すごい統計学備蓄用???鍋用ラ王・・・

2022年08月05日

備蓄用???早ゆでパスタ

ひさしぶりの災害備蓄用???食品のご紹介・・・早ゆでパスタであります・・・

P9090366

太さ1.6mmで標準ゆで時間3分つーのは確かに早ゆでですね。
時間のない時や燃料を節約したい災害時やキャンプ用にと(やや割高でしたが)買ってみました。
ええ、わたくしがふだん大量に食べているパスタ類はもっとお安いのばかりです。





P9090367

切り込みを入れてゆで時間を短縮、ゆで上がると標準品の丸い形状になる、とあります。

1年前に買ったものですが賞味期限はまだ2年ほど残ってますね。
乾麺は賞味期限が長いので備蓄用にも安心ですが、たっぷりのお湯で茹でるのが基本。
そう、災害時やアウトドアでは貴重な水と燃料の無駄になる・・・
と思われがちですが、これについては後ほど・・・

100gあたり362kcalですから500gで約1820kcal・・・備蓄しているライ麦パンの倍近いです。
確かにデュラム小麦のセモリナ100%でカロリー満点、消化もよくエネルギー効率が高いので
毎日長時間を戦うロードバイクレーサーの試合中の食事はパスタだけだとか・・・

で、この商品は「一般とは形状が異なるので電子レンジでは茹でないように」とありますが、
少ない水でふつうのパスタを茹でるには大きなフライパンが一番です。
アウトドアで小さなフライパンやクッカーしかない場合は、仕方なくパスタを折りますが、
レトルトのパスタソースを使う場合は一緒に温めれば手間が省けます。

さらに浄水が貴重な場合は、ジップロックなどに最低限の浄水とパスタを入れて、汚水でも
茹でることが可能ですし、要は工夫次第なんですね。
なのでアウトドアや災害備蓄用にも乾麺類は必須だと、わたくしは確信しています。

パスタの含水量によっても異なるでしょうが、最低限パスタが浸るぐらいの水の量でも、
くっつかないようにさえすれば、ほぼ遜色なく茹で上がりますし、慣れれば茹で上がり時に
ちょうどお湯がなくなるぐらいに調整することもできるようです。

また事前に浸水しておけば時短・燃料節約になり、生パスタのもちもち食感になるようですが、
わたくしは乾麺のつるつる・しこしこ感が好きなので、一度も試したことはありません。


ちなみに・・・

P9090368



P9090369

ふつーの1.6mmパスタの茹で時間は8~9分ほどなので、時間だけでなく燃料も1/3で済む
ことになりますが、ま、これもあくまで計算上なので、水や燃料は余裕を持って・・・

さらにちなみに・・・
わたくしはシンプルなペペロンチーノ・アーリオ・オーリオが好みで、そこにありあわせの
具材を入れることが多いので、我が家にあるパスタ類は殆どが1.4mmなんですが、たまには
こってりソースのパスタも食べたくなるので、1.6mm以上のも少量は常備している次第。

またレトルト・パスタソースでは細いパスタに合う(お安い)のに出会ったことがないので、
備蓄用やキャンプ予備用でレトルト・ソースとセットする際は、太めのパスタにしています。

さてさて、災害備蓄用の糧食にはローリングストックが重要なので・・・
これらも大量に早めに食べないとね・・・ずるずるずる



m98k at 20:05│Comments(0) mixiチェック 糧食、飲料 | 災害避難とか

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
すごい統計学備蓄用???鍋用ラ王・・・