カメラ・映像・音楽

2021年12月04日

奇界遺産3!!!

とーとつに奇界遺産3であります。


PB250662

表紙カバーはおなじみ北朝鮮のマスゲーム・・・やはり凄いですね・・・
ちなみにマスゲームの起源は19世紀のドイツで日本統治時代に北朝鮮にも根付いたそうです。



編著者・発行所・発行年月日などについては以下のとおり。

PB250664




PB250665

「奇界遺産・奇怪遺産2」についてはこちらの紹介記事をご覧いただきたいのですが、
奇怪遺産2の刊行から7年、今年5月の新刊と同時に図書館へ貸出予約してたのですが、
今週になり、やっと借りることができた次第。やはり人気の写真集なんですねえ。



例によって目次のみのご紹介・・・

PB250663

まだまだ世界中に奇怪遺産はあるんですねえ・・・

どれも興味津々でしたが、この中では唯一、わたくしが訪れたことのある「奇怪遺産」が
022の「月牙泉」でした・・・

植林ツアー途中で月牙泉に立ち寄ったのは2012年の夏・・・いやあ懐かしいなあ・・・

著者の解説によると、90年代以降の近隣のダム建設や灌漑の影響で、一時は湖消滅の危機に
瀕したものの、2006年頃に水位を安定させるための地下水道工事が行われ、現在は再び水位が
大きく回復しつつある・・・とありましたから、わたくしが行った2012年頃は、少し回復した
状態だったのかも知れませんね。
それにしても現在では、夜のライトアップまである!!!とは驚きでしたが・・・


著者は前書きの中で、この7年の間に世界は大きく変わり、ネット情報や人の「移動」により、
奇怪遺産の環境も大きく変化しており、今のうちに記録しておかねばと、急かされるように
世界中を巡ってたのがコロナ禍で一変、「接続」の時代だからこそ起きたパンデミックにより、
皮肉にも世界が唐突に「切断」され、本の制作に取り掛かることになった・・・
とありましたが、時節柄、確かに色々と考えさせられました。

いつになればボルネオやモンゴルに行けるようになるのか・・・



m98k at 12:24|PermalinkComments(0) mixiチェック

2021年11月21日

BCTJカレンダー2022!!!

とーとつですが・・・
BCTJカレンダー2022であります。

PB190660 (1)

そう、Borneo Conservation Trust Japan(認定NPO法人)ボルネオ保全トラスト・ジャパンの
2022写真カレンダーで、制作費を除いた売り上げが熱帯雨林の保全活動に使われます。


もちろん写真作品なので、中身までは紹介できませんが・・・

PB190661

ボルネオ島キナバタンガン川の流域を中心にした素晴らしい写真がいっぱいでした!!!


bctjapanで検索、入会せずにカレンダーだけを購入することもできます。

PB190662

ええ、わたくしはどどんと2部も・・・だって送料が同じだったんだもの・・・




BCTJの案内パンフレットも同封されてました。

PB190663



PB190664

はやくキナバタンガン川の流域も再訪したいなあ・・・じゅるじゅる





m98k at 11:21|PermalinkComments(0) mixiチェック

2021年07月18日

動物園と串カツとバクテー鍋と(前篇)

ひさしぶりに天王寺動物園から新世界で串カツとゆーコテコテの大阪をふらふらしてから実家へ、
さらに実家でのバクテー鍋とかで、さらさらにふらふらになったお話しの前篇・・・

先週が連休となったwingさんから「天王寺動物園の動物さんとかも撮りたいな・・・」
と連絡があり、夏休み前の平日なら密にもならず、今はインバウンド客も少ないだろうし、
ついでに新世界も歩いて、わたくしの実家で飲み続けましょう!!!となった次第。
って、なんか前回記事も同じような書き出しだった気がしますが・・・

と、火曜日の奈良に続き・・・

金曜日には10時に天王寺公園「てんしば」のコンビニでwingさんと待ち合わせ、

P7160004




ふだんなら早めに着いて・・・

P7160005

ガチャに張り付いてるはずのwingさんが???・・・とか思ってたら・・・

「ふうふう、なんとゆー難しいところで待ち合わせするんですかっ、ひいひい」

「って、ここが一番わかりやすい待ち合わせ場所なんですが・・・」

「うぐぐぐ、大阪の地下街はややこしいなあ・・・」

と、二人で「てんしば」を抜けて天王寺動物園へ・・・

P7160006



P7160010




wingさんのルーツの大地溝帯・・・

P7160009

~知恵を得て運動能力を捨てたサル~
ついでに地上に落ちたアルコール濃度の高い果実(酒)にも強くなったのね・・・



と、まずは楽しみにしてた「アジアの熱帯雨林ゾーン」へ・・・

P7160094


P7160095



P7160097

行ったのですが・・・




P7160096

隣接するシロクマ(ホッキョクグマ)さん親子舎への長大な行列スペースを作るためなのか、
現在は閉鎖中でした。ぐすん

つーことで一番
人気の「シロクマ(ホッキョクグマ)さん親子」舎へ・・・

夏休み前の平日で行列こそありませんでしたが、さすがにここには人がいっぱいでした。

P7160017




子グマだけでなく、

P7160024





お母さんグマも・・・

P7160029



P7160031

ざんぶ




P7160032

ぷはぁ



P7160036

ぐりぐりぐり




P7160037

と、ずっと一緒に水遊び・・・ええ、確かに見飽きませんでした。




まあ、その他のクマさんとかは・・・

P7160052

日陰でぐったりとお昼寝中でしたが・・・



と、次はwingさんのお目当てだった「鳥の楽園」へ・・・

P7160057



P7160063





ま、トリさん画像はwingさんにまかせて、わたくしは「運動能力を捨てたサル」を・・・

P7160069



P7160078





って、ケージの向こうに見える「あべのハルカス」を撮ってると・・・

P7160074



P7160072

ありゃ、トリさんがケージの外に逃げてる???


とゆー質問も多かったのでしょう、

P7160073

とゆー貼り紙がありました。



と、鳥の楽園を出て・・・

P7160083

ベンチに座ってレンズ交換する「運動能力を捨てたサル」・・・



と、暑い中あちこち撮り歩いてたのですが・・・

P7160090

「うーむ、どうしても手前のネットフェンスにフォーカスが合ってしまうなあ・・・」



「フォーカスポイントを最小にしてフェンスの隙間を狙えば・・・ほれ・・・」

P7160092

「わっ、ほんとだ!!! さすが「知恵を得て運動能力を捨てたサル」ですねっ!」

「貴方は学習以前に運動能力を捨ててるような気がしますが・・・

「うぐぐぐ」
 


と、暑い屋外展示はそこそこに「夜行性動物舎」へ・・・
って、ライトマニアたちを集めた獣舎なのか???

P7160101



P7160103

おなじみ洞窟のコウモリさん・・・





P7160107

肉眼ではほぼ真っ暗な中にいたキーウィさんも何とか撮れました。
さすがOM-D E-M5Ⅲの手ぶれ補正は効くなあ・・・
ちなみにwingさんは持参した赤色ライトで撮るのを忘れてたと後で後悔されてましたが。


と、次も屋内にあるズーミュージアムへ・・・

P7160113

手前にあるのがアニメもといアミメニシキヘビさんの骨格標本で全長は8m近いでしょうか、
後ろにあるホッキョクグマさんの剥製とかより、はるかにデカいですね。


とーぜん

P7160111

皮の標本もデカかったです。


と、てきとーに園内の南エリアを廻っただけで「早くビールが飲みたいぞ!!!」と騒ぎ出す
wingさんを宥めつつ・・・って、火曜日にもこんなシーンがあったな・・・

北エリアをてきとーに見て歩き・・・

P7160116



P7160117





P7160119




P7160120

カバ舎の奥にあるアフリカ・サバンナゾーンは(暑いので)後回しにして、涼しい屋内展示の
アイファーIFAR爬虫類生態館へ・・・



P7160123




P7160122

やはりワニさんは大部分が水中なんですね・・・横から観察できるのは面白いです。


P7160124

巨大なリクガメさん・・・だったっけ?


以下、さくさくっと・・・

P7160127


P7160129



P7160133




P7160134




P7160135



P7160136



P7160139





P7160142




P7160137



P7160148



P7160138

爬虫類さんとかもよく見ると、なかなかかわゆいです・・・



それにしても・・・

P7160147

ワニガメさんって、巨大になるのね・・・



と、再びカバ舎前に出てきて・・・

P7160150



P7160159

こちらも横から水中の様子が観察できるのが面白いです。


と、観察中に物凄い「いびき」が聞こえてきたので、wingさんかと思ってたのですが・・・

P7160164

こちらのサイさんでした。



アフリカ・サバンナゾーンを歩いてると・・・

P7160173

「えいっ、えいっ」



P7160178

「これこれ、仲良くしなさいよ。」 「しゅん」



とか・・・

P7160179




P7160181

ライオンは寝ている・・・

発情期でメスは屋内へ別居中とあったので行ってみると、やはりお昼寝中でしたが・・・

P7160183

なんとゆー寝姿・・・うとうとうと・・・



見学者も少ないのでしょう、すっかり油断してて・・・

P7160187

「んっ、にゃんだにゃ???」ごろごろごろ・・・


P7160188

「あははは、寝姿も反応も、うちのネコさんたちと一緒です。」



と、最後にチンパンジー舎のオランウータンさんを訪ねたのですが・・・

P7160194




P7160195

「現在は飼育していない」とのことでした・・・残念


と、「ビールビール冷たいビール」と叫び続けるwingさんと、ようやく天王寺動物園を出て・・・

P7160196

一行は新世界へと入ります。(後編に続きます。)



m98k at 18:18|PermalinkComments(0) mixiチェック

2021年07月14日

シカさんとクラフトビールと・・・

ひさしぶりに奈良市街をふらふらしてきました。

この暑い中、東大寺の境内や春日山の原生林や山の辺の道から入江泰吉記念写真美術館とかを
ふらふらと巡ってふらふらに、最後はクラフトビールでさらにふらふらになったとゆーお話し・・・

今週が連休となったwingさんから「奈良のシカさんを撮りたいな・・・」と連絡があり、
平日なら密にもならず、今はインバウンド客も少ないので行きましょう!!!となった次第。
そう、コロナ前の休日は国内外の観光客で混雑、
平日でもインバウンド客で溢れてたのですが・・・


と、昨日(火曜日)の10時に近鉄奈良駅に集合、観光案内所で散策マップをもらって・・・

まずは「ひがしむき商店街」から興福寺の境内へ・・・

P7130009

「上りは嫌じゃあ!!!ひいひい」と、さっそく日陰に立ち止まるwingさん・・・
モンベル遮熱キャップの行方が分からなくなったとかで、この日は帽子なしでした。




P7130010



P7130012

南円堂を尻目に殺して・・・



P7130013



P7130016

さっそくシカさんがお出迎え・・・
って、観光客も少なく日陰でのんびりしてました。




P7130019

奈良国立博物館の旧館・・・今は仏像館になってます。



P7130023

奈良県警のパトカー・・・なのかっ??? 鹿迷彩のツートーン。




P7130024

氷室神社から・・・





P7130028

東大寺方面へ・・・




P7130031

鹿団子を遠くから800mmズームで撮影するwingさん・・・

「って、どうせ逃げないんだから、もっと近くで撮ればいいのに・・・」
「近くだとドアップしか撮れないし、レンズ交換めんどーだし・・・ううっ」


それにしても・・・

P7130027

ナイフのグリップによさげですね・・・じゅるじゅる


南大門であります。

P7130032




P7130033



P7130034



P7130035

家族連れのインバウンド客が一組だけガイドさんに案内されて来てました。
ここにはムササビさんが住んでて、むかし夜の観察会に来たなあ・・・今も居るのかなあ・・・



と、大仏殿へ・・・

P7130039

・・・入るのは有料なので、右側にある・・・



P7130041



P7130042

二月堂への参詣道をふらふらと歩きます・・・



P7130043



P7130048

日向は猛暑ですが・・・



P7130046

木陰はけっこう涼しく、シカさんたちも木陰でお食事中でした。



とはいいつつ・・・

P7130050

東塔跡あたりからは木陰もなく、たちまち汗でびちゃびちゃになり・・・




P7130052


P7130051

とりあえず茶店で休憩・・・


バンビカレーも大仏カレーも白しか氷も魅力だったのですが・・・

P7130055

定番のかき氷でようやく一息・・・




P7130056

二月堂を目指します。



P7130062




大仏殿裏からのこちらの道も風情があって好きなのですが・・・

P7130063

今回は参詣道から二月堂の下まで来ました。






P7130067



P7130066

関西に春の訪れを告げる「二月堂のお水取り(修二会)」では、この階段を修行僧が巨大な松明を
持って次々と上っていくのですが、この日は小学生たちが次々と上り下りしてました。

今年のお水取りはコロナ禍で人を集めずに実施、代わりに内部にはじめて無人カメラが入り、
荒俣宏氏らの案内で、儀式の模様が生中継されてましたね。


小学生に追い抜かれながら、ひいひい階段を上ると・・・

P7130068



P7130069

舞台からは大仏殿の向こうに奈良市街、その向こうに生駒山系が一望できます。
ここからの生駒に沈む夕陽の眺めは有名ですね。
わたくし、ちょうど夕陽が沈むあたりに住んでるんですが・・・


と、反対側から三月堂、四月堂方面へ下り・・・

P7130070



手向山八幡宮を経て・・・

P7130071



P7130074



P7130077



P7130078


P7130085

若草山(三笠山)の麓までやってきました。


で、わたくしがレンズ交換してる間に、wingさんが鹿せんべいを買いに行こうとすると・・・

P7130084

ぎろっ



P7130086

わらわらわら・・・と、シカさんたちがついてきて・・・




P7130087

「わっ、わわわわっ、一体どうすればいいんですかっ!!!」

「あはは、手に持ってたらすぐに取られるのでバッグの中に入れてくださいね。」

「わわわわ、えいっ!!!」

と、開けたまま置いてあったわたくしのカメラバッグの中に鹿せんべいを・・・

「わっ、急にバッグがシカさんの頭で見えなくなったぞ!!!
「わわっ、レンズにシカさんのヨダレが・・・なんてことするんすかっ!!!」

「目の前に開いてるバッグがあったので、思わず・・・あははは」

「思わずって・・・自分のバッグに入れてくださいっ!!!」

「こっちはバックパックだったもので、ついつい・・・あははは」

「ったく・・・ぶつぶつぶつ」

と、鹿せんべいでシカさんを集めて撮影するどころではなく・・・

P7130088

這う這うの体で逃げ出し・・・





P7130091

春日山の遊歩道へ・・・



P7130092

海外向けのTV番組「CYCLE JAPAN」で、紅葉シーズンのこのルートが紹介されてましたね。
ええ、番組ではけっこう高速で駆け抜けてましたが・・・
ま、プロのレーサーなので、本人はのんびり走ったつもりだったんでしょうが・・・



P7130094




P7130096

青もみじも見事でした。

春日大社の御神域もあり、昔ながらの原生林が市街地のすぐそばに残ってて、今となっては
稀少となった動植物の宝庫にもなっているとかで、市街地のシカさんたちの本拠地でもあり、
夜間でも遊歩道は散策できるようなので、ライト照射ツアーにも最適ですね。
ちなみに案内には「原始林」とありましたが正確な意味での原始林は日本にはありません。


ま、この日は(早く飲みたくて)スタート地点からすぐに引き返し・・・

P7130099



P7130100

春日大社を目指します。


途中では・・・

P7130102

稀少な野生動物たちにも遭遇しました・・・




P7130103

天の原 ふりさけ見れば 春日なる 三笠の山に いでし月かも




P7130104

古今和歌集にも収録された安倍仲麻呂の歌碑を過ぎると・・・




P7130105




P7130106




P7130107

春日大社であります。
ここの巫女さんのドキュメントもテレビで見たなあ・・・かわゆかったなあ・・・


と、原生林の中に続く「山の辺の道」をさらに南下し・・・

P7130113

ようやく市街地へ出ると、柳生の里へ向かう柳生街道と交差して・・・


さらに市街地の中に続く山の辺の道を新薬師寺方面へ歩きます・・・

P7130116


P7130117

風情のある道ですが市街地に出ると日差しがきついので、日陰を歩くwingさん



で、新薬師寺を過ぎてすぐ、山の辺の道と分かれて西に曲がれば・・・

P7130118

入江泰吉記念・奈良市写真美術館で、一度は訪れてみたかった美術館であります。




P7130119

一階はロビーと喫茶室になってて展示室などは地下になってました。



もちろん展示中の作品は撮影禁止でしたが当日の展示は新鋭展・・・

P7140172

越沼玲子さんの作品は春日山の原生林に暮らすネコさんたちが、辻田美穂子さんの作品は
自分の祖母の故郷であるサハリンに暮らす人たちが、被写体のメインでした。


と、もう一つの企画展は・・・

P7140173

聖徳太子没後1400年・・・入江泰吉と工藤利三郎の斑鳩の作品展でした。

入江泰吉の斑鳩作品については言わずもがなですが、工藤利三郎という写真家は今回まで
わたくしは知りませんでした。

明治後期から大正期にかけて、古美術写真の先駆けとして活躍された写真家だそうで、
今は焼失・散逸してしまった仏像や、焼失・修復・復元前の建築物などの貴重な古写真を
見ることができ、古さを感じさせない鮮明な写真群に驚きの連続でした。

入江泰吉の初期の斑鳩作品もそうですが、今となっては絶対に撮れない作品ばかりで、
やはり完成された写真作品というのは時代の貴重な記録でもあるんですねえ・・・

また館内のシアターではハイビジョンの大画面で次々と入江作品が紹介されてましたが、
大判のフィルムカメラで撮ったからでしょうか、大画面でも充分に楽しめました。

ちなみに・・・

P7130122

学生時代のサークルの先輩が一時期、入江先生のご自宅に入り浸ってて何度か誘われたことが
あったのですが、とうとう生前にお目にかかることはなく、今となっては残念至極です。



と、ようやく美術館を出たのが3時前ぐらいで・・・

P7130123

「ならまち」を目指し、ひいひいと坂を下ります。



で、今回はめずらしくwingさんが・・・
「腹減ったよう、ビールが飲みたいよう」と、いつもの誰かさんみたいなことを言い出し、

P7130124

「こじゃれた店があります。ここにしましょう!!!」

「ここはソフトドリンクしかないみたいですよ・・・」

「うぐぐぐ」

と、ようやく「ならまち」あたりまで下りてくると、

P7130125


P7130128

店が並びはじめたのですが、平日だったし閉めてる店も多く・・・




P7130132

「おおっ、ここは営業中です、ここにしましょう!!」とwingさん


P7130131

「でも、ここは鍋料理がメインみたいですよ・・・」

「さすがにこの暑さで鍋物はなあ・・・うぐぐぐ」




P7130133

「ではここにしましょう!!! じゅるじゅるじゅる」

「もうランチタイムは終わってます。きっぱりと」

「がるるるる」


とか言ってるうちに・・・

P7130135



P7130136

とうとう猿沢の池まで下りてきて・・・



右手の「ひがしむき商店街」へ戻ってからも・・・

P7130141



やってるお店がある度に・・・

P7130142



P7130143



P7130144

ここにしましょう!!!がるるる!!!と喚きたてるのを宥めつつ・・・


ようやくお目当ての「大和醸造」直営店へ・・・

P7130146




まずは・・・

P7130147

わたくしが飲みたかったセゾンの1パイントで乾杯!!!

「wingさん、おたんじょーび、おめでとうございます

「ありがとうございます。できたてクラフトビールで祝ってもらえるなんて感激です。」

「もちろん支払いはワリカンです・・・これはきっぱりと」

「うぐぐぐ」


とまあ・・・

P7130148

美味しい唐揚げにはじまり・・・



P7130151


P7130150

安くておいしいピザなんぞでかぱかぱと・・・って、食べる前に撮ればいいものを・・・


ちなみにわたくしの2杯目は・・・

P7130153

IPA(インディア・ペールエール)の1パイント・・・って、飲む前に撮れば・・・


いっぽうwingさんは・・・

P7130152

スタウトの1パイントを選択・・・



と、3杯目は二人とも・・・

P7130156

限定醸造のコーヒー・セゾンとやらのハーフ・パイントと・・・




P7130157

ソーセージとザワークラウトのセットで〆ました。げふっ



と、明るいうちからすっかり出来上がり、ふらふらと外に出ると・・・

P7130160


P7130161

駅前ではサックスのストリート・ライブが・・・



って・・・

P7130163

ボルネオ・クチンのN嶋さん、奈良でもライブやってたのか???


と、帰りの神戸三宮行き快速急行では二人ともグースカ、奇跡的に大阪難波で目覚めたわたくし、
ぐっすりと眠ってるwingさんを起こさないよう、そっと下車したのですが・・・
おそらく神戸三宮まで行ったwingさん、その後どうされたのでしょうね。どっとはらい



m98k at 21:45|PermalinkComments(2) mixiチェック

2021年06月11日

奇界とか廃墟とか・・・

今回は奇界とか廃墟とか・・・のご紹介であります。


まずは・・・

P6030032


P6030033

「奇怪紀行」佐藤健寿著 KADOKAWA 2015年12月5日発行とゆー本であります。

ちなみに表紙カバーはミャンマーの大仏、裏表紙カバーはドイツのザウリアーパーク・・・
ま、姫路の太陽公園も、決して負けてはいないと思うけど・・・


例によって目次のみのご紹介・・・

P6030034




裏表紙カバー裏にあった著者紹介

P6030036

わたくし著者についてはTV番組クレイジージャーニーで知りました。
つい最近ダークサイドミステリーにも出演されてましたね。人体自然発火とかの解説で・・・

こちらは「奇界写真家」である著者が、季刊雑誌「怪」に連載してた紀行エッセイなどを
一冊にまとめられたそうですが、この時点ですでに80ヶ国以上(その後は120ヶ国以上)を巡り、
''奇妙なもの''ばかり撮影されてたフォトグラファーですから、その紀行文も面白かったです。

「写真家の文章なのでご容赦・・・」とか謙遜しておられましたが、淡々としててわたくし好み、
「これのここが自分には」とゆーツボが、わたくしにもハマって興味深く読めました。

もちろん挿入写真はご本人の作品なんですが紀行文の挿絵なのでモノクロで特に説明もなし、
それがかえって想像力を高めてくれました。


いっぽうこちらの本は・・・

P6030037


P6030038

「世界の廃墟」佐藤健寿 監修・解説・本文 飛鳥新社 2015年2月6日第1刷発行・・・
とゆー廃墟の写真集であります。

「廃墟写真家」としても知られた方なので本人作品も入ってますが、廃墟の解説についても
古今東西の博識と経験に基づいて簡潔に書かれてあり、こちらも興味深く眺めました。

前書きから一部引用させていただくと、本書は戦争による廃墟、エネルギーと産業による廃墟、
都市と経済を巡る廃墟、自然災害による廃墟に大別してるが、すべては20世紀の廃墟で、
(以下原文)「こうして生まれた廃墟の中に、もはや瓦解した美しきローマの石柱はない。
それは昨日までそこに存在し、今日も存続していたかも知れぬ、偶有性の廃墟である。
そこにあるのは忘却された過去ではなく、むしろ私たちが廃棄した未来の一部なのだ。
だからこそ私たちは静謐な廃墟に恍惚とし、そして戦慄するのだろう。」(以下略)

でしょ、行間に廃墟への「深い愛」がにじみ出てるでしょ!!!
そう、わたくし20世紀の廃墟を眺めるのも大好きなのでありますね。
もちろん19世紀以前はるか太古の廃墟も深いジャングルも洞窟も好きですが・・・


こちらも目次のみ・・・

P6030039

中国・オルドス市の新市街「鬼城」が入ってないのが、ちと残念でしたが・・・






で、こちらが・・・

P6030041

「奇界遺産2」佐藤健寿 写真・文 エクスナレッジ 2014年3月20日初版第1刷発行・・・

そう、ベストセラーになった「奇界遺産」の続編写真集であります。


やはり目次のみ・・・

P6030042

奇界といっても様々なジャンルがあるんですねえ・・・
ちなみに070ロボットレストランの解説文のタイトルは、
「歌舞伎町のアマゾネスは電気ロボットの夢を見るか」
・・・いやあ、なかなかツボに・・・

以下は前書きの一部より
(前作の取材に4年かかったことなどはとうに忘れ、今度は半年後に続編を出す約束で・・・)
「勇んで取材に出かけた私は、密林に消えた探検家のごとく、出版社と連絡を絶ったのである。
時折、思い出したようにかかってくる催促の電話には「ミイラが消えてなくなった」とか
「部族間で戦争が起きた」という真っ当な社会人にあるまじき言い訳でかわしつつ
(いや、すべて本当なのだけど)、奇界のジャングルを抜けた時には、実に4年の月日が
過ぎていたのだった。」
(中略)
「すなわち<芸術>や<オカルト>といった、現代の社会において<余計なこと>とされるもの、
それらを生みだした呪術的想像力こそが、実は人類の進化と生存において、不可欠な<何か>
だったのではないか。
そんな大げさな、しかしあながち間違いでもなさそうな試論のもと、長い旅を続けたのである。」
(後略)

オカルトなどあまり信じないという作者が世界中(の奇妙なもの)を巡り「面白い」と思った視点で
プロのファインダーから捉えた写真作品自体も、もちろんなんですが、その視点での解説にも
けっこう深い味があって面白かった次第です。

いやあ、奇界つーのも廃墟つーのも、なかなか奥が深いんですねえ。
今の状況が落ち着いたら、わたくしも「奇界」への旅を再開したいなあ・・・
そう、熊野のライトOFF会とかボルネオの洞窟やジャングルの照射ツアーとか・・・
そこに集まるモノは「奇物」ばかりだし、集まるヒトは「奇傑」ばかりだし・・・わくわく



m98k at 16:11|PermalinkComments(0) mixiチェック