サバイバル

2021年02月08日

マスクインナーとか・・・

とーとつにマスクインナーとか・・・であります。

ええ、某mixiの某ぐりぐりさんの記事で知り、某コクミンで購入したもの・・・

じゃーん

DSCN9052



DSCN9055

商品名は抗菌マスクインナー、発売元は株式会社ミツマル、とゆー日本製。




DSCN9053

そう、マスクの中に入れるポリエチレン樹脂製の「芯材」なんですね。


わたくしマスクをすると声はこもるしメガネは曇るしで、けっこう不快だったのですが・・・

DSCN9058


DSCN9059

「芯材」で内部空間ができると、喋りやすく呼吸もラクになってメガネの曇りも少なくなり、
顔に付けるとマスクの周囲もほぼ密着したままでした。



ま、ウレタンマスクは効果が一番少ないようなので、こちらの・・・

DSCN9060



DSCN9061

小さめ布マスクにも試してみましたが、顔に付けたらこちらもほぼ密着してました。
ちなみにわたくし、稀に人の多い場所に行く際には、これらと不織布マスクを併用します。

ま、これまでマスクを外した際には内折りしてから巻いてバッグに入れてたのですが、
このままでは巻くわけにもいかず、収納が嵩張るのが難点といえば難点ですね。

うーむ、マスクをセットしたままで折りたためるタイプとかもあるのかな・・・
ぐりぐりさん、この記事を見てたら、探して試して教えてね!!!



少しは役に立つ(かも知れない)P.S

今や人の多い場所でのマスクは飛沫を「出さない・吸い込まない」ための必需品ですが、
ウレタン製はどちらの効果も一番少ないようで、ガーゼやポリエステル製は「出さない」
効果はウレタンより高いものの、やはり両方で効果が一番高いのは不織布製のようですね。
ま、ウレタンが一番ラクで一番ぴったりするので、一番愛用してたのですが・・・

実験で新事実「ウレタンマスク」の本当のヤバさ ウイルス専門家、西村秀一医師が徹底検証 (msn.com)

こちらの記事は、昨年12月に発表された理化学研究所などの富岳によるシミュレーションでは、
「出さない」効果は不織布製で約80%、ウレタン製で約50%、布製で約66~82%、いっぽう
「吸い込まない」効果は不織布製で約70%、ウレタン製で約30~40%、布製では35~45%だった
とゆー内容を受けた国立病院機構ウィルスセンター長の西村医師が、呼気と同じミストによる
「吸い込まない」実験を行った内容が紹介されてて、不織布製では90.8~99.1%で殆どを除去、
ガーゼやポリエステル製では10~20%台、ウレタン製ではなんと1%以下!!!だったとのこと・・・
もちろんマスクの性能にもよるんでしょうが、けっこう結果に差があるんですね・・・

ま、人の集まる場所では不織布マスクをきちんと付けて、できるだけ密を避けること、
それでも
エアロゾル濃度が高いとマスクでは除去できないので室内では換気が重要、
逆に他人とほぼ会わない戸外のウォーキングや自転車などではマスクは外してていい、
つーのは、なるほどと納得しましたが・・・

いっぽう・・・

ウレタンマスクはNG? 着用批判に専門家くぎ―「洗い過ぎ」には注意を:時事ドットコム (jiji.com)

こちらの記事では(マスクの材質については)「どれも一般的な使用なら問題はない」とした上で、
密な場所や病院など、より注意が必要な場所では不織布、換気の良い場所で長時間使う場合は
ウレタンとゆー使い分けを提案されてました。
またウレタン製は洗った際の劣化が激しいので使用回数に注意が必要ともありましたが、
そーいや伊丹駐屯地で買ったこのウレタンマスク、もう何度も洗って使い続けてるな・・・

ちなみにわたくしも、他人が集まるスーパーなどの店内と、徒歩やママチャリでの移動時、
人の少ないルートをポタリングする際とかで、それぞれ使い分けてます。

買い物などで人の多い店内に入る場合は不織布マスクも併用し滞在時間もできるだけ短く、
いっぽう徒歩やママチャリで人の多い道路を店まで往復する際などはウレタンマスクのみ、
ポタリングとかで人の少ない道路や公園を行く際には、特にマスクは付けてません。
もちろん帰宅後の手洗いうがいは励行してますが、外出自体をできるだけ減らしたうえ、
一般人がこの程度の対策で感染するかしないか、あとは運次第と思ってます。

