麺類

2017年09月01日

トスカーナ紀行15 和食?で利き酒?

(期間限定のお知らせ)
①2017秋の熊野キャンプへのお誘い記事は
こちらです。
②日程が重なりますが
2017年10月7日に「世界水フォーラムの展望と課題」講演会があります。


ピサからシモーナさんマウロさんのお宿へ、そして帰宅後はバッキーニバイクへポタリングして・・・

この日の夕食は・・・なんと、和食で利き酒???




そう、トスカーナ伝統の家庭料理をいただいてるので、わたくしもアレくんクリくんと三人で・・・

DSCF6488

日本の伝統家庭料理を作ってみました・・・

ちなみにこちらはアレくん家のキッチンで、今回わたくしは調理に専念?してましたので、
今回記事の画像はうちの奥様が撮ったものばかりです。





じゃーん

DSCF6493

そう、日本の家庭、特に大阪の家庭では伝統的なスープパスタであります。がははは





まずは・・・

DSCF6492

生卵を食べる習慣がないので、上に載せる卵をいったん加熱することにしました。





DSCF6489

アレくんご自慢の電子レンジ用ボイルドエッグ器で・・・

「半熟状態になればいいので、よろしくお願いします。」

「半熟状態になる加熱時間がわかりません。」

「まあ、いろいろと試してみて・・・」

DSCF6491

「35、36・・・」    ぼんっ!!!



ま、爆発してしまった卵は・・・

DSCF6495

アレくんに食べてもらうとして・・・

ちなみにチキンラーメンのダブルエッグポケットには、二人ともさすが日本と感心してました。






DSCF6497

「16、17・・・」って、わたくしの時計をレンジ前に置いたんだから、測ればいいものを・・・



と、ようやくみなさんにサーブして・・・

DSCF6498

ブラックペッパーをたっぷりかけます・・・ま、これはわたくしの好みですが・・・





DSCF6501

「お箸はこのように持ちます。」と、ひととおり説明したのですが・・・

日本通のクリくんは「マイ箸」を持ってますし、ローリスさんやマルタさんも上手に持ってました。
ま、クリくんだけは、少しなじめないようでしたが・・・



「それでは今から、正しいニッポンのスープパスタの食べ方をお見せます。
イタリアとは逆で、大きく音を立て、ノイジーに一気にすすり込むのがポイントです。」

DSCF6506

「ふっ、ふっ、で、一気に・・・ずるずるずるっ・・・


「あははは、そんなにノイジーに食べるのは、できないなあ・・・」

「このほうがずっとおいしいですよ、もちろんヌードル以外でやってはいけませんが。」

とか、解説しながら食べてたのですが、ずっとお箸にチャレンジしてて・・・

DSCF6521

「あははは、正しく持つのはあきらめました。」という人がいました。





DSCF6522

「こうやって・・・」




DSCF6512

「ありゃ、いっぺんについてきたな・・・」





DSCF6514

「このぐらいかな・・・」





DSCF6515

「ちゅるちゅるちゅる・・・」

「ま、お好きなように・・・」

と、日本の伝統的なアンティパスト・パスタ?を食べていただきました。
って、飲んだ後にラーメン!!!というのが日本の習慣なのですが、ま、ここはイタリア風に・・・


次は、やはり日本伝統の利き酒会であります!!!

DSCN4252

持参したのは日本酒が5種類に梅酒、ぐい吞み3個セットを2組、冷酒グラスなど・・・




それと・・・

DSCN4251

日本の高級おつまみ各種・・・




で、「まあまあまあ、こぽこぽこぽ・・・」

DSCF6530

「おっとっと、もうけっこう・・・」と、このあたりは日本と同じですね・・・





DSCF6532

「左の甘口からテイスティングしていって下さい。右のが一番辛口になります。」





「こちらが濁り酒といって日本酒の原型です。とくとくとく」

DSCF6533

「ううっ、確かに濁ってて気持ち悪いな・・・

と、アレくんクリくんにも冷酒グラスでテイスティングしてもらいました。

イタリアでも日本酒は日本料理店などで徐々に知られるようになってるそうですが、さすがに
「利き酒」というのは、はじめての体験だったようです。

でも、そこはワインにうるさいお国柄、しかもトスカーナワインの本場ですから、みなさん味や香り、
口当たりの違いなどを充分に理解されたようで・・・

DSCF6535

「この中では、これが一番わたしの好みだったな・・・」とローリスさん。

彼が選んだのは京都・城陽酒造の「たれくち酒」で、最も芳醇な無濾過の生原酒・・・さすがです!!!

で、この後も「まあまあ・・・もう一杯・・・」とかやって、すっかり出来上がり・・・

彼のもう一本のお気に入りブラックニッカ・ディープブレンドと記念撮影・・・

DSCN4260

いやあ、違いのわかる人がいてくれて、持参した甲斐がありました。


今回、本来なら和食の基本調味料を持参して、すき焼きとか天ぷらとかざる蕎麦とか寿司とかを
作ろうかとも相談してたのですが、現地でどんな食材が入手できるかわからなかったし、やはり
本格的に調理するなら、それなりの調理器具や器も要るし、それに好みもわからないし・・・
と断念したのですが、せめて日本酒に合うレトルトやフリーズドライになった和食お惣菜などを、
少しでも持って行けばよかったと後悔しています。

まあ、彼らが来日した際には、たっぷりと味わってもらうことにしましょう!!! 納豆とか・・・

(次号に続きます。)





m98k at 11:01|PermalinkComments(2) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2017年08月24日

トスカーナ紀行9 フィレンツェ

(期間限定のお知らせ)
①2017秋の熊野キャンプへのお誘い記事は
こちらです。
②日程が重なりますが
2017年10月7日に「世界水フォーラムの展望と課題」講演会があります。


7月19日は朝からフィレンツェへ・・・

この日クリくんはピアノレッスンのお仕事があり、わたくし一度イタリアの鉄道に乗ってみたいとも
以前に伝えていたので、今回はアレくんが鉄道で同行してくれることになりました。


まずはアレくんのクルマでアルトパーショ駅へ

DSCN3226




ちなみに駅舎にも・・・

DSCN3228

よさげなバールがありました。



で、プラットホームにある

DSCN3229

ハイテク券売機で切符を買います。



DSCN3233

フィレンツェまで60kmほど普通車で1時間ほどでしょうか・・・一人片道6.9ユーロでした・・・



で、この切符を改札機に通して自分で改札します。

DSCN3234

この消印が車内検札でチェックされるので改札を忘れないように・・・





で、イタリアの鉄道は・・・


DSCN3239

ホームを走るクロスバイク・・・



ホームで待つマウンテンバイク・・・

DSCN3242

そう、自転車をそのまま車内に持ち込めるのでありますね・・・








DSCF5359

画像のは折りたたみ式でしたが、一部車両に車椅子スペースと兼用の自転車スペースがあり、
指定のラッシュ時を除き、そのままで持ち込めるんですね。



で・・・

DSCF5361

7時39分発のフィレンツェ行きに(我々は自転車なしで)乗りました。




二階建て車両の二階部分へ・・・

DSCN3249

席は広々して日本のグリーン車なみ、清潔なトイレもありエアコンも効いて、とても快適でした。

「どうしていつもは鉄道を利用しないの?」とアレくんに訊くと、

「イタロなど一部の中長距離列車を除き、所用時間が読めないからです。」

「でも、この列車は定刻に発車してるよ?」

「ははは、今日は運が良かっただけです。日本の鉄道は時間が正確だそうですね。」

「ああ、数分遅れでも必ず車掌や駅員から遅れた理由とお詫びのアナウンスがあるし、希望すれば
延着証明書というものが発行される。」

「あははは、とても理解できませんね。」

とか話しつつ・・・

DSCN3250


DSCN3251

プラトー駅・・・だったのでしょうか??? 時間的にはそのはずだけど・・・
でも古い蒸気機関車があるのは、その手前の車両基地のあるピストイア駅???
アレくん、またよかったら、メールで教えてね!!!



とか車窓からの風景を楽しんでると・・・

DSCN3252

フィレンツェ・サンタ・マリア・ノヴェッラ(SMN)駅に到着であります。



DSCN3256

NTVのイタロや・・・





DSCF5411

ミラノ行きのユーロスター・イタリアなんぞも停車してました。鉄オタには魅力的な駅ですね。



で、フィレンツェ・サンタ・マリア・ノヴェッラ駅のコンコースを抜けて・・・

DSCN3257



地下道を上がると・・・

DSCN3258

イベコ・・・




・・・の後ろにあるのが・・・

DSCN3267

フィレンツェ・サンタ・マリア・ノヴェッラ教会であります。



で、フィレンツェ・サンタ・マリア・ノヴェッラ教会の前にあるのが・・・

DSCN3268

フィレンツェ・サンタ・マリア・ノヴェッラ教会前広場・・・そりゃあ駅名そのまんまですからね・・・


フィレンツェにはルッカ以上に名所旧跡も多く画像もいっぱい撮ったのですが、やはりきりがないし、
ルッカ以上にネット上の画像や解説も多いので、今回もわたくしが面白いと思った画像を中心に、
さくさくっと紹介します・・・


