講演会

2018年12月11日

京都環境フェスティバル2018のご報告

12月8日9日に開催された京都環境フェスティバル2018のご報告であります。


8日の朝、京都駅の八条口から・・・

DSCN0645


DSCN0648

京都女子大学(京女)へ往復している真っ赤な「プリンセス・ライン」へ・・・じゅるじゅる


ではなく、その隣から出ている「京都らくなんエクスプレス」で・・・

DSCN0675

京セラ本社のお隣にある京都パルスプラザへ・・・
プリンセスラインで京女でもよかったんだけど・・・





DSCN0652

会場であります。




わたくしがお手伝いする「NGO緑の協力隊・関西澤井隊(N.GKSの旧名)」展示ブース。

DSCN0654

過去に何度も隊長をされたT富さんが今年も個人出展され、N.GKS幹事のT田さんと二人で
前日から準備してくれてました。



さっそく、わたくしが持参したT富さんデザインのTシャツを展示に追加・・・

DSCN0657

切り絵作家のT富さんですが、自分が着てた分は奥様に捨てられたとかで、不足分をT田さんと二人で
持ち寄りました。そういや彼は植林ボランティア・ツアー中に洗濯も着替えも一切しませんでしたから、
おそらく帰国後のTシャツはとんでもない状況だったんでしょうねえ・・・



で、テーブル上には、わたくしが持参した地球儀を追加・・・

DSCN0661

そう、これまでの植林地を紹介した地球儀であります。





DSCN0663

上からモンゴル・ウランバートル近郊、内モンゴル自治区・クブチ沙漠周辺、蘭州、ボルネオ島では
サバ州とサラワク州で、これまで20年間23回、現地の子どもたちと一緒に植林してきました。
ちなみにブラジル・ベレン近郊の植林地は地球の反対側なので見えません。



他のブース展示については昨年も紹介してますので、今回は気になった分だけ・・・

DSCN0667

ダンボール工作の展示・・・



ガールズ&パンツァー人気からか・・・

DSCN0674

じょしこーせーも興味深げに魅入ってました。



わたくしが長年愛用していたマイアミブルーのワーゲンビートルのスケッチがあったので、

DSCN0682

お話を伺うと、やはりご本人の愛車だったビートルのスケッチだそうで、話が弾みました。

関西AFVの会にも参加され「ワールドスケールモデラー」を創刊した楽八さんとも会われたようで、
ブース名について尋ねると「航空機ではハインケルhe111が一番好きなので」とのことでした。
いやあ、マニアの世界というのは狭いものですね・・・Bf109が専門のマニアもいるし・・・



ま、他にも・・・

DSCN0693

こんなブースもあったのですが・・・




今回、特に興味を惹いたのはこちら・・・

DSCN0710

「未来の昆虫食プロジェクト」のブースであります。



アンケートに答えると試食クイズに参加できるという趣向・・・

DSCN0692

ご覧のとおり、後で正解を見せてくれて、①がカナダ産のコオロギ入り、②がタイ産のコオロギ入り、
③がカナダ産のミールワーム入りだったそうですが、粉末で入ってるので全くわかりませんでした。



で、せっかくなので・・・

DSCN0690

粉末ではない昆虫そのままのローストとフライを購入しましたので・・・

赤チャリさん、次回のキャンプを楽しみにしててね!!!げひげひ




と、さらに9日には会場内のミニステージで・・・

DSCN0665



DSCN0705

こんな講演もやってて、けっこう大勢の方が聴き入ってました。




何枚かスライドをご紹介・・・(公開に問題があるようなら削除します。)

DSCN0695



DSCN0696



DSCN0697



DSCN0698



DSCN0700

じゅるじゅるじゅる


ちなみに・・・

DSCN0707

未来の給食メニュー???だそうです。

肉、魚、穀物よりはるかに環境破壊が少なく効率的にカロリー補給できる昆虫食は古代から続く、
まさに未来の食材、ただし食用に育てられたもの以外は、必ずよく洗って完全に火を通してから、
有害物質を含む昆虫もあるが樹液だけを摂取している昆虫などは安心とのことでした。



いっぽう、同じ会場内のワークショップでは・・・

DSCN0678



DSCN0680

13:30から「世界の子供たちと植林」と題する講演がありました・・・



ええ、カモ柄シャツを着た怪しいおじさんが動画の解説をやってました・・・

DSCN0729



DSCN0724

ま、こちらの人影はまばらでしたが・・・

内モンゴル自治区・クブチ沙漠の20年前、10年前、そして今年5月の様子、モンゴル大草原の様子、
アマゾン川流域、ボルネオ島サバ州・サラワク州の熱帯雨林の様子と現地の子どもたちとの植林や
交流会の風景を20分の動画で紹介し、残り時間で各地域の問題点などを話すつもりでしたが、
知識・経験不足と時間不足で、言葉足らずのまま終始してしまいました。

