自転車

2017年06月19日

RS81-C24ホイールとグランプリ4000sⅡタイヤと・・・

とーとつですが・・・自転車のホイールとタイヤとスプロケットを換装し(てもらい)ました!!!

5月上旬、とーとつにwingさんから「ほいーる」とゆータイトルのメールが届き、
本文は「Wig〇le安いですよ」と一言、あとはホイールやタイヤなどのリンクが延々と貼ってありました・・・

スペシャライズド・ルーベSL4・2016スポーツモデルを買って約10ヶ月で3,000kmほど走ってたわたくし、
タイヤ交換の際にはホイールも、とかwingさんに相談してたのですが、ま、いつもお気楽ポタリングだし、
今のAXIS2.0ホイールでも充分、頑丈さが取り柄のスペシャのタイヤも、あと1,000kmは走れそうだし・・・
と思っていた矢先の「悪魔の囁き」なのでありました・・・

で、数ある選択肢の中からwingさんに希望を伝え、購入から精緻な組み上げまでをお願いし、
さらに完成直後に「出張お届け・現地調整サービス」までお願いした次第・・・げひげひ

と、前置きが長くなりましたが・・・



昨日の日曜日、堺浜まで「出張お届け・現地調整サービス」に来てくれたwingさん・・・

DSCN1397

「一緒に走って調整してね!!!」とお願いしてたので、工具とともに愛車も・・・




じゃーん

DSCN1398

新しいホイールとタイヤ、ついでに新しいカセット・スプロケットに換装した98k号!!!


ま、詳細は後述するとして・・・





さっそく試走・・・ではなく・・・

DSCN1402

まずは乾杯であります。「これノンアルコールですよね・・・ううっ」とがっくりしてるwingさん・・・

ええ、ホンモノ飲みたかったけど二人ともクルマだったし・・・




で、その後は堺浜をのんびり二周だけして、途中のコンビニで昼食とコーヒーを調達・・・

DSCN1407

木陰のテーブル・ベンチでまったりと・・・





DSCN1404

昨年の淡路島一周???では名物の淡路牛バーガーを食べられなかった二人なので・・・






DSCN1405

確かにこちら、淡路島たまねぎがたっぷりでした・・・




で、追加のサンドイッチをばくばく食べた後は・・・

DSCN1406

もちろんデザートもたっぷり・・・

って、この日は昼食後にも2周しただけなので丸一日で4周のみ、僅か20kmののんびりポタだと、
全消費カロリーより、この昼食の摂取カロリーの方が多いのは自明の理・・・あははは

さらに走行後は持参した甘いジュースで乾杯して夕方前にお別れしました。ありがとね!!!




と、まったりポタ報告の後は、いよいよ新ホイールなんぞのご紹介であります。

じゃーん

DSCN1401

左は新wing号で、フルクラム・レーシング3とゆーホイールにヴィットリア・コルサとゆータイヤ・・・
どちらもイタリアブランドでフレームもイタリアブランドのカレラですから、まさにイタ車ですね・・・
ま、コンポーネントはカンパニョーラではなくシマノのアルテグラと105だそうですが・・・

で、右が今回wingさんに足回りを換装してもらった98k号で、ホイールはシマノRS81のC24サイズ、
タイヤはコンチネンタル・グランプリ4000sⅡの25cサイズ、新スプロケットはシマノのアルテグラ
CS-6800・11-32の11枚であります。

そう、これまでのAXIS2.0ホイールも頑丈でけっこうお気に入りなので、28cぐらいの頑丈なタイヤ
(できればブロックパターンとか)に換装(してもらって)、「荒れ地走行用」にするつもりなので、
105仕様11-32のスプロケットは、古いホイールに装着したままにしたのでありますね・・・

AXIS2.0ホイールは最近はやりの17mm幅で、今回のRS81は旧来の15mmのままですから、
交換時にはブレーキ幅の調整が必要、とwingさんに教えていただいたのですが・・・

