キャンプ・川下り

2022年05月29日

保温保冷タンブラーとミニシェラカップと・・・

ええ、ひさしぶりの100均シリーズ・・・


最近は100均ショップに行くと毎回必ず、新しいキャンプ用品が並んでるんですよね。
これは昨今のキャンプブームのお陰で、ま、ありがたいことなのですが・・・

少し前までは100均の日用品
の中からキャンプに使えそうなモノを探すのが楽しみでしたが、
今は一番目立つところにキャンプ用品の専用コーナーがあって、まさに痒い所に手が届く、
つーか、わたくしのようなお気楽キャンパーにはニッチな商品もいっぱいです。



つーことで、まずは・・・

P5260915


P5260919



P5260916

保温保冷タンブラー・・・





P5260917

おなじみMONTAGNEブランドで耐熱100℃耐冷-20℃容量320mlのポリプロピレン日本製・・・
まあ似たようなタンブラーやマグカップは金属製も含め既にいっぱい持ってるのですが、
今回はこんな色合いを見かけたもので、ついつい2個も・・・




で、こちらはかなりニッチとゆーかマニアックとゆーか・・・

P5260920

2個で100円の中華製ステンレス・シェラカップ・・・なんですが・・・



なにせ、この大きさ・・・

P5260921

満水量40mlで説明には「調味料やソース入れに」とありましたが、わたくしはとーぜん・・・
キャンプ宴会用のショットグラス・お猪口として買ったのでありますね。

ま、キャンプ用にはアクリル製や金属製のショットグラスをけっこう持ってるのですが、
シェラカップ風とゆーことで、さらに酒がすすむかと・・・わははは



で、こちら・・・

P5290936

ポリエチレン製シェラカップ用フタ2Pとステンレス製シェラカップリッド&ディッシュで、
やはりおなじみのエコー金属、信頼の日本製であります。


ま・・・

P5270917

どちらも持ち手用の切り欠きがあるだけの、ただのフタなんですが・・・




P5270916

ステンレス製の方は小皿としても使えるし・・・





P5270915

ポリエチレン製の方は持ち手さえ重ねられれば、ガチャつかずにまとめて収まります




そう、やはりフタの工夫つーのは大事で・・・


P5270921

左の厚めのシリコンカップは今回のにぴったりでしたが、右のはちと小さすぎました。




ま、シンプルにこんなフタでもいいのですが・・・

P5260923

カップ類も保温保冷や煮炊きをするにはフタが必需品ですね。


で、上記シリコンカップはサーモス真空断熱タンブラーのフタとしても
愛用してるんですが・・・


今回たまたま、こんな色合いのがあったので・・・

P5290937

追加したところ、以前のとはサイズがびみょーに変わってて・・・





P5290938

こんな風にすると、いかにも魔法瓶の断熱フタ!!!とゆー感じになってサイズもぴったり、
簡単に片手でのせたり外したりできるようになりました・・・




もちろん、ひっくり返して両手できちんと密閉すれば・・・

P5290942





P5290943

以前のよりタイトになり、これなら振り回しても漏れることはないでしょう。

ただし、こちらのは以前とシリコンゴムの材質が変わったのか、何度洗ってもゴムの臭いが
なかなか消えません。
さてさて、どちらを常用したものか・・・うじうじ・・・




m98k at 21:50|PermalinkComments(4) mixiチェック

2022年05月20日

今週のキャンプメシと宴会メシ!!!

たまたま今週はキャンプ宴会と同期仲間の宴会が続いたので、
「今週のキャンプメシと宴会メシ」つーことで食餌を中心にサクサクっとご紹介。


まずは日曜から月曜にかけての大阪ディープサウス・キャンプから・・・

P5160911

ワンテンママさん新機軸のコールマン・ツーリングドームSTテント・・・


せっかくなので、わたくし新機軸の望遠ズームで・・・

P5160913



P5160914



P5160915

わははは、愉快愉快・・・




こちらは・・・

P5150893

ワンテンパパさんおなじみのモンベル・ムーンライトⅡテント・・・

で、わたくしのダンロップVS21Aテント・・・なんですが・・・

今回はマットをクルマに拡げたまま持って来てたし、一人で昼過ぎから飲み続けてたし・・・
結局は車中泊となり設営しませんでした。

やはり自転車は飲む前にたたむもので、テントは飲む前に張るもの・・・
ま、車中泊セットも快適でしたが、わたくしはテント泊のほうが好みですねえ。

と、夕方には翌日休めることになったwingさんも(迷いつつ)到着し、4人宴会のはじまり!!!


ここはキャンプ可ですが、炭火でのBBQや焚火などは不可つーことだったので、
まずはワンテン一家の「炉ばた大将」で・・・

P5150871


P5150872


P5150876



P5150878

やはり焼き物にはビールやなあ・・・ばくばくかぱかぱ・・・




続いて専用ダッカルビパンによる新機軸のチーズダッカルビであります。

P5150894

ワンテンママさんが前夜からタレに漬け込んでた鶏肉にチーズをのせて蒸し焼きに・・・



P5150898

やはりチーズダッカルビには赤ワインやなあ・・・ばくばくかぱかぱ



で、

P5150900

ワンテンママさん特製の箸休めなんぞをはさみ・・・ごくごくばくばく




P5150895



P5150901

おなじみの部隊鍋(プテチゲ)に移行・・・って、この100均ランタンもいいなあ・・・


ま、このあたりから画像を撮るのも怪しくなってきてて・・・

P5150904

何回目かの具材を入れて食べた後のようですね・・・ばくばくごくごく
ま、あとはどうなときゃあなろたい・・・ばたっ


と、翌朝は・・・

P5160910

プテチゲの残りに中華太麺を入れたラーメンやアルファ米を入れた雑炊で朝食・・・ばくばく


この朝には鳥好きのN家さんも立ち寄って下さったので・・・

P5160931

はじめてウグイスさんを撮ることができました。
近くで鳴き声はしてるのに素人にはなかなか見つけられないんですよね・・・



ちなみにこちら・・・

P5160957

wingさんのレンズフードが大好きな・・・ホソヒラタアブさん・・・だそうです。



と、その後もあちこちガイドいただき昼過ぎには解散、わたくしとwingさんは・・・

P5160963


P5160962

京都高台寺蕎麦のランチセットとやらで〆ました。めでたしめでたし





で、翌日の火曜日は、ひさしぶりに元職場の同期6人が集まり昼から宴会・・・

P5170968

ええ、わたくしは一番先に着きました。



前回と同じ大阪駅前第3ビルの33階にある河久で・・・

P5170964




おなじみの河久御膳・・・

P5170967





以下、お品書きの順番どおりにサクサクっと・・・

P5170969



P5170970


P5170971



P5170974


P5170975



P5170977


P5170978



P5170981

今回はたまたま向かいに座ってたdonchanさんから、食べる前に厳しく指摘されたりして、
最後のデザートまで無事に撮ってたようです。



それにしても・・・なにせ・・・

P5170973

飲み放題コースだったので、ついつい角ハイボールを飲み過ぎたな・・・ばたっ
ええ、この日はわたくし大阪メトロの四つ橋線を何往復もしてたようです・・・




で、翌々日の木曜日は、じつにひさしぶりの学生時代の史跡サークルの同期会・・・

P5190863

京都・三条大橋を渡り・・・





P5190865

高瀬川沿いにある木屋町通を・・・




P5190866

高瀬川一之舟入まで遡上すれば、向かいにあるのが・・・



P5190870

角倉了以の別邸、山形有朋の第二無鄰菴だった、おなじみ高瀬川がんこ二条苑であります。



学園祭に合わせ毎年秋に開催していただいてたのですが、ここ数年はコロナ禍で中止、
最近ようやく移動制限も解除されたので、と再開いただいた次第。ありがとね!!!

P5190874

晩秋の京都もいいけど鴨川をどりの季節もいいですねえ・・・
桜や紅葉のシーズンは観光客でいっぱいだし、真夏は暑くて真冬は寒いし・・・



で、いつもの下足箱へ靴を入れ・・・

P5190872





P5190894

この日は11人で昼から宴会・・・11人いる!!!・・・ま、当たり前・・・




P5190875



P5190882


P5190887

まあ最初こそ食べる前に撮ってたものの・・・






P5190885

湯葉のしゃぶしゃぶあたりから怪しくなり・・・




P5190886



P5190893

飲み放題コースの翠ジン・オレンジをどんどんお替わりするうちに、さらに怪しくなり、
いくつかの料理が抜けてるかもですが・・・



P5190897

〆の炊き込みご飯と・・・


P5190900

デザートの杏仁豆腐は撮ってたようです。



で、宴会後は全員で名庭園に下りて、恒例の記念写真を撮ったはず・・・
ええ、画角もサイズもてきとーなままで店のおねいさんに頼んでたようです。ひっく

P5190901

ちょうどツツジが見頃・・・だったようですね



解散後には京都を散策する者や昔なじみの飲み屋をハシゴする者もいたのですが、

P5190911

わたくしはへろへろになって御池通から京阪三条駅まで戻り、ぐったりと帰宅しました。

そう、今週はひさしぶりの外メシ・外呑みが続いたので、さすがに・・・うぐぐぐ
やはり、そのままばったりできるキャンプ宴会、へやキャン宴会がいいですね。




m98k at 20:05|PermalinkComments(0) mixiチェック

2022年03月01日

ウェーブカップ!!!

2月27日にアップした記事は大人の事情により非公開とさせていただきました。m(_ _)m

で、とーとつですがウェーブカップであります・・・


P2260861


P2260862

ええ、飲み口がウェーブ状になってるのでウェーブカップであります。


そう、

P2260864



P2260865

安定して箸が置け、口の形に沿った飲み口で・・・



P2270865

ひっくり返したときに乾きやすく飲み口がテーブルに触れないとゆースグレモノで
まさにキャンプ宴会にぴったり!!!
まあ、中味を飲む際には箸の行き場はありませんが・・・


プロダクトデザインは(瓜生山学園)京都芸術大学、耐熱120℃ポリプロピレンの日本製で、

P2260863

わたくし2セットも大人買いしてしまいました。色合いもお気に入りだったし・・・



m98k at 21:11|PermalinkComments(2) mixiチェック

2021年12月24日

モーラナイフ!!!


めりいくりすます、みすたあ98k!!!


つーことで・・・

(自分で買った)今年のクリスマス・プレゼントは
モーラナイフMORAKNIVのコンパニオン
COMPANIONモデルであります。


PC090662 (1)




PC090667 (1)




PC090665 (1)

ま、一番お安く一番お手軽なステンレス・ブレードなんでしゅが・・・




PC090671 (1)

ともかくグリップとシースの色合いがお気に入りだったもので・・・

と、振り返ってみると、

わたくしがナイフを買ったのはビクトリノックス新ソルジャー以来、じつに11年ぶりでした。

さらにシースタイプとなると、ほぼ半世紀前のダイビングナイフ購入以来か・・・

シースタイプは抜いてすぐに使える手軽さと、可動部分がなく頑丈なのが魅力なんですが、
新ソルジャーなんかよりはるかに分厚いし、鋭いクリップ・ポイントで
ホロウ・グラインドの
バック110よりも使いやすそうな万能ポイントでシンプルなスカンジ・グラインドのブレード
つーのは、わたくしのような荒くったい使い方には、まさに最適だったのかも。

さらにブランド品のワリにはお安いので気兼ねなくキャンプで使い倒せますし・・・
ま、これはオピネルのナイフとかも同様なんでしょうが・・・

今のわたくし、ナイフは調理に使うぐらいなんですが、最近はフォールディングナイフを
いちいち折りたたむのさえ、めんどーになってきてるので、以前から欲しかったシースタイプを
自分へのプレゼントとしてポチった次第・・・どっとはらい



m98k at 00:24|PermalinkComments(5) mixiチェック

2021年12月21日

お寺deキャンプto招き猫美術館!!!

とーとつですが・・・
お寺でキャンプして招き猫美術館へ行ってきました!!!

岡山にある某お寺の境内が無料のキャンプ場になってて、赤チャリさんたちが事前に下見、
予約いただいたので、今回はわたくしが神戸でwingさんをピックアップ、二人が現地に
到着したのは先週土曜日の13時過ぎでした。

PC180661_LI

こちらのサイトでは別に二組のソロキャンパーが来られてました。
ちなみにこのサイトの上下にも、いくつかの広いサイトがあります。


午前中に先乗りしていた赤チャリさんとみよころさんがサイトの一番奥を確保してくれてて、

PC180663

「さてさて、まずは再会を祝して乾杯ですね。じゅるじゅる」

と、わたくしの野外宴会セットを追加し飲もうとしたのですが・・・

「今回は飲む前にタープとテントを張りましょう。飲むといつもタープやテントを張るのが
めんどーになるけど、この寒さで張らないまま泥酔したら、間違いなく凍死ですから」

「うぐぐぐ、確かに・・・」


と・・・

PC180667

まずはドームタープと二人の個人用テントを追加設営・・・



ようやくコンビニ弁当とかで・・・

PC180664




PC180665



PC180668

遅め軽めの昼食宴会であります。
ってチューブバターは何にでも合うし便利だなあ・・・ばくばく、ごくごく


と、とりあえず一息ついたので、お二人の案内で境内を散策・・・

PC180671

よこしまな ひとみてなほせ わがこころ よきもあしきも かがみなりけり
貴方のことですよ、〇〇さん・・・




PC180672

真言宗御室派の名刹で昭和43年からボーイスカウトの本部としても活動されてるようで、
予約すれば炊事棟やトイレも含め無料でキャンプさせていただけるとゆー有難いお寺です。


ちなみに炊事棟には製麺所も併設されてましたが・・・

PC180677

数量単位とかお値段とか販売日とかがイマイチ分かりませんでした。
ま、さすがにお寺だけあって、達筆の手書きメニューでしたが・・・


と、軽く一巡してテントサイトに戻る頃には陽も暮れかかり・・・

PC180686


PC180685

本堂拝観は翌日廻しにして・・・




PC180690 (2)

そそくさとドームタープ内に移動・・・




PC180691




PC180678

本格宴会のはじまりであります。じゅるじゅる


ええ、ポップコーンにも・・・

PC180680


PC180682




味変に・・・

PC180683

チューブバターをどっちゃりこんと・・・



で、

PC180696

どっちゃりの野菜に豆乳スープを投入・・・


煮立ってきたら・・・

PC180701

この上に身体を中から温めるとゆー豚肉を大量投入・・・



PC180700

わたくしはさらにキムチや七味やチューブにんにくを追加して、はふはふ、むぐむぐ・・・



やがてみなさん、お腹がくちてくると・・・

PC180708



PC180711

wingさんのヒカリモノで遊びはじめます・・・



こちらのライトセイバー???・・・

PC180709



PC180707

明るさだけでなく色温度も可変なんですね・・・


と、明るい各種照明機材のもと・・・

PC180715


PC180712


PC180714



PC180719

カンテキ(七輪)の炭火による焼き物に移行する頃には・・・




PC180717

熱燗からバーボンのお湯割りなんぞに移行・・・




PC180722

1時前には炭も燃え尽き各自テントで就寝しましたが、わたくしが4時半にいったん目覚めて
タープに戻って盗み食いまったりしてた際のタープ内気温は、ちょうど0℃でした。

外気温はおそらくマイナス3~4℃ぐらい、水溜りもカチコチでした。
ま、わたくしも含め寒さ対策は万全だったので、全員が安眠してましたが・・・


と、翌朝わたくしは7時過ぎに起床・・・

PC190725

きれいな朝焼けだったのですがカメラの色温度設定を逆にしてたようで・・・ううっ


ま、そのことを後で教えてくれたwingさんは・・・

PC190730



PC190733

すっかり日が昇っても爆睡中でしたし・・・



PC190746

約1名は太陽光線を浴び光合成で糖質を蓄えておられましたが・・・


と、8時過ぎにはようやく全員が起き出してきてモーニングコーヒーとか甘味とかでまったり、
その後、はじめて本堂まで登りました。

PC190734


PC190735

南無大師遍照金剛・・・




ちなみに・・・

PC190741

寒いところで育つバナナもあるんですね・・・



と、タープに戻って・・・

PC190747


PC190748

前夜の豆乳スープに投入した熱々のうどんや水餃子にはじまり・・・



PC190749



PC190752


PC190751

どこまでが朝食のデザートで、どこからが昼食のオードブルだったのか・・・
ともかく延々と食べ続けダベり続け、ようやく撤収を完了したのは15時前でした。


で、クルマで30分ほどの「招き猫美術館」へ・・・

PC190758



ちなみに・・・

PC190756

カーブミラーもさりげにぬこさんになってました・・・



石段を登っていくと・・・

PC190761


PC190765




PC190768




PC190769



PC190770


PC190815

招福の招き猫さんが各種お出迎え・・・


ま、

PC190762

こちらは考える猫さんか・・・


さらに靴を脱いで二階に上がると・・・

PC190771




PC190776

さらに招き猫さんがいっぱいお出迎え・・・



で、

PC190786

つーことだったので・・・


せっかくなので・・・

PC190783

某プロカメラマンに(無料サービスで)撮ってもらいましたとさ・・・



さらにさらに・・・

PC190791




PC190810


PC190807


PC190812

2階の反対側にも、1階のミュージアムショップにも招き猫さんがいっぱいでしたが、
いちいち紹介してるとキリがないので・・・




PC190817



PC190816

別館のラッキーキャッツハウスへ・・・



こちらは・・・

PC190820

ぬこさんの絵本を揃えた文庫と絵付け体験ができる工房でした。

と、閉館間際に出て龍野あたりで赤チャリさんらと別れ、wingさんの代行運転で神戸まで、
自走で大阪の実家にキャンプ道具とクルマを置いて、自宅に帰宅したのは21時前でした。

いやあ、今回もじつに楽しかったです。
いつもながら下見から予約から場所取りから買い出しから調理まで、ぜーんぶおまかせに
なってしまった赤チャリさんとみよころさん、ありがとうございました。また誘ってね!!!

過去にも何度か書いてますが、夏の暑さつーのは野外ではつらいものの、冬の寒さつーのは
防寒具や暖房具の工夫次第で快適に過ごせますし、何といっても秋から冬の空気の透明感と
人気のない静寂感は独特、わたくし昔から冬キャンも大好きです。

ただまあ最近は冬キャンがブームになり、冬でもキャンプ場がけっこう混雑してるようで、
少し前なら冬にキャンプするの???とか怪しまれたものですが、今回のキャンプ場でも、
今流行りのパップテントとかのソロキャンパーが何組かおられましたし・・・

ま、この冬キャンブームで、これまで冬季に閉鎖していたキャンプ場が通年営業になったら
それはそれで喜ばしいのですが・・・(^_^;



m98k at 01:21|PermalinkComments(2) mixiチェック