サバイバル

2020年08月12日

ヘルシーな夏の孤食と・・・

まずはヘルシーな夏の孤食であります。


DSCN6927

で、どこがヘルシーか、つーと・・・

①そうめんの量がこれまでの半分以下(僅か3束150g)!!!

②ハム・錦糸卵・竹輪・カニカマなどを一切使わない!!!

③しかもビールもどきは僅か1缶だけ!!!

えらいぞ、98k!!!

その後ビールもどきを追加し大量のチーズとハムとナッツで安ウィスキー水割りをかぱかぱ、
さらに寝る前に水羊羹を食べたような気もしますが、ま、これはあくまで気のせい・・・


ばくばく、ごくごく、ぷつん


(注記)
自宅でのふだんの食事は奥様が(ヘルシーに少なめに)作って下さいます。
なので孤食は(里帰りとかで)奥様がいないときだけ(の楽しみ)です・・・


(役に立つかもしれないP.S.)

ニッポンの暑い夏を乗り切るためには、こまめな水分補給が重要ですが、冷たい水分は
体内温を一気に下げてくれます。
「冷たい飲み物や食べ物は身体に悪い」とも言われますが、熱中症対策にはこれが重要。
特に夏のアウトドア遊びでは、できるだけ冷たい水分を摂るようにしましょう。
保冷ボトルに氷入りの飲み物が最適ですが、山歩きでは冷たい湧き水を水筒に入れ、
濡れたカバーで覆っておくと、気化熱で冷たい状態が保てます。
ちなみに生ぬるい水道水でも同じ方法で、けっこう冷たくなります。

アウトドアで熱中症になった場合
、ともかく体内温を下げることが最優先になります。
まずは風通しのいい日陰に移動させ衣服を緩め、できる限り冷たい水分を飲ませること。
さらに外部から身体を冷やしてやることも重要です。
近くに川や沢があれば全身を浸してやるのがベストですが、水が貴重な尾根筋とかだと、
太い血管が集まる股間・首筋・脇の下だけでも濡れタオルやバンダナで冷やしましょう。

意識が朦朧として頭痛・吐き気・水分摂取もできない場合は、外部から身体を冷やし続け、
できるだけ早く医師に診せるように手配しましょう。
もう大丈夫と思っても、高温で脳や内臓にダメージを受けている場合があるそうです。

ま、熱中症にならないうちに、こまめに水分補給と休憩することが肝心ですね・・・
わたくしなんかロードバイクを漕いでても、すぐに水分補給とたっぷりの休憩を・・・
って、これは夏に限らず年中だったか・・・

さらに本日のTVニュースでやってましたが、就寝時に脳の体温調節機能を保つためには
適温の空気を吸い続けることが大事だそうです。
室内の熱中症で亡くなる人は夜のほうが多く、氷枕などで頭を外部から冷やすのではなく、
エアコンを25℃~26℃に設定して朝までこれを呼吸する、冷え性の場合は身体に掛布団
をかけるとゆー「頭寒足熱」を勧めてました。

そーいや冬にテント内が氷点下になっても、身体さえ暖かければけっこう熟睡できましたが、
シュラフの顔まわりの水蒸気がバリバリに凍結してたし、あまりに空気が冷たいと鼻や肺が
痛くなってましたね・・・やはり「適温」がよろしいようです。



m98k at 00:15|PermalinkComments(0) mixiチェック

2020年08月01日

ネパールカレーとか・・・

先月の下旬に家内と二人で、ご近所のネパールカレーを楽しんできました。ひっそりと・・・

DSCN6827 (2)



日本人らしく「まずはビール!!!」で・・・

DSCN6829

かぱかぱやってると・・・


たっぷりのサラダとスープが出てきました。

DSCN6828

完食完飲する前に撮ればいいものを・・・ばくばく、ごくごく



んで、

DSCN6830

家内はチキンカレー辛口とナンのセット




DSCN6831

わたくしはポークカレー辛口とライスとチキンティッカのセットであります。

ネパールはインド北部に接してるので、カレーやナンの製法もそれに近いとか・・・


まだカレーが残ってたので、追加のビールと・・・

DSCN6833




追加のナンであります。

DSCN6834

ええ、巨大なナンはおかわりできるのでありますね。ばくばく、んぐんぐ、げふっ



と、仕上げはラッシーとホット・チャイで・・・

DSCN6835 (2)

だから飲み干す前に撮ればいいものを・・・ひっく



この日は夕暮れのヒマラヤ山系生駒山系に虹がかかってました。

DSCN6867

左は(今のところ)日本一高い、あべのハルカスビル・・・




DSCN6869

まだ上空には厚い雲がありましたが・・・

と、大阪でも一昨日に雷が鳴って、昨日ようやく長い梅雨が明けました。
例年なら7月20日前後が梅雨明けですから今年は10日ほど遅かったですね。

今年は各地で記録的な大雨が降り甚大な被害だったようですが、
災害避難の優先順位は、
まず①酸素の確保続いて②シェルターの確保③水の確保④火の確保⑤食糧の確保の順、
また、これとは別に情報の確保も重要ですが大雨の場合も、まずは窒息死(溺死・圧死)しない
ことを最優先に考えて早めに行動しましょう。

と、長い梅雨の後には・・・いよいよ・・・
ボルネオの熱帯雨林よりも内モンゴルの沙漠よりも暑苦しい大阪の夏が・・・ひいひい



m98k at 00:40|PermalinkComments(4) mixiチェック

2020年07月29日

まな板シートL!!!

とーとつですが、まな板シートLであります。

???

じゃーん

DSCN6887



DSCN6888

アウトドアにも!!!


信頼の日本製であります。

DSCN6889




そう、前回記事のモンベル・ランバーパックM用に、さっそく購入したのでありますね。



じゃじゃーん

DSCN6895

まさに専用の内張り・・・これでパックの防弾性能が高まる・・・のかっ???

ま、ボトムの保護と型崩れ防止がメインですが開口部がしっかり開くようになるので、
出し入れや内容物を探すのも容易になります。間仕切りも2つ増えるし・・・
さらに内容物が少ない際にも、しっかりと自立してくれるのがありがたいです。

もちろん、これは内張りとしてだけではなく・・・

何度も書いてますがアウトドアでは「硬くて清潔な平面」つーのは存在しないので、
これを膝の上や地面に置けば、ちょっとした工作や食事から、さらに調理までできます。
ええ、なにせ「まな板」カッティングボードですから・・・
さらに団扇にもなるし雨よけ風よけ日よけなどなど・・・様々なシーンで使えるので、
わたくしのEDC(Every Day Carry)バッグ類には必需品なのでありますね。

ただし、

DSCN6893

このように銀マットをカットした底敷きと併用することはまずありません。

そう、内容量が少なければ柔らかい銀マットのほうがぺしゃんこになって嵩張らないので、
状況によっていずれかを選択することになりますね。

ま、重い小物(ライトとかバッテリーとかコンデジとかナイフとか)を無造作に放り込むと、
型崩れしてバランスも悪くなるので、ほぼこのシートでキマリでしょうが・・・

ちなみにデイパックやリュックの背面も同様で、柔らかさが必要ならカットした銀マット、
硬さが必要な場合は、さらに大型のプラボードか薄手のベニヤ板を入れてます。
こちらも取り出せば様々な用途に使えますので・・・




m98k at 19:37|PermalinkComments(0) mixiチェック

2020年07月14日

最近のEDCその2自転車編

最近のEDCその2は自転車編であります。

ええ、雨が降り続いたりして、ここ10日以上まったく漕いでないので室内撮影でしゅが・・・

DSCN6739

今回は唯一のロードバイクでご近所にお出かけの際にEDCしているグッズのご紹介・・・

まずハンドルにかけてるのが常用している
リン・プロジェクトの革製カスク(2Lサイズ)であります。

ま、たまに車道を走る(可能性がある)場合はbernのALL STONEヘルメットを着用しますが・・・


で、こちら・・・

DSCN6744

トップチューブバッグには、いつもの定番コースならガラホ(京セラ・トルク)とキーホルダー、
写真を撮りたいときは古いニコンのコンデジS9700を入れてますが、これらは前回EDC記事
で紹介したものと同じです。

バッグの底にはカメラ防水用のジップロックを2重に敷いてクッション代わりにしています。


ご近所用の(容量可変)サドルバッグには・・・

DSCN6743





DSCN6752

左上から時計回りに、ティッシュや絆創膏などのセット、レジ袋、マスク、チェーンキー、


で、マスクの下が・・・


DSCN6753

キャノンデールのインフレータ付き小型ツールキット



その左が・・・

DSCN6754

非常用のFENIX P1Dであります。ええ、ご近所で夜になることは滅多にないので・・・

カメラを持つ場合には、こちらに予備バッテリーやガラホやキーホルダーが来ますし、
小銭やグローハイパーセットやおやつを入れると、あっとゆー間にいっぱいに・・・

もちろん終日の遠出などでは、6リッターのサドルバッグに換えたり、ウェストポーチを
追加したりしますし、さらにポケッタブルのデイパックかサコッシュを予備に入れますが、
半日程度のご近所へのお出かけなら、これで充分ですね。