ま、上記どちらの記事でも人の集まる場所では
不織布マスクを正しい方法で付けることと、
できるだけ密を避けること、つーのは共通してましたから・・・

(わたくしの生甲斐である)大宴会どんちゃん騒ぎなんか、まだ当分は自粛ですね。ぐすん




m98k at 00:58|PermalinkComments(0) mixiチェック

2020年12月21日

コンダスの女王シェルピ・カンリの装備と食料

前回記事でサバイバルの実話本を紹介しましたが、ま、その続きつーか・・・

今回は昔のカラコルム遠征隊のキャンプ装備と食料のお話であります。


1978年に刊行された「コンダスの女王 シェルピ・カンリ」とゆー本・・・

DSCN8303


DSCN8301

編著者は隊長の平井一正氏 神戸新聞出版センター 昭和53年5月25日発行・・・

そう、昭和51年(1976年)8月、神戸大学山岳部の遠征隊がカラコルム山脈の未踏峰だった
シェルピ・カンリ(7654m)に初登頂した際の記録で、ひょんなことから最近読んだのですが、
特に巻末にあった遠征隊の装備・食料リストが、とても懐かしくて興味深かったので、
今回はその一部を紹介させていただきます。


ちなみに当時の隊員は以下10名の方々であります。

DSCN8319

神戸大学山岳部のOB9名と現役学生1名による遠征隊で30歳前後が中心だったんですね・・・
現在は60代後半から80代後半になる方々で、わたくしが山歩きにハマってた時期とほぼ重なり、
当時わたくしも使っていたモノや、わたくしが憧れていたモノがいっぱいでした・・・


まずは(1)幕営具!!!であります。

DSCN8304

テントはカマボコ型とウィンパー型がメインで、ウィンパーの3人用でも7kgになってますね。
2人用の吊テントつーのは、当時は最新だったダンロップの吊り下げ式でしょうか・・・
ただし吊テントはキャラバン用や連絡将校用で、高所用はまだまだウィンパーの独壇場。
この後、遠征隊でも急速にドーム型テントが主流になっていくんですよね。

最近のキャンプブームでは、広くて風にも強いカマボコ型が、一体型タープ・テントとして、
再び脚光を浴びてるようですね。やはりテントについても時代は廻るのか・・・

さらに竹ペグ200本を日本から持ち込んだ、つーのも時代ですねえ・・・
たわしは、とーぜんテントの雪払い用・・・

(2)の登攀用具は省略して・・・

(3)炊事用具・・・

DSCN8305

一次隊が高所でのケロシン(灯油)ストーブの不完全燃焼とカーボン詰まりに苦労したので、
ABC(アタックベースキャンプ)以上ではプロパンガスを、BC以下ではケロシンを使用した
と本文にありましたが、200gカートリッジが50本とあり、ラジウス等に慣れていた隊員たちも
やがて不完全燃焼が起きないプロパンを愛用するようになったとのこと・・・

キャンピングガスのブタンバーナーがようやく出回ってた時代なので、鉄製の大型ボンベから
小型カートリッジへプロパンガスを詰め替えて使ってたんでしょうか。
でも1本200g入り230gで今のOD缶とほぼ同じだし、800gボンベ直結型コンロは別にあるし、
キャンピングガスのバーナーやランタン用のプロパン・カートリッジが当時からあったのか・・・
とか、興味は尽きません。

わたくしも当時は先輩から引き継いだプリムス製の灯油ストーブを愛用してましたが、
やがてキャンピングガス→EPI→イワタニプリムスと、OD缶仕様がメインになりました。
コールマンのガソリンバーナーやランタンも併用してましたが、アウトドアでの遊びが、
ファミリーキャンプ中心になる頃から、カセットボンベ式(CB缶)がメインに・・・