それでも十数人の方々が最後まで熱心に視聴いただいてたので、とてもうれしかったです。
ご清聴ありがとうございました。

次回はもう少しまともな説明が・・・できるのだろうか・・・



m98k at 00:51|PermalinkComments(0)mixiチェック

2018年11月20日

京都環境フェスティバル2018のご案内

今年も開催される、京都環境フェスティバル2018のご案内です。

わたくしも参加している海外植林ボランティア団体N.GKS(エヌ・ジクス)のもと隊長さんが、
今年も「NGO緑の協力隊・関西澤井隊(N.GKSの旧組織)」として個人でブース出展され、
これまでの活動内容をパネル等で紹介、わたくしもお手伝いに行きます。

12月9日には同会場ワークショップで「世界の子どもたちと植林」と題する動画による講演も
(何とわたくしが!!!)行いますので、案内させていただきます。
なお、参加料や予約申し込み等は一切不要です。

・開催日時 2018年12月8日~9日(土日・両日とも10:00~16:00)

・開催場所 
京都府総合見本市会館(京都パルスプラザ) 

     「NGO緑の協力隊・関西澤井隊」の展示は今年は「22番ブース」です。
      (ブースが多いので会場入口にある案内図でご確認ください。)     

・ワークショップ講演日時 12月9日(日)13:30~14:00
             (ワークショップ開催場所についても案内図でご確認ください。)

・会場へのアクセス方法や概要は各リンク先をご覧ください。


DSCN6598

(昨年のフェスティバルの様子をまとめた記事は
こちらです。)



m98k at 00:20|PermalinkComments(2)mixiチェック

2018年11月07日

ウータンの会・30周年!!!

先週末、「ウータン・森と生活を考える会」の30周年記念パーティに出席してきました!!!

わたくしが(宴会要員として)参加している植林ボランティア団体N.GKS(エヌ・ジクス)の澤井代表から、
自分の代わりに手土産を持って出席して欲しいと連絡があり、宴会付なら喜んでと・・・わははは


会場は阪神・武庫川駅の近くにある「マイ・チケット・CASA de UME」

DSCN0306




今回ご一緒したのは・・・

DSCN0308

昨年3月のボルネオ植林ツアーでN.GKS会員になったI本さん・・・





DSCN0312




DSCN0311





第一部はウータンの会・西岡代表による30年間の活動のまとめ報告から・・・

DSCN0317

はじめてお会いした西岡代表ですが、まさに「森の人」だったんですねえ・・・
あっ、それで「ウータンの会」だったのかっ???




と、30年の歴史についてはパネルにも・・・

DSCN0359


DSCN0357

じつにわかりやすくまとめてありました・・・どこかのブログサイトとはえらい違いですね・・・


現在はインドネシア・中央カリマンタン州タンジュン・プティン国立公園周辺を中心に活動しておられる
ウータンの会ですが、スタートはマレーシアボルネオ・サラワク州の熱帯雨林を守る活動だったんですね。
(ボルネオ島はインドネシアではカリマンタン島、マレーシアではボルネオ島と呼ばれています。)

ちなみにN.GKSは1998年の設立で今年で20周年、スタートは人類が近年沙漠化してしまった、
内モンゴル自治区・クブチ沙漠での植林活動でしたが、やがて中国北西部の同様に荒漠地化して
しまった地域や、草原や森林が乱開発により縮小しているモンゴル、熱帯雨林が乱開発により縮小
しているボルネオ島やアマゾン川流域でも「子どもたちに木を植え育てる心をはぐくむ」ことを目的に、
現地の子どもたちと一緒に植林・育林する活動を続けてきました。

最初の西岡代表の説明の中で、特にわたくしが目からウロコだったのは、ボルネオ島の2015年の
大規模森林火災のお話で、この時、焼失した熱帯雨林の面積は四国の1.4倍、火災で排出された
CO2量は推定16億トンで、これは日本が排出している年間総CO2量の1年分にあたる・・・
その原因としては、この年のエルニーニョ現象もあるが、ここまで大規模になったのは、
・違法伐採などで密かに森に入る人たちが増えたことによる人為的なもの、
・アブラヤシ(パームオイル)農園開発のための「火入れ」(重機で整地するより燃やした方が安い)
・熱帯雨林の多くを占める泥炭湿地にアブラヤシ農園開発のための排水路が張り巡らされたため、
泥炭層が乾燥し極めて燃えやすくなってきている。
といったことも挙げられてました。
人為的な要素も多い大規模火災で消火活動への支援も会としてされてたんですね。
いやあ、まったく知りませんでした。

わたくし2015年は秋にサラワク州へ植林ツアーに行ったのですがクチンの街が煙で覆われてて、
一緒に参加されてた樹木医のN井先生から「泥炭層は燃えにくいが発火して100㎡以上に拡がると、
消火活動は困難。」と聞いてましたし、大規模になった原因のひとつとしてクチンで噂されている中に、
インドネシアからアブラヤシ農園に出稼ぎに来ている人たちの労働条件の悪さへの不満が爆発して
あちこちに放火した、といった話もあるとも現地で聞きました。ええ、真偽はわかりませんが・・・
そーいや陸路で国境を越えると生活水準が一変してて、同じ島でも国の違いを実感したものです。

貧困が紛争を招く、豊かな環境を取り戻し住民の暮らしも豊かになれば紛争もなくなる、というのが
故・遠山正瑛先生の信念でしたが、貧困や経済格差による紛争で環境は大きく破壊されます。



