麺類

2020年08月12日

ヘルシーな夏の孤食と・・・

まずはヘルシーな夏の孤食であります。


DSCN6927

で、どこがヘルシーか、つーと・・・

①そうめんの量がこれまでの半分以下(僅か3束150g)!!!

②ハム・錦糸卵・竹輪・カニカマなどを一切使わない!!!

③しかもビールもどきは僅か1缶だけ!!!

えらいぞ、98k!!!

その後ビールもどきを追加し大量のチーズとハムとナッツで安ウィスキー水割りをかぱかぱ、
さらに寝る前に水羊羹を食べたような気もしますが、ま、これはあくまで気のせい・・・


ばくばく、ごくごく、ぷつん



役に立つかもしれないP.S.

ニッポンの暑い夏を乗り切るためには、こまめな水分補給が重要ですが、冷たい水分は
体内温を一気に下げてくれます。
「冷たい飲み物や食べ物は身体に悪い」とも言われますが、熱中症対策にはこれが重要。
特に夏のアウトドア遊びでは、できるだけ冷たい水分を摂るようにしましょう。
保冷ボトルに氷入りの飲み物が最適ですが、山歩きでは冷たい湧き水を水筒に入れ、
濡れたカバーで覆っておくと、気化熱で冷たい状態が保てます。
ちなみに生ぬるい水道水でも同じ方法で、けっこう冷たくなります。

アウトドアで熱中症になった場合
、ともかく体内温を下げることが最優先になります。
まずは風通しのいい日陰に移動させ衣服を緩め、できる限り冷たい水分を飲ませること。
さらに外部から身体を冷やしてやることも重要です。
近くに川や沢があれば全身を浸してやるのがベストですが、水が貴重な尾根筋とかだと、
太い血管が集まる股間・首筋・脇の下だけでも濡れタオルやバンダナで冷やしましょう。

意識が朦朧として頭痛・吐き気・水分摂取もできない場合は、外部から身体を冷やし続け、
できるだけ早く医師に診せるように手配しましょう。
もう大丈夫と思っても、高温で脳や内臓にダメージを受けている場合があるそうです。

ま、熱中症にならないうちに、こまめに水分補給と休憩することが肝心ですね・・・
わたくしなんかロードバイクを漕いでても、すぐに水分補給とたっぷりの休憩を・・・
って、これは夏に限らず年中だったか・・・

さらに本日のTVニュースでやってましたが、就寝時に脳の体温調節機能を保つためには
適温の空気を吸い続けることが大事だそうです。
室内の熱中症で亡くなる人は夜のほうが多く、氷枕などで頭を外部から冷やすのではなく、
エアコンを25℃~26℃に設定して朝までこれを呼吸する、冷え性の場合は身体に掛布団
をかけるとゆー「頭寒足熱」を勧めてました。

そーいや冬にテント内が氷点下になっても、身体さえ暖かければけっこう熟睡できましたが、
シュラフの顔まわりの水蒸気がバリバリに凍結してたし、あまりに空気が冷たいと鼻や肺が
痛くなってましたね・・・やはり「適温」がよろしいようです。





m98k at 00:15|PermalinkComments(0) mixiチェック

2020年07月19日

うに・・・

本日の昼食、ひさしぶりに「生うに」を堪能しました。

DSCN6773

ええ、何せ本日が消費期限だったもので・・・



そう・・・

DSCN6761

地元ではよく知られているとゆー、牛乳瓶入りの生うにであります。




DSCN6763

洗わずに、ざるで海水を切るだけ・・・




DSCN6764



DSCN6765

紫外線殺菌した海水を使用されてるようですが、それでも賞味期限は1週間。

メインだった高級料亭や高級すし店へのルートが、今回のコロナ騒ぎで途絶えてしまい、
岩手県の生産者が危うくなっているとの報道を、うに好きの奥様がたまたま見てて、
(特別価格で)さりげに注文してギリギリまで保存されてたもの・・・



つーことで、わたくしもお相伴にあずからせていただくことに・・・じゅるじゅる

DSCN6770

ええ、まずはそのままで、あとはわさび醤油ときゅうりと海苔で、ご飯にのせて・・・

ばくばく、んぐんぐ、もぐもぐ、ごくごく・・・

いやあ、一度にこんなに生うにを食べたのは本当にひさしぶりでした。
そう、はるか昔にサザエ獲りの合間にいっぱい獲って、浜辺で食べて以来か・・・

DSCN6771

仕上げは、うに丼と(フリーズドライの)海老にゅう麺で・・・

むぐむぐ、これもしあわせじゃあ・・・



m98k at 14:10|PermalinkComments(6) mixiチェック

2020年06月30日

PXと離着陸OFF会!!!

