蒸留酒

2020年03月18日

ティーチャーズとリッチとジガーと・・・

とーとつですがティーチャーズとリッチとジガーとであります・・・

???

ええ、今夜はけっこう飲みながら記事を書いてます。ひっく




ティーチャーズ・・・

DSCN5641

正確にはティーチャーズ・ハイランドクリーム・・・



DSCN5643

おまけグラスが付いてたので、ついつい2本も買ってしまいました・・・

わたくし、自宅で飲むスコッチタイプのウィスキーは、ふだんはブラックニッカのクリアブレンドで、
たまに0.1kほど贅沢してホワイトホース、1k未満になってたらジョニーウォーカー赤ラベルとかも
買うことはありますが、シーバスリーガルなんぞは、お高いのでめったに飲みましぇん・・・
で、バーボンタイプならアーリータイムスなんですが、最近はなかなか1k未満では入手できないし、
ジャックダニエルズなんぞは、やはりお高いのでめったに飲みましぇん・・・

そう、ウィスキーは700mlで1k未満、とゆー物理法則が我が宇宙を支配しており・・・うぐぐぐ


とゆー状況の中、新発売でホワイトホースと同価格になっててグラス付きだったもので・・・

DSCN5648


DSCN5649

「こっちのスコッチ、スモーキー。」とありますが・・・そーいやジョニ赤だって白馬だって・・・
確か、それなりにスモーキーでしたよね・・・香りの記憶は跳んでますが・・・



と、さっそく・・・

DSCN5651

こぽこぽこぽ




DSCN5652

くんくん、かぱかぱ、くんくん、かぱかぱ

確かにスモーキーちゃあスモーキー、しかもアルコール40%はうれしいです。ひっく



ちなみに、このおまけグラス・・・

DSCN5653

信頼の日本製だし、確かに香りを味わうにはぴったりでした。くんくん




で、こちらが・・・

DSCN5654

ウィスキーのチェイサーとして一緒に飲んでる「アサヒ・ザ・リッチ」であります。

ええ、新発売でお安くなってたので今回は「麦とホップ」からちと浮気しています。
「ライバルはプレミアム」とか書いてあったし・・・
ちなみにビールもどきについても6缶入り0.6k未満とゆー物理法則が我が宇宙を・・・

確かに麦とホップより贅沢な感じ(コク?雑味?)があってアルコール6%つーのもうれしいです。



ま、せっかくなので、いつものウィスキーとも飲み較べ・・・かぱかぱ

DSCN5657

ブラックニッカ・クリアブレンドと、以前おまけに付いてたジガーカップであります。

ブラックニッカはクリアブレンドがアルコール37%、ディープブレンドになると45%になるんですが、
このアルコール差8%と価格差33%について、どう判断すべきなのか・・・ひっく

ちなみにリッチブレンドだとアルコール40%でクリアとの差は3%、価格差が27%・・・うーむ・・・
って、アルコール度数だけなら別にエタノール(95.1~96.9%)でもええやないか・・・うぃー
(ちなみに無水エタノールや消毒用エタノールは飲まない方がいいようです。)

ま、ブラックニッカもお高くなればスモーキーになるのですが、レモン風味とかの炭酸水で割って
ハイボールでかぱかぱ飲むなら、別にノンピートでもいいわけだし・・・ぶつぶつ

ところで、この「ジガーカップ」つーのは、

DSCN5665

容量は大きい方が45ml、小さい方が30mlになってて・・・




DSCN5663

大きい方には30mlの目盛りが・・・




DSCN5664

小さい方には20mlの目盛りが刻まれてます。
そう、シェーカーさえあれば、あらゆる分量のカクテルが作れるようになってるんですね。
いやあ知りませんでした。

ま、わたくしには「てきとー・大盛り」とゆー計量方法があるので酒類に使うことはないのですが、
液体調味料などを正確に調合をする場合は・・・って、わたくし料理も「てきとー大盛り」でした・・・