「やはりRS81も17mm幅の新型になってから買った方がよかったんでしょうか???」

「今主流の25cや26cのタイヤを履くと、15mm幅だとタイヤよりリムのほうがやや細く感じますが、
とーぜんその分だけ軽いですし、サイドが何かに擦れた場合、高価でブレーキングに重要なリムが
傷つきにくいとゆーメリットもあります。さらに17mmでは23cなんぞの細いタイヤは履けません。
ま、一長一短でしょうね・・・新型のデュラエースは、結局15mmのままでしたよ・・・」

「なるほどねえ・・・でも荒れ地用には太いタイヤが安心なので、AXIS2.0には32cとか・・・」

「うーむ、17mm幅なので32cは履けるとしても、このフレームにはどうでしょう。」

といった会話がありました・・・

wingさんのレーシング3は加速性がいいけど硬いので、タイヤは柔らかい乗り心地のヴィットリア・コルサ
にされたそうですが、わたくしの選択したRS81は加速性はイマイチだけど柔らかい乗り心地らしいので、
タイヤはヴィットリア・コルサよりは硬めらしいコンチネンタルのグランプリ4000sⅡにした次第。

って、こっちのほうが、かなりお安かったし・・・何といっても・・・

DSCN1415

信頼のドイツ製だし・・・
そーいやわたくし、コンチネンタルのタイヤはワーゲン・ビートル以来になりますね・・・

ちなみにRS81とゆーホイール、ご覧のとおりアルミホイールにカーボンコーティングしてあるそうで、
リムなどはデュラエースグレード、ハブはアルテグラグレードとゆー中間グレードだそうです。
で、このカーボンコーティングが高くなればなるほどスポークが短くなって抵抗が減るそうですが、
それだけ重くなるしお値段もお高くなるし、あくまで高速走行でのお話なので、わたくしにはまず無縁、
一番リムハイトが低くて軽くてお安いC24サイズにした次第。



で、とりあえず(まだ20kmの平地走行だけ)の感想ですが・・・

ホイールとタイヤとスプロケットを換装してもらって、結果的には500gほど軽量化、ネット情報では
ノーマルの54サイズで実測8.7kgとありましたから、52サイズで今回マイナス500gになったので、
総重量は8.2kgを切ったはずです・・・

で、いつもの堺浜でいつもどおり走ってみると、ギアで2枚、速度で5km/h程度の違いは感じました。

そう、いつものギアで25km/hで巡航している感覚で、気づけばいつもより2枚重いギアに入ってて、
巡航速度が30km/hになっていた・・・とゆー感じです。

また漕いだ分だけ、ぐいっ、ぐいっと加速していく感じが少なくなり、滑らかにゆっくり加速していく感じ、
さらに段差などのゴツゴツ感も減ったような気がしましたが、ま、これらがホイールのせいなのか、
タイヤのせいなのか、wingさんの精緻なバランス調整のおかげなのか、わたくしにはわかりませんが・・・

もともとパリ~ルーベ用つーぐらいで、比較的高い乗車姿勢で楽ちんなフレーム・ジオメトリー、さらに
フロントフォークとシートステーとシートピラーに衝撃吸収エラストラマーの付いたルーベSL4ですが、
(さらに2017高級モデルからはステムにもショックが付いてますが・・・)
今回さらに楽ちんと評判のRS81ホイールに換装したので、いつものお気楽ポタリングがますます
お気楽・楽ちんになって・・・ダイエット的にはよかったのだろうか・・・へらへら


(さらに40km(もちろん平地のみ)走った感想の追記です。)

タイヤの空気圧が足らないのか・・・と思うくらい、乗り心地が柔らかくなってます。
スペシャのエスポールとゆータイヤは25cサイズで空気圧の上限が125PSIで、わたくしは120PSIまで
にしてましたが、新タイヤの上限(120PSI)めいっぱいでも、それよりかなり柔らかい感じです。

これはおそらくホイールの剛性のせいなんでしょうね・・・

よく言えば乗り心地がよくなり、滑らかに加速するようになった、悪く言えば少しふにゃふにゃして、
踏み込んだ時の反応が遅く加速感が少ない、とゆー感じでしょうか・・・
同じRS81でもC24は特に剛性が低いといわれており、剛性を求めるならC35以上のディープリム・・・
つーことになるんでしょうが、硬いのがいいならフルクラム・レーシング3とかにすればいいわけだし、
高速走行時の空気抵抗を減らすのがディープリムの本来の目的、それでリムの剛性が上がって、
加速性が良くなるのは二次的な効果でしょう。
30km/hとか40km/hとかからスプリントしないのなら、軽くて柔らかいほうがいいかも知れません。

