2020秋(こっそりと)熊野キャンプ・前篇大仏鉄道物語

2020年11月21日

2020秋(こっそりと)熊野キャンプ・後編

前回記事からの続きであります。

結局13日の夜は1時過ぎに就寝、わたくしは10時間ほど飲み続けてたことになります。

で、14日の朝の様子・・・

DSCN8110

さすがにまだ土曜日の朝、広大な河原の隣にはバイクのソロキャンパーだけでした。

で、ケシュアのポップアップテントで寝ていた川端さん、いつもは早起きなんですが、
この日はどーゆーわけか起きてませんでしたし、深夜にクルマに倒れ込んでたwingさんは、
とーぜん爆睡中、最初に起きたのは車中泊にハマってる赤チャリさんとわたくしの二人。

二人だけでまったりとコーヒー(赤チャリさんは甘い紅茶)タイム後の朝食であります。

DSCN8114

熱々ハムステーキ・マフィンと熱々コーンポタージュスープ・・・

で、すっかり日が昇り、かなり暑くなってから・・・
「ううっ、頭の中で地球が廻ってるぞ・・・」と頭を抱えながら起きてきたwingさんと、
「ひさしぶりのキャンプであまり熟睡できませんでした。」と起きてきた川端さんも、
持参されてた甘いパンと熱いコーヒーで軽い朝食。

10時半には恒例の湯ノ口温泉へ出発、今回はわたくしのクルマで移動しました。

「えっと、どっちがアクセルやったかな・・・えいっ」

「わっ、芝生で急発信しないで下さい!!!」

「ひさしぶりの山道で分岐点を忘れてるな・・・ここかっ、えいっ」

「わわっ、急ハンドルと同時に急加速しないで下さい!!!」


とか、みなさん楽しい山岳ドライブで・・・

DSCN8116

無事?に湯ノ口温泉に到着・・・

泉質を選ぶ川端さんも、この温泉は大丈夫とのことで、四人でまったりと湯治・・・

とーぜん入浴後は・・・

DSCN8115

フルーツ牛乳を飲むwingさんと、それを撮りつつビールを飲む98kさん。
そう、帰りは「安心の赤チャリ運転代行」にお願いしてたのでありますね。げひげひ

ま、

DSCN8119

穴があれば照射してみるとゆー、みなさんでしたが・・・


昼過ぎにはテントサイトに戻り・・・
                                                                                 (wingさん提供画像)
P_20201114_124104_vHDR_On_HP



P_20201114_125654_vHDR_On_HP


P_20201114_130006_vHDR_On_HP

わたくし特製のシャウエッセン・ペペロンチーノ・アーリオ・オーリオ・パスタ・・・
ま、いつもこれなんですが、トスカーナから送ってくれる「素」があるもので・・・

「って、wingさん、画像ばかり撮ってないで、しっかりと混ぜてくださいよ!!!
茹汁で乳化させたオイルを、いかにパスタと絡ませるかがポイントなんですから!!!」

とか指示しつつ飲みつつ、まったりと昼食宴会・・・


とーぜん、その後も・・・

DSCN8122



DSCN8124

川端さんが持参された高級・芋けんぴや・・・




DSCN8127




DSCN8128

超高級・手づくり京金平糖をはじめ・・・




DSCN8125

わたくしが持参した掘りたて・京落花生を茹でたり・・・




DSCN8129

wingさんが持参したドローンを・・・




DSCN8131_LI

ラジコンカー大会での上位入賞経験を持つ赤チャリさんが操縦したりして・・・

タープの下で、みなさんはライト談義、わたくしは覚醒と半覚醒と飲食をくりかえしてると、
あっとゆー間に暗くなり・・・


これまた恒例のプテチゲ(部隊鍋)夕食宴会に突入・・・

DSCN8139

今回は赤ウインナーが残ってたのでスパム代わりのボロニアソーセージは入れませんでしたが、
赤ウインナーは鍋に入れると、特に皮の食感がイマイチになりました。
やはり焼くか炒めるのが一番ですね。



「部隊鍋には赤ワインでしょう」と・・・

DSCN8134

ようやく蘇生されたwingさんが出してきたイタリア・ワイン・・・


川端さんが大量に持参されてたトッポギ・・・

DSCN8140

やはりわたくしのダッカルビパンを意識して食材を選んでくれてたんですね・・・
そーいや、wingさんも赤チャリさんもキムチを持参されてたようだし・・・
ま、今回はご飯を炊かなかったので出番はありませんでしたが・・・

昼はTシャツ1枚でも暑いぐらいでしたが、夜になると急激に温度が下がり、この夜も全員が
ドームタープ内に移動して、ライト談義とヲタ話が続きました。


で、珪藻土かんてき(七輪)の炭も消えかかる頃・・・

DSCN8149




赤チャリさんがいそいそと取り出してきたのは・・・

DSCN8146

なんと風船プリン!!! これは知りませんでした・・・


針(実際には川端さんのチタン製爪楊枝!!!)をプチンと刺すと・・・

DSCN8147

球形のプリンになり、添付のカラメルソースでいただきました。

さすがに土曜日の夜で、周辺でも家族連れがキャンプしてたので11時には就寝しましたが、
今回はずっと風もなく好天で、この夜も星空が見事でした。



で、15日の陽が差す直前の様子・・・

DSCN8154





DSCN8156

さすがに前日よりキャンパーは増えてましたが、まだ充分に間隔はありました。
やはり連休を避けて通常の金土日にしたのは正解でしたね。
そう、一泊だと移動日だけになるし・・・


で、この日も遅くまで起きてこなかった川端さんのケシュアテント1人用・・・

DSCN8151

ま、この日は「ひさしぶりに熟睡できました」とのことでしたが・・・



奇跡的に二日間とも早起きした98kさんのダンロップテント3人用・・・

DSCN8152

ええ、呼気で濡れた内部も乾かすため、朝からメッシュもフルオープンにしてました・・・
ま、この選択が撤収時の危機を・・・



で、広い河原に陽があたりはじめると、たちまち・・・

DSCN8158

タープやフライシート、黒いクルマなどから、もうもうと水蒸気が発生・・・
ちなみにwingさんは動画でも撮られてました。


この日のコーヒー(と甘い物)タイム後の朝食は・・・

DSCN8161

昨夜のプテチゲ(部隊鍋)スープを薄めた中華太麺!!! 寒い朝は熱い麺類が温まりますね。

で、赤チャリさんから「98kさん、麺を箸で持ち上げてください。」とポーズ注文が・・・

                      (wingさん提供画像)
P_20201115_102535_vHDR_On_HP

そう、麺類では定番となった「箸上げ」ですね。ま、これはあまり映えませんが・・・

とか、まったりと朝食を終え、その後も甘いものなどでダベり続けてましたが、わたくし、
すっかり乾いたテントを撤収しようと、フライを外して中のマットを持ち上げると・・・

                         (以下wingさん提供画像)
PB153185 (1)

「わわっ、マットの下からムカデさんがっ!!!」

「おおっ、それは獲らねば、もとい撮らねば・・・わくわく」と喜ぶwingさん


ええ、

PB153194 (1)

けっこう大きなムカデさんで、フルオープンにしてたドアから入ったんですね。
知らずに口に入れたり、もとい掴んだりしてたら、痛い目に遭うところでした。
やはりメッシュだけでも閉めておくべきでしたね。

ま、ムカデさんには・・・

PB153227

子どももいる芝生だと危険なので、河原の低水位敷へ帰ってもらいましたが・・・


と、昼前には完全撤収して途中で昼食を食べてから解散しよう・・・と決めたのですが、
ぐだぐだヲタ話をしてたら昼を過ぎ、2個分だけ残ってたハムステーキ・マフィンと・・・

P_20201115_133611



P_20201115_134055


P_20201115_134125 (1)

wingさんの巨大ベーコン・ブロック、赤チャリさんの食パンと玉子を2回に分けて調理、
ベーコンエッグサンドにして、ちょうど4人分の昼食にしました。
もちろん黒胡椒はサラワク・ペッパーであります。

で、わたくしは311号で上富田から阪和道へ、夜しか走らない赤チャリさんは暗くなってから
仮眠しつつ168号を北上することに、wingさんと川端さんは、しばらくのんびりしてから
吉備湯浅インターを目指して311号の途中から山道で帰ることになりました。

暗くなれば走らないことにしているわたくしは一番早く、2時半に現地を出発したのですが、
通常の日曜日にもかかわらず吉備湯浅インターまで14kmの渋滞!!!、帰宅したのは7時半で、
金曜日の往路は3時間だったのに日曜日の帰路には5時間もかかりました。
こんなことならwing号を追従して山道を行けばよかった・・・ううっ
ま、こんなご時世なので、近くでアウトドアを楽しむ方が増えてるのかも知れませんね。

とまあ、ライトOFF会とは言いながら今回は照射画像やライト画像が一切ありませんが、
メスティン以外にも、いろんないただきものもありますので、いずれまた・・・
でもキャンプから帰ると、どーゆーわけか新しいモノが欲しくなるんですよね。

wingさん、赤チャリさん、川端さん、
ひさしぶりのキャンプOFFで、とても楽しかったです!!!
いつもながら、今回も色々とありがとうございました。
感染状況が落ち着いたら、いつものキャンプ仲間に加えて、このサイトでお誘いしている
ライト好きの方々にも来てもらい、大人数でのOFF会をやりましょう!!!



m98k at 00:11│Comments(2) mixiチェック 川下り、キャンプ宴会 | フラッシュライト、ランタン

この記事へのコメント

1. Posted by バスウ   2020年11月21日 14:26
鉄鍋、コゲてますね😅
厚い鉄板も鋳鉄もよく美味しく焼けるとか言いますけど、温度の立ち上がりが緩やかなんですよね。
余程ほったらかしにしなければ急にコゲたりしないんで日頃料理しない人も失敗しない。
そんなことが好評価になるのかな?なんて鋳鉄のホットサンドメーカーでお好み焼きを焼きながら思いました。
早く参加したいです🤗
2. Posted by 98k   2020年11月21日 19:38
>バスウさん
そうなんですよ、何度か使っているうちに中央部が焦げてしまいました。
鉄板の薄さとバーナーの火力(4.1kw)を考えると、立ち上がり時に最大火力にしてたせいでしょうか?
まあ薄くて軽くてあらゆる調理に使えるのは便利ですが・・・ええ、ホンモノの大阪のお好み焼きとか・・・

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
2020秋(こっそりと)熊野キャンプ・前篇大仏鉄道物語