ドイツ陸軍

2006年08月15日

モンゴル紀行 キャンプ乗馬編

8月14日夜のTV東京系番組、「カンブリア宮殿」で、前回記事で紹介した、
「モンゴル建国800年記念騎馬隊イベント」をやってましたね。

このイベント、日本のH.I.Sの社長がプロデュースしてたんですねえ。
そういえばアナウンスもモンゴル語と英語と日本語でしたし、
馬乳酒のコーナーには、「お腹が痛くなることがあります。」
と日本語の注意書きもありました。

ま、今年は日本の首相や元首相が次々と訪問し、共同制作映画の大作も撮影中、
さらに日本の大手旅行代理店が観光に力を入れているというのは、
モンゴル国にとっては頼もしい限りなんでしょうが・・・
どこかみたいに日本人が大挙して押し寄せ、リゾートホテルが乱立して環境破壊、
という図式にならないように願うばかりです。

といいつつ、テレルジというところで、乗馬とゲル(テント)泊を大挙して楽しんできました。にっこり
ま、植林を終えたモンゴル二日目の夕方から、翌日の午前中いっぱいという、
非常に日本人らしい、短い期間でしたが・・・

これが宿泊した、テレルジのゲルであります。
0f2ebdfb.jpg




で、下の画像の方が、このゲルの主、影の千人隊長であらせられます。





じゃーん!
5ce63670.jpg
まっ、またおんなじTシャツやないかいっ・・・
しかし、このコンバースのキャップ、再帰反射テープがストロボでよく光るなあ・・・

笑い

笑い

笑い


e1c6b8de.jpg
夜10時すぎの画像でありますが、夕暮れになると気温がどんどん下がり、明け方には5度ぐらいになります。
さすがのわたくしも、クールTシャツ一枚では寒くなってきたので、
ストーブに火を点けようとしたのですが・・・

aa092f2b.jpg
キャンプ場の女の子が通りがかりにやってくれました。
どのスタッフも、純朴で気立てがよくて働き者で・・・ラブ

朝の六時前にも別の女の子が来てくれましたが、
ゲルは羊のフェルトを巻いてあるので断熱性が高く、
朝夕2回の薪で充分暖かでした。
ちなみにマイナス50度にもなる真冬は、
フェルトを五重ぐらいに重ねて巻くそうです。

さて、夜もやっと更けてきて、ゲルの門前で持ち寄り大宴会をおっぱじめ、
「黒チンギス」ヴォトカとほていの焼き鳥ですっかりでき上がり、
「こぉがらしとだえてぇー」と絶叫していたわたくし・・・
突如、隊員のみんなに・・・

「たっ、たらいまより、わたくひ、懐中電灯の照射比較をやってきまひゅ!」

「な、なんじゃ、そりゃ?・・・ま、そっとしておいたほうがいいぞ・・・」



にっこり




で、たぶん世界初の、ゲルへの照射比較画像であります!VS
95a21096.jpg
完全に出来上がっていたので、どうやって撮ったのかも覚えておりませんが、
左がSuperFireのSF-501、右やや下がFENIXのL0Pのはずであります。
もちろん、距離等のデータは一切不明・・・


じつはこの夜の三時ごろ、おしっこに出たわたくしは、すごい星空を見たのですが、
IXY50の手持ちで撮影を試みる気力は残っておりませんでした。ううっ
alaris540さんが居たら、きっと喜んだだろうなあ・・・キラキラ


さて、翌日は朝から乗馬であります。
97f35dc5.jpg

サラブレッドやアラブ種に較べて、ちと、ちっちゃいような・・・
9be491ec.jpg

初心者は引き綱で、騎馬軍団の影の千人隊長といわれるわたくしは、
小学生のインストラクターから鞭を取り上げて借りて、
(ま、ただの結び目のあるロープでしたが・・・)
単騎で草原を疾駆したのですが、馬も鞍もちっちゃくて、
やがてお尻の皮がズルズルに・・・
(その状態で数日間、悪路の続く長時間のバスは、まさに地獄でした。)

このあたりは川に近いので、森もあって、まわりにはお花がいっぱい。
0ed2644a.jpg


そして乗馬コースになっている草原には、見渡す限り・・・
ドイツ山岳兵徽章エーデルワイスが咲いていました。
307fac6f.jpg

e6125545.jpg

この一面のエーデルワイスの中を、馬で駆け巡ったんですが・・・
これって・・・もし日本でやると・・・困った


at 01:40|PermalinkComments(12)TrackBack(1) mixiチェック

2006年07月10日

ドッグ・タグ!

えーっ、ひさしぶりに・・・
ミリタリーグッズの話題であります。

といいつつ、とーとつにタバコのパッケージが・・・
720fd009.jpg

dae1174e.jpg


まあまあ、面白いパッケージではあります。



落ち込み



落ち込み


にっこり


落ち込み


落ち込み



で、このタバコ3箱につきひとつ、おまけでついてたのが・・・
44d3346d.jpg


そう、ドッグ・タグ、認識票なのであります。

もちろん、裏面は、
8ca0821c.jpg


氏名と電話番号が刻印できるようになっております。

ドッグ・タグといえばやはり、この米軍スタイルが有名ですね。
米軍のタグも、中折れ式とかもあったみたいですが、よく戦争映画で見るのは、
この小判型のやつを2枚、缶切りとともに首からチェーンで下げて常時携帯してて、
戦死したときに、上官が1枚を回収して戦死報告をするというパターンですね。

やはり、レーション用の缶切りとタグは戦場では必需品!
まあ、戦場での死体は損傷が激しく、タグがないと判別できないんでしょうが。ううっ

そういえば、衛生兵が死亡を確認した証しに、タグを死体の口に咥えさせておく、
というシーンもありましたねえ。なんの映画だったか・・・思い出せない・・・

認識番号だけだったのが、氏名、血液型に加えて、信ずる宗派なんかも入るようになってきたようです。
死体を処理する際には、宗派の判別も必要なんですね。

昔は、周囲を覆うゴム製のカバー(サイレンサー)がなく、隠密行動の際にチャラチャラ音がしないよう、テープで止めたり、口に咥えたりしてたようです。

ちなみに、このサイレンサーというのは、ほんとに便利なもので、キーホルダーをポケットに入れたりしても、決してチャラチャラ音を立てることはありません。

ですからわたくし・・・



すべての鍵にサイレンサーを装着しております。にっこり
b1bcab4e.jpg

このサイレンサー、アメリカ製なのですが、軍用とはちがい、ずいぶんカラフルであります。

落ち込み落ち込み落ち込み笑い落ち込み落ち込み落ち込み


ドック・タグといえば、懐かしい思い出の品があります・・・

昔、学生時代に、アバロンヒル社のウォーゲームを、サークルでやってたことがあります。
米軍が机上演習で使ってたのを、時代をかえてボードゲーム化したやつで、
わたくしはヨーロッパ戦線やアフリカ戦線のドイツ側ばかりでした・・・うふ

当時、まだ日本国内では入手できず、友人が個人輸入で入手してくれたんですが、
あちこちで「これ、おもろいで。」とみんなで紹介してたら、数年後にブームになり、
全国の大学でサークルができ、取り扱うお店も随分増えました。
ですから我々が、本邦初のゲーマーであったと自負しております。うふ


当時、石油パイプライン用バルブの修理屋さんで、グラインダやヤスリを使って毎日ひたすら錆びを落とすだけ、という、生産的なバイトをやってたわたくしは、そこで自分の持ってたドッグ・タグに、名前とサークル名なんかを一文字ずつ打刻して、常時着用しておりました。

ちなみにそのバイト先で、中東紛争のど真ん中でのパイプラインメンテの助手に行かないか、という誘いがあり、たしか半年で10年分の収入になるとかいわれましたね。
「でも、外国なんか行った事ないので、パスポート持ってませんが。」
「そんなもんは・・・いらん。」
かなりヤバそうだったのであきらめたことを、今思い出してしまいました。
あの時、誘いに乗ってたら、まさに「気分はもう戦争」の世界!
よくぞ、思いとどまったものであります。うぐぐぐぐ

えーっと、なんの話だっけ・・・そうそう、ドッグ・タグでした・・・

今回記事で、ふと探してみたら、奇跡的に当時のそれが出てきたのであります!


にっこり


にっこり


にっこり



本邦初公開!
これが、98kさんが青春時代に常時着用していたドッグ・タグであります。きっぱりと
c71bd76e.jpg


表面の塗料は殆ど剥げてしまってますが、裏面のわたくしが打刻した稚拙な刻印は、いまでもはっきりと残っております。

さすがに実名なので公開することはできませんが、まるでドリコムさんの画像認証アルファベットのような刻印であります。

当時からわたくし、工作はまるでだめだったのね・・・ううっドクロ


at 00:30|PermalinkComments(15)TrackBack(0) mixiチェック

2005年12月07日

さらば!東独軍のコート

fc08a315.jpg

ううっ、大阪もここのところ、少し寒くなってきたようです。
わたくし、12月になっても、夏物スーツで通勤してるんですが、
さすがに朝の自宅から駅までの時間は、少し寒さを感じるようになってきました。
そろそろコートをだしてきて・・・
でも職場には寒そうな格好をしてる人がいるし・・・

そう、物理的にも太っ腹な98kさんは、この度、このコートを・・・
Pinturicchioさんにあげることにしました。きっぱりと。
決してシガレットチョコ記事のコメントによる、口封じのためではありません。おどおど

このコート、東ドイツの崩壊後、一斉に放出された東独軍の軍装品のひとつであります。
たしかこちらが、兵、下士官用で、将校用は上襟が同色だったと記憶しています。
こっちの方が独逸らしくて、お気に入りであります。

100%バージンウールで、とても温かくて・・・とても重い・・・それも中途半端じゃない・・・
まさに「むかしの正しい軍装品」の代表のようなコートであります。
西ドイツの軍服同様、こちらもすごい数のサイズがありましたねえ。

肩には当然、エポレット取り付け部があります。
4a8f6d80.jpg


このコート、通勤に使っていたのですが、ある日、上司の素敵な秘書から、
「そのコート、独逸兵みたいですね。」と看破され、わずか数日間着ただけで、
アウトドア用品の奥底に収納されるハメになった次第です。




さらば、東独軍のコート!
Pinturicchioさんのところでも大事にしてもらうんだぞ!



