音楽・楽器

2017年09月20日

なにわブルースフェスティバル2017!!!

(期間限定のお知らせ)
①2017秋の熊野キャンプへのお誘い記事は
こちらです。
②日程が重なりますが
2017年10月7日に「世界水フォーラムの展望と課題」講演会があります。
③8月1日から一ヶ月半、2017夏「トスカーナの休日」記事を連載しています。



とーとつですが、9月17日に「なにわブルースフェスティバル2017」に行ってきました!!!




じゃーん

DSCN5565

って、このポスター写真、よく見ると南海・汐見橋駅のホームでの撮影ですね・・・

大阪市内にある始発駅でありながら1時間に2本しか電車がないとゆー渋い駅・・・
しかも渋いベンチに座ってる、渋いブルース・ギタリストは今年3月まで現役だった浪速区長・・・
そう、ブルース好きの彼の肝いりで数年前から始まったフェスティバルなのでありますね。

大阪市浪速区も範囲に入る天王寺も含めたミナミ一帯は、こてこて大阪ブルースの発祥の地でもあり、
まさにぴったりのフェスティバル・・・


もちろん会場は・・・

DSCN5555

2002年のこけら落としに世界の超一流ブルース・ミュージシャンらを招いた、なんばHatch!!!
あの時は観客席にも関西ブルース・シーンを代表するミュージシャンが大勢来てたなあ・・・
いやあ懐かしいなあ・・・あれからもう15年になるのか・・・げほげほ



と、とりあえずホールへ・・・

DSCN5552




DSCN5554

この日は台風18号で開催が危ぶまれていたのですが、午後になって開催が決定しました。ほっ





ホールのロビーでは・・・

BlogPaint

ナオユキさんの一人ライブが始まってました。



ロビーにはいろんなポスターが貼ってありましたが・・・

DSCN5561

こちらは出演者といい会場といい、なかなか渋そうです・・・



とまあ、開演までのあいだ、とりあえず・・・

DSCN5558



DSCN5559

ブルース好きの仲間と乾杯であります。ぷしゅ、んぐんぐんぐ、ぷはぁ




豪華な出演者を再掲・・・

DSCN5566

わたくしは17日の公演でしたが、ロックも含めたオールスターキャストで、まあよく集まったもんです。

有山さん金子さん木村さんといった大御所はもちろん、女性ヴォーカルも大好きなわたくし、特に
大西ユカリさん率いる「ロックかしまし三人娘」と「ORESKABAND」にすっかりハマってしまいました。
それと幕間にもやってたナオユキさんの一人ラップ語りとゆーのか・・・わたくしははじめてでしたが、
まさに琴線に触れたとゆーか、こちらにもすっかりハマりました。


ともかく中味が濃くて、ぴったり5時の開演から正味5時間半、びっちり、こてこてでした・・・
最後のステージ準備では、一体何本マイクをセットするんや・・・とか思ってると、なんと、出演者全員で
有山さんの「梅田からナンバまで」を演奏・熱唱・大合唱!!! じつに楽しいフィナーレでした。


もちろん公演中は撮影禁止なので、こちらは開演前の様子・・・

DSCN5562

このホール、一階席は基本スタンディングなんですが、今回は指定席になってて助かりました。

そう、さすがに5時間半も立ちっぱなしとゆーのは、このトシではねえ・・・げほげほ
まあ立ち呑みとかキャンプ宴会では、今でもちょくちょくやってるけど・・・げひげひ

と・・・

大阪のブルースシーンの定番として定着して欲しい、素晴らしいフェスティバルでした。





m98k at 00:20|PermalinkComments(0)mixiチェック

2017年08月22日

トスカーナ紀行8 コンサート!!!

(期間限定のお知らせ)
①2017秋の熊野キャンプへのお誘い記事はこちらです。
②日程が重なりますが2017年10月7日に「世界水フォーラムの展望と課題」講演会があります。



リボルノへのピクニックから帰って、わたくしがまったりとしているあいだに・・・

DSCF5240

ローリスさんは菜園でフルーツの収穫とかを・・・




DSCF5247

マルタさんは台所でパスタの準備とかをされてました。ありがとうございます。ぺこぺこ



で・・・

DSCF5241





DSCF5250

マルタさんのおいしいアーリオ・オーリオ・ペペロンチーノ・スパゲティ・・・
・・・に、さらにオリーブオイルとチーズをたっぷりとかけて・・・
って、ペペロンチーノにもチーズをかけるんですね・・・



と、

DSCF5252

夕食のスタートであります。




ま、この日は事情があって・・・

DSCN3169

昨夜の残り物なんぞで・・・


DSCN3170

パスタの後は比較的短時間で済ませました。




DSCN3171

って、それでも2時間近くは食べ続け、飲み続けてましたが・・・



そう、この日は夕食後に・・・

DSCF5262

クリくんのクルマでアルトパーショへ連れて行ってもらったのであります。




DSCF5268

踏切にはちゃんと遮断機があったんですね。まったく気づきませんでした。




DSCF5271 (2)


DSCN3180

いったん旧市街へ入ります・・・




DSCF5273



DSCF5274




DSCF5272 (2)

ポタリング時には気づかなかったけど、コインランドリーのドアの絵まで凝ってますね・・・




で、いったん旧市街を抜け・・・

DSCF5283

新市街を廻って・・・





DSCF5282

この新しい「プッチーニ劇場」も、ポタリング時には気づきませんでした。



カーショップの前・・・

DSCF5279






DSCF5280

アレくん、どどんと買っちゃいましょう!!!




別の門から旧市街のOspitalieri広場に入ると・・・

DSCN3181

コンサート会場であります。



そう・・・

DSCF5314

この日は21時15分から無料のコンサートが開催されるのであります。
って、平日の9時を過ぎて開演というのは日本では考えられませんが、イタリアでは普通なんですね。

ちなみに、この「Ospitalieri広場」というのは・・・
ヨーロッパでも最古といわれる「タウ騎士団」(Order of Saint James of Altopascio)の本拠地・・・
だったんでしょうか???
アレくん、見てたら、またメールで教えてね!!!


閑話休題



以下、音声なしの画像だけですので、さくさくっとご紹介・・・

DSCN3196

主催者の簡単な挨拶があり・・・




DSCN3198

まずはピアノ独奏から・・・




続いて・・・

DSCN3200

ギター独奏・・・






DSCN3204

ピアノ伴奏によるバイオリンの独奏・・・






DSCN3208

フルートとギターの合奏・・・







DSCN3211

フルートの二重奏・・・





DSCN3214

再びピアノ伴奏によるバイオリン独奏・・・





で、いよいよ・・・

DSCN3217

アレくんのピアノ独奏!!!

そう、以前も書きましたが彼はピアニストで、ふだんは子どもたちに教えたりしてるのですが、
この夜は出演者の一人だったのであります。ブラボー!!! ぱちぱちぱち   




と、この後は・・・

DSCN3221

アコーデオンの独奏に続き・・・





DSCN3223

ピアノ伴奏の譜めくりでも活躍してました。




平日の夜遅くだというのに・・・

DSCF5328

広場は立ち見が出るほどの盛況でした。



で、クラッシックの第一部が終わり、第二部はジャズ・・・

DSCN3225

どちらかというと、わたくしはジャズのほうが好みなのですが、朝から地中海をエルバ島まで泳いで
疲れてたし、なにせ開演が遅く終演まで聴くと深夜になるので、一曲目で中座しました。