そう、バーナーは灯油やガソリンからCB缶とOD缶の使い分けへ、ランタンはガソリンと
CB缶とOD缶の併用から(その前はローソクでしたが)、やがて乾電池式LEDが主流になり、
さらに今ではモバイルバッテリーを兼ねた充電式LEDに完全に移行しました。
そう、これならソーラーパネルを併用すれば、永遠にキャンプ宴会が続けられるし・・・


(3)炊事用具の続きから・・・

DSCN8306

テルモスにメタクッカーにスイスメタ・・・マミヤプレスにニコンF2にニコマート他・・・
どれも懐かしいなあ・・・うるうる

当時の酸素ボンベ(川崎重工)つーのは4ℓサイズで6.3kgとあり、やはり相当重いですね。
現在の高所用はチタン製で軽くてコンパクト、一般人でも健康で資金とヒマさえあれば、
誰でもエベレストの頂上に立てる時代だそうなので、みなさんいかがでしょう・・・

(5)器具他の続き・・・

DSCN8309

動画撮影はベル&ハウエルの16mmとフジカシングル8、他の機材についても、もちろん、
ソーラーパネルやリチウムイオン電池はないので乾電池1200本を持ち出したんですね。
単一200本、単二400本、単三600本で、乾電池だけで総重量は56kg・・・
フィルムは計380本で総重量は30kg、電卓2台で500g・・・時代ですねえ・・・

ちなみにヘッドランプの共同装備は4個になってますが、これは個人装備の予備用。
とーぜんLEDは存在せずライト類はすべてフィラメント仕様なんですね。
さらに通信機器としては3種類のトランシーバー8台と短波受信用ラジオ2台のみ・・・
サーチライト(防水ライト)300g×2つーのは、いったい何だったんでしょう???
と、さらに興味は尽きません。

(6)雑品類(7)医薬品と続き、(8)は隊員用個人装備・・・

DSCN8310

ウールの肌着にアクリルの肌着、網シャツにウールの登山シャツにパンツ10枚・・・

(6)雑品類にはパキスタン国旗×2、日本国旗×3、ローソク40本とかも・・・


(8)個人用装備の続き・・・

DSCN8311

ウールのニッカーズボンにヤッケにジャンパーに半身用の(重い)「エヤーマット」・・・
キャラバン用の軽登山靴に(ヒマラヤンシューズ)とありますが、あのキャラバンシューズ?
ちなみにパキスタン連絡将校用の個人装備は当時の登山規定上の義務だったようです。

以下・・・

DSCN8312




DSCN8313

ハイポーター6人分、中間ポーター11人分の個人装備も当時の規定で同様に準備・・・
ちなみにキャラバン時の一般ポーターは50人以上だったようです。

とまあ、懐かしい44年前の大学海外遠征隊の装備ですが、酸素ボンベと圧力鍋以外は、
当時の国内での冬山装備と基本的には同じだったようです。

今の遠征隊なら衛星からネット接続できる電子機器とソーラーパネルは必須でしょうが、
担ぎ上げる手間はフィルムと乾電池だけ考えても、随分と便利になったものです。


で、以下は日本から持ち出した食料リストであります・・・

10人分だそうですが、ベースキャンプまでのキャラバン中は現地調達した食料が中心で、
日記によると、カパルからのキャラバン出発が6月16日、仮ベースキャンプ入りが6月25日、
ベースキャンプ設営が6月30日、初登頂成功が8月10日、ベースキャンプの撤収が8月17日、
カパルへのキャラバン到着が8月22日となっており、「仮ベースキャンプから撤収までを
日本食とし、670人/日分を用意した。」とありましたから、10人の約2ヶ月分でしょうか。

DSCN8314

当時のアルファ米の赤飯は不評だったようですね。
食塩620g入り467個つーのは何かの間違い? 岩塩より使いやすいとも・・・



DSCN8315


DSCN8316

特注ベーコン真空パックに、瓶詰めのつくだ煮や塩辛、つけもの各種・・・



DSCN8317

当時とすれば最新の行動食なんでしょうが、主食は米とアルファ米、おかずは乾燥肉に
乾燥野菜と缶詰、フリーズドライもありますが、やはり重い缶詰が圧倒的ですね。
レトルト食品が見当たらないのは、缶詰ほどの強度がなかったから?
ボンカレーが1969年、ククレカレーが1971年の発売ですから、出回ってたはずなんですが・・・