というわけで、最後の記念撮影を・・・・
3e7025aa.jpg

これが98kさんのフォーマルであります!拍手


at 01:11|PermalinkComments(8)TrackBack(0) mixiチェック

2005年10月01日

BW 山岳リュックサック

ccff455c.jpg


十月になったのでブログのスキンも衣替えしてみました。
かわいいでしょハート魔女がキキちゃんならもっとよかったんですが・・・ラブ

さて、「My Pack's Stories」の第二弾は、BW(ドイツ連邦軍)の山岳部隊用リュックであります。

容量は前回のワンデイパックより少し大きい、20?ぐらいでしょうか。
両サイドにポケットがついて、ティアドロップとは反対にやや逆三角形をした、
伝統的なヨーロピアンスタイルのリュックサックであります。

原型は旧ドイツ国防軍の山岳兵用、戦後のドイツ連邦軍でも形はそのまま踏襲し、
この最終型は、生地がフレックカモになり、バックルがクイックリリースになったものの、
型はWW?の頃と同じであります。現用のバックパッキングシステムは、アリスパック同様、機能的なのですが、なにせお値段が・・・ドクロ
ちなみに、このクイックリリース、裏向きにセットしないと、ストラップ調節ができましぇん。困った

さて、背面であります。
0f862814.jpg


ウェストベルトはありますが、パッドなんかはなく、内ポケットにウレタンマットを入れて、パッド兼汗止めにしています。


このリュック、山岳部隊用らしく、サイドポケットと本体の間に、スキーを入れるスリットがあります。
bfe28442.jpg



ちなみにこの山スキー、板はドイツ製の「SCHI BERG」、バインディングは世界中の山岳部隊で使われている「ジルブレッタ ミリタリーモデル」であります。きっぱりと
f2a2855c.jpg


わたくし、このスキーとリュック、米軍のゴアテックス上下に海兵隊作業帽で、
信州や北海道のゲレンデに出没します。見かけても発砲したり通報したりしないでくださいね。
リュックには、ただの「ゲレンデ宴会セット」しか入ってませんから・・・笑い




(おまけ画像)
せっかくですので、今は亡き東ドイツ軍の雑嚢もついでに・・・これぞ安物派のカガミ!
c13914a5.jpg



at 23:58|PermalinkComments(6)TrackBack(0) mixiチェック

2005年03月15日

EDCなP-230とマカロフホルスター


IMG_0073

昨夜、記事をアップしようとしたら、またサーバにつながりませんでしたあドクロ
ページを見たり、コメント投稿はできたんですが・・・また変なサイトをお散歩することになりました。
結局「下書き保存」してなかったので、また書き直すことに・・・

お願いしますよ、ドリコムさんびっくり


ということで、シグザウエルP-230のトイガンと、旧東独軍マカロフ用ホルスターであります。

まさか、ブローバックのガスガンを普段から持ち歩くような怪しい人はいないと思いますが・・・
わたくしが仕事中も、持ち歩いたのが持ち歩くとしたら、これであります。
小さいわりにブローバックが小気味よく、ガス漏れもなく、ダブルアクションも軽快でした。

この銃、旧東独軍のマカロフ用ホルスターに、誂えたようにぴったりと納まります。
予備マガジンも予備マガジンケースにぴったし入ります。
マカロフはワルサーPPのパクリらしいですが、このP-230もワルサーのPPやPPKをルーツにしているとか。
そういえば、確かに雰囲気や造りが似てますね。こちらの方がより進化してるらしいのですが、メカのことはよくわかりましぇん。
ガバとトカレフといい、ワルサーとマカロフといい、まるで「趣味の工作部屋」と「趣味の物置小屋」のようなパクリ関係・・・あ、でもトカちゃんやマカちゃんは大量生産されてますね。
うーん数でも質でも圧倒的に負けてるか・・・

いずれにしても、EveryDayCarryなハンドガンであります。
一時期、安い東独軍のコートを着て通勤していた頃があったのですが、
(何も知らない上司の秘書に「ドイツ兵みたい」と気づかれ、米軍のトレンチに替えました。)
本当は、あのコートの上から、このベルトとホルスターを装着して・・・

地下鉄通勤してみたかったんですう。

旧東ドイツの崩壊後、数年して、東独軍のグッズが安く出回って、わたくしも一揃い揃えたんですが、
日本の雑木林ではあのレインドロップカモは目立つし、金具やベルトがペラペラだったので、
装備を持ってない初参加の女の子に、AK-47とセットでよく貸してあげました。
いやあ、わたくしって、昔から優しい人間だったんですねえ。ラブ


at 21:32|PermalinkComments(5)TrackBack(1) mixiチェック