閑話休題


西岡代表の次はTelapakに参加し違法伐採の監視を続けるヤヤットさんからの報告。

DSCN0319

違法伐採組織に殺されてしまった、同じ仲間のAbiさんについてのお話が特に衝撃的でしたが、
彼らにとっては、まさに命がけの保護活動なんですね。2002年にも仲間が2人殺されているとか・・・
サバ州ダナム・バレー保護区の監視員も完全武装でしたが彼らは兵士、ヤヤットさんらは民間人で、
しかもボランティア活動なので、まさに頭の下がる思いです。


こちらも、とてもわかりやすい説明でスライドも豊富でしたが、一枚だけご紹介・・・

DSCN0332

世界中の熱帯雨林で違法伐採された木材が中国などを経由してアメリカやヨーロッパ、日本などで
大量消費されているとのことでした。
ちなみに後の質疑での「軍や警察が取り締まれないのか?」との質問に対しては、
「インドネシアには未登録の港が多くあって、そこからの夜間積み出しを阻止するのは極めて困難、
アメリカやヨーロッパ、日本など豊かな国が違法伐採材を使わなければ問題はすぐに解決します。」
とのことで、やはり我々が「フェアトレード」材を使うことがポイントなんですね・・・

以下、最後のディスカッションも含め、わたくしの拙いメモ書きから抜粋・・・
・違法伐採した後にアブラヤシ農園を開発、最後は金などの鉱山として採り尽くし放置している、
こうなると、もはや森林として再生不可能な汚染された不毛の土地になってしまっている。
・村落の共有林制度もあるが、これまでは無知に付け込み企業に悪用されてきた。
・フェアトレード2005、ITTO国際熱帯材機関
・優れた法律はあるがかみ合っていない、違法伐採はアブラヤシ農園開発とつながっている。
・世界中に違法伐採木材の購入者が存在する。
(例・スラウェシ産の違法エボニー材が廻りまわって日本製の高級ギター・バイオリンに・・・)
・Telapakは地元、企業、住民への環境に配慮した法整備を政府に要望している。
・林業は再生するが農業は再生しない。肥料と農薬で汚染だけが残る。
etc・・・


ヤヤットさんの次はタンジュン・プティン国立公園に隣接するタンジュン・ハラパン村から来られた、
村の青年団リーダー、イラさんからの報告でした。

彼は今回まで一度も村を出たことがなく、パスポートを取得する際に初めて村を離れたそうで、
もちろん海外旅行も今回が初めてで、日本では驚くことばかりだったそうです。

DSCN0339

ええ、11月はじめの神戸でしたがダウンジャケットを着て寒そうにされてました・・・
そりゃあ、生まれてからずっと赤道直下で暮らしておられたんですからね。




(おそらくウータンの会協力による)日本語付きスライドでしたので、ほぼそのままご紹介・・・

DSCN0340





DSCN0341

小学校を出て違法伐採の仕事で木を伐りつくし、その後は鉱山で働いたものの採りつくして閉山、
以後はアブラヤシ農園で働いてたそうです。





DSCN0342

アブラヤシ農園で森がなくなり、鉱山周辺は金採取に使用した水銀で汚染され・・・





DSCN0343

左は泥炭層の下の砂地まで露出した鉱山跡、右は汚染されてしまった河川・・・




DSCN0344

経済的には、まだまだ大変だそうですが・・・




DSCN0345




DSCN0346

種の発芽時期には一本の木から何千何万もの芽が一斉に芽生えるので、その一部を採集・・・
(そのまま放置しても育つのは数本なので、こういった方法も熱帯雨林ではありですね。)




DSCN0347



DSCN0348



DSCN0349

植林した場合の活着率は70%以上だそうです。さすが地元の知恵・・・




DSCN0350



DSCN0351

村人たちが森を壊さないでも豊かに暮らして行けるように・・・




DSCN0352



DSCN0353

これまでに何度か書いてきた、熱帯雨林と住民がともに豊かになれる可能性のあるキーワード
・アグロフォレストリー
・エコツーリズム
・フェアトレード
を、まさに自分の村で実践しようとされてるんですねえ・・・素晴らしい!!!

で、それを支援しているウータンの会の活動も素晴らしい!!!の一言です。



DSCN0354

こちらこそ、素晴らしい報告をありがとう!!! ティリマ・カシ!!!


と、第二部は会員有志による本格インドネシア料理と持ち寄った酒や肴での記念パーティ!!!
我がN.GKSからも、澤井代表差し入れの大吟醸一升瓶を持ち寄りました。ぐびぐび

って、わたくしは恒例により飲み食いに夢中、とーぜん料理の紹介画像は一枚もなく・・・


せめて・・・

DSCN0377

使った箸袋だけでもご紹介・・・





食後はせっかくなので・・・つーか、とーぜん・・・

BlogPaint

イラさんと記念撮影している参加じょしだいせーたちに割り込みましたとさ・・・
もう一名、割り込んでるのはタスマニアの農業や畜産を研究されておられる方だそうで、
ウータンの会員以外にも様々な方が参加されてて、じつに楽しいパーティでした。

