10万ルーメン!!!OFF会!!!前篇プチプラ防災!!!

2021年04月15日

10万ルーメン!!!OFF会!!!後編

前回記事からの続きであります。

岡山の某キャンプ場で夜を迎えた御一行は、いよいよライト照射に突入・・・

と、その前に・・・

まずは夕食宴会に突入・・・

P4100138

各種食材の炭火焼きからはじまり・・・





P4100141

右側でじっくりと焼いていただいてるのは「ひね鶏」で・・・





P4100143

切り分けてポン酢ニンニクでいただく播州名物「ひねぽん!!!」だそうで、わたくしは
初めてでしたが噛みしめるほどに深い味わい、冷めても美味しかったです。ばくばく



こちらは定番の「ちゃんこ鍋」・・・

P4100142

前回の「トマト鍋」から、さらにわたくしに配慮いただいたようで、別添の七味唐辛子で
さらに温まりました。やはり寒い時期のキャンプには辛い鍋ですね。むぐむぐ


と・・・

P4100144

ラージメスティンで炊いたご飯も、白菜キムチなんぞであらかた食べてしまうと・・・



今度は焚火で暖まりました。

P4100146

赤チャリさん愛用のロング火吹き棒で着火・・・





P4100148

やはり焚火は暖まりますね。背中側はけっこう寒かったけど・・・



で、約1名が肩から下げてたのが・・・

P4100149

市販品では世界最強といわれる某LEDフラッシュライト・・・
確かにこのサイズで光束10万ルーメン超つーのは現時点で世界最強の懐中電灯でしょう。

一昔前なら100ルーメンでも驚異的、それがやがて1000ルーメンになり1万ルーメンになり、
今やこんなのが(HID仕様ではなくLED仕様で)市販されてるんですね。

ま、わたくしは市販品が1000ルーメンを超えたあたりから自分では揃えなくなりましたが、
(実用の機会があるかどーかは別として)「さらに明るい世界」には興味津々。


で、焚火番を残し4人で造成中のサイトのさらに奥まで登って・・・


点灯・・・

P4100153

本体内蔵の冷却ファンが、シュィーンと回転して・・・




P4100151





P4100152

ええ・・・とても明るかったです・・・

って、感想はそれだけかいっ!!!

川端さん、ぜひ解説コメントをお願いしますね。

ま、山頂のグランド近くで1組がキャンプされてるのを、事前に確認してたので、
広いグランドでの照射はしませんでしたが、それにしても明るい世界・・・

と、みなさん、お手持ちのライトと比較したりして楽しんでおられました。



「いやあ、10万ルーメン後に少し眼が慣れてくると、星空が見事だなあ・・・
でも、さすがに手持ちで星空は撮れないだろうし・・・」

「OM-Dシリーズの手ぶれ補正はいいので撮れますよ。ちょっとそのE-M5Ⅲを・・・
星空モードも付いてるはずだけど、マニュアルでシャッタースピードは6秒ぐらいにして、
絞りは開放でISO感度はオート、フォーカスは遠くの照明で固定してと・・・ぱしゃ」


P4100154

「ほれ、手持ち6秒でも、それなりに撮れてるでしょ。」


「わわっ、凄いなあ・・・わたくしにも撮らせてくれい。ぱしゃ」


P4100155

「ほんとだ、それなりに写ってますね!!!」

「設定変更であらゆる撮り方ができますし、AFモードも被写体に応じて様々に変更できます。
露出とか被写界深度とか写真の基本が分かってるなら、まずダイヤルなどの役割分担を
自分の用途に合わせて振り分けるところから、はじめるといいですよ。」

「ううっ、とてもそこまで辿り着けないかも・・・おろおろ」

「オートで撮るだけなら最新のスマホのほうが、はるかに便利ですよ。せっかくなので、
せめてマニュアルで絞りとシャッタースピードを決め、あとはISO感度に任せるとか・・・
そうだ、全てをマニュアルに設定しておいてあげましょう。むひひひ

「わっ、それなら昔のカメラと一緒です。せめてオートフォーカスだけでも・・・

とか、わいわいと焚火まで戻り、今度は周りに椅子を持ち出してバーボンなんぞをちびちび、
焚火が終わってからはタープ内に戻って、さらにちびちび飲みつつヲタ話が続きました。

このメンバーが集まると、ライトやカメラに限らず世界情勢から生物進化から宇宙物理まで、
ヲタ話の幅が広いのが楽しみです。それぞれ異なる現実社会のハナシも聞けるし・・・

と、この夜は日付が変わる頃に就寝しましたが、川端さんのシングルウォール・ツェルトでは
内側の結露が氷結し床に降り積もってたそうで、特に朝方はけっこう冷えましたね。
昼はシャツ1枚でも充分だったのに・・・ぶるぶる



で、翌朝、わたくしは7時に起床、熱いコーヒーと甘い物でまったりして、その後は鍋の残りに
うどんを投入して熱々の朝食、さらにダベり続けてると、たちまち暑くなってきて・・・


わたくしとwingさんは赤チャリさんの友人が差し入れてくれた・・・


P4110159

そうりゅうさんやメーテルさんで、さらにまったり・・・


テントが乾いたところで各自撤収、ハムエッグチーズ・マフィンとかで早めの昼食を終え、
さらにまったりしてから、みんなでドームタープも撤収し、最後はサイトの点検・・・

P4110166

来た時よりも美しく・・・大阪オートキャンプ協会の合言葉でした・・・懐かしいな・・・



ま、約1名は・・・

P4110164

蟲さんを撮り続けてたので無視することにして・・・




P4110167

この向かいにある受付まで降りて、精算のあいだに、さらにまったり・・・
この宿泊棟も林業を営むオーナーの手作りだそうですが、本格的な建物ですね。



と、〆は受付の下にあったジップラインで・・・

P4110173


P4110171

みんなで楽しく遊びました。

ま、乗ったまま戻ろうとした約1名は池の上空で止まってしまい曳航されてましたが・・・
これぞまさしく午後の曳航・・・

つーことで1時半には現地を出発、復路も川端号に神戸大阪と送っていただき5時半には帰宅、
土日とも快晴で(夜は少し寒かったけど)楽しいライトOFF会となりました。

今回も何から何までセットいただいた赤チャリさんたち、10万ルーメンとゆーとんでもない
ライトを持って送迎いただいた川端さん、そして、わたくしの新しいOM-D E-M5Ⅲを全て
マニュアル仕様にしてくださったwingさん、ありがとうございました。
この御恩は決して忘れることなく・・・むにゃむにゃ



びみょーなP.S
春のゴールデンウィークが近づいてきました。
恒例の熊野キャンプOFF会なんですが、昨年に続き今年もまだ開催が危うい状況です。
わたくしが元気なうちは毎年の春秋に実施、当サイトでも参加へのお誘いをしたいのですが、
現在の状況ではGWに、それなりの人数が集まるイベントは避けざるを得ません。
まあ、GW以外でひっそりとなら、ありなのかも知れませんが・・・
みなさんのご都合やご意見をお聞かせください。



m98k at 00:05│Comments(2) mixiチェック フラッシュライト、ランタン | 川下り、キャンプ宴会

この記事へのコメント

1. Posted by 川端   2021年04月15日 09:27
GWねー、、、
まあ、マンボウって水槽に当たっただけで致命的ダメージ負うくらい繊細らしいですから。。。

MS18は、見た目体感あのまんま。狂ったよーに明るいが思ったほど飛ばない。サイズもシステムもおそらく一般向きではないし、
想定通り感満載ながらマニア向けにしたってたぶんネタライトなんだろうな、と。
使いどころは山狩りくらいかしら? ですが、拡散が邪魔でブッシュにも向かないと思います。
せめて調光と電源はインターフェースを分けるべきだったんじゃなかろーか的な。
が、明るさは正義。道具なら普通を普通に買えば良し。です。
m(_ _)m
2. Posted by 98k   2021年04月15日 12:17
>川端さん
さっそくのコメントありがとうございます。
>>GW
ですかねー。当サイトでも声掛けして、それなりに集まるのは、早くとも秋以降ですかねー
>>MS18
やはり山狩り専用やったんかっ!!!
そりゃあ全員がこれを持って一斉に麓から登ってきたら、もうあきらめるしかないかも・・・
いつか復活させたい大規模OFF会では、これの持参を参加条件にして、みんなで「山狩りごっこ」とか!!!

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
10万ルーメン!!!OFF会!!!前篇プチプラ防災!!!