DSCN3276

有名なメディチ家の墓所・・・




DSCN3278

平日の朝だというのに、内部の見学には、すでに行列ができてました。




少し歩いて・・・

DSCN3279

有名なドゥオモと有名な鐘楼と有名な洗礼堂と有名なドゥオモ広場であります。

こちらも、すでに多くの観光客が集まってました。




とりあえず・・・

DSCF5485


DSCF5486

6か所の共通入館チケットを買って・・・





DSCF5487

確認してきてくれたアレくんと相談し、まだ行列の少ない鐘楼に上がることになり・・・






DSCN3295

二人は行列の末尾に並びました。



ま、その間わたくしは・・・

DSCN3289



DSCN3290

鐘楼を警備するイベコをじっくりと観察することができました。げひげひ




で、いよいよ内部へ・・・

DSCN3301

もちろんエレベーターはなく、狭い階段をひたすら上ります。ひいひい



DSCN3300

踊り場にはガンポート・・・というより明かり取りの窓ですね。効率的に配置されてました。





DSCN3302




DSCN3303



DSCN3304




DSCN3305



DSCN3306


DSCN3310



DSCN3311

各フロアで休憩しつつ徐々に高くなる四方の景色を楽しみつつ・・・




DSCN3313




DSCN3314



DSCN3315





ようやく最上階へ・・・ひいひい

DSCN3317



DSCN3318




DSCN3319



って・・・

DSCF5523

まだこの上に屋上部分があったのね・・・




DSCN3321

と、最後の屋上への階段を上がります・・・ひいひい





ようやく屋上へ出ました・・・ふう

DSCN3322





さすがに・・・

DSCN3324




DSCN3330



DSCN3332



DSCN3333


DSCN3334



DSCN3335




DSCN3325




DSCN3326

絶景絶景・・・まさに中世ヨーロッパの都市ですね・・・


って、お向かいのドゥオモのキューポラ・・・

DSCN3327


DSCN3337

こちらの鐘楼より10m高く、階段も50段ほど多いんですね・・・ううっ

あっちに上るのは次回の楽しみに残しておきます・・・きっぱりと・・・




と、混みあう狭い階段を上り優先で時間をかけて下りてくると・・・

DSCN3338

待ち行列は倍以上に増えてました。早朝出発を決めたアレくんのお陰ですね。



次にドゥオモに入ろうとしたのですが・・・

DSCN3339

左がドゥオモ正面から半周以上も待っている行列の最後部・・・



仕方がないので、別の有名な広場へ・・・

DSCF5544


DSCN3342





DSCN3352

有名なミケランジェロの有名なダビデ像とか、有名がいっぱいでしたが人もいっぱい・・・



DSCN3353

いったんアルノ川を目指します。




DSCN3359

こちら側も人がいっぱいで・・・





アルノ川に出ても人がいっぱいでしたが・・・

DSCF5582




DSCF5585

有名なベッキオ橋(ポンテ・ベッキオ)であります。橋の最上階はメディチ家専用の緊急脱出路だったとか・・・




せっかくなので橋を渡ります。

DSCN3376

もともと橋の上には肉屋さんが集まってたそうですが、その後貴金属店街になったとか・・・






DSCF5595

ま、橋の中央部だけは店がないので・・・





DSCN3375

記念写真・・・って、ベッキオ橋で撮ってるのでベッキオ橋は写りません・・・



で、橋を渡って、ジオラマの中央・・・

DSCN3380

広大な庭園や要塞のあるメディチ家の宮殿へ・・・
って、みんなが指差すので宮殿と広場とベッキオ橋がぴかぴかになってます・・・

これで見るとベッキオ橋が緊急脱出用に重要であったことがよくわかります。
ちなみに橋の最上階の前後にも、7枚前の画像のように一度も地上に下りずに脱出できるように、
専用通路がずっと続いてて、これは映画でも登場してましたね。
さらにちなみに、徳川家康の江戸城にも緊急脱出路が整備されており半蔵門から甲府へ・・・ぶつぶつ・・・



閑話休題



メディチ家の宮殿であります。

DSCN3381

ここでアレくんと相談したのですが、いちばん暑い時間帯に広大な庭園を歩くのも大変なので、
軽く昼食をとってから室内を見て回り、少し涼しくなってから庭園を周ることにしました。



で・・・

DSCF5608

付近のお店のメニューの種類とお値段を、一軒一軒つぶさに比較してくれて・・・





DSCN3393

まあ、この店ならいいでしょう・・・と、選んでくれました。




DSCN3392



DSCN3391

いろんなお惣菜や焼きたてピザの持ち帰りもあり、奥は雰囲気のあるトラットリアでした。



で・・・

DSCN3384

まずはビールで・・・はわたくしだけで二人は赤ワインで乾杯・・・



DSCN3388

店員さんに記念写真を撮ってもらったのですが、右に見えるように中庭にはテラス席もあり、
(我々はエアコンの効いた室内席にしましたが・・・)とてもおいしくて感じのいいお店でした。

