ご飯

2024年04月04日

自宅避難の基礎知識と防災用品大賞

とーとつですが・・・

昨日4月3日に台湾東部沖を震源とする地震が発生、花蓮県では多くの建物が倒壊し余震も続いて
ますが、新しい耐震基準による建物は殆どが無事だったそうです

また我が国では大規模災害時に避難所に行けなった方や避難所で亡くなった方も多くおられ、
現在では自宅での避難(籠城)も重要視されはじめています

わたくしも以前から書いてるとおり、自宅がその災害に対し安全なシェルターとして使えるなら、
たとえインフラが全て破壊されてたとしても(備蓄さえあれば)自宅避難(籠城)は可能ですし、
場合によっては避難所に行くよりも安全快適に過ごせることもあると思っています

今回は最近の
雑誌に掲載されてた、自宅での避難(籠城)に関連する特集をたまたま読んでて、
けっこう役立ちそうな記事があったので、その一部をご紹介させていただきます


まずは・・・

P3255592

女性セブン3月21日号にあった・・・



P3255593

保存版大特集「自宅で避難の基礎知識~備蓄と準備~」であります
(
著作物なので画像掲載に問題があれば非公開にします)

避難所生活には
イラストのような問題があり、他にも集団生活に伴う問題もあるでしょう

ただし繰り返しになりますが
自宅避難(籠城)できるのは、あくまで自宅がその災害に対して、
(余震なども含め)安全なシェルターとして利用可能で、必要な備蓄がある場合ですので、
その点は充分なチェックが必要です





まず分かりやすい在宅避難のための備蓄リストが掲載されてたので参考に・・・
(著作物なので画像掲載に問題があれば非公開にします)

P3255594

具体的な分量の目安(この記事では10日分)もあって参考になりました


以下は記事本文からのランダムなメモです

・自宅の耐震性(新耐震基準から)と地盤(自治体のハザードマップから)を確認しておく
・家具の転倒防止対策、ガラスの飛散防止対策をしておく
・備蓄は10日×人数分を用意(上記リストを参照・ローリングストックも活用)
→ガスや水道より復旧が早い電気でも大地震では10日以上使えないケースもあった
→なので以前は3日分と言われてたが10日分は用意した方がいい
→食料と水、トイレの代替品、カセットコンロは必需品

・冷蔵庫が無事なら停電でも数日はクーラーボックスとして使える(天井まで段ボールを)
→水を入れたペットボトルを凍らせておくと停電時の保冷材になる
→冷凍食品も備蓄食品になる
→停電時の消費は冷蔵庫→冷凍庫→インスタント・乾物・缶詰の順

・被災直後は自分や家族の身の安全を確認・確保、その後に在宅避難が可能かチェックする
→自宅に傾きや損傷があれば、ためらわず避難所へ→ここまでを被災1時間以内に

・水とトイレの管理が在宅避難成功のカギ
→1日1回は避難所に行き給水タンク車がいつどこに来るかの情報を集める

・排水管破損の判断が難しい場合は安全が確認されるまで汚水を流さない
→トイレ代替品を使う
(上記リストを参照)

・きちんと食べる、きちんと出す、ケガをしない、が合言葉
・不自由でも工夫して「いつもと同じ暮らし」を心がけることが命を守る
・断水していなければ風呂にも水を貯めておく(簡易浄水器があれば残り湯も使える)

などなど・・・

ちなみに「マンション防災スマートシート」からの抜粋監修記事もありましたがシートには、
被災直後、30分後、1時間後、3時間後、1日目の残り時間、2日目・3日目と時間を区切って
4日目以降まで、なすべき行動とそれに必要な事前の
備えが分かりやすくまとめてあって、
戸建て住宅の方にも参考になるはずなので、ぜひリンク先pdfをプリントして、被災時にも
チェックできるよう、自宅などに常備しておくことをオススメします




で、もう一冊・・・

P4035588

「日経トレンディ」4月号にあった・・・
"手抜きで"お金を稼ぐ&増やす方法特集ではなく・・・




P4035589

防災用品大賞とゆー特集であります
(著作物なので掲載に問題があれば非公開にします)




P4035591
(著作物なので掲載に問題があれば非公開にします)

EDCすべきゼロ次セット、非常持ち出しすべき一次セット、備蓄すべき二次セットに加えて、
日常でも使える「フェーズフリー品」が浸透すれば備えが強化される、つーのが提唱者の思い

記事には
「例えばポータブル電源を買っている人は(キャンプによく行く人は別として)多くないが、
PHEV車はよく売れている。これは乗用車としても優れているからで、災害時には給電もでき
能登半島地震の被災地でも活用されている」
「どんな優れた防災用品でも普及しなければ役に立たず、日常的に便利に使えて非常時には
助けになる「
フェーズフリー」の考え方が広まれば災害への備えができる」
ともありました

わたくしもキャンプ専用の七つ道具が無事であれば災害時にも使えると昔から提唱してますが、
まあ、当サイトの読者はアウトドア好きやライト好きが多いので言わずもがな、かもでしゅが

記事では①防災グッズを衛生、避難セット、避難・耐震に、②非常食を食事、栄養補給、菓子に、
③防災家電を照明、電源、ラジオテレビに、それぞれ分類して新規性と日常性の観点から
編集部が3段階で評価して大賞を選んでました

(ちなみに
①防災グッズの大賞は「BOS非常用トイレBセット50回分」、②非常食部門の大賞は
「80g尾西レンジ+プラス(5種類)」、
防災家電の大賞は(折り畳みできる太陽光充電ランタン)
「CARRY THE SUN Medium Warm Light/White Belt(ランドポート)」となってました

また「非常食ご飯選手権」として9種類の五目ご飯を高速調理タイプと標準調理タイプに分け
食べ較べてましたが、BESTには100g尾西の五目ご飯が選ばれてました

2011年の東日本大震災以降は非常食の開発が進み、レベルが上って選択肢が広がっている、
ともあり、大賞に選ばれた「
80g尾西レンジ+プラス」のように電子レンジ加熱もできる包装にした
アルファ化米なども昨年から登場してるようです

ただしアルファ化米そのものは美味しく炊けたご飯とは、まだまだ差があるでしょうし、
災害時に生まれてはじめて食べたりしたら、やはり違和感が強いでしょう

そう、インフラが破壊された自宅での避難(籠城)生活では、
①食事はカセットコンロと僅かな水と手元の食材だけで作り、洗い物やごみは最小限にする
②トイレはふだんの水洗全自動とは異なり、自分で工夫して後始末する
③照明は最小限のフラッシュライトとランタンのみ、長期になれば充電も工夫する
④冷暖房がないので暑さ対策、寒さ対策を換気や重ね着など様々に工夫する
⑤インターネット接続が困難で、自分で情報を集める工夫や娯楽を見つける工夫をする
などなど、キャンプ生活との共通点が多く、そんな生活に「慣れておく」ためには、
日頃から家族でキャンプを楽しむことも重要だと思ってます



m98k at 19:19|PermalinkComments(0) mixiチェック

2024年02月22日

昆虫カメラマン、秘境食を味わう

とーとつですが・・・某wingさんが某SNSで紹介されてた・・・


P2125473

「昆虫カメラマン、秘境食を味わう」~人は何を食べてきたか~とゆー本であります


表紙カバー裏にあった惹句

P2125475



裏表紙カバー裏にあった著者紹介

P2125476

そう、著者は2022年12月に74歳で亡くなられた昆虫や植物の著名な写真家・・・

生前はwingさんのMODライトを撮影に使われたり、ボルネオ島では直接お会いしたことは
なかったものの、現地でのご本人の様子を聞いたりしてたので何となく身近に感じてました

