2008年11月

2008年11月08日

ブランドブーツその2!!!

(期間限定のご案内)
アマゾン植林・苗木代公募は、予定していた3000本分すべてにご応募をいただき、無事終了しました。
ご協力、本当にありがとうございました。ちなみに、11月「洞窟オフ会?」ご案内記事はこちらです。





さて、文字色が、さりげにカーキ色になっておりますが・・・

前回記事に続いて、

ブランドブーツのご紹介であります。かすかにきっぱりと困った

前回記事では、奥様が購入されたエーグルのラバーブーツをご紹介しましたが、

今回はまちがいなくわたくしが購入したブランドブーツであります。



じゃーん
011cbbfc.jpg


わたくしのジャングルブーツであります。




ジャングルブーツ・・・
ベトナム戦争当時、それまでの全革製のコンバットブーツに替わって、
ムレにくく、乾きやすくて軽量なジャングル戦用として、上部がナイロン製になった、
米軍が開発したブーツなのであります。


あーっ、そこのリオたん、すぐに安物コピー品と見抜いちゃだめっ泣く


そう、たしかにこれは、お値段1.98kのコピー品なのであります・・・ううっ
わたくしがサバゲで遊んでた大昔でも、ジャングルブーツのデッドストック品となると、
けっこうお高く、かといって、さすがにブーツの中古放出品とゆーのには抵抗があり、
ま、妥協の産物として購入した次第なのであります。


ジャングルブーツの大きな特色として、サイドに空けられたドレンホールがあります。
いわゆる水抜き穴で、いくら防水しても深い水田やジャングルの渡渉では、
どうせ浸水するのだから、とゆー逆転の発想で、侵入した水を素早く排水して、
できるだけ早く内部を乾燥させようとゆー、通気孔を兼ねた穴なのであります。
ヒルや寄生虫、小石などが入らないように金属製の細かいメッシュでカバーされています。
ただしそれは、ホンモノの場合であります・・・





わたくしのこのコピー品は・・・
e06ee5c1.jpg
穴の開いたブリキをカシめてあるだけ・・・悲しい

ちなみに埋まっているのは、内蒙古の沙漠の砂、ボルネオ島のジャングルの泥などであります。

沙漠では、このドレンホールにガムテープを貼ってたのですが、
上部のナイロン生地や縫い目からパウダー状の砂が侵入し、
一時間もすれば内部に砂が厚く積もって歩けなくなり、
その都度、編み上げの靴ひもをほどいては、中の砂を出したものでした。
新型のスピードシューレースのついたやつならもっと楽だったんでしょうが・・・

結局、沙漠でもジャングルでも、履きなれたトレッキングシューズにスパッツ、
とゆースタイルが、砂やヒルの侵入を防いでくれたので、二日目からは履かなくなりました。


93aabde6.jpg
傷だらけになってますが、これはニッポンの林の中を、サバゲで走り回ってた傷であります。



んで、この粗悪コピー品が、どーしてブランドブーツなのかとゆーと・・・



72a5ab35.jpg

88f8f6ac.jpg

こんな有名ブランドのタグびっくりがついてるからなのであります。拍手



でも、このハーレーなんとかとゆーメーカー・・・




ブーツメーカーだっけ・・・









at 02:33|PermalinkComments(7)TrackBack(0) mixiチェック ミリタリーグッズ | その他アウトドア

2008年11月05日

AIGLEラバーブーツ・・・

(期間限定のご案内)
アマゾン植林・苗木代公募は、予定していた3000本分すべてにご応募をいただき、無事終了しました。
ご協力、本当にありがとうございました。ちなみに、11月「洞窟オフ会?」ご案内記事はこちらです。



えへん、今回は、エーグルAIGLEの高級ラバーブーツであります。きっぱりと・・・




じゃーん
4610a82c.jpg
キーボードに乗ってますが・・・

069d3399.jpg
なにせ、エーグルのラバーブーツであります。

970b7567.jpg


おフランスで、1853年に創業された、あまりにも有名なブランドであります。

履き心地のいい天然ゴム素材のラバーブーツは、昔から世界中のアウトドアで愛用され、
信頼性も高いのであります。(ニッポンの○キレスも、もちろん信頼性はありますが・・・)

そしてエーグルは、ア○レスよりも、いまだに、はるかに・・・

お値段もお高いのであります。これもきっぱりと困った

わたくしにとっては雲の上の高級品、アキ○スさえも買えずに、
ずっと安物の釣り用とかで我慢していたのでありますが・・・

このたび、どどーんと思い切って、買ってきたのであります。










奥様が・・・もちろん自分のだけ・・・困った








「えっ、エーグルのゴム長やないかいっショック

「あら、知ってるの、ラバーブーツっていってね。」

「知ってるの・・・って、そりゃ昔から欲しかったけど・・・ショック

「友達が履いててかっこよかったから、売ってるトコ教えてもらって、買ってきたよ。」

「かっ、買ってきたよ・・・って、たっ、高かったでしょ・・・ショック

「ふつーのブーツより、ずっと安かったよ。きっぱり」


どんな、ふつーのブーツやねん・・・がるるるるぅ怒る


まあ、その後、雨の里山観察にお出かけになられたのでありますが、

「一日中、ずーっと履いてたけど、すんごく快適だったわ、満足満足。」とご満悦でした。


そりゃあ、そうでしょう、ヘタなトレッキングシューズより高いんだから・・・悲しい

しかし、さすがはわたくしの奥様、この色合いの選択はなかなかのもの・・・にっこり


って、



喜んでる場合かっ怒る





とゆー次第で今回は、ご好評のマイ・ブーツシリーズには入れられないのであります。ううっ悲しい




ちと寂しい世情分析P.S.
アウトドアブランドとしてのエーグル製品、最近はシティファッションとして、
女性にも人気があるようであります。
ラバーブーツ以外にも、衣服とか、いろんな製品も出してるようで、
全部エーグルでキメる、とゆーのも流行っているようであります。

まあ、うちの奥様の場合は、ここ数年、(忙しいわたくしをさしおいて)あちこちのアウトドアに、
毎週のように出かけるようになったので、これはこれで本来目的、まあよかったかと・・・

って・・・

納得してる場合かっ怒る








at 22:22|PermalinkComments(7)TrackBack(0) mixiチェック その他アウトドア 

2008年11月01日

搗底屋さんとか・・・

(期間限定のご案内)
アマゾン植林・苗木代公募については、2008年10月31日までに、3000本分すべての応募をいただき無事終了しました。
ご協力、本当にありがとうございました。ちなみに、11月「洞窟オフ会?」ご案内記事はこちらです。





んで、とーとつに記事になりますが・・・



さすがに大阪人のわたくしでも、

この商売は知りませんでした。







そう、




搗底屋さんであります。きっぱりと




じゃーん

ea398e1e.jpg

搗底屋さんであります。何度もきっぱりと


盆の底に土を敷き固める専門家なのであります。

専用工具も、各種用意してあるし・・・





んで、これが、その盆セット・・・

1c6915c0.jpg
よく見ると、たしかに土を敷き固めてあります。



中国のコオロギ相撲とゆーのは、聞いたことはありましたが、今でも愛好家が居てて、
専用の道具や、それぞれに応じた専門家が存在することは知りませんでした。

縄張り意識の強いエンマコオロギなんぞが出会うと争いになり、負けた方はそそくさと逃げ、
勝った方が、高らかに勝利を宣言して鳴く、とゆー性質を利用して、
強くてきれいに鳴くコオロギを育て上げ、闘わせて楽しむとゆーコオロギ相撲、
その飼育容器である陶器の盆の底に、土を搗き固める専門家なのであります。

いやあ、まだまだ世の中には、いろんなお商売があるんですねえ・・・






とまあ、じつはこれらの画像と解説は・・・
6bed5cf4.jpg
先々週行った、こちらの特別陳列で知った次第・・・





babd6960.jpg
あちこちで、少しずつ展示内容を変えて巡回してるんですね。



こちらは、長居公園にある大阪市立自然史博物館での展示。
2b17c4c5.jpg

3fe5b0fc.jpg
いろんな鳴く虫や虫カゴなどの展示があったのですが、直翅目とゆーことで・・・




1a5eff2c.jpg
華麗なる熱帯ゴキブリの世界!!! といわれてもなあ・・・困った




31f2d6d3.jpg
世界最大のトノサマバッタ!!! といっても、写真パネルだったけど・・・困った

とかもあって、けっこう楽しかったのであります。ラブ

また、この日は見ることができませんでしたが、
学芸員さんによる、実際のコオロギ相撲大会もあるようです。





んで、おなじみの長居植物園のほうも、ようやく秋らしくなり・・・
adb3a37d.jpg

e640d54d.jpg
いろんな木の実や、秋の花・・・




いろんなキノコが・・・
298c742e.jpg

2328e609.jpg
これはササクレヒトヨタケ・・・だっけ・・・

b997b4e9.jpg
こちらはヤナギマツタケ・・・だっけ・・・

1878e04a.jpg
こちらはユーカリに生えたマイタケであります。じゅるじゅる汗



秋の夜長、搗底屋さんになった気分で、といっても、どんな気分かわかりませんが、
ひとつ虫の息、もとい虫の音でも、じっくり楽しんで下さいませ。にっこり


(といってもこのサイト、リオたんのサイトのように、何か聞こえる仕掛けをしたわけではありません。
みなさん勝手に、夜の草むらにでも聴きに行ってくださいね、もちろんライト片手に・・・)






at 12:15|PermalinkComments(7)TrackBack(0) mixiチェック わからないもの | その他アウトドア