書斎

2021年02月19日

絶対に明かされない世界の未解決ファイル99!!!

ま、前回記事UAP???の続き・・・とゆーか・・・

「絶対に明かされない世界の未解決ファイル99」のご紹介であります。

DSCN9109

ダニエル・スミス著 小野智子・片山美佳子訳 
日経ナショナル ジオグラフィック社 2015年12月7日 第1刷第1版発行

ええ、「ファティマ第三の予言からチュパカブラまで」つーサブタイトルもたまりません。





表紙カバー裏の惹句

DSCN9111

古代から現代まで人類の未解決事件簿!!!つーことで犯罪事件から超常現象まで・・・



例によって目次のみのご紹介・・・

DSCN9113



DSCN9114

ま、5年前に出版された本だし、わたくしの綿密な(ネットやTV番組での)最新調査により、
(わたくしのアタマの中では)すでに解決済みの事件もいくつかありました。

もちろん知らなかった未解決事件や超常現象もあったけど、多くは概要ぐらい知ってたし、
中には簡潔にまとめた記事本文より、さらに詳しく知っていた項目も・・・

そう、わたくし太古からの未解決ミステリーつーのも大好きでフォン・デニケンの著書から
TV番組ダークサイドミステリーまで、昔からけっこうよく見てるんですよね。
ムーとかアトランティスとか古代文明の謎とかも好きだし、日本なら邪馬台国の位置とか、
ヒッタイトより古い?鉄の起源や神話とか、ストーンサークルとか謎の地下遺構とか・・・

本書では、ほぼ解明されている有名な項目についても「やはり宇宙人が関与してた?」などと、
未解明部分が残ることからの反論も紹介されてて、なかなか面白かったです。


ちなみに最後の「世界の終焉」では人類の滅亡要因としての未確定要素が挙げられてて、
宇宙人の襲来・大きな小惑星や彗星の衝突・超新星爆発・太陽温度上昇など宇宙からの要因、
巨大火山の噴火・巨大津波・磁極の反転・感染症の大流行!!!など自然の驚異による要因、
生態系の破壊・核兵器や生物兵器を使う戦争やテロ・AIや合成生物学、ナノテクノロジーの
誤った使い方など、人類の過ちによる要因が、それぞれ紹介されてました。

ま、宇宙人の襲来については交信や接触がないので心配している人は少ないし、地球の近くに
超新星爆発しそうな星は見当たらないし、太陽温度の上昇で海や二酸化炭素がなくなるのは
20億年ほど先のハナシだし・・・ともいいつつ項目の最後は・・・

「人類がいつまで存続するかなどは気にせず、最後の審判の日が来るまで、運命に身を任せ、
人生を楽しむ・・・果たしてそれでよいのだろうか。」と、締めくくっておられました・・・

そう、どうにもならない自然の驚異もある一方で、人類の努力次第で避けることのできる
未確定要素も多いんですよね・・・ふむふむ





m98k at 00:19|PermalinkComments(0) mixiチェック

2021年01月27日

地図の博物図鑑・・・

とーとつに地図の博物図鑑であります。


DSCN8697

ベッツィ・メイソン グレッグ・ミラー著 藤井留美訳
日経ナショナル ジオグラフィック社 2020年8月24日 第1版第1刷発行


著作物なので目次と「はしがき」のみ・・・

DSCN8702

ちなみに目次の地図はシカゴ近郊の人種構成を色分けしたもの・・・だそうです。



DSCN8704

脳は地図のためにある・・・ふむふむ

わたくし、地図を眺めるのは好きです。
ま、素敵なおねいさんを眺めるのはもっと好きですが・・・

で、本書の中でも特に興味津々だったのが、大戦中に連合軍が作成したノルマンディー沿岸部や
キール軍港などの詳細な地形模型でした。
地図と低空飛行による航空写真から精密なジオラマを作成して、攻撃の時間や高度に合わせて
照明や角度を変えて撮影し、実戦投入してたんですね。

専門技術を持つ兵士に加えハリウッドやニューヨーク・ラジオシティの担当者なども参加、
後には美術学校の女子学生まで動員して秘密裡に大規模な専門部隊を組織してたとのことで、
例えばノルマンディー沿岸部のジオラマでは街や道路はもちろん、地方特有のボカージュ
(生垣・ヘッジホッグ)も幅や高さまで専用の石膏絞り器を使って忠実に再現してたようです。

今なら3Dプリンターでしょうが、当時は合板を重ね基本的な地形を作成し石膏で間を埋め、
細かい地形を肉付けして濡らした航空写真を貼り、手書きで彩色して建物や障害物の模型を設置、
建物などの
高さは航空写真の影から割り出して小舟の帆柱には髭まで使ってたとか・・・


もちろん他の項目でも、ロンドン大空襲の建物被害図とか、1917年2月からの1年間で
ドイツ海軍のUボートが沈めた5000隻以上の商船や軍艦の詳細な沈没位置図(出版物)とか、
1870年代から旧日本帝国陸軍が秘密裡に作成していた東アジアの
「外邦図」とか・・・
(こちらは大戦末期に米軍が入手した(日本軍が焼却せず、
あえて米軍に提供した?)もので、
最近になって8000枚以上が別々に発見され、
分散させてたのはソ連の核攻撃から守る目的、
中国やロシアを含む詳細な地図は、当時の戦略上きわめて重要だったようです。)


さらに米国の国立公園やスキー場の美しくて実用的なパノラマ図や、古い都市計画図から、
デス・スターの精密な内部構造図やゲーム世界の想像地図にいたるまで・・・
どの地図にも時代背景や製作者の意図が解説されてて興味は尽きませんでした。

18世紀に描かれた全長36mの「東海道図」では、全行程の実用情報だけでなく物語や詩歌、
逸話までが盛り込まれており、なかなか旅行に行けない当時の庶民の間では
地図を見て旅行を
楽しむ遊びが流行ってたと解説にありましたが、地図を見る楽しみはまさにそこですね。

今の旅行しずらい状況はまだしばらく続きそうですし、地図を眺めて空想を膨らませるのは、
この時期にぴったりの遊びなのかも知れませんね。
自宅でお気楽にネットで3Dで楽しめるし、過去から未来まで
時空を超えて楽しめるし・・・




m98k at 22:58|PermalinkComments(0) mixiチェック

2020年12月30日

風に吹かれて山頭火・・・

年末にとーとつですが・・・

今回はめずらしく画集のご紹介であります。


さらにとーとつに奥付・・・

DSCN8516

そう、日本画家・池田遙邨の山頭火をテーマにした小画集で、講談社1996年4月25日第一刷発行。




画集なので内容は紹介できませんが、とりあえず表紙・・・

DSCN8478

ちなみに表紙に使われているのは、
「行き暮れて なんとここらの 水のうまさは 山頭火」とゆー作品・・・



裏表紙であります。

DSCN8517

裏表紙に使われているのは、
「まっすぐな道でさみしい 山頭火」とゆー作品・・・



巻末にあった掲載図版の一覧・・・

DSCN8512



DSCN8513

最晩年の
遙邨が、惹かれていた山頭火の句からイメージして描いた作品だそうですが、
わたくしも山頭火は好きです。ま、素敵なおねいさんはもっと好きですが・・・

四季折々の自然・安宿・野宿・酒・水・飯、そして人を愛でつつも、時には愚痴になり、
自分を愛でつつも憎み続け責め続け・・・時代を超えて親しみを感じますねえ・・・

ちなみに、わたくしが惹かれた山頭火の句は、こちらの記事の後半で紹介しています。

つーことで、来年こそ良い年になりますよーに・・・どっとはらい



m98k at 00:30|PermalinkComments(0) mixiチェック

2020年12月21日

コンダスの女王シェルピ・カンリの装備と食料

前回記事でサバイバルの実話本を紹介しましたが、ま、その続きつーか・・・

今回は昔のカラコルム遠征隊のキャンプ装備と食料のお話であります。


1978年に刊行された「コンダスの女王 シェルピ・カンリ」とゆー本・・・

DSCN8303


DSCN8301

編著者は隊長の平井一正氏 神戸新聞出版センター 昭和53年5月25日発行・・・

そう、昭和51年(1976年)8月、神戸大学山岳部の遠征隊がカラコルム山脈の未踏峰だった
シェルピ・カンリ(7654m)に初登頂した際の記録で、ひょんなことから最近読んだのですが、
特に巻末にあった遠征隊の装備・食料リストが、とても懐かしくて興味深かったので、
今回はその一部を紹介させていただきます。


ちなみに当時の隊員は以下10名の方々であります。

DSCN8319

神戸大学山岳部のOB9名と現役学生1名による遠征隊で30歳前後が中心だったんですね・・・
現在は60代後半から80代後半になる方々で、わたくしが山歩きにハマってた時期とほぼ重なり、
当時わたくしも使っていたモノや、わたくしが憧れていたモノがいっぱいでした・・・


まずは(1)幕営具!!!であります。

DSCN8304

テントはカマボコ型とウィンパー型がメインで、ウィンパーの3人用でも7kgになってますね。
2人用の吊テントつーのは、当時は最新だったダンロップの吊り下げ式でしょうか・・・
ただし吊テントはキャラバン用や連絡将校用で、高所用はまだまだウィンパーの独壇場。
この後、遠征隊でも急速にドーム型テントが主流になっていくんですよね。

最近のキャンプブームでは、広くて風にも強いカマボコ型が、一体型タープ・テントとして、
再び脚光を浴びてるようですね。やはりテントについても時代は廻るのか・・・

さらに竹ペグ200本を日本から持ち込んだ、つーのも時代ですねえ・・・
たわしは、とーぜんテントの雪払い用・・・

(2)の登攀用具は省略して・・・

(3)炊事用具・・・

DSCN8305

一次隊が高所でのケロシン(灯油)ストーブの不完全燃焼とカーボン詰まりに苦労したので、
ABC(アタックベースキャンプ)以上ではプロパンガスを、BC以下ではケロシンを使用した
と本文にありましたが、200gカートリッジが50本とあり、ラジウス等に慣れていた隊員たちも
やがて不完全燃焼が起きないプロパンを愛用するようになったとのこと・・・

キャンピングガスのブタンバーナーがようやく出回ってた時代なので、鉄製の大型ボンベから
小型カートリッジへプロパンガスを詰め替えて使ってたんでしょうか。
でも1本200g入り230gで今のOD缶とほぼ同じだし、800gボンベ直結型コンロは別にあるし、
キャンピングガスのバーナーやランタン用のプロパン・カートリッジが当時からあったのか・・・
とか、興味は尽きません。

わたくしも当時は先輩から引き継いだプリムス製の灯油ストーブを愛用してましたが、
やがてキャンピングガス→EPI→イワタニプリムスと、OD缶仕様がメインになりました。
コールマンのガソリンバーナーやランタンも併用してましたが、アウトドアでの遊びが、
ファミリーキャンプ中心になる頃から、カセットボンベ式(CB缶)がメインに・・・

そう、バーナーは灯油やガソリンからCB缶とOD缶の使い分けへ、ランタンはガソリンと
CB缶とOD缶の併用から(その前はローソクでしたが)、やがて乾電池式LEDが主流になり、
さらに今ではモバイルバッテリーを兼ねた充電式LEDに完全に移行しました。
そう、これならソーラーパネルを併用すれば、永遠にキャンプ宴会が続けられるし・・・


(3)炊事用具の続きから・・・

DSCN8306

テルモスにメタクッカーにスイスメタ・・・マミヤプレスにニコンF2にニコマート他・・・
どれも懐かしいなあ・・・うるうる

当時の酸素ボンベ(川崎重工)つーのは4ℓサイズで6.3kgとあり、やはり相当重いですね。
現在の高所用はチタン製で軽くてコンパクト、一般人でも健康で資金とヒマさえあれば、
誰でもエベレストの頂上に立てる時代だそうなので、みなさんいかがでしょう・・・

(5)器具他の続き・・・

DSCN8309

動画撮影はベル&ハウエルの16mmとフジカシングル8、他の機材についても、もちろん、
ソーラーパネルやリチウムイオン電池はないので乾電池1200本を持ち出したんですね。
単一200本、単二400本、単三600本で、乾電池だけで総重量は56kg・・・
フィルムは計380本で総重量は30kg、電卓2台で500g・・・時代ですねえ・・・

ちなみにヘッドランプの共同装備は4個になってますが、これは個人装備の予備用。
とーぜんLEDは存在せずライト類はすべてフィラメント仕様なんですね。
さらに通信機器としては3種類のトランシーバー8台と短波受信用ラジオ2台のみ・・・
サーチライト(防水ライト)300g×2つーのは、いったい何だったんでしょう???
と、さらに興味は尽きません。

(6)雑品類(7)医薬品と続き、(8)は隊員用個人装備・・・

DSCN8310

ウールの肌着にアクリルの肌着、網シャツにウールの登山シャツにパンツ10枚・・・

(6)雑品類にはパキスタン国旗×2、日本国旗×3、ローソク40本とかも・・・


(8)個人用装備の続き・・・

DSCN8311

ウールのニッカーズボンにヤッケにジャンパーに半身用の(重い)「エヤーマット」・・・
キャラバン用の軽登山靴に(ヒマラヤンシューズ)とありますが、あのキャラバンシューズ?
ちなみにパキスタン連絡将校用の個人装備は当時の登山規定上の義務だったようです。

以下・・・

DSCN8312




DSCN8313

ハイポーター6人分、中間ポーター11人分の個人装備も当時の規定で同様に準備・・・
ちなみにキャラバン時の一般ポーターは50人以上だったようです。

とまあ、懐かしい44年前の大学海外遠征隊の装備ですが、酸素ボンベと圧力鍋以外は、
当時の国内での冬山装備と基本的には同じだったようです。

今の遠征隊なら衛星からネット接続できる電子機器とソーラーパネルは必須でしょうが、
担ぎ上げる手間はフィルムと乾電池だけ考えても、随分と便利になったものです。


で、以下は日本から持ち出した食料リストであります・・・

10人分だそうですが、ベースキャンプまでのキャラバン中は現地調達した食料が中心で、
日記によると、カパルからのキャラバン出発が6月16日、仮ベースキャンプ入りが6月25日、
ベースキャンプ設営が6月30日、初登頂成功が8月10日、ベースキャンプの撤収が8月17日、
カパルへのキャラバン到着が8月22日となっており、「仮ベースキャンプから撤収までを
日本食とし、670人/日分を用意した。」とありましたから、10人の約2ヶ月分でしょうか。

DSCN8314

当時のアルファ米の赤飯は不評だったようですね。
食塩620g入り467個つーのは何かの間違い? 岩塩より使いやすいとも・・・



DSCN8315


DSCN8316

特注ベーコン真空パックに、瓶詰めのつくだ煮や塩辛、つけもの各種・・・



DSCN8317

当時とすれば最新の行動食なんでしょうが、主食は米とアルファ米、おかずは乾燥肉に
乾燥野菜と缶詰、フリーズドライもありますが、やはり重い缶詰が圧倒的ですね。
レトルト食品が見当たらないのは、缶詰ほどの強度がなかったから?
ボンカレーが1969年、ククレカレーが1971年の発売ですから、出回ってたはずなんですが・・・

最年少の現役学生だった食料係は、出発前に缶詰が多すぎると隊長から非難されてたけど、
旨い旨いと言って缶詰ばかり食べてたのは隊長だったとか・・・

ま、確かに当時の乾燥野菜や乾燥肉つーのは、決して旨いものではなかったでしょうし、
フリーズドライやレトルトの技術も、今とは比較にならなかったでしょう。
砂糖85kgを現地購入つーのも、考えてみれば凄いハナシで、お茶に使ったんでしょうか・・・



DSCN8318

粉ジュースの評価がBつーのも時代ですねえ・・・
またウィスキー30本とありますが、これは隊によって大きく異なるそうで、本隊の場合は、
仮ベースキャンプに到着した時点で、殆ど底をついていたとか・・・
缶ビール(ロング缶?)が450ml入りになってるけど・・・覚えてないなあ・・・
さらにピース缶入り15000本、ハイライト5000本つーのも時代です。
ちなみにどちらも「特にうまいと思ったもの」に評価されてますね。

いやあ、じつに懐かしくて興味深かったです。
本文も単なる記録としてだけでなく、紀行文としても読み応えがありましたが、
巻末にあったこの装備リストと食料リストは、大人数・長期キャンプの糧食・飲料計画や、
災害時に備えたストック計画にも参考になるのでは・・・と思った次第。
そう、現在のキャンプ装備や保存食・行動食の原点は、まさにこの頃でしたので・・・



m98k at 00:21|PermalinkComments(5) mixiチェック

2020年12月18日

本当にあった奇跡のサバイバル60

以前、災害に備える「ローリングストック法」とかを紹介しましたが、今回は・・・

本当にあった奇跡のサバイバル60・・・

とーゆー本のご紹介・・・

DSCN8284



DSCN8285

著者 タイムズ ベア・グリルス(まえがき) 訳者 河野純治
日経ナショナル・グラフィック社 2013年12月24日 第1版第1刷発行



例によって目次のみ

DSCN8300



DSCN8299

有名なエピソードもありましたが、わたくしが知らなかった事実もけっこうありました。

例えば「世界が揺れた日」つーのは、1923年9月の関東大震災の日に横浜港に停泊していた
オーストラリアの遠洋定期船エンプレス・オブ・オーストラリア号の乗組員と乗客のハナシで、
海上や埠頭が炎に包まれる中、埠頭の消火作業や、ロープやはしご、救命ボートによる陸地に
残された生存者の救出活動を続け、3日後に戦艦山城から派遣された潜水要員の作業によって
港から脱出できても、帰国せずそのまま沖合に停泊、救命ボートによる危険な救出作業を続け、
合計12日間で数千名の命を救ったというもので、今回まで知りませんでした。

ほかにも「カヌー奇襲大作戦」つーのは、1942年のファルトボートを使った英海軍による
フランクトン作戦のハナシで、
二人艇6艇12人のコマンド隊員がビスケー湾上の潜水艦から発進、
夜のみ漕いでジロンド川を97kmも遡上し、ボルドー港に停泊するドイツ艦船を爆薬で沈めて港を閉塞、
作戦は成功したものの、12人のうち生還したのは僅か2名という過酷なサバイバル・・・

などなど、むしろ知らないエピソードの方が多かったですね。

そう、大脱走やキリング・フィールド、アポロ13、セブンイヤーズ・イン・チベットなどなど
映画になったハナシは知ってましたが、他にも様々なサバイバルがあったんですねえ・・・

さらに各項ごとに置かれた状況・危険要因・使った装備などが一覧表にまとめられており、
どの項も概要だけでしたが、とても興味深く読めました。

極限状態でのサバイバルつーのは、ぬるい日常生活に浸っているわたくしにとっては、
(脱獄や戦争や難破や誘拐も含め)映画や読み物として楽しむのは限りなく魅力的ですし、
そんな状況になった場合に備えてサバイバルの技術や知識や装備を身につけておくことも
必要とは思ってますが、むしろ大事なのは、そんな状況に自分や家族を含む社会の環境が、
将来にわたって陥らないように、できる範囲で努力を続けることなんでしょうね。

ま、これからも疑似サバイバル体験は大いに楽しみたい、とは思ってますが・・・



m98k at 00:18|PermalinkComments(0) mixiチェック