わからないもの

2021年02月19日

絶対に明かされない世界の未解決ファイル99!!!

ま、前回記事UAP???の続き・・・とゆーか・・・

「絶対に明かされない世界の未解決ファイル99」のご紹介であります。

DSCN9109

ダニエル・スミス著 小野智子・片山美佳子訳 
日経ナショナル ジオグラフィック社 2015年12月7日 第1刷第1版発行

ええ、「ファティマ第三の予言からチュパカブラまで」つーサブタイトルもたまりません。





表紙カバー裏の惹句

DSCN9111

古代から現代まで人類の未解決事件簿!!!つーことで犯罪事件から超常現象まで・・・



例によって目次のみのご紹介・・・

DSCN9113



DSCN9114

ま、5年前に出版された本だし、わたくしの綿密な(ネットやTV番組での)最新調査により、
(わたくしのアタマの中では)すでに解決済みの事件もいくつかありました。

もちろん知らなかった未解決事件や超常現象もあったけど、多くは概要ぐらい知ってたし、
中には簡潔にまとめた記事本文より、さらに詳しく知っていた項目も・・・

そう、わたくし太古からの未解決ミステリーつーのも大好きでフォン・デニケンの著書から
TV番組ダークサイドミステリーまで、昔からけっこうよく見てるんですよね。
ムーとかアトランティスとか古代文明の謎とかも好きだし、日本なら邪馬台国の位置とか、
ヒッタイトより古い?鉄の起源や神話とか、ストーンサークルとか謎の地下遺構とか・・・

本書では、ほぼ解明されている有名な項目についても「やはり宇宙人が関与してた?」などと、
未解明部分が残ることからの反論も紹介されてて、なかなか面白かったです。


ちなみに最後の「世界の終焉」では人類の滅亡要因としての未確定要素が挙げられてて、
宇宙人の襲来・大きな小惑星や彗星の衝突・超新星爆発・太陽温度上昇など宇宙からの要因、
巨大火山の噴火・巨大津波・磁極の反転・感染症の大流行!!!など自然の驚異による要因、
生態系の破壊・核兵器や生物兵器を使う戦争やテロ・AIや合成生物学、ナノテクノロジーの
誤った使い方など、人類の過ちによる要因が、それぞれ紹介されてました。

ま、宇宙人の襲来については交信や接触がないので心配している人は少ないし、地球の近くに
超新星爆発しそうな星は見当たらないし、太陽温度の上昇で海や二酸化炭素がなくなるのは
20億年ほど先のハナシだし・・・ともいいつつ項目の最後は・・・

「人類がいつまで存続するかなどは気にせず、最後の審判の日が来るまで、運命に身を任せ、
人生を楽しむ・・・果たしてそれでよいのだろうか。」と、締めくくっておられました・・・

そう、どうにもならない自然の驚異もある一方で、人類の努力次第で避けることのできる
未確定要素も多いんですよね・・・ふむふむ





m98k at 00:19|PermalinkComments(0) mixiチェック

2021年02月16日

UAP(未確認空中現象)???

2021.02.10. 17:43~17:53
自宅ベランダより、ほぼ真西を撮影

DSCN9115

画面中央あたりの小さな縦長の光点・・・(画像をクリックすると拡大します。)



ズームしてみると・・・

DSCN9117

火球がほぼ垂直に落下???・・・してるように見えました・・・ 

でも動きはなく空中に静止したまま・・・???





で、しばらくすると・・・

DSCN9118


DSCN9122

少し角度が変わったけど静止したままで徐々に小さくなって、やがて消えました。この間、約10分・・・

しばらくは理解できず、UAP謎の空中現象かっ???と、思わずカメラに収めた次第。

あとで考えてみると(画面では左(南)に位置する)関西空港を離陸した航空機が大阪湾の上空で旋回して西へ向かうのを、
ちょうど旋回直後から見てたようで、その飛行機雲(排気)が夕陽を浴びて反射したものだったんでしょう・・・

そう、わたくしの住んでる集合住宅、関西空港の離陸・着陸の際の目印にでもなってるのか???
まっすぐこちらに向かってくるか、離れていくかなので、大阪湾上空で旋回・上昇・下降するまでは、
ずっと止まってるように見えるのでありますね。