と、ほんとはパスタだけでなく、本格的にまったりしたかったのですが・・・


とりあえず宮殿前の広場まで戻りました。

DSCF5616

あちこちの屋根の衛星受信用アンテナをよく見ると・・・




DSCN3401


DSCF5618

すべて屋根の色合いに合わせてありました。さすがフィレンツェ・・・

と、アンテナに感心しつつ再びアレくんと相談、広大な宮殿内を廻るとドゥオモなどの閉館に間に合わず、
共通チケットが無駄になるし市内散策の時間もなくなるということで、今回はパスすることにしました。
そりゃあ、フィレンツェの主な名所旧跡だけでも、待ち時間もあるので一日で廻るのはとても不可能、
京都観光やユニバーサルスタジオジャパンなどと同様、一日なら目的を決めて行かないとね・・・

ま、わたくしはふらふらと街歩きができればいいので、以後はさらにさくさくっと・・・


歩き出してすぐに・・・

DSCN3406

フィレンツェ名物のかき氷ドリンク(なんて言ったっけ???)を飲んだりして・・・
(追記です。フィレンツェ名物とゆーよりシチリア名物の「グラニータ」???)






DSCF5628

日陰でお弁当を食べたり、本を読んだり、お勉強したり・・・昼休み中の学生たちでしょうか・・・





DSCF5629

ほんとはこんな道をあてもなく歩きたいんですが・・・間違いなく迷いますね・・・




と、ベッキオ橋を眺めつつ、ひとつ上流の橋を目指します。

DSCN3414




おっ、やってるやってる・・・

DSCN3413

静水用のレーシングカヤックですね・・・そりゃあ、フィレンツェにホワイトウォーターはないでしょう・・・





DSCF5634

上流側の橋が近づいてきました。



で、橋の中央まで行って、いったん立ち止まり・・・

DSCF5643

中央からだとベッキオ橋が中央に・・・当たり前ですが・・・



ま、せっかくなので・・・

DSCN3423

って、顔を寄せるとベッキオ橋が隠れるでしょうが!!!





橋のさらに上流側・・・

DSCN3424

あのアペニン山脈を越えると、はるか向うはアドリア海ですね。
京都から比良山系を越えて、日本海へ出るようなものか・・・




DSCN3425



DSCN3426

と、橋を渡りきって・・・




DSCN3427

ふたたび中心部へ・・・



DSCN3431

もうひとつの有名な教会・・・




と・・・

DSCN3432

もうひとつの有名な彫像・・・



と・・・

DSCN3433

もうひとつの有名な広場・・・


今回も内部紹介はきりがないので省略してるんですが、この教会(サンタ・クローチェ聖堂)の天井画が、
とても印象に残りましたので、せめて一枚だけ・・・

DSCN3440







で、こちら・・・

DSCF5672

有名なチンギアーレ(イノシシ)くん・・・



DSCF5674

なでなですると縁起がいいとか・・・



と、ドゥオモまで戻ってみると、かなり待ち行列が減ってて、しかも日陰になってたので・・・

DSCF5679

並んで入ることにしました。ま、キューポラの屋上には上がりませんが・・・



こちらも、せめて一枚だけでも・・・

DSCN3453

と、この後もドゥオモの地下遺構や付属博物館を見学して、画像もいっぱい撮ったのですが、
興味のある方はネット検索いただくとして・・・



フィレンツェ画像の締めは・・・

DSCN3438

フィレンツェ・コムーネのマンホールのフタ・・・




と、

DSCN3493

ロードバイクのおねいさんたち・・・じゅるじゅる



ということで・・・

DSCN3512





DSCF5729

夕方7時半にはアルトパーショ駅に到着、ちょうど12時間のフィレンツェでした。




DSCF5734

アレくん、今回もありがとうね!!! グラーツェ・タント!!!




と・・・この日の夕食であります。

DSCF5736

トマトソースのおいしいパスタの後、メインディッシュは・・・





DSCF5737





DSCN3515

北海道・森駅の名物「いかめし」!!!・・・とよく似たイカの詰め物で、まさに絶品でした。

マルタさん、今夜もありがとうございます!!! グラーツェ・タント!!! ばくばくばく・・・

(次号に続きます。)


m98k at 12:24|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2017年08月20日

トスカーナ紀行6 ジョリーバイク!!!

(期間限定のお知らせ)
①2017秋の熊野キャンプへのお誘い記事はこちらです。
②日程が重なりますが2017年10月7日に「世界水フォーラムの展望と課題」講演会があります。


朝からルッカを散策して遅めの昼食からローリスさん宅に戻り、しばらくまったりしてたのですが、
うちの奥様がマルタさんと一緒に美容院へ出かけたので、一人で軽くポタリングに出かけました。

で、クリくんに教えてもらってた近くのバイクショップへ立ち寄りました。

DSCN2948

「シンプリー」というシンプルなスーパーマーケット・・・


・・・の隣にあるのが・・・

DSCN2947

ジョリーバイクというお店であります。
ちなみにローリスさんのクロスバイクは、すでにわたくし用に調整してあります。げひげひ





DSCN4228

「フルクラム・ストア」や「カンパニョーロ・プロショップ」などの指定店になってますね・・・



と、さっそく中へ・・・

DSCN2944

「あのう・・・トスカーナのオリジナルジャージとかはありますか?」

「イタリア・ブランドはいっぱいあるけど、トスカーナのオリジナルというのはないなあ・・・
着てるのはパールイズミのジャージだね、日本人?」

「ええ、ローリスさん宅にホームステイしてます。
お土産にイタリア・ブランドも欲しいなあ・・・カンパニョーロとか・・・」

「あははは、日本ならシマノだろ・・・マウンテンバイク?」

「いや、ダホンのクロスバイクはあるけど、今はスペシャライズドのルーベに乗ってます。
ビアンキとかも欲しいけど持って帰れないし・・・せめて写真撮っていいですか?」

「あははは、もちろんいいよ。」

DSCN2945



店の入口は狭いのですが奥行きがとても深く・・・

DSCN2942





DSCN2939




DSCN2938

マウンテンバイク中心ですが、他にもいろんな車種を扱ってました。







DSCN2935

イタリア・ブランドかあ・・・じゅるじゅる




DSCN2936

飾ってある写真もほとんどがマウンテンバイクのレースシーンでした・・・





DSCN2940





DSCN2941

と、けっこう話し込んで、すっかりお邪魔してしまいました。

その後はスーパーなどへ立ち寄りアルトパーショ周辺をふらふらして帰宅しました。

アルトパーショは一度紹介してるので画像は省略しますが、ルッカとちがって小さな旧市街で、
観光とは無縁のふだんの生活があって、さらに新市街も比較的こじんまりと味わいがあって、
自転車で街中をふらふらするには最適、この後も何度かポタリングを楽しみました。




と、帰宅後は熱いシャワーを浴びてまったりしてから、テラスでの夕食へ・・・

DSCN2952

この日はマルタさん手作りのジェノベーゼ・ソースの具入りパスタから・・・
で、ご覧のアレくん自慢の「チーズ削り器」で・・・





DSCF4965

しゃこしゃこしゃこ・・・って、このオノマトペ、イタリアにはないだろうなあ・・・



と・・・

DSCN2953

いやあ、これは絶品でした。その向うに見える固いパンもおいしかったけど・・・




と、

DSCN2954

まずはビールで乾杯!!!・・・は、もうわたくしだけ、うちの奥様はすでに「ワインで乾杯!!!」派に・・・




で、本日のメインディッシュは・・・

DSCN2957


DSCN2955

こちらもマルタさん手作りのピリ辛ソーセージと豆の煮込み・・・やはり絶品でした。




さらに・・・

DSCN2958

こちらの硬い「棒パン」類も、チーズとワインにぴったりで、じつにおいしかったです。




DSCN2960

とまあ、ナッツ類やフルーツ類が出る頃には、強い食後酒も出てきて・・・



DSCN2963



DSCN2961


DSCN2964

仕上げのジェラート各種をいただいた後もかぱかぱ飲んで、すっかり出来上がり・・・



午後九時を過ぎて、ようやく日も傾き・・・

DSCF4973



DSCF4979

昨夜飲んで食べた山上リストランテの灯りが見えたので・・・



わたくし、ふたたび自転車を引っ張り出してきて・・・

DSCF4969

「わははは、今から山上の旧市街までヒルクライムしてきます!!! ひっく」

「どうぞご自由に。山上からフィオレンティーナ門を抜けるとフィレンツェまで旧街道を70kmほどです。
フィレンツェからアペニン山脈を越えればアドリア海に着きます。それじゃ、お元気で!!!」

「いやいや、さすがにアペニン山脈越えとかは・・・ジロ・デ・イタリアじゃないんだから・・・」

とか、たっぷり遊んでもらいました・・・

(次号に続きます。)



m98k at 14:44|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2017年08月19日

トスカーナ紀行5 ルッカ

(期間限定のお知らせ)
①2017秋の熊野キャンプへのお誘い記事はこちらです。
②日程が重なりますが2017年10月7日に「世界水フォーラムの展望と課題」講演会があります。


で、7月17日は朝からアレくんのクルマでルッカに連れて行ってもらいました。

ルッカ・・・トスカーナ州ルッカ県の県庁所在地で周囲4kmの城壁に囲まれた世界遺産の古都・・・
我々がお世話になってるローリスさん宅のあるモンテカルロも、その隣のアルトパーショも、そして
ここルッカも、同じルッカ県のコムーネのひとつなんですが、ルッカは旧市街だけでも日本でいう
「都市」の大きさです。ま、詳しくはネット検索で・・・




DSCN2706

遠くにアペニン山脈が見えてきました。





DSCN2707



やがて・・・

DSCN2710

広大な城壁が見えてきました。



城外にクルマを置いて・・・

DSCF4638




DSCN2715





DSCF4642

城壁を潜ります。






DSCF4644





DSCF4646

壁というより4km四方の巨大な土塁、築山ですね。



こちら・・・

DSCF4652





DSCF4650

エリザ門・・・

指差しているアレくんの解説によると、ナポレオンの妹エリザがルッカを支配する大公の妃となり、
その際に作られた新しい門なのだとか・・・ま、新しいといっても200年以上前のハナシですが・・・


エリザ門の門前にあった・・・

DSCN2723

ルッカで生まれたプッチーニのオペラ案内・・・


とまあ、世界遺産にもなっているルッカの旧市街ですから、こんな感じでひとつひとつ紹介してたら
とてもきりがありませんし、他にもネット上でルッカの画像や解説はいっぱい紹介されてるので、
以下では、わたくしが面白いと思った画像をさくさくっと紹介させていただきます。





DSCN2731

有名な門と自転車・・・





DSCN2741



DSCN2740

怪獣たちの住むところ・・・





DSCN2752

自転車





DSCN2758

自転車





DSCN2757

有名なクルマ・・・絵になりますねえ・・・






有名なドゥオーモ

DSCN2767




DSCF4722







DSCN2764

有名な彫像





DSCN2763

有名なドゥオーモ広場・・・と自転車





DSCN2762

・・・と・・・転がる人・・・





DSCN2773

準備中のローマ戦士・・・





DSCN2774

未撤去の看板と素敵な色合いの自転車





DSCN2779

有名な広場と有名な彫像と有名な劇場・・・と警察車両・・・






DSCN2783

有名な門




DSCF4754

有名な広場・・・と第20回ルッカ・サマーフェスティバルの看板・・・と仮設トイレ・・・






DSCF4755

めずらしくママチャリ・タイプの自転車・・・レンタ・サイクルでしょうか・・・





DSCF4775

有名なイタリア統一王・・・と地元の若者・・・と自転車迷彩の日本人観光客





DSCN2792

1927年創業の有名なジェラッテリア・・・






DSCN2794


回転木馬・・・と日本人観光客




で、いったん城壁の天端に上って・・・

DSCF4780

四人乗りレンタ・サイクル・・・を撮る日本人観光客





DSCF4787

城壁の星型出丸部分・・・を撮る日本人観光客・・・が落ちないか心配する地元の若者・・・





DSCN2803

星型出丸の遠景・・・グーグルマップで見ると形状がよくわかります。





DSCN2809

星型出丸の構造・・・地下通路とかはけっこう複雑なのかも知れませんが未確認です・・・





DSCN2812

星型出丸から見たルッカ駅




こちらは・・・

DSCN2813

城壁上にある巨大な砲台跡・・・





DSCN2814

・・・を利用したリストランテ・・・





DSCN2800


DSCN2802

城壁の上を走る自転車




で、また城内に下りて・・・

DSCN2805









DSCN2818

有名な鐘楼のある有名な教会・・・
ちなみにアレくんのお姉さんは、ここの専門ガイドをしておられます。




DSCF4817

有名な教会前広場にやってきた自転車の集団





DSCF4823

有名な教会の有名なメイズ




別の有名な鐘楼と有名な教会と有名な広場

DSCN2817



DSCN2823


DSCF4856





さらに別の有名な広場・・・

DSCN2820

と、あちこち内部も見学して画像も撮ったのですが、とても内部までは紹介しきれません。
ま、興味のある方はネット検索で・・・


さすがに疲れてきました。



で、コーヒーブレイク・・・

DSCN2857

というか、トイレ休憩を兼ねて・・・

サマーフェスティバルの特設会場には仮設トイレがありましたが、街中の公衆トイレは極めて少なく、
みなさん外出時に用を足すにはバールなんぞを利用するんですね。


ま、

DSCF4851

店員のおねいさんの愛想がとてもよかったので、とてもしあわせだったのですが・・・




さらに街の中心部に向かって歩きます。

DSCN2861






で、こちらの通路を抜けると・・・

DSCN2863





DSCN2867




DSCN2874

有名な円形広場・・・全周囲カメラが欲しいところです・・・

もとはローマ時代の円形闘技場で紆余曲折はあったものの円形で残っているのは稀少だとか・・・


で、外側はどうなってるのかと、再度確認してみると・・・

DSCF4897


DSCF4898


DSCN2882



DSCN2881

確かに円形闘技場の遺跡を利用して、さりげに住宅にしてますね・・・
シチリアでもそうでしたがトスカーナの旧市街も、歴史が積み重なってて建物の変遷が面白いです。




さらにルッカの街を歩きますが、さらに省略して・・・

DSCN2885

ルッカでは、はじめて気づいたビアンキ・・・




DSCN2886

お店に置いてあるだけで絵になる自転車





DSCN2891

あまり絵にならないMTB・・・盗難防止にサドルを外してありますね・・・






DSCN2892

こちらも、じつに絵になりますねえ・・・






DSCN2893

こちらも・・・まあまあ・・・




こちらは塔の屋上に木が茂ってて・・・

DSCN2896



DSCN2899

上がれるようです。ええ、上がりませんでしたが・・・ひいひい






DSCN2894

こちらも絵になります・・・






DSCN2906

こちらはメニュー立てのイーゼルがわり・・・キマってます!!!






DSCN2907

やはり絵になります。






DSCN2900

こちらもまあまあ・・・






DSCN2901

こちらは・・・まあまあ・・・でもないかな・・・




で・・・

DSCN2908

レンタサイクル屋さん・・・





DSCN2909

お値段はこんな感じです。店内には本格ロードバイクもありました。





こちらブルーのリボンは・・・

DSCN2910

この家で最近、男の子が生まれたというお祝いのしるし・・・



で、こんなショップもありました・・・

DSCN2918






DSCN2919





DSCN2913

じゅるじゅるじゅる



と、さっそく中に・・・

DSCN2914



DSCN2916

画像にある「TUSCANY RIDE A BIKE」チーム・ジャージが、ちょうど処分特価になってたので、
在庫をさんざん探してもらったのですが、わたくしのサイズは売り切れでした・・・




DSCF4935

「ううっ、アンラッキーだなあ・・・他にトスカーナのオリジナルはありますか?」

「みんなイタリア・ブランドだけど、トスカーナのオリジナルはこれだけだねえ・・・
そのジャージはパールイズミだね、日本人? ロードバイク乗り?」

「今はスペシャライズドのルーベです。マウンテンバイクですか?」

「どっちもやってるよ。トスカーナは走った?」

「ジロ・デ・イタリアの定番コースには行ってみたいです・・・ヒルクライムは嫌いだけど・・・」

とか、楽しく話して店内を見せてもらって・・・

DSCF4936


DSCN2917





せめて・・・

DSCN2912

記念写真だけでもと・・・バックヤードまで探してくれてありがとうね!!!



と、ようやく城壁を出て・・・

DSCF4942




アレくん、クリくんオススメのお店へ・・・

DSCN2921


DSCN2927



まずはビールで乾杯!!!

DSCN2923

って、ドライバーのアレくんは瓶入りの不思議なソフトドリンクでしたが・・・






DSCN2924






DSCN2925

うちの奥様とアレくんはパスタ・・・





DSCN2926

わたくしとクリくんはパニーニ(イタリアのサンドイッチ)を注文しました。


若者に人気の店というだけあって、安くてとてもおいしかったです。


ま、ついでに・・・

DSCN2928



DSCN2932



DSCN2931

ドルチェにジェラート、さらに不思議なソフトドリンクなんかも・・・

アレくんクリくんにとってルッカは仕事で行くところ、特にアレくんにとっては通勤先だったのですが、
今回、我々二人のために半日を割いて案内してくれました。

建物の内部も素晴らしく、もっともっと紹介したかったのですが、すでに画像も100枚ちかくになってますし、
ルッカの紹介はここまでです。アレくんクリくん、ほんとうにありがとうね!!!

(次号に続きます。)