先週の土曜日、PXと離着陸を楽しむOFF会に参加してきました・・・

???

本来なら、陸自の伊丹駐屯地内から隣接地へ移転して土日も営業するようになった、
元PXの「サクラヤ」さんに立ち寄って、アウトドアグッズやミリタリーグッズを物色、
夕方から六甲山に分け入って、ライト照射しつつ光るキノコ「シイノトモシビダケ」
やヒメボタルなんぞを探索するとゆー、とても健康的なフラッシュライトOFF会

のはずだったんですが・・・ええ、当初の予定では・・・

例によって川端さんが大阪でわたくし98kをピックアップ、姫路から単独の赤チャリさんと
神戸wing邸に4人が揃ったのは土曜日の午前11時でした。

で、wing号と川端号に分乗して2号線から171号線を伊丹へ、まずは・・・

DSCN6452

「サクラヤ」さんであります。



DSCN6446

駐屯地内にはイベントでもない限り入れないし土日も営業つーのもありがたいです。




DSCN6450


DSCN6451

伊丹駐屯地限定グッズのガチャもありました・・・


店内の一部であります。

DSCN6448


DSCN6447

お客さんの99%は自衛隊関係者だそうで「サバゲーの方ですか?」と店の方に訊かれ、
「いやまあ、とある明るい趣味にも使えるものを探してまして・・・へらへら・・・」
とか答えてましたが、本格的なアウトドア用品がお安い!!!つーのもPXの魅力ですね。

さっそくみなさん物欲全開で店内をくまなく物色、様々なモノを購入されてましたが、
ま、モノについてはいずれまた・・・

「さてさて、夕方までには時間がありますが、どうしましょう?」
「せっかくなので空港へ行きたいな、確か離着陸を間近で見られるポイントがあったはず。」
「いいですね。最近ポイント近くに駐車場もできてるようですし・・・」

と、川端号はそのままにしてwing号に4人が乗車、滑走路近くまで移動することに・・・

DSCN6453

12年前に通過した滑走路の真下を横切る浅いトンネルを潜り・・・

「って、運転中に背後からカメラの赤外線を照射しないで下さいっ!!!」



とか、4人でわいわいと道中を楽しみながら・・・

BlogPaint


DSCN6455



DSCN6456

伊丹空港(大阪国際空港)の滑走路端に到着であります。


そう・・・

DSCN6458



DSCN6459







DSCN6489







DSCN6491


DSCN6493


DSCN6494



DSCN6495

着陸シーンをほぼ真下から眺めたり・・・



DSCN6472


DSCN6474


DSCN6475




DSCN6476


DSCN6480

離陸シーンを真後ろから眺めたりできるのでありますね。

今は国内線が殆どで小型の旅客機が多く、まだ時節柄なのか発着数も少なかったのですが、
昔は国際線の大型機もひっきりなしに離着陸してて、もっと迫力があったような気が・・・
あるいは昔に比べて旅客機の騒音や排ガスが少なくなったのかも知れませんが・・・



と、少ない離着陸を時間をかけて楽しみ、すっかり遅くなってから待ちに待った昼食宴会!!!

