写真用品

2021年04月06日

カメラ用ライトホルダー!!!

とーとつですが・・・

カメラ用のライトホルダー(ブラケット)を自作!!!もとい自宅!!!で見つけました。


じゃーん

DSCN9442




DSCN9423

十数年前に買った小型三脚「ウルトラポッド」であります。

そう、トレッキングポール(ストック)や樹木などに本体の両面ファスナーを巻き付けて
カメラを固定することもできる、小型軽量のミニ三脚・・・



で、たたんだ状態では・・・

DSCN9446

三角になった溝の外側に両面ファスナーがしっかりと固定されてます。

つーことは・・・



そう、ここに愛用のフラッシュライトを載せて・・・

DSCN9448




本体の両面ファスナーを巻き付ければ・・・

DSCN9449

まさにライトホルダーだったのでありますね!!! ぱちぱちぱち  



で、これをカメラの三脚取付穴にねじ込めば・・・

DSCN9436


DSCN9431


DSCN9439 (2)

たちまちカメラ用ライトホルダーに変身!!! ぱちぱちぱちぱちぱち    




雲台付きなので角度調整もできますし、被写体との距離に応じて・・・

DSCN9451


DSCN9452



DSCN9453

カメラに取り付けたままでの位置変更も可能!!!



ま、レンズの前方に光源があるとマズイので、こんな短いレンズの場合は・・・

DSCN9462

逆に取り付けるでしょうが、この位置でも干渉せずファインダーも覗けました。
さらに光源を離したい場合には、さらに下部や後部にセットすることも可能。

これで・・・

わざわざライト用にブラケットを持つこともないし、ライト類はEDCしてることだし、
ライトを照射しつつ両手でカメラを保持・操作することができます。
ま、わたくしが補助光を使う高度な撮影をするかどーかは別として・・・




さらに、このライトホルダーは何と・・・

DSCN9440

小型三脚にもなる!!!のでありますね!!!・・・どっとはらい




(どーでもいいP.S)
こんなことして自宅で遊んでるぐらいなら、カメラを持って出かければいいものを・・・
いやいや撮影の実践より、まずは道具の充実・・・でもないか・・・うぐぐぐ




m98k at 20:06|PermalinkComments(0) mixiチェック

2021年04月02日

お勉強中!!!

新年度4月に入りました・・・

新生活、新職場、新学年などなど、みなさんのライフサイクルに合わせて、
わたくしも、ヒマなので新たな気持ちで!!!お勉強中なのであります。

そう、はじめて(自分用の)ミラーレス一眼を買ったので、あらためて写真のお勉強をして、
それなりに使いこなせるようになろうと・・・えらいぞ98k!!!



まずは機種別(OM-D E-M5 MarkⅢ)のマニュアル本から・・・

DSCN9369

ええ、まだ使い慣れたニコン・クールピクスS9700で撮ってましゅが




どれどれ・・・

DSCN9350

ふむふむ・・・このあたりは基本中の基本・・・
このあたりだけでも・・・覚えられそうにないな・・・ううっ



こちらは個性的な機能とか交換レンズとか・・・

DSCN9351

アートフィルターにはブリーチバイパス(銀残し!!!)まであるのね・・・
HDR撮影とか三脚ハイレゾショットとかプロキャプチャーとかブラケット撮影とか・・・
どれも面白そうだけど、やはり覚えきれないな・・・

レンズ群は(wingさんが)いっぱい持ってるので、それを横取りするにしても・・・
わたくし現場でレンズ交換なんて滅多にしないだろうしなあ・・・


目次だけでも最後まで・・・ぺらぺら・・・

DSCN9352

「生き物の一瞬の動きを捉える」とか「料理をおいしそうに表現する」とかは魅力的・・・
そんな項目があったことさえ、おそらく覚えていないだろうけど・・・




DSCN9353

ま、こちらの本は図書館にはなかったので、思い切って新刊購入したことだし、
ポケットサイズで小型軽量だし、撮影の際に持ち歩けばいいか・・・ぱたん



で、次はこちら・・・

DSCN9382



同じく目次のみ・・・ぺらぺら

DSCN9383


DSCN9384



DSCN9385


DSCN9386

風景をアートに変える12のメソッドと四季ごとのテクニックね・・・ふむふむ

どれも作例が素晴らしく比較説明も分かりやすかった・・・のですが・・・
基本的に三脚の使用やRAW画像での編集を前提とされてるようで、風景をアートにするには、
やはりそれなりの機材と技術と知識と手間暇が必要なんですね・・・
とてもここまでは辿り着けないな・・・ぱたん