そーいやwingさんが「体重80kg以上には、このホイールは不向きらしいですよ。大丈夫ですか?」
とか発注前に訊いておられたのは、剛性の低さを気にされてたんでしょうね。
もちろんAXIS2.0に比べて柔らかいといっても、同じ力で漕いで巡航速度は明らかに上ってますし、
のんびり走るわたくしにとっては、乗り心地がよく、軽くて楽ちんなほうがいいわけだし・・・

また、これまでのチューブは3日で100ぐらいまで減ってたのですが、こちらは85ぐらいまで減ってました。
タイヤについては吸い付きがよくなり、カーブとかでも滑りにくくなったとゆー感じはしますが、
これまでのタイヤが3000km以上走ってるので、これには摩耗による違いもあるでしょう。

足回りが500g軽くなると、本文にも書いたとおり、のんびりポタでも違いはわかりますねえ・・・

ま、どの変化がホイールでどの変化がタイヤによるのかは、まだわかりませんが、いずれにしても、
0.1mm単位、0.1g単位でバランス調整やセンター出しをしてくれたwingさんに感謝です。
プロ選手相手の専門店でも、決してここまでマニアックにはやってくれないでしょう。







m98k at 12:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2017年06月10日

なにわ自転車道とかふらふら

梅雨入り直前に・・・ナニワ金融道なにわ自転車道とかをふらふらしてきました。

なにわ自転車道・・・

JRの赤川鉄橋から淀川右岸を遡上し神崎川左岸を阪神出来島まで下る全長21.6kmのコース・・・

・・・らしいのですが、ま、いつもどおり、そこはてきとーに・・・


まずは前回の北大阪サイクルラインを目指して、大阪市内を北上しました。

DSCN1190




DSCN1189

大阪城の外堀を抜け・・・






DSCN1191

OBP(大阪ビジネスパーク)を尻目に殺して・・・






DSCN1192

大川の左岸を遡上すれば・・・







自宅から15kmほどで淀川べりの毛馬にある与謝蕪村生誕地碑に到着・・・

DSCN1193

春風や 堤長うして 家遠し  蕪村

ここで前回と同じ3人が集合、まずは淀川左岸の北大阪サイクルラインを遡上します。






DSCN1195

初夏の風 堤長うして ひいひい  98k



「なにわ自転車道」はJR赤川鉄橋の南詰が起点、以前は鉄橋に併設された歩行者・自転車道を
渡ってたようですが、現在は歩行者・自転車道が使えなくなってるので・・・



ひとつ上流の菅原城北大橋を渡ります。

DSCN1197

ルーベSL4のコンプグレードを買った友人、ウェアもサマになってきてますねえ・・・





橋を渡ってから、しばらくは淀川右岸を遡上・・・

DSCN1198

って、どーゆーわけか、ピンボケになってましゅが・・・







で、神崎川と淀川の合流点から神崎川左岸に入り・・・

DSCN1199

今度は河口を目指して下って行きます。ひいひい







DSCN1201

この辺りでは、まだ神崎川の川幅も狭いですね・・・






ちなみに・・・

DSCN1202

ルーベSL4コンプグレードを買った友人、わたくしのカスクも気に入ったとかで色違いを購入・・・
歩行者・自転車道をのんびり走るにはカスクでもいいのですが、それなりの速度で車道を走るには、
やはりそれなりのヘルメットが不可欠。ま、そんなシーンはめったにありませんが・・・






猪名川との合流点まで下ってきました。

DSCN1205





で、なにわ自転車道をいったん離れ、次は猪名川の左岸を遡上しました・・・

DSCN1208

ひいひい







DSCN1212

伊丹の市街地が見えてきたので、「ともかく昼食にしよう!!!」と叫んで駅前方面へ・・・






JR伊丹駅前にある有岡城址であります。

DSCN1222

ちなみに、ここにあった落城前の伊丹氏の伊丹城は日本最古の「天守を持った平城」だったそうです。

さらにちなみに、伊丹は明治になって兵庫県に編入されましたが、これは当時江戸より大きかった
大坂(摂津国・河内国・和泉国)の勢力を削ぐ目的があったようで、それまでの摂津国の国境(県境)は、
北は能勢と有馬で丹波国に接し、西は須磨で播磨国に接してました。
なので神戸在住のwingさんなんか、本来は大阪府民だったんですよね・・・



と、そんなことより、伊丹は空港と並び酒どころとしても有名です・・・じゅるじゅる

DSCN1213



DSCN1214

もともと伊丹で生まれた「清酒」が灘五郷や伏見で大量生産されるようになり江戸へ下ったようで、
ご覧の「白雪」をはじめ「老松」などの酒蔵が残っています。じゅるじゅる



ま、さすがに「伊丹の地酒で大宴会じゃあ!!!」つーわけにもいかず・・・今回は輪行袋もってなかったし・・・

DSCN1215




DSCN1217

駅前の創作中華屋さんで「ゴハンおかわり自由」の定食をばくばくと・・・
ま、完食してから気づいたので画像はありませんが・・・






で、本日はここまで、つーことで・・・

DSCN1223

遡上してきた猪名川の左岸をひたすら下ります。ひいひい








ようやく神崎川との合流まで1km地点

DSCN1224





で、豊中に住むコンプグレードの友人とは合流点付近で別れ・・・





市内南部の二人は「なにわ自転車道」を終点の阪神出来島まで走る・・・予定だったのですが・・・

DSCN1225

国道2号線との交差点まで来て「今日はこのあたりで・・・へらへら」つーことで合意・・・





一路、国道2号線を南下・・・

DSCN1226

淀川を渡ります・・・





ま、せっかくなので・・・


DSCN1229

記念写真を撮ってもらったりして・・・







野田阪神からは、新なにわ筋をひたすら南下・・・

DSCN1230









DSCN1231

道頓堀川を渡ってさらにふらふらと南下、無事に帰り着きました。

それにしても帰りの大阪市内は長く感じました・・・距離は行きと同じぐらいだったのに・・・
そーいや帰りはいつもどおり歩道をのんびりと走ってたけど、行きはちょうど出勤ラッシュの時間帯で
歩道に人が溢れてて、仕方なく車道もけっこう走ってましたね・・・
やはり車道を走ると緊張感も違うし、平均速度もかなり早くなってたんですね・・・

で、この日の走行距離は70kmちょい、走行時間は4時間20分ほど、市街地では歩道をのんびり
走ってたので、平均時速は16km/hちょいでした。

わたくしは8時40分に自宅を出て16時に帰宅したので所要時間は7時間20分・・・
つーことは、今回の休憩時間は昼食も含めて3時間ほどになりますね。

あれ、めずらしく休憩時間より走行時間のほうが多くなってるぞ???



m98k at 00:10|PermalinkComments(2)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2017年06月07日

トピーク・バックローダー6ℓ!!!

ずっと売り切れが続いてて、今週ようやく入手できました!!!

そう、人気の大型サドルバッグ、トピークTOPEAK・バックローダーBACKLOADER(6ℓ)であります。



じゃーん

DSCN1185

って、取り付け後に撮ったので、まずは台紙だけ・・・






じゃじゃーん

DSCN1176


DSCN1171

スペシャライズド・ルーベSL4(サイズ52)に装着すると、こんな感じです。





ま、本体を詳しく見ていきましょう・・・

DSCN1177

リアビュー








DSCN1178

サイドビュー






DSCN1179

トップビュー
ご覧のように前部を膨らませなければ太腿には干渉しませんでした。
インナーバッグを外して本体前部に無理に荷物を詰め込むと干渉するかも知れません。






DSCN1238

ボトムビュー・・・ほぼ全面に底板(プレート)が入ってるので型崩れしにくく詰めやすいです。




で、フロントビュー(シートポストへの取付け部)・・・

DSCN1183

ちなみに「お酒」ペットボトルにはパンク修理キットと救急キットとポンチョが入ってます。
いつも泥酔しながらポタリングしているわけではありませんので、念のため・・・
ま、素面でも、いつもふらふらしてましゅが・・・