最年少の現役学生だった食料係は、出発前に缶詰が多すぎると隊長から非難されてたけど、
旨い旨いと言って缶詰ばかり食べてたのは隊長だったとか・・・

ま、確かに当時の乾燥野菜や乾燥肉つーのは、決して旨いものではなかったでしょうし、
フリーズドライやレトルトの技術も、今とは比較にならなかったでしょう。
砂糖85kgを現地購入つーのも、考えてみれば凄いハナシで、お茶に使ったんでしょうか・・・



DSCN8318

粉ジュースの評価がBつーのも時代ですねえ・・・
またウィスキー30本とありますが、これは隊によって大きく異なるそうで、本隊の場合は、
仮ベースキャンプに到着した時点で、殆ど底をついていたとか・・・
缶ビール(ロング缶?)が450ml入りになってるけど・・・覚えてないなあ・・・
さらにピース缶入り15000本、ハイライト5000本つーのも時代です。
ちなみにどちらも「特にうまいと思ったもの」に評価されてますね。

いやあ、じつに懐かしくて興味深かったです。
本文も単なる記録としてだけでなく、紀行文としても読み応えがありましたが、
巻末にあったこの装備リストと食料リストは、大人数・長期キャンプの糧食・飲料計画や、
災害時に備えたストック計画にも参考になるのでは・・・と思った次第。
そう、現在のキャンプ装備や保存食・行動食の原点は、まさにこの頃でしたので・・・



m98k at 00:21|PermalinkComments(5) mixiチェック

2020年12月18日

本当にあった奇跡のサバイバル60

以前、災害に備える「ローリングストック法」とかを紹介しましたが、今回は・・・

本当にあった奇跡のサバイバル60・・・

とーゆー本のご紹介・・・

DSCN8284



DSCN8285

著者 タイムズ ベア・グリルス(まえがき) 訳者 河野純治
日経ナショナル・グラフィック社 2013年12月24日 第1版第1刷発行



例によって目次のみ

DSCN8300



DSCN8299

有名なエピソードもありましたが、わたくしが知らなかった事実もけっこうありました。

例えば「世界が揺れた日」つーのは、1923年9月の関東大震災の日に横浜港に停泊していた
オーストラリアの遠洋定期船エンプレス・オブ・オーストラリア号の乗組員と乗客のハナシで、
海上や埠頭が炎に包まれる中、埠頭の消火作業や、ロープやはしご、救命ボートによる陸地に
残された生存者の救出活動を続け、3日後に戦艦山城から派遣された潜水要員の作業によって
港から脱出できても、帰国せずそのまま沖合に停泊、救命ボートによる危険な救出作業を続け、
合計12日間で数千名の命を救ったというもので、今回まで知りませんでした。

ほかにも「カヌー奇襲大作戦」つーのは、1942年のファルトボートを使った英海軍による
フランクトン作戦のハナシで、
二人艇6艇12人のコマンド隊員がビスケー湾上の潜水艦から発進、
夜のみ漕いでジロンド川を97kmも遡上し、ボルドー港に停泊するドイツ艦船を爆薬で沈めて港を閉塞、
作戦は成功したものの、12人のうち生還したのは僅か2名という過酷なサバイバル・・・

などなど、むしろ知らないエピソードの方が多かったですね。

そう、大脱走やキリング・フィールド、アポロ13、セブンイヤーズ・イン・チベットなどなど
映画になったハナシは知ってましたが、他にも様々なサバイバルがあったんですねえ・・・

さらに各項ごとに置かれた状況・危険要因・使った装備などが一覧表にまとめられており、
どの項も概要だけでしたが、とても興味深く読めました。

極限状態でのサバイバルつーのは、ぬるい日常生活に浸っているわたくしにとっては、
(脱獄や戦争や難破や誘拐も含め)映画や読み物として楽しむのは限りなく魅力的ですし、
そんな状況になった場合に備えてサバイバルの技術や知識や装備を身につけておくことも
必要とは思ってますが、むしろ大事なのは、そんな状況に自分や家族を含む社会の環境が、
将来にわたって陥らないように、できる範囲で努力を続けることなんでしょうね。

