作例

2021年04月09日

大泉緑地から長居植物園・・・

一昨日、ひさしぶりに大泉緑地から長居植物園へ・・・
ご近所に住むダッシュP18乗りの友人と、シルヴァF8Fで廻ってきました。

ええ、今回は新機軸のカメラを持って・・・

まずは、いつもの大和川右岸をのんびりと遡上・・・

P4070096

菜の花ではなくイヌガラシだそうですが・・・岸辺一面に満開でした・・・



もちろん大泉緑地でも・・・

P4070100


P4070102

いろんな花が、あちこちで満開・・・


いつもの大池・・・

P4070103 (2)


???


そう・・・

P4070105

こんな仕掛けがあったんですね。これまで気づきませんでした。
海辺の屋上露天風呂とか屋上プールとかで見かける仕掛けですね。ばしゃばしゃ



自転車を置いて伐採チップを敷き詰めた「樹のみち」を歩きます。

P4070108





P4070120





P4070109

じゅるじゅる





P4070152





P4070111

満開の八重桜に新緑に青空・・・まさにベストシーズンですね・・・



せっかくなので、トリさんも何枚か撮ってみました・・・

P4070144


P4070150

ツグミさん




P4070159



P4070154



P4070157



P4070161



P4070166

ハッカチョウさん・・・だそうです。




P4070171




P4070170

ヒドリガモさん・・・だそうです。


まだ追従AFの設定どころかAFエリアの選択方法さえ分からず、ピントが合ってませんが、
遠くのトリさんを撮るのに
300mm相当レンズでは、さすがに限界もあるようです。


と、次は長居公園へ・・・軽く???途中のスーパーで買い出しを済ませてから・・・

P4070180

いそいそと長居植物園へ入りました・・・


ここでもトリさんの観察・・・ではもちろんなく・・・

P4070183

待ちに待った昼食宴会であります!!!



今回のもうひとつの新機軸・・・

P4070184


P4070185

白濁(しろにごり)とゆーベルギービール、濁りビールなので逆さに並べてありました。
ま、お味の方は二人の好きなホワイトベルグに似てましたが・・・


で、ごくごくばくばくやってると・・・

P4070194

人慣れしたスズメさんがやってきて・・・





P4070189

「どれどれ、大したモノはなさそうやな・・・」と、飛び去って行きました。あははは



もちろん、こちらの植物園でも・・・

P4070199


P4070201

何とかフィリアとかが満開で・・・



P4070205

こんなタープ欲しいなあ・・・




P4070204




P4070207

桜花と新緑と青空の競演・・・まさにベストシーズンでした。ひっく

で、いつもどおりふらふらになり、いつもどおりふらふらと自転車を押して帰宅した次第。

この日は朝10時半の出発で5時半の帰宅でしたが、走行距離は(歩行距離も含め)20kmほど、
平均時速は歩行を含めて12km/hほど、走行時はおそらく16km/hほどだったんでしょうが、
ひさしぶりに緑地と植物園を(少しだけ)歩いたので、まあ、よしとしましょう。
摂取カロリーが消費カロリーを遥かにオーバーしたのは別として・・・げふっ




m98k at 00:09|PermalinkComments(0) mixiチェック

2021年04月02日

お勉強中!!!

新年度4月に入りました・・・

新生活、新職場、新学年などなど、みなさんのライフサイクルに合わせて、
わたくしも、ヒマなので新たな気持ちで!!!お勉強中なのであります。

そう、はじめて(自分用の)ミラーレス一眼を買ったので、あらためて写真のお勉強をして、
それなりに使いこなせるようになろうと・・・えらいぞ98k!!!



まずは機種別(OM-D E-M5 MarkⅢ)のマニュアル本から・・・

DSCN9369

ええ、まだ使い慣れたニコン・クールピクスS9700で撮ってましゅが




どれどれ・・・

DSCN9350

ふむふむ・・・このあたりは基本中の基本・・・
このあたりだけでも・・・覚えられそうにないな・・・ううっ



こちらは個性的な機能とか交換レンズとか・・・

DSCN9351

アートフィルターにはブリーチバイパス(銀残し!!!)まであるのね・・・
HDR撮影とか三脚ハイレゾショットとかプロキャプチャーとかブラケット撮影とか・・・
どれも面白そうだけど、やはり覚えきれないな・・・

レンズ群は(wingさんが)いっぱい持ってるので、それを横取りするにしても・・・
わたくし現場でレンズ交換なんて滅多にしないだろうしなあ・・・


目次だけでも最後まで・・・ぺらぺら・・・

DSCN9352

「生き物の一瞬の動きを捉える」とか「料理をおいしそうに表現する」とかは魅力的・・・
そんな項目があったことさえ、おそらく覚えていないだろうけど・・・




DSCN9353

ま、こちらの本は図書館にはなかったので、思い切って新刊購入したことだし、
ポケットサイズで小型軽量だし、撮影の際に持ち歩けばいいか・・・ぱたん



で、次はこちら・・・

DSCN9382



同じく目次のみ・・・ぺらぺら

DSCN9383


DSCN9384



DSCN9385


DSCN9386

風景をアートに変える12のメソッドと四季ごとのテクニックね・・・ふむふむ

どれも作例が素晴らしく比較説明も分かりやすかった・・・のですが・・・
基本的に三脚の使用やRAW画像での編集を前提とされてるようで、風景をアートにするには、
やはりそれなりの機材と技術と知識と手間暇が必要なんですね・・・
とてもここまでは辿り着けないな・・・ぱたん




せめて基本の構図ぐらいは・・・お勉強したのは半世紀前だったし・・・

DSCN9296

こちらもなかなか見事な構図・・・
黄金分割とか三分割法とか・・・懐かしいなあ・・・ぺらぺら

確か歌舞伎の中村勘三郎さんの言葉だったと記憶してますが、
「型がある人がやるのが型破り、ない人がやれば型無しになる」とか・・・
ま、わたくしは昔からずっと「型無し」ばかり撮ってますが・・・あははは




と、さらに色彩も・・・

DSCN9311

なかなか見事な色彩バランス・・・
減法混色(赤・青・黄)は反射側で混ぜると黒、加法混色(赤・緑・青)は発光側で混ぜると白で、
デジタルカメラはこちらの考え方・・・
色相環に補色に類似色に進出色に後退色・・・ふむふむ

昔お勉強してたのはモノクロの世界でしたから、何のことやらさっぱりと・・・
そう、モノクロフィルムまでは現像・引き伸ばしの段階でも、自分で様々な工夫をしてたけど、
カラーフィルムになった時点できっぱりと断念、ところがデジタル時代になってからは、
色合いなどの工夫も自分でできるようになったのですが、すでにその気力が・・・
そう、撮影時の色合い補正さえ滅多にしなくなったし・・・



・・・と色彩もあきらめ、あらためて露出のおさらい・・・

DSCN9315

こちらもなかなか見事な作例・・・ぱらぱら
ちなみにこちらはベストセラー「露出を極める」の続編で現場での問題と解決法が中心。

さすがにシャッターと絞りの関係や、レンズの焦点距離や絞りによる遠近感や被写界深度の違い、
ISO感度(昔はASA感度!!!)の違いなどは、モノクロフィルム時代と基本的に変わらないので、
感覚的には何となく理解できました。
ま、意図どおりの設定ができるかはどうかは別として・・・

フォーサーズでも(
フルサイズには及ばないけど)、1/2.3センサーのコンデジよりは、
絞り操作が使えるので、被写界深度とかも意識して撮るようになるのかな・・・
でも、すっかりフルオート撮影に慣れてしまってるからなあ・・・
ま、ズームレンズの焦点距離の違いぐらいでいいか・・・

・・・ぱたん ぱたん ぱたん


と、こちらの3冊も、ぱらぱらと眺めただけですが・・・

DSCN9317

この「極める」シリーズは世界中で売れてるようで「露出を極める」が35万部とありますが、
現在では世界7ヶ国で100万部を突破、さらに3月22日に全面改訂版が出たようです。

著者が
写真教室もされてるからか、作例比較も分かりやすく実践的で、撮影時の苦労話や
作品への思いが書かれたコメントも興味深かった・・・のですが・・・
やはり今のわたくし、撮影中にめんどーな設定変更はしないんだろうなあ・・・




自分の写真で(たまたまを除き)、他人からの共感や感動を得るには、やはりそれなりの
機材と技術と知識が必要なのは、今も昔も変わらないでしょうが、デジタルになってから、
発表の機会も含め、
写真を取り巻く環境がフィルム時代とは大きく変化しましたね。
好きなだけ撮れてパソコンひとつで編集・保存できるし世界中に公開(発表)できるし・・・