で、第三部は映像作家・中井信介さんの作品上映とヤヤットさんイラさん西岡代表を含めての対談。

17分の短い作品に熱帯雨林の現状と保護活動をじつに見事にまとめられてましたし、その後の対談も、
参加者も交えた素晴らしいディスカッションとなりました。

と、午後1時のスタートから全プログラムが終了したのは午後9時前、あっとゆー間の8時間で、
とても有意義な一日となりました。

で、一息つこうと裏庭に出てみると、イラさんが一人で一服されてて、わたくしにも勧めてくれました。
いやあ、インドネシアの煙草つーか本物の煙草なんて、じつにひさしぶりで美味でしたねえ。
お礼にグローやVAPEを勧めて、お互い同レベルのカタコト英語でしたがけっこう話が弾みました。
翌日には東京に連れて行ってもらう、とのことでしたが、ほんとに純粋で好奇心溢れる好青年で、
村での活動に村人たちが賛同しているのも、彼の性格に寄るところも大きいでしょう。



と、帰りはすっかり遅くなり、同じ最寄り駅のI本さんとは駅でお別れ・・・するはずもなく・・・

DSCN0368

ご近所のお好み焼き屋さんつーか鉄板焼き屋さんで、日付が変わるまで延々と・・・


ええ、I本さんお気に入りのお店で、特に肉の仕入れにこだわっているとのことで、この日は、

DSCN0369

さいぼし(馬肉の燻製)なんぞもあったもので・・・ひっく


ウータンの会30周年、あらためておめでとうございます!
じつに楽しかったです。40周年50周年も楽しみにしています。
ありがとうございました。ティリマ・カシ!!!




m98k at 18:33|PermalinkComments(2)mixiチェック

2017年12月11日

京都環境フェスティバル2017報告


昨日の日曜日、京都環境フェスティバル2017つーのに行ってきました。



京都駅からREX(らくなんエクスプレス)とゆーバスに乗り・・・

DSCN6577





烏丸通りを南下していくと・・・

DSCN6578






DSCN6579

どどーんと、ニンテンドー本社・・・は尻目に殺して・・・





DSCN6583

どどーんと、京セラ本社・・・



・・・の隣にある・・・

DSCN6585




DSCN6588

京都ブランドの発信拠点!!!京都パルスプラザ(京都府総合見本市会館)に到着。



さっそく一階にある大展示場へ・・・

DSCN6590



DSCN6591



DSCN6592

植林ボランティア団体N.GKS(エヌ・ジクス)の前身である「NGO緑の協力隊・関西澤井隊」の
過去の活動を紹介するブースを、N.GKSのボルネオ植林ツアーなどで何度も隊長を務められた、
切り絵作家のT富さんが個人出展されてたので、わたくしもお手伝いに行ってきた次第・・・



こちらが出展されてた16番ブースであります。

DSCN6598


DSCN6633




各ブースには〇✖式のクイズがあって、全ブースを廻って回答するとプレゼントがもらえる!!!
とゆー面白い企画になってて、T富さんが出された16番ブースの問題は・・・

DSCN6632

けっこう難しかったようで、「正解を教えて下さい!!!」と話しかけてくる来場者も多かったです。
難問をきっかけに来場者に説明できるというのは、なかなかうまい設問方法ですね。
ちなみに「ビールス」とあるのは「微生物」の意味ですが、正解がわからない方はコメント下さいね。

N.GKS代表の講演時には、ブースに誰もいなくなるので留守番をしてほしいと頼まれてたのですが、
それ以外の時間には特にやることもないので、各ブースをふらふらと見学しました。



会場内のミニ・ステージでは・・・

DSCN6602

自然系アイドルグループ!!!「ぽぽっぽくらぶ」のミニ・コンサート!!!とか・・・




DSCN6661

気象予報士・蓬莱大介さんと、お天気キャスター・斎藤雪乃さんの環境トークショーとかが・・・




テーマゾーンでは・・・

DSCN6594


DSCN6634



DSCN6635


DSCN6636



DSCN6645



DSCN6646

エコカーの展示とか・・・




こちらは・・・

DSCN6641

T富さんの主催する切り絵サークルの展示・体験ブース






DSCN6678

同じくT富さんの所属する自治会環境部のブース



こちらでは・・・

DSCN6679

電気を人力で生じさせるのは、いかに大変な労力かを体験するコーナーとか・・・




DSCN6656

火打石の体験コーナーとかをやっておられました。




ちなみに・・・

DSCN6660

「火打金」を関東の方言では「火打鎌」とゆーそうです。これまで知りませんでした。

まあ、わたくしが留守番しているときには、「こんなのより非常用にはファイアースターターですが、
むしろ使い切りライターを持つのが一番確実です。」と説明しておきましたが・・・げひげひ




以下、さくさくっと一部のブースをご紹介・・・

DSCN6608






DSCN6609






DSCN6617






DSCN6619






DSCN6620






DSCN6624






DSCN6628






DSCN6651






DSCN6652






DSCN6654






DSCN6662





DSCN6665






DSCN6666






DSCN6667





DSCN6671

官公庁やその外郭団体、企業やその関連団体の出展も多かったですが、ちまちまと活動している、
我々のような小さなボランティア団体の出展もけっこうありました。

みなさん、それぞれの分野で楽しく実践しておられる雰囲気が伝わってきて素晴らしかったです。
そう、自分が楽しめる範囲だけでも、何もしないよりはるかにマシなんですよね、地球環境には・・・




