ランタン

2020年11月19日

2020秋(こっそりと)熊野キャンプ・前篇

恒例の熊野キャンプに行ってきました。ええ、今回はこっそりと・・・

こんなご時世でキャンプOFF会は自粛してたのですが、いつもの関西ライト仲間から・・・

「少人数でもキャンプで思い切り照射したいなあ・・・」
「でも有料キャンプ場は冬キャンブームで予約がいっぱいみたいだし・・・」
「それに遊園地などを避けたファミリーキャンプも増えてるようですよ・・・」
「うーむ、我々は夜間がメインなので、お隣で距離が近いと迷惑かもなあ・・・」
「たとえ広いサイトでも大人数で集まるのは、しばらく避けたいですねえ・・・」

といった話があり、それならば今回は、いつものキャンプ仲間にも声をかけずに、さらに
当サイトでのお誘いもせずに4人だけで、こっそりと熊野の河原へ、つーことに・・・

そう、飲食会合は4人までと大阪のGoToイートも推奨してるし、連休を避けて通常の週末ならば、
まずは3密になることもあるまいと・・・アルマイト処理を決定した次第。

と、前置きが長くなりましたが・・・

わたくしが現地に着いたのは13日の金曜日!!!の午後2時半、深夜から仮眠しつつ来られた
red-bicycle(赤チャリ)さんは午前中に、川端さんは午後早くに到着されてたようで、さっそく
わたくしのイベントタープとテーブルをセットして(飲まない二人を差し置いて)・・・

DSCN8094

遅めの(一人)昼食宴会であります。ぐびぐび、ばくばく

「って、お二人とも昼食は???」

「いや、わたしは甘いものさえあれば・・・」と赤チャリさん・・・

「わたしはスナック類さえあれば・・・」と川端さん・・・

DSCN8095


「そりゃまあ、甘い物もスナック類もいただきますが・・・ばくばく、ごくごく」


DSCN8096

と、3本目のビールが空き、炎のランタン!!!を点灯する頃になってもwingさんが来ません。
ちなみにこのランタン、夜になって遠くから見ると、焚火のようにも見えました・・・

「それにしてもwingさん遅いですね、休みは取れたと言ってたのに・・・」

「まあ、彼は無視して夕食の焼き物を始めましょうか・・・」

とか言いつつも待ってると完全に暗くなってから、ようやくwing号が到着。

「いやあ、ひさしぶりのキャンプで朝からあれこれ準備してたら出遅れて・・・あは」

「ったく、で、今回の焼き物は自分の分を各自用意つーことで事前連絡してましたが???」

「いや、どうせ98kさんがいっぱい持ってくるだろうと・・・」と赤チャリさん

「そう、加齢で食餌量が減ってるのに気づかず大量購入されると予測・・・」と川端さん

「そうそう、98kさんの一人前計算は通常の4人前ですからね、ごくごく」とwingさん

「いやいや、今回は通常の1人前しか持って来てませんよ・・・ぶつぶつ・・・」

と、わたくしが持参したミスジ肉を一人あたり数切れずつ、一瞬で食べ終えると・・・

「あはは、さすがに足りませんね、じつはプルコギ・セットつーのを買ってきました。」

「おおっ、さすがは赤チャリさん!!! わたくしのダッカルビパンに合わせたんですね!!!
では、持参した茄子も追加してと・・・じゅうじゅう」

P_20201113_182832_vHDR_On_HP (1)

この後、セットのカット野菜を投入し焼き肉タレも追加して、はぐはぐ、もぐもぐ・・・

「焼き物といえば赤ウインナーと焼き鳥を持参しました。んぐんぐ」とwingさん

「では、冷えてきたことだしドームタープと珪藻土カンテキ(七輪)をお願いします。
わたくしはここで飲み続けてるので、中で準備ができたら呼んでねっ!!!うぃーっ」


DSCN8099




DSCN8105



「ふむふむ、タコさんウインナーと焼き鳥には・・・ひっく」


DSCN8104

「やっぱ、ストレートのアイリッシュ・ウィスキーでしょ、かぱかぱ」

「で、こうやって水を数滴たらすと味が変わるんですよね、ぐびぐび」

と、wingさんも駆けつけ三杯どころか、この夜はけっこう飲み続けておられました。
やはり二人とも長期にわたるキャンプ宴会自粛の反動が現れたんでしょうね。

と・・・

DSCN8107

ボトルが半分になる頃には、ボルネオ仲間からいただいた和歌山県太地町産「鯨ハム」つーのを
辛子マヨネーズで食べたり・・・とても旨かったです・・・ありがとね!!!ちかこさん!!!


赤チャリさんはダイソーのメスティン大小で、なにやらごそごそと・・・

DSCN8108

って、メスティン料理ブームで、今や100均でも各サイズが出てるんですね・・・
ちなみに小サイズは3人の分もお土産にいただいたので、わたくし帰宅してからすぐに、
トランギアのラージメスティンに入れました。
ええ、実家にあるはずの古い普通サイズが見つからないので助かりました。ありがとね!!!


で、今回の中味は・・・

DSCN8109

なんと焼きリンゴ!!!
そう、赤チャリさんらしい甘味たっぷりの味付けで、こちらも旨かったです。


で、めずらしくすっかり出来上がってたwingさん

DSCN8102

タープ内の蟲さんなんかを撮ってたのですが、やがてふらふらと消えました。

けっこう時間が経過し、もう寝たのかなと思ってると、ふらふらとタープに戻ってきて、

「いやあ、あまりに星がきれいなので、新調した三脚で星空を撮影してました。ひっく
でも「星空AFモード」つーのがイマイチ不調でしたね。うぃーっ」

「それはカメラのせいではなく、あんたがふらふらのせいでは・・・げふっ」



と、wingさんから提供いただいた(翌日の夜の?)画像・・・

PB140110 (2) (1)

いやあ、泥酔状態にしては、なかなか見事な作品じゃないすかっ!!!
焚火の大きな光量をクルマでカットして、煙だけ浮き上がらせてるし・・・



ちなみに今回の我々のサイトがこちら・・・
                     (こちらもwingさん提供画像)
PB130031 (1)

日差しの強い昼は右の遮熱イベントタープでビールをかぱかぱ、冷え込む夜は左のドームタープで
夜風を防いで炭火で暖まりながらウィスキーをかぱかぱ、つーのがわたくしの定番・・・

今回はじめてキャンプで使った大容量の充電式ランタンですが、二泊三日なら最大照度でも
充分に持ちました。前のタイプは二日目にはやや暗くなり電池残量も少なくなってましたが。

と、みなさんのライト談義や照射比較は、深夜になっても延々と続いてたのですが、
わたくしはひたすら、かぱかぱ、ごくごく、でヘロヘロでした・・・

ええ、2020秋(こっそりと)熊野キャンプの第一夜は、このように更けていったのでありますね。

(次回に続きます)




m98k at 01:25|PermalinkComments(2) mixiチェック

2020年10月21日

炎のランタン!!!

ちゃーん、ちゃちゃちゃちゃーん・・・って、それは炎のランナー・・・

今回は炎のランタンであります。


じゃーん!!!

DSCN7641

正確な商品名はCOB 炎/白 切替 伸縮ランタン・・・ダイソーの0.3k高級品であります。
ええ、オリーブドラブのボディがひとつだけ残ってたので、ついつい・・・



DSCN7639



グローブを引き上げると白点灯・・・

DSCN7643

COB(チップ・オン・ボード)LEDで、けっこう均一に明るいです。


いったんグローブを下げて、再度上げると炎点灯・・・

DSCN7650



DSCN7649

中で炎がめらめらと燃え上がります。

収納サイズで直径68mm高さ95mm、引き伸ばすと高さはほぼ倍になります。
単4電池AAA3本で白点灯5h・炎点灯20hとなってましたから、二泊三日程度のキャンプなら、
充分楽しめるでしょうし、室内で焚火の雰囲気に浸るのにもいいですね。

ただ白いグローブの中で炎がめらめらしてるだけだし、このサイズのランタンだし、
これで焚火の雰囲気に浸れるのかは・・・ま、気持ちの持ちよう次第・・・



m98k at 00:21|PermalinkComments(4) mixiチェック

2020年04月14日

ベトナム・ホイアンへ!!!

「緊急事態宣言」前のハナシになりますが・・・

わたくしベトナム中部、ダナン近郊にある港町ホイアン(料理のお店)へ行ってきました!!!

そう、ベトナム料理のAo Babaとゆーお店が全国に4店あって、大阪では初のお店がHoi Anだそうで、
つい最近、なんと我が家のご近所にオープンしたのでありますね。

で、平日に電話してみると時節柄もあって昼時も客足は少ないようだったので、さっそく・・・

DSCN6218



DSCN6223


DSCN6217

もともとあった築100年の古民家を2ヶ月以上かけて大改装したそうですが・・・
&STAYとありますので宿泊もできるんでしょうか・・・




DSCN6215




DSCN6216

いかにもホイアンの古民家らしい雰囲気・・・って、わたくし行ったことないので知らないけど・・・



と、さっそく中へ・・・

DSCN6213

ホイアン名物のランタンは現地から取り寄せたそうですが、一説によるとホイアンの日本人街で
使われていた日本の「行灯(あんどん)」がルーツだとも・・・

ちなみに、その後ろに見えるガラス障子、わたくしの実家にあるガラス障子と全く同じもので、
大正時代の最新流行だったんですね。家の外観も造りも昔の実家と同じで懐かしかったです。




DSCN6214

こちらの金庫も、この古民家に残ってたものでしょうね・・・



店内であります。

DSCN6184




DSCN6185




DSCN6194

中庭を持った格式のある家だったんですね。わたくしの実家は長屋の一画だけど・・・

これもホイアンの雰囲気・・・なのか、行ったことないので分かりませんが・・・

ウィキによると、鎖国までは日本との交易が盛んな港町で、日本人街も大きかったそうですから、
案外ホイアンの古民家もこんな感じだったのかも・・・
で、やがて河川による土砂の自然堆積で国際貿易港としての地位をダナンに譲ったそうで、おかげで
ベトナム戦争の戦禍に遭わずに古い街並みが残り、世界文化遺産にも登録されたとか・・・


閑話休題



DSCN6192

2階にも客席があるようでしたが・・・階段下にも古い金庫がありますね・・・



DSCN6187




DSCN6188

1階では様々なベトナム食材なども販売されてました。



DSCN6211





DSCN6210

ま、こちらは次回のキャンプ食材に・・・



で、

DSCN6161

予約席へ・・・



メニューはお昼のランチセットだけでも・・・

DSCN6179



DSCN6178



DSCN6177

DSCN6176



DSCN6180

いっぱいあったのですが・・・



とりあえず・・・

DSCN6168

ベトナム前菜3点セットと・・・






DSCN6171

わたくしはホイアン名物のチャーシュー麺ランチセット・・・




DSCN6169

家内は牛肉3種類盛りフォーのランチセットを注文しました・・・


で、「とりあえずビール!!!」であります・・・ええ、なにせ日本人街の住民なもので・・・

DSCN6172




DSCN6170

まずはハノイ ビールなんぞを・・・


ま、

DSCN6174

ベトナムの地酒なんぞは次回とゆーことで・・・



卓上調味料・・・

DSCN6195



DSCN6196

こちらもいずれはキャンプ宴会に・・・


と、家内とシェアしつつ、ばくばく・ごくごく・んぐんぐ・・・
ええ、たちまちデザートまで完食であります。げふっ


で、〆は・・・

DSCN6197

ベトナムコーヒーと・・・




DSCN6200

ベトナム緑茶にしました・・・ベトナムの中部山岳地帯はコーヒーとお茶の名産地だそうです。

いやあ、じつにおいしかったです。お店の方もきさくでとても親切だったし・・・

ま、大変な時期のオープンになってしまい、今後どうするかは検討中とのことでしたが、
夜の飲み放題つきフルコースも手頃なお値段のようなので、今の状況が落ち着いたら、
「チームフラッシュ光!!!」の企画打ち合わせ会とかにいかがでしょう???


そう、なにせ店内にはランタンがいっぱいだし・・・

DSCN6182



DSCN6202



DSCN6203





DSCN6191

素敵なおねいさん・・・とかもいっぱいだったし・・・





m98k at 01:24|PermalinkComments(2) mixiチェック

2019年11月29日

Lanktoo LEDランタン!!!

とーとつですが・・・

またまた充電式ランタンを買ってしまいました。

ええ、某Amaz○nで見つけた時点で「タイムセールあと7分21秒」だったもので、ついつい・・・

商品名は「Lanktoo LEDランタン 充電式 15000mAhモバイルバッテリー 暖色 昼白色 白色 3色切替
無段階調光 輝度記憶 LCDスクリーン搭載 防災 アウトドア キャンプ 夜釣り 防水 テント用品
軍用高品質 携帯/吊り下げカラビナ付属」であります。ふう

まずは立派な外箱からご紹介・・・

DSCN4804

アーバンカモ・パターンはタイムセール対象外だったのでノーマルを選択。



DSCN4805





DSCN4807



DSCN4806

なかなか素敵な箱絵・・・どこで撮ったんでしょうね・・・




さっそく開けてみました。

DSCN4814



DSCN4818



DSCN4815

本体であります。
冒頭リンク記事のランタンより質感や作りはややよさげですが、バッテリー容量とLCD表示と形状
以外はほぼ同じ仕様ですね。18650電池が4本から6本になって少し重くなってますが・・・

理屈上は冒頭リンク記事のランタンが2800mA×4=11200mAで、こちらが2500mA×6=15000mA
つーことになるのでしょうか・・・




DSCN4816

付属品であります。
カラビナはアルミ製で軽くてロック付き。ただし本体収納袋は付いてませんでした。




DSCN4809


DSCN4810

「ほぼ」正確な日本語の取説はありがたいですね。



DSCN4811




DSCN4813

色温度の表示までありました。

以下、「やや」正確な日本語惹句を某Amaz○nより・・・(赤字はわたくしが惹かれた部分・・・)


❶【多機能ランタン|15000mAh超大容量バッテリー】モバイルバッテリーとして使える超大容量LED充電式ランタンです!
高品質18650バッテリーを6枚内蔵、アウトドアや停電時にスマホの電源が切れても心配がありません(iPhone X&iPhone 7/8 Plusに約3.5~5回)。
●15000mAhのLEDランタンは最小輝度の連続点灯時間が500hで、最大輝度の連続点灯時間が30hです。三泊も四泊のキャンピングにも安心です。

❷【LCDスクリーン搭載|温度感知・時間、電量表示】温度計、時計、照明ライト、モバイルバッテリーの機能を組み合わせた多機能LED充電式ランタンです!
LCDスクリーンで温度・時間・電量残量を表示することができます。
●温度の表示は摂氏℃と華氏℉を切替、表示の測定範囲: -50℃ ~ 70℃( -122℉ ~158℉)。アウトドアで熱中症・インフルエンザに対策!。
時刻は12 /24時間表示を切替でき、個人習慣に合わせます。(LCDスクリーンの表面が保護フィルムがあるので、使用時、このフィルムを取ってください。)

❸【三色切替|無段階調光|輝度記憶】LEDランタンは三色を切り替えます。暖かい暖色、柔らかい昼白色、明るい白色!
キャンプランタンだけではなく、ラブラブの雰囲気作りライトとして、使用場所によりお好きな色や輝度を調整可能なledランタンです。
●輝度記憶搭載、再起動したら、前回のお好きな明るさになります。
●無段階調光:輝度ボタン(B)によりご自由に明るさをお好きに調整することができます。

❹【電池保護チップ|IP65防水&防塵】ランタンの中にスマートチップは9種類の防護機能を搭載
過充電保護、過放電保護、過剰電圧防止、過電流保護、パワー過剰防止、短絡保護、電磁界保護など。
●USB充電式ランタンのバッテリーの寿命を保つ、スマホのバッテリーを保護できます。充電発煙など防止できます
●キャンプランタンはIP65等級防水防塵認証済み雨降っても使え、ホコリや砂入れ防止できます。

❺【優れた耐久性|カラビナ付き】
外殻はABS/PP軍用プラスチックやゴムコーティングを利用しているので、耐衝撃性、耐熱性、耐久性に優れていて、超長寿命を持っています。
●缶ビールぐらいコンパクトなサイズ(12.8*8cm)で、持ち運び便利。
携帯用カラビナが付属してあり、テント内、バッグ、ランタンスタンドなどに吊り下げ可能、
アウトドアやキャンプ、野営、山登りなどのイベントを行う時にテントライトとして使えます。幅広い使用範囲LED充電式ランタンです。

ええ、ツッコミどころ惹かれるところが満載で、ついついポチッとな・・・

ともかく高品質18650が6枚入ってて「三泊も四泊の!!!」キャンピングにも安心なのでありますね。
で、まともな18650電池なら3本も買えないようなお値段で本体付き!!!、と、お得感も満載でした。
ま、「軍用プラスチック」とあるけど、どの国の軍用プラスチックなのかは不明でしゅが・・・  


と、さっそく「三泊も四泊の!!!」キャンプ宴会で明るさの変化やランタイムや耐久性なんぞを試して・・・
みたいのですが、これから寒くなることだし・・・ぬくぬくと自宅で連続点灯中なのでありますね・・・

DSCN4821



DSCN4819

左右は冒頭リンク記事のランタン・・・今回のほうが何となく明るい感じです。
公称値では暖色(電球色)3000kで最高輝度230ルーメンが30時間以上となってます。


DSCN4823

6時間後・・・この程度では殆ど変化は見られませんね。

ま、このまま自宅で連続点灯を続けて、いずれ追記する・・・かもです・・・
 


で、ほぼ24時間後の追加画像です。


DSCN4824

わははは、違いは明らか・・・
って、左右のはフル充電してから何度か「見せびらかし点灯」してましたから、今回はやや不公平な
ランタイム比較になった可能性もありますので、いつか実際にキャンプ宴会で使ってみて、いずれまた
追記する・・・かもです・・・

いずれにせよ、これらのランタンとソーラーチャージャーがあれば「三泊も四泊の!!!」キャンプどころか、
永遠にキャンプ宴会を続けることもできますし、長時間停電への備えとしても心強いですね。

で、手持ち充電式ランタンがこれで3個になったわけですが、キャンプのタープは四角形・・・
これはいかにも中途半端とゆーか不自然な状況で、今後どうするですね・・・でへへへ




m98k at 00:09|PermalinkComments(9) mixiチェック

2019年05月08日

Ankerのソーラーチャージャー!!!

「キャンプから帰ると物欲が再燃する」シリーズ・・・

ええ、以前から「ほしい物リスト」に入れてて、熊野キャンプに川端さんが持参されてたのを見て、
帰宅した夜にチェックしたら1000円引きクーポンが付いてたので、ついついポチッとご注文・・・

そう、anchorもといAnkerのソーラーチャージャーPowerPort Solar 21Wタイプであります。

じゃーん

DSCN2280

左は大きさ比較用のガラホ・・・




DSCN2281




DSCN2283

ブリヂストンアンカーはアメリカのリーディング・ブランドだったんですねえ・・・


と、さっそくハコを開けてみると・・・

DSCN2282




DSCN2286



DSCN2285

本体とUSBケーブルが1本と・・・


シンプルな取扱説明書が付いてました。

DSCN2287




DSCN2288

スマホやタブレットへの直射日光は避けろ、でも日差しが強い環境下で充電せよ、とありますね・・・

14wタイプを使っておられるwingさんによると、画像右側のポケットに充電する本体を入れるより、
長めのケーブルを用意して充電する本体は日陰に入れておいた方が安全とのこと、なるほど・・・

って、わたくし、スマホもタブレットも持ってないんですよね。
ガラホは1週間以上バッテリーが持つし、非常用に小さな予備バッテリーも持ち歩いてるし、
カメラだって小さな予備バッテリーを2個持ち歩いてるので、2~3泊のキャンプ宴会なら、
緊急用の10000mAモバイルバッテリーだけでも充分・・・だったのでありますが・・・

そう、じつはこれ、LED充電式キャンピングランタン用を主目的に買ったのでありますね。

過日の熊野キャンプでランタンを試したところ、最大光量だと一晩でかなり暗くなることが判明、
ま、バッテリー残量表示は4から3になっただけで、三晩ぐらいなら使えないこともないのですが、
やはり日増しにタープ下の宴会場が暗くなっていくのは、ちと寂しいもの・・・

つーことで、毎朝これで充電しておけば、永遠に明るいキャンプ宴会が楽しめると考えた次第!!!
ええ、これのUSBポートは2つで、わたくし上記ランタンはまだ2個しか持ってないし・・・あははは



と、さっそくフィールドテスト・・・は熊野キャンプから帰ったばかりなのであきらめ・・・

DSCN2293

自宅ベランダの物干し竿で・・・



DSCN2294

洗濯物を押し退け、洗濯挟みで固定して充電を開始・・・

ちなみにネットの書き込みによると、リュックなどに付けて充電しながら山道を移動するのは、
岩や枝に当たって損傷する可能性が高いので避けた方がいいとのことでした。なるほど・・・
ま、わたくしは宴会場キャンプサイトに着いたら、まず移動することはありませんが、
このサイズと重さだと、担いで移動するキャンプに持って行くかどうかは期間によるでしょうね。



DSCN2291

ランタン本体は二重断熱したソフトクーラーボックスに入れフタは開けておきました。
ひとつは4段階の電池残量表示が1になったもの、もうひとつは3になったものであります。

ちなみにチャージャーを室内で一枚開いた段階でUSBポートが赤く点灯しました。
日陰や室内でも、ある程度の充電は可能なんでしょうね。

さらに別の書き込みでは、暗くなって赤点灯が消えたら、一度ケーブルを抜いてやらないと
そのままでは再充電できないとありましたが、実際にはどうなんでしょう?

この日の天候は(やや薄曇の)晴れ、朝10時から夕方5時まで充電してみて、最終的にはどちらも、
4の点滅(充電中)表示のままでした。(満充電になると4の点灯表示になります。)
ま、バッテリーチェックモードではどちらも4になってたので、いちおー充電できたのでしょう。

で、出力DC5V・3A、片方最大2.4Aとゆースペックで薄曇の晴れで7時間、公称11200mAの電池を
二つ同時に充電して、この結果つーことは今回の製品、結局アタリだったのかハズレだったのか、
それともランタン側の電池がアタリだったのかハズレだったのか・・・
わたくし電気の知識はまったくないので、どなたか教えて下さいね!!!

ちなみにパネル本体は直射日光でけっこう暑くなってましたが、ソフトクーラーに入れたランタンは
そんなに熱くなっておらず、宴会場キャンプサイトでもこの方法で充電するつもりです。
ええ、このランタン、缶ビールとほぼ同サイズで防滴仕様なので、一緒に入れておけるし・・・




災害時の備えとして役に立つ(かもしれない)P.S

以前買ったAnkerのモバイルバッテリーが10000mA、上記ランタンが1個あたり(公称)11200mAの
モバイルバッテリーとしても使えるようですから、これらと今回のソーラーチャージャーを自宅に
常備しておけば、長期停電時でも最低限の灯りと電子機器への充電には対応できると考えています。

熱源については、キャンプ宴会では今はカセットコンロがメイン、ボンベを余分に備蓄しておけば、
災害時にはIHヒーターやガスコンロの代わりとして使えます。
ま、わたくしのようにボンベが3本198円の特価になった際に、ついつい余分に買ってしまい、
自宅に何十本もごろごろしているとゆーのは、災害時には逆に危険なのかも知れませんが・・・

水については、特に集合住宅の場合、停電になると上水道が使えなくなり水汲みも大変ですので、
わたくしはトイレ用には浴槽をいっぱいにして、飲用・調理用はポリタンクに貯めています。

食料については、これもキャンプ宴会での予備用やお夜食・つまみ用としてのレトルトや缶詰、
即席麺やパック飯などを(やはり特価になった際に)多めに購入して備蓄しています。

食料についてはローテーションが重要ですし、水についても定期的に交換する必要がありますが、
ま、水道水ならポリタンクに密閉して冷暗所に保管しておけば少なくとも数ヶ月は大丈夫でしょうし、
食料についても、少々賞味期限が過ぎたとしても、それはそれで熟成されてですね・・・ばくばく

ただし電源だけは、長期の停電となると乾電池やリチウム電池の備蓄だけではちと不安なので、
今回のようなソーラーチャージャーとモバイルバッテリーがあれば安心なのでありますね。

もちろん、さらに大型のソーラーチャージャーや大容量バッテリー、発電機なども考えられますが、
わたくしのキャンプ宴会では不要ですし持ち運びも大変、万一の災害に備えて・・・といっても、
少人数の家族で(医療機器など特別な目的がない限り)、そこまでは要らないと思っています。



m98k at 00:08|PermalinkComments(0) mixiチェック