L型ライト

2010年11月23日

やっとFENIX MC10を!!!

(期間限定のお知らせ) 冬季洞窟キャンプへのお誘い記事はこちらです。



えーっ、今さらながら・・・ではありますが・・・ひさしぶりのライト購入記事であります。
(ま、ライトいただき記事はいっぱいアップしてますが・・・げひげひ)



やっとFENIXのMC10とゆー、L型フラッシュライトを購入しました。


わたくしの手元にあるL型ライトは全部で3本、「L型三兄弟」として愛用していたのですが、
今回、いちばんちっちゃなこの弟分が加わって、これで「L型四兄弟」に・・・わははは






じゃーん

RIMG3054

以前、いくつかのサイトで紹介され、わたくしがキャンプのEDCライトとして使っている、
同じFENIXのLD10とゆーライトが、帽子に付けたままだとちと重かったので、
首から下げられて単三電池一本1AA駆動の、こんなL型ライトが欲しかったのであります。

1AAのちっちゃなL型とゆーと、ゼブラライトのH501があり、もっと小型軽量なのですが、
ま、こちらのほうがMAX125ルーメンとやや明るくて・・・


RIMG3061


RIMG3060

ご覧のとおり、ヘッドが90度上下するとゆーのが便利そうだったので、こちらにしました。










長さは99mmで、100mmのLD10とほぼ同サイズであります。

RIMG3053

ただし、LD10はオールアルミですが、MC10はヘッドがアルミ、ボディがプラなので、
重さはかなり軽いです。ただまあ、やはり質感は落ちますねえ・・・うーむ・・・



光源はCree XP-E(R2)とゆーLEDだそうで、MAXの125ルーメンで1.2時間、
MIDの50ルーメンで5時間、MINの5ルーメンで65時間のランタイムとマニュアルには書いてあります。
切り替えやオンオフは天頂部のプッシュスイッチ、ほかにSOSモードとストロボモードもできるようです。

わたくしはキャンプサイトでのEDCライトにするつもりですから、50ルーメンを基本に、
テント内では5ルーメン、おしっこに行く時などは125ルーメン、といった使い方で、
ま、二泊三日程度のキャンプまでなら、電池交換なしで使えそうであります。





で、もう一点、キャンプサイトで便利そうなのが・・・

RIMG3051

おまけで付いてる取り外し式のディフューザーレンズ、光を拡散するためのレンズであります。

首から下げてタープの下をうろうろしたり、テーブルに置いて手元灯として使う時などに、
あまり眩しくなさそうですし、タープの外やテント内で、全体をぼんやり照らしたい時にも重宝しそうです。

ま、わざと眩しくして、その隙にご馳走などを奪い去るときには・・・

RIMG3052

ワンタッチでハネ上げることもできますし・・・むひひひ


レンズ内をよく見ると、オレンジピールとゆーのでしょうか、しわしわのリフレクタになっており、
たしかにディフューザーなしでも、中央から徐々に暗くなっていくきれいなパターンでした。




とかいいつつも・・・

わたくしもともと、首から下げる使用を前提として購入したのですから・・・


RIMG3062

こんな付属品は、みーんな外して・・・











パラシュートコードだけ装着すれば・・・

RIMG3063

首吊り専用MC10の完成であります。













で、これ専用のケースなんかも・・・

RIMG3064

ま、ディフューザーは、レンズキャップとして再び装着しておりますが・・・
このケース、red-bicycleさんからいただいたUltra Fireのケースで、ご覧のとおりぴったり、
しかも天頂部のプッシュスイッチですから、このまま点灯やモード切り替えができるのであります。










RIMG3065

反対側にはベルトループやフックもついてるし・・・

いやあ、red-bicycleさん、やっとこちらのケースにぴったりの本体が見つかりました、ありがとねっ!
お礼に何かお見舞いの品を・・・蛇含草とか・・・ああ、あれは人体が溶けるのか・・・
ま、一刻も早い回復をお祈り申し上げる・・・気持ちだけはですね・・・


で・・・


このままの状態だと・・・

レンズキャップにしているディフューザーレンズをすぐにぶつけて壊してしまいそうですし、
ケースのままだと、テーブルなどに立てるのがちと苦しいですし・・・
かといって、ぴったりのいただきものケースから、いちいち取り出すのも面倒だし・・・

うーむ、これは何か方法を考えなければ・・・

レンズキャップにもカバーをかけて、底部には硬いものを入れて・・・

とりあえず、100円ショップで探してみるか・・・


(追記です)

試行錯誤の末、持ち運び方法だけは解決しました。こちらの記事の後半で紹介しています。



m98k at 01:01|PermalinkComments(2)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2010年05月19日

なぜか雷神とやらと・・・

                                                        (期間限定、内蒙古植林ツアーへのお誘い記事はこちらです。)




えーっ、ここ最近、ライトマニアの間で、「雷神」とやらが評判になっているようであります。

なんでも、おもいのほか明るくて使いやすいLEDだとか・・・

ま、ライトの自作や改造なんて、夢のまた夢のわたくしにとっては、全く関係のない話だったのですが・・・



で、話は、このGWの熊野キャンプの、たぶん一日目あたり・・・の深夜に戻るのでありますが・・・




「ういーっ、やはりキャンプはいいですねえ・・・わたくしの安物ビールもどきをもっとどうぞ、こぽこぽこぽ」

「これはこれは、んぐんぐんぐ・・・98kさんもいかがです?」

「いや、わたくしはwingさんの高級スパークリングワインを飲んでますので・・・ごくごくごく
ところで、最近、雷神とかゆー名前をあちこちで聞くのですが、一体どんなものなんですか?」

「ああ・・・日亜とゆーメーカーのやつで、省電力のわりに明るくて、前回のalaris540さん歓迎キャンプで、
わたしが持参してたMODランタンに使ってたやつですよ。」

「おおっ、あれは明るかったですねえ・・・わたくしの電池の減ったEX-777XPが豆球のようでした・・・
そうそう、わたくしいつもキャンプでは、このL型3点セットを愛用しているのですが・・・ごそごそごそ・・・」












RIMG2699


「ありゃ・・・右のやつ、いつかどこかで誰かに強奪されたような記憶が・・・」

「びくっ・・・ま、どこの家庭にでもあるフルトンですから・・・まま、わたくしの安物赤ワインをどうぞ・・・」

「ぐびぐび・・・わははは、やはりキャンプは楽しいなあ・・・」

「で、こんなのに雷神なんて使えるものなんですかねえ」

「使えるもなにもフランジバルブなので、わたしの作ったのと交換するだけですよ、ひっく」

「ええっ、そんな簡単に・・・ほんとにできるんですかぁ・・・信じられないなぁ・・・」

「えっと、ひとつぐらいどこかのポケットに・・・ごそごそごそ・・・ありましたありました。
このヘッドをはずして・・・きこきこ・・・中のタマを・・・あれっ、このタマも自分で作ったような気が・・・」

「ぎくっ・・・まま、こちらのフルーツワインも・・・こぽこぽこぽ・・・」

「ぐびぐび・・・わははは、ちと飲み過ぎですな・・・で、ほら、こうやって交換するだけで・・・」


RIMG2703


RIMG2707


RIMG2706

「おおっ、こりゃあ明るい・・・」

「雷神一発で2Dだと、ランタイムは相当なものだと思いますよ。」

「いやあ、今回もいいものを・・・さっそく、ケースに戻してと・・・ごそごそ」



RIMG2701



「いやっ、別に差し上げるつもりで交換したのでは・・・」

「まあまあまあ・・・ささ、もっとワインを・・・こぽこぽこぽ・・・」

「ひっく、もう何が何だかわからなくなってきました・・・がはははは・・・」




と、いったよーなやりとりが、あったよーな気がするよーな、しないよーな・・・



ともかく、翌日のwingさん、ひどい二日酔いのご様子でしたが・・・むひひひひ





で、今回、自宅でおそるおそるヘッドをはずしてみると・・・



RIMG2682


RIMG2688


RIMG2689








「おおっ、やはり熊野に行く前より、ずっと明るくなってるぞ・・・」

RIMG2694



わははは、めでたし、めでたし、と・・・





げひっ、げひひひ、ひーん





さらにとんでもないP.S

画像にある、わたくしのライトケースに転がっているマグ4Cは、
以前、川端さんとwingさんからいただいた、wingさんがLux5W仕様にMODされたもの・・・

だったんですが・・・

alaris540さん歓迎キャンプのさいに、wingさんに預けておいたら、どーゆーわけか、熊野キャンプでは、

なんと、cree MC-E仕様になって返ってきたとゆー次第・・・

いったい何があったんだろうなあ・・・むひ、むひひひひ



m98k at 21:15|PermalinkComments(10)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2007年10月14日

9月キャンプ、まだいただきものが・・・

でへへへ、九月の熊野キャンプでは、参加された森のプ~さんとwingさんから、
いろんなものをいただきましたが、こちらもwingさんからいただいたものであります。

c2202784.jpg

最近ダイソーで見かけるようになった、クリップ付きの2AAライトなんですが・・・

00e7a3c4.jpg
やはり中味をLEDフランジ電球と交換した、wingスペシャルなのであります。

じつはこのライトと同じものや、ソリテールのwingスペシャルなどを、
わたくしの奥様を含む参加者全員にプレゼントされてたのであります。

いやあ、太っ腹というか、わたくしのほうが物理的には太っ腹というか・・・困った

で、キャンプ二日目の夜にキムチチゲをやってたとき、

「うーむ、どうも鍋の中が見えにくいですね。」

「じゃあ、ちょっとお待ちくださいね。」

と、例の「不思議な四次元バッグ」から、これを取り出されて、
タープにクリップで固定されました。

考えてみれば、何人かの参加者はこれと同じものをwingさんからいただいていたはずですから、

だあれも自分のは出そうとしなかった。

ということなんですね。にっこり

確かにクリップが付いてると、タープなんかに最適の角度で固定することができますね。

で、中がよく確認できるようになったキムチチゲですが、
まあ、生煮えでもなんでも、あまり大勢に影響はなく、

「はふはふ、がつがつ、ぐびぐび、あっ、wingさんもどんどんいってくださいね。」

「いやあ、そろそろ帰らねばならないので・・・」

そういえばwingさん、二日目の夜までで、アルコール類も飲まれませんでした。

「うーむ、残念ですなあ。あっ、このライトお忘れなきように・・・」

「今夜まだ使われるでしょ、また次回キャンプでも使ってください。」

「いやそんな、L型ライトももらってるし、家内もソリテールもらったし、
いくらなんでも・・・えっ、そうですか、じゃ遠慮なく・・・ではでは」

と、みんなで「帽振れ」ならぬ「ライト振れ」で、お見送りした次第です。
ちなみに森のプ~さんは、35wHID2灯でお見送り・・・ショック

前回記事へのwingさんからの解説コメントで、
ライトからのフランジ電球の取り外し方を知ったわたくし、
高度な技術で「プラ部品をねじって」分解しましたので、ここで、

wingスペシャルフランジ電球、一挙公開びっくりであります。きっぱりと
69455087.jpg
750b657b.jpg
左から順に、500GSを使ったもの、500CSを使ったもの、右端が今回の・・・はてな
wingさんすみません、また解説コメントをお願いします。すいません

ちなみに明るさは、左から右へと順に落ちていきます。

いやあ、どれをどこに入れるか、悩んでしまいますね。げひげひチュー





でじつは、まだキャンプのいただきものが・・・でへへへ



じゃーん
6ec7db6f.jpg

これ、以前に森のプ~さんに教えていただいて、タバコ屋をあちこち探した、
マールボロアイスミントのおまけの、LEDつき灰皿であります。

森のプ~さん、ちゃんと覚えてて、キャンプに持ってきてくれたのであります。

いやあ、うれしかったです。

きれいなグリーンのLEDで、けっこう明るいです。
8a47f126.jpg


wingさん、森のプ~さん、重ねて厚く御礼申し上げます。すいません


まあ、これだから、キャンプはやめられないんですよね。でへへへまる



at 22:55|PermalinkComments(9)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2007年10月12日

FULTON MX-991/U・・・なのだっ!

でへへへ、引き続き9月キャンプの戦利品いただきもののご紹介であります。

熊野キャンプ一日目も暮れるころ、関西が世界に誇るモダーであるwingさんが、

「そうそう、今回は98kさんが特に喜びそうなものを持ってきましたよ。」

と、大きなバッグをごそごそと・・・
ちなみにこのバッグ、参加者全員の要望に応じて、いくらでもMODライトがでてくるという、
不思議な四次元バッグなのであります。にっこり

「ほうら、いかがです。こんなのお好きでしょ。」

「わわっ、米軍のL型フラッシュライトびっくり しっ、しかもこれは・・・」


FULTON社製のほんまもんびっくり


「こりゃさっそく、わたくしの0.68kのミニチュアレプリカとすり替えねば・・・げひげひ」


ラブ


ラブ


ラブ



じゃーん
b5116faf.jpg
うーむ、これを気づかれないようにすり替えるのはちと無理じゃな・・・困った


じつは左のミニチュアレプリカにも、以前wingさんからいただいた、
LEDフランジ電球を入れてあるのですが・・・


「ふーむ、やはりほんまもんボディに入れると明るくなりますね。」

「いやいや、本物ボディだから明るいというわけでは・・・」

「おおっ、じゃリフレクタがでかいから・・・」

「そりゃ、照射範囲は広くなってますが・・・」

「ああ、やっぱり単三電池と単一電池のちがいですね、
それにわたくしの電池は全部古いですからね、がははは。」

「いや、ま、98kさんに説明するのもなんなんですが・・・ぶつぶつ・・・
以前差し上げて、今ミニチュアレプリカに入れておられるのは、
500CSというタマを使ったやつで、
今度のは、500GSというタマを入れてあるので明るいんですよ。」

「わははは、そうだったんですか。(ぜんぜん理解していない)
こりゃあ、けっこうなものを・・・げひげひ」

「あっ、差し上げると決まったわけでは・・・」

「まあまあ、森のプ~さんの麦焼酎をどうぞ、こぽこぽ」

「んぐんぐ、ぷはぁ。」

「ワンテンママさんの高級焼き肉もどっちゃりどうぞ、どさどさ」

「もぐもぐ、はぐはぐ、いやあ、こりゃうまい」


ジョッキ熱燗にっこり流れ星寝る日の出


で、どーゆーわけか、翌朝からずっとわたくしの手元にある、
FULTON社製L型フラッシュライトwingスペシャルであります。チュー
f5518632.jpg


燦然と輝くMADE IN USAのレリーフびっくり
5388112f.jpg
88b2a8a1.jpg


いっぽうミニチュアレプリカのほうは・・・
5a6f0913.jpg
ee749510.jpg
あは困った



もう少し近づいて見てみましょう。
e01395c6.jpg
こちらが新型の500GSとやら・・・


f5dc4d07.jpg
で、こちらが500CSとやら・・・

ほぼ同じ距離からの撮影なので、500GSとやらが少し大きいのでしょうか。

ま、わたくしには違いはわかりませんので、さっそく照射比較VSであります。
46604e1a.jpg
左が以前いただいてミニチュアレプリカに入れている500CSを使ったwingスペシャル、
右が今回いただいた、FULTON社製L型フラッシュライトに入った500GSを使ったwingスペシャルであります。

わたくしのミニチュアレプリカは当然使い古し電池、
FULTON社製のほうもキャンプでほぼ一晩中、点灯してた電池であります。
ちなみにこれ、充分テーブルランタンの代わりになりました。

うーむ、それにしてもずいぶん違うもんなんですね。明るいです。

もちろん、蓄光処理もたっぷりと・・・
381ec7a7.jpg


いやあwingさん、またまたいいものをいただいてしまい、お礼のしようも・・・

えっ、これがどうなったか記憶がないって・・・びくっ

まま、ヨットマンが持ってこられた浦霞もおひとつ・・・とくとくとく・・・




さらに厚かましいP.S.
えーっ、キャンプでwingさんが、ボディーや電池は関係ないので、中味を取り替えるとミニチュアレプリカのほうが明るくなりますよ、とおっしゃってたのですが、FULTONのヘッドから取り出す方法がわかりません。
wingさん、よろしければ解説かたがた、ご教示願います。ぺこぺこすいません




at 22:58|PermalinkComments(4)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2007年05月12日

いただきもので・・・MOD?


げひっ

げひっ

げひひひひ



わたくし、懐中電灯好きのみなさんから、

素晴らしい作品を数多くいただいております!ラブ


最近では、4月中旬に開催された、川端さん主催の無人島オフ会、はたまた、
GWの熊野「弱肉強食」キャンプと、立て続けにいただいております。へっへっへっ

さらに・・・

その僅かな間に、あの「ち○ち○いぢり」のリオたんからも、
突如としてエクスパックが届いたりして、どれも高級、ハイレベルMOD作品ですので、
整理して記事にアップするまでに至っておりません。すいません

いずれ機会をみて、紹介させていただきたいと思っておりますが、
はてさて、整理できるのはいつになることやら・・・ううっ

で、とーとつですが、昨年の熊野キャンプで、生まれて初めていただいたMOD作品が・・・

じゃーん
eeb63537.jpg

そう、あのwingさん製作の、LEDフランジ電球が組み込まれた100均ライトであります。
これにすっかり味をしめて、以後、他のみなさんからも次々と・・・でへへへ

わたくし、オフではじめてお会いした方が、それまでコメントのやり取りさえなかったwingさんでした。
それ以来、お付き合いというか、作品をいただいてばかりというか、
何度もご一緒させていただいており、このGWのキャンプでもまたまたいただきものをしてしまったのですが、今回はじめて、素直な質問をしました。

「懐中電灯好きといっても、まったくレベルがちがうのに、どーして昨年、突然来てくれたんですか?」

「ま、それまでに98kさんのブログを拝見してると、ライト以外の趣味でも、けっこう共通点があったモンで思い切って・・・」
とのことでありました。

いやあ、人間、何がプラスになるか、わからないものですねえ。
おかげでそれ以来、お会いするたびに次々と素晴らしい作品や高級酒を・・・ひひひひ

で、今回いただきものを整理してるうちに、
「このフランジ電球は、電池二本用なら、大抵のフィラメントライトに組み込めますよ。」
とおっしゃってたのを、突然思い出したわけであります。

一年前にいただいた直後は、本体からの外し方さえわからず、
川端さんから、「ただ、ねじればいいのです」と詳しく教えてもらう有様・・・困った

で、今回・・・
9d8a8c1d.jpg
「ただ、ねじって」見事に分解に成功したのであります。拍手


で、このフランジ電球の移植先に思いついたのが・・・

じゃーん
dadeb7de.jpg
おなじみ、L型フラッシュライトの縮小レプリカであります。


さっそく、こちらもねじって、と・・・
1e9cbe4c.jpg
ありゃ、プラレンズがいっぱいでてきたぞ!

こっ、これが萌えレンズとゆーやつなのかっ???

でもかんじんの電球が・・・ああ、反対側にあるのね・・・

で、こちらも、ねじってみると・・・
b01652f1.jpg
おおっ、でてきたでてきた・・・

で、この電球と、wingさんスペシャルのLEDフランジ電球をとっかえると、
63ea9b10.jpg


わたくしのハイレベルMODの完成であります。拍手

点灯してよし・・・
239cb3fa.jpg


消灯してよしの・・・
0d3a7504.jpg


たぶん世界にひとつしかない、素晴らしいL型フラッシュライトになりました。

まあ、まわりにフードが付いているようなもんですから、
きれいな円形になって、それ以外に殆ど光は漏れませんし、
ボタンによる間欠点灯もできるのでシグナルにも使えます。
しかも単三2本、2AAですから、ランタイムもたっぷりであります。

wingさんもおっしゃってましたが、最近の明るい5mm玉のが一本あれば、
ほんとはキャンプには充分なのであります。
これからのキャンプの愛用品にしたいと思います。うふっ

で・・・
LEDフランジ電球の「ケース」としての役割を終え、本来のフィラメントに戻った100均ライト、
さっそくホームステイ中のじょしこーせいに、

「ねえねえ、キャンプであやしいおじさんから、ライトをプレゼントしてもらったでしょ、
あれは、チタンのリングとかがついてて、とても子どもの持つものじゃないから、
このピンクの素敵なやつと特別に交換してあげようね。」

「ヤダ、コッチノホウガ、チッチャクテアカルイモン!」

「ううっ」




at 01:55|PermalinkComments(9)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック