「コロナとがん」読後メモ性懲りもなくミラーレス一眼・・・

2021年03月12日

デジカメの変遷メモ

わたくしが使ってきたデジタルカメラの変遷を当サイトの「カメラ」タグ記事から、備忘のため抜き書き。

フィルムカメラの変遷については、またいずれ・・・って、全てを覚えてるのかどーだか・・・

・はじめてのデジカメは2005年に買ったキャノンIXY50
それを機会に当ブログサイトを開設、つーかブログをはじめたくて買ったはず。
ちなみに奥様は当時最新のカシオを使ってたけど、マクロも撮れるこちらも使うように・・・

・やはりそれなりに撮りたいと、奥様と兼用で買ったのがキャノン パワーショットG7の初号機!!!
こちらは想定どおり奥様が主に使われ、最終的には次男に・・・

・IXY50も奥様に奪われたので自分用としてキャノンIXY910 IS
ま、当時の「ふつーの」コンデジだったな・・・

・奥様用に高倍率ズームのキャノンSX10 IS

・IXY910 ISも奪われたので自分用にリコーCX-1
これはレンズや使い勝手など、いろんな点でお気に入りになり、長年愛用してたな・・・

・奥様との兼用で完全防水・顕微鏡モード付のペンタックスWG-2 GPS
沙漠でも安心だったけど、フォーカス精度や操作系の固さなどが日常使用にはちと・・・

・CX-1が古くなり自分用に1/1.7インチセンサーのニコン クールピクスP330
レンズも明るくお気に入りだったけど何度か故障、反応がやや遅いのも気になってた。
で、次のニコン製1インチ・コンデジに期待してたら発売中止に・・・

・奥様がSX10をボルネオで水没させたので奥様用に高倍率・防塵防滴のフジ ファインピクスS1

・P330が壊れ保証期間が過ぎてたので自分用に高倍率・世界地図付きのニコン クールピクスS9700

・奥様用に防塵防滴のミラーレス高級機、オリンパスOM-D EM-1mk2と12-100PROズームレンズ
こちらは「使いこなせなさそう」とゆー理由で、買って間もなく次男に・・・


と、この16年間で10台、奥様が先に買ってたカシオも含めると11台か・・・
リコーとニコンとキャノンは故障修理に出した覚えがあるな・・・特にニコンは何度か・・・

二人で11台なので一人分なら16年で5台、平均3年での買い替え・・・つーことになるけど、
2台の併用や故障・水没、陳腐化が原因の買い替えもあるので、まあよしとしておこう。

さてさて、次はどうするか・・・

それなりのコンデジにするか、小型軽量なミラーレスにするか・・・
1インチコンデジならソニーサイバーショットDSC-RX100M7・・・
フォーサーズ(4/3インチ)ならオリンパスOM-DシリーズのEM-5mkⅢあたりか・・・

でも、どーせ大したモノ撮らないんだし・・・
使い慣れたS9700の後継としてニコンクールピクスA1000あたりでいいか・・・
それならG7の後継でmkⅢが出てお値段のこなれたキャノンパワーショットG7XmkⅡは・・・
さすがに望遠側がちと足りないか・・・
それにどちらもコントラストAFだけ、つーのも今更だしなあ・・・

うじうじ・・・うじうじ・・・



m98k at 12:03│Comments(0) mixiチェック カメラ・映像・音楽 | ブログ日誌

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
「コロナとがん」読後メモ性懲りもなくミラーレス一眼・・・