m98k at 03:52|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2017年08月17日

トスカーナ紀行4 モンテカルロ宴会

モンテカルロの要塞を出た一行は、リストランテの予約時間まで山上の旧市街を散策しました。

以下、さくさくっと・・・


DSCF4477

要塞前のガリバルディ広場を旧市街側から見た様子・・・





DSCF4475

当日18時から「D'armi広場」でコンサート開催の案内がありました。





ちなみに要塞前では・・・

DSCN2536

こんなイベントもやってたようです。







DSCN2531

モンテカルロ(コムーネ)の公用車・・・旧市街は標高162mの山上ですからね・・・







DSCN2532


DSCN2535

焼き物屋さん。



昔の女子修道院・・・

DSCF4478

その後も女子教育の場として使われ、マルタさんもここの教室に通っていたそうです。




昔なら男子は入れなかった中へ・・・

DSCN2542



DSCF4480




DSCN2545

云われてみれば女子修道院の雰囲気・・・って、どんな雰囲気か知りませんが・・・





旧市街の城壁には何ヶ所かの出入り口がありました。

DSCN2547






こちらがローリスさん宅からも見える教会の鐘楼・・・

DSCF4505







せっかくなので教会の中を見学しました。

DSCN2552




DSCN2558



DSCN2559




DSCN2560




DSCN2567




DSCN2564

こちらは聖夜のジオラマですね・・・





教会を出て・・・

DSCF4506





さらに街中を散策します・・・

DSCF4507


DSCF4508

突き当りには要塞とは反対側の城門が見えてきました。ここがメインストリートなんですね。





とりあえず中央の広場に出ます・・・

DSCN2571



コンサートの準備をしてたので・・・

DSCN2549

ここが「D'armi広場」なんでしょうね・・・




広場からは麓を一望できました。

DSCF4502

予約しているリストランテはすぐ下のパラソルのところ・・・
・・・なんですが、時間があったので、さらに散策しました。




ちなみに・・・

DSCN2573

DSCF4504

広場から見たローリスさん宅のアップ・・・
高倍率なので家が密集してるように見えますが、実際はゆったりしています。



で、広場の近くにある別の大きなリストランテ・・・

DSCF4550


DSCF4551

なんとこちら、ローリスさんとマルタさんの結婚披露宴の会場だったそうです!!!
想い出の宴会場がそのまま何十年も残ってるなんて、日本の大都市では珍しいことです。
わたくしが結婚披露宴をした大阪市内の会場なんか、はるか昔に跡形もなくなってたし・・・





さらに旧市街を歩きます。

DSCN2586




DSCF4544

ピンクのリボンはこの家で最近、女の子が生まれたお祝いのしるし・・・





DSCN2589

アレくんが熱心に見てるのは・・・




DSCN2587

売り家の貼り紙でした・・・各国語対応もあり外国人でも買えるようですね。
うーむ、どうしようかな・・・ま、上りがきつそうだし、空港から自転車だと、ちと遠いし・・・






モンテカルロ警察のパトカー・・・コムーネ単位で地方警察があるようです。

DSCN2597




で、アレくんが指差しているのが・・・




DSCN2600



DSCN2598

モンテカルロの紋章だそうです。




抜け道・・・

DSCN2590


DSCN2592

じつに絵になりますねえ・・・





と、表通りを離れ、今度は城壁沿いに歩きます。

DSCN2602

DSCN2604



DSCN2605

ところどころに小さな見張り台がありました。





DSCN2607


DSCN2608

この「ヌォーボ門」からいったん出て・・・ま、新しい門といっても、かなり古そうでしたが・・・





DSCN2610





こちらからも眺めは最高でした・・・

DSCN2613



DSCN2614

午前中に行ったアルトパーショの街並み???




と、今度は・・・

DSCN2616


DSCN2619

フィレンツェへの旧街道へ続く「フィオレンティーナ門」から再び旧市街に入り・・・




DSCF4573





DSCN2622





DSCF4574







DSCF4579


DSCF4580

ようやく中央の広場まで戻ってきました。ひいひい




で・・・

DSCF4583

広場から階段を下りてリストランテのテラス席へ・・・




午後7時の強い日差しを浴びつつ、絶景を眺めつつ・・・

DSCF4600

「まずはビールで乾杯!!!」・・・は我々二人だけでしたが・・・



ワイン・リストとは別冊のビール・リストもあって、わたくしはオススメの地ビールにしましたが、

DSCN2645

みなさんは店のオリジナル・ハウスワインの赤白、とーぜんモンテカルロ産であります。



で・・・

DSCN2643






DSCN2646







DSCN2649

各種パスタからはじまり・・・もちろんフォッカチャやパンはテーブルにどどんと・・・




魚料理に・・・

DSCN2647





肉料理・・・

DSCN2644




・・・を、みんなが取り分けて食べ終わる頃には・・・




DSCN2650



DSCN2674



DSCN2676

ようやく日没となり・・・って、もう10時前なんですが・・・





DSCN2679

アルトパーショのライトアップも確認できました。



で、もちろん締めは・・・

DSCN2666


DSCN2665

ドルチェとジェラート・・・と・・・





DSCN2687

エスプレッソであります。




とまあ・・・

DSCN2682

絶景のリストランテで飲んで食べて1人20ユーロほど、やはり飲食はお安いですねえ・・・





と、完食完飲後は・・・

DSCN2690





DSCN2692





DSCN2691

10時を過ぎて、ますます賑やかになる山上の旧市街や・・・




DSCN2695

ライトアップされたモンテカルロ要塞に別れを告げ・・・



直下の駐車場へと下りていきました・・・

DSCN2699

まだ空がほのかに明るいですね・・・


って・・・この先の公園にあった・・・

DSCN2702

このモニュメントは何だったのだろうか???






m98k at 02:18|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック