2022年06月06日

レッド・メタル作戦発動

レッド・メタル作戦発動・・・

P6030941

そう、わたくしが大好きな「暗殺者グレイマン」シリーズの作者マーク・グリーニーが、
海兵隊の遠征打撃群として世界各地を転戦、海兵隊大学・指揮幕僚カレッジの副学長から、
作家になったとゆー共著者を得て、
現代における国家紛争の裏側と正規軍同士の機甲戦を
中心に描いた作品で、じつに読み応えがありました。

奥付であります

P6030943

日本語版は2020年4月の刊行で原著はその前年の刊行なので、この3年間の世界の情勢は、
もちろん盛り込まれてませんが、随所にその予兆などが描かれてました。


表紙カバー裏にあった著者紹介であります

P6030942

著者二人からの謝辞にありましたが共著者以外にも米空軍・陸軍・海兵隊・海軍の現役・退役
将官将校をはじめ、海兵隊大学の教授や学生、ドイツ機甲部隊の准将やフランス特殊部隊の
中佐など、多岐にわたる人たちの支援協力により刊行されたようで、確かに正規軍同士の
戦闘描写などは、これまでの「暗殺者グレイマン」シリーズには描かれてなかったもの・・・

物語は親中派台湾総統候補の暗殺や米インド太平洋軍トップらのスキャンダル暴露による
台湾海峡の緊張と米軍の太平洋方面への戦力集中、その隙に乗じたポーランドからドイツへの
ロシア軍の電撃侵攻、ところがその真の目標はベルリンではなくシュツットガルトにある
米軍ヨーロッパ・アフリカ本部で、その隙に乗じてアフリカのレアメタル鉱山を・・・

といったスリリングな展開になるのですが、侵攻前の妨害工作や侵攻後の機甲戦の様子などが、
じつに精緻に描かれてました。

もちろんアメリカ人の作家がアメリカ軍人やNATO軍人の支援協力を得て書いた作品ですから、
悪いのはロシアと中国の指導者で正しいのはアメリカとNATOという、お決まりの図式ですが、
大国に挟まれた小国の苦悩や決断、いきなり戦地に送り込まれた民兵の苦悩などもあって、
ともかくリアルな現代機甲戦の描写に圧倒されました。

ちなみに本作の中で、ロシア軍を指揮する老練な陸軍大将に「今のアメリカ海兵隊には
ロシア正規軍の部隊運用に対処する演習や訓練が欠けているはずだ」と言わせてるのは、
著者による警鐘だったのでしょうか・・・



m98k at 18:00|PermalinkComments(0) mixiチェック 書斎 

2022年05月29日

保温保冷タンブラーとミニシェラカップと・・・

ええ、ひさしぶりの100均シリーズ・・・


最近は100均ショップに行くと毎回必ず、新しいキャンプ用品が並んでるんですよね。
これは昨今のキャンプブームのお陰で、ま、ありがたいことなのですが・・・

少し前までは100均の日用品
の中からキャンプに使えそうなモノを探すのが楽しみでしたが、
今は一番目立つところにキャンプ用品の専用コーナーがあって、まさに痒い所に手が届く、
つーか、わたくしのようなお気楽キャンパーにはニッチな商品もいっぱいです。



つーことで、まずは・・・

P5260915


P5260919



P5260916

保温保冷タンブラー・・・





P5260917

おなじみMONTAGNEブランドで耐熱100℃耐冷-20℃容量320mlのポリプロピレン日本製・・・
まあ似たようなタンブラーやマグカップは金属製も含め既にいっぱい持ってるのですが、
今回はこんな色合いを見かけたもので、ついつい2個も・・・




で、こちらはかなりニッチとゆーかマニアックとゆーか・・・

P5260920

2個で100円の中華製ステンレス・シェラカップ・・・なんですが・・・



なにせ、この大きさ・・・

P5260921

満水量40mlで説明には「調味料やソース入れに」とありましたが、わたくしはとーぜん・・・
キャンプ宴会用のショットグラス・お猪口として買ったのでありますね。

ま、キャンプ用にはアクリル製や金属製のショットグラスをけっこう持ってるのですが、
シェラカップ風とゆーことで、さらに酒がすすむかと・・・わははは



で、こちら・・・

P5290936

ポリエチレン製シェラカップ用フタ2Pとステンレス製シェラカップリッド&ディッシュで、
やはりおなじみのエコー金属、信頼の日本製であります。


ま・・・

P5270917

どちらも持ち手用の切り欠きがあるだけの、ただのフタなんですが・・・




P5270916

ステンレス製の方は小皿としても使えるし・・・





P5270915

ポリエチレン製の方は持ち手さえ重ねられれば、ガチャつかずにまとめて収まります




そう、やはりフタの工夫つーのは大事で・・・


P5270921

左の厚めのシリコンカップは今回のにぴったりでしたが、右のはちと小さすぎました。




ま、シンプルにこんなフタでもいいのですが・・・

P5260923

カップ類も保温保冷や煮炊きをするにはフタが必需品ですね。


で、上記シリコンカップはサーモス真空断熱タンブラーのフタとしても
愛用してるんですが・・・


今回たまたま、こんな色合いのがあったので・・・

P5290937

追加したところ、以前のとはサイズがびみょーに変わってて・・・





P5290938

こんな風にすると、いかにも魔法瓶の断熱フタ!!!とゆー感じになってサイズもぴったり、
簡単に片手でのせたり外したりできるようになりました・・・




もちろん、ひっくり返して両手できちんと密閉すれば・・・

P5290942





P5290943

以前のよりタイトになり、これなら振り回しても漏れることはないでしょう。

ただし、こちらのは以前とシリコンゴムの材質が変わったのか、何度洗ってもゴムの臭いが
なかなか消えません。
さてさて、どちらを常用したものか・・・うじうじ・・・




m98k at 21:50|PermalinkComments(4) mixiチェック キャンプ・川下り | 糧食、飲料

2022年05月25日

日本の鳥の巣と卵427と・・・

とーとつですが、昨日5月24日・・・

大阪市立自然史博物館で
6月19日まで開催されている特別展「日本の鳥の巣と卵427」
~小海途銀次郎 鳥の巣コレクションのすべて~を俳句好きの友人と観てきました。


P5240915




P5240916




早めに着いたわたくし、友人を待つ間にエントランス付近の野鳥を試し撮り・・・

P5240920


P5240931



P5240921




P5240925


P5240923

わははは、ここの野鳥撮影に望遠レンズは不要・・・説明まで付いてるし・・・


と、二人揃ったところで二階のネイチャーホールへ・・・

P5240935




受付でもらった会場マップ

P5241184

営巣場所などで1から8までに分け、大ホールすべてを使った展示で・・・




なにせ・・・

P5240939

168種427点に及ぶ日本最大規模のコレクションを自然史博物館に寄贈されたそうで、
今回の特別展ではそのすべてが展示されており、とても紹介しきれません・・・


まあ・・・

P5240972

つーことだったので、ごく一部だけですがサクサクっとご紹介・・・



まずは入口にあった・・・

P5240940

ミサゴさんの巣・・・ええ、大迫力でした。




P5240944

オオセグロカモメさんの巣




P5240947




P5240950

カワセミさんの巣





P5240948



P5240949

ヤマセミさんの卵




P5240952

コアジサシさんの巣



P5240953

イカルチドリさんの巣




P5240954

カンムリカイツブリさんの巣(剥製は幼鳥)




P5240986

ハシブトガラスさんの巣
ビニールひもや針金ハンガーなども使ってますね・・・



P5240958

マガモさんとカルガモさんの巣




P5240961




P5240960

ヨシゴイさんの巣
ヨシの中に巣を作るのね・・・




P5241047


P5241048

ブッポウソウさんとアオバズクさんの共用?巣箱
このように剥製のない展示には見事な写真が付いてて素人にも分かりやすかったです。



もちろん剥製のほうも・・・

P5241037




P5241057

なかなかの迫力でしたが・・・

今回記事では全427点のうち10点も紹介できませんでしたが、コレクションのすべてを
見ることができるのは、おそらく特別展の期間中のみ、興味のある方は必見です。



と、鳥の巣と卵を堪能したあとは隣接する長居植物園に入って・・・

P5241092

木陰のベンチで休憩しつつ、パンケーキズームから新機軸の望遠ズームに換装して、
ホンモノの野鳥撮影に挑戦・・・



P5241094





P5241130

まあ、わたくしが見つけられるのはカラスさんやハトさんぐらい・・・



P5241112



P5241110

チョウチョさんはなかなか留まってくれないし・・・


ま、お花さんぐらいなら・・・

P5241102

赤バラさん




P5241103

白バラさん




P5241138

卯の花(ウツギ)さん




P5241137

卯の花の匂う垣根に、時鳥(ほととぎす)早も来鳴きて、忍び音もらす夏は来ぬ・・・

風呂上がりの同級生とすれ違って、思わず「ええ匂い、女の人の匂いや」と呟く・・・
そう、昔の絹石鹸CFの浴衣がけの女の子、美人でかわゆかったなあ・・・うるうる


話は変わって・・・

P5241158

ムクドリさん?




おなじみのカワウさん・・・

P5241150




デジタルテレコンで・・・

P5241155

巣の中と、もう一羽が幼鳥???



やはりおなじみのサギさん

P5241165




やはりデジタルテレコンで・・・

P5241167




P5241168



P5241169

ぱたぱたぱた



P5241172

対岸まで飛んでいったな・・・




P5241173






やはりデジタルテレコンにして・・・

P5241171

これだけ離れると、さすがに無理があるな・・・




とか、さんざん楽しんだあとは、とーぜん・・・ぎょうざの満州へ・・・

P5241174



P5241175

まずはプレモルとよだれ鶏で乾杯!!!



その後はスーパーチューハイなんぞで、ひたすらごくごく、ばくばく、ぺらぺら・・・

P5241178


P5241180

って、食べる前、飲む前に撮ればよいものを・・・


ま、

P5241181

ラーメン大盛り無料期間中だったのは幸運でしたが・・・



P5241182

と、この日もふらふらと自転車を押して無事に帰りましたとさ・・・どっとはらい





m98k at 22:55|PermalinkComments(0) mixiチェック その他アウトドア | カメラ・映像・音楽

2022年05月20日

今週のキャンプメシと宴会メシ!!!

たまたま今週はキャンプ宴会と同期仲間の宴会が続いたので、
「今週のキャンプメシと宴会メシ」つーことで食餌を中心にサクサクっとご紹介。


まずは日曜から月曜にかけての大阪ディープサウス・キャンプから・・・

P5160911

ワンテンママさん新機軸のコールマン・ツーリングドームSTテント・・・


せっかくなので、わたくし新機軸の望遠ズームで・・・

P5160913



P5160914



P5160915

わははは、愉快愉快・・・




こちらは・・・

P5150893

ワンテンパパさんおなじみのモンベル・ムーンライトⅡテント・・・

で、わたくしのダンロップVS21Aテント・・・なんですが・・・

今回はマットをクルマに拡げたまま持って来てたし、一人で昼過ぎから飲み続けてたし・・・
結局は車中泊となり設営しませんでした。

やはり自転車は飲む前にたたむもので、テントは飲む前に張るもの・・・
ま、車中泊セットも快適でしたが、わたくしはテント泊のほうが好みですねえ。

と、夕方には翌日休めることになったwingさんも(迷いつつ)到着し、4人宴会のはじまり!!!


ここはキャンプ可ですが、炭火でのBBQや焚火などは不可つーことだったので、
まずはワンテン一家の「炉ばた大将」で・・・

P5150871


P5150872


P5150876



P5150878

やはり焼き物にはビールやなあ・・・ばくばくかぱかぱ・・・




続いて専用ダッカルビパンによる新機軸のチーズダッカルビであります。

P5150894

ワンテンママさんが前夜からタレに漬け込んでた鶏肉にチーズをのせて蒸し焼きに・・・



P5150898

やはりチーズダッカルビには赤ワインやなあ・・・ばくばくかぱかぱ



で、

P5150900

ワンテンママさん特製の箸休めなんぞをはさみ・・・ごくごくばくばく




P5150895



P5150901

おなじみの部隊鍋(プテチゲ)に移行・・・って、この100均ランタンもいいなあ・・・


ま、このあたりから画像を撮るのも怪しくなってきてて・・・

P5150904

何回目かの具材を入れて食べた後のようですね・・・ばくばくごくごく
ま、あとはどうなときゃあなろたい・・・ばたっ


と、翌朝は・・・

P5160910

プテチゲの残りに中華太麺を入れたラーメンやアルファ米を入れた雑炊で朝食・・・ばくばく


この朝には鳥好きのN家さんも立ち寄って下さったので・・・

P5160931

はじめてウグイスさんを撮ることができました。
近くで鳴き声はしてるのに素人にはなかなか見つけられないんですよね・・・



ちなみにこちら・・・

P5160957

wingさんのレンズフードが大好きな・・・ホソヒラタアブさん・・・だそうです。



と、その後もあちこちガイドいただき昼過ぎには解散、わたくしとwingさんは・・・

P5160963


P5160962

京都高台寺蕎麦のランチセットとやらで〆ました。めでたしめでたし





で、翌日の火曜日は、ひさしぶりに元職場の同期6人が集まり昼から宴会・・・

P5170968

ええ、わたくしは一番先に着きました。



前回と同じ大阪駅前第3ビルの33階にある河久で・・・

P5170964




おなじみの河久御膳・・・

P5170967





以下、お品書きの順番どおりにサクサクっと・・・

P5170969



P5170970


P5170971



P5170974


P5170975



P5170977


P5170978



P5170981

今回はたまたま向かいに座ってたdonchanさんから、食べる前に厳しく指摘されたりして、
最後のデザートまで無事に撮ってたようです。



それにしても・・・なにせ・・・

P5170973

飲み放題コースだったので、ついつい角ハイボールを飲み過ぎたな・・・ばたっ
ええ、この日はわたくし大阪メトロの四つ橋線を何往復もしてたようです・・・




で、翌々日の木曜日は、じつにひさしぶりの学生時代の史跡サークルの同期会・・・

P5190863

京都・三条大橋を渡り・・・





P5190865

高瀬川沿いにある木屋町通を・・・




P5190866

高瀬川一之舟入まで遡上すれば、向かいにあるのが・・・



P5190870

角倉了以の別邸、山形有朋の第二無鄰菴だった、おなじみ高瀬川がんこ二条苑であります。



学園祭に合わせ毎年秋に開催していただいてたのですが、ここ数年はコロナ禍で中止、
最近ようやく移動制限も解除されたので、と再開いただいた次第。ありがとね!!!

P5190874

晩秋の京都もいいけど鴨川をどりの季節もいいですねえ・・・
桜や紅葉のシーズンは観光客でいっぱいだし、真夏は暑くて真冬は寒いし・・・



で、いつもの下足箱へ靴を入れ・・・

P5190872





P5190894

この日は11人で昼から宴会・・・11人いる!!!・・・ま、当たり前・・・




P5190875



P5190882


P5190887

まあ最初こそ食べる前に撮ってたものの・・・






P5190885

湯葉のしゃぶしゃぶあたりから怪しくなり・・・




P5190886



P5190893

飲み放題コースの翠ジン・オレンジをどんどんお替わりするうちに、さらに怪しくなり、
いくつかの料理が抜けてるかもですが・・・



P5190897

〆の炊き込みご飯と・・・


P5190900

デザートの杏仁豆腐は撮ってたようです。



で、宴会後は全員で名庭園に下りて、恒例の記念写真を撮ったはず・・・
ええ、画角もサイズもてきとーなままで店のおねいさんに頼んでたようです。ひっく

P5190901

ちょうどツツジが見頃・・・だったようですね



解散後には京都を散策する者や昔なじみの飲み屋をハシゴする者もいたのですが、

P5190911

わたくしはへろへろになって御池通から京阪三条駅まで戻り、ぐったりと帰宅しました。

そう、今週はひさしぶりの外メシ・外呑みが続いたので、さすがに・・・うぐぐぐ
やはり、そのままばったりできるキャンプ宴会、へやキャン宴会がいいですね。




m98k at 20:05|PermalinkComments(0) mixiチェック 糧食、飲料 | キャンプ・川下り

2022年05月12日

M.ZUIKO ED 75-300Ⅱズームレンズ!!!

ええ、連休中は飲んだくれてて記事の更新ができませんでしたが・・・

連休明けに
軽くて小さい望遠系4倍ズームレンズをポチりました。

P5120863

M.ZUIKO ED 75-300 f4.8-6.7Ⅱ(35ミリ換算150-600)であります。




P5120864

大きさは69×116.5mm、重さは423g・・・
換算600mmとしては小型軽量、まさにマイクロフォーサーズ規格の面目躍如!!!



ま、それでも・・・

P5120865

防塵・防滴仕様で14-150(28-300)の高倍率、大きさは63.5×83mmで重さは285gとゆー、
OM-D E-M5mⅢにセットで付いてたレンズに較べると、やはりデカくて重くなるので、
ずっと悩み続けてたのですが、連休前にはお安くなってたし、この程度の重さ大きさなら
片手持ちもバッグに入れての持ち歩きもできると、ようやく判明したので・・・

そう、wingさんが買ったのを連休中にわたくしのE-M5mⅢで試してたのでありますね。


お手軽スナップには小型軽量が一番なんですが、こちらのレンズと同時にポチってた
ハクバのラバーフードとプロテクトフィルターを着けても・・・

P5110861


P5120866

ラバーフードをたためばプラフードを付けた14-150との差は1cmほどになりました。
さすがに重さと太さはどうしようもありませんが・・・


で、さっそく室内で試し撮り・・・最初の被写体は14-150ズームであります

P5120869

75(150)端での最短撮影距離は0.9m、それ以上300(600)端までは1.5m・・・



で、1.5mまで離れ300端で撮ると、こんな感じになります・・・

P5120870




以下同様に・・・被写体は鏡に映った怪しい人影・・・

P5120871



P5120872

花とかをテレマクロで撮るのにも使えそうですし、デジタルテレコン2倍にすれば、
35mm換算で1200mmとゆー超望遠撮影も手軽に楽しめそうです。

ちなみにwingさんによれば
「安いレンズなので安物カメラのオートモードで使う人も多く、それでキレイに撮れないとか
ヌカしてますが、それなりのカメラでそれなりの設定をすれば充分に使えるレンズです。
そう、あんたが買えばそこが心配やな・・・ぶつぶつ」
とのことでしたので、せめてプログラムオートで設定を・・・できるのだろうか???

ま、使い方のお勉強はさておき・・・


恒例の(外観から入るための)収納ケース探しから・・・

P5120873

とりあえずはアルファ製カメラバッグの・・・




P5120861

左右にフードを着けたままのレンズを入れ、中央に14-42(28-84)パンケーキズームを着けた
E-M5mⅢがヨコ位置で余裕で入りました。

どちらかの望遠系ズームを着けたままの
E-M5mⅢでも、そのまま中央にタテ位置で置けますし、
パンケーキズームを着けたカメラを片手で持ち歩く際には、バッグ中央が空くことのなるので、
ここをクーラーバッグにすればですね・・・


じゃーん

P5120863 (1)

これはレギュラー缶やけどロング缶2本と小さな保冷剤ぐらいは入りそうやな・・・

待てよ・・・今度のレンズは防塵・防滴仕様ではなかったのね・・・うぐぐぐ



m98k at 20:15|PermalinkComments(2) mixiチェック カメラ・映像・音楽