TNF

2008年01月04日

古いダウンウェアがでてきた!!!

えーっ、新年早々ではありますが・・・
明日からの一泊キャンプOFF会に襲いかかろうと参加しようとしているわたくし、
じつは年末年始に、冬物のダンボール箱を探し回っていたわけであります。

で、なんと、古いダウンウェアがふたつもでてきたのであります。まる

一昨年の2月に、ダウンジャケットシリーズと称して、
THE NORTH FACEのマクマードパーカ新品と古いヌプシジャケットを紹介して、
これでおしまい、とか書いていたのですが、すっかり忘れておりました。いやはや


でも、今回の発掘により、明日からのOFF会で、寒い思いをしないですむ・・・のかっはてな




ひとつめは、IBS石井スポーツ、オリジナルのダウンベストであります。
a10eec5e.jpg

5912bc71.jpg

こちら、30年以上前の製品であります。これはきっぱりと

当時、エディバウアーなど一流外国ブランドのダウンベストは高嶺の花、
ましてやダウンジャケットともなると、エベレストなどの海外遠征でもない限り、
アマチュアの登山者が入手できるお値段ではありませんでした。一部のぶるじょわを除いて・・・

で、わたくしがはじめて購入したダウンウェアがこれだったのであります。

まあ、フェザーの量が多いんでしょうね、なかなかしっかりした「芯」があります。にっこり

それでもかなりちっちゃくなりますので、寒い時期には重宝したものであります。
それにしても何年ぶりでお目にかかったんだろう・・・あな、懐かしや・・・




で、もうひとつでてきたのが、THE NORTH FACE、ザ・ノースフェイスのダウンシャツであります。
de33c67a.jpg

6b6e6a79.jpg

6b5d0be2.jpg
こちらはごく少量のダウンの入った高級シャツで、はるか昔に、職場の後輩からいただいたもの・・・
そういえば高級ブランド品はめったに自分では買わなかったもんな・・・ううっ

こちらもおそらく、30年以上前の製品であります。

わたくしの何かのお祝いで、彼が愛用してたものを奪ったいただいたのですが、
それからしばらくして、彼はがんに侵され、若くして亡くなってしまいました。
ですからこちらは、彼の形見ということになりますね。

そういえばわたくし、アウトドア仲間とずいぶん死別してるなあ・・・

彼とも職場の仲間で、よくキャンプしたものなあ・・・

わたくしとキャンプすると、みんな若死するのかなぁ・・・ううっ・・・悲しい


おっと、閑話休題であります。


どちらもしっかりとしたつくりで、まだまだ使えるのですが、致命的な欠陥を発見してしまいました。


古いIBSのダウンベストが日本のLサイズ、同じくノースフェイスのダウンシャツがアメリカのMサイズ、

つーことで・・・


そう、どちらも、今のわたくしには・・・・

はっ、入らねぇ・・・という、致命的な欠陥が・・・
ホックさえ止められましぇん・・・ドクロ


で、結局は・・・
キャンプOFF会への参加承認を得るための、
奥様へのプレゼントになったというお話・・・

あは落ち込み

あははは・・・はぁ落ち込み

えーん悲しい




わくわくのP.S.
ただ今から、明日からのキャンプOFF会の準備であります。わくわく
寒さ対策は、たっぷりの安物脂身とカプサイシンと安酒で決まりと。
バーナー、ランタン、は準備完了・・・あとは・・・
おっと、懐中電灯を忘れていたぞ・・・
まあ、だれかのやつを貸してもらって、そのまま持ち帰ればいいか・・・げひげひにっこり








at 21:03|PermalinkComments(10)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2006年02月18日

さらば?ヌプシジャケット

1080d790.jpg

THE NORTH FACEのヌプシジャケットであります。
10年以上前のこのシーズンに、

冬物一掃処分セールで買ったものであります。

たしか新大阪のセンイシティーで買ったはずです。
他の色は、お安くなっても15000円以上はしてたのですが、どーゆー訳か、
この青色と、赤色だけは、いちまんえん以下でときどき特売されておりました。

たっぷりの700フィルパワーのグースダウンで、軽くてロフトがあってあたたかい。
薄手のナイロンリップストップ生地で、ちっちゃく本体の右ポケットに収納可能、
ある程度の防風、撥水性もあり、インナーとしてもアウターとしても使える、
ザ・ノースフェイスのゴアテックスなどのアウターと連結できる、
などの高性能で、現在でも世界標準的なダウンジャケットであります。

かなり以前に、200社ちかい報道陣が押し寄せた現場に居たことがあったのですが、
このダウンジャケットをあちこちで見かけました。
それも、全て、この青色か赤色!いやあ、やはりプロユースだったんですね、お安いの・・・

ただ、右ポケットがそのままスタッフバッグになるのは便利なのですが、
泥酔状態で無理やり収納していると、破れてきますし、食べかすや手垢などで・・・
c6c39eaf.jpg

こんな状態になっております。ううっ困った

他に、煙草や焚火による穴の補修パッチもあちこちに・・・
そしてちっちゃなホツレからも、細かいダウンがふわふわと・・・

マクマードパーカも買ったし、

こんな古いやつなんて、ちゃい!

さらば、ヌプシジャケットよ!

・・・なんてことは、わたくし決していたしません!


これからも、ずっと愛用します、

このヌプシジャケット!






P.S
ダウンジャケットシリーズの第二弾であります、きっぱりと。
そして、ダウンジャケットは二着しかないので、このシリーズはこれでおしまいであります、これもきっぱりと。
ううっ、第三弾はいつになることやら・・・その前に老衰で・・・げほげほ・・・幽霊

しかし、近距離でストロボ撮影すると、ヨゴレが白くとんで、新品同様に見えるもんですね。
へっへっへっ、この高度な撮影テクニックで、誰か、高額で引き取ってくれるかな・・・ラブ

at 00:10|PermalinkComments(2)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2006年02月16日

McMurdo Parka

993dd672.jpg

本日の大阪は、三月下旬のあたたかさ。
東大寺二月堂のお水取りが終わると、こちらはいよいよ本格的な春であります。

さて、この季節のお楽しみは、なんといっても・・・

冬物一掃処分セール!であります。きっぱりと

わたくしの冬物は、シュラフやジャケット、アイゼンにスキー、靴下に至るまで、
すべてこのシーズンに買い揃えているのであります。これもきっぱりと
もちろん、夏のキャンプ用品は、すべて夏の終わりに購入しております。
ところで、フラッシュライトは、どのシーズンがお安いんでしょう???

さて、今回購入したのは、THE NORTH FACEのMcMurd Parkaであります。
このパーカ、南極にある米軍マクマード基地での使用をイメージした、ダウンパーカであります。
説明では、オーロラツアーなど、寒冷地への旅行に最適!となっております。

その憧れのマクマードパーカが・・・
3b306b8c.jpg


わたくし、この、

現品限りとか、SALEとかゆー単語に素直な反応を示すのであります!

「ううっ、お安くなってる・・・でもやはりまだ高値・・・もちっと、なんとかならないの?」

「ま、ザ・ノースフェイスですからね、シーズン中よりかなりお安くなってますので・・・」

「ううっ・・・」

「アウターは東レの新素材ハイベント、防水、透湿で、シームシールも完璧・・・」

「ううっ・・・」

「中綿は550フィルパワーのグースダウン、中はTシャツ一枚でもあったかいですよう・・・」

「ううっ・・・」

「それに、これが最後の一着、来年のラインナップに入るかどうか、わかりませんしねえ・・・」

「ううっ・・・」

「フードとファーは取り外し可能、ファーだけを襟に取り付けることもできますよ。ほうら。」

「ううっ・・・」

「ほかにもギミックがいっぱい、これも、これも、ほうら、ほうら・・・このとおり・・・」

「ううっ、買います買います、今すぐ買います、そのお値段でいいです。」と、

結局、完全に足元を見透かされておりました。うぐぐぐ

以下、手持ちノンストロボ飲酒撮影のため、かなりブレた画像になってますが、すいません
950f7136.jpg

左の裏側には、音楽機器や無線機用のポケットとイヤホンコード用のストラップ、
凍結防止用のボトルホルダーが。

4ce845bb.jpg

右の裏側には、携帯電話用のポケットと貴重品用のポケット、ボトルホルダーが。

これ以外のポケットにもいろんなギミックがあるようであります。

帰宅して、さっそくTシャツ一枚になって、夜のお散歩に・・・


あっ、暑いよう!

こんなの、いつ着ればいいんだ!ううっ






P.S
このマクマードパーカ、冬山などのエキスペディション用ではなく、あくまで基地内での着用や
寒冷地旅行を前提とした仕様で、ちっちゃく畳んだりはできませんし、わたくしの軍用コートよりは圧倒的に軽いですが、それでも2150gありますので、持ち運びは不便です。

店員さんは、「カメラマンがよく購入されました。」といってましたが、ポケットも多いし、冬の三脚を使った野外撮影には最適、と納得しました。わたくしはそんな予定はありませんが。ううっ

ダウンジャケットは、静と動にあわせて、こまめに脱着するという使い方でしたので、ちっちゃく収納できるものを使ってましたが、

ま、これからのわたくしの人生における、寒い時期のアウトドアといえばせいぜい・・・

クルマで山頂までいって、駐車場付近で宴会をする。
スキー場で、スキーをせずにゲレンデで宴会をする。
冬の温泉街で、外湯を浸かり歩いて、居酒屋を飲み歩く。
といったハードな内容!ばかりでしょうから、これがピッタリなのかも知れませんね。笑い

ただし、これを着てラッシュの地下鉄に乗ったら・・・一回2キロは確実に痩せる・・・困った

at 00:07|PermalinkComments(8)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック