いまこそ「小松左京」を読み直す1ヶ月ぶりの堺浜ポタ

2020年09月16日

一筋縄・・・

(お知らせ)
8月25日から当サイトのURLをhttp://からhttps://に変更しましたが、その後、一部記事に挿入していた
「ニコニコ動画」が見れなくなってたようです。とりあえず再編集して復旧しましたのでお知らせします。


つーことで、一筋縄であります・・・

???

奈良に別荘を持つ知人が、わたくしが麺類好きと知って、以前に送って下さってたもので、
ずっと実家の仏壇にお供えしてたのですが初盆も過ぎたことだし、そろそろと・・・



じゃーん

DSCN7030




DSCN7031



DSCN7034

そう、油の代わりに吉野葛を使って酸化臭を防ぎ透明感と喉ごしも増した麺・・・じゅるじゅる



で、まずこちらが「日本最古のうどん」を再現し、春日大社から復活したとゆー・・・


DSCN7027

「春日餺飩(はくたく)うどん」だそうです。じゅるじゅる

ま、こーゆー説明を読むと、麺類好きとしてはウンチクを傾けたくなるんですが・・・

中国では北魏時代(386年~534年)には存在していた餺飩(ハウトン)と日本の饂飩(うどん)は別物、
日本独自の太い饂飩が作られたのは、おそらく1300年代初期の京都禅寺のどこか・・・

つーのが奥村彪生氏の説で(こちらの返信コメントで紹介しています)、「ウトム」とゆー
言葉が現れる、もっとも古い文書が法隆寺の嘉元記(1361年)だそうですから、氏の説に拠れば
この一条天皇(980年~1011年)が春日大社で舞い踊る
餺飩女たちから振舞われた餺飩は、
冷やして食べる中国式の
餺飩で、湯漬けで食べる日本独自の太い饂飩とは異なるモノ・・・

ま、一条天皇と同時代の清少納言も(中国式の)
餺飩を食べてたはずと奥村説にありましたし
こちらは形状も「ほうとう」系に近く、さらに冷やして食べるよう説明にありましたから、
氏の説に拠れば、これは「日本最古のうどんの復活」とゆーより「当時の
餺飩(ハウトン)の復活」・・・

もちろん「
餺飩(はくたく)うどん」とゆー名前も「日本最古のうどん」とゆー説明も、
うどんの起源に諸説ある中では間違いとは言えないのでしょうが・・・ぶつぶつ・・・


とか、鮎だしについてとか、どーでもいいウンチクはさておき・・・


同梱されてた、そうめんであります

DSCN7029



同じく細平めん

DSCN7028



同じく全粒麺

DSCN7025



同じく半生そうめん

DSCN7026



同じく半生うどん

DSCN7024

と、各種セットで送ってきて下さいました。ありがとね!!!

とりあえず、こちらの「吉野葛入り半生うどん」からいただきましたが、手延べに油を使わず

吉野葛が入ってるからなのか、確かにより生麺に近い食感でツルツルシコシコでした。


「ほうとう」系の柔らかさと喉越しがイマイチなわたくしには、じつにありがたい一品で、
これ以外にも、ぜーんぶ食べるのが楽しみです。 じゅるじゅる

(追記です)
その後「春日餺飩(はくたく)うどん」もいただきましたが、やはり一般的な「ほうとう」と
異なり、
独特のツルツル・シコシコ食感で、わたくし好みでした!!! ずるずるずる



m98k at 00:16│Comments(7) mixiチェック 糧食、飲料 

この記事へのコメント

1. Posted by donchan   2020年09月16日 09:06
久々の麺情報、ありがとうございます。暑さは少し治りましたが、まだまだ冷やしソーメンは捨てがたいですね。
三輪そうめんは、老舗ですが、当方は、少し太めの徳島半田そうめんがお勧め。特にこれからの煮麺には、向いていると思います。
やや太めが好み故でしょうか、東北宮城の白石うー麺も気に入ってます。
「吉野葛入りうどん」の食感は、葛粉が入っておるせいではないでしょうか?念のため。
2. Posted by 98k   2020年09月16日 10:06
>donchanさん さっそくのコメントありがとうございます。
わたくしも普段食べてるのは半田麵ですが、細い三輪そうめんも気分次第で食べたくなるので常備してますね。
こちらの「吉野葛入り」、ぜひ一度試してみて下さい。ほうとう系の春日餺飩うどんも、そうめん系もオススメですよ。
先日TVでやってましたが、完全手延べで幻の「河内そうめん」つーのがあって、今では作っているのは1軒だけ、
300kg~400kgしか作れず、通常の4倍の価格なのに全て予約だけで売り切れる極細だそうです。
白石うー麺は食べたことがないのですが、温かい麺といえば長崎の「五島うどん」も有名ですね。
以前お土産にいただいて帰り、真冬のOFF会キャンプで「地獄炊き」にしていただいたことがあります。

https://98k.dreamlog.jp/archives/51511661.html

大陸から五島列島に直接伝わったとゆー伝統製法で、こちらもこれからのシーズンにはいいですね。
3. Posted by 98k   2020年09月16日 10:35
>donchanさん
追記です。
こちらの食感、ご指摘のとおりなので記事本文に追加修正しておきました。
葛粉とか山芋粉とかを小麦粉や蕎麦粉に練り込むとツルツルシコシコになるようですね。
4. Posted by Yasshi   2020年09月22日 09:23
麺のこととは思わなかった。てっきり、Jちゃんのことかと...
しかし、吉野葛入りとはねぇ、おおいにそそられます。

で、今年は、夏場にそうめん食べてないやないか、と気が付きました。
5. Posted by 98k   2020年09月22日 09:44
>Yasshiさん コメントありがとうございます。
そーいや貴方、食にはこだわらないとおっしゃってましたねえ・・・
でも夏にそうめん、冬ににゅうめんを食べないつーのは、宇宙の法則に反する行為・・・
やはりあんたは反物質やったんかっ!!!
ところで・・・
本日の記事で紹介しているランドナータイプの自転車もよさげでしたよう
最低20万ぐらいからオーダーメイドできるとのことでした。ただしフレームのみのお値段ですが・・・
6. Posted by Yasshi   2020年09月22日 16:53
貧乏人ですから、買えません。<(_ _)>
7. Posted by 98k   2020年09月22日 17:02
>Yasshiさん
20万つーのはあくまでスタンダードの最低料金だそうで、有名なイギリス製クロモリパイプで細かいオーダーをすると、
フレームだけでとんでもない金額になり、さらにレアなクラシック・パーツをオークションなどで集めて組み上げるそうです。
ま、少し足りないなら、とりあえずママチャリからでも・・・

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
いまこそ「小松左京」を読み直す1ヶ月ぶりの堺浜ポタ