DSCN6498

おなじみ餃子の王将の「空港線豊中店」であります。



夕食宴会も近いことだし、まあ軽く・・・つーことで・・・

DSCN6500

wingさんは期間限定メニューの白胡麻担々麺と餃子3個のセットのみ・・・





DSCN6503

赤チャリさんは中華丼のみ・・・



DSCN6501

さらに少食な川端さんはジャストサイズの酢豚と餃子3個と胡麻団子1個のみ・・・



さらにさらに少食な98kさんは・・・

DSCN6502

シンプルな餃子セットのみでした・・・って、食べる前に撮ればいいものを・・・




DSCN6504

とーぜん完食しましたが・・・げふっ

「さてさて、予定では六甲山に移動して光るキノコとヒメボタルの探索なんですが・・・」
「ここ数日は雨が降ってないし、キノコの発光が見れるかどうか・・・」
「山中でヒメボタルを探すのも、かなりハードな行軍になるでしょうし・・・」
「外出自粛で在宅やデスクワークばかりだったので、山中を歩きまわる体力が・・・」

と軟弱路線への変更で全員一致、食後に川端号を回収して2台で大阪市内へ・・・

そう、今回はキノコとヒメボタルの探索後に(エアコンが壊れた)姫路wing邸には向かわず、
「東芝木かげ初号機」なる年代物クーラーが動く(かもしれない)わたくしの実家へ向かう
手筈だったのですが、光るキノコとヒメボタルはカットして直行したのであります。

阪神高速も比較的スムースに流れ(川端号は高速の入口付近をぐるぐる廻りましたが・・・)
まだ明るいうちに大阪市内ディープサウスにある、わたくしの実家に到着・・・

DSCN6505

奇跡的に再起動した「東芝木かげ初号機」で室内が冷やされると、冷蔵庫に用意していた
サッポロのゴールドスターから住吉ワイン、豚軟骨ハムなんぞでまったりダベってると、
あっとゆー間に暗くなり・・・

「いやあ、それにしても光るキノコやホタルを見つけて撮りたかったなあ・・・」
「って、ハードなのは嫌だって、あんたも言ってたでしょうがぁ」
「まあまあ、光るモノなら、こんなモノがありますよ・・・むひひひ」

と、川端さんがごそごそと取り出してたのが・・・

DSCN6506

暗闇で光る蛍光パラコードの全色・全種類セットだったのであります!!!



そう、室内を暗くしてwingさんの紫外線ライトを短時間照射すると・・・

DSCN6511



DSCN6507

けっこう長時間、蛍光するのでありますね。

「いやあ、じつに面白いなあ・・・何に付けようかなあ・・・」
「みなさん好きなだけ持ち帰って下さいよ、必要な分は使いましたから・・・」
「いやいや、全部wingさんに渡しておけば、次回にライト付きで還ってくるはず・・・」
「またまた、そんな圧力を・・・それにしてもホタルの発光も撮りたかったなぁ・・・」
「住吉大社の社殿とかは夜は閉門してますが、境内にある御田なんぞには行けますし、
万葉植物の卯の花苑も外からなら見れるし、ひょっとしてヒメボタルとかも・・・」
「いいですね。たとえホタルがいなくても夜の野外照射だけでも・・・じゅるじゅる

と、お疲れ気味の川端さんを残し、3人で夜の8時半から住吉大社周辺の散策へ・・・

神さま用のお米を作っている「御田」の夜景であります。住吉踊りで有名ですね。

DSCN6513

「おおっ、田んぼの中にホタルが・・・」
「あれは街灯りが水田に反射してるだけでしょうがぁ!!!」

とか、楽しくやってたのですが、モンゴル遊牧民なみの視力を持つ赤チャリさんが、
サギさんなどの生き物を発見、wingさんが新調されたE-M1mkⅢで撮っておられました。
ええ、わたくしには肉眼でも殆ど見えませんでしたが・・・

「赤色光のスポットで動画も撮りたいな・・・望遠レンズ持ってくればよかったな・・・」
とか、ぶつぶつ言ってましたが、わたくしの安物コンデジでは全く撮れなかった画像は
wingさんのTwitterへのツイートとかでご覧ください。

赤チャリさんは夜はカメラを持たずスマホだけでしたが、やはり見事に撮れてました。
「カメラ性能でスマホを選んでるのでレンズも明るく様々なマニュアル設定もできますので。」
とのことでしたが、やはりプロとしての過去の経験のなせるワザなんでしょうね・・・


