2021年02月19日

絶対に明かされない世界の未解決ファイル99!!!

ま、前回記事UAP???の続き・・・とゆーか・・・

「絶対に明かされない世界の未解決ファイル99」のご紹介であります。

DSCN9109

ダニエル・スミス著 小野智子・片山美佳子訳 
日経ナショナル ジオグラフィック社 2015年12月7日 第1刷第1版発行

ええ、「ファティマ第三の予言からチュパカブラまで」つーサブタイトルもたまりません。





表紙カバー裏の惹句

DSCN9111

古代から現代まで人類の未解決事件簿!!!つーことで犯罪事件から超常現象まで・・・



例によって目次のみのご紹介・・・

DSCN9113



DSCN9114

ま、5年前に出版された本だし、わたくしの綿密な(ネットやTV番組での)最新調査により、
(わたくしのアタマの中では)すでに解決済みの事件もいくつかありました。

もちろん知らなかった未解決事件や超常現象もあったけど、多くは概要ぐらい知ってたし、
中には簡潔にまとめた記事本文より、さらに詳しく知っていた項目も・・・

そう、わたくし太古からの未解決ミステリーつーのも大好きでフォン・デニケンの著書から
TV番組ダークサイドミステリーまで、昔からけっこうよく見てるんですよね。
ムーとかアトランティスとか古代文明の謎とかも好きだし、日本なら邪馬台国の位置とか、
ヒッタイトより古い?鉄の起源や神話とか、ストーンサークルとか謎の地下遺構とか・・・

本書では、ほぼ解明されている有名な項目についても「やはり宇宙人が関与してた?」などと、
未解明部分が残ることからの反論も紹介されてて、なかなか面白かったです。


ちなみに最後の「世界の終焉」では人類の滅亡要因としての未確定要素が挙げられてて、
宇宙人の襲来・大きな小惑星や彗星の衝突・超新星爆発・太陽温度上昇など宇宙からの要因、
巨大火山の噴火・巨大津波・磁極の反転・感染症の大流行!!!など自然の驚異による要因、
生態系の破壊・核兵器や生物兵器を使う戦争やテロ・AIや合成生物学、ナノテクノロジーの
誤った使い方など、人類の過ちによる要因が、それぞれ紹介されてました。

ま、宇宙人の襲来については交信や接触がないので心配している人は少ないし、地球の近くに
超新星爆発しそうな星は見当たらないし、太陽温度の上昇で海や二酸化炭素がなくなるのは
20億年ほど先のハナシだし・・・ともいいつつ項目の最後は・・・

「人類がいつまで存続するかなどは気にせず、最後の審判の日が来るまで、運命に身を任せ、
人生を楽しむ・・・果たしてそれでよいのだろうか。」と、締めくくっておられました・・・

そう、どうにもならない自然の驚異もある一方で、人類の努力次第で避けることのできる
未確定要素も多いんですよね・・・ふむふむ





m98k at 00:19|PermalinkComments(0) mixiチェック 書斎 | わからないもの

2021年02月16日

UAP(未確認空中現象)???

2021.02.10. 17:43~17:53
自宅ベランダより、ほぼ真西を撮影

DSCN9115

画面中央あたりの小さな縦長の光点・・・(画像をクリックすると拡大します。)



ズームしてみると・・・

DSCN9117

火球がほぼ垂直に落下???・・・してるように見えました・・・ 

でも動きはなく空中に静止したまま・・・???





で、しばらくすると・・・

DSCN9118


DSCN9122

少し角度が変わったけど静止したままで徐々に小さくなって、やがて消えました。この間、約10分・・・

しばらくは理解できず、UAP謎の空中現象かっ???と、思わずカメラに収めた次第。

あとで考えてみると(画面では左(南)に位置する)関西空港を離陸した航空機が大阪湾の上空で旋回して西へ向かうのを、
ちょうど旋回直後から見てたようで、その飛行機雲(排気)が夕陽を浴びて反射したものだったんでしょう・・・

そう、わたくしの住んでる集合住宅、関西空港の離陸・着陸の際の目印にでもなってるのか???
まっすぐこちらに向かってくるか、離れていくかなので、大阪湾上空で旋回・上昇・下降するまでは、
ずっと止まってるように見えるのでありますね。

米軍ではUFO(Undentified Flying Object)未確認飛行物体つーのをUAP(Undentified Aerial Phenomenon)
未確認空中現象つー呼び方に変えたようですが、これはパイロットが「UFOに遭遇した!!!」と報告すれば、
「お前、酒でも飲んでたんとちゃうか?」とか上官に疑われるので正確な情報が集まりにくかったため、
「知らない空中現象を見たので、とりあえずご報告・・・」つーことにしたようで、珍しい気象現象など
説明できるものが大部分のようですが、説明できないものも昨年いくつか公開されましたね。

今回はいかにも「落ちてる火球が空中で止まってる!!!」ように見えましたが、画像を拡大してよく見ると
かすかに機体のような影もあり、少し高度を上げてから西へ向かう四発機だったんでしょう。

ぬわーんだ・・・





m98k at 12:00|PermalinkComments(2) mixiチェック わからないもの 

2021年02月13日

今年はあこや貝とブロッコリーのパスタ!!!

とーとつにあこや貝とブロッコリーのパスタであります。

昨年に続き中学時代の同級生S井さんからお裾分けいただいたので、半パックは鍋に入れて、
半パックはパスタで家内と食べたのですが、残る1パックを近所に住む俳句好きの友人と・・・

彼は様々な素材をアヒージョで楽しんでるとのことで、今回は調理をまかせました。



前夜から自然解凍したあこや貝とつまみや食材、酒類なんぞを実家に持ち込んで・・・

DSCN9124



DSCN9141




DSCN9127

黒ビールとビールもどきをチェイサーに安スコッチをかぱかぱ飲みつつ・・・


彼はブロッコリーとミニトマトに加え、こんなのも持参してくれてました・・・

DSCN9129


DSCN9128

ボッタルガ・・・イタリアのカラスミですね・・・はじめて食べました・・・高級品なんですね・・・
独特の風味と塩辛さが酒に合います・・・むぐむぐ・・・かぱかぱ・・・



で、まずは・・・

DSCN9126

ブロッコリーを軽く塩ゆでし、冷水で色止めしてました。さすがです。



次に・・・

DSCN9131

オリーブオイルにスライスしたニンニクと唐辛子で香りづけ・・・
唐辛子のタネは丁寧に取って、ニンニクの芯は取らずに薄くスライスして投入・・・
さらにニンニクは焦げ目がつくまで火を通してました。
このあたりは、わたくしのレシピとは真逆であります。


で・・・

DSCN9132

あこや貝とブロッコリーと半分に切った少量のミニトマトを入れて・・・


白ワインを入れフタをして少し蒸し焼きに、塩コショウで味を調えれば・・・

DSCN9134

アヒージョの完成であります・・・

って、わたくしのアーリオ・オーリオ・ペペロンチーノと一緒やないかっ!!!
ニンニクと唐辛子の量はやや少なめだったけど・・・

ま、陶器製の耐熱小皿に入れてパンと食すのがスペインのアヒージョのようですが、
ニンニク、唐辛子、オリーブオイルは基本中の基本で共通なんですね。

ともかく安物白ワインで美味しくいただきました。ばくばくごくごく
やはりアコヤガイは独特のコリコリ食感がいいですねえ・・・こりこりもぐもぐ

S井さん、今年もありがとね!!!


で、半分ほど食べてから、わたくしがパスタを茹でて
残りに和え、ミニトマトを散らせば・・・

DSCN9135

スパゲッティ・アーリオ・オーリオ・ペペロンチーノ・あこや貝・ブロッコリーの完成!!!

こちらも美味しくいただき、白ワインを空けてから、さらに安スコッチを飲み続け・・・

ええ、夕方に彼が帰宅してから翌日までの記憶が、わたくし一切ありません・・・
いったい、誰に記憶を盗まれたんだろう・・・ぷつん



m98k at 09:51|PermalinkComments(4) mixiチェック 糧食、飲料 

2021年02月10日

焚火台???

(役に立つかも知れない前書き)
NHK総合・2月11日(木)2:49AM~3:49AM(10日深夜)「魂のタキ火 特別編 癒やしの炎」が再放送されますね。
焚火だけの動画なので、録画しておいて焚火キャンプができないときに大画面で流しておけば、癒やされる・・・
・・・かも知れません・・・



と・・・最近のソロキャン・冬キャンブームで焚火台が見直されてるようです。

つーことで今回は、わたくしがキャンプで愛用していた焚火台???のご紹介・・・



じゃーん

DSCN9089

ま、基本的には頑丈な鉄バケツ(ペール缶)なんですが・・・




DSCN9094

中ほどに仕切りがあって下部の穴から空気が入り燃焼しやすくなってます。
大きな薪とかでも、タテにそのままぶち込めるのも便利でした。




DSCN9096

短い三脚も付いてて地面への影響も少ないし・・・



ま、正式名称は焚火台ではなく・・・

DSCN9088

「多目的スーパーコンロ」つーことで・・・




DSCN9086

「冬期には暖房用及び、簡易焼却用としてご使用下さい。」と書かれてます。

そう、わたくしこれを主にキャンプでの「ごみ焼用」に使ってたのでありますね。
もちろん、今は人も多くキャンプ場での「ごみ焼」は迷惑千万ですが、昔はキャンプ最終日に、
生ごみなど燃えるものは全て焼却して、灰は土に埋めて帰るのが当たり前でした。
ま、それでも石や土を焦がすのが嫌だったので、これを使ってた次第・・・

生ごみも他の可燃物さえあれば完全燃焼しましたし、分厚い鉄板なので輻射熱も大きく、
冬場の「ごみ焼ファイアー!!!」は暖かくて快適でしたね。ま、夏場は暑かったけど・・・

さてさて、今は焚火台が流行ってることだし、これを復活させるとするか・・・
でも、長年「ごみ焼」用に使ってきたので、この上で調理するのもなあ・・・



つーことで、小型軽量の炭火用として・・・

DSCN9100



DSCN9101



DSCN9102

こんな鉄製の七輪(かんてき)もあるので、これを焚火台に転用するか・・・

そう、炭火の七輪(かんてき)ならwingさんの珪藻土の高級品があることだし・・・

でもこれ、大きな薪は入らないし雰囲気的にも「焚火台」とゆー感じでもないし・・・



つーことで、こんなのも・・・

DSCN9097



DSCN9098



DSCN9099

これなら折りたたみ式だし、網を外せば焚火台らしくなるし・・・

でも、どれを焚火台に使うにしても・・・

わたくしにはどうしても、ちまちま感が否めないなあ・・・




そう、やっぱり焚火は・・・

DSCN8611

どどんと直火で盛大に!!!

って、こんな直火ができるキャンプ場、今は希少なんですね・・・

ま、ソロや少人数で小さな焚火台の前で、ちまちまやるのもいいもんですが・・・



m98k at 00:10|PermalinkComments(2) mixiチェック 川下り、キャンプ宴会 

2021年02月08日

マスクインナーとか・・・

とーとつにマスクインナーとか・・・であります。

ええ、某mixiの某ぐりぐりさんの記事で知り、某コクミンで購入したもの・・・

じゃーん

DSCN9052



DSCN9055

商品名は抗菌マスクインナー、発売元は株式会社ミツマル、とゆー日本製。




DSCN9053

そう、マスクの中に入れるポリエチレン樹脂製の「芯材」なんですね。


わたくしマスクをすると声はこもるしメガネは曇るしで、けっこう不快だったのですが・・・

DSCN9058


DSCN9059

「芯材」で内部空間ができると、喋りやすく呼吸もラクになってメガネの曇りも少なくなり、
顔に付けるとマスクの周囲もほぼ密着したままでした。



ま、ウレタンマスクは効果が一番少ないようなので、こちらの・・・

DSCN9060



DSCN9061

小さめ布マスクにも試してみましたが、顔に付けたらこちらもほぼ密着してました。
ちなみにわたくし、稀に人の多い場所に行く際には、これらと不織布マスクを併用します。

ま、これまでマスクを外した際には内折りしてから巻いてバッグに入れてたのですが、
このままでは巻くわけにもいかず、収納が嵩張るのが難点といえば難点ですね。

うーむ、マスクをセットしたままで折りたためるタイプとかもあるのかな・・・
ぐりぐりさん、この記事を見てたら、探して試して教えてね!!!



少しは役に立つ(かも知れない)P.S

今や人の多い場所でのマスクは飛沫を「出さない・吸い込まない」ための必需品ですが、
ウレタン製はどちらの効果も一番少ないようで、ガーゼやポリエステル製は「出さない」
効果はウレタンより高いものの、やはり両方で効果が一番高いのは不織布製のようですね。
ま、ウレタンが一番ラクで一番ぴったりするので、一番愛用してたのですが・・・

実験で新事実「ウレタンマスク」の本当のヤバさ ウイルス専門家、西村秀一医師が徹底検証 (msn.com)

こちらの記事は、昨年12月に発表された理化学研究所などの富岳によるシミュレーションでは、
「出さない」効果は不織布製で約80%、ウレタン製で約50%、布製で約66~82%、いっぽう
「吸い込まない」効果は不織布製で約70%、ウレタン製で約30~40%、布製では35~45%だった
とゆー内容を受けた国立病院機構ウィルスセンター長の西村医師が、呼気と同じミストによる
「吸い込まない」実験を行った内容が紹介されてて、不織布製では90.8~99.1%で殆どを除去、
ガーゼやポリエステル製では10~20%台、ウレタン製ではなんと1%以下!!!だったとのこと・・・
もちろんマスクの性能にもよるんでしょうが、けっこう結果に差があるんですね・・・

ま、人の集まる場所では不織布マスクをきちんと付けて、できるだけ密を避けること、
それでも
エアロゾル濃度が高いとマスクでは除去できないので室内では換気が重要、
逆に他人とほぼ会わない戸外のウォーキングや自転車などではマスクは外してていい、
つーのは、なるほどと納得しましたが・・・

いっぽう・・・

ウレタンマスクはNG? 着用批判に専門家くぎ―「洗い過ぎ」には注意を:時事ドットコム (jiji.com)

こちらの記事では(マスクの材質については)「どれも一般的な使用なら問題はない」とした上で、
密な場所や病院など、より注意が必要な場所では不織布、換気の良い場所で長時間使う場合は
ウレタンとゆー使い分けを提案されてました。
またウレタン製は洗った際の劣化が激しいので使用回数に注意が必要ともありましたが、
そーいや伊丹駐屯地で買ったこのウレタンマスク、もう何度も洗って使い続けてるな・・・

ちなみにわたくしも、他人が集まるスーパーなどの店内と、徒歩やママチャリでの移動時、
人の少ないルートをポタリングする際とかで、それぞれ使い分けてます。

買い物などで人の多い店内に入る場合は不織布マスクも併用し滞在時間もできるだけ短く、
いっぽう徒歩やママチャリで人の多い道路を店まで往復する際などはウレタンマスクのみ、
ポタリングとかで人の少ない道路や公園を行く際には、特にマスクは付けてません。
もちろん帰宅後の手洗いうがいは励行してますが、外出自体をできるだけ減らしたうえ、
一般人がこの程度の対策で感染するかしないか、あとは運次第と思ってます。

ま、上記どちらの記事でも人の集まる場所では
不織布マスクを正しい方法で付けることと、
できるだけ密を避けること、つーのは共通してましたから・・・

(わたくしの生甲斐である)大宴会どんちゃん騒ぎなんか、まだ当分は自粛ですね。ぐすん




m98k at 00:58|PermalinkComments(2) mixiチェック 災害避難とか