米軍ではUFO(Undentified Flying Object)未確認飛行物体つーのをUAP(Undentified Aerial Phenomenon)
未確認空中現象つー呼び方に変えたようですが、これはパイロットが「UFOに遭遇した!!!」と報告すれば、
「お前、酒でも飲んでたんとちゃうか?」とか上官に疑われるので正確な情報が集まりにくかったため、
「知らない空中現象を見たので、とりあえずご報告・・・」つーことにしたようで、珍しい気象現象など
説明できるものが大部分のようですが、説明できないものも昨年いくつか公開されましたね。

今回はいかにも「落ちてる火球が空中で止まってる!!!」ように見えましたが、画像を拡大してよく見ると
かすかに機体のような影もあり、少し高度を上げてから西へ向かう四発機だったんでしょう。

ぬわーんだ・・・





m98k at 12:00|PermalinkComments(2) mixiチェック

2020年11月13日

万葉集講義・・・

ええ、わたくし最近・・・

自由な日本語の書展や、奈良の正倉院展に行ったりしてたので・・・

今回は奥様が図書館から借りてた「万葉集講義」とゆー本のご紹介。

DSCN8025

万葉集講義~最古の歌集の素顔~

上野 誠著 中央公論新社 中公新書2608 2020年9月25日発行の最新刊であります。




例によって目次のみ・・・

DSCN8029



DSCN8030

タイトルといい目次といい一見するとカタそうですが、ズブの素人でも面白く読めました。

また「最古の歌集の素顔」つーことで、当時の「ヤマト言葉・やまと歌」と漢字表記の関係や、
中国文化の東アジアでのグローバル化の中で、たまたま辺境メンバーだった日本・・・
といった見方についても、とても興味深かったです。

例によって、わたくしの読後メモから一部をご紹介・・・



「はじめに」よりのメモ

・東アジア漢字文化圏の文学・宮廷文学・律令官人文学・京と地方をつなぐ文学という性格
・言葉の一部に古代朝鮮語に由来するものはあり、前書きや序文は漢文、渡来人の歌も多いが
歌は日本語で詠まれたもので、ミステリー本にあるような「朝鮮語で書かれたもの」ではない。
・宮廷貴族の文学だが「全日本」を志向しているのが一つの性格をかたちづくっている。
・歌はホモ・サピエンスが普遍的に有している文化で、ウタウ・カタル・ハナスなどは
口から耳への情報を伝える方法の一つで、意味情報伝達と音楽情報伝達の二つの側面がある。
・歌は音楽情報伝達の側面が大きく、万葉集は五音句と七音句に整えられた歌で中心は短歌体。
・これは宮廷で歌われていた歌のかたちで、その後の「やまと歌」の伝統を形成することになる。


各章の冒頭に「前章のまとめ」があったので、それら中心のメモ・・・

第一章のまとめ(のまとめ)
①日本語を母語としていた人びとは漢字によって統合された東アジア漢字文化圏の一員となった。

(例として巻11の2514解説よりメモ)
・原文
雷神 小動 雖不零 吾将留 妹留者
・仮の訓読み
なるかみの すこしとよみて ふらずとも われはとどまらむ いもしとどめば
・意味
雷が少し鳴る(ぐらいで)雨が降らなくても、恋人が引き留めるなら、私は留まりましょう
・漢文の書き下し文
雷神 小動して 零らずと雖も 吾まさに留らむとす 妹留むれば

→この歌は中国語を母語として少し文語に通じている人なら、中国語で音読しても意味は
通じるだろうし、日本語を母語として漢文を学習している人も、返り点をつけて書き下し文で
訓めるだろう。だが奈良時代のやまと歌として読むためには、奈良時代の日本語の知識が必要。

→雷鳴は神が鳴る音だったので「雷神」はヤマト言葉では「ナルカミ」で、助詞の「ノ」を添え、
小は「スコシ」か「シマシ」、動は「トヨミ」で今ならドヨメキ、助詞の「テ」を添え・・・
と、「なんとなく」決定していくが、これは歌だからできること。
→なるべく五音か七音で歌の型にあわせて訓んでゆけば「なんとなく」訓めるのである。

(ひらがなカタカナが普及するとヤマト言葉を漢字のみで記した万葉集を読むのが難しくなり、
平安時代の文人たちでも、その殆どが読めなくなっていた。)

②万葉集は東アジア漢字文化圏の辺境の歌集で、表記方法は文脈によって決定するという、
きわめて不安定で、まったく法則性のない方法であった。

③歌が漢字で記されるようになると、一回生起的な感情を表現するものとなってゆく。
→つまり個人のものとなって「作者」が誕生した。

一回生起的な感情を残そうという欲求が生まれ、これが歌集を生み出す原動力になった。


第二章のまとめ(のまとめ)
①万葉集の巻1と2は基本的に歌によって宮廷の歴史を振り返る歌集

②当時の指標である「日本書紀」の流れに沿って歌を並べている

③巻1の1から27まで解説したが、すべて天皇と皇族の儀礼や宴、行幸に関わるもの

④宮廷社会で役割を果たす宮廷文学で、若菜摘みや行幸や狩りや国見など(野外宴会!!!)の賛歌


第三章のまとめ(のまとめ)
①万葉集は律令国家形成期の文学で、国家は漢字によって運営される法治国家を希求していた。

②漢字を学んだ律令国家の官人の地方赴任は、宮廷の文化と歌を伝えることになった。

③都からの国司と地方の郡司たちは歌でも交流した。

④律令官人には高い儒教的倫理規範が求められており、その文化は精神世界にまで及んだ。


第四章のまとめ(のまとめ)
①万葉集は宮廷文学で貴族文学だが、身分や性差を越えた心の交流が期待されており、
天皇から庶民まであるが、それはあくまで上位者の下位者に対する慈悲を指すものだった。

②都と地方の関係は支配と被支配など一方的なものでなく、交流と共感もあったはず。
→実質的に地方を治めていたのは地方の有力者で、エリート官僚の地方出向と同じく、
盛んに交流し共感を得ないとやっていけないし、地方の有力者も見返りを期待。

③地方赴任と上京者の増大には宮廷や都の文化を地方に浸透させる役割と、地方への関心を
喚起するという役割の二つの側面があった。
したがって防人歌も東歌も、浸透から生まれた地方文化の精華ということもできる。

④地方赴任の拡大から家族友人への文通も増大、読まれることを前提とした「書簡文学」も
万葉集において誕生している。

第五章のまとめ(のまとめ)
①各巻の形成について(略)
(本文より個人メモ)
・核となった巻1と巻2は明らかに「歴史による分類志向」で、歴史志向が顕著なのは1~6
個人の日記も一つの歴史志向と言えるので末4巻も歴史志向
・巻8と巻10は「四季による分類志向」が顕著
・「地理による分類志向」は畿内の長歌の巻13、東歌の巻14、巻16の末尾部、巻20の防人歌、
・「発想・技巧による分類志向」は巻11と12に顕著
・歌を年代順に並べることによって歴史を実感したいと分類して編纂したのが巻1と2で、
歌を楽しむ人が増えるとさらに広まり、四季や発想・技巧への関心も高まった。
・さらに地方赴任や地方からの上京によってもたらされた諸情報が地理への関心を高めていった。

②巻1から6までは歴史志向で編纂されており、これは全体に及ぶ志向性である
→歴史志向は「ものごと」への関心であり、そこから四季や発想・技巧などの「あや」へ、
関心が拡がっていったと見てよい。
→「古今和歌集」以降の「やまと歌」は「あや」の文学で、なかんずく四季の文学として、
その伝統を形成していくことになる。

第六章のまとめ(のまとめ)
①日本文学史1300年の歴史は「やまと歌」が中心で「古今和歌集」がその規範。
古今和歌集が万葉集から引き継いだのは短歌体という歌体、恋情発想、四季の文学という性格。

②古今和歌集の両序文は905年の「やまと歌の復興宣言文」のようなもので日本回帰精神の反映、
やがて、やまと歌は唐風文化に対する日本文化のシンボルになってゆく。

③古今和歌集は、やまと歌が隆盛を極めた万葉集から100年の暗黒時代を経て、やまと歌を
復興しようという歴史認識に基づくもの。

④万葉集の名義(タイトルについての論争→略)


終章のまとめ(・・・はなかったので、てきとーに他の章も含めてのメモ)

・言葉を使って生きるということは言葉に支配されるということ
・日本語を使って生きるということは日本語に支配されるということ
・漢字を使って生きるということは漢字に支配されるということ
(例→紀行文に使う気候・寄港・寄稿は日本語の文脈で判断するしかないが、漢字にしないと
ひらがなやローマ字では文脈を判断できない。その日本語で私たちは思考しているのだから、
漢字を抜きには思考できない→日本語は漢字を取り入れて発展した言語だから)

・日本の歌は、五世紀以前から歌い継がれた(万葉集から推定はできても)知りえない歌と、
六世紀前半に成立した中国「文選」の古典詩文を踏まえた歌の二つの源がある。

・万葉集は日中が同じ文化基盤を有していた時代の文学で、当時の機構は全て隋唐から
→グローバリズムの波→同調重圧が強くなる→ローカル化への同調重圧(日本回帰志向)も
強くして心のバランスをとってゆく。

・これは明治時代の正岡子規の俳句短歌の革新運動と同じで欧化に対する心のバランス
→「あや」を追求する前の自由な万葉歌を重視→近代の万葉礼賛はここにはじまる
→岡倉天心も内村鑑三も江戸後期の国学者の古典研究も同様
→戦時中にも万葉集がもてはやされたが、戦後もアメリカ文化の大波の中で右派も左派も
万葉集を持ち上げた。

・つまり外来文化の同調重圧が高まれば万葉集は脚光を浴びるが、それは日本的側面のみ。
(じつは六世紀前半の中国詩の文学理論にも、その源があるのだが。)

・今、万葉集に風が吹いているとすれば日常生活に押し寄せるネット化とAI化の重圧からだろう。
→ただしグローバル化の中での日本回帰、万葉回帰をあからさまに否定したくない。
→いつの時代でも文化の辺境に生きる私たちは、そうやって心のバランスをとってきたのだから
・いっぽうで、やみくもな礼賛に対しては「文選なくして万葉集なし」といいたい。

・今、本書を世に問う理由は、万葉集そのものが東アジア漢字文化圏(というグローバル化へ)
の同調重圧の中で、もがき苦しんだ先祖の文学であったということを、少しでも多くの人に
知ってほしかったから・・・


「あとがき」よりのメモ・・・

・日本は漢字を学ぶことによって歴史を持つ国になり、東アジア漢字文化圏の一員になったが、
辺境メンバーだったので、漢字も儒教も仏教も律令も、この国に入ると、みんなグダグダになって
日本化してしまうのである。(中略)

・私は今、(神棚も仏壇もマリア様もの)なんでも教→無限寛容教の信者であった祖母、父、母、
そして(子どもの頃にお世話になった)ゼノ修道士に対して謝りたい。

・外側からやって来た文化を受け入れて、やがて彼我の差をなくしてしまうのが、日本文化の
特性だということを「万葉集」を40年間研究して、ようやくわかりましたよ、と。

・冥界にいる皆様方の知的レベルに、ようやく追いつきましたよ、と。

・・・と、最後に報告されてたのには、すっかり胸が熱くなりました。




m98k at 00:03|PermalinkComments(2) mixiチェック

2020年11月10日

正倉院展 to クラフトビール・・・

まいどとーとつですが・・・

先週のはじめ、開催中だった第72回・正倉院展に行ってきました。

ええ、あいにくの雨でしたが・・・

DSCN7994

会場の奈良国立博物館(新館)であります。(正倉院展は11/9で終了)

ちなみに風情のある旧館は現在「仏像館」になってて、新館とは地下回廊でつながっており、
回廊展示も仏像館展示も、なかなか見ごたえがあるのですが、今回は立寄りませんでした。



DSCN7984

入館時間帯が区切られてて、今年は各回の人数も少ない完全予約制で3密対策されてましたが、
おかげで会場内は混み合うこともなく、ゆったりと観覧できました。

ま、「館内での会話はご遠慮下さい」つーことで、同行したダッシュP18乗りの友人との
展示を前にしてのウンチク合戦はできませんでしたが・・・


さらに恒例により・・・

DSCN7987

このエントランスから先は撮影禁止で・・・



唯一撮影可能だったコーナーがこちら・・・

DSCN7989



DSCN7992



DSCN7991

古いホンモノより、こちらの新品の方が、とーぜん鮮やかですね・・・

ここで再現の記録動画も観ましたが、フェルトつーのは、羊毛に湿気や熱を加えつつ、
何度もぐるぐる巻いては押し固め、さらに表面に文様を付けるのも、基本は同じなんですね。
当時の手法による再現なので全て手作業、何百回も体重をかけてごろごろやってました。

ちなみに、今回の展示の中では室内ゲーム用の「弾弓」つーのが興味深かったです。
矢のかわりに弾を使う弓、つまりスリングショットは、奈良時代には日本にもあったんですね。


と、この日はずっと雨だったので紅葉の奈良散策は断念、そのまま近鉄・奈良駅前に戻り、
駅前にできてた「大和醸造」の併設レストランへ・・・

DSCN7996


DSCN7997

DSCN8004

今年オープンした近鉄系のブルワリーであります。




で、まずは11月3日から新発売された限定醸造「ホッピーラガー」つーのを・・・

DSCN8005



DSCN8006

Lサイズで470mlでしたが、確かに苦味が効いて複雑なのどごし、とてもおいしかったです。

「んぐんぐ・・・やはりビールには唐揚げやな・・・」と
ダッシュP18乗りの友人

「いやいや、やっぱビールにはピザやで・・・ごくごく」と98k


で・・・

DSCN8010



DSCN8000


DSCN8008

食べる前に撮ればいいものを・・・がつがつ

どちらもボリュームがあったし、とても旨かったです。ばくばく


と、一杯目はあっとゆー間になくなり・・・

DSCN8007

さらにアルコール度数が高い
IPA(インディア・ペールエール)タイプのLサイズを追加・・・
ええ、さらに苦味が効いてて、こちらもおいしかったです。ぐびぐび


いつもはお安いビールもどきばかりだけど、ビールつーのも奥が深いんですね。

DSCN8003



ちなみにこのお店・・・

DSCN8001

他ブルワリーの地ビールも日替わりで置いてましたが、今回は軽く二杯だけで・・・ひっく




と、店を出れば目の前に行基像の噴水があって、その後ろが近鉄奈良駅・・・

DSCN8016

ええ、電車に乗る頃には、けっこう廻ってました・・・ひっく


と、大阪難波駅に着いたら、とーぜん改札内にある・・・

DSCN8024



DSCN8021

なにわ麺次郎(の今回は黄金貝ラーメン!!!)で〆ましたとさ・・・げふっ



m98k at 00:10|PermalinkComments(0) mixiチェック

2020年11月07日

墨のかおり~わたしの日本語~

先月中旬のハナシになりますが・・・

墨のかおり~わたしの日本語~・・・とゆー「書」の作品展に行ってきました。

ええ、植林ボランティア仲間のお一人が出展されてたもので・・・


DSCN7727

今年は和泉市シティプラザの4階にある茶室が会場でした。



会場の入口・・・

DSCN7709


DSCN7710

作品も展示方法もじつにユニークで・・・




離間距離を考えた会場のレイアウトも・・・

DSCN7708


DSCN7700

ユニークでした。

出品者の自由な表現が、ここの作品の特徴で「書」にはまったく素人のわたくしでも、
けっこう楽しむことができました。



特にわたくしの琴線に触れた(素人が理解できた)作品の中から数点だけ・・・

DSCN7687

来年のカレンダー・・・(の一部)




DSCN7693

雨蛙(あまがえる)・・・







DSCN7698

久遠・・・







DSCN7699

般若心経・・・



で、と
ーとつにツッコミが・・・

DSCN7688



DSCN7689

なんでやねん!!!



で、その上には・・

DSCN7707

いいね!!!  

ちなみにこの作品は稲(いね)の藁を使って書かれたそうです。


文字を持たない頃から使われてきた世界的にもユニークな日本語つーのを、漢字の音読み、
訓読み・カタカナ・ひらがな・アルファベットを使って自由に表現する・・・
「書」って、確かに面白いのかも知れませんね。




m98k at 00:07|PermalinkComments(4) mixiチェック