DSCN1232

付属の防水インナーバッグ・・・縫目の裏には丁寧にシームテープが貼られてました。





DSCN1241

インナーバッグのエア抜き用バルブ・・・衣服類を圧縮して持って行くのにも便利そうです。
逆に大量の行動食を食べてしまい荷物が減った場合など、型崩れ防止にも使えますね。



と、この製品、生地も縫製もバックル・両面ファスナー・バルブなど各種パーツも、装着してみて、
どれもがけっこうしっかりしていると感じました。

しかも、これまでのブルベ向け?高級大型サドルバッグの半値程度だし、使い勝手もよさそうです・・・

(何度か脱着してからの追記です。)
サドルレールへの脱着用バックルも頑丈そうでいいのですが、かなり大きくてサドルとレールの隙間に通すのに、
けっこう手間取りました。
装着したまま自転車を離れる前提なら問題ないでしょうが、その都度脱着する前提なら少し面倒そうです。


(こちらは基本的に容量固定タイプ、6ℓサイズと10ℓサイズは別製品になっています。)

そう、まさにわたくしの待っていた製品だったのであります。

ま、わたくしブルベなんぞに出る気はさらさらありませんが、それでも遠出のポタリングとなると、
それなりの装備を持って行くことになります。

ご近所ポタリングの常備品(上記「お酒」ボトル・簡易工具・鍵・お財布・ケータイ・行動食・水筒)に加えて、
本格ライトと雨具(兼防寒具)と輪行袋は最低限追加するので、トピークのエアロウェッジバッグL
とゆーサドルバッグだけでは収まらず、これまではスナグバッグのレスポンスパックつーのを
フロントバッグとして追加してました。

ところが、このフロントバッグとゆーやつ、重いとハンドルがふらつくし、マーカーは外さないといけないし、
さらに脱着の際などにサイコンに干渉して、途中データがクリアされることも何度かありました。

ま、貴重品をまとめて入れておいて、自転車を離れる際にはフロントバッグだけ持ち歩くとゆーのも
便利でしたが、大型サドルバッグに貴重品ポーチを入れておいて、それだけ持ち歩けば済むハナシ・・・
そこで、もっと大型のサドルバッグを探していたのですが、ようやくピッタリなのが入手できました。

最近はバックパッキングならぬバイクパッキングつーのが話題になっているようで、昔のような、
ランドナーにキャリアを付けてロングツーリング!とゆースタイルから、ふだん愛用しているロードバイクに
簡単に脱着できるバッグ類を装着して、もっと気軽にロングツーリングを楽しもうとゆースタイルのようで、
この製品もバイクパッキング・システムの中のひとつとして発売されたものです。

ま、わたくしは上記のような使い方が前提ですので、この6リッター・バックローダーだけで充分、
一泊以上のロングツーリングに出かける際には、それなりのバックパックを担ぐつもりです。
って、今後そんなシーンがあるのだか、どーだか・・・



m98k at 00:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2017年05月20日

コンプグレードで?淀川ふらふら


なんと今回は・・・

スペシャライズド・ルーベSL4のコンプグレードで???