DSCN6518

「おおっ、池にもでかいホタルが・・・」
「だから夜間照明とその反射ですってば・・・」




DSCN6530




DSCN6532


DSCN6533

やはり安物コンデジでは限界があるなあ・・・そろそろ買い替えるかなあ・・・

と帰り道にある「スーパー玉出」で遅めの夕食から甘いものから朝食から飲み物から、
どっちゃりと買い込み、重い荷物をお二人に持ってもらい、帰り着いたのは10時過ぎでした。

ま、その後は焼きそば・たこ焼き・お好み焼きの粉もん3点セットや紅しょうがの天ぷら
和洋スイーツなんぞで、住吉ワインやホワイトベルグ、バーボン、甘いビックルなんぞを、
かぱかぱやりつつ、恒例のヲタ話が続いたのですが、この夜はみなさんお疲れ気味のようで、
めずらしく1時前には就寝しました。

んで、翌朝は8時に起きてパンとコーヒーや紅茶で軽い朝食。
その後もプリンやゼリーなどでダベり続けてたのですが、さすがに大量の買い出し品が
昼前にはすべてなくなり、13時半から近くの中華薬膳のお店で遅めの昼食・・・

DSCN6538

みなさんは日替わりの鶏肉カレー煮込みと玄米粥のセット・・・


わたくしは黒胡麻冷担々麺のセットを玄米粥ではなく白ご飯で・・・

DSCN6540

って、食べる前に撮ればいいものを・・・


と、せっかくなので・・・

DSCN6537

わたくし点心セットも追加しました・・・

ちなみに川端さんの鶏肉カレー煮込みも、わたくしが殆どいただいたのはナイショです。

とまあ、店から戻ってからも延々とヲタ話は続き、またまたあっとゆー間に暗くなり・・・
「ありゃま、もうこんな時間ですね・・・さてさて夕食はどうしましょう?」
とか言ってると、めずらしく川端さんが、
「以前ここで食べたデリバリーのとんかつが食べたいな。でも一人前だと多いし・・・」

つーことで・・・

DSCN6543

とんかつ弁当3種類各1と大盛りフライドポテト1をシェアして遅めの夕食宴会・・・

わたくしとwingさんはハイボール、川端さんと赤チャリさんはコーラで、またまた延々と・・・

ま、みなさんは翌日からお仕事つーことで、赤チャリさんはwing号を運転して神戸まで
wingさんを送り届け自車に乗り換えて姫路まで、川端さんはわたくしを近くの自宅まで
送り届けて、大阪のさらにディープサウスにあるご自宅まで・・・
つーことで、みなさんに実家を片付けていただき解散したのは日曜日の夜10時過ぎでした。

今回もじつに楽しかったのですが、夜の野外で思い切り照射というのは果たせなかったので、
みなさん次回はぜひキャンプで、でも夏は暑いし混んでるキャンプ場は嫌だし・・・うーむ



m98k at 06:30|PermalinkComments(8) mixiチェック

2020年04月14日

ベトナム・ホイアンへ!!!

「緊急事態宣言」前のハナシになりますが・・・

わたくしベトナム中部、ダナン近郊にある港町ホイアン(料理のお店)へ行ってきました!!!

そう、ベトナム料理のAo Babaとゆーお店が全国に4店あって、大阪では初のお店がHoi Anだそうで、
つい最近、なんと我が家のご近所にオープンしたのでありますね。

で、平日に電話してみると時節柄もあって昼時も客足は少ないようだったので、さっそく・・・

DSCN6218



DSCN6223


DSCN6217

もともとあった築100年の古民家を2ヶ月以上かけて大改装したそうですが・・・
&STAYとありますので宿泊もできるんでしょうか・・・




DSCN6215




DSCN6216

いかにもホイアンの古民家らしい雰囲気・・・って、わたくし行ったことないので知らないけど・・・



と、さっそく中へ・・・

DSCN6213

ホイアン名物のランタンは現地から取り寄せたそうですが、一説によるとホイアンの日本人街で
使われていた日本の「行灯(あんどん)」がルーツだとも・・・

ちなみに、その後ろに見えるガラス障子、わたくしの実家にあるガラス障子と全く同じもので、
大正時代の最新流行だったんですね。家の外観も造りも昔の実家と同じで懐かしかったです。