ま、これからも疑似サバイバル体験は大いに楽しみたい、とは思ってますが・・・



m98k at 00:18|PermalinkComments(0) mixiチェック

2020年12月05日

ポロショコラとテキーラとローリングストック法

とーとつですがポロショコラであります。

DSCN7660

キャンプ宴会などでwingさんが差し入れてくれるのを毎回楽しみにしてて、
わたくし最近まで、神戸の高級洋菓子店の手作り品だとばかり思ってました・・・


が・・・

DSCN7661

青森県弘前市で作られてる全国量販品だったんですね。知りませんでした。

ええ、ヘタなパティシィエの作った(高価な)手作りチョコケーキよりおいしいです。

チョコが濃厚でしっとりしてて、もちろん紅茶やコーヒーにも合いますが、ストレートの
蒸留酒や、赤ワインとかにも、けっこう合います。

そう、最近わたくしがハマってる・・・

DSCN8477

モンテズーマとゆーテキーラとの相性が、すっかりお気に入りになりました。
そう、右のペットボトルと一緒に持参すれば、どこでも野外緊急宴会ができるし・・・

ちなみに右はAZTEC GOLD版ですが、成分表でのちがいは「カラメル色素」だけだったので
フルボトルはずっと透明版を購入、持ち出し用にこちらに移し替えてます。
プラ製キャップで小型のペット入りつーのは、繰り返し使えて持ち運びに便利ですね。


いっぽうポロショコラの成分表とかを見ると1カット165kcalで、100gあたり455kcalとあり、
1本5カットなので180gで825kcal、けっこう高カロリーなのも行動食にはいいですね。

特にしっとりと食べやすく常温保存可能、つーのがアウトドアではありがたいです。

さらに賞味期限も数ヶ月はあるので、
ローリングストック法をうまく繰り返していけば、
自宅での災害時に備えた非常食のひとつにもなるはず・・・
(ちなみにパック飯なら200gで300kcalほどで加熱も必要ですが、非常用の保存食つーのは
カロリー計算だけでなく、栄養バランスやふだんの食事に近いことも重要ですね。)



と、数ヶ月前にさりげにネット検索してると、ご近所の量販店でも扱ってることが判明し、
値段もお手頃だったので・・・

DSCN7662

以後は6本ずつを定期的にまとめ買いしてます。

そう、ローリングストック法を意識すれば・・・
非常食としても備蓄するなら、最初に必要量の倍を買っておいて半分になったら買い足す、
つーのが基本ですから・・・

賞味期限を3ヶ月(90日)、毎週1本で1ヶ月(30日)に4本は食べるとして、非常食としても
これをローリングストックしておくには・・・
あと6本を追加で買っておけば、1ヶ月半(45日)後に賞味期限の残り45日のが6本になり、
その時点で新たに6本を買えば残り90日のが6本になるので、
残り45日の分から食べて行き、
それを繰り返していけば、災害で流通などが途絶えて孤立した際でも、賞味期限内の6本は
常に非常食として確保できている、つーことですね。

ま、ふつーのレトルト食品やインスタント麺なら半年程度の賞味期限が多いですから、
同様に毎週1食程度を食べてる場合、最初に12個買っておけば3ヶ月ごとの買い足しで、
常に6個は非常食として確保していることになりますね。

で、これらの非常食だけで、1日3食×家族数×最低3日分を賄える数量を計算すれば、
それが自宅に必要な最低備蓄量になります。

わたくし1人の場合、1日3食プラスおやつ2回プラス災害時緊急宴会!!!が毎晩1回として・・・
1日3食の基本(レトルトのパック飯+カレーや丼類+袋麺)×各3食×3日=各9個で計27個
1日2回のおやつはポロショコラ半分ずつとして3日分で計3個
毎晩1回の緊急宴会!!!では(レトルト野菜煮物+肉類の缶詰+ナッツ類パック)×3日分=9個
が、災害時用備蓄としての必要量・・・
で、それぞれの倍量を買っておいて、半分になった時点で同量を買い足せばいい・・・
ちなみに酒類は食品類よりさらに日持ちするので、割れにくいペット入り紙箱入り缶入りを、
さらに大量にストックしておく・・・