ま、キャンプ宴会用ショットグラスとして使えばステンレス製で割れないし最強かもですね。
20mlずつちびちびやるか、30mlでかぱかぱやるか選べるし・・・ただし泥酔するまでの話ですが・・・



m98k at 00:18|PermalinkComments(0) mixiチェック

2020年01月23日

最新版!!!98k式!!!部隊鍋(プテチゲ)

ぽんぽこぽこぽこ ぽんぽんぽん ぽこぽこぽんぽんぽん

さて、きょうの料理の時間は・・・

キャンプ宴会以外でも週に一度は作ってて、毎回進化してるのに長らく紹介してなかった・・・


最新版!!! 98k式!!!部隊鍋(プテチゲ)であります!!!


①材料4人前(今回は一般的な分量だったので表記しました。)

DSCN5166

野菜など・・・
・白菜 1/2個
・にら 1束
・玉ねぎ 大1個
・白ネギ 2本
・鍋用もやし 1袋
・エノキ 1パック
・シメジ 1パック
・にんにく 2房(2粒ではありません)
・木綿豆腐 1丁

肉・魚介類など・・・
・ボロニア・ソーセージ 300g1本
(スパム缶より安くて、けっこう美味しいのでオススメです)
・ウインナ・ソーセージ(贅沢にシャウエッセン) 1袋(6本)
・ちくわ 4本
・アサリむき身 約50g
・豚肉(しゃぶしゃぶ用) 約300g
・冷凍水餃子 12個

調味など・・・
・キムチ鍋の素 1本
・白菜キムチ(なるべく熟成したもの) 約400g
・(好みにより唐辛子・チーズ・麺スープ・白出汁などを追加)

〆として・・・
・中華太麺 4玉
・(好みによりご飯・卵・餅などを追加)

以上であります。


②作り方

・食べやすい大きさに切った白菜の白い部分、白ネギの青い部分、にんにく、ちくわ、しめじ、あさり、
玉ねぎを、旨みを出すため先に鍋に入れ、周囲に木綿豆腐をそぉっと並べる。
・キムチ鍋の素と定量よりやや多めの水を鍋に加えて強火で煮込む。
・旨みが出たら食べやすい大きさに切ったボロニア・ソーセージ、シャウエッセンを並べ中火に。
・ソーセージ類の旨みも出たら、白菜キムチ(汁ごと)、にら、もやし、えのき、豚肉の順に乗せ弱火に。


③食べ方

DSCN5194

・ともかく、がつがつ食べる。ただし、周囲に入れた豆腐は崩さないように掬い取る。
・味が濃くなってきたら白ネギの白い部分、白菜の青い部分、熱湯かスープを追加。
・その後に水餃子や入りきらなかった食材を適宜投入し、ひたすら食べ続ける。


④〆方

DSCN5197

・中華太麺を2回ぐらいに分けて投入、ひたすら食べる。こんな場合は熱湯かスープを追加。
(この太麺、かなり煮込んでもぶよぶよにならないので、最近ハマってます。)
・それでも足りない場合は、ご飯を入れ、とき卵を上からかけて雑炊にする。


今回は約1名が口内炎だったため辛味は控えめでしたが、通常は唐辛子を大量追加します・・・

そう、この日はわたくしの実家で学生時代のサークル仲間4人での新年会だったのであります。

ちなみに、この日の飲み物は、いただきものの本物ビールを手始めに・・・

DSCN5193

いただきものの高級な日本酒が各種・・・


そして・・・

DSCN5195

わたくしが用意した、安物ウィスキーと白酒(バイチュウ)とビールもどきでした。

そーいや、安物マッコリを買うのを忘れてたな・・・


(donchanさんからコメントをいただいて補足追記しました。)

部隊鍋プテチゲは在韓米軍から流れてきたスパム缶とインスタントラーメンと常備食だったキムチを
ひとつの鍋にぶち込んで、部隊の仲間でつつき合った韓国軍兵士の鍋料理がルーツだそうで、
これが除隊した兵士から学生など若者に広がり、当時は一人鍋が常識だった大人たちから、
「日本人みたいな下品な食べ方」とひんしゅくを買ったそうですが、やがて全国に普及したようです。

ともかく安くて手軽で腹いっぱいになることが重要で、スープもインスタントラーメンに付いてる
粉末スープとキムチの汁だけ、スパム缶とありあわせ材料をぶち込んで煮込むのが基本です。

そう、これって、わたくしが50年以上前からキャンプでやってた基本料理だったんですね。
ま、当時スパム缶はあまり流通せず高かったし、わたくしは魚肉ソーセージでしたが・・・
キムチの汁を入れれば美味しくなる、でも大量のキムチは日本ではそれなりのお値段になるので
ラーメンの粉末スープ、粉唐辛子、にんにく、日持ちするタマネギなどで麺鍋にして食べてました。

クーラーボックスなど贅沢な、担いで行くキャンプではキムチは保存食であり生鮮食品であり、
常温で発酵がすすんで食べにくくなっても鍋に入れればいい出汁になる・・・
とゆーことを経験したのも担いで行くキャンプでした。まさに部隊鍋だったんですね。

で、最新版の98k式では今回のような材料を使ってますが、基本のスパム缶かソーセージ、麺、
そしてキムチさえ押さえておけば、バリエーションは無限なのでありますね。じゅるじゅる




m98k at 01:23|PermalinkComments(2) mixiチェック

2019年04月30日

2019春・熊野キャンプ報告・前篇

平成最後の記事となりますが・・・

今年も行ってきました、春の熊野キャンプ!!!

今回は当ブログサイトの案内記事を見て初参加されたNHさんと阪和自動車道の堺インターで合流、
クルマ2台が熊野川いつもの河原に着いたのは4月26日の午後4時半でした。


で、先に着いてた剣鉈コレクターさんキャンピングカーのサイドオーニングと、やはり先に着いてた
わたくしの古い友人夫妻のイベントタープに、さらにわたくしのイベントタープを追加・・・

DSCN2164

この後、椅子とテーブルをセットして、いつもの大宴会場の完成!!!


で、温めてくれてたポトフなんぞで、まずは乾杯!!!

BlogPaint

さっそく焼き物の準備であります。ええ、例年に比べ今年はけっこう寒かったので・・・ぶるぶる


続いて・・・

DSCN2167

NHさんが自作持参された「土手焼き」をてきぱきと温めてくれ、独自にミックスしたとゆー
「ミックス・ナッツ」も大量に・・・むしゃむしゃ、ぽりぽり、ごくごく、ぷはぁ


ま、あとは恒例により・・・

DSCN2166

厚切り牛タンやA5ランク牛肉なんぞを次々と・・・




DSCN2171

前回は食べられなかった大峯鹿に大峯猪の缶詰・・・その前はトド肉とアザラシ肉の缶詰でしたね・・・



こちらも恒例の・・・

DSCN2173



DSCN2172

さいぼし(馬肉の燻製)・・・ニンニク醤油がけっこう合いましたねえ・・・ばくばく



ま、

DSCN2176



DSCN2174

チーズなんぞのスモークは続けて失敗してましたが・・・



と、みなさんの高級つまみやお酒やビールはわたくしがいただき、わたくしのビールもどきや安ワイン、
持ち寄り花見宴会で余った乾き物なんぞはみなさんに味わっていただき、延々とかぱかぱ、ばくばく、
初参加のNHさんに趣味なんぞのお話を伺いました。

「いやあ、特に趣味はありませんねえ、ま、あえていえば休日にまったり飲むことぐらい・・・」とか
おっしゃってましたが、キャンプ・山歩き・自転車・フラッシュライトをはじめ、あらゆる分野のお話で、
わたくしよりずっと経験豊富な感じでしたね。
そんな方がこのサイトを見て「まったり飲めそう」と参加してくれたのですから、うれしい限りです。


と、さらにまったりしてると、日付が変わる頃には川下り仲間のトンビ飼いさんも到着・・・

DSCN2183

ウィスキー各種に高級ワイン各種・・・ちなみに右のキャンドル・ランタンはNHさんの作品。





DSCN2181

高級チーズの盛り合わせなんぞも持参いただきました。ひっく


ま、ほぼ同時にwingさんも到着されてたようですが、彼は着くなりひたすら・・・

DSCN2180


DSCN2179

誰もいない側のタープで、怪しげな発光を楽しんでおられたので、ま、そっとしておくことにしました。



と、この夜は7人で飲んで食べて三々五々で就寝、わたくしは3時過ぎにテントに入りました。

で・・・

BlogPaint


DSCN2190




BlogPaint

翌朝であります。

さすがに連休初日の朝ですから、まだキャンパーは少なかったですね。



と、この日は朝からNHさんのクルマに乗せてもらって二人で湯ノ口温泉へ・・・

DSCN2200


DSCN2199



DSCN2193

湯治客向けのキャビンもきれいに建て替えられ・・・



DSCN2198

古い温泉のあったところは第二駐車場になってました。


で、ぬるめの露天風呂でまったりとお喋りしてキャンプサイトに戻り・・・

DSCN2203


DSCN2205

昼前から焼き物や鍋物でかぱかぱ・ばくばくやってたのですが・・・



この日の突風はとても強く、

DSCN2208

まずはイベントタープを低くしてライン(張り綱)を強化・・・


DSCN2215




DSCN2212

さらにタープの周辺をクルマで囲んで・・・



DSCN2206

ひたすら宴会を続けてたのですが、古い友人夫妻のタープが強風でめきめきと倒壊しました。

「おかしいなあ・・・こっちはスチール製で98kのはアルミ製、それより強度はあるはずなんやが・・・」

「やはりラインワークとか設営テクニックの違いやね・・・むははは

とか自慢してたのですが、翌日確認してみると、わたくしのタープもフレームの一部が折れてたり、
ぐにゃりと曲がったりしてました。
やはりイベントタープとゆータイプは強風には弱いですね。一番お気楽なんですが・・・


と、そんなこたあ関係なく、ひたすら飲み続け食べ続けてると、午後には若者三人組が到着。

DSCN2218

さっそく一番搾りの本格的な生ビールサーバーをセットしてくれ・・・



BlogPaint



DSCN2221

もとタープのあった青空の下で宴会続行であります。ごくごく、ぷはぁ

イタリアンが得意な若者は今回不参加でしたが、タイ産スルメと北海道産スルメの食べ比べとか、
いろんなつまみも持参してくれてました。ばくばく

この頃には強風によりサイドオーニングを格納、わたくしのタープも倒壊の恐れがあったので、
wingさんが緊急避難(それでも宴会続行)用に、スクリーンタープを追加してくれました。

その後は若者中心の青空組とスクリーンタープ組の二手に分かれ、強風の中で宴会を続行・・・

DSCN2224

ええ、暗くなってからの記憶と画像は一切ありませんが、この夜も星がとてもきれいでした。


(と、後編に続きます。)


m98k at 23:57|PermalinkComments(0) mixiチェック

2019年04月02日

花見で同窓会!!!

(期間限定のお知らせ)
春の熊野キャンプへのお誘い記事は
こちらです。どなたでもご参加ください。


中学校の同窓会(同期会)名目で、日曜日に花見宴会してきました!!!

まず、昨年秋の同窓会(同期会)に集まった仲間を中心に、日時と場所をメールで知らせておき、
当日は近所に住む同期生3人で、朝からいつもの公園に行って場所だけを確保。

ええ、飲み物や食べ物は各自の持ち寄りで「ついでに3人への差し入れもよろしくねっ!!!」と、
しっかりメールに追加しておきましたので、ま、あとは何とかなるかと・・・

そう、わたくしの熊野キャンプと同じ方式で、飲食は人様のご好意に甘えようとゆー魂胆・・・




で、まずは、

DSCN1726



DSCN1727

わたくしがキャンプ宴会で使ってた古いタープをグランドシートにして・・・




DSCN1728



DSCN1729

いつものようにイスとテーブルを出して、朝から安酒なんぞをちびちびやってると・・・



DSCN1734

期待どおり高級なお酒やスナックを持って、仲間が次々と到着・・・

「まあまあ、まずはわたくしの発泡酒で乾杯しましょう、で、持って来てくれた高級なビールは、
とりあえず、わたくしのクーラーボックスで冷やしておきましょうね・・・ごそごそごそ」
とまあ、あとはひたすら、ごくごく・・・ばくばく・・・もぐもぐ・・・んぐんぐ・・・


池の対岸では・・・

DSCN1735



DSCN1733



DSCN1738

野点が催されてて、琴の生演奏が聴こえてきました。

3月31日の大阪市内は、桜花はまだ五分咲きぐらい、風もあって午後からは通り雨もありましたが、
そんなこたあ、どーでもよくなり、ひたすら、ばくばくごくごく・・・している間にも・・・


DSCN1744

さらにお酒やつまみの差し入れは増え続け・・・



ま、せっかくなので、たまたま通りがかった・・・

BlogPaint


BlogPaint

オーストラリア・アデレイドの若者も引きずり込んで、飲めや歌えの大騒ぎ!!!

そーいや、わたくし・・・
モンゴルでも通りがかったオーストラリアの若者をゲル宴会に引きずり込んだな・・・

ちなみに、彼は1年間アデレイドで日本語を学んでて、今回が初めての訪日とのことでした。
確かに最近、住吉大社の周辺にも外国人向けの民宿が増えてきましたね・・・

さらにちなみに、譜面台にあるのは半世紀前に買ったとゆーフォークソング集であります。
とーぜん歌うのは'60~'70年代の青春フォークばかりでした。赤い鳥とか拓郎とか・・・



とまあ・・・

BlogPaint

入れ替わり立ち代わりでしたが、じつに楽しく盛り上がりました。

我々の通っていた中学校は、たまたま下町と高級住宅地の両方が混ざっている校区で、当時は
六畳一間で一家が暮らす友人も自宅の庭にプールがある友人もいましたので、今から考えれば、
子どもには貴重な多くの体験ができた環境だったと思います。

公立の小学校から中学校までは家庭環境や本人とは殆ど関係なく、いろんな生徒が集まるので、
それ以降の、ある程度の共通点のある集団とは異なり、単に同じ校区というだけの集まり・・・
なので同じ高校や同じ大学、同じ会社などの同期生による同窓会とは異なり、あらゆる生き方、
あらゆる考え方を知ることができる機会だと、今回あらためて思った次第です。

これからも花見に限らず、月見や紅葉狩りなど色んな機会に(持ち寄り野外宴会で)やりましょう!!!
差し入れの美味しい飲み物や食べ物も、いっぱいいただけることが分かったし・・・




m98k at 22:22|PermalinkComments(0) mixiチェック

2019年01月04日

新春もとい年忘れOFF会!!!

本年もとい昨年末の12月29日、年忘れOFF会に参加してきました。

そう、いつもの関西ライト仲間4人が集まって、ちまちまとライト談義なんぞを・・・
の予定だったのですが、川端さんが腰痛でドタキャンになり、足腰に不安を抱えるわたくしと、
右足骨折以来、自転車を漕げずにストレスが溜まってるred-bicycle(赤チャリ)さん、そして
最近ライト熱が復活、アウトドア照射したくてウズウズしてるwingさんの3人が集まりました。

わたくしが神戸でwingさんをピックアップ、いつもの姫路wing別邸で赤チャリさんと合流・・・

ようやく右足でのペダル操作もできるようになった赤チャリさんの「新・赤チャリ号」で・・・

DSCN0848




まずは遅めの昼食へ・・・

DSCN0849

ええ、呑まない赤チャリさんの運転なので、わたくしとwingさんは遠慮なく・・・わははは




DSCN0850

一人だけ餃子が6個でご飯が付いてましたが・・・季節限定あんかけラーメンのセット。



で、食後は赤チャリさんのオススメ、柳田國男の生家のある公園へ・・・

DSCN0851



DSCN0853

それらしい雰囲気であります・・・ちょうど怪しい雪雲に覆われてきたし・・・





DSCN0855



DSCN0856



DSCN0883


DSCN0884



DSCN0885



DSCN0887



DSCN0857

こちらは固まってしまった河太郎くん・・・



DSCN0860

「お前のたまたまは金のたまたまか、銀のたまたまか、鉄のたまたまか・・・」

「わたしのは・・・ごそごそごそ・・・あっ、チタン合金ですね!!!」と赤チャリさん



DSCN0862

さりげに無視されたりして・・・





DSCN0859



DSCN0861

それらしい公園の奥へ・・・




DSCN0865



DSCN0863



DSCN0867

「あれって、ハンバーガーですかね?」

「いや、民俗学なのでどら焼きでしょう・・・」




DSCN0870

こちらもさりげに無視して・・・さらに奥へ進みます。




で・・・

DSCN0873



DSCN0872

柳田國男の生家・・・




DSCN0874

民俗資料館は年末年始のお休みに入ってました・・・いずれまた次回・・・


神社や薬師堂などもあり、生野銀山から姫路へ続く最古の高速道路「銀の馬車道」もありましたが、
雪交じりの雨が降ってきたので、季節がいいときに小径車でポタリングしよう、とゆーことにして・・・



笠形山の麓、かさがた温泉にある・・・

DSCN0888

思い出博物館へ・・・




DSCN0889

蝶のコレクションが約6000頭、カメラのコレクションが約800台・・・




それ以外にも・・・

DSCN0898



DSCN0900

思い出コレクションがいっぱいでしたが、左側が「なつかしカメラ館」・・・




DSCN0941




DSCN0916

三人はじゅるじゅるとそちらへ・・・



本来のカメラ・コレクションは年代順にきちんと並んでたのですが、とても紹介できない数ですし、
わたくしの琴線に触れたノベルティグッズなんぞを一部だけ・・・

DSCN0903

DSCN0911





DSCN0904

下段は陶器製のカメラ置物・・・




DSCN0905

置物やおもちゃだけでも凄いコレクションでした・・・





DSCN0906



DSCN0907


DSCN0908



DSCN0909


DSCN0910



DSCN0915



DSCN0913



DSCN0912

海軍航空隊の「活動写真銃」・・・「九八式」ではなく「八九式」ですね・・・




DSCN0914

古い引き伸ばし機のコレクションもいっぱいでした。


本来のカメラコレクションも年代順に廻ったのですが、各自が「はじめて手にしたカメラ」の時代になると、
とーぜん「おおっ、懐かしい!!!」となり、三人の年代が見事にズレてたのも面白かったです。


と、次は二階へ上がり・・・

DSCN0938



DSCN0937

こちらも凄いコレクションでしたが、全て現地で捕った蝶だそうです。

最近、蟲仲間との交流が多くなったwingさんに、
「蝶のコレクションとかはされないのですか?」とお訊きすると、
「確かにきれいなんですが・・・ま、蟲の死骸コレクションですからねえ・・・」とのことでした。
で、やや蟲が苦手な赤チャリさんは少し遠巻きに眺めておられました。


と、思い出博物館のある門前物産館から山門を潜り、雪の降り出した山道をクルマで登ると・・・

DSCN0953




DSCN0954

かさがた温泉せせらぎの湯ふところ館であります。

ヌルっとした泉質で露天風呂には42℃と38℃の二種類の大浴槽があり、温泉好きの三人は、
交互にまったりと浸かり、まったりとダベリ続け・・・



風呂上がりにはとーぜん・・・

BlogPaint

フルーツ牛乳とコーヒー牛乳・・・




で、CO-OPなんぞで買い出しをしてからwing別邸に戻り・・・

DSCN0955



DSCN0958




DSCN0957

鍋宴会であります。


赤チャリさん差し入れの・・・

DSCN0843

巨大ポテチや・・・




DSCN0844

巨大「竹田城せんべい」に、怪しい焼うどんもあったのですが・・・


何といっても、この夜のメインディッシュは98kさん差し入れの・・・

DSCN0963


DSCN0962



DSCN0965


DSCN0964

昆虫食!!!

そう、わたくしが京都環境フェスティバル2018で買ってきたもの・・・
ちなみにシアワームはゴミムシダマシの幼虫だったはずです。

「絶対に嫌です。開封したら完全にキレるので命の保証はできません。きっぱりと」
と、蟲はやや苦手な赤チャリさん。

「芋虫とゆーのはまだいいけど、毛虫と書かれるとなあ・・・」
と、最近は蟲仲間との交流を深め、昆虫館にも足を運んでるwingさんも躊躇・・・

「そーいや赤チャリさん、袋を撮影しただけで頭部からプツンと音がしてたよーな気も・・・
ま、環境フェスでも、嫌いな人には決して勧めないように、と注意されてましたから・・・」
と、今回はみんなで食べるのをあきらめた98kさん。

いずれ川端さんらも交えて仲良く食べることにしましょう!!!


ま、せっかくの昆虫食OFF会???なので、と、CO-OPで買ってきた・・・

DSCN0966

こちらの焼酎はwingさんと美味しくいただきましたが・・・

この後はwingさんの試作ライトが次々と出てきて、恒例のライト談義になったようですが、
わたくしの意識はすでに朦朧、恒例により画像は一切ありません。
ま、赤チャリさんからいただいた100均ライトはいずれ紹介しますね!!!



と、翌朝9時の様子・・・

DSCN0968

奥、タイベックで自作した三重シュラフカバーにモンベル・ウルトラライトダウンハガー#3を入れて、
ぬくぬくと惰眠を貪るwingさん・・・
手前、ナンガの冬用ダウンシュラフを封筒シュラフに乗せて、ぬくぬくと惰眠を貪る赤チャリさん。
どちらもコットにクローズド・セルの断熱マットを敷いた上での完全冬装備であります。


ちなみにわたくしはコットなしでしたが・・・

DSCN0969

米軍ビヴィの中にエアマットを敷き、モンベル・バロウバッグ#1を入れて寝ました。

そう、この朝の姫路の最低気温は氷点下、こちら側の各部屋には暖房がなかったもので・・・
ま、わたくしはフリースを着たままだったので、朝には汗でびちゃびちゃでしたが・・・

と、遅い朝食に甘いパンと熱いコーヒー(赤チャリさんは熱い紅茶)を摂りながら、またまた延々と
ダベり続けてたら昼になったので、そのまま熱い鍋焼きうどんと冷たいおにぎりの昼食に突入、
途中でうどん出汁におにぎりを入れて雑炊にしたりして・・・
ともかく今回は甘いものと温かいものが有難かったですね。ぶるぶるぶる

アウトドアで照射テストをしたいと言ってたwingさんも、夜の河原なんぞに出ることはなく、
年忘れライトOFF会といいつつ温泉療養がメインでしたが、新年には厳冬期キャンプOFF会!!!、
さらに春には、しまなみ海道ポタリングOFF会じゃあ!!!と約束して、3時前には解散しました。

今年こそ元気になって、みんなと楽しくアウトドアで遊べますように・・・



m98k at 00:04|PermalinkComments(8) mixiチェック