DSCN6214

こちらの金庫も、この古民家に残ってたものでしょうね・・・



店内であります。

DSCN6184




DSCN6185




DSCN6194

中庭を持った格式のある家だったんですね。わたくしの実家は長屋の一画だけど・・・

これもホイアンの雰囲気・・・なのか、行ったことないので分かりませんが・・・

ウィキによると、鎖国までは日本との交易が盛んな港町で、日本人街も大きかったそうですから、
案外ホイアンの古民家もこんな感じだったのかも・・・
で、やがて河川による土砂の自然堆積で国際貿易港としての地位をダナンに譲ったそうで、おかげで
ベトナム戦争の戦禍に遭わずに古い街並みが残り、世界文化遺産にも登録されたとか・・・


閑話休題



DSCN6192

2階にも客席があるようでしたが・・・階段下にも古い金庫がありますね・・・



DSCN6187




DSCN6188

1階では様々なベトナム食材なども販売されてました。



DSCN6211





DSCN6210

ま、こちらは次回のキャンプ食材に・・・



で、

DSCN6161

予約席へ・・・



メニューはお昼のランチセットだけでも・・・

DSCN6179



DSCN6178



DSCN6177

DSCN6176



DSCN6180

いっぱいあったのですが・・・



とりあえず・・・

DSCN6168

ベトナム前菜3点セットと・・・






DSCN6171

わたくしはホイアン名物のチャーシュー麺ランチセット・・・




DSCN6169

家内は牛肉3種類盛りフォーのランチセットを注文しました・・・


で、「とりあえずビール!!!」であります・・・ええ、なにせ日本人街の住民なもので・・・

DSCN6172




DSCN6170

まずはハノイ ビールなんぞを・・・


ま、

DSCN6174

ベトナムの地酒なんぞは次回とゆーことで・・・



卓上調味料・・・

DSCN6195



DSCN6196

こちらもいずれはキャンプ宴会に・・・


と、家内とシェアしつつ、ばくばく・ごくごく・んぐんぐ・・・
ええ、たちまちデザートまで完食であります。げふっ


で、〆は・・・

DSCN6197

ベトナムコーヒーと・・・




DSCN6200

ベトナム緑茶にしました・・・ベトナムの中部山岳地帯はコーヒーとお茶の名産地だそうです。

いやあ、じつにおいしかったです。お店の方もきさくでとても親切だったし・・・

ま、大変な時期のオープンになってしまい、今後どうするかは検討中とのことでしたが、
夜の飲み放題つきフルコースも手頃なお値段のようなので、今の状況が落ち着いたら、
「チームフラッシュ光!!!」の企画打ち合わせ会とかにいかがでしょう???


そう、なにせ店内にはランタンがいっぱいだし・・・

DSCN6182



DSCN6202



DSCN6203





DSCN6191

素敵なおねいさん・・・とかもいっぱいだったし・・・





m98k at 01:24|PermalinkComments(2) mixiチェック

2020年03月07日

美々卯本店のうどんすき!!!

世間では人が集まるイベントは自粛中なんですが、ま、少人数だし混雑を避ければ・・・と・・・

美々卯本店で「うどんすき」宴会を堪能してきました。

ちょうど「日本めん食文化の1300年」を読み返したばかりだったし・・・

DSCN5392

ヒマな連中ばかりの少人数の集まりなので、平日の明るいうちから、ひっそりと・・・
ええ、地下鉄の車内も店内もガラガラでした。



DSCN5394



DSCN5396

これ欲しいなあ・・・って、やはり押し出し麺より切り麺かなあ・・・





DSCN5397

お店が紹介されている本などが「お持ち帰り自由」でしたので、ありがたくいただきました。




で、2階にある掘り炬燵式のゆったりとした座敷へ・・・

DSCN5401

戦前から蕎麦屋として久左衛門町にあった本店が戦災で焼失、戦後まもなくこちらへ移転したそうで、
今は「うどんすき」で有名ですが、じつは蕎麦も名物で、わたくし時々お昼ご飯にも立ち寄って、
「賑わいそばセット」つーのも食べてました。ええ、蕎麦が食べ放題のセットだったし・・・



と、今回のうどんすきコースは季節の前菜から・・・

DSCN5402







DSCN5403



DSCN5405

とーぜん飲み放題コースであります。かぱかぱ



で、メインのうどんすき!!!

DSCN5407

専用の(饂飩が取りやすい形状の)ステンレス鍋に特製の出汁をはって・・・

ちなみにこのタイプのアルミ鍋、わたくしの実家では何十年も前から使ってます。
寄せ鍋や水炊きの際にも土鍋より後始末が簡単ですし、たいてい饂飩は入れますし・・・
そう、たこ焼きプレートやモロゾフのカップ同様、大阪の家庭には必ずあるのでは・・・





DSCN5408

まず最初に煮崩れしにくい特製の饂飩をどばっと入れてくれます。
一般的な大阪のうどん出汁より、色はやや濃い目ですね。





DSCN5410

具材は季節の野菜、かしわ、はまぐり、穴子などが定番、煮立ってきたら活けクルマエビを投入、
ぴちぴち跳ねるのでトングでしっかりと押さえます・・・

で、あとはひたすら、ばくばくずるずるごくごく・・・


食べ放題の饂飩と飲み放題の飲み物を何度もおかわりして・・・ずるずるぐびぐび

DSCN5412

〆にはご飯の代わりにお餅を入れて・・・むぐむぐ



って・・・

DSCN5415

飲み放題の制限時間が終わっても、まだ饂飩と別料金のビールを追加してましたが・・・げふっ



で、耳から鼻から饂飩が出そうになって、ようやくデザートへ・・・

DSCN5416

今回は奇跡的に最後まで画像に収めることができました。ひっく

鍋物の〆に饂飩を入れるのが一般的ですが、最初から入れるのが美々卯の「うどんすき」で、
わたくしのように、宴席でも最初からご飯や麺類が欲しい人間にとってはうれしい限り・・・

ちなみに粉もん好きの大阪では、饂飩をおかずに白ご飯を食べていると思われがちですが、
大阪の大衆食堂とかで「うどん定食」を頼むと、白ご飯には小鉢ものと漬物が付いてきますし、
かやくご飯や丼物とセットになっている「うどん定食」も多いです。
そう、大阪の大衆食堂では饂飩や蕎麦は、ご飯のお供用の粉もん入り「お吸い物」なんですね。

ま、麺類とご飯類とゆーダブル糖質!!!(とビールや酒でトリプル糖質!!!)は定番メニューですが、
丼物に饂飩・蕎麦以外でも、大阪では饂飩・蕎麦と白ご飯に一品つきとゆー定食も多いですね。
ただし「お好み焼き定食」や「焼きそば定食」になると、別に吸い物が付くことになりますが、
カレーライスとカレースパゲティがハーフ&ハーフになったお店ではスープは別料金でしたね。

で、冒頭に紹介した記事のコメント欄にも書きましたが、奥村彪生氏によると・・・

饂飩は1300年代のはじめに京都のどこかの禅院で「きりむぎ(ひやむぎ)」をベースに発明され
命名され造字された中国にはない日本特有のもので、熱い湯に浸けて麺そのものを味わう食べ方、
江戸中期までは主に湯漬けとして用いられた。とありましたから、「釜揚げ」そのままではなく、
いったん冷水で締めて熱い湯に浸けて食べていたのが、江戸後期には「かけ汁」や「つけ汁」で
食べるようになっていったようです。
さらに同書によると、大坂では江戸後期になっても冷たいうどんは食べなかったそうです。

ま、わたくしは熱いうどんでも冷たいうどんでも、かけ汁でもつけ汁でも、腰のある讃岐うどんでも
柔らかい大阪うどんでも、釜揚げでも煮込みでもざるでもかけでも、どれも大好きなんですが・・・

もともとは寒い時期に熱い湯に浸けて食べるための太切り麺として作られたようで、その意味では、
「うどんすき」とゆー食べ方がオリジナルに近い食べ方、といえるかも知れませんね。



m98k at 00:07|PermalinkComments(2) mixiチェック