淀川をふらふらしてきました。

そう、一昨年にノーマルグレード、昨年にはスポーツグレードを買ったばかりだとゆーのに・・・

で、まずは淀川に向けて自宅から大阪市内を北上します。

ま・・・せっかくなので・・・

DSCN1048

一昨年夏の「立ちゴケ骨折」地点を通過して・・・

天満橋で3人が集合、大江橋から続く「北大阪サイクルライン」へ・・・





じゃーん

DSCN1051

スペシャライズド・ルーベSL4・2016モデル・コンプグレードであります。色はwingブルー・・・

ホイールはフルクラムのレーシングS-19で、レーシング5と同等モデルだとか・・・





DSCN1087




DSCN1091

コンポーネントはシマノ・アルテグラがメイン・・・




ま、

DSCN1052

ブレーキはシマノ・105で・・・





DSCN1088

クランクセットはTURN製でしたが・・・

スポーツグレードより2グレード上位で定価は100kほど高かったのですが、
たまたま決算処分セールで30%引きになってたので、どどんと購入しました。




ええ、わたくしの友人が・・・

DSCN1050

にゃははは

そう、このブログサイトを見てサン・イエローのブリヂストン・シルヴァF8Fを買った友人であります。

何度かシルヴァF8Fで一緒に走ってたのですが、ロードバイクも欲しくなってきたと聞いたので、
わたくしがスペシャ屋さんに案内したところ、在庫限りでお安くなってたこのモデルが気に入り、
彼の自宅近くの支店から、過日無事に納車されたとゆー次第。

わたくしの欲しかったグレードで、わたくしはちょうど好みの色とサイズがなくあきらめたんですが、
こちらは彼にぴったりのサイズ(49)で色もお気に入り、しかもさらにお安くなって30%引き・・・
ううっ、じつに羨ましい限りです。



と、いつものアンカースポーツに乗る近所の友人と3人、大川(旧淀川)の左岸をふらふらと走り・・・

DSCN1056



DSCN1057





DSCN1060

淀川(新淀川)と大川(旧淀川)の分岐点、毛馬に到着・・・




ここは与謝蕪村の生誕地でもあります・・・

DSCN1058

春風や 堤長うして 家遠し







DSCN1064

春風つーか初夏の風を受けつつ長い堤をふらふらと・・・家からは離れていきますが・・・






DSCN1067


DSCN1069

「ワンド」なんぞで休憩しつつ・・・





DSCN1071






DSCN1076


DSCN1077

長い堤をさらにふらふらと・・・



ちょうど昼時になったので・・・

DSCN1079

枚方大橋で右折・・・





DSCN1081

わたくしの希望で焼肉屋さんへ・・・じゅるじゅる




わたくしは焼き肉ランチにしたかったのですが多数決によりカルビうどん定食に・・・ううっ

DSCN1080

とーぜん完食画像しかありませんが、ご飯は大中小と三者三様・・・誰が大を頼んだのか・・・


「腹もくちくなったし、今日のところはこのぐらいにしておくか・・・」と、ここから引き返します。


DSCN1084

往路は追い風でしたが復路は逆風になり、同じように漕いでても7km/hぐらいの速度差がありました。




DSCN1086

豊中に住むコンプグレードを買った友人は、鳥飼大橋を渡って本来の北大阪サイクルラインへ・・・





わたくしと近所の友人は逆風の中、ひいひいと毛馬まで戻ってきました。

DSCN1096




しげしげと蕪村の句碑に魅入る俳句好きの友人・・・

DSCN1100

奥は一昨年、wingさん青チャリさんと行った毛馬閘門・・・その後、立ちゴケ骨折したのね・・・


ま、彼が眺めてたのは「春風や」の句そのものではなく・・・

DSCN1103





DSCN1104

句碑にへばりついてたカタツムリでした・・・

「春風や 蕪村の句碑に かたつむり・・・うーむ季語が重なるか・・・ぶつぶつ・・・」

と、ぶつぶついい続ける友人と大川の左岸を下りました。

DSCN1109

大川沿いの北大阪サイクルラインは木陰が多くていいですねえ・・・


ぶつぶついいつつ谷町筋を帰る友人とは天満橋で別れ、わたくしはいったん堺筋方面へ・・・


そう・・・

DSCN1111



DSCN1110

大阪では有名なサイクルショップ「ワイズロード」へ寄り道・・・

トピーク・バックローダーの6ℓサイズと10ℓサイズを実際に比較できたのはよかったな・・・
さあて、どちらがいいのかなあ・・・
日帰りなら輪行バッグや行動食を入れても6ℓで充分だけど一泊とかなら10ℓは欲しいな・・・
でも一泊以上なら、どうせリュックも持って行くだろうし・・・うーむ・・・ぶつぶつ・・・