ただし、どんなに写真を取り巻く環境が変わっても、いくら機材や技術や知識を揃えても、
「センス・オブ・ワンダー」の感性が低ければ、決して
共感や感動を得るような作品には
ならないでしょうし、そこが「いい写真」の基本であり原点でしょう。

いっぽうで、どれだけの時間と労力(とカネ)を写真に使うか、つーのも大きな要素ですね。
風景写真の場合なら、撮影場所・季節・時間・天候などの事前調査から現地のロケハン、
当日の機材の運搬からセッティング、撮影時の構図や色彩や露出の工夫などなど・・・
に、自分が
どれだけの時間と労力(とカネ)をかけられるか・・・

もちろん撮影後の編集も、思い通りの作品にするには重要なんでしょうが、この著者は、
できるだけ撮影時にカメラで工夫して、編集は慣れ親しんだフジクロームやコダックの
「信頼できる色」を実現するために、フォトショップの「特定色域の選択」を使うぐらいで
最小限にしている、なぜなら一枚一枚が自分の人生のかけがえのない瞬間の記録だから・・・
と書かれてました。

ま、今のわたくし(センスはともかく)時間はあるはずなんですが、労力(とカネ)については、
撮影や編集に費やすより、その前後の「まずは一杯」に費やすことを最優先・・・



とっ、ともかく、この著者も言っておられるとおり・・・

DSCN9301

「内から、わき上がる思いに身を任せ」れば、いいのでありますね!!!

・・・

・・・

・・・

うぐぐぐ・・・

飲み過ぎによる胃液以外、何もわき上がってきませんが・・・ぐえっ



m98k at 00:02|PermalinkComments(0) mixiチェック

2021年03月26日

いつものお花見・・・

本日は、夫婦で「いつものお花見」・・・

ええ、新しいカメラを持って・・・




いつもの公園へ・・・

P3260016


P3260018


P3260017







いつもの(人慣れした)サギさん・・・

P3260021



P3260033



P3260053






いつものカメさん、ハトさん、カルガモさん・・・

P3260080






いつもの宴会セット・・・

P3260020




P3260056






そして・・・

P3260086



P3260083

いつもの桜花・・・

ありがたし、ありがたし・・・





m98k at 18:45|PermalinkComments(2) mixiチェック

2021年03月20日

ひさしぶりの試し撮り

ま、前回記事の続きとゆーか・・・

ひさしぶりに買ったカメラ、オリンパスOM-D E-M5mk3と14-42・14-150ズームレンズで、
ひさしぶりの試し撮りであります。

ターゲットは自宅から見える大阪ハルカスビルで直線距離は約3.8km・・・
ま、優秀なスナイパーで50口径ライフルなら、ひょっとしてヒットできるかも・・・

画像サイズはラージ(5184×3888)、圧縮率はファイン(1/4)、どちらも初期設定のままで、
手ぶれ補正やAFモードなども、ぜーんぶ初期設定での手持ちオート撮影。
ええ、設定を操作するなんて、めんどーなことはしない主義だし・・・

(ちなみに記事にアップされる画像は1280×960サイズに変換されてます。)



まずは14-42ズームの広角側14mm(35mmフィルム換算では28mm相当、以下同じ)

P3180012

1/1000秒 f/6.3 ISO200 やはり24mm相当ぐらいは欲しいかなあ・・・



次に14-42ズームの望遠側42mm(84mm相当)

P3180013

1/800秒 f/8 ISO200 ま、ふだんのスナップには、このズームで充分か・・・





で、こちらが14-150ズームの広角側14mm(28mm相当)

P3180014

1/800秒 f/7.1 ISO200 とーぜん14-42ズームと画角は一緒です。




同じく14-150ズームの望遠側150mm(300mm相当)

P3180011

1/1250秒 f/5.6 ISO200

さすがに300mm相当では展望階に立つターゲットの表情までは撮れないようです。

うーむ、近くに寄れない鳥さんや動物さんや蟲さんなんぞを、どうやって撮るか・・・
ま、wingさんの100-400(200~800mm相当)ズームを横取りするのは最終手段として・・・

