2005年03月05日

ドイツラスクとポルトガル産ペースト

0902e3e5.jpg

冬の山頂宴会では、どうしても鍋やラーメンが中心になってしまいますが、それ以外の季節用に常備してるのがこれです。
どちらも保存期間が六ヶ月とか一年以上ありますので、非常食としても最適です。
キャンプなんかでも、ほんとは焼きたてのトーストにハムエッグなどをのせて、というのがいいんでしょうが、呑みすぎた朝にわざわざ作るのはめんどうだし、日持ちはしないし、というわけで、キャンプ宴会キットの中にも必ずはいっております。
画像のペーストはわたくし好みのオニオンツナですがサーディンもあります。
これで主食なら一人分、つまみにするなら二人分は充分あります。
ラスクは100円ショップ、ペーストはディスカウントショップで50円、全部で200円の豪華な糧食であります。もっと高級品になるとガーリックトーストのラスクとか、チューブ入りのいろんなペーストとかがあるようですが、わ、わたくし、とても手がだせません。

あとは、フルボディの安物チリワインでもあれば・・・まる


at 21:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0) mixiチェック 糧食、飲料 

シーバス12年、携帯用宴会キット


IMG_0029

シーバスリーガル12年の500mlPETボトルです。半分しか残ってましぇん困った

スコッチではシーバスが好みなんですが、中味がなくなったら安物バーボン入れたりします。
このボトル、空港の免税ショップでしか見ないのですが、お茶などのペットよりはるかに丈夫で、
錫などのヒップフラスコ(スキットル)よりはるかに軽くて、しかも中味が見えるので便利です。
これと、アクリルのショットグラス、養命酒のおまけグラスと柿ピーを、うしろに見えるスポンジケースに収めると・・・
なんということでしょう・・・携帯用宴会キットの完成です。

IMG_0031


ちなみに、グラスカバーにしてるのは、イスの脚カバーで、養命酒のおまけグラス以外、すべて100円ショップで買ったものです。
柿ピーは4袋100円でしたが・・・笑顔

たいてい、どこへ行くのにも持ってますので、いつでも、どこでも、だれとでも、アウトドア宴会ができるというスグレモノですびっくり
ま、これ以外に、水を入れたスクイーズボトルも必需品ですが・・・


at 17:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0) mixiチェック 糧食、飲料 

ミニマグAAと、もどきライトたち

4ac5d6e0.jpg

むかし、正直者のライトファンが湖にミニマグを落としてしまいました。
すると、湖の中から、眼鏡をかけてジャージを着た美しい女神が現れ、
「てめぇの落としたミニマグはよう、金のミニマグか、黒のミニマグか、どっちなんだよう」
と舌足らずな声で、問いかけました。
「わたくしの落としたのは使い古しの黒いミニマグでございます。」
と正直なファンは答え、ご褒美に純金のミニマグをもらい、
「てめぇ、必ず卒業させてやっからな」といって女神は湖に消えました。

この話を聞いた極悪マニアは、バッタ屋で280円で買ったミニマグもどきライトを
わざと湖に投げ込みました。
すると女神が現れ、
「てめぇの落としたのは、金のミニマグか、黒のミニマグか、どっちなんだよう」
と問いかけてきたので、
「落としたのは純金のミニマグ、しかも良binの3Wを入れたカトキチスペシャルでございます。」
と答えました。
すると女神は眼鏡をはずし、
「てめぇのようなマニアがいるから、コレクターが肩身の狭い思いをしてるんじゃねぇか!」
といって、極悪マニアをぼこぼこにしましたとさ。めでたし、めでたしと。


ちなみに奥の2本は、10年ほど前にバッタ屋で280円で買ったもの。
同じ箱に入ってたのに、よく見ると別のライトでしょ。
いちばん手前のは、中国、甘粛省の田舎の高級スーパーで2元(当時約27円)で買ったもの。
TIGER-HEADのロゴがあるんですが、ミニマグより軽くて小さくてかっこいいでしょ。



at 00:30|PermalinkComments(4) mixiチェック フラッシュライト、ランタン