と、わたくしもぶつぶついいつつ、結局は御堂筋を南下して、ふらふらと帰宅しました。

今回は自宅から天満橋が約10km、天満橋から枚方大橋まで約20km、焼肉屋さんまで約2.5km、
でしたので、わたくしは往復で65kmのポタリングとなりました。
市街地では歩道走行や信号もあったので平均速度は18km/h、走行時間は3時間半ほどでした。

朝の9時半に出て夕方4時半の帰宅でしたから、所要時間はちょうど7時間・・・
きっちりと半分は休憩してますねえ・・・特に計算してたわけでもないのに・・・
所要時間の半分は休憩つーのは、やはり身体が覚えた習性とゆーべきか・・・あははは





m98k at 00:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2017年05月06日

2017春・熊野キャンプ報告

今年も行ってきました、恒例・春の熊野キャンプ!!!

ま、例によって(食べ物画像を中心に)さくさくっとご紹介・・・



剣鉈コレクターさんは5月2日の午後1時半には現地に到着されてたようですが・・・

わたくしは朝から生鮮食品の買い物をして12時に出発、トイレ休憩や給油休憩・・・

DSCN0951

それに和歌山ラーメン休憩・・・などで・・・




のんびりと4時半ごろに現地に到着・・・

DSCN0954

さっそくタープを継ぎ足し、ポトフや焼肉やさんま寿司なんぞでばくばくごくごくし続けてると・・・




深夜に若手7人が到着・・・

BlogPaint






ついでに・・・

BlogPaint

wingさんも到着・・・

その後、鵜飼いならぬ「トンビ飼い」夫妻も到着して、結局、朝の4時半まで宴会が続きました。

この日わたくしは12時間、剣鉈コレクターさんは15時間、宴会してたことになりますね。




で、翌朝にはワンテン夫婦とわたくしの友人夫婦、wingさんつながりの軽キャンパーさんも到着・・・

DSCN0977

さらにタープを継ぎ足して・・・




DSCN0975



DSCN0976

メンバーは総勢17名となり、すっかり賑やかになりました。





メイン宴会は若手による鯛の塩釜焼にはじまり・・・

DSCN0964

ちなみに手前は友人夫婦恒例の「さいぼし」・・・



DSCN0967

いやあ、どちらも旨かったなあ・・・





さらに剣鉈コレクターさんの・・・

DSCN0963




DSCN0968

鶏の唐揚げに、wingさん持参の「呼吸チョコ・きな粉味」・・・




イカリングフライに・・・

DSCN0970




DSCN0974

軽キャンパーさん持参の揚げ餃子・・・






DSCN0971

若手の手作りの砂肝とキノコのアヒージョに・・・






DSCN0973

こちらも若手が生地から練って伸ばして、炭焼きピザ釜で焼いてくれた各種ピザ・・・


しかもこの間ワンテンパパさんが、持ち寄った大量の焼き物を延々と焼き続けてくれたので、
今回もひたすら食べ続けの飲み続けでした・・・げふっ

DSCN0981



DSCN0982



DSCN0983

で、あれよあれよと、このまま夕食宴会に突入しました・・・



ちなみにこちら左側が・・・

DSCN0980

wingさんの友人の軽キャンパーさんの軽キャンパー・・・

最大4人が就寝できて二人ならゆったり、オーニングもサイドオーニングもFFヒーターも付いてて、
今回はお一人での参加でしたが、リタイア後にご夫婦で全国を回られてるとか・・・いいなあ・・・