現用ニコンクールピクスS9700の光学ズーム750mm相当・電子ズーム4倍で3000mm相当!!!
とまではいかないけど、こちらはレンズもセンサーもS9700よりは、かなり大きいので、
ラージサイズで撮っておいて、あとでトリミングすればいいのか・・・

でも、撮影後にトリミングなんて、めんどーなことはしない主義だし・・・

こちらの電子ズーム(オリンパスではデジタルテレコン)は2倍なので600mm相当になるはず、
むしろ、今後はそっちで撮っておく方がラクそう・・・
そう、いい加減なブログサイトにアップするだけだし、画質なんて誰も気にしないし・・・

と、この撮影後に、はじめて取説を開いてデジタルテレコンの項を見てみると・・・
1「撮影メニュー1からデジタルテレコンを選択してOKボタンを押します」
2「Onを選択しOKボタンを押します」
3「MENUボタンを押して、メニューを終了します」・・・とありました。
って、そもそも「撮影メニュー1」って何なの??? どうすれば出てくるの???
ええ、取説を最初から読むなんて、めんどーなことはしない主義だし・・・

S9700なら光学ズーム最大750mm相当から、そのまま電子ズーム領域に入ってたけど、
こちらの機種は、いちいち撮影メニュー1とかからOnOffしないといけないようです。

うーむ、撮影中にも、めんどーなことはしない主義だし・・・はてさて・・・



m98k at 00:20|PermalinkComments(0) mixiチェック

2020年10月13日

磯歯津路とかふらふらde企画会議???

ええ、先週末に磯歯津路(しはつみち)とかをふらふらして企画会議でふらふらに・・・

そう、チームフラッシュ光の第3回企画会議(名目の飲み会)をみなさんに声掛けしたところ、
今回はなかなか日程調整がつかず、しかも台風14号の接近で開催そのものが危ぶまれ・・・
ったく、チームフラッシュ光つーのは、台風と仲がいいのね・・・

で、事前の(少人数でも飲みたかった)wingさんとのやりとり・・・

前回同様、わたくしの実家でやるなら長居にある自然史博物館と植物園に行きましょう。
ただし土日祝の駐車料金は高いので実家からは自転車で、公園までは2.5kmほどです。」

「いやいや撮影機材を持って自転車なんてとんでもない。一人でも歩いていきます。」

「そーいや貴方は最近『自転車は室内で改造を楽しむだけ派』に転向されてましたね・・・
ま、どうせ歩くのなら
「まぼろしの磯歯津路」候補地のひとつ、住吉街道を歩きましょう。」

つーことになった次第。

参加者はわたくし98kとwingさん、それにボルネオ植林ボランティア第22次隊に参加された
ちかこさんの3人でした。彼女も街歩きや自然観察や宴会は大好きだし、ご近所だし・・・

で、わたくしとちかこさんは自転車でわたくしの実家へ行き10時にwingさんと合流・・・
の予定だったのですが、定刻を過ぎてもwingさんは来ず、いつもの「道迷った」メールが・・・

「って、前回はY原さんのクルマの助手席でナビやって、迷わず来てたやないかっ!!!」

「いや、助手席からは指示できたのですが自分で運転してたら、どーゆーわけか・・・

「ったく、すでに何回も来てるとゆーのに・・・ぶつぶつ・・・」

と、土曜日の10時半過ぎに、ようやくわたくしの実家を出発、まずは住吉大社まで・・・

台風の通過で降り続いていた雨も、ほぼ止んで・・・

DSCN7483

道路舗装の色が変わるあたりが、現在の住吉街道の起点であります。




DSCN7484

ちょうど境内にある「楠珺社(初辰さん)」の東門になります。

ここから境内を西に下れば紀州街道なんですが、5世紀ごろは、まだ複雑に入り組んだ入り江、
住吉津(すみのえのつ)と呼ばれた当時の国際貿易港で、呉からの使者や織姫たちを迎えるため、
雄略天皇が奈良の都までの道を整備したのが「磯歯津路(しはつみち)」と日本書紀に・・・

ま、この一帯ではあちこちで当時の遺構が発見されてて、古くからの道もあちこちにあるので、
正確な「磯歯津路」ルートについては、未だ特定されないようですが、とりあえず今回は、
その有力説のひとつである「住吉街道」ルートを東へ歩きます。

DSCN7486

台風の動きが遅かったので、またパラパラと降り出しましたが、とりあえずスタート・・・
びみょーに曲がっているのが、いかにも旧街道らしいです。





DSCN7487

老舗の味噌店「池田屋」さん・・・高灯籠のミニチュアが目印で、南北の道が熊野街道、
東西の道が住吉街道で往年の幹線道路の交差点、商業地としては一等地だったんですね。


ま、

DSCN7488



DSCN7489

こんなのが睨みつけてましたが・・・




このあたり・・・

DSCN7490

旧家や・・・




DSCN7491

古いお寺も僅かに残ってます。




しばらく東へ進んで・・・

DSCN7493



DSCN7495

阿倍野筋を渡ります。
わたくしが小学生の頃、ここから東には田んぼや畑が多かったのですが・・・






DSCN7496

なんて読むんでしょうね・・・






DSCN7497

元祖スタミナラーメンかぁ・・・そろそろお腹も空いてきたな・・・じゅるじゅる





DSCN7498

今は拡幅され、ほぼ直線になってますが、狭い旧道はぐねぐね曲がってたんでしょうね。



住吉街道(磯歯津路?)は大きく南東へ曲がります。

DSCN7499

左が磯歯津路かも知れない住吉街道で、さらに進むと・・・




DSCN7500

今は東西の幹線道路になってる長居公園通りに出ます。
ここから喜連までは、ほぼこの通りに沿って磯歯津路があったとされています。


で、長居公園に入る頃には・・・

DSCN7501

雨は完全に止み・・・


西の空は晴れてきました。

DSCN7503

ちなみにこの周回路は14周ちょいで42.195km、この日は記録会もあったようです。


と、公園内もひいひい歩き続けて・・・

DSCN7505

「ふうふう、ようやくあと400mか・・・ところでwingさんは?」



DSCN7506

「待ってくれい!!! ズームレンズが重いよう・・・ひいひい・・・」

「だから自転車にしようと言ったのに・・・ぶつぶつ・・・」



DSCN7507



DSCN7508

と、ようやく自然史博物館・植物園に到着・・・
距離は3kmほどでしたが、ここまで1時間以上かかりました。



自然史博物館と植物園については最近も紹介したのでさくさくっと・・・

DSCN7511


DSCN7514

ハトさんの骨格標本・・・なのかっ???


ま、

DSCN7518

鳥類は恐竜類からの直系、翼竜類とは別の系統なんですね。


ヒトさんの骨格標本・・・

DSCN7520

にしては手が長いな・・・



ボルネオ島でおなじみになったウータンくんの骨格標本・・・

DSCN7523

にしては手が短いな・・・



わたくしの大好物のモクズガニさん・・・じゅるじゅる

DSCN7535

そーいや、とっくにお昼を過ぎてるな・・・がるるる


と、今回もいちおー全展示を見て廻り、植物園へ・・・

DSCN7538

入った頃から、またまた雲行きが怪しくなってきましたが・・・


とりあえず、

DSCN7540

あべのハルカスビルは見えました・・・





池には・・・

DSCN7596



DSCN7597

ワニさんもいるのかっ???


園内のバラ園では、ちょうど秋のバラが咲いてたので、少しだけご紹介・・・

DSCN7543

ブルー・バユー・・・だそうです。




DSCN7548

ダブル・デライト・・・だそうです。




DSCN7550

ローズ・オオサカ・・・だそうです。



ちなみに・・・

DSCN7555



DSCN7560


DSCN7559

ダリアも満開でしたがwingさんは中に集まる蟲さんばかり、テレマクロで撮ってました。



で、フジバカマが咲いていると最新案内にあり、偶然ちかこさんが育てておられたので・・・

DSCN7561

現在地から万葉のみちへ・・・



DSCN7568

ま、こちらのフジバカマは、まだ少し早かったので・・・


帰りがけにゲート前で撮った鉢植えのフジバカマ・・・

DSCN7603

なかなか見事であります。


ちなみに・・・

DSCN7569

秋の七草のうち、野生のナデシコ・オミナエシ・フジバカマ・アサガオ(キキョウ)は希少種に
なってるとか、逆にクズは外来種として世界中あちこちで大繁殖して迷惑がられてるとか、
ハギは草ではなく木なので山上憶良の解説のとおり「秋野の七種」が正しいとか・・・

橿原市昆虫館の開館30周年記念シンポジウムで教わりましたよね、wingさん!!!
ま、フジバカマとアサギマダラの関係ぐらいしか覚えてないだろうけど・・・


と、台風の長雨で増水しボルネオのジャングル・クルーズみたいになってた・・・

DSCN7594

歴史の森あたりで、再び雨が降ってきて、いそいそと植物園を出ました。



時刻はすでに午後3時、本来なら実家に戻って昼食宴会の予定だったのですが、
とーぜんそれまで我慢できず、公園近くの「ぎょうざの満州」にて・・・

DSCN7607

まずはプレモルで乾杯であります。




DSCN7608

ちかこさんも、ここの餃子は初めてのことでしたが大好評でした。





DSCN7609





DSCN7610





DSCN7614

と、期間限定でお安くなってたスーパーチューハイも追加して完食完飲・・・

ここの餃子がすっかりお気に入りになったちかこさん、やはり曜日限定でお安くなってた
冷凍餃子を買い求め、溶けないうちに早く帰ろう、と歩き出したのですが・・・

「ひさしぶりに歩いたので脚が痛くなってきたぞ・・・うぐぐぐ」と98kさん

「やはり自転車で来ればよかったんですよね。」とちかこさん

「でも自転車だと飲酒運転ですよ、この状態は・・・」とwingさん

ま、途中で何とか買い出しもして、5時半には無事に実家に到着・・・ひいひい

とりあえず冷凍餃子を冷凍室に入れてから、「まずはビールで(二度目の)乾杯!!!」

DSCN7620_LI




で、次の赤ワインのフルボトルも、あっとゆー間に空けてしまい・・・

DSCN7621




さらにオンザロックでかぱかぱ飲んでた球磨焼酎もほぼ空になってくると・・・

wingさんがライト類をはじめ、いろんなおもちゃを取り出してきて・・・

「これが最近ハマってるおもちゃです。」と・・・

せっかくなので動画でご紹介・・・



そう、カメラ付きのドローンで遊びました。
ま、カメラ映像をスマホに送るキットは忘れてきたようですが・・・

と、翌日は早出の出勤だとゆーちかこさんでしたが11時過ぎまで飲んで騒いで無事に?帰宅、
その後も飲み続けた二人は完全に出来上がった状態で、深夜の買い出しへ・・・

殆どの記憶はとんでますが、午前2時にカレーを食べつつビールを飲んでいた・・・
とゆー記憶だけは消化器系が覚えてました。

で、翌日は10時過ぎに起床、二人とも買った記憶のない食べ物や飲み物が、どーゆーわけか
いっぱいあったので、それらを延々と食べつつ飲みつつ、ヲタ話やライト談義をしつつ、
ボルネオ映像を眺めつつだらだらと、結局二人が解散したのは日曜日の夕方でした。

で、今回の企画会議???での決定事項なんですが・・・
ま、落ち着いたら、てきとーにメンバー揃えて行きましょう、つーことで・・・どっとはらい



やや不安なP.S

今回はひさしぶりに10km(ちかこさんのスマホによれば12km)以上は歩いたのですが、
わたくし帰路では、かなり脚にきてました。
春からロードバイクを再開して、もう大丈夫と思ってたのですが、やはり自転車と歩行では
使う脚の筋肉も異なるんでしょうね。翌日はロードバイクでそれなりに漕いだ翌日とは、
まったく違う部分に痛みが残ってましたし・・・
昨年秋のチームフラッシュ光の下見ツアーの頃よりは、かなり歩けるようになってましたが、
今後はハイキングとかにも行って歩行筋肉も鍛えないと、本番ツアーに行けませんね。

(追記です)
この記事をアップする直前に、wingさんとN嶋さんからいただいた情報によると、
マレーシアではクアラルンプールやボルネオ島サバ州でロックダウンがはじまったようで、
クアラの空港が閉鎖されると、ボルネオ島サラワク州へ行くのも困難になりますね。
少しでも早く感染拡大が落ち着いてくれるといいのですが・・・
このままだと、ずっと今回みたいな企画会議(名目の飲み会)が続くことになりますし・・・
ま、それはそれで楽しいのですが・・・




m98k at 00:14|PermalinkComments(0) mixiチェック