昆虫カメラマン、秘境食を味わう人類滅亡の科学

2024年02月25日

宮崎駿の雑想ノート

とーとつですが・・・

表表紙

P1165321



裏表紙

P1165322



奥付

P1165324

そう、宮崎駿の雑想ノート~増補改訂版~であります



例によって目次のみ・・・

P1165323


まず、序文の冒頭に「この本に資料的価値はいっさいありません」と大きく書かれてたのに、
すっかり惹きこまれてしまいました
何せ模型専門誌に連載されてた作品群ですからねえ


詳しい内容までは紹介できませんが、各話の概要だけ脳の外部記憶としてメモ・・・

第1話は、ボストニア王国?空中艦隊のWP-30(九二重爆の兄弟機)のおはなし

第2話は、南北戦争での装甲艦モニターと装甲艦メリマックの海戦のおはなし

第3話は、ボストニア王国?の超重戦車VSB-2のおはなし

第4話は、ポテーズ540によるアンドレ・マルローの爆撃行のおはなし

第5話は、定遠・鎮遠と松島による黄海海戦のおはなし

第6話は、中国空軍マーチン139W(B-10Bの輸出型)による九州爆撃(ビラまき)のおはなし

第7話は、ドイツ・リュースバルク市?の高射砲塔のおはなし

第8話は、第一次世界大戦でのドイツUボート対イギリスQシップの海戦のおはなし

第9話は、特設空母安松丸?と九六艦攻によるアフリカ沖での空母イラトリアス攻撃のおはなし

第10話は、ツェッペリン・シュターケンR-Ⅳによるロンドン爆撃のおはなし

第11話は、特設監視艇399号(マグロカツオ漁船吉祥丸)?の対コンソリ戦のおはなし

第12話は、映画「紅の豚」の原作となった「飛行艇時代」全3話

第13話は、P虎(ポルシェ・ティーガー)戦車実験小隊?のおはなし

・・・

おはなしには虚構と現実が混じっているそうで、空想としか思えない奇想天外な事実と、
いかにももっともらしい虚構が混ざり合い、著者ご本人がそれを楽しんでる姿が想像できる、
まさに「宮崎駿の雑想ノート」で、その世界に入り込んで大いに楽しめました・・・

巻末にあった富岡吉勝氏との(ドイツ戦車に関する)
雑想トークも面白かったです



m98k at 12:22│Comments(2) mixiチェック 書斎 | ミリタリーグッズ

この記事へのコメント

1. Posted by alaris540   2024年03月16日 02:36
「ハンス!」「ハンス!」「ハンス!」
あの話が好きです。
2. Posted by 98k   2024年03月16日 12:05
>alaris540さん
わははは、同感です
どのお話も著者の広く深い知識による妄想が拡がってて興味深いですね

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
昆虫カメラマン、秘境食を味わう人類滅亡の科学