植林ボランティア団体・澤井代表の評伝!!!欲望の資本主義・特別編メモ

2021年05月12日

大阪市電が走った街 今昔・・・

外出が少なくなり今年になってからずっと・・・になりますが・・・

「大阪市電が走った街 今昔~水の都の路面電車 定点対比~」

辰巳 博著・福田清二編 JTBキャンブックス 2000年12月初版発行

とゆー本を眺めてて、様々な思い出が蘇ってるので紹介させていただきます。


表表紙であります。

DSCN9069

昭和41年 旧大阪市庁舎前に停車する1601型・・・だそうです。



裏表紙であります。

DSCN9070

大正橋の今昔(昭和42年と平成12年)・・・だそうです。


例によって目次のご紹介・・・

DSCN9008

開業時期ごとにまとめた各路線主要停留所付近の今昔を、同位置から同画角で写真対比させ、
その写真に解説やエピソードが付くという構成で、分かりやすく面白かったです。




奥付であります。


DSCN9068

編者で現況の撮影者は、鉄道同好会OBの方だったんですね。



偶然ですが校友会誌・本年新年号の・・・


DSCN9033





「サークルいま、むかし」とゆーコーナーで鉄道同好会が取り上げられてて、

DSCN9034

なんとご本人が載ってました。現在もOB会の副会長をされてるんですね。お元気で何より!!!
学生時代は「撮り鉄」で日本写真印刷に就職、写真集の編集制作に携わっておられたとか。



DSCN9067

OB会の活動も盛んなようです。
SF研究会OBも、史跡同好会OBも、洛嶺会OBも、がむばらないといけませんね・・・


閑話休題


市電の路線図であります・・・

DSCN9009

戦後最盛期の昭和34年には大阪市内だけでなく守口市や堺市まで、まさに縦横無尽に
走り廻ってたんですね。

昭和44年に最後の路線が廃止されてますから、一人で乗った記憶は殆どありませんが、
父親が市電の車掌をしてたので、小さい頃に(おそらく非番の日に)一緒に乗せてもらい、
市内あちこちに連れて行ってもらった記憶は、朧げながら残ってます。

ちなみに京都の市電は(トシがバレますが)ずっと烏丸線で通学してたのが最終年次で廃止、
卒業までの1年間は四条烏丸から烏丸今出川の間は主にバス通学でした。
市電代(当時25円!!!)がなくなり、よく賀茂川べりなんぞを歩きましたねえ・・・



で、こちらが「大阪市街電車唱歌」・・・通称「市電唱歌」・・・

DSCN8832


DSCN8831

明治41年にできた一期と二期の路線だけですが、それでも21番まであり、父親からもらった
市電廃止記念誌に付いてたソノシートで!!!、わたくし全てを覚えてました。

九番の歌詞にありますが、明治時代の住吉や浜寺は「大阪」から、わざわざ見に行くような
郊外のリゾート地で有名観光地だったんですね。

ちなみに学生時代の小松左京氏による現代史講義で「覚えてる一番長い歌は?」と質問され、
「大阪の市電唱歌でしょうか、21番まで覚えてます。」と答えると、
「おおっ、それは面白い。ちょっと歌ってみて!!!」と言われたのも懐かしい思い出です。
複雑な情報も歌にすれば覚えられるので、人類は文字ができるまで情報を歌にして残してきた、
といった講義の一部だったと、今でも覚えています。


さらに閑話休題


どの停留所も沿線風景が懐かしく写真紹介できないのが残念ですが、どうしても一枚だけ・・・
(問題があるようなら、すぐに削除します。)

DSCN9010

三宝線、
住之江公園前の昭和35年と平成12年の沿線風景の対比であります。
そう、まさに今のわたくしの定番ポタリングルート!!!

もちろん、この現況写真から、さらに20年が経過してますので状況は変わってますが、
わたくしの記憶する市内なら阿倍野筋以東、南海本線沿線なら大和川以南の風景と同じで、
まさに一面の田畑だったんですね。感無量でした。

大阪市内の幹線道路や大きな橋は、もともと市電を通すため市電の収益で整備されたもの、
それがモータリゼーションの波で邪魔者扱いされるようになり、やがて廃止に至ったのは、
まさに高度成長期の悲哀ですね。

地下鉄やバスと違って乗り降りしやすく人に優しい路面電車は、新しい都市交通手段として
再び見直されてるようですが、大阪でも思い切って復活させてほしいものですね。
路面電車がのんびり走り、堀川で乗合船が行き来する街つーのは、じつに絵になりますし・・・


(追記)
じつは本書、たまたま図書館で見つけて熟読、貸出期間を延長して毎日眺めてたのですが、
見かねた奥様がメルカリで購入してプレゼントしてくれたもの。
ずっと手元に置いておきたかったので、大変ありがたいことであります。ぺこぺこ



m98k at 12:12│Comments(2) mixiチェック 書斎 

この記事へのコメント

1. Posted by donchan   2021年05月13日 06:49
大阪市電、懐かしいですね。私は、ボンと呼ばれた子供の友達だった頃(「ガキ」と言われてた頃ですが)、
今の天保山、当時「築港」でしたが、へ市電で行った記憶があります。
今の中央大通りではなく、交通局、イヤ、大阪メトロ本社のある境川を通っていた路線です。
ホントに野原の中を走っていた様な印象があります。
加えて、98kさん、某所での研修時に「市電の歌」21番まで歌えるとドヤ顔で披露してましたね。
勿論、途中で丁重にお引きとりいただきましたが………笑笑。
2. Posted by 98k   2021年05月13日 10:16
>donchanさん
コメントありがとうございます。
築港行きといえば明治に開業した第一期路線ですね!!
なにせ「ボン(の友だち)」ですから、明治36年9月12日の開業一番電車に記念乗車されてたとか・・・
わたくしも朝潮橋にあった見本市会場に連れて行ってもらった記憶はありますが・・・(^_^;
ほんとに本文で紹介した住之江公園前のような風景でしたね。
ちなみに市電唱歌以外にも古いテレビ漫画主題歌(今ならアニソン)や大阪ローカルのコマソンも延々とやって、
やはりdonchanさんに力づくで押さえつけられ、強制終了させられた記憶が・・・

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
植林ボランティア団体・澤井代表の評伝!!!欲望の資本主義・特別編メモ