で、第一展示場のワークショップで行われた、

DSCN6675



DSCN6676

N.GKS代表による「世界の植林事情」と題した講演。





DSCN6683

ええ、わたくしはこの時、ブースの留守番でしたので、別の会員に撮ってもらった画像ですが・・・


と、今回はブースの留守番をしている間だけでも、多くの来場者や出展者とお話ができました。

環境問題については関心と知識をお持ちの方が多かったのですが、沙漠や熱帯雨林の現状や、
現地での植林活動については、けっこう誤解されておられた方も多かったです。
やはり実際に体験してみて、その経験を踏まえて情報を発信し続けることも大事ですね。





m98k at 22:22|PermalinkComments(3)mixiチェック

2013年10月07日

植林ボランティア15周年・記念講演会のお知らせ

(当サイトの過去記事を「HISTORY VIEW」で一覧することができます。)


ボルネオ島への植林ツアー記事は前回で終了しましたが、今回はこの植林ツアーを主催した、
わたくしの参加している植林ボランティア団体の15周年・記念講演会へのお誘い記事です。

予約不要・参加無料ですが、事前にメールやコメント等で連絡いただけると、詳細をお知らせできますし、
一緒に宴会もとい、お話もできると思いますので、よろしくお願いします。





―世界の子供たちに「木を植え育てる心」をはぐくむ実践隊―


  N.GKS(NGO緑の協力隊・関西澤井隊)

創立15周年記念 公開講演会・展示会のご案内


 日 時:2013(平成25)年 11月17日(日)

 場 所:文化パルク城陽 大会議室(東館4階) 近鉄京都線「寺田」駅から徒歩7分

 参加料:無料(参加自由)       



公開 講演会
 13時10分~15時30分


 「日中比較緑化考」  
                

         

         講師:徳岡正三先生(元高知大学教授、農学博士)



 「沙漠緑化を実践して20年」



 「熱帯雨林の保全・再生と国際交流」  
                

         

         講師:澤井敏郎(N.GKS代表)

         

         講師:達富弘之(N.GKS幹事・第18次隊隊長)




N.GKS15年の歩み展 
 13時~16

 

これまで15年間の取組の写真・資料を展示致します。チャリティも実施します。


本隊は、中国の沙漠緑化、モンゴル国での
緑化支援、北ボルネオ・ブラジルアマゾンの

熱帯雨林の再生植樹の実践をしています。今年8月までに18次隊を派遣しています。


なお、当日11時~12時N.GKSの会員総会を開催します。(傍聴歓迎)




一人でも多くのみなさんのご参加をお待ちしています。98k





DSCN0142
2013年夏・N.GKS第18次隊・マレーシア領ボルネオ島・サラワク州サバルにて・・・








DSCN0531
同・サバ州スカウにて・・・





m98k at 00:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)mixiチェック

2013年04月15日

亀岡N.GKS展 ロビー展とミニ講座のご案内

(期間限定のお知らせ)
2013年4月20日に矢作川で開催されるライトOFF会へのお誘い記事は
こちらです。



最近、ご案内記事やお誘い記事が続いておりますが・・・

わたくしが設立当初から参加している植林ボランティア団体が、今年で創立15周年を迎えます。

奈良での開催に続いて、京都・亀岡でも15年間の「歩み展」が開催されますので、ご案内申し上げます。

お近くの方は、ぜひお立ち寄り下さいませ。




亀岡N.GKS展 ロビー展とミニ講座のご案内



開催日時 2013年4月26日(金曜日)~27日(土曜日)の二日間


開催場所 生涯学習施設・道の駅「ガレリアかめおか」

                  TEL.0721-29-2700    京都府亀岡市余部町宝久保1-1 
                  JR亀岡駅よりバス10分または徒歩20分、9号線・加塚交差点西約200m
       

内容

ロビー展(中央ロビーにて、二日間とも9:30~18:00、入場無料)

   ・N.GKSの歩み
   ・AR CDMとREDD+
   ・沙漠の植樹と熱帯雨林の植樹
   ・第1回亀岡植林隊の報告
   ・N.GKS第18次隊(第2回亀岡植林隊)の案内


ミニ講座(2F研修室にて、先着30名まで、入場無料)

   ・4月26日(金)14:00~17:00
       (1)沙漠の植林(N.GKS第17次隊報告)
       (2)スカウレポートとN.GKS第18次隊の案内
   ・4月27日(土)10:00~12:00
       (3) BORUNEO RESEACH(仮題)
       (4)スカウレポートとN.GKS第18次隊の案内






それでは亀岡で・・・は、お会いできないかも知れませんので・・・


8月末にボルネオ島でお会いしましょう!!!(近日中に、正式にご案内いたします。)

IMG_3173



IMG_2021

最近、画像の使い回しが多いなあ・・・





m98k at 18:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)mixiチェック

2012年04月04日

2011生物多様性シンポジウム

かなり以前の話になりますが、一昨年に続き、大阪で開催された生物多様性シンポジウムに行ってきました。




前回の基調講演は天王寺動物園名誉園長・近畿大学の宮下実先生でしたが、今回は・・・








(以下、講演でのパネル画像を一部アップしていますが、問題があるようなら左バーのプロフィール欄からご連絡下さい。)

RIMG6122

大阪府立大学大学院の石井実先生のご講演で、「生物多様性と私たちの暮らし」とゆーテーマでした。









で、前回とは異なる切り口で、

RIMG6133





RIMG6134


やはり絶滅種、絶滅危惧種についてや、在来種を脅かす外来種のお話などがありました。



で、わたくしが前回の基調講演で特に感銘を受けたのは、ミツバチが生物多様性の減少で激減しており、
ミツバチがいなくなると、イチゴケーキもチョコレートもなくなる、とゆー部分でしたが、今回の講演の中では、








たこ焼きに関わる生物、とゆー部分でした。







って毎回、食べ物の部分しか覚えていないのですが、ま、その部分だけでも、ちらっとご紹介・・・


残念ながら、たこ焼きに関わる生物(その1)のパネルは撮れませんでしたが、まず、たこ焼きには基本食材だけでも、
タコなどの動物や小麦などの植物を、18種類以上使っているとゆーパネル説明があり、(その2)では・・・








RIMG6124

たこ焼きのソースや醤油、はたまたソースの香辛料などで・・・




少なくとも25種以上の生物が関わっている!






さらに・・・

RIMG6126


品種改良つーのは、じつは種内の多様性を利用してたんですねえ・・・










つーことで・・・












RIMG6125






たこ焼きは、生物多様性と豊かな生態系の恵みだったのね・・・





これは是が非でも、生物多様性を守っていかねばなるまい、と、おおいに納得した次第なのであります。







もちろん、これら以外にも、いろんなパネルを使ってのお話があったのですが、最後のパネルは・・・



RIMG6137



やはり、たこ焼き画像で〆ておられました・・・  (8個入り500円は、ちと高いけど・・・)











ちなみに、基調講演後のパネルディスカッションの中で報告されてた、大阪で活躍されてるボランティアの方も、

RIMG6141







生物多様性の危機=うまいもんの危機!!




つーことで〆ておられました。


いやあ、大阪人にとっては、毎年、じつわかりやすいシンポジウムなのであります。









ま・・・

RIMG6136


ちょっとした心がけなんですよね・・・







m98k at 21:44|PermalinkComments(8)TrackBack(0)mixiチェック

2010年08月11日

2010生物多様性シンポジウム

(期間限定のお知らせ  10月開催予定のライト好き九州OFF会へのお誘い記事はこちらです。)



とーとつですが、さる8月7日の土曜日、「生物多様性シンポジウム」とゆーのに参加してきました。





で、お昼過ぎに、会場である大阪国際交流センターへ・・・

RIMG2464





おおっ、これこれ・・・
RIMG2465




シンポジウムの会場は、左の階段を上がった二階なんですが、右奥のギャラリーでは・・・
RIMG2466





こんなのも同時開催されてました。
RIMG2467


こちらのほうでは、国際機関である国連環境計画(UNEP)から、大阪の淀川流域で活動するNPOまで、
様々な団体による、自然保全活動や環境再生の取り組みが紹介されてました。
国連や国の機関、大企業がけっこう身近なところで活動し、逆に地方自治体や地域の団体などの活動が、
けっこう全国的に、あるいは国外にも紹介されていることが、とても新鮮な驚きでした。


ま、とてもそれぞれの活動の内容までは紹介できませんので、そそくさと二階のシンポジウム会場へ・・・










で、シンポジウムのプログラムは、
RIMG2535


とまあ、こんな感じなんですが・・・









BlogPaint

事前申し込み300名限定の会場は、8割ぐらいの席が埋まってたでしょうか・・・
若者も来てて、けっこう関心が高くなってるような気がしました。





さて、第一部は、天王寺動物園名誉園長で近畿大学教授の宮下実さんの基調講演からはじまりました。
(以下、資料画像の一部を載せておりますが、問題なら削除しますので、ご連絡をお願いします。)






まず、いきなり・・・

RIMG2472


RIMG2473

さまざまな原因についての、お話の主要部分はすっかり忘れてしまいましたが・・・










RIMG2474


イチゴケーキとチョコが食べられなくなるのは大問題!

とゆーことはよくわかります。ええ、わたくしきっぱりと・・・








で、メインテーマは、外来動物の現状やその影響について・・・

RIMG2477

ちなみに、高知でニホンカワウソの痕跡が最後に確認されたのが1983年だそうで・・・もうそんなになるのか・・・





RIMG2483


つーことで、今の日本でも、外来動物の影響がもっとも大きいようですね。

ちなみにイノシシ、シカが増えている原因も温暖化や耕作放棄等、諸説あるようですが、
天敵のニホンオオカミの絶滅以外にも、ハンターの減少も影響しているようで、
これは間伐材と同じで、利用しなくなった、つまり食べなくなったのも要因のひとつだそうです。

うーむ、食べることなら、わたくしだってお役に立つことが・・・じゅるじゅる・・・




さらに・・・

RIMG2487

和歌山ローカルの話題もありましたが、全国(主に北海道、神奈川、和歌山)で捕獲されたアライグマだけで、
一年間でなんと12000頭!!! とゆーよーな数字、わたくし知りませんでした・・・

まあ、「和歌山県で問題の外来種」として、「夜な夜な河原を照射する怪しいキャンパー」
つーのが入ってなくてよかったですね、ライトマニアのみなさん!!!