DSCF5342


DSCF5343

夜のアルトパーショも静かで風情がありましたねえ・・・

と、翌日は早朝から鉄道でフィレンツェに向かいます。

(次号に続きます。)




m98k at 21:28|PermalinkComments(0)mixiチェック

2017年06月23日

想い出のあの歌・・・

想い出のあの歌・・・

先週めずらしく、関西二期会主催のコンサートに行ってきました。

DSCN1388

今年でもう20回目になるそうですが、わたくしははじめて・・・





当夜の出演者のみなさん・・・

DSCN1392






会場のいずみホール・・・

BlogPaint

公演中は撮影禁止なので、終演後に・・・ちなみに公演中はほぼ満席でした。





で、当日の演目・・・

DSCN1391




DSCN1390

全37曲・・・
オペラなんて行ったことないけど、おなじみの歌ばかりつーのはいいですね。

特にわたくし、第1部18曲目の「幸福を売る男」がじつにひさしぶりで琴線に触れました。うるうる

みなさんの琴線に触れるような「想い出の歌」はありましたでしょうか・・・




m98k at 00:23|PermalinkComments(4)TrackBack(0)mixiチェック

2017年01月20日

内田勘太郎 DEEP BOTTLE NECK GUITER

(期間限定のお知らせ)
2017年3月に行くボルネオ植林ボランティアツアーへの苗木代ご協力お願い記事はこちらです。
持ち物リストに続きボルネオ島での注意事項などを「N.GKSのblog」の記事にアップしました。ご参考まで・・・



2017年1月13日付け産経新聞の朝刊に特集記事が載ってたもので・・・

DSCN9889









ええ、ついついポチってしまいました。

DSCN9890



DSCN9893




DSCN9892

わたくしが憂歌団の追っかけをしてたデビュー当時から愛用されてた「チャキP-1」が手元に戻ったそうで、
ボトルネック奏法のボトルネックは昔から変わらないカルピスの瓶・・・








DSCN9891

やはりいいですね・・・





m98k at 17:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)mixiチェック

2017年01月15日

ジャニス リトル・ガール・ブルー

(期間限定のお知らせ)
2017年3月に行くボルネオ植林ボランティアツアーへの苗木代ご協力お願い記事はこちらです。
同ツアーへの持ち物リストを「N.GKSのblog」の記事にアップしました。ご参考まで・・・



昨年末、じつにひさしぶりに映画を観てきました。

ジャニス リトル・ガール・ブルー janis little girl blue・・・




ジャニス・ジョプリンのドキュメンタリー映画であります。

DSCN9996




DSCN9997

大阪では十三にある第七藝術劇場で昨年10月中の公開でしたが、わたくし見逃してて後悔してたら、
たまたま年末年始リクエスト再上映の一本になってたので、いそいそと出かけた次第。


ジャニス・ジョプリン・・・

わたくしにとってはトム・ウェイツとならんで、ブルース・ヴォーカルの素晴らしさを教えてくれたシンガーです。

これまで彼女の生涯はあまり知りませんでしたが、本来は陽気なテキサス娘だったんですね・・・

それが自分の容貌へのコンプレックスや高校時代のいじめなどで挫折や孤独を味わい、
やがて魂を歌うシンガーとして生きる道を選んでいった・・・

ステージで観客と一体となっているときだけは孤独を忘れるけど、それ以外はいつも孤独・・・
あまりにも優しすぎて、あまりにも傷つきやすくて、あまりにも愛を求めすぎて、だからずっと孤独・・・
その孤独から逃れるように、やがて薬物に侵されて死んでしまうんですね・・・

でもその歌声は今でも、そしてこれからも、ずっと愛を叫び続けてる・・・

ジャニスからの手紙を、彼女の死の直後に受け取っていたジョン・レノンが、インタビューに答えて
彼女の素晴らしさを訴えるように語っていたシーンが、とても印象的でした・・・


ジャニス・ジョプリン 1970年10月4日 ヘロインの多量摂取により死亡 享年27歳





m98k at 22:45|PermalinkComments(2)TrackBack(0)mixiチェック

2016年06月30日

石田裕子&柏木玲子ライブ!!!

(期間限定のお知らせ)
2017年3月ボルネオ植林ツアーへの参加と苗木代寄付へのお願い記事はこちらです。


ひさしぶりに石田裕子さん(ゆこりん)のジャズ・ボーカルを楽しんできました。



今回のライブ会場は、大阪・ミナミの繁華街にある「BAR it is」(バー・イッツ)

このお店のマスター、特にスコッチにお詳しいとのことで・・・

DSCN8130

シングルモルトだけでも数十種類・・・じゅるじゅる・・・





まずは憧れのアイラ島モルト、ボウモアから・・・

DSCN8129

全身を巡るスモーキーフレーバー・・・って、カウンター上のスケールモデルも気になるところ…






DSCN8166



DSCN8170

ボンネット上には、わんこが寝転がってるし・・・





DSCN8217

さりげにクラリスなんかもいるし・・・





とかシングルモルトを舐めながらキョロキョロしてると、一回目のライブがはじまりました・・・

DSCN8138

広いカウンター内にピアノが置いてあって、ここがステージになるんですね・・・








DSCN8153

ボーカルはおなじみの石田裕子さん(ゆこりん)






DSCN8137

対戦車銃や斬鉄剣に狙われてる今回のピアニストは・・・









DSCN8202

柏木玲子さんであります。



心地よく聴けるボーカルとピアノが響き、心地よくシングルモルトが廻ります。



ちなみに柏木玲子さんはジャズ教室も主宰されてて、2回目のステージでは・・・

DSCN8178

生徒の藤井えりかさん・・・





3回目のステージでは・・・

DSCN8207

同じく生徒の久野くみこさんが飛び入りで、一曲ずつ聴かせてくれました。

柏木さんの教室では生徒さんでも、ジャズ以外の分野では、すでにあちこちで活躍されてるようで、
お二人とも、安心して楽しめるボーカルでした。





結局・・・

DSCN8222

ラストステージのラストソングまで、たっぷりと楽しませていただきました・・・ひっく

飲み物はボウモアから同じアイラモルトのアードベック、アイランズモルトのタリスカーに・・・

じつは当夜、このお店の前後にも飲み歩いてまして、とうとう終電に・・・ひっく



ま、恒例により・・・

BlogPaint


わははは、しあわせじゃあ!!!




出会いのP.S

今回誘ってくれたわたくしの知人の、学生時代からの友人つーことで、はじめて同席させていだいた方、
なんとSFマガジンの愛読者でピンク・フロイドが大好きだったとお聞きして、すっかり意気投合、
「ほっ、ほかにも・・・ひょっとしてこんなものも・・・」
と、わたくしがポケットからARC-AAAwingスペシャルを取り出すと、
「あはは、わたしのはそんな高級品ではありませんが・・・」
と、5LEDのしっかりしたハンディライトが、スーツのポケットからさりげに・・・

「わっ、98kさん以外のポケットから、なんでそんなもんが出てくるねん!!!」と知人に突っ込まれて、
「フラッシュライトの1本や2本、誰でもポケットに入れてるでしょ・・・あれっ、キミは持ってないの???」
と不思議がっておられました。

さらに幕間に楽しく話してたのですが、自転車にもけっこう乗っておられるそうで、電車での輪行も
(おそらくは帰りに飲めるとゆー理由から)よくされるとか・・・

いやあ、どこでどんな人に出会えるか、まさにライフ・イズ・ワンダフル!!!ですねえ・・・




m98k at 01:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)mixiチェック

2016年03月28日

キャンプ場ライブ!!!

昨日の日曜日、キャンプ場でのライブコンサートに行ってきました。

「ありやまくんに春が来た! ウキウキピクニックライブ!! at一里松キャンプ場」であります。

会場は能勢にある一里松キャンプ場、出演は有山じゅんじ、金森幸介、金子マリ、木村充揮の各氏・・・



こちらは会場到着時の画像ですが・・・

DSCN7316

この後、開演時には広場すべてが観客で埋め尽くされるほどの大盛況でした。






わたくし、この日は知人のクルマで送迎してもらったので・・・

DSCN7313

お花見仕様のスーパードライを皮切りに「どこでも宴会セット」でかぱかぱやってると・・・






DSCN7320

金森さんのソロがはじまり・・・




DSCN7323

金森さんが有山さんを舞台に呼んで・・・





DSCN7330

お二人のデュオ・・・








その後は・・・

DSCN7334

木村さんのソロがあって・・・






木村さんが金子さんを呼んで・・・

DSCN7335








DSCN7337

お二人のデュオ・・・って、すでに木村さんは飲んだくれてましゅが・・・




やがて金子さんのソロになり・・・

DSCN7349






今度は金子さんが有山さんを呼び寄せ・・・

DSCN7361









DSCN7380



DSCN7381

お二人のデュオになり・・・







その後は有山さんのソロ・・・

DSCN7393






さらに有山さんが(会場で飲んだくれてた)木村さんを呼んで・・・

DSCN7394







お二人のデュオ・・・

DSCN7395





その後は木村さんが会場に来てたミュージシャンも呼んで・・・

DSCN7408

このあたりで会場送迎バスの出発時間となったのですが・・・




その後も全出演者が一緒になって・・・

DSCN7419





DSCN7417

さらに次々と・・・





DSCN7421

いやあ、じつに楽しい一日でした・・・送迎バスに乗り遅れた人たちは阪急のバス停まで歩いたようだけど・・・


今回のライブは、しばらく休養されてた有山さんの復活記念つーことで、関係者と出演者の協力で
実現したコンサートだそうですが、これからもお元気で活躍してほしいですね。




(撮影画像についての特段の注意書きはありませんでしたが、問題があるようなら削除しますのでご一報下さい。)


m98k at 02:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)mixiチェック

2013年05月31日

石田裕子&工藤隆ライブ!!!

さる5月27日、ひさしぶりのジャズライブを楽しんできました。

場所は大阪市内ディープサウス帝塚山にある「RUG TIME」・・・


RIMG15543



RIMG15544

店名はラグタイムですが、わたくしの大好きなラグタイムジャズばかりやってるわけではありません・・・

マスターにお訊きすると、ジャズ専門のお店になってから、もう30年になるとか・・・

帝塚山周辺はライブハウスの増減も激しいようですが、これからも続けて欲しいものであります。



で、この夜のライブは・・・

ボーカルが神戸のジャズシンガー、石田裕子さん

ピアノが福岡のジャズピアニスト、工藤隆(どうく)さん

とゆー、じつに豪華な顔ぶれ・・・だったのですが・・・

なにせ前日、前々日がどどんと帝塚山音楽祭、ジャズで踊ってリキュールで更けて、明けた月曜日の夜・・・

つーことで、なんと一回目のステージは、わたくしとわたくしの奥様の二人だけでした。


BlogPaint

(飲む前なので)借りてきた猫のようにおとなしく座ってる奥様と、演目を相談するお二人・・・







で・・・

RIMG15542

夥しいボトルの中から、お安いメーカーズ・マークの赤ラベルなんぞを頼んでちびちび舐めてると、

(わたくしたちだけのための)一回目のステージがはじまりました。ありがたやありがたや・・・







RIMG15538

石田裕子さんの、張りのあるボーカルとノリノリのMC・・・









RIMG15540

どうくさんの、乾いてよく跳ねるピアノ・・・



いやあ、じつに素晴らしいステージで、二人で独占するのがもったいないくらいでした。

ほんとに楽しいひとときをありがとうございました。



で、二人ともすっかりお気に入りになり、ついついアルバムも・・・


RIMG15558
RIMG15559

どうくさんのトリオ時代のファイナルアルバム・・・

4曲目に収録されている「Snow...and then...」とゆーオリジナル曲を、この夜はソロで聴かせていただいたのですが、
じつに素敵な曲で、ときにはしっとりと、ときには激しくカンカン跳ねる、すばらしい演奏でした。



で、もう一枚・・・

RIMG15560
RIMG15557

こちらはピアノとドラムスのデュオ、8曲目以外はすべてどうくさんのオリジナル曲であります。

どちらもどうくさんの公式サイトからお求めいただけるとのことで、ここできっぱりと宣伝しておきます。



で、石田裕子さんにも彼女のアルバムを求めたのですが、

「ありゃま、持ってくるの忘れたわ。ぎゃははは

との明るい答えでありました。ええこちらもきっぱりと。

ちなみに石田裕子さんは2012年・神戸ジャズボーカルクィーンコンテストのグランプリ受賞者なんですが・・・

彼女の公式サイトにもあるようにウィスキーのプロでもあり、食べることと飲むことが大好きだそうで、

「わたしジャズシンガーなんやけど、ブログは料理と酒の話ばっかりやねえ、がははは。」

と、なかなかお茶目な方なのであります。

ゆこりん、とっくにエラは超えてるから、ついでにビリーも超えてね!!!




(お二人とも楽しいブログサイトも開設されてますので、上記リンクからぜひご一読を!!!)






m98k at 15:01|PermalinkComments(5)TrackBack(0)mixiチェック

2012年05月20日

第10回タイフェスティバル大阪!

本日(正確には昨日)、大阪城公園で開催されている「第10回タイフェスティバル大阪」に行ってきました。


じつは、2008年に我が家にホームステイして、一緒にキャンプに行ったりしていた、タイからの留学生から、

「今回、タイ側のスタッフとして参加するので、ぜひ来て下さい!」と、お誘いがあったものでいそいそと・・・














RIMG13470


ええ、シンハービールとともに・・・











なにせ・・・

RIMG13466

4本でタイのえびせんべい1袋をプレゼント・・・だそうで・・・これはがむばらねばと・・・でへへへ









でも、こちらのチャーンビールは・・・

RIMG13578

3本でうちわをプレゼントか・・・こちらもがむばらねば・・・ひっく・・・









おっと、タイビールの紹介ではなく、タイフェスティバルの紹介でした・・・

RIMG13581





RIMG13580






大阪城公園の広場に、50以上のタイ料理やタイ特産品の露店が並び、特設のステージやムエタイリングでは・・・






RIMG13458


二日間にわたってタイ舞踊、ムエタイ、Tポップのコンサートなどが繰り広げられる一大イベントであります。



さっそく、19日土曜日午後の様子をご紹介・・・



まずは特設リングでのムエタイ・・・

RIMG13478



RIMG13475










特設ステージで繰り広げられる様々なタイ舞踊・・・

RIMG13497










RIMG13501











RIMG13504










RIMG13505










RIMG13515








RIMG13520











RIMG13525











RIMG13541












RIMG13558








RIMG13559








RIMG13560







もちろん、ステージ以外でも・・・







RIMG13575







露店も大賑わいでしたが、それ以外にも・・・






RIMG13488

素敵なおねいさんたちとか・・・












RIMG13545






RIMG13535






RIMG13537

つくつく(三輪タクシー)たちとか・・・ 欲しいなあ、これ・・・










さらにさらに・・・

RIMG13538

タイの神様たちとか・・・


とっ、ともかく、会場全体が大賑わいでした。





わたくしはTポップが始まる前に会場を出たのですが、それを目当てに朝からステージ前に陣取ってる人もいて、
夜になったら、もっとすごい賑わいになってたんでしょうね。






で、四年前はまだ15歳のじょしこーせいだったあの子も、今ではなんと19歳に!(当たり前ですが・・・)

タイでトップの大学にも合格したそうですが、さらに難関の日本の文部科学省の奨学金試験に合格して昨年から来日、
一年間、東京の語学学校に通い日本語1級検定に合格、今年から大阪の専門学校に通っています。

いやあ、なかなか優秀に育ってくれて、ニッポンのおとーさんもうれしいぞ!!!








つーことで、19歳になって、すっかり大人になった彼女は、今やタイ側のスタッフとしてですね・・・

RIMG13484

ええ、このおねいさんたちの中の・・・隙間から見える、向こう側の白いテントの隅にちらっと写ってます・・・








そう・・・

BlogPaint

この日は、日タイ修好125周年特別展示ブースのクイズ係としてがむばっていたのであります。

いやあ、すっかりスマートになったけど、あどけなさはぜんぜん変ってないなあ・・・



と、ニッポンのおとーさんもうれしくなり、さっそく日タイ修好クイズに挑戦・・・




RIMG13592


こんな難問にもスラスラと回答し・・・(ま、一問だけはヒントをもらいましたが・・・)









BlogPaint


見事に全問正解!!!で、賞品のカップ麺をいただいたのでありました。









もちろん賞品のトムヤムクン味タイラーメンは・・・

RIMG13587

先ほど、お夜食においしくいただきました・・・げふっ



つーことで、タイフェスティバル大阪は5月20日の日曜日までですので、よかったらどーぞ!!!


m98k at 02:20|PermalinkComments(5)TrackBack(0)mixiチェック

2011年08月05日

矢作川豪雨OFF会報告2

前回記事からの続きであります。

恒例の自己紹介とビンゴゲームが終了して、あとはご自慢のライトをお互い拝見しながらの交流会であります。

って、わたくしは人様の凄いのをもっぱら拝見するだけだったのですが・・・



RIMG5673







RIMG5660








RIMG5677

まあ、これらテーブルの上以外にも、あちこちの地面に置かれたガンケースには高級ライトがいっぱい・・・





なかにはこんなのも・・・

RIMG5663



BlogPaint

「これって、衣服が透けて見えるんじゃないのかっ!」

って、それはナイトスコープですよ、G3さん・・・








で、やはりメインは、広い河原での大照射大会・・・

RIMG5667



ストロボをオフにすると・・・



RIMG5668






RIMG5672


その凶暴さがよくわかりますね。








ちなみにこちらで照射されているのが・・・

RIMG5665

wingさんのスクリーンタープと、その奥はalaris540さんに使ってもらったダンロップR224テント・・・

さらにその奥に張ってた、クイックミリタリーソロテントは、背景に溶け込んで全く見えませんね・・・



とか、みんなで楽しくやっていたのですが、上流側から、徐々に雷鳴と稲妻が近づいてきて、雨脚も強くなってきました。

主催者のhowa_saraさんから、「いったん中止して、雨の止むのを待ちましょうか。」とゆーことで、
みなさんはいったんクルマの中に避難、我々四人は、とーぜんタープの下で宴会を再開・・・





ぴかっ、ばりばりばり、ざぁーっ





「うわーっ、今のは近かったですね、対岸の尾根筋にあった鉄塔にでも落ちたのかな・・・」

「なんか、さっき光った瞬間に、川端さんの顔がタープのフラップに一瞬浮かんだような気が・・・」

「そーいや雷鳴に交じって、「うけけけ、雨降らしちゃるぅぅぅ、雷落としちゃるぅぅぅ」とゆー彼の声が聞こえたような気が・・・」

「まあまあ、飲まない彼の怨霊を退散させるためにも、このソウルマッコリの缶でもいきましょう。」

「そーいや、こんなの関西のスーパーでは見かけないな・・・ぐびぐび」

とかやってると、どしゃぶりの雨と雷鳴の中・・・


「おじゃましまぁーす!!!」

「おおっ、これはこれはしぶーのさん!!! おひさしぶりです。またてっきり雷様が降りてきたのかと・・・」

「いやいや、仕事で遅くなって先ほど着いたばかりなんですが、途中で山の方を見上げると、遠くからでもぴかぴかと光って・・・
いやあ、みなさん楽しんでおられるんだなあ、と・・・」

「いやいや、それは稲妻ですよ、よくご無事で来られましたね。さぁさ、まずは一杯・・・」

「いや、明日も朝から仕事で帰らないといけないので飲めません。でもこんなのをお持ちしましたよ。」


RIMG5684

って、例によって、ほとんど食べ尽くしてからの画像になってしまいましたが・・・

人気ラーメン屋さんのチャーシューであります。

しぶーのさんお気に入りのお店のやつだそうで、とろけるようで、めっちゃおいしかったです。
ちなみに丸々2本も差し入れていただいたのですが、ほとんど二人で食べ尽くしてしまったとゆー次第・・・げふっ

さらにちなみに・・・テーブルの上にあった黒霧島のワンカップ、あれもしぶーのさんの差し入れでしたっけ???
わたくし勝手に封を開けて、半分ほど飲んでしまいましたが・・・



で・・・



「あれっ、そちらにお持ちのは・・・ウクレレですよね・・・」

「わははは、雷鳴と稲妻と土砂降りの中のウクレレもいいものですよ、ほれ・・・」



RIMG5144

ウクレレ演奏するしぶーのさん(左)と、チェロで伴奏する奥様(右)??? あれっ、楽器がちがうな・・・





もっ、もとい・・・





こっち、こっち・・・

BlogPaint

でも、雰囲気はウランバートルの方と似てたし、じっさいホーミーの発声方法についても詳しく解説、実演していただいたし・・・

まあ、ホーミーを練習中の赤チャリさんが、たまたまクルマの中で仮眠されてたのが残念でしたが・・・

で、しぶーのさんのウクレレ名演奏を聴かせていただいてるうちに、怨霊の心も和らいだのでしょうか、雨がすっかり上がりました。

とっくに日付は変わってましたが、この頃には東京からD.Sさんも到着、先に帰られた方も含めて、参加者は17名となりました。

ちなみにD.Sさんも到着された時、
「いやあ、山の中がずいぶん光ってるので、みなさん楽しんでおられると・・・」
って、それは稲妻ですってば!!!

イベントが再開される頃には、素晴らしい星空まで見えたので、爆睡されてたalaris540さんにも声をかけたのですが、
さすがに反応がなく、翌日お聞きしたら、「いやあ、聞こえてたのですが、身体が動きませんでした。」とのこと・・・

で、主催者のhowa_saraさんが、ぜひこの場で点灯式をやりたかったという、まだ未紹介だった・・・

RIMG5685

1961年製、東芝懐中電灯(新品・未使用)の点灯式とか・・・











これも恒例となっている・・・らしい・・・

RIMG5692






RIMG5697


凶暴ライトの一斉照射とか・・・

って、よくまあ、草むらが燃えなかったものです・・・







「まあ、これだけ凶暴なやつが並んだのですから、ちっちゃいやつもですね・・・でへへへ」

と、あまりの明るさに仮眠から起き出してきた赤チャリさん、自分のライトを次々とテーブルへ・・・

RIMG5688

この後、どんどん並べる本数が増え続け、改造DOP-11MGだけでもテーブルから溢れ出してましたが・・・



とか、なんだかんだと夜明け前まで楽しくやってたのですが、また雨が降り出したりで、さすがに川の増水が気になって、
みんなで流水面の確認に行っているときに、ちょうど中部電力のパトロールの女性が来られました。

「わわっ、こんな雷雨の中でキャンプされてるんですかっ??? しかもやたら明るいし・・・」

「まあ、キャンプ宴会とゆーか、照射宴会とゆーか・・・で、さっきからサイレンが鳴ってますが大丈夫なんでしょうか・・・」

「ええ、ダムは放水しますが、ここまで水位が上がることはありません。まあ流水面には近づかないように、せいぜい楽しんでください。」

「はいはい、では安心して宴会を続けることにします。」

とはいったものの、さすがにみなさんお疲れのようで、また雨も強くなってきたので、クルマで仮眠したり、
あるいは雨の中を帰宅されたりで、明るくなる頃には、ほぼ我々4人だけ、しかも雷雨はずっと続いていたのであります。


(あと一回だけ、無事生環???編に続きます。)



m98k at 00:55|PermalinkComments(8)TrackBack(0)mixiチェック