今となっては
2019年にwingさんと一緒にご講演を拝聴したのも懐かしい思い出です



奥付

P2125479

まえがきにありましたが、この本に掲載された記事を連載してた
集英社の季刊誌の担当者が、
著者の思いを引き継いで書籍化されたとのこと・・・


例によって目次のみ

P2125474


P2125477


P2125478

これまで著者の写真集や撮影入門書は読んだことがありましたが、惹句にもあるとおり、
撮影先でのエピソードはボルネオの現地で聞いたぐらいで殆ど知りませんでした

赤道付近を中心に40年以上、世界の秘境を取材してきた中での食にまつわるエピソードで、
人類の歴史から環境の変化まで幅広い内容で興味深く読みました


以下、わたくしが最も興味のある「主食」に関する部分の一部メモです

・サゴヤシ澱粉を主食としてきたニューギニア・ワイゲオ島でも2012年頃からコメが入ってきた
→若者は
サゴヤシ澱粉よりコメを食べたいと言っていた

・コンゴではコメやパンが流通している地域でもマニオク(キャッサバ芋)嗜好は衰えていない
→コメはおいしいが栽培が難しく高価なので周辺部ではパンやマニオクが主食

・カメルーンではトウモロコシやマニオクが主食だったが政府が灌漑水田を作り、生産は
それほど伸びてはいないが、コメ嗜好に傾いている印象だった

・ニューギニア高地人はサツマイモが主食だが筋肉質
→野生動物が少なくなり昆虫は食べているが、もともと特別な体質を持っているから
→なのでサツマイモは世界の主食にはならない

・ベトナム北部の山岳民族は棚田で自給自足し毎日3食、大量のコメを食べていた

・サゴヤシ、
マニオク(キャッサバ芋)、サツマイモなどは自然環境さえ保たれれば自生するが、
改良されて似た遺伝子になったイネは気候変動などで全滅の危険がある
→しかも原種は保護されずに減少している
→40年以上の取材で世界各地でコメの消費地が拡大しているのを実感している
→人口が増えコメの重要性は高まるが、われわれは自然の中でしか生きてゆけない

・現在の主食はコメ、小麦、トウモロコシ、ジャガイモ、キャッサバなど穀類と芋類
→土地の気候や土壌や好みにもよるが生活の変化で主食も変化してくる
→穀類は保存性に優れるが芋類は水分と澱粉が多く腐りやすく保存が難しい

・キャッサバは「地球を救う芋」といわれるが病気や旱魃の危険性や保存の必要性もある
→澱粉を抽出乾燥させたタピオカとしてなら保存できるが主食の必要条件は満たさない
→薄く切って乾燥させたものは長期保存には向かない
→どこでも生育し他地域からも供給できるから保存の必要性を強く感じないのかも

・キャッサバの原産地は中南米の平地
→16世紀初頭のポルトガル人のブラジル入植→アフリカ奴隷の食料に→アフリカから世界へ

・ジャガイモの保存は難しいが冷凍や粉に加工すれば保存できる
→ただし一般家庭での加工は難しく製品として買うことになる
→アンデス高地や山梨県の凍結乾燥ジャガイモは数年間保存できる
→同じ保存方法が時代や地域を越えていることに驚かされる

・ニューギニア・ワイゲオ島ベオ村は人口200人ほどで電気も水道もないが、ほぼ自給自足
→狭い空間で村人が余裕を持って自給自足できるのは本来の豊かな海、地球の姿があるから

・黒胡椒は未熟果実を乾燥させたもの、白胡椒は完熟果実の皮を剥いて乾燥させたもの
→タイ料理には若い胡椒の実が食材として使われていた(入手できて料理に
多様性があるから?)
→原産地とされるインド料理はじめベトナム、マレーシア、インドネシアの料理にはない

・・・

担当者によるあとがきに、
過酷な撮影には現地での手助けが必要なはずだが金銭関係だけではなく、著者の異文化も
楽しみながら受け入れる無垢な好奇心とおおらかさ、人に優劣をつけないニュートラルな
包容力によって、現地の人の信頼と協力を得たことが、この本でわかるはず・・・
とありましたが、食に関する各エピソードを読んで、なるほどと納得できました

やはり撮影に限らず現地の人の協力を得るには、人柄の影響も大きいのでしょうね

あらためて著者のご冥福をお祈りします




m98k at 00:55|PermalinkComments(0) mixiチェック

2023年12月01日

ひさしぶりの焼肉と冷麺!!!

ええ・・・

わたくしがボルネオツアーに出かけるより、さらに1ヶ月ほど前になりますが・・・
近所にできてた焼肉専門店に奥様と行ってたことを(画像を整理してて)思い出したので、
脳の外部記憶としてメモしておきます

IMG_20230915_191624

昭和の日本人らしく「とりあえずビールで乾杯!!!」



で、さっそく・・・

IMG_20230915_191630

こんな特上メニューを・・・ではなく、上メニューを・・・でもなく・・・


並メニュー限定で、当日の店長オススメをば・・・

IMG_20230915_191902

まずは(生レバーではなくいちおー)焼きレバー
上レバーではなく並レバーですが、それでも絶品でした



で、

IMG_20230915_192223

オススメの自家製キムチ各種を試食させていただき・・・


以下、各部位を詳細に教えてもらったけど、もう忘れてるので・・・

IMG_20230915_192640

オススメのホルモンその1



IMG_20230915_193213

オススメのホルモンその2 ビールは2杯目か3杯目だったはず・・・




IMG_20230915_193906

オススメの焼肉その1



このあたりから、食べるのに夢中になり・・・

IMG_20230915_194432

オススメの焼肉その2その3とかは、食べる前に撮るのを忘れてたようで・・・




IMG_20230915_195920

ともかく完食であります・・・げふっ



で、シメには・・・

1694951302212

オススメどんぐり麺の冷麺!!!
トッピングはキムチか梅干しで梅干しを選択しましたが、スープも麺も絶品でした


とーぜん

IMG_20230915_201943

すべてを完食完飲 げふっ

はじめての訪問だったので、他にも色々と試食や試飲をさせていただきました
気さくな店長の説明も分かりやすく、お店の雰囲気もよくて、とても楽しかったです

いやあ、ご馳走様でした!!! ありがとね!!!

ところで昨夜は何を食べたんだっけ???
そうそう、たしか柿の葉寿司と鶏天イカ天蕎麦だったはず・・・
やはり画像やメモがないと記憶はすぐに忘却の彼方に・・・

ま、昔のプナン族と同じように過去や未来の観念を持たずに生きればいいか・・・ぷつん



m98k at 12:01|PermalinkComments(0) mixiチェック

2023年11月17日

フラッシュ光2023ボルネオ10シニアワン

前回記事からの続き・・・

2023ボルネオツアーの連載記事も今回が最終回となります
(最初からご覧になる場合は11月7日記事から順に「次の記事へ」をクリックしてくださいね)


さて、フェアリーケイブのトレッキングでへろへろになったわたくしを乗せて・・・
クルマは一路、バウ地区にあるシニアワンを目指します

バウはマレー語で臭いという意味だそうで、ここに定住していたビダユ族をイバン族が襲撃、
その際に村を焼き尽くした臭いに由来するとか・・・

シニアワンはクチン近郊では最も古い金鉱開発の町、金鉱で働いていた中華系の人たちと
ビダユ族が一緒に暮らす町ですが、昔の目抜き通りは道路の付替えもあり時代に取り残され、
レトロな姿を留めてたので、2010年から週末だけの屋台街が並ぶようになり、サラワクでは
話題の観光地になっているとのこと・・・


まずは昔の目抜き通りを中央から撮影・・・

PB035066


PB035067

早い時間に着いたので路上の屋台もお店も、まだまだ準備中でした

確かに西部劇に登場するゴールドラッシュに沸いた町と同時代の感じで規模も同じ感じ、
レトロな町並みがそのままが残ってて、ロスト・タウンとも呼ばれてるとか・・・

まあ、平日ならゴーストタウンに近いんでしょうね


で、目抜き通りの中央にある、こちらのお店・・・

PB035068

まさに西部劇で保安官とアウトローが撃ち合いになるバーそのものです!!!
(実際にバウ地区はインドネシア国境にあり密輸に関わるアウトローも多いとか)


で、この店の経営者アンディさんはN嶋さんの知り合いで町の有力者、レトロな町の保存や
屋台街など町の復興にも努力されてるとのことで、まだまだ開店前でしたが・・・

PB035078

準備中の一番奥にある川沿いテラス席を確保してもらい・・・


まずは周辺を散策・・・

PB035069



PB035072

店のすぐ裏が渡し船の乗り場になってます
クチンから来たクルマは対岸に停めて、この渡し船を使う方がずっと近道になるとか


目抜き通りの裏側の様子

PB035074

こちらまで来たクルマや自家用車は裏に停めてるんですね



と、軽く散策したところで、まだまだ開店前だったけど・・・

PB035079

まずは乾杯!!!



フェアリーケイブ前でビールを飲んだばかりなので、

PB035082

ロゼール酒とゆー地酒をば、かぱかぱと・・・



4人で、たちまち空けてしまいましたが、

PB035087





PB035086

瓶にも店のロゴマークがあって店のオリジナルなんですね・・・


準備中だったけど料理も早めに作ってもらえることになり、

PB035089




PB035092



PB035090

続いてビールで乾杯!!!


この頃にはスコールもすっかり止んで、

PB035085

青空が広がってました


開店準備で忙しい中、アンディさんと奥様が挨拶に来てくれたので・・・

PB035108

記念写真をば・・・


で、アンディさんの着てたオリジナルTシャツ・・・

PB035107

いいなあ・・・と思ってメニューを見ると・・・




PB035100

おおっ、あるじゃないか!!! しかも速乾性生地だったので・・・
(汗かきのわたくしには速乾性の衣類が必須です)

さっそくアンディさんの奥様にサイズを見計らってもらい試着して購入、
奥様が、今せっかく着てるんだからと、アンディさんを呼んできて、

PB035115

お揃いの記念写真を撮ってくれました


当日のアンディさんのfacebook投稿がこちら

34B524A9-47DD-4CB7-8152-C53546E81E5A
(H田さん提供画像)

ええ、今回ツアー唯一の自分のお土産になりました



とか遊んでると、
料理がどんどん運ばれてきて・・・

PB035105




PB035106





PB035111




PB035112

こちらはタンポヤ(ドリアンの塩漬け発酵食品)を使ったチキンスープ
深みのある味わいで、日本でいえば白味噌や酒粕の風味に近いでしょうか・・・
N嶋さんは6年物のタンポヤを味わったことがあるそうで、さらに深い味わいだったとか




PB035116





PB035120





PB035117

ポークもじつにひさしぶりだったし・・・ばくばくごくごく

とかやってると・・・

アンディさんが、今度はランカウ(強い蒸留酒で本来は密造酒)の瓶を下げて再び現れ、
次々と注いでくれて・・・

399025272_1099103241454299_8632980656890534755_n



399103247_1099103314787625_8179987211809857994_n
(アンディさんのfacebook投稿画像より)
ええ、ご本人もお好きなようで・・・かぱかぱと


もう飲めません、もう食べられません、とゆー頃になって屋台街がオープンしだしたので、
延々と楽しませてもらったお店に別れを告げ、軽く散策することに・・・

PB035122

アンディさんのお店は、すでにお客さんで賑わってましたが・・・



PB035124



PB035125

道路上のほうは、まだこれからとゆー感じですね


以下、さくさくっと・・・

PB035128

こちらはビダユのウツボカズラ飯

ウツボカズラにコメを入れて蒸したもので、たまさんたちのお土産に買って帰り、
ホテルでお相伴しましたが、軽い風味があるものの美味しく食べられました

ちなみにN嶋さんによると、ビダユ族に古くから伝わる野外飯との説明も一部にあるけど、
実際には蒸し器や鍋がないと作れず、そんなの野外には持ち出せないので、古くからあった
野外料理ではないはず、とのことでした なるほど・・・


ほかにも・・・

PB035131

竹筒の焼き鳥スープとか・・・こちらは間違いなくビダユの伝統料理でしょうね




PB035140

ノンハラルの豚肉ソーセージ各種
全種類を制覇しようと、日本を
出発する前から楽しみにしてたのですが・・・
さすがにお腹がいっぱいで・・・うぐぐぐ


ちなみにこんなのも・・・

PB035139


PB035138

ええ、ライセンスマークは特に見当たりませんでしたが・・・

他にも美味しそうなのがいっぱいでしたがとても入らず、今回はあきらめました


と、最後は・・・

PB035145

こんな顔出しパネルでの記念撮影で〆て・・・




PB035146

シニアワンとお別れし、たまさんたちの待つクチンの定宿ホテルに戻りました


で、ホテルの部屋では二日ぶりに全員が集合して、ボルネオ最後の宴会!!!

LINE_ALBUM_ボルネオ2023原田_231107_88
(H田さん提供画像)


たまさんもすっかり元気になってて・・・

1700145743582



1700145743579

シニアワンで買ったウツボカズラ飯やお菓子、スリアンで買った各種フルーツの残りなんぞを、
みんなでばくばく、ビールをごくごく・・・

そう、明日はもう帰国するだけなので、遅くまで会話が弾みました


で、翌朝・・・

PB045149

ボルネオ最後の朝食をばくばく・・・



ホテルを出てクチン空港へ向かう途中の車内からは、

PB045152

巨大なサイチョウさんを撮ったりして・・・って、ピントが車内に・・・


今回もお世話になったN嶋さんとも空港でお別れ・・・スラマッ・ティンガル!!!


で、チャンギ空港行きの機が離陸してしまうと、いよいよ・・・

PB045162

楽しかったサラワクともボルネオともお別れであります ぐすん


往路と同じスクートのスナックが我々だけに出て、ばくばくしてると

PB045167

機はシンガポール・チャンギ空港に無事着陸




PB045169

広大なチャンギ空港では、関西空港行きのゲートオープンまで2時間以上あったし、
お店も昼の時間帯で全て営業してたので自由行動にしました

マレーシア・リンギットのシンガポール・ドルへの両替はレートが悪かったそうで、
皆さんはクレジットカードで高価な香水やタグ・ホイヤーの高級腕時計をお土産に・・・
されてたのかっ???


はたまた・・・

PB045192




PB045193

高価な博多ラーメンや一番搾りを味わう富裕層もいたようですが・・・



わたくしは数リンギしか残ってなかったし、クレジットカードを使うのもめんどーで、

PB045191

Y原さんと空港内にあった入場無料のバタフライ・ガーデンへ・・・




PB045183





PB045188

大温室に大きな滝もあって、なかなかの迫力でした

で、ボルネオでは殆ど撮れなかったチョウチョさんが、たっぷりの花やフルーツに、
いっぱいとまってるので、これならば撮れるかと・・・

PB045172





PB045175





PB045178






PB045181




PB045180




PB045186

わははは、いくらでも撮れました・・・
ただ温室内は外気温と同じ?暑さなので、すぐ「エアコンの効いた外」へ出ましたが

ゲート前でお知らせして残りの皆さんも最後のチョウチョ撮影に向かわれてました


と、いよいよ
トラムが行き交うチャンギ空港ともお別れ・・・

PB045200



往路と同じシンガポール航空の関空便に搭乗して・・・

PB045201

スナックでかぱかぱ・・・



PB045204

ひさしぶりの和風チキンカレーの夕食でかぱかぱ・・・



PB045205

さらに飲み物を追加して、かぱかぱしつつ・・・
復路も何本か映画を観ましたが日本映画の「湯道」がけっこう記憶に残ってます


と、関空には予定より20分ほど遅れて到着・・・

LINE_ALBUM_ボルネオ2023原田_231107_92
(H田さん提供画像)

ともかく全員無事に帰国できて、まずはめでたし、めでたしです
ま、神戸ベイシャトル組は予定の便に間に合わず、次便までまったりされてたようですが

と・・・

今回もインサーツアーズのN嶋さんはじめ、MRCのT井さん、現地スタッフや公園レンジャー、
ホストファミリーなど多くの方々にお世話になりました
おかげで(わたくしには難行苦行もあったけど)じつに楽しい旅になりました
あらためて心より御礼を申し上げます

さてさて、次のフラッシュ光ツアーはモンゴルの大草原での星空照射か、
はたまた、サバ州キナバタンガン川ナイトクルーズでのイリエワニ照射か、
それとも、まだまだ知らない魅力がいっぱいのサラワク州リベンジかっ???

いずれにしても・・・

わたくし今回ツアーでは(落車による大腿骨頸部骨折のリハビリ中ということもあったけど)、
皆さんの半分程度の歩行距離と歩行速度でしか歩けず、脚力の衰えを痛感しました
さらに平衡感覚も療養中に驚くほど衰えてて、よくバランスを崩すので慎重になってたし、
おかげで皆さんにもご迷惑をおかけしてました

まあ飲食に関しては、まだ楽しめることを再確認しましたが、このままではどこへ行っても
トレッキングを楽しむことはできません
今後もリハビリを続けて通常ペースで歩けるまで回復しようと帰国後に決意した次第


つーことで、ともかく・・・

今回参加された皆さん、連載をご愛読いただいた皆さん、まことにお疲れ様でした
いずれ、どこかでご一緒しましょう!!!

(2023ボルネオ連載記事はこれでおしまい)


m98k at 17:50|PermalinkComments(0) mixiチェック

2023年11月16日

フラッシュ光2023ボルネオ9フェアリーケイブ

前回記事からの続き・・・

ビダユ族のロングハウスに一泊ホームステイした御一行(一時的に4人)は・・・

PB034952




PB034950

セメンゴのワイルドライフセンターへ???


そう、
オランウータンはじめ野生動物を保護して再び自然に帰そうとする施設で、

PB034948

このセメンゴ自然保護区の最奥にあります



保護区は広大なので、ここからセンターまでの移動は電気バスで・・・???

PB034954

って、さりげにH田さんが運転席にいますが・・・???

じつは
顔の効くN嶋さんが受付にお願いして、トイレ休憩に立ち寄っただけなのですが、
せっかくなのでバスに乗ったことにして記念写真をば・・・わははは

ここのウータンくんに興味のある方は、こちらの過去記事をご覧くださいね

(ちなみにウータンくん、野生のドリアンなどが実る今の時期はエサやり場に現れることが
少ないとのことでしたが、上記過去記事の際は、ほぼ同時期だったけど現れてましたから、
結実時期は年によっても大きく変わるようですね)


閑話休題


セメンゴでトイレ休憩した御一行は本日の目的地である洞窟へ・・・

と、その前に・・・

PB034958





PB034972

大きなフードコートで待ちに待った昼食であります




PB034965

わたくしとwingさんはチキンカレー




PB034967

H田さんはお気に入りのサラワク・ラクサを注文したのですが・・・



Y原さんはN嶋さんオススメの・・・

PB034963




PB034964

客家擂茶なるものを注文

いわば漢方の「お茶漬け」で、
健康ブームのサラワクで今話題になってるそうです
お茶だけ味見させてもらいましたが
抹茶にスープと漢方薬を混ぜた感じで苦味は強烈でした
まあ、確かに健康にはよさそうでしたが・・・



他にもN嶋さんオススメの点心を次々とシェアしました

PB034970






PB034968






PB034969

だから食べる前に撮ればよいものを・・・がつがつがつ



と、食後は(ムルのとは別の)ウィンドケイブへ・・・

PB034975

まあ一周しても1時間弱、高低差もなさそうだし、ここならわたくしでも・・・


まずは元気なうちに記念撮影

PB034979




以下さくさくっと

PB034981





PB034982





PB034983





PB034985





PB034987





PB034988





PB034989

コウモリさん




PB034990





PB034992

蟲さん





PB034993

いったん外へ出ます




PB034996






PB034999

???