とっ、ともかく、日本の生態系も大変な状況になっている、とゆーことがよくわかりました。


で、この後、大阪市における生物多様性の取り組みについての基調講演があり、
その後のパネルディスカッションで、パネラー各氏の簡単なご報告がありました。

ほんとに知らないこと、気づかないことが多く、まさに「眼からウロコ」のお話ばかりでした。


まあ、今回わたくしなりに理解した、誰にでもできる生物多様性を守る方法としては、

・庭には外来のヒマラヤシーダーなどではなく、固有のクヌギなどを植える。
(それだけで、生存できる生物が20種から、300~600種に増えるそうです。)

・できるだけ外来種をペットにしない、少なくとも死ぬまできちんと面倒をみる。
(メダカやコイなどの固有種でも、異なる生態系への放流は危ないそうです。)

・そして何よりも、本来の自然環境を破壊しないで、ごみは持ち帰る。

といったことのようですね。

またいっぽうで、自然に親しむことも重要で、平成20年の青少年白書では、
「自然体験の有無」と、「道徳観・正義感の有無」との間には、
5段階評価として、はっきりした相関関係が現れているそうであります。

また都会では、動物園や水族館、植物園、博物館などに行くことも大きな意味があるようです。




生物多様性は、気候や水の循環など、全ての生き物の存立を支えている基本とのこと、
それが恐竜時代は1000年に1種の絶滅だったのが、現在は1年でなんと40000種が絶滅しており、
そのほとんどが人類の活動によるものだそうであります。

今年の10月11日から、名古屋国際会議場で、生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)が開催されます。

今回のシンポジウムでの報告内容は、このCOP10にも持ち込まれるようで、
実効ある議論がなされることを期待してですね・・・







九州での前夜祭では、


スッポン鍋ならぬ、

(もとはチョコボールのおまけだった)

ミシシッピアカミミガメ鍋と、


タイワンザルの脳みそシャーベット、


アライグマとマングースの姿焼き!


で、きまりじゃあ・・・ぼかっ、べきっ、ぐしゃ



m98k at 01:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)mixiチェック

2009年08月25日

講演会とボルネオ植林ツアーのお知らせ

(期間限定 2009秋季熊野キャンプOFF会へのお誘い記事はこちら)




最近、お誘い記事が続いて恐縮ですが・・・

期間限定、講演会とボルネオ植林ツアーのお知らせであります。

わたくし、このカテゴリでちまちまと紹介しているとおり、10年ほど前から、
人類が荒廃させた沙漠や荒漠地、熱帯雨林などに、木をちまちまと植えております。

で、わたくしが参画しているボランティア組織が、今年の10月に創立10周年を記念して、
講演会を開く予定で、また、来年の1月にはボルネオ植林ツアーを実施予定ですので、
今回あわせてご案内させていただく次第であります。

少しでも興味のある方は、コメント投稿フォームのEmail欄にメールアドレスをご記入の上、
この記事にコメント投稿をお願いします。こちらから詳細をメールさせていただきます。
(Email欄に記入されたメールアドレスは、コメントには表示されません。)

どちらにも、どなたでも参加できますので、よかったらご一緒しましょうびっくり
(ちなみにこの組織、政治色・宗教色は全くありませんので念のため・・・)





創立10周年記念講演会



日時 2009年10月17日(土)13:30~16:00
      (会員総会は10:00からで、展示等もあり総会も一般見学自由です。)


場所 京都府城陽市「文化パルク城陽」大会議室
      (近鉄京都線「寺田」駅より南へ450m)


テーマ 「熱帯雨林と私たちの生活」
         (今回の講師は、森林生態学の専門家にお願いしており、
         熱帯雨林の仕組みやその消失状況と再生状況、
         私たちの生活との関わりなどについて、
         わかり易く、画像も交えてご講演いただく予定です。)


参加費 なんと無料!!!であります。にっこり








で、もうひとつは、かなり先なんですが・・・







東マレーシア(北ボルネオ)

熱帯林植樹勉強隊

期間 2010年1月8日(金)~15日(金) 8日間



行程 大まかには、関西空港→コタキナバル→クチン(植林)→ジャカルタ→関西空港


参加費 なんと約24万円!!!であります。すいません
        (これ以外にも関空までの交通費、査証料等が必要です。)



こちらについては、詳細が決定次第、再度ご案内させていただく予定です。







以下は、2007年7月、前回のボルネオ植林ツアーの記録です。

ちなみに、わたくしが参加したのは2005年に行った前々回でした。
ま、わたくし自身、今回も仕事の都合によって、ドタキャンになる可能性もあるのですが・・・落ち込み

ちなみにカラーコピー版の報告書を接写した画像ですので、見にくいですがご容赦を・・・


7fc5e772.jpg
この時、植えたのはマレー語でカポール、インドネシア語ではラワン、とゆー木であります。
ジャングルには80mにもなる巨木がいっぱいあったのですが、この50年ほどで、
ほとんどの巨木が伐採されてしまいました。
このような樹種の巨木が、いわゆる樹冠部を形成し、そこから地上まで、
様々な生態系で成り立っているのが熱帯雨林のジャングル、中でも、
世界最古といわれているのが、ボルネオ島のジャングルであります。
巨木だけを伐採しても、その影響はすべての生態系に及ぶわけで、
このまま放置すれば、CO2吸収だけでなく、まだまだ未知の可能性を秘めた、
ジャングル全体が危機に瀕します。
ただ、日本の屋久杉などとちがい、巨木に成長するまでわずか80年ほどですので、
ちょっと手助けをしてやれば、今ならまだ回復する可能性も残っているのであります。



703b3af1.jpg
隊員が装着しているスパッツ状のものは、ヒル除け用のオーバーソックス。
目の細かい生地でできており、ヒルの侵入を防いでくれる・・・はずであります・・・にっこり





7894d831.jpg
慣れない高齢者には、けっこうきつい作業なので、植林作業は一日だけ・・・
ま、元気な方なら、わたくしの分まで、がしがし植えて下さいね・・・
わたくしその間、木陰でちめたいビールなんぞを・・・げひげひにっこり

沙漠ならカラッとして、汗も蒸散するので頑張れたのですが、こっちでは息があがりました・・・




d144724a.jpg
現地の子どもたちに、「木を植え、育てる心」をはぐくむ、とゆーのが、
植林ツアーの目的のひとつですので、できる限り一緒に植えることにしています。






de5d58ac.jpg
サラワク州の森林局も、サバ州の森林局も全面協力していただいてます。

クチン周辺でも、心ある日本企業による壮大な植林計画も進んでいるそうですが、
まあ、こっちはせいぜい一回のツアーで数百本まで、それでも「木を植え、育てる心」
が少しでも現地で拡がれば、充分意義があると思っています。

アブラヤシのプランテーションや伐採などで、毎年本州の半分程度の熱帯雨林が失われている、
といわれているボルネオ島ですが、その生態系は実に複雑です。

とりあえず10月の講演会をお聴きになって、興味を持っていただけるとありがたいです。


で、もちろんツアーでは・・・
a7d275bd.jpg

d3f66d61.jpg
あちこちの戦跡や植物園、博物館も見学予定です。にっこり








at 20:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)mixiチェック

2007年02月15日

またまたいただきもの!

昨日2月14日は、セントバレンタインデー・・・
そう、わたくしが年に一度だけ、高級チョコレートを食べる日なのであります。
ちなみに自分で買った安物チョコは、1年365日、大量に食べておりますが・・・

あは
bb4c5e67.jpg


義理チョコその1

義理チョコその2

義理チョコその3・・・ううっ


たっ、たとえ義理でも、素敵な女性から、大好きなチョコをいただけるのは、
わたくしにとっては至福の日なのであります。

そして奥様からのチョコ!
fc2923bb.jpg

たとえ奥様からでも、帝塚山ポワールのボンボンをいただけるのは、
ま、いちおうは至福の日なのであります。

わははは、しっ、しあわせじゃあ!

って・・・

今回記事のメインは、実はこちらなのであります。
68565dce.jpg

6fc8e0aa.jpg

公開シンポジウム「温暖化を考える」に、遠路はるばる参加してくださった、
alaris540さん(前回2月12日記事参照)からの、いただきものなのであります。

(ちなみに一緒に置いてあるメッセージは、素敵な部下がくれたユーハイムのチョコバウムに入ってたもので、alaris540さんからではありましぇん。うふっラブ)

このLEDキーライト、なんでも危機管理機器展に行かれたときに入手されたとか。
ま、明るさはそれなりですが、LPガス団体協議会も出展してたんですねえ。

岩谷さんが、日本全国にLPガスを普及させて、農村部や山間部、離島などに限りない労働軽減と、
災害時や厳冬期の安定した調理用熱源を与えてくれたのですが、
いっぽうで、重要な燃料供給源だった里山の手入れをする必要がなくなり、
LPガスの普及に比例して、里山が荒廃して行ったという歴史もあるのですが・・・
ま、危機管理の点で考えると、安全管理や供給システムの進んだLPガスは必要不可欠、
ということになるんでしょうか。

いずれにしても、貴重な記念品をありがとうございました。

で、こんなのも、お土産にいただきました。
5c5e2d1f.jpg

抹茶こっこ!であります。きっぱりと

静岡銘菓「こっこ」は食べたことがあるのですが、抹茶版があったとは・・・
京都の宇治に限りなく近い城陽に、静岡の抹茶こっこをお土産に・・・
うーむ、こちらも宇治銘菓「抹茶だんご」で対抗すべきだったか・・・にっこり

今週末、みんなで楽しみにいただくことにします。じゅるじゅる

わははは、やはり今週は、し、しあわせじゃあ!



今週のいいわけP.S
ま、記事の大部分は糧食関係なんですが・・・
最近、ライト関係の記事が少ないので・・・
いちおう、ライト関係のカテゴリに入れております。ううっすいません

at 21:55|PermalinkComments(9)TrackBack(0)mixiチェック