でーも・・・(と、六角精児風に・・・)

倍量買えば倍量消費してすぐになくなるし、他の食品も安売りしてたら倍量どころか、
ありったけ大人買いするし、そもそも処分特価つーのは賞味期限ぎりぎりが多いし・・・
酒類だって「わははは、まだいっぱいあるぞ!!!」と、ついつい飲み過ぎになるし・・・

やはりローリングストック法つーのは計画性のある人向き、なんですね・・・うぐぐぐ



m98k at 00:05|PermalinkComments(2) mixiチェック

2020年08月12日

ヘルシーな夏の孤食と・・・

まずはヘルシーな夏の孤食であります。


DSCN6927

で、どこがヘルシーか、つーと・・・

①そうめんの量がこれまでの半分以下(僅か3束150g)!!!

②ハム・錦糸卵・竹輪・カニカマなどを一切使わない!!!

③しかもビールもどきは僅か1缶だけ!!!

えらいぞ、98k!!!

その後ビールもどきを追加し大量のチーズとハムとナッツで安ウィスキー水割りをかぱかぱ、
さらに寝る前に水羊羹を食べたような気もしますが、ま、これはあくまで気のせい・・・


ばくばく、ごくごく、ぷつん


(注記)
自宅でのふだんの食事は奥様が(ヘルシーに少なめに)作って下さいます。
なので孤食は(里帰りとかで)奥様がいないときだけ(の楽しみ)です・・・


(役に立つかもしれないP.S.)

ニッポンの暑い夏を乗り切るためには、こまめな水分補給が重要ですが、冷たい水分は
体内温を一気に下げてくれます。
「冷たい飲み物や食べ物は身体に悪い」とも言われますが、熱中症対策にはこれが重要。
特に夏のアウトドア遊びでは、できるだけ冷たい水分を摂るようにしましょう。
保冷ボトルに氷入りの飲み物が最適ですが、山歩きでは冷たい湧き水を水筒に入れ、
濡れたカバーで覆っておくと、気化熱で冷たい状態が保てます。
ちなみに生ぬるい水道水でも同じ方法で、けっこう冷たくなります。

アウトドアで熱中症になった場合
、ともかく体内温を下げることが最優先になります。
まずは風通しのいい日陰に移動させ衣服を緩め、できる限り冷たい水分を飲ませること。
さらに外部から身体を冷やしてやることも重要です。
近くに川や沢があれば全身を浸してやるのがベストですが、水が貴重な尾根筋とかだと、
太い血管が集まる股間・首筋・脇の下だけでも濡れタオルやバンダナで冷やしましょう。

意識が朦朧として頭痛・吐き気・水分摂取もできない場合は、外部から身体を冷やし続け、
できるだけ早く医師に診せるように手配しましょう。
もう大丈夫と思っても、高温で脳や内臓にダメージを受けている場合があるそうです。

ま、熱中症にならないうちに、こまめに水分補給と休憩することが肝心ですね・・・
わたくしなんかロードバイクを漕いでても、すぐに水分補給とたっぷりの休憩を・・・
って、これは夏に限らず年中だったか・・・

さらに本日のTVニュースでやってましたが、就寝時に脳の体温調節機能を保つためには
適温の空気を吸い続けることが大事だそうです。
室内の熱中症で亡くなる人は夜のほうが多く、氷枕などで頭を外部から冷やすのではなく、
エアコンを25℃~26℃に設定して朝までこれを呼吸する、冷え性の場合は身体に掛布団
をかけるとゆー「頭寒足熱」を勧めてました。

そーいや冬にテント内が氷点下になっても、身体さえ暖かければけっこう熟睡できましたが、
シュラフの顔まわりの水蒸気がバリバリに凍結してたし、あまりに空気が冷たいと鼻や肺が
痛くなってましたね・・・やはり「適温」がよろしいようです。



m98k at 00:15|PermalinkComments(0) mixiチェック