PB035000

有刺鉄線の外側にはアブラヤシ畑が広がっています こちら内側は自然保護区




PB035001

別の洞口から再び洞窟へ・・・


さくさくっと・・・

PB035003






PB035004





PB035005





PB035006





PB035007

外へ出て最初の洞口に戻ってきました



せっかくなので記念写真

PB035014

ええ、皆さん明るいライトをお持ちでした わたくしだけ電球色ですが・・・


で、降ったり止んだりの軽いスコールが続く中、次のフェアリーケイブへ


PB035062

「あのタワーを上がって洞内に入ります」

「おおっ、エレベーターなら高低差も楽チンですね」

「階段です しかも洞内の高低差はこの比ではありません きっぱりと」

「うぐぐぐ」

と、仕方なく・・・

PB035025

階段をひいひいと・・・



ようやく最上階まで上がったけど展望台まで行く気力は残ってませんでした

PB035028





洞口であります

PB035027




左に案内板がありました

PB035029

ええ、わたくしムルの洞窟と同様あちこちでショートカットするハメに・・・



以下同様にさくさくっと・・・

PB035030





PB035032

って、確かに洞内の階段のほうがきついな・・・ひいひい




PB035033

トワイライト・トレイルだけあって光が差し込んでますが、上りが続きます




PB035034

この上で道は枝分かれしていて・・・


皆さんはフェアリーゲートまで行かれましたがわたくしはショートカット

PB035035

せっかくライト照射してくれてるので記念写真を撮りました




PB035037

明るい皆さんです




PB035039

さらに上りは続いて・・・ふうふう




PB035041






PB035055

こちらがフェアリーガーデン・・・




PB035044




PB035045




PB035046




PB035047

って、どこがフェアリーなんだか・・・

わたくしはダーク・トレイルをしばらく進んでとうとう限界となり、
引き返す途中でフェアリーゲートを廻ってきた皆さんと出会いましたが、
皆さんはダーク・トレイルをさらに奥まで進んで行きました


で、フェアリーガーデンでまったり撮影してたのですが・・・

PB035052

どーゆーわけかwingさんだけが写ってますね・・・

「いやあ、途中で限界を感じて引き返してきました あははは」

「まあ、わたくしより奥まで行ったんだから良しとしましょう あははは」

と、二人でまったり撮影してたら、やがて残りの皆さんも戻ってきて合流し、
上りとは別ルートのさらに急な階段(つーか、ほぼ垂直の梯子)を延々と下りて、
ようやく洞口まで辿り着きました

ま、せっかくなので洞口にあった顔出しパネルで・・・

PB035058

記念写真をとってもらいました(ちなみに3人が入ってる部分はタワーから張り出してて、
薄い板を張っただけの床の隙間から地上が見えてました ぶるぶる)

さらにタワーの階段を下りると、わたくしは完全にへろへろになり、有料トイレの洗面台で、
汗でぐしょ濡れになったシャツとタオルを水洗いして絞り、駐車場前にあった売店のビールで、
ようやく少しだけ落ち着いた次第

ええ、今回ツアーでは最後の洞窟トレッキングとなったフェアリーケイブでしたが、
今のわたくしには、けっこうハードでした・・・

と、ハードな後にはご褒美、週末だけ開催されるシニアワンの屋台街を目指します

(次号最終回に続きます)



m98k at 16:16|PermalinkComments(0) mixiチェック