で、夕食宴会には朝から続いてた焼き物の大量追加に加えて・・・

DSCN0984

剣鉈コレクターさん恒例の自家製つみれ鍋とか・・・





DSCN0985

軽キャンパーさんの塩ちゃんこ鍋とか・・・




DSCN0986

これまた若手手作りの海鮮パエリアとか・・・

これ以外にも天日干しコシヒカリの炊きたてに明太子と漬物と卵かけといった、あっさり系もたっぷり・・・

ま、さすがにこの夜は、わたくしは日付が変わる頃に就寝しましたが・・・げふっ



で、翌4日は朝からあいにくの曇り空・・・でしたが・・・

BlogPaint

わたくしとwingさんは新宮城址まで片道25kmのポタリングに出発・・・

「って、ほんとに行くんですかあ・・・雨も降りそうだし今日も朝から宴会にしましょうよ・・・」

「でも新宮駅前には剣鉈コレクターさんオススメのおいしい寿司屋があるそうですよ・・・」

「おいしい寿司ですか・・・じゅるじゅる・・・それならまあ、お付き合いすることにしますか・・・」

と、wingさんの、いつもの甘い判断が、いつもの悲劇をですね・・・

DSCN0990

お寿司を目指してひたすら走るwingさんと・・・




熊野川の左岸をのんびりとポタリング・・・

DSCN0993







DSCN0994







DSCN0995


DSCN0999

工事による車両通行止め区間もありましたが工事は連休でお休み、自転車は通れました。






DSCN1001






BlogPaint

わははは、愉快愉快・・・



で・・・

DSCN1008





DSCN1009




DSCN1010

このキャンプ場あたりから雨がぽつぽつと降りはじめ・・・

「98kさん、もう引き返しましょう・・・ひいひい」

「って、新宮まで、あと僅か6kmほどですよ・・・ぜいぜい」

「いや、この雨雲レーダーによると、これから本格的に降ってきます。ほれほれ・・・」

「うーむ、そこまでデータを見せつけられると・・・仕方ないなあ・・・」

と、結局20kmほど走ったところで、あきらめて引き返しました。




で、ひいひいと急いで戻ってみると・・・

DSCN1014

キャンプサイトの周辺には、雨の痕跡すらありませんでした。




DSCN1012

「ううっ、これなら新宮駅前のお寿司を食べればよかった」と泣き崩れるwingさん

「って、あんたが直前で引き返そうってゆーたんやないかっ!!!」と責め立てる98kさん

と、わいわい言いながら昼前に戻ってみると、メンバーの大部分は帰ったようでした。

残ってたワンテンママさんから、ちゃんと二人分の昼食は残しておきますから、といわれてひと安心、
わたくしとwingさんは、いつもの湯ノ口温泉へ・・・

で、長風呂の二人は寝湯とかでまったり、今回は自転車ホイールの話題なんぞでダベリ続け・・・

BlogPaint

風呂上がりのフルーツ牛乳・・・がなかったので、コーヒー牛乳でさらにまったりして戻ると、
「男二人で、どんだけ長風呂してたんすかっ!!!」といいつつ、ワンテンママさんがうどん鍋を作ってくれ、
またまたばくばくごくごくして、この日も引き続き夕食宴会に突入・・・

DSCN1036

結局5月4日の夜も残ったのは、ワンテン夫婦とわたくしの友人夫婦とwingさんとわたくしの6人のみ、
この夜のメインは豚しゃぶ鍋と焼肉とスモーク各種・・・



だったのですが、さらに・・・

DSCN0987


DSCN1021





さらさらに・・・

DSCN1041


DSCN1040

wingさんのボルネオ植林ツアー土産の猫(クチン)チョコとか・・・





DSCN1042



DSCN1047

同じく98kさんのボルネオ植林ツアー土産のフリーズドライ・ドリアンとか・・・

まあ、いろんなつまみやデザートを次から次へと食べ続け、飲み続けました。

ちなみにフリーズドライのドリアン、味と香りは生に近いのですが、あのクリーミーな食感はなく・・・
って、みなさんドリアンははじめてのようで、全員うぐぐぐ・・・となっておられましたが・・・

と、この夜は霧雨も降ったりして静かに更けていき、やはり日付が変わる頃には就寝しました。


翌5月5日は朝から快晴、残ったパンや生鮮食品で朝食を食べ、切れ目なく続いた早めの昼食は、
わたくしお得意「ソーセージ・オニオン・ペペロンチーノ・アーリオ・オーリオ」スパゲティで締めて、
渋滞を避けた昼過ぎの解散となった次第。めでたし、めでたしと・・・

いやあ、今回もじつに楽しかったです。

今回参加できなかったみなさん、次回秋の熊野キャンプには、ぜひご一緒しましょう!!!



m98k at 23:13|PermalinkComments(4)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック