川下り、キャンプ宴会

2020年09月08日

チームフラッシュ光・第2回企画会議???

確かチームフラッシュ光・第2回企画会議とゆー名目だったはず・・・

先週末、昨年のチームフラッシュ光・ボルネオ下見ツアー参加メンバーの一部が、
わたくしの実家に集合して、本番ツアーに向けた真摯な企画会議と学習会を・・・
・・・のはずでしたが、ま、いつもどおりの予定調和つーことで・・・

まずは土曜日の4時前に吹田から電車で酒類調達担当H田さんが到着・・・

とりあえず・・・

DSCN7003

用意しておいた(いただきもの)本物ビール各種と・・・




DSCN7004





DSCN7005

最近、H田さんがハマってるとゆーつまみ各種で、まずは再会を祝して乾杯!!!

そう、以前からキタやミナミの繁華街は避けて、近くにあるベトナム料理店でやろうと
企画してたのですが、直前に最寄の小学校で新たな感染者が確認されたりして、
延び延びになってしまい、オンラインでもやってみたのですが、在宅だと定刻のはるか前から
予行練習する者が続出、開催時にはすでに会話も怪しくなってたりして・・・
って、これは台風遅延で自宅や関空で飲酒待機してた下見ツアー時と全く同じパターン・・・

つーことで、わたくしの実家に少人数で集まって、ひっそりやりましょう、となった次第。
ええ、テイクアウトやデリバリーを利用、お店に行かないなら朝まで飲み続けられるし・・・

と、二人でかぱかぱやってると、5時過ぎにはwingさんをピックアップした宴会担当Y原さん
のクルマも到着、わたくしが近くのペルー料理店までテイクアウトを取りに行って・・・
(ちなみに復路は凄いスコールもとい夕立でしたがEDCしてる簡易ポンチョで無事でした。)

DSCN7006


DSCN7007

本格宴会もとい企画会議のはじまりであります。


ま、その後も(いただきもの)球磨焼酎や内蒙古自治区のパイチュウなどで・・・

DSCN7008

ランタン照明だけにして雰囲気を出し、真摯に・・・ぐびぐび、かぱかぱと・・・

「えっと、今日はなんの集まりでしたっけ・・・ひっく」

「ボルネオの生き物や自然をBDで見て現地を思い出しつつ・・・うぃーっ」

「紫外線ライトとか高演色ライトとかを試すんですね・・・じゅるじゅる」

と、

DSCN7010

「うーむ、ピオーネは紫外線には反応しないな・・・でも高演色だとおいしそうでしょ」


DSCN7013

「球磨焼酎のラベルは僅かに反応してるな・・・こちらの赤色光では・・・いそいそ」
と、様々なMOD作品をカメラに付けたりして遊んでる輩が約1名いましたが・・・

「いやいや、本日は次回本番ツアーに向けた真摯な企画会議をですね・・・
といいつつ、最初からハイピッチで飲んでたH田さんはとっくに寝てるし・・・ひっく」

つーことで残りの三人も・・・

DSCN7016




DSCN7015

めずらしく11時過ぎには就寝・・・

ま、H田さんは4時から10時だし、wingさんとY原さんは5時から11時、わたくしは4時から
11時ですが途中で料理を取りに行ってたので、全員ちょうど6時間で飲み潰れましたね。

と、深夜2時過ぎに「ぷしゅ」とゆー音で目覚めたわたくし、宴会場へ行ってみると、

DSCN7014

先に寝たはずのH田さんが、用意した覚えのない缶ハイボールをまったりと飲んでました。

「ありゃ、いったいどうされたんですか?」

「1時過ぎに目覚めたので、98kさんから近くにあると聞いてたスーパー玉出まで行って、
憧れだったオリジナルのエコバッグと缶ハイボールや甘い物なんぞを買ってきました。」

「そーいや、みんなで住吉大社での照射を兼ねて夜食と朝食とデザートを買い出しに行こう
とか言ってて、結局全員そのまま寝ちゃったんでしたね。
でもウィスキーと炭酸水と氷なら冷蔵庫にたっぷり用意してあったのに・・・」

「いや最近は作るのがめんどーになって、ずっと缶ハイボールなんですよ。まあまあ・・・」

「いやいや、これはどーもどーも。んぐんぐ・・・」

と、二人で夜明けまでちびちび飲んで再び就寝、2時間ほどしてようやく全員が起床、

DSCN7018

冷凍パスタと甘い物をアイスコーヒーやビールで流し込み、簡単な朝食を摂りつつ・・・


ちなみに中央にあるのは・・・

DSCN7019

クチンにあるサラワク州胡椒公社が開発した胡椒グミ、昨年現地で大量に購入してた
wingさんが持参したもので、職場に持って行ってるけどなかなか減らないとか・・・
ええ、ドリアンと同じで、はっきりと好みが分かれるお味ですね。

と、ふたたび録画してあったボルネオ番組なんぞを視聴・・・

DSCN7020



その後は、のんびりと住吉大社なんぞを散策して、昼食は「寒ざらし蕎麦」で〆ました。

DSCN7023

って、食べる前に撮ればいいものを・・・げふっ

で、昼食から戻ってからも、またまたビールやコーヒーでBDを眺めつつ延々とダベり続け、
日曜日の夕方になって、ようやく全員無事に解散した次第。
参加者のみなさん、多くの差し入れをありがとね。残りはわたくしが一人で・・・げひげひ

と、ボルネオ島「チームフラッシュ光・夜のジャングルと洞窟照射
だけツアー」本番ですが、
今回の真摯な?企画会議?により、ともかく世界的なパンデミックが収まってからの実施
とゆーことに即決しました(当たり前ですが)ので、ここに謹んでご報告申し上げます。

これで会議の目的も達成したことだし、めでたし、めでたし、と・・・ひっく



すこし真面目なP.S

現地のN嶋さんから、マレーシアへの観光客の受け入れについては今年9月からとの情報も
過去にはいただいてましたが、日本でも第二波が収束に向かうかどうかという状況ですし、
第三波以降についても治療薬やワクチンの普及メドについても未確定な部分も多いので、
まだ本番ツアーのスケジュールを決められない状態が続いています。

ただ航空便の手配は早いほど安く、現地の手配も国立公園ロッジなどは早めの予約が必要、
遅くとも半年前には大まかな日程と人数を決めておきたいですし、そのために1年前には
さらに大まかな企画を決めて参加者の募集をしようと考えています。

逆算すると最短では来年の9月実施とゆーことになりますが、現在の状況では残念ながら、
もう少し先になりそうです。

まあ期間については下見ツアーと同じく1週間程度、費用については全部込みで20万円以内
で考えたいと思ってますので、参加希望者はせいぜい休暇とお金を貯めておいて下さいね。
今後、感染症収束のメドがついて大まかな企画が決まり次第、このブログサイトで案内します。



m98k at 11:01|PermalinkComments(2) mixiチェック

2020年01月23日

最新版!!!98k式!!!部隊鍋(プテチゲ)

ぽんぽこぽこぽこ ぽんぽんぽん ぽこぽこぽんぽんぽん

さて、きょうの料理の時間は・・・

キャンプ宴会以外でも週に一度は作ってて、毎回進化してるのに長らく紹介してなかった・・・


最新版!!! 98k式!!!部隊鍋(プテチゲ)であります!!!


①材料4人前(今回は一般的な分量だったので表記しました。)

DSCN5166

野菜など・・・
・白菜 1/2個
・にら 1束
・玉ねぎ 大1個
・白ネギ 2本
・鍋用もやし 1袋
・エノキ 1パック
・シメジ 1パック
・にんにく 2房(2粒ではありません)
・木綿豆腐 1丁

肉・魚介類など・・・
・ボロニア・ソーセージ 300g1本
(スパム缶より安くて、けっこう美味しいのでオススメです)
・ウインナ・ソーセージ(贅沢にシャウエッセン) 1袋(6本)
・ちくわ 4本
・アサリむき身 約50g
・豚肉(しゃぶしゃぶ用) 約300g
・冷凍水餃子 12個

調味など・・・
・キムチ鍋の素 1本
・白菜キムチ(なるべく熟成したもの) 約400g
・(好みにより唐辛子・チーズ・麺スープ・白出汁などを追加)

〆として・・・
・中華太麺 4玉
・(好みによりご飯・卵・餅などを追加)

以上であります。


②作り方

・食べやすい大きさに切った白菜の白い部分、白ネギの青い部分、にんにく、ちくわ、しめじ、あさり、
玉ねぎを、旨みを出すため先に鍋に入れ、周囲に木綿豆腐をそぉっと並べる。
・キムチ鍋の素と定量よりやや多めの水を鍋に加えて強火で煮込む。
・旨みが出たら食べやすい大きさに切ったボロニア・ソーセージ、シャウエッセンを並べ中火に。
・ソーセージ類の旨みも出たら、白菜キムチ(汁ごと)、にら、もやし、えのき、豚肉の順に乗せ弱火に。


③食べ方

DSCN5194

・ともかく、がつがつ食べる。ただし、周囲に入れた豆腐は崩さないように掬い取る。
・味が濃くなってきたら白ネギの白い部分、白菜の青い部分、熱湯かスープを追加。
・その後に水餃子や入りきらなかった食材を適宜投入し、ひたすら食べ続ける。


④〆方

DSCN5197

・中華太麺を2回ぐらいに分けて投入、ひたすら食べる。こんな場合は熱湯かスープを追加。
(この太麺、かなり煮込んでもぶよぶよにならないので、最近ハマってます。)
・それでも足りない場合は、ご飯を入れ、とき卵を上からかけて雑炊にする。


今回は約1名が口内炎だったため辛味は控えめでしたが、通常は唐辛子を大量追加します・・・

そう、この日はわたくしの実家で学生時代のサークル仲間4人での新年会だったのであります。

ちなみに、この日の飲み物は、いただきものの本物ビールを手始めに・・・

DSCN5193

いただきものの高級な日本酒が各種・・・


そして・・・

DSCN5195

わたくしが用意した、安物ウィスキーと白酒(バイチュウ)とビールもどきでした。

そーいや、安物マッコリを買うのを忘れてたな・・・


(donchanさんからコメントをいただいて補足追記しました。)

部隊鍋プテチゲは在韓米軍から流れてきたスパム缶とインスタントラーメンと常備食だったキムチを
ひとつの鍋にぶち込んで、部隊の仲間でつつき合った韓国軍兵士の鍋料理がルーツだそうで、
これが除隊した兵士から学生など若者に広がり、当時は一人鍋が常識だった大人たちから、
「日本人みたいな下品な食べ方」とひんしゅくを買ったそうですが、やがて全国に普及したようです。

ともかく安くて手軽で腹いっぱいになることが重要で、スープもインスタントラーメンに付いてる
粉末スープとキムチの汁だけ、スパム缶とありあわせ材料をぶち込んで煮込むのが基本です。

そう、これって、わたくしが50年以上前からキャンプでやってた基本料理だったんですね。
ま、当時スパム缶はあまり流通せず高かったし、わたくしは魚肉ソーセージでしたが・・・
キムチの汁を入れれば美味しくなる、でも大量のキムチは日本ではそれなりのお値段になるので
ラーメンの粉末スープ、粉唐辛子、にんにく、日持ちするタマネギなどで麺鍋にして食べてました。

クーラーボックスなど贅沢な、担いで行くキャンプではキムチは保存食であり生鮮食品であり、
常温で発酵がすすんで食べにくくなっても鍋に入れればいい出汁になる・・・
とゆーことを経験したのも担いで行くキャンプでした。まさに部隊鍋だったんですね。

で、最新版の98k式では今回のような材料を使ってますが、基本のスパム缶かソーセージ、麺、
そしてキムチさえ押さえておけば、バリエーションは無限なのでありますね。じゅるじゅる




m98k at 01:23|PermalinkComments(2) mixiチェック

2020年01月20日

ツールボックスとか・・・

とーとつですが、お世話になっている方からのいただきものであります。



ご本人がお仕事で愛用されてて、わたくしも「それ、いいなあ」と言い続けてた・・・

DSCN5138





DSCN5139


DSCN5140



そう、

DSCN5142

トラスコ中山の・・・




DSCN5155

プロツールボックス・ODグリーンであります。




このシリーズは、ごくふつーのシンプルなツールボックス・・・

DSCN5149



DSCN5150

なんですが・・・

お値段と軽さに較べた丈夫さ、プロユースでの信頼性・・・ついでに色合い・・・
と、トータルバランスではベストの製品ではないかと以前から思ってました。

ただネットでは以前より値上がりしてたのと、書き込みで少し気になる点があったので、
購入するか悩んでたのですが(いただいたので価格は別として)、気になってた点が・・・

DSCN5146

まずハンドル部の端仕舞・・・


そう、

DSCN5145

フタの凹んでる部分に雨水とかが溜まった場合、そのまま内部に浸水する構造なんですね・・・
ま、完全防水の「プロテクター」シリーズも出てますから、アウトドアでのハードな使用とかには、
そっちを使ってね!!!つーことなんでしょうが、さらにお高く重く外寸も大きくなることだし・・・


で、こちらをアウトドアでも使う予定のわたくしは、とりあえず・・・

DSCN5147

フタの裏側に同色の!!!ビニールテープをペタペタと貼ってみました・・・




さらにもう一ヶ所・・・

DSCN5151

鍵穴部分からも漏水の可能性があるので・・・




DSCN5153

やはり同色のビニールテープを・・・ええ、キャンプ宴会で鍵をかけることなんかないし・・・

ご本人は、屋内作業に使ってるので浸水は考えてなかったけど、屋外で使うならパテ盛りですね、
とおっしゃってましたが、わたくしはとりあえずテープペタペタだけ・・・
ま、これで浸水するようなら二ヶ所ともパテ盛りを考えないといけませんね。


ともかく、

DSCN5144

2019年4月製造の自衛隊納入品(のメーカー)だし、丈夫さは信頼できそうです。

そう、アウトドアに限らずソフトキャリーとかに入れて航空貨物として預ける場合にも、
100均プラケースでは実際に何度か破損したことがあったので、絶対に壊したくないモノ
(ライトとか酒とかライトとか酒とか)用には最適かと・・・

いやあ、じつに嬉しいものをいただきました。


で、さらに、こんなのも・・・

DSCN5158




DSCN5159

おでかけウェット「アウトドアボーイ」つーのと・・・




DSCN5161




DSCN5162




DSCN5163

カーキ色パッケージのアルミホイルであります。
さすがに中のアルミホイルはアルミ色だそうですが・・・

いやあ、どれもわたくしの琴線に触れるものばかり・・・うるうる
いつもお世話になっているY川さん、ほんとにありがとうございました。

ま、ビニールテープで浸水した場合はパテ盛り作業をよろしくです!!! むひひひ




m98k at 01:20|PermalinkComments(0) mixiチェック

2020年01月04日

人生の初期設定の探し方

新年早々、とーとつですが・・・

「人生の初期設定の探し方」つーのを以前、TV番組(超ムーの世界R)で紹介してました。

初期設定に限らず仕事とか家族とか健康とか、何らかの転機に再設定する際にも・・・
と、わたくしも年頭にあたり(ヒマなので)やってみました。

まず最初に自分が好きな形容詞を五つ並べ、上二つから連想する言葉(名詞でも何でも)を書き出し、
それを繰り返して最後に連想した言葉が、その人の人生キーワードになるとゆーもの・・・
あまり深く考えないで思いつくまま書いていくのがポイントだそうです。
(以下はスマートフォン版だと改行が見にくいので、なるべくPC版でご覧ください。)

①まずはわたくしの好きな形容詞を五つ・・・

のんびり
楽しく
まったり
ほっこり
腹いっぱい

②上二つずつから連想した言葉・・・

のんびり
     >ポタリング
楽しく
     >キャンプ
まったり
     >温泉
ほっこり
     >宴会
腹いっぱい

③同様に三列目の連想・・・

のんびり
     >ポタリング
楽しく           >輪行
     >キャンプ
まったり        >秘湯
     >温泉
ほっこり        >熊野
     >宴会
腹いっぱい

④四列目の連想・・・

のんびり
       >ポタリング
楽しく          >輪行
       >キャンプ       >マウンテンバイク
まったり       >秘湯
     >温泉         >秘境
ほっこり       >熊野
     >宴会
腹いっぱい

⑤最後に連想したキーワードは・・・

のんびり
     >ポタリング
楽しく           >輪行
     >ソロキャンプ    >マウンテンバイク
まったり        >秘湯         >グレート・ジャーニー
     >温泉        >秘境
ほっこり        >熊野
     >宴会
腹いっぱい


なんと、関野吉晴氏の「グレート・ジャーニー」に辿り着きました。

つーことは、わたくしの(残り少ない)人生のキーワードは・・・



人類の遥かな旅路を南米ホーン岬からアフリカ大地溝帯まで自力で遡る・・・

グレート・ジャーニーだったのかっ???


なんか最初に並べた好きな形容詞群とは真逆のイメージなんでしゅが・・・うぐぐぐ



(と、改めて自分勝手な再設定)

そもそも「ポタリング」と「キャンプ」から「輪行」を連想したのが間違いだったのかも・・・
これはおそらく昨年11月からマウンテンバイク・ツーリングで来日してた二人の影響で、
わたくし自身は(お気楽ポタリングでは輪行もしますが)、輪行キャンプなんてあり得ないので
もう少し現実的に三列目の「輪行」を「クルマ」に置き換えてみると・・・

クルマ
     >キャンプ宴会
秘湯          >キャンプ宴会
     >キャンプ宴会
熊野

と、四列目からは全て「キャンプ宴会」になりましたとさ。あはは

ま、これなら転機とか再設定とか関係なく、わたくしの人生はこれからも、


キャンプ宴会がキーワード!!!


だったんですね。

つーことで、みなさん今年もよろしくです。じゅるじゅる




m98k at 01:04|PermalinkComments(2) mixiチェック

2019年11月29日

Lanktoo LEDランタン!!!

とーとつですが・・・

またまた充電式ランタンを買ってしまいました。

ええ、某Amaz○nで見つけた時点で「タイムセールあと7分21秒」だったもので、ついつい・・・

商品名は「Lanktoo LEDランタン 充電式 15000mAhモバイルバッテリー 暖色 昼白色 白色 3色切替
無段階調光 輝度記憶 LCDスクリーン搭載 防災 アウトドア キャンプ 夜釣り 防水 テント用品
軍用高品質 携帯/吊り下げカラビナ付属」であります。ふう

まずは立派な外箱からご紹介・・・

DSCN4804

アーバンカモ・パターンはタイムセール対象外だったのでノーマルを選択。



DSCN4805





DSCN4807



DSCN4806

なかなか素敵な箱絵・・・どこで撮ったんでしょうね・・・




さっそく開けてみました。

DSCN4814



DSCN4818



DSCN4815

本体であります。
冒頭リンク記事のランタンより質感や作りはややよさげですが、バッテリー容量とLCD表示と形状
以外はほぼ同じ仕様ですね。18650電池が4本から6本になって少し重くなってますが・・・

理屈上は冒頭リンク記事のランタンが2800mA×4=11200mAで、こちらが2500mA×6=15000mA
つーことになるのでしょうか・・・




DSCN4816

付属品であります。
カラビナはアルミ製で軽くてロック付き。ただし本体収納袋は付いてませんでした。




DSCN4809


DSCN4810

「ほぼ」正確な日本語の取説はありがたいですね。



DSCN4811




DSCN4813

色温度の表示までありました。

以下、「やや」正確な日本語惹句を某Amaz○nより・・・(赤字はわたくしが惹かれた部分・・・)


❶【多機能ランタン|15000mAh超大容量バッテリー】モバイルバッテリーとして使える超大容量LED充電式ランタンです!
高品質18650バッテリーを6枚内蔵、アウトドアや停電時にスマホの電源が切れても心配がありません(iPhone X&iPhone 7/8 Plusに約3.5~5回)。
●15000mAhのLEDランタンは最小輝度の連続点灯時間が500hで、最大輝度の連続点灯時間が30hです。三泊も四泊のキャンピングにも安心です。

❷【LCDスクリーン搭載|温度感知・時間、電量表示】温度計、時計、照明ライト、モバイルバッテリーの機能を組み合わせた多機能LED充電式ランタンです!
LCDスクリーンで温度・時間・電量残量を表示することができます。
●温度の表示は摂氏℃と華氏℉を切替、表示の測定範囲: -50℃ ~ 70℃( -122℉ ~158℉)。アウトドアで熱中症・インフルエンザに対策!。
時刻は12 /24時間表示を切替でき、個人習慣に合わせます。(LCDスクリーンの表面が保護フィルムがあるので、使用時、このフィルムを取ってください。)

❸【三色切替|無段階調光|輝度記憶】LEDランタンは三色を切り替えます。暖かい暖色、柔らかい昼白色、明るい白色!
キャンプランタンだけではなく、ラブラブの雰囲気作りライトとして、使用場所によりお好きな色や輝度を調整可能なledランタンです。
●輝度記憶搭載、再起動したら、前回のお好きな明るさになります。
●無段階調光:輝度ボタン(B)によりご自由に明るさをお好きに調整することができます。

❹【電池保護チップ|IP65防水&防塵】ランタンの中にスマートチップは9種類の防護機能を搭載
過充電保護、過放電保護、過剰電圧防止、過電流保護、パワー過剰防止、短絡保護、電磁界保護など。
●USB充電式ランタンのバッテリーの寿命を保つ、スマホのバッテリーを保護できます。充電発煙など防止できます
●キャンプランタンはIP65等級防水防塵認証済み雨降っても使え、ホコリや砂入れ防止できます。

❺【優れた耐久性|カラビナ付き】
外殻はABS/PP軍用プラスチックやゴムコーティングを利用しているので、耐衝撃性、耐熱性、耐久性に優れていて、超長寿命を持っています。
●缶ビールぐらいコンパクトなサイズ(12.8*8cm)で、持ち運び便利。
携帯用カラビナが付属してあり、テント内、バッグ、ランタンスタンドなどに吊り下げ可能、
アウトドアやキャンプ、野営、山登りなどのイベントを行う時にテントライトとして使えます。幅広い使用範囲LED充電式ランタンです。

ええ、ツッコミどころ惹かれるところが満載で、ついついポチッとな・・・

ともかく高品質18650が6枚入ってて「三泊も四泊の!!!」キャンピングにも安心なのでありますね。
で、まともな18650電池なら3本も買えないようなお値段で本体付き!!!、と、お得感も満載でした。
ま、「軍用プラスチック」とあるけど、どの国の軍用プラスチックなのかは不明でしゅが・・・  


と、さっそく「三泊も四泊の!!!」キャンプ宴会で明るさの変化やランタイムや耐久性なんぞを試して・・・
みたいのですが、これから寒くなることだし・・・ぬくぬくと自宅で連続点灯中なのでありますね・・・

DSCN4821



DSCN4819

左右は冒頭リンク記事のランタン・・・今回のほうが何となく明るい感じです。
公称値では暖色(電球色)3000kで最高輝度230ルーメンが30時間以上となってます。


DSCN4823

6時間後・・・この程度では殆ど変化は見られませんね。

ま、このまま自宅で連続点灯を続けて、いずれ追記する・・・かもです・・・
 


で、ほぼ24時間後の追加画像です。


DSCN4824

わははは、違いは明らか・・・
って、左右のはフル充電してから何度か「見せびらかし点灯」してましたから、今回はやや不公平な
ランタイム比較になった可能性もありますので、いつか実際にキャンプ宴会で使ってみて、いずれまた
追記する・・・かもです・・・

いずれにせよ、これらのランタンとソーラーチャージャーがあれば「三泊も四泊の!!!」キャンプどころか、
永遠にキャンプ宴会を続けることもできますし、長時間停電への備えとしても心強いですね。

で、手持ち充電式ランタンがこれで3個になったわけですが、キャンプのタープは四角形・・・
これはいかにも中途半端とゆーか不自然な状況で、今後どうするですね・・・でへへへ




m98k at 00:09|PermalinkComments(9) mixiチェック