470

サイクリストに導かれるように・・・



アレくんのお姉さんの嫁ぎ先へ・・・

DSCN4477





DSCN4476

広大な敷地の中に何棟も建物があって、大家族がそれぞれ各棟で暮らしておられるそうで、
これはローリスさん宅もある意味同じ、トスカーナでは一般的なんでしょうか・・・



せっかくなので・・・

DSCN4473

ご主人やそのお母さん、ご主人の姉妹の子どもたちと記念撮影・・・


ご自宅の内部も案内いただきましたが、個人宅ですので詳細は省略させていただきます。


こちらの大きな風景画は結婚記念にもらったというモンテカルロの油絵・・・

DSCN4480




で、こちらは帰り道からの風景・・・

DSCN4486

まさに、この家から見た風景だったんですね・・・





と、帰り道には古い教会にも寄っていただき・・・

DSCN4482

アレくんのお姉さんご夫婦が結婚式を挙げられた教会だそうです。



ま、帰り道でも・・・

DSCN4487

サイクリストはけっこう走ってました。



と、ローリスさん宅に戻り、最後の昼食であります。

DSCN4488

マルタさん手作りのおいしいパスタもこれが最後・・・





DSCN4493

ローリスさんの採れたてトマトやトスカーナの生ハムやチーズやサラミもこれが最後・・・




アレくんのお母さんがケーキ屋さんで買ってくれてた食後のドルチェも、食後酒も・・・

DSCN4495

って、食べる前に撮ればいいものを・・・




毎朝、窓から眺めていた・・・

DSCN4497

何年も前から建築中のお隣さんとも・・・



その奥に見える・・・

DSCN4499

モンテカルロの旧市街ともお別れであります。




マルタさんとはご自宅前でお別れ・・・

DSCN4509





アレくんともここでお別れであります。

DSCN4511



本当にお世話になりました。ありがとう!!!



と、心からの感謝を込めて・・・

DSCF6611






DSCF6606





フィレンツェの空港まではローリスさんとクリくんに送っていただきました。

DSCN4516

アルトパーショの旧市街ともお別れし・・・




DSCN4517



DSCN4520





DSCN4522

フィレンツェの空港へ・・・


ローリスさん、クリくんとも、空港の駐車場でお別れしました。
最後の最後まで本当にありがとうございました。 グラーチェ・タント!!!



と、2階の出発カウンターへ・・・って、この時はじめて気づいたのですが・・・

DSCN4521

1階・2階・3階はマレーシアなど英国式ではG・1・2だったんですが、ここでは0・1・2なんですね・・・



と、無事にスペイン・バルセロナ行きの搭乗手続きをして、まったりしてると・・・

DSCN4531

「ありゃま、バルセロナ空港行きの出発予定が4時間以上も遅れてるぞ!!!」

「まだよかったじゃない、その前のパリ・ド・ゴール空港行きなんかキャンセルだもん。」

「って、そういう問題ではなく・・・こんな時に重要なのは・・・」



そう、夕食であります。

DSCN4534

次々と焼きたてのピザが出てくるので、一人でLサイズ1枚分は食べたな・・・げふっ





DSCN4533

さすがに、この後どうなるのかわからないので、ビールやワインは我慢しましたが・・・
って、夕食にビールやワインを飲まなかったのは出発以来はじめてでした。


ちなみに、こちらのミネラルウォーターのボトル・・・

DSCN4528

750cc入りで飲み口が2段階になっていて自転車用ボトルと同じ仕組み、片手で絞って飲めるので、
ついつい空きボトルを持ち帰りました。



で、時間をかけた遅い夕食後も、出発予定がさらに1時間以上遅れ、やがて・・・

DSCN4535

「あははは、とうとうキャンセルになっちゃった!!!」

「って、深夜というか、もうとっくに日付変わってるし・・・」

と、バルセロナでの手配をしてくれている方々に連絡をとったりして、あたふたしてると、
航空会社から、指定するホテルに各自タクシーで行くように、との指示がありました。

タクシーが相乗りだったので、いったんフィレンツェの市街地まで戻り、再びプラトーに近い郊外へ、
ホテルのチェックインを済ませたのは、まさに夜明け前でした。


と、結局、7月25日の朝も、めでたくトスカーナで迎え・・・

DSCN4538




せっかくなので、遅めの朝食・・・

DSCN4541

デルタ航空系列のホテルでしょうか、朝食ビュッフェにはいろんなものがありました。



ただまあ・・・

DSCN4542

イタリア式のシンプルな朝食に慣れたので、比較的シンプルに済ませましたが・・・げふっ




で、バルセロナへの臨時便はこの日の夕方に飛ぶようなので、さらにまったりと昼食も・・・

ええ、せっかくなので・・・

DSCN4547




DSCN4548

同じ「キャンセル仲間」のスペイン・バルセロナ?のご夫婦と一緒に・・・




当然、パスタの後はメインディッシュとかも出てきたのですが・・・

DSCN4549

朝食が遅かったので、さすがに途中でお腹が苦しくなりました・・・げふっ


で、夕方前には空港に戻ったのですが、この日の夕方からフィレンツェはひどい雷雨になり、
予定時刻になってもバルセロナ行き臨時便の案内は一切なく、各便の発着も大幅に遅れてました。


ま、うちの奥様は・・・

DSCN4552




DSCN4551

空港内でまったりとお買い物を楽しまれてたようですが・・・

丸一日フィレンツェに足止めされ翌日も臨時便の案内がなく、果たしてバルセロナへ行けるのか・・・

と、気を持たせておいて、次号に続きます。



m98k at 12:05|PermalinkComments(2) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック