蒸留酒

2018年05月08日

2018春・熊野キャンプ報告・前篇

一週間のご無沙汰でした。

5月2日から5日まで、恒例の熊野キャンプに行ってました。

初日は午後から雨、翌日は朝からまずまずのお天気、三日目は夕方まで風が吹き荒れ、そして
最終日は五月晴れで絶好の行楽日和・・・と、目まぐるしく天候が変化した三泊四日でした。

で、その天候激変に対応しつつ、ひたすらタープの下で食べ続け、飲み続けるとゆー、
まさに滝に打たれる修行僧にも似た荒行キャンプ・・・
つーか、例年よりも、さらに徹底した宴会(だけ)キャンプだったとゆーべきか・・・

とりあえず、さくさくっとご紹介させていただきます。
(今回はいただいたwingさん撮影画像も、さりげに無断使用してます。)




5月2日、到着時の様子・・・

P_20180502_162823

まだ平日で午後から雨の予報だったので、とーぜん広い河原には我々だけでした。

わたくしは生鮮品の買い出しを終え10時に大阪を出発、13時20分に着いたのですが、wingさんは
その1時間ほど前に到着されたようで、剣鉈コレクターさんとワンテンパパさんは午前中に着いて
雨が降り出す前にテントやサイドオーニングを張り終えてたそうで、さすがですね・・・
ちなみにwingさんもその予定だったけど出遅れたとか・・・さすがです・・・



で、とりあえず・・・

P_20180502_130837

剣鉈コレクターさんのプリプリ海老パスタや熱々ポトフで淡麗グリーンラベルをやってると・・・




P_20180502_134258

トンビ飼いさんも(大量の飲み物とともに)少し遅れて到着・・・



そう、じつは吉備湯浅PAでトイレ休憩の際にたまたま出会ったのですが・・・

DSCN8195

彼は和歌山ラーメンを食べはじめたところだったので、無情にも置いて行った次第・・・
そう、一刻も早くパスタやポトフで飲みたかったし・・・げひげひ



と、とりあえず白ワインには・・・

BlogPaint






DSCN8198

やっぱ泉州名物「がっちょの唐揚げ」っしょ!!! そだねー!!! ごくごくばくばく・・・




で、赤ワインには・・・

DSCN8200

やっぱチーズに生ハムっしょ!!! そだねー!!! ごくごくばくばく・・・





で、日本酒には・・・

DSCN8201

やっぱ焼き鳥っしょ!!! そだねー!!! ばくばくごくごく・・・



さらに、

DSCN8202

炭火焼肉には・・・






DSCN8203

高級ビールに安物ワインとか・・・もう何でもいいっしょ!!! あははは、ばくばくごくごく・・・




とかやってると、夕方には若者チーム5人が到着・・・

BlogPaint


BlogPaint

なんと本格的な生ビールサーバーを持参してくれてました!!!




DSCN8211

で、試飲できる頃には雨も本格的になってきましたが・・・




そんなこたぁ、関係なく・・・

P_20180502_183925

んぐんぐんぐ、ぷはぁ、こりゃあ、たまらん・・・

タープの下で本格的な生ビールが飲めるなんて・・・んぐんぐ・・・






で、彼らも焼き物に移行しようとしてたのですが・・・

DSCN8213

足元が完全に水没しているのがお分かりでしょうか・・・すでに水深は5cmを超えてました・・・

ちなみにタープに吊るしてたwingさんのモバイルバッテリーとLED電球も雨で逝かれたようですが、
その後どうなったんでしょうね???




ま、そんなこたぁ、関係なく・・・

BlogPaint

白角や芋焼酎(名前忘れた)で、すっかり出来上がってるwingさん・・・


と、この夜は大雨の中でテントを張る気力もなく、わたくしはワンテンパパさんの大型テントで、
wingさんは車中泊で、日付が変わる頃に就寝しましたが、若者たちは遅くまでやってたようです。



で、雨は深夜の3時過ぎに止んで天候は回復・・・

DSCN8219

翌朝はまずまずのお天気になりましたが、中州はすっかり水没してました。





まったりとモーニングコーヒーの後は、まったりと朝食・・・

DSCN8218

ハム入りスクランブルエッグと辛子明太のせ炊き立てご飯に味噌汁、いかなごのくぎ煮や漬物・・・
と・・・朝ビールであります・・・ま、この日に帰る連中は飲めませんが・・・げひげひ



で、食後も飲みつつ、さらにまったりしてると・・・

DSCN8220

早朝に大阪を出たという、わたくしの昔からの友人夫婦も到着・・・

てきとーにテントを張り終えると、さっそく、ぷしゅ、くはぁ・・・


ま、こんなのを持って来てくれてたので・・・

DSCN8224

なんと100gパック1200円の(アメリカ産)牛タンを3パック!!!



せっかくなので・・・

DSCN8223

つーか、この日に帰る連中の要請で、そのまま早めの昼食宴会に突入・・・




ま、楽しみにしていた・・・

BlogPaint

こちらの猪肉と鹿肉の缶詰は、生肉が大量にあったので次回に持ち越しになりましたが・・・



若者チーム恒例となった砂肝アヒージョ・・・

DSCN8226





やはり恒例となったピザ各種・・・

DSCN8225

さすがに今回はピザ生地からではなく冷凍ピザでしたが、炭火で焼くと旨かったです。



で、昼食(残留組はもちろん昼食宴会)を終え・・・

DSCN8228

一泊だけの若者チーム、剣鉈コレクターさん、トンビ飼いさんが次々と出発する頃には・・・





DSCN8233

わたくしやwingさんもようやくテントを張り終え、まったりとお昼寝したりして・・・



夕方になり・・・

DSCN8232

ワンテンパパが特急くろしおで来るママと娘を新宮駅まで迎えに行ったので・・・





DSCN8235

新宮・徐福寿司名物のさんま姿寿司を買ってきてもらい・・・






DSCN8234

まずはスパークリングワインで(ワンテン娘はジュースで)乾杯であります。



その後は・・・

DSCN8240

スペアリブやソーセージなど様々な焼き物に・・・




ワンテンママによるジンギスカン鍋!!!

DSCN8238





DSCN8241

ジンギスカン鍋は本来「鍋」なんですよね・・・ばくばくごくごく




んで、わたくしも・・・

BlogPaint

いぇい、期待してますよ!!!



わははは、まかしとかんかいっ!!!

BlogPaint

と、お得意のボルネオ名物!!!サラワク・ラクサ鍋を作ってた・・・はず・・・なんですが・・・

じつは、これ以降の記憶と画像がまったくありません。

ただ、なんとなく・・・

「わわっ、98kさんが肉パックの吸水シートまで鍋に入れたぞっ!!!」

とか、

「げっ、今度は鶏肉団子のタレパックが鍋の底から出てきたぞっ!!!」

とかいった叫び声が聞こえ、わたくしがかぱかぱ飲んでた白角の瓶をwingさんが隠した・・・
ぐらいまでは、おぼろげに覚えてるのですが・・・うぐぐぐ

と、次号に続く・・・のだろうか・・・




m98k at 00:08|PermalinkComments(6)mixiチェック

2017年08月13日

トスカーナ紀行1 トスカーナヘ!!!


「トスカーナの休日」カテゴリも、今回からようやく「トスカーナ紀行」になります・・・



7月15日の早朝、五日間お世話になったシチリア・パテルノー近郊のお宿を出発・・・

DSCN2208


DSCN2210

同乗させてもらったレンタカーの車窓から見た夜明けであります。




で、朝のカターニャ・フォンタナロッサ空港に到着。

DSCN2213






予定どおりフィレンツェ行きの便に搭乗しました。

DSCF3917

見慣れたエトナ山の噴煙とも・・・




DSCN2215

シチリア島ともお別れし・・・





あれよあれよと・・・

DSCF3931



DSCF3935

トスカーナの州都であるフィレンツェの空港に到着。

当初は他の参列家族も同じ便の予定だったのですが、彼らは都合でピサ空港への便となり、
我々二人は、ここでローリスさんのお迎えを待つことになりました。



せっかくなのでフィレンツェ空港の様子なんぞを・・・

DSCF3957


DSCF3953

素敵なおねいさんとのツーショットは、さすがに撮れませんでしたが・・・





DSCN2245

世界的な観光地ですから空港の警戒も厳重でした。





で、お迎えに来ていただいた・・・

DSCN2249


DSCN2248

イベコ・・・




ではなく・・・

DSCF3962

ローリスさんと愛車のフィアットとベイダー卿、もといクリスティアーノ(クリ)くんであります。
ピサ空港から自宅に戻り、すぐその足で迎えに来てくれたようです。




で、フィレンツェからピサへのアウトストラーダ(自動車道)を30分ほど走り・・・

DSCN2252





「ピサ北」の手前、「アルトパーショ」で下りて・・・

DSCF3979





アルトパーショからモンテカルロに入り・・・

DSCN4277


DSCF3989


DSCF3990

「動物クリニック」への案内看板を辿っていくと、ローリスさんのご自宅へ・・・
そう、彼は開業医の獣医さんなのであります。

ちなみに後日、自転車で周辺を走りましたが、この案内看板に助けられました。



クリくんと従兄のアレくんが、住居側の玄関から重い荷物を運び入れてくれます。

DSCF3995

玄関脇に白いリボンがありますが、これはこの家で(結婚の)祝い事があったしるし・・・


せっかくなので、ご自宅の周辺も紹介しておきます。


裏側からの様子・・・三方に家がないので、見晴らしも風通しも抜群でした。

DSCN4415




で・・・

DSCF4327

こちら側から入る半地下階がローリスさんの動物クリニックで、反対側から入る一階と二階とロフトが住居、
日本風にいえば「半地下事務所とロフト付き二階建て・三連棟式の集合住宅」という感じです・・・


で、一棟目に続く二棟なんですが・・・

DSCN4417

一番奥に見えるのがローリスさん家族(今は3人)宅で、隣(中央)の二棟目には、今は独立している
長女が友人と二人でシェアして住んでおられ(我々の滞在中は二人でサマーバカンスでご不在。)、
さらに右端三棟目にはマルタさんのお姉さんのご家族が住んでおられ(今は2人、ご本人は結婚された
長女のご家族とサマーバカンスで、我々の滞在中はアレくん1人でした。)、
つまり、この三棟全部を親戚とその友人でシェアして住んでおられることになります。

大家族が隣同士の連棟に暮らすパターンで、後日訪問したアレくんのお姉さんの嫁ぎ先でも、
広い敷地内に別棟がいくつもあって大家族で暮らしてましたから、このパターンが一般的なのかも・・・



で、こちらが・・・

DSCN4418



DSCN2265

一番奥にある広い共用テラスで、夕食(宴会)はここで、まったり、たっぷりと・・・
半地下階のルーフ部分になり、この下は倉庫でした。






DSCN4421

共用テラスから見たローリスさんの菜園、その向こうにはオリーブ畑が拡がっています。
さらに一棟目の玄関横には、ローリスさんが手作りした増築部分もありました。




さらに、こちら・・・

DSCN4410

何年も前から建築中だというお隣さんの家・・・

8年前、アンドレアくんが我が家にホームステイしてた時にも「お隣さんは今、建築中なんだ。」
と言ってたような気もしますし、2011年版のグーグル画像で工事中でしたから、少なくとも6年間は建築中のままなんですね・・・

と、じつはこのエピソードから、今回のカテゴリを映画のタイトル「トスカーナの休日」にした次第。
(原題名「Under the Tuscun Sun」 2003年のアメリカ・イタリア合作映画で、アメリカ人の主人公
(ダイアン・レイン)がトスカーナで見つけた古民家を買い取り改築しようとするけど、アメリカ流には
なかなか進まずイライラしてたのが、やがてトスカーナの風土になじんでいくという、大好きな作品です。)


閑話休題


ローリスさんが手作りで増築した食堂で、遅めの昼食をいただきます。

DSCF4008

まずはビールで乾杯、って、これはトスカーナの習慣ではなく日本の習慣・・・
事前情報から、わたくしの分だけを用意してくれてました。

右端の従兄のアレッサンドロ(アレ)くん、お母さんたちがシチリアでサマーバカンス中なのに、
我々の面倒を見るため一人残ってくれてたようで、この後の昼食と夕食は、ほとんど一緒でした。




たっぷりのラザーニャとトスカーナ・ワインやキャンティ・ワインのあとは・・・

DSCN2260

たっぷりの生ハムやサラミやチーズなんぞが次々と・・・



で、食後には強い蒸留酒やリキュール各種をかぱかぱと・・・

DSCF4020

って、よく見るとテーブル中央に「ビスコ」がありますが、これは我々からのお土産。


さらにローリスさんの菜園から、

DSCF4015


DSCF4019

採れたてのトマトやフルーツ、さらにビスコ各種ドルチェ(お菓子)にジェラート、エスプレッソ・コーヒー、
というパターンで食べ続け飲み続け、これはトスカーナ滞在中ずっと変わりませんでした。

昼食に2時間、夕食に3時間とかが一般的なようで、しかもすべての料理と飲み物がとてもおいしく、
わたくしにはうれしい限りでしたが、おかげでたっぷり太って帰国することになりました。



で、昼食後はまったりと・・・

DSCF4032

マルタさんの冷蔵庫一面のマグネットコレクションを拝見したり・・・




ちなみに、中央のこの辺りは我々からのプレゼント・・・

DSCF4035

特にマルゲリータ・ピザとボンゴレ・スパゲッティの超リアルなスケールモデルは・・・





DSCF4034

ローリスさんに大ウケでした!!! これぞジャパン・テクノロジーだと!!!




で、わざわざ軒先に用意してくれていた・・・

DSCN2268




DSCN2261



DSCN2263

2台の自転車と・・・



さらに・・・

DSCN2262

クリニックの事務室に置いてあった、折りたたみ自転車を比べてみたり・・・

じつは事前に「滞在中に自転車にも乗りたいな。」とお願いしてて、
「本格ロードバイクもレンタルできるけど家にも何台かあるので、よかったら使ってね。」
と云われてたのであります。

どれもがきちんと整備されてて近距離には充分、滞在中に使わせていただくことになりました。



とか、まったりしているうちに涼しくなり・・・って、もう8時なんですが、まだまだ明るいです・・・

DSCF4055

テラスでピザ・パーティのはじまりであります。





DSCN2273

日本と同じ宅配ピザ・・・といっても、さすがに本場・・・





DSCN2275



DSCN2276


DSCN2277


DSCN2278

お値段もお味も食べる量もケタ違いでした・・・

6人で日本でいうLサイズを6枚、しかも全てがオーダーメードで一枚5ユーロ前後だったはず、
当時のレートで一枚650円ぐらいで、しかもどれもがおいしくて・・・しあわせじゃあ!!!




と、まずは日本風に「ビールで乾杯!!!」であります。

DSCF4065

さすがに「ピザにはビール」と口を揃えるだけあって、みなさん最初はビール・・・




でしたが・・・




赤白のトスカーナワインを経て、やがて強いお酒へ・・・

DSCN2280


DSCN2282


DSCN2283

ま、最後のは日本からの手土産ですが、ウィスキー好きのローリスさんに好評でした。



さらに生ハム・サラミ・チーズに採れたてフルーツやナッツ類も出て来て・・・

DSCN2281

ちなみにピスタチオ・ナッツはシチリア島の名産品なんですね。






DSCN2284

各種ジェラートとエスプレッソ・コーヒーで締めました・・・



で、食後にはアレくんのご自宅も拝見・・・

DSCF4076




DSCF4080

彼が製作した帆船模型・・・じつに精巧に組んでありました・・・
有名なガリオン船だったのですが、船名を忘れてしまいました。
アレくん、よかったらメールで船名を教えてくださいね。追記しますので・・・
8月14日追記です。
アレくんからメールをいただきました。そう、ドレイク船長の「ゴールデン・ハインド」号でした!!!

you was asking for the name of the ship so here it is:
That's the model (scale 1:53) of Sir Francis Drake galeon "GOLDEN HIND".
The original name was the Pelican but was renamed by Drake in the middle of the voyage.
As I said you I'm quite proud of that model so here a few exra info about the glorious history of this ship.
On the 13th december 1577 Sir Francis Drake set sail with five ships among which there was the Golden Hind.
He accomplished the circumnavigation of the globe and on his trip he fought against the Spanish.
He captured a spanish galeon with one of the largest treasure ever captured.  
On 26th september 1580 he was back in Englan with just three ships.
The Golden hind remained in public exposition in London till late 1600s.
I think that's pretty much all I know about it. I hope you enjoyed the explanation! *:-B secchione*;) occhiolino

詳しい解説をありがとうね!



ちなみに彼の家の冷蔵庫にもマグネットが・・・

DSCF4081

って、トスカーナでは「冷蔵庫にマグネット」が流行っているのか???


とまあ、トスカーナ初日から、ひたすら食べて飲んで・・・


しあわせじゃあ!!!


(次号に続きます。)




m98k at 00:13|PermalinkComments(0)mixiチェック

2016年12月16日

播磨中央・再訪ふらふら

(2017年2月10日まで期間限定のお知らせ)
2017年3月に行くボルネオ植林ボランティアツアーへの参加と苗木代ご寄付のお願い記事はこちらです。


またまた播磨中央自転車道をふらふらして姫路で飲んで、またまたふらふらになってきました。

関西のライト仲間つーかポタリング仲間のwingさんが、わたくしやred-bicycle(赤チャリ)さんとお揃いの、
シマノPD A-600とゆービンディング・ペダルに換装されたので試乗会を兼ねて・・・

つーことで・・・

DSCN9835

先週土曜日の正午に権現総合公園・駐車場に三人が集合。

wingさんは神戸からスバルXVを運転させられに同乗して来られたのですが・・・

赤チャリさんは姫路・明石自転車道、加古川右岸自転車道から平荘湖を回って時間調整されてたようで
40km以上を自力走行して来られました・・・





まずはJR加古川線・小野町駅の駅舎内にある蕎麦屋さんを目指します。

DSCN9837










左手のホームが小野町駅。

DSCN9839








駅舎内にある「ぷらっときすみの」へ・・・

DSCN9841

ちなみに「ぷらっと」はプラットホームですが「きすみの」は奈良時代の播磨国風土記にも出てくる、
この辺りの古い地名だそうで漢字で書けば「伎須美野」、いかにも古そうな地名ですね・・・







DSCN9842

三人そろって地元「きすみの」産の蕎麦粉を使った「ざる蕎麦定食」を注文。
ま、こちらはわたくしの大盛り画像ですが・・・

ちなみに今回は到着してすぐに座れましたが、食べ終わる頃には満員になってました。
けっこうな人気のようですね。



で、昼食後のデザートには甘いパンが食べたいなあ・・・つーことで三人の意見が一致し、
次は北条鉄道・法華口駅の駅舎内にあるパン工房を目指しました・・・



いったん権現湖まで戻り、播磨中央自転車道をのんびりと走ります・・・

DSCN9845

wingさん、ビンディング・ペダルは必ず外してから止まってね、立ちゴケで骨折した奴もいますので





加古川の支流、万願寺川・・・

DSCN9848

合流点に白い柱のようなものが見えますね・・・






さっそく30倍ズームで確認・・・

DSCN9850

サギさんの集団でした。







今回は三人とも橋を渡ってから直進して、北条鉄道の踏切へ・・・

DSCN9852





DSCN9853










で、ほぼ線路沿いを走って法華口駅に到着。

DSCN9855








ありゃりゃ???

DSCN9859

おなじみの駅長さんが、なんとサンタさんになってるぞ!!!






と、さっそく駅舎へ入ります。

DSCN9869









ま、駅舎の待合室には・・・

DSCN9867

泣きながらプラレールで遊んでる怪しいおじさんも居ましたが・・・





ちなみに貨物になってる・・・

DSCN9868

「駅舎工房 Mon Favori」つーのが、駅長さんがやってるパン屋さんの名前です。





とーぜん、せっかくなので・・・

DSCN9865

サンタ駅長さんとツーショット記念写真であります。わははは、しあわせじゃあ!!!


「12月はサンタさんになるんですねっ!!!」

「はい、でもこの格好じゃコスプレそのものですね。あは

ここ本来は無人駅で駅長さんはあくまでボランティア、本業はパン屋さん・・・なんですが・・・
この駅長さん、最近はCDを出したり鶉野飛行場の地下防空壕で歌ったりされてるんですね。
詳しくは駅長さんが「法華口駅の待合で口ずさむ曲」で検索してみてください。
素人とは思えない歌唱力でアニソンも多く、けっこう選曲も琴線に触れました・・・

最近ようやく始まった「紫電改」復元プロジェクトですが、鶉野飛行場で行われるであろう完成式典では、
きっと彼女が、海軍姫路航空隊の隊歌や川西航空機の社歌を披露してくれることでしょう・・・




とか、遊んでもらってると、次の列車が来たので・・・

DSCN9873

いつものお出迎えとお見送りのためホームへ・・・







DSCN9875





DSCN9876






DSCN9878

列車が見えなくなるまで、ずっとお見送りされてました。絵になってますねえ・・・


で、手作りパンはすでに売り切れてたので、赤チャリさんは甘いミルクティーだけを注文、
wingさんはすっかりお気に入りになったサツマイモのソフトクリームを、
わたくしは駅長さんに教えてもらった新メニューの栗のソフトクリームを注文しました。
栗のつぶつぶがいっぱい入ってて、こちらもじつにおいしかったです。


ちなみに、この法華口駅・・・

DSCN9863






DSCN9861

駅舎だけでなく、別棟のトイレまで文化財登録されてるんですねえ・・・知りませんでした。







と、駅前からは、これから赤チャリさんが越えていく山並みが見えます・・・

DSCN9879

って、中央の山頂、とてつもなく大きな木が立ってるのが分かりますね・・・






いったい、どんな巨木なんだろうと、30倍ズームで確認してみると・・・

DSCN9880

ええ、何本かの木々の集まりでした。


とまあ、赤チャリさんは山越え自力走行で帰るため、いったんここでお別れ、いっぽうわたくしは、
権現湖までは平地を自力走行で、そこからのスバルXVはwingさん運転による他力走行で、
お気楽に姫路のwing別邸へ着きましたとさ。わははは

ちなみに「今、自宅に着きました。最速記録です。入浴と所用を済ませてから向かいます。」
と赤チャリさんからメールが入ったのは、クルマで姫路wing邸に着いたのと同時でした。
彼は往復で80km以上、しかも山間の激坂を選んで走ってるとゆーのに・・・いやはや・・・

で、わたくしとwingさんは、まずはご近所の居酒屋で一杯ひっかけてから、例によってつまみや飲み物、
朝食なんぞをコンビニで買い揃え、wing邸に戻って二人でトリス・ハイボールや屋久島の焼酎「三岳」
のお湯割りなんぞをかぱかぱやってると、所用を済ませた赤チャリさんも到着、例によって
三人でぐだぐだと深夜までダベり続け、結局就寝したのは午前2時半過ぎでした。




とーぜん翌朝は朝寝坊、甘いパンとコーヒー(赤チャリさんは甘いミルクティー)の遅い朝食後も、
ずっとダベり続けてから、前夜に居酒屋で教えてもらった新しい蕎麦屋さんに行きました。

DSCN9883

wingさんの頼んだ、冷たいとろろ蕎麦・・・じゅるじゅる





DSCN9884

赤チャリさんの頼んだ、冷たいおろし蕎麦・・・じゅるじゅる





DSCN9882

わたくしの頼んだ、つつましくシンプルな盛り蕎麦・・・ただし大盛りですが・・・じゅるじゅるじゅる

今の季節はちょうど新蕎麦だそうですが「ぷらっときすみの」の蕎麦とはまた違った味わいでした。







と、二日連続で昼食においしい蕎麦を食べた後は、ふたたびwing邸に戻り・・・

DSCN9886

ま、こちらはおなじみwingさんの「床の間バイク」ですが・・・






こんな古い通学用クロモリバイクを赤チャリさんが入手されてたようで・・・

DSCN9885







日曜日の午後は、二人でこんなことをして遊んでおられました。

DSCN9887

ちなみに赤チャリさんは分解、wingさんは組み立てがお好きだそうです・・・いやはや・・・



と、夕方5時前には解散したのですが、さすが日曜日で神戸までは大渋滞、神戸からの湾岸線も、
めずらしく工事渋滞(そりゃあ片側3車線の2車線を閉鎖してたらボトルネックになりますよね・・・)で、
わたくしが帰阪したのは8時半を過ぎてました。いやはや・・・

土曜日の走行距離は僅かに21km(ただし赤チャリさんは80km以上)でしたが、wingさんいわく、
「これまで経験したことのない部位がぴきぴきしてます。」とのことでした。
そう、誰もがはじめてのビンディング・ペダルで経験する「ビンディングあるある」なんですよね。

引き足を意識するあまり足首なんぞに余計な動きが出て、普段使わない筋肉がぴきぴきしてくるので、
足首を伸ばさずペダルはフラットなままで、きれいな円を描くイメージで、均等な力配分で・・・
つーのがビンディング・ペダルの基本・・・
と、アタマではわかってても、よほど意識してないと、なかなかそうはならないんですが・・・

ま、わたくしの場合、てきとーにへらへらと漕いでても、それまでほとんど引き足を使ってなくて、
ペダル上の足もぐらぐらしてたので、ビンディング・ペダルに換装しただけで、すっかり安定して
ずいぶんとラクに走れるようになりました。
逆にフラットペダルの自転車に乗ると靴底が不安定なので、慎重に丁寧に漕ぐようになりましたね。






m98k at 00:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)mixiチェック

2016年10月13日

2016秋・熊野キャンプ報告

(期間限定のお知らせ)
2017年3月ボルネオ植林ツアーへの参加・苗木代ご協力へのお願い記事はこちらです。



先週末から今週の月曜日まで、恒例の熊野キャンプに参加してきました。

今回の参加者は総勢11名だったんですが、金曜日の夕方に現地入りしたのはわたくしだけ・・・

DSCN8991

ええ、広大な河原を一人で独占して・・・




DSCN8999

とりあえずテントとタープを設営、椅子とテーブルとクーラーボックスをセットすれば・・・



まずは・・・

DSCN8996

道中で買った和歌山名産のさんま寿司や・・・






DSCN9007

レトルトおでんなんぞで・・・





DSCN9000

一人宴会であります。

「そーいや今回はダイエットキャンプにするので、食事はお粥がメインとかいってたな・・・
で、熊野本宮や新宮、湯ノ口温泉などを毎日サイクリング、しっかりダイエットして帰りましょう・・・
とかいってたのは・・・わたくし本人だったかな・・・あははは
ま、みなさん用には糖質ゼロや75%OFFのビールもどきを持ってきてるし、まともなビールなんぞは
今のうちに消費しておかねばなるまいな・・・かぱかぱ、ごくごく、ばくばく、げひげひ

とかやってたのですが、当日の会議が終わり次第、夕方には出発といってた剣鉈コレクターさんから
「会議後の飲み会にも行ってしまい今やっと帰宅しました。仮眠してから出発します。ひっく・・・」
とメールが入ったのは、すでに9時半を過ぎてから・・・
で、彼より少し遅れて到着予定だったwingさんにあわててメールすると、
「同行のボルトアクションくん夫妻と今やっと合流したので、これから三人で飲もうかと・・・むひひ」
との返信が・・・うぐぐぐ

わたくしキャンプでの一人宴会つーのはじつにひさしぶり、広大な河原にたった一人とゆーのも、
これはこれで楽しみなのですが、担いで行くソロキャンプだと、早めに寝て翌日の行動に備えるのに、
日付が変わってからも一人宴会を続けてると、さすがにへろへろになってしまいました。

結局、wingさんら三人は深夜1時半過ぎ、剣鉈コレクターさんは早朝5時半過ぎの到着となり、
前日の日暮れ前から飲んでたわたくしは、1時間ほどの仮眠だけで朝を迎えました。

DSCN9016

前日は時折霧雨がパラつく天候だったのですが、土曜日には晴れ間も出て大宴会場が完成・・・





朝の特大ハンバーガー宴会からはじまって・・・

DSCN9021





昼の焼き肉宴会に切れ目なく続くころには・・・

DSCN9020

五人でひたすらばくばくごくごくと・・・

「って、今回はダイエットキャンプじゃなかったんですか?」

「天気も今のところ上々だし、サイクリングには行かないんですか?」

「いや、飲み物は糖質OFFビールや糖質の少ない蒸留酒だし、焼き肉も炭火焼で脂は落としてるし、
それにサイクリング中に雨が降り出しても困りますから、本日はまあ・・・あははは」

「うーむ、どう考えてもダイエットキャンプとは程遠いような・・・」

「ならば夕食の焼き物は牛肉からシーフードに切り替えましょう。しかも、とびきりヘルシーな・・・」

DSCN9022

「プリン体の多い魚卵の入っていない「男ししゃも」です。きっぱりと」

「よくまあ、そんなの探してきましたね。」

「いや、ふつーの子持ちししゃもの1/4程度のお値段だったもので・・・がははは」

「でもオスだけどうやって選別したんだろ・・・もぐもぐ・・・まあ子持ちししゃもの卵抜きですね・・・」





「こんなのも持ってきたので焼きましょう。」とボルトアクションくん

DSCN9024

「こりゃまた巨大なホッケ!!! しかも尾頭付き・・・」
ちなみに焼き網の上に一匹残ってるのが「男ししゃも」であります・・・

とか、左の缶詰シーフード・アヒージョとか、いちおーはシーフード中心の夜宴会にはなったものの、
ボルトアクションくん夫妻のさまざまな土鍋スモークに、wingさんおなじみの炊き立て卵かけご飯とか
スパークリングワインとか、大量の生バジル・ソーセージとかが出てくると・・・

「やはりご飯には焼き肉もあうなあ・・・あっ、まだ追加の肉がありますか・・・どんどん焼きましょう・・・
それにスモークやソーセージには、やはりワインとガーリックトースト・・・ごくごく、むしゃむしゃ・・・」

と・・・

DSCN9027

結局は夕方から深夜早朝さらに朝食昼食夕食夜食と、いつもどおりの飲み続け食べ続け・・・

って、どこがダイエットキャンプやねんっ!!!

土曜日の夜は日付が変わる直前に、いつもの剣鉈コレクターさんの知人夫婦も到着したのですが、
彼らがテントを張り終える頃には雨が本格化し、キャンプサイトは水溜り状態になりました。


日曜日も朝から降ったり止んだりだったのでサイクリングはあきらめ、わたくしは新wing号に便乗して、
朝から湯ノ口温泉へ、今回はwingさんの運転だったので「風呂上がりの一杯」も味わえました。

温泉の寝湯では隣の方から「筒井康隆氏に似てますね、大ファンなんですよ。」といきなり話しかけられ、
わたくしも氏の作品は大好きだったのですっかり意気投合、wingさんと三人で話してたのですが、
なんとランドナーで世界一周もされたそうで、今でも熊野のご自宅から宮崎のご実家までランドナーで
帰省することがあり、来年春には自宅を改造してライダーズ・ハウスとして開放したいとか・・・
いやあ、じつに楽しみであります。


と、「朝湯・朝酒」でさんざんまったりして、昼前にキャンプサイトに戻ると・・・

BlogPaint

剣鉈コレクターさんの知人の若手四人組が到着してました。



ちなみに左端、耐熱グローブを嵌めてる彼のTシャツの胸元・・・

DSCN9030

なかなかの人生訓でありますね・・・




で、彼らが焼き肉を食べつつワインを飲みつつ作ってくれたのが・・・

DSCN9034

アウトドア用の炭火ピザ窯を持参して、自家製の生地をその場で伸ばして作ってくれた・・・






DSCN9043





DSCN9037

各種の本格手作りピザに・・・






DSCN9040

本格的な砂肝アヒージョなんぞのイタリア料理・・・





DSCN9047

いやあキャンプで本格イタリア料理を味わうなんて、じつにひさしぶりでした。旨かったなあ・・・





で、おいしい料理のお礼に、今や熊野キャンプの伝統ともなった・・・

DSCN9051

バナナによるトンビの呼び寄せ方法を伝授したり・・・





巨大な小川テント「ティエラ」の立て方を伝授したり・・・


BlogPaint

って約1名、指導教官風のあやしいおじさんが混じってますが・・・



若者たち、特に若い女性が加わるとキャンプサイトが一挙に華やかになりますねえ・・・

「さあさ、このキャンプでは貴重な国産牛の焼き肉をどんどん食べてね!!!」と剣鉈コレクターさん。

「このキャンプ名物のバジル・ソーセージのスモークですよ!!! 1本100g、全部で20本あるからね!!!
これを食べ切らないと、次のつみれ鍋にはありつけませんよ!!! げひげひ」と98kさん。

「これを若い人たちにプレゼントします。」と素敵なクリアファイルを出してきて渡そうとするwingさん。

「ありゃ、こんな素敵なファイル、わたくしもらったことないぞ!!!」と、さっそく抜き取ろうとする98kさん。

「あんたの分はありません。若い人だけです。がるるる」と、取り返そうとするwingさん。

とか、みんなで仲良く? 延々と飲み続け、食べ続けましたとさ。

って、どこがダイエットキャンプやねんっ!!!

この日の夕方からは天候も完全に回復、星空もきれいでしたが若者組は当日早朝の出発でしたし、
残りのメンバーは前日、前々日から飲み続けのため、10時半過ぎには全員が就寝しました。




で、最終日のキャンプサイトの様子・・・

DSCN9059

まさに雲一つないピーカンで、ずぶ濡れだったテントやタープも完全に乾きました。




ちなみに・・・

DSCN9057

みなさんとは反対側に隔離された、いびきのうるさい約2名が今回使用したテントであります。






DSCN9061





BlogPaint

強烈な朝日を避けて、まったりと朝食・・・






DSCN9063

朝食のメインはバジル・ソーセージとスクランブル・エッグとバケットのオリーブオイル・トースト・・・
でしたが、残ってた焼き肉なんぞもたっぷりと・・・さすがに帰路があるので飲めませんでしたが・・・

って、最終日の朝食まで・・・どこがダイエットキャンプやねんっ!!!






DSCN9065

連日ガラガラだった瀞峡観光のジェット船も、この日は快晴でほぼ満席でしたね。




で、みなさん三々五々の解散で・・・

DSCN9064

昼過ぎまでまったりしてたのはwingさんとわたくし、それにつき合わされたボルトアクションくん夫妻。



で、遅めの昼食は古道歩きの里ちかつゆで・・・

DSCN9070

わたくしは熊野牛の肉そばとめはり寿司のセット・・・





DSCN9069




DSCN9071

ボルトアクションくん夫妻は和歌山ラーメンと熊野牛の他人丼をお二人で・・・





DSCN9072

wingさんは熊野古道弁当を・・・


「そっちもおいしそうやな・・・一口ちょうだい・・・じゅるじゅる・・・」

「あげません。きっぱりと。」

と・・・仕方なく・・・

DSCN9073

わたくしは和歌山名産のみかんソフトを追加しましたが・・・

って、キャンプサイトを離れてからも・・・どこがダイエットキャンプやねんっ!!!



で、帰りは高速の渋滞を避けて山の中を有田まで・・・

DSCN9075



DSCN9076

途中、椿山ダムにある「日本一のヤッホーポイント」に立ち寄りました。

このフェンスポールあたりから対岸に向かって叫ぶと、見事に山彦が返ってきます。


ま、せっかくなので・・・

DSCN9083

対岸のヤッホーポイントまで渡り・・・






DSCN9081


DSCN9084

お互い記念撮影をしたり、お互い落としあいをしたりして遊びました・・・ざぶーん


次回の熊野キャンプは来年のGWの予定です。機会が合えばご一緒しましょう!!!



m98k at 21:51|PermalinkComments(2)TrackBack(0)mixiチェック

2016年09月20日

蒜山高原自転車道ふらふら

(期間限定のお知らせ)
2017年3月ボルネオ植林ツアーへの参加・特典付き苗木代寄付のご案内記事はこちらです。


先週末、岡山県北部にある蒜山高原自転車道をふらふらしてきました。

標高400~500mにある蒜山高原を一周する、全長28.9km、最大標高差135m、最大斜度約12%、
平均斜度約3%の人気の高いサイクリングロード(CR)であります。

今回ご一緒したのはキャンプ川下り仲間の剣鉈コレクターさんとライト仲間のwingさんのお二人。

宿泊先の「休暇村・蒜山高原」駐車場に10時集合の約束でしたが、わたくしは7時前に大阪を出発し、
7時半に神戸でwingさんをピックアップ、
この時点で現地到着予定は10時40分になってました。

ところが・・・wingさんに運転を代わってもらったところ、どーゆーわけか9時55分には現地に到着、
一足先に着いてた剣鉈コレクターさんと無事に合流することができました。あははは

で、

「CR北半分の高原コースは起伏のあるコース、南半分のパノラマコースはゆったりコースです。
この休暇村は高原の西側にあるので、時計回りに廻るほうが後半ラクだと思われますが・・・」

と、事前にてきとーに綿密に調べてた98kさんからの説明。

「ともかくラクなほうでお願いします。」と、ビワイチでもカメさんチームでご一緒したwingさん。

「仲間にはアワイチに備えて高原で高所トレーニングしてくると言って来たのですが・・・
ま、とーぜんラクなほうで・・・」と、こちらもカメさんチーム代表の剣鉈コレクターさん。

「では、このあたりから入ってみましょう・・・」

と、わたくしの案内でスタート・・・したのですが、数キロほど走ると・・・

DSCN8913

「ありゃま、もう26kmになって旭川沿いに出てますから、どうも時計逆回りに廻ってるようです・・・」

「まあ、どちら回りでも最大標高差は135mですから、このまま行きましょう・・・わははは


・・・との安易な判断が、後半で悲劇を呼ぶことになるのですが・・・あははは



で、前半のなだらかな高原内を快調に走り・・・

DSCN8915

この日はあいにくの曇り空で他のロードバイクは少なかったですが、たまに出会うのは対向ばかり、
追い越したり追い抜かれたりは一切なく、ランナーも含め我々以外は全員が時計回りでした。



蒜山三座を見渡せる展望休憩所に到着、せっかくなので記念撮影であります。

BlogPaint

人物は無視して・・・

マップ部分を拡大していただくとわかりますが、上にあるのが蒜山三座、下の青い線がパノラマコース、
その中央あたりが現在地で蒜山高原と蒜山三座を一望できる絶景ポイントなのであります。




ま、ついでに・・・

BlogPaint

わたくしもwingさんに撮ってもらいました。





で、こちらが蒜山三座・・・

DSCN8916







DSCN8917



ま、当日はあいにくの曇り空だったので・・・



DSCN8919

残念ながら大山までは見えませんでした・・・






で、まったりと休憩後は、平坦地なのでわたくしが引っ張ってたのですが・・・

DSCN8928






パノラマコースから山麓の高原コースに変わるあたりになると・・・

DSCN8930




DSCN8932

たちまち追い抜かれてしまい・・・






その後は延々と上り坂が続きました・・・

DSCN8933

今回の時計逆回りだと、後半の高原コースは東端から延々と上って西端で急坂を下ることになり、
これが通常の時計回りだと、最初の短い急坂さえ上れば、あとは下りが続くコースだったんですね。

「ううっ、このだらだらした上りはどこまで続くんでしょう・・・ひいひい」

「やはり最初に引き返して時計回りにすべきだったか・・・ひいひい」

「ともかく上って急坂を下りないと、昼食にはありつけませんよ・・・ひいひい」

と、上りにはきわめて弱いわたくし、後半の画像を撮る余裕は殆どありませんでした。ううっ



で、ようやく急坂を下りて平坦になったところで・・・

DSCN8937

お目当ての「ひるぜん焼きそば」が食べられるお店に到着。





ま、せっかくなので・・・

BlogPaint

お店の前でも記念撮影・・・




で、こちらが・・・

DSCN8942

名物のひるぜん焼きそばであります。

B級グルメコンテストで1位に輝いたとかで、コシのある太麺と独特のタレが絶妙でした。





ま、ついでに・・・

DSCN8941

おでんなんぞも食べましたが、こちらも味噌だれが旨かったですね。ばくばくごくごく







と、すっかりお腹がくちくなったところで再スタート、残り数キロは平坦路なのでのんびりと・・・

DSCN8957





DSCN8958

タンチョウさんとジャージー牛さんに出会えるスポットなんぞへ立ち寄り・・・








DSCN8952

右側がタンチョウさんの里で、現在は雛の子育て中とかでここから先は進入禁止、
左側がジャージー牛さんの放牧場であります。

ちなみに全国のジャージー牛さんは全部で1万頭、うち3000頭が蒜山高原で飼育されてるそうです。




こちらが・・・

DSCN8953




DSCN8954

タンチョウさん・・・???






こちらが・・・

DSCN8950






DSCN8951

ジャージー牛さん・・・???





この頃には晴れ間も出て、もう上りもないことだし、みんなにこやかでしたね・・・

BlogPaint









DSCN8959

やはり休暇村の北側がスタート地点だったのね・・・

と、逆回りになりましたが、ともかく一周は完走しました。

「さて、まだ時間はたっぷりあるので、今度は時計回りに廻りましょう・・・」

「そうですね、一周目は平均時速が20km/h未満だったので、次は30km/hで一気に一時間で・・・」

「あと一周といわずあと三周すれば120km、アワイチのショートコースと同じですからね。」

とか、軽い冗談を交わしつつ・・・

ま、とりあえずは・・・

DSCN8960




DSCN8962


DSCN8973

ジャージー牛のソフトをばくばく、ジャージー牛乳をごくごくして・・・






DSCN8967









DSCN8975











DSCN8912

いかにも高原らしい風景や秋の花を愛でながら、のんびり周辺を走ってたのですが・・・

「雲行きも怪しくなってきたし、ま、今日のところはこのぐらいで勘弁してやろうか・・・」





と、結局一周しただけで早々に宿に戻ることにしました。

DSCN8976

CR一周は28.9kmですが、わたくしのサイコンでは走行距離は30.7km、走行時間は1時間51分、
平均時速は16.5km/hになってました。
朝10時過ぎに出発して、宿に戻ったのが午後2時過ぎでしたから半分以上は休憩や食事の時間、
やはり、これが正しいポタリングの時間配分なのでありますね。がははは

ま、もう一周ぐらいはしてもよかったのですが、宿に戻ってラドン温泉に入って汗を流してると、
けっこう本格的に降ってましたので、今回はまさに絶妙の引き上げタイミングでしたね。
何組か途中で対向した家族連れなんかは、どこかで雨宿りされてることでしょう。


で、まったりと入浴後も夕食までかなり時間があったので、まずは缶ビールや缶チューハイで一杯、
(wingさんは夕食宴会に備えてフルーツジュースでしたが)みなさん朝が早かったので、
その後はお昼寝(お夕寝)タイムとなり、夕食スタートの5時半を待ちかねてバイキング会場へ・・・



DSCN8979

今回は旧館(西館)の安い和室にインターネット一番人気の「ジャージー牛と国産牛ダブル鉄板焼き付き
バイキングコース」つーのを予約してたのですが、バイキングの品数は50品以上でどれもおいしく、
お値段のわりにはとても充実した内容でしたねえ。






DSCN8981

手前の霜降りが国産牛、赤身がジャージー牛、コンロの向こうがバイキングの羊肉であります。
ジャージー牛は乳牛ですが、赤身好きのわたくしにはけっこうおいしくいただけました。




で、最初に頼んだ生ビールの次は・・・

DSCN8982

地酒・美保鶴の原酒・・・




で、完食後も・・・

DSCN8983

わたくしとwingさんはコーヒーを何杯もおかわりして、デザートやフルーツでまったりしてたのですが、
美保鶴をかぱかぱ飲んでた剣鉈コレクターさんは、一足先に部屋に戻られました。



で、8時前に部屋に戻ると、彼はすでに爆睡中、仕方なくwingさんと二人で・・・

DSCN8985

アーリータイムス日本向けバージョン「ブラウンラベル」の水割りなんぞをちびちびと舐めながら、
部屋にあった「The-T」とゆーシンプルなパズルに挑戦したりしてました。

じつはこのパズル、お二人が夕寝されてる間にわたくしが挑戦してたのですが全くできず、
wingさんならと、お願いしてみたところ、やはり全くできずでした・・・
(ちなみに翌朝、剣鉈コレクターさんに挑戦してもらったところ、わたくしが朝風呂を浴びてるあいだに、
なんと5種類ほどの図形を完成されたそうで、図形認識能力は個人差が凄いんですね・・・)

とか、いつものライト談義とかでダベってたのですが、さすがに日付が変わる前には就寝しました。

翌朝のバイキングも和洋中どれもがまともな料理で地元名物もあって堪能、午後から所用のある
剣鉈コレクターさんは早めに出発されましたが、残る二人はチェックアウト限度の10時までまったり、
お土産に乳製品なんぞを買って帰路へ、神戸で遅めの昼食をご一緒してバイクショップなんぞを覗き、
わたくし大阪には夕方早くに帰り着きました。
今回は天候がイマイチで事実けっこう降ったのですが、絶妙のタイミングでポタ中や積みおろし中には、
一度も雨に遭わずに済みました。これもひとえにわたくしの日頃の行いの・・・(以下略)

10月は恒例の熊野キャンプに淡路島一周(???)と、またご一緒しましょうね!!!




m98k at 02:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)mixiチェック

2016年06月30日

石田裕子&柏木玲子ライブ!!!

(期間限定のお知らせ)
2017年3月ボルネオ植林ツアーへの参加と苗木代寄付へのお願い記事はこちらです。


ひさしぶりに石田裕子さん(ゆこりん)のジャズ・ボーカルを楽しんできました。



今回のライブ会場は、大阪・ミナミの繁華街にある「BAR it is」(バー・イッツ)

このお店のマスター、特にスコッチにお詳しいとのことで・・・

DSCN8130

シングルモルトだけでも数十種類・・・じゅるじゅる・・・





まずは憧れのアイラ島モルト、ボウモアから・・・

DSCN8129

全身を巡るスモーキーフレーバー・・・って、カウンター上のスケールモデルも気になるところ…






DSCN8166



DSCN8170

ボンネット上には、わんこが寝転がってるし・・・





DSCN8217

さりげにクラリスなんかもいるし・・・





とかシングルモルトを舐めながらキョロキョロしてると、一回目のライブがはじまりました・・・

DSCN8138

広いカウンター内にピアノが置いてあって、ここがステージになるんですね・・・








DSCN8153

ボーカルはおなじみの石田裕子さん(ゆこりん)






DSCN8137

対戦車銃や斬鉄剣に狙われてる今回のピアニストは・・・









DSCN8202

柏木玲子さんであります。



心地よく聴けるボーカルとピアノが響き、心地よくシングルモルトが廻ります。



ちなみに柏木玲子さんはジャズ教室も主宰されてて、2回目のステージでは・・・

DSCN8178

生徒の藤井えりかさん・・・





3回目のステージでは・・・

DSCN8207

同じく生徒の久野くみこさんが飛び入りで、一曲ずつ聴かせてくれました。

柏木さんの教室では生徒さんでも、ジャズ以外の分野では、すでにあちこちで活躍されてるようで、
お二人とも、安心して楽しめるボーカルでした。





結局・・・

DSCN8222

ラストステージのラストソングまで、たっぷりと楽しませていただきました・・・ひっく

飲み物はボウモアから同じアイラモルトのアードベック、アイランズモルトのタリスカーに・・・

じつは当夜、このお店の前後にも飲み歩いてまして、とうとう終電に・・・ひっく



ま、恒例により・・・

BlogPaint


わははは、しあわせじゃあ!!!




出会いのP.S

今回誘ってくれたわたくしの知人の、学生時代からの友人つーことで、はじめて同席させていだいた方、
なんとSFマガジンの愛読者でピンク・フロイドが大好きだったとお聞きして、すっかり意気投合、
「ほっ、ほかにも・・・ひょっとしてこんなものも・・・」
と、わたくしがポケットからARC-AAAwingスペシャルを取り出すと、
「あはは、わたしのはそんな高級品ではありませんが・・・」
と、5LEDのしっかりしたハンディライトが、スーツのポケットからさりげに・・・

「わっ、98kさん以外のポケットから、なんでそんなもんが出てくるねん!!!」と知人に突っ込まれて、
「フラッシュライトの1本や2本、誰でもポケットに入れてるでしょ・・・あれっ、キミは持ってないの???」
と不思議がっておられました。

さらに幕間に楽しく話してたのですが、自転車にもけっこう乗っておられるそうで、電車での輪行も
(おそらくは帰りに飲めるとゆー理由から)よくされるとか・・・

いやあ、どこでどんな人に出会えるか、まさにライフ・イズ・ワンダフル!!!ですねえ・・・




m98k at 01:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)mixiチェック

2015年05月07日

2015春・熊野キャンプ報告

一週間のご無沙汰でしたが・・・

今年も行ってきました、恒例・春の熊野キャンプ!!!




わたくしは5月1日の夜10時前に現地に到着、夕方に到着していた川下り(宴会)仲間、剣鉈コレクターさんの、
キャンピングカーのサイドオーニング下にわたくしのテーブルをセットして、夕方から仕込んでくれてた、
温かいおでんやポトフで、とりあえずビールもどきをかぱかぱ・・・

DSCN4575

あとは与那国名産の花酒「どなん」をお湯割りにして、泉州名産の「がっちょの唐揚げ」なんぞでかぱかぱ・・・



なにせ「どなん」は「火気注意」と書かれた60度の泡盛、いつもながら前夜からへろへろになりました。




で、翌5月2日、朝の様子・・・

DSCN4581





DSCN4583




DSCN4587

お日様はもうすっかり山際から昇っているのですが、なかなか雲と朝靄が晴れず・・・








DSCN4584

気温は昨夜の午前一時に就寝した時と同様、ずっと12℃のままでした。






やがて朝靄が晴れると、スコーンと五月晴・・・

DSCN4591





DSCN4590

剣鉈コレクターさんは愛車ブロンプトンで周辺を散策、わたくしはサイドオーニング下でぐったりまったり・・・

ご覧のとおり、前夜は「新ベッドテント・システム」で就寝したのですが、さすがに風通しがよすぎて寒く、
この後、ベッド部分はサイドオーニング下に移動、お昼寝専用にしました。






やがて10時前にはわたくしの友人夫婦も到着、とりあえずテントを張り終えると・・・

DSCN4592





気温はどんどん上昇、あれよあれよとゆー間に29℃になり・・・





DSCN4595

あれよあれよと冷たいビールの消耗率も上昇、3日分を僅か1日で・・・





で、うちの奥様から差し入れてもらった・・・

DSCN4599

ガトーハラダの「ワインに合うラスク」なんぞが出てくると・・・










DSCN4596

友人夫婦差し入れのスパークリングワインも、あれよあれよとゆー間に・・・
(訂正追記です。こちらは友人夫婦からではなく、剣鉈コレクターさんからの差し入れだったようです。ぺこぺこ)





で、夕食用の高級和牛の試し焼き、牛タン、オイルサーディンなんぞを網にのせると・・・

DSCN4598

「うーむ、ここはやはり赤ワインか・・・でも冷たい白ワインもビールもいいなあ・・・ええい全部じゃあ・・・」

と、すべての飲料があれよあれよと・・・

さらに、やはり友人夫婦差し入れの馬肉の燻製「さいぼし」なんぞでかぱかぱやってると・・・


「こんなのもあるよ・・・むひひひ」

DSCN4597

「おおっ、八海山の発泡にごり酒!!!」

「これは口当たりがいいなぁ・・・さいぼしにも合うなぁ・・・飲み過ぎてしまうなぁ・・・あれよあれよ・・・ばたっ」

と、朝宴会なんだか昼宴会なんだかわからないまま、次々と日陰に倒れ込んで全員でお昼寝・・・




むっくり起きだしてきた夕方からは・・・

DSCN4602

手作りつくねとモズク入りのわかめスープ







DSCN4603

ひとめぼれ炊き立てご飯なんぞの準備ができると・・・








DSCN4605

お月さまが顔を出して・・・






あれよあれよと夕食宴会に突入・・・

DSCN4606

「ばくばく、やはり焼き肉には炊き立てご飯・・・とビールとワインと日本酒やねえ・・・かぱかぱ・・・」

「ここからは今回、家庭の事情でドタキャンになったwingさん分の焼き肉ですよ・・・ばくばく・・・」

「いやあ、それにしてもwingさんは残念だったなあ・・・それにしてもwingさん分もおいしいなあ・・・ばくばく・・・」


と、あれよあれよと焼き物系も食べ尽くし、「どなん」のお湯割りなんぞでまったりやってたのですが、
さすがに剣鉈コレクターさんは前日の夕方から、わたくしは前夜の10時から、友人夫婦は当日朝の10時から、
正確に3時間刻みで宴会と仮眠を繰り返してたので、10時には全員が就寝してしまいました。



ところがわたくし、今回キャンプの「3時間宴会・3時間仮眠」のサイクルが身体に染み込んでしまい、
ちょうど午前一時に目が覚めて、仕方ないので一人宴会でもするかと、テントから外の様子を窺うと、
わたくしのクルマの真後ろにクルマが停まってて、怪しい人物がごそごそと蠢いてました・・・

「うーむ、ついにこんなところにまでキャンプ場荒らしが現れたか・・・」

と、さりげにおしっこに行ってから、帰りに遠くからぐっと睨みつけてやると、

こんばんわ・・・夜遅くにお騒がせしてすみません・・・」と小さい声で挨拶してきました。

「つーことはソロキャンパーだったか・・・それにしてもこんな近くだとクルマが出せないではないか・・・」

と一言注意しようと近くまで行って、よくよく顔を見ると・・・


「あんたは・・・wingさんっ??? でも急な事情でドタキャンされたはず・・・まっ、まさか???


「いやいや、怨念だけではありませんのでどうかご心配なく・・・ちゃんと足もあります・・・
じつは仕事でも家庭でも急な事情で超多忙になってしまい、今回はすっかりあきらめてたのですが、
家内から「こんな時だからこそ、思い切ってキャンプに行ってきなさい。」と送り出してもらった次第です。」

「それは失礼しました。いやあ、じつに素晴らしい奥様ですねえ・・・」とすっかり感動したわたくし、
剣鉈コレクターさんもたたき起こして、深夜の一人宴会ならぬ三人宴会に突入・・・

BlogPaint

「まあまあ、とりあえず(わたくしが自分用にこっそりと隠しておいた)さいぼしで一杯どうぞ・・・」

「もぐもぐ、んぐんぐんぐ・・・ぷはぁ・・・やっぱり来てよかったなあ・・・うるうるうる

「こちらの熱々ポトフもわかめスープもどうぞ、どちらも残り物ですが・・・」

「はふはふ・・・んぐんぐ・・・いやあ、温まってじつに旨いっ!!!

「高級和牛のwingさん分・・・は、みんなで食べてしまったけど・・・ま、「どなん」をストレートで・・・」

「ごきゅ・・・げほっ・・・こっ、これは強烈ですね・・・まるで身体に火が点いたような・・・」

「ええ、ラベルに火気禁止と注意書きがあります。がははは

とかやってると、物音を聞きつけた友人夫婦も起きだしてきて、結局5人全員で深夜宴会を続行・・・

いやあ、wingさん、ほんとによく来てくださいました!!!

と、みなさんは3時過ぎには就寝されたのですが、すっかり「3時間サイクル」になってるわたくしは、
4時過ぎまでまったりと過ごし・・・

DSCN4609

夜明け前になってから、ようやく就寝しました・・・








で、5月3日朝の様子・・・

DSCN4610

前夜に少し雨もあったので、サイドオーニングの左右に雨除けタープを追加しています。
(ちなみにこの画像では、丸テーブル上にバナナの房が写っています・・・)


この日は朝寝と朝食でまったりしてから、まず10時に友人夫婦が湯ノ口温泉に向けて徒歩で出発、
残る三人は11時半に、わたくしの新XVで湯ノ口温泉へ出発、途中でピックアップすることに・・・



で、5人でいつもの湯ノ口温泉に到着すると・・・

DSCN4614

なんとつい最近、新設移転したそうで・・・






すぐ下流にできた新館へ・・・

DSCN4611






DSCN4612

まるでスーパー銭湯みたいに大きく新しくなってましたが、お値段と源泉かけ流し温泉はそのままでした。



で、まったりとキャンプ宴会疲れを癒して(非ドライバーは風呂上がりのビールを味わい・・・)、





昼過ぎにはキャンプサイトに戻って、wingさん差し入れのベルギーホワイトタイプのビールで・・・

DSCN4615

あれよあれよ・・・









さらには同じくwingさん差し入れの、ペールエールタイプのビールを・・・

DSCN4618

あれよあれよ・・・







さらにさらにこちらは・・・

DSCN4617

何タイプのビールだったか覚えてないけど・・・ともかくあれよあれよ・・・





で、前夜のポトフから発展させたカレーライスなんぞと、熊野キャンプでは今回が初披露となった、
わたくしお得意の「アーリオ・オーリオ・スパゲティ・デ・ペペロンチーノ・ア・ラ・シャウエッセン&新タマネギ」
なんぞをあてに昼食宴会で、またまたあれよあれよと全員が倒れこみ、三時間ほどお昼寝・・・





夕方に目覚めてからは、かまぼこからスタートして、あらゆる食材を次々とスモーク・・・

DSCN4622





DSCN4623







DSCN4627

「やっ、ワインに合うラスクがまだ残ってたぞ!!!」

「ならば、パイナップルをスモークして載せてみましょうか、けっこう合うかも・・・」

「そうそう、熱を加えると甘味が凝縮して味わいも増すはず・・・」

「でもさすがスモークだと桜のチップの薫りと干渉するし、水分が飛びすぎるのでは・・・」

「ふむふむ、では今回、新機軸で持ってきたこのフライパンで炒めてみましょう。」とwingさん


DSCN4625





DSCN4626

あれよあれよ・・・





DSCN4629

こりゃあ、なかなか赤ワインに合うなあ・・・あれよあれよ・・・

「そーいやバナナもありましたね、あれも焼きバナナにするとお酒に合うかも・・・」

と全員でバナナを探したのですが見つかりませんでした。温泉に行く前には丸テーブルに載ってたのに・・・

で、全員で犯人を推理しました・・・何せみなさん、すっかり出来上がっててヒマなので・・・

1) 98kさんがこっそり食べたか、夜食用にこっそりクーラーボックスに隠してるか・・・
と、まずはわたくしが疑われたのですが・・・
「みなさんの目を盗んでバナナ5本を一気喰いする機会なんてなかったし、わたくしのクーラーボックスも・・・」
と、クーラーボックスまで開示して身の潔白を証明・・・あははは

2) となると、近くのキャンパーか、まさかのキャンプ場荒らしが盗んで行ったか・・・
でも、ほかにもいろんなものがテーブル上にあったし、バナナだけ盗むなんてあり得ないし・・・

3) やはりカラスのしわざか・・・
カラスだとしたら、5本一度には重くて掴めないから、喰い破った袋の破片ぐらいは残ってるはず、
でも袋ごときれいさっぱりなくなってるし・・・

4) このあたりにはニホンザルなんかも多いけど・・・
野生動物が現れるのはキャンパーが寝静まった夜だけ、どこかで宴会してるだけでも出てこないのに、
真っ昼間に堂々と、なんつーことは考えられない・・・

5) ではトンビの仕業だろうか・・・
そーいや2~3羽がずっと低空飛行で獲物を探してたな・・・あの大きさならバナナ5本ぐらい運べるし・・・
でもトンビって、バナナなんか食べるんだろうか???

結局次回、バナナを持参して監視カメラを設置してから温泉に行ってチェックしようとゆーことに・・・

(追記です。真相は翌年春の熊野キャンプで明らかに・・・)


で、すっかり暗くなったころに恒例の「98k七変化鍋」がスタート、今回は「塩鶏がらスープ鍋」からでした・・・


「って、どうせ次に白菜キムチをどばっと入れて、その次におでん具材、さらにカレールウを入れるんでしょ。」

「わははは、そのとおり・・・って今回はキムチを忘れたし、おでんは昨日さんざん食べたし、
カレーはすでにポトフからカレーライス、さらにキャベツとソーセージ入りのカレースープに進化したのが、
大量に残ってるし・・・今回は塩鶏がら味のままで、コショーをどばっどばっとかけつつ続けましょう・・・」


と、この日も3時間サイクルで宴会と仮眠を繰り返し、きっかり10時に就寝したのですが、
さすがに疲れてたのか、この日は全員、朝まで延々と眠り続けました。






で、翌5月4日、最終日の朝はコーヒーとサンドイッチと甘いものでまったりした後・・・


塩鶏がら鍋(チャンポン麺入り)の残りを・・・

DSCN4630

あれよあれよと・・・








さらにポトフ→カレールウ→カレースープの三変化に残り物はんぺん・ウインナ・生ソーセージを入れて・・・

DSCN4631

こちらもあれよあれよと・・・




で、最後はわたくしもみなさんも持参していたノンアルコールビールで乾杯し・・・





DSCN4632

あれよあれよと山積みになった空き缶や空きビンを片付け、ごみ焼きファイアーを楽しみ、

11時には現地で解散した次第。



今回は人数も少なく、特にライト仲間ではwingさんのみの参加となりましたが、仕事も家庭も超多忙な中、
理解ある奥様の後押しで参加していただき(八海山の生酒も味わえたし)感謝しています。

つーことで、次回は遮熱キャンプのリベンジですねっ、wingさんっ!!!








新XVのアイサイトVer.3に関する追加感想P.S

今回、往路は阪和道からR311へ、夜の走行で空いてましたが、たまにゆっくり走るクルマに付いた際は、
アイサイトVer.3の前車追従モードが思いのほか有効で、あまりイライラせずに済みました。
で、復路は大阪までwing号に先行してもらい、ずっと前車追従モードでお気楽に帰る・・・
はずだったのですが、雨天だったうえ渋滞を避けて山道に入ったため、アイサイトが急カーブなんぞで、
よくwing号を見失い、その都度設定した上限速度まで急加速して、カーブを高速で曲がり切ったところで、
wing号を認識すると今度は急減速し、これの繰り返しになってけっこう疲れました。
やはり雨天の山道は苦手というか、前車追従には不向きなのかも知れませんね。
もちろん阪和道に入ってからはしっかりとwing号について行ってくれて、大阪の手前でお別れするまで、
料金所以外では一度もアクセルやブレーキを操作することはなく快適でした。




m98k at 21:57|PermalinkComments(2)TrackBack(0)mixiチェック

2015年01月05日

焼酎とかラムとか・・・

(期間限定のお知らせ) 2015年3月ボルネオ植林ツアーへのお誘い記事はこちらです。



新春第一弾はlightchさんred-bicycleさんに負けないよーに、お酒のお話・・・

で、わたくしにはめずらしく、焼酎とラムのご紹介?であります・・・ややきっぱりと





まずは・・・

DSCN3535

左は大きさ比較用のおなじみ「黒霧島720mlサイズ」で、右のが・・・








DSCN3536

いただきものの韓国焼酎、ペットボトル入り200mlサイズであります。






ちなみにこちら・・・

DSCN3538

「先割り」になってるんですね・・・

200mlサイズのペットボトル、しかもプラ製のキャップとゆーのは、空き瓶をアウトドアで使えるので、
あまり焼酎を飲まないわたくし、むしろそちらのほうがうれしかったりして・・・






次にこちら・・・

DSCN3539




DSCN3540

壱岐の麦焼酎で容量は110ml・・・奥様が焼酎の無料試飲会でいただいてきたもの・・・

残念ながらこちらはガラス瓶でしたが、持ち運びに注意すれば、こちらも空き瓶をアウトドアで使えそうで、
醤油や油、洗剤など、液体を入れて安心できる、このサイズの容器とゆーのは貴重なんですよね・・・






ちなみに・・・

DSCN3544

壱岐は麦焼酎のふるさとだったんですねえ・・・知りませんでした・・・








で、こちら・・・

DSCN3541





DSCN3542

鹿児島の本格芋焼酎で容量は100ml・・・こちらも試飲会でのいただきものであります。




DSCN3543

こちらも残念ながらガラス瓶でしたが、パウチ加工されてるのでやはり空き瓶は重宝しそうです・・・


って、さっきから空き瓶の話ばかりしてますが、しょーじきわたくし、焼酎の味もよくわからないので、
いずれキャンプ宴会に持参して、焼酎好きな某wingさんにもテイスティングしてもらうことにしましょう。








で、最後はこちら・・・

DSCN3545





DSCN3546

ラム酒好きな某wingさんにいただいた、と思ってたのですが本人は知らないとおっしゃってたので、
多分どなたかのお土産でいただいたラム酒が二種類・・・すでに右側は空き瓶ですが・・・








DSCN3547

ラムはけっこう強いお酒ですが、口当たりがいいのでかぱかぱ飲めますね。

ちなみにこちらはどちらも50mlサイズのペットボトル、しかもプラのキャップであります。

いやあ、こちらはソロキャンプなんぞに液体を持っていくのに最適ですね。

つーことで、こちらは早く飲み切ってしまわないと・・・げひげひ





m98k at 22:25|PermalinkComments(2)TrackBack(0)mixiチェック

2014年09月09日

冬蟲夏草とか・・・


ええ、今回は・・・

red-bicycle(赤チャリ)さんのために大事にとってある、中国・西域からのお土産・・・





DSCN3059


そう、冬夏草ドリンクのご紹介であります。きっぱりと


免疫系統を整え抵抗力を増強、腎機能の改善にも効くとゆー「超強凝縮型口服液」!!!

・・・らしいのですが・・・




何といっても、

DSCN3060

この、「蟲」とゆー字が効いてますからねえ・・・げひげひ








DSCN3063

チベット高原の冬蟲夏草が主要原料、一回10mlで一日1~2回となってますが、
用量の増加も可とありますので、250mlの一気飲みも可能?

赤チャリさん、次回キャンプではぜひ、コンデンスミルク大型缶とあわせて一気飲みを!!!







いっぽう、こちらはラム酒好きのwingさん用に・・・

DSCN3057

って、こっちは誰からのお土産だっけ???・・・米国製だし、ひょっとしてwingさんからだっけ???・・・

といいつつ、左の92プルーフのやつはすでに飲んでしまいましたが・・・





それに・・・

DSCN3058

どちらも50mlの小瓶・・・ただしPET製なので、空き瓶はアウトドア用の液体入れにぴったり。


そうか、左の空き瓶には「冬蟲夏草」を入れておけばいいのか・・・

どちらも無色透明だし、おそらくwingさんも区別はつかないでしょう・・・わははは







(余計なPS)
ちなみに冬蟲夏草は虫ではありません。いちおー植物ですのでご安心を・・・




m98k at 19:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)mixiチェック

2013年05月31日

石田裕子&工藤隆ライブ!!!

さる5月27日、ひさしぶりのジャズライブを楽しんできました。

場所は大阪市内ディープサウス帝塚山にある「RUG TIME」・・・


RIMG15543



RIMG15544

店名はラグタイムですが、わたくしの大好きなラグタイムジャズばかりやってるわけではありません・・・

マスターにお訊きすると、ジャズ専門のお店になってから、もう30年になるとか・・・

帝塚山周辺はライブハウスの増減も激しいようですが、これからも続けて欲しいものであります。



で、この夜のライブは・・・

ボーカルが神戸のジャズシンガー、石田裕子さん

ピアノが福岡のジャズピアニスト、工藤隆(どうく)さん

とゆー、じつに豪華な顔ぶれ・・・だったのですが・・・

なにせ前日、前々日がどどんと帝塚山音楽祭、ジャズで踊ってリキュールで更けて、明けた月曜日の夜・・・

つーことで、なんと一回目のステージは、わたくしとわたくしの奥様の二人だけでした。


BlogPaint

(飲む前なので)借りてきた猫のようにおとなしく座ってる奥様と、演目を相談するお二人・・・







で・・・

RIMG15542

夥しいボトルの中から、お安いメーカーズ・マークの赤ラベルなんぞを頼んでちびちび舐めてると、

(わたくしたちだけのための)一回目のステージがはじまりました。ありがたやありがたや・・・







RIMG15538

石田裕子さんの、張りのあるボーカルとノリノリのMC・・・









RIMG15540

どうくさんの、乾いてよく跳ねるピアノ・・・



いやあ、じつに素晴らしいステージで、二人で独占するのがもったいないくらいでした。

ほんとに楽しいひとときをありがとうございました。



で、二人ともすっかりお気に入りになり、ついついアルバムも・・・


RIMG15558
RIMG15559

どうくさんのトリオ時代のファイナルアルバム・・・

4曲目に収録されている「Snow...and then...」とゆーオリジナル曲を、この夜はソロで聴かせていただいたのですが、
じつに素敵な曲で、ときにはしっとりと、ときには激しくカンカン跳ねる、すばらしい演奏でした。



で、もう一枚・・・

RIMG15560
RIMG15557

こちらはピアノとドラムスのデュオ、8曲目以外はすべてどうくさんのオリジナル曲であります。

どちらもどうくさんの公式サイトからお求めいただけるとのことで、ここできっぱりと宣伝しておきます。



で、石田裕子さんにも彼女のアルバムを求めたのですが、

「ありゃま、持ってくるの忘れたわ。ぎゃははは

との明るい答えでありました。ええこちらもきっぱりと。

ちなみに石田裕子さんは2012年・神戸ジャズボーカルクィーンコンテストのグランプリ受賞者なんですが・・・

彼女の公式サイトにもあるようにウィスキーのプロでもあり、食べることと飲むことが大好きだそうで、

「わたしジャズシンガーなんやけど、ブログは料理と酒の話ばっかりやねえ、がははは。」

と、なかなかお茶目な方なのであります。

ゆこりん、とっくにエラは超えてるから、ついでにビリーも超えてね!!!




(お二人とも楽しいブログサイトも開設されてますので、上記リンクからぜひご一読を!!!)






m98k at 15:01|PermalinkComments(5)TrackBack(0)mixiチェック