で、ダウンチューブとシートチューブのボトルホルダー・・・


DSCN6741

まず画面左のダウンチューブには、ピーコック製800ccステンレス魔法瓶・・・
ええ、わたくし走りながら水分補給するなどとゆー、野蛮なマネは決してしません。

ちなみに魔法瓶屋さんはピーコックとか象印とかタイガーとか強そうな動物名ばかりですが、
これはガラス製の魔法瓶が主流だった頃、丈夫さを売りにするためだったとか・・・


さらにちなみに夏場でもボトルはこれ1本なので、VAAMと氷をたっぷり入れて出発しても、
真夏にはコンビニで1ℓパックの
スポーツドリンクなんぞを何度も追加補給してます。



で、右のシートチューブにあるのが・・・

DSCN6749



DSCN6750

お酒・・・


・・・のペットボトルに入れた・・・


DSCN6747

エマージェンシー・キットであります。


ふたつに切り分けたチューハイ750ccペットボトルをパカッと開けると・・・

DSCN6748

左上から時計回りに、スゴイSUGOiのヘリウム・ジャケット、予備チューブ、タイヤレバー、
ダクトテープ・変換バルブ・痛み止め・絆創膏などの応急セット、炭酸ガスボンベ2本、
であります。

ま、終日とかで雨も予想される場合は、スゴイSUGOiのハイドロライト・ジャケットや、
レインチャップスなどを持ちますが、ご近所なら少々濡れても凍死はしないだろうし・・・
でも薄くて軽いジャケットが1枚あると安心ですし、実際に使うことも多いです。

出先でのチューブ交換や緊急補修が(わたくしの技術で)できるのか、とゆー問題はさておき、
いちおーの装備をEDCしておくことは、ご近所へのお気楽ロードバイクでも必要ですね。

折りたたみミニベロのシルヴァF8Fで出かける際も予備チューブのサイズが変わるぐらいで基本は同じ、
ただし輪行袋をサドルバッグの代わりに装着するしボトルホルダーはハンドルポストの1ヶ所だけなので、
大きめのウェストポーチかデイパックに中身を移すことになります。


ちなみに・・・


DSCN6759

現在もテールランプはDOSUNのRuby Diamondで、これがけっこう明るくて・・・




DSCN6760

この赤い光を毎日3分間ずつ見つめていると、2週間で視力が改善・・・


されるのだろうか???




m98k at 20:44|PermalinkComments(6) mixiチェック

2020年06月26日

最近のEDCその1基本編

先月末にTwitterに参加したのですが、そこで日本EDC協会さんに会員登録いただいたので、
わたくしの現在のEDC(Every Day Carry)グッズを紹介しておきます。

ま、キャンプやその他のアウトドア、さらに植林ツアーや自然観察(照射)ツアーになると、
様々なモノを追加してEDCしてますし、ふだんの生活でも自転車でのお出かけ用には、
別のEDCセットを用意してますが、今回はお出かけEDCの基本編であります。

(災害避難に備えるEDCについてはこちらの記事もご覧ください。)



まずは・・・

DSCN6415

ふだんのお出かけにEDCしているスナグパックのレスポンスパックであります。
ヒップベルトはあまり使わないし嵩張るし、縫製が悪くて何度か補強もしてましたが、
今は切り取って適当なショルダーストラップを付けてます。

(ヒップバッグとウェストポーチは、別のいろんなサイズを使い分けてるし・・・)

さらに本体ポケットには型崩れ防止を兼ねて100均のプラまな板を曲げて入れてます。
そう、「滑らかで硬い平面」つーのは料理だけでなく、いろんな場面で使えますので・・・


で、両サイドのポケットには・・・

DSCN6419

左からニコンの古いコンデジS9700、ガラホ(京セラ・トルク)、グローハイパーのセット。
ちなみにS9700をサイドポケットに入れた場合、ガラホは本体ポケットに移動しますし、
ケースには本体以外にもラップに包んだ紙マッチ・ライター・絆創膏や予備バッテリー
さらには食後用の歯間ブラシなどが入ってました。


で、本体ポケットには・・・

DSCN6420

まずモンベルのワレットとコインパース・・・
(追記です。2013年に購入時の商品名はワレットとミニジップワレットでした。)
コインパースにはストリームライト・ナノの電球色が・・・ひぐさんwingさんありがとね。


ワレットには現金・各種カードなどですが、コインパースにはコインではなく・・・

DSCN6425

リモコンキー・免許証・ETCカード・事故連絡カード・JAF会員証などクルマ関係・・・


これ以外に本体ポケットにEDCしてるのは・・・

DSCN6424

左下から時計回りに、各サイズのレジ袋(水筒用・呼吸用・防水用・そしてお買い物用!!!)
常用マスク、予備マスク2、ウェットティッシュ、ポケットティッシュ、



右端のキーホルダーには・・・

DSCN6426

サイレンサー付きの各種キーと・・・



DSCN6427

ビクトリノックス・クラシック、ミニバール、たこ焼き民族必携のチタン折りたたみ爪楊枝、
そして古いFENIX・LOPをセット。川端さんありがとね、爪楊枝とバールは常用してます。



下中央のブリキケースには・・・

DSCN6429

痛み止めなど各種内服薬と外用薬・・・




DSCN6428

上のラップ巻きガムテ巻き使い切りライターと耳かき以外は、川端さんからいただいた
(これを持ってたらひょっとして)「助かるかも知れないシリーズ」より厳選。
川端さんありがとね、こちらはまだ一度も使ってないけど・・・

本体ポケットのEDCは基本的にこれだけなので、必要に応じて500mlペットボトルか
360ml真空ボトル、折りたたみ傘、緊急宴会用のつまみ類などを入れてます。



んで、フロントポケットに入ってるEDCグッズ・・・

DSCN6430

中央部は後にして、右下から時計回りに・・・
非常食の飴・キャンディー類、ガラホの予備バッテリー、紙マッチ、フレネルレンズ
(老眼用じゃありませんよ、太陽光点火用ですよ)、櫛、手帳とライト付きボールペン、
減菌用アルコール(赤チャリさん、ありがとね。)、クリーニングクロス、簡易ポンチョ。

んで、中央部が・・・

DSCN6431

左から、wingさん製「98k様ご愛用」ライト、ひぐさん製4色ライト、100均COBライト。

ま、100均COBライトは布教用つーか、わらしべ長者用つーか、知り合った人に気軽に
プレゼントして喜んでもらってるのでありますね。大人買いしてまだいっぱいあるし・・・


で、中央に残ったこちら・・・

DSCN6432

わたくしのクルマはXVなんですが、スバルでもらったレヴォーグの・・・



DSCN6433

スマホ立てにもなる(わたくしガラホ持ちなので関係ないでしゅが)・・・



DSCN6434

テーブル用フックであります。

外食なんかで椅子の背もたれにバッグ類を架けると心配だし、足元に置くと汚れるし忘れるし、
お膝に置くと食べにくいし、これは重宝してるので(やや重いけど)EDCしています。



そうそう、ちょっとしたアウトドア活動が付随するお出かけには、追加で・・・

DSCN6435

こちらのいずれかをEDCすることにしています。



ええ・・・

DSCN6436

TOMOさんにいただいたコールマン・マルチプライヤーと、めずらしく自分で買った
ビクトリノックス・ソルジャー(スイス陸軍現用タイプ)であります。
ちなみにウルトラファイアのケースは赤チャリさんからのいただきもの、ありがとね。

で、工作の可能性がある場合はマルチプライヤー、簡単な料理ぐらいならソルジャーと
いちおうは使い分けるつもりで、ちょっとしたアウトドアには追加でEDCしてますね。

でもフラッシュライトなんか、たった3本・・・あっ、100均COBも入れると4本で、
ナノも入れると5本・・・ボールペンとガラホのライトも入れると7本か・・・

2011年3月に紹介した際には通勤時と勤務先でのEDCがメイン、今も変わらないモノも
ありますが、現況には不足しているモノ、余計なモノも見受けられました。
まあ、ライト類の本数と明るさが増してるのは、人類の進化の証しとゆーことで・・・

やはりEDCグッズについては、状況に応じて見直しを繰り返すことが必要ですね。

(7/26追記です。)
EDC用にモンベルのランバーパックMを追加しました。当面は上記レスポンスパックと併用・・・




m98k at 00:05|PermalinkComments(5) mixiチェック