せめて基本の構図ぐらいは・・・お勉強したのは半世紀前だったし・・・

DSCN9296

こちらもなかなか見事な構図・・・
黄金分割とか三分割法とか・・・懐かしいなあ・・・ぺらぺら

確か歌舞伎の中村勘三郎さんの言葉だったと記憶してますが、
「型がある人がやるのが型破り、ない人がやれば型無しになる」とか・・・
ま、わたくしは昔からずっと「型無し」ばかり撮ってますが・・・あははは




と、さらに色彩も・・・

DSCN9311

なかなか見事な色彩バランス・・・
減法混色(赤・青・黄)は反射側で混ぜると黒、加法混色(赤・緑・青)は発光側で混ぜると白で、
デジタルカメラはこちらの考え方・・・
色相環に補色に類似色に進出色に後退色・・・ふむふむ

昔お勉強してたのはモノクロの世界でしたから、何のことやらさっぱりと・・・
そう、モノクロフィルムまでは現像・引き伸ばしの段階でも、自分で様々な工夫をしてたけど、
カラーフィルムになった時点できっぱりと断念、ところがデジタル時代になってからは、
色合いなどの工夫も自分でできるようになったのですが、すでにその気力が・・・
そう、撮影時の色合い補正さえ滅多にしなくなったし・・・



・・・と色彩もあきらめ、あらためて露出のおさらい・・・

DSCN9315

こちらもなかなか見事な作例・・・ぱらぱら
ちなみにこちらはベストセラー「露出を極める」の続編で現場での問題と解決法が中心。

さすがにシャッターと絞りの関係や、レンズの焦点距離や絞りによる遠近感や被写界深度の違い、
ISO感度(昔はASA感度!!!)の違いなどは、モノクロフィルム時代と基本的に変わらないので、
感覚的には何となく理解できました。
ま、意図どおりの設定ができるかはどうかは別として・・・

フォーサーズでも(
フルサイズには及ばないけど)、1/2.3センサーのコンデジよりは、
絞り操作が使えるので、被写界深度とかも意識して撮るようになるのかな・・・
でも、すっかりフルオート撮影に慣れてしまってるからなあ・・・
ま、ズームレンズの焦点距離の違いぐらいでいいか・・・

・・・ぱたん ぱたん ぱたん


と、こちらの3冊も、ぱらぱらと眺めただけですが・・・

DSCN9317

この「極める」シリーズは世界中で売れてるようで「露出を極める」が35万部とありますが、
現在では世界7ヶ国で100万部を突破、さらに3月22日に全面改訂版が出たようです。

著者が
写真教室もされてるからか、作例比較も分かりやすく実践的で、撮影時の苦労話や
作品への思いが書かれたコメントも興味深かった・・・のですが・・・
やはり今のわたくし、撮影中にめんどーな設定変更はしないんだろうなあ・・・




自分の写真で(たまたまを除き)、他人からの共感や感動を得るには、やはりそれなりの
機材と技術と知識が必要なのは、今も昔も変わらないでしょうが、デジタルになってから、
発表の機会も含め、
写真を取り巻く環境がフィルム時代とは大きく変化しましたね。
好きなだけ撮れてパソコンひとつで編集・保存できるし世界中に公開(発表)できるし・・・

ただし、どんなに写真を取り巻く環境が変わっても、いくら機材や技術や知識を揃えても、
「センス・オブ・ワンダー」の感性が低ければ、決して
共感や感動を得るような作品には
ならないでしょうし、そこが「いい写真」の基本であり原点でしょう。

いっぽうで、どれだけの時間と労力(とカネ)を写真に使うか、つーのも大きな要素ですね。
風景写真の場合なら、撮影場所・季節・時間・天候などの事前調査から現地のロケハン、
当日の機材の運搬からセッティング、撮影時の構図や色彩や露出の工夫などなど・・・
に、自分が
どれだけの時間と労力(とカネ)をかけられるか・・・

もちろん撮影後の編集も、思い通りの作品にするには重要なんでしょうが、この著者は、
できるだけ撮影時にカメラで工夫して、編集は慣れ親しんだフジクロームやコダックの
「信頼できる色」を実現するために、フォトショップの「特定色域の選択」を使うぐらいで
最小限にしている、なぜなら一枚一枚が自分の人生のかけがえのない瞬間の記録だから・・・
と書かれてました。

ま、今のわたくし(センスはともかく)時間はあるはずなんですが、労力(とカネ)については、
撮影や編集に費やすより、その前後の「まずは一杯」に費やすことを最優先・・・



とっ、ともかく、この著者も言っておられるとおり・・・

DSCN9301

「内から、わき上がる思いに身を任せ」れば、いいのでありますね!!!

・・・

・・・

・・・

うぐぐぐ・・・

飲み過ぎによる胃液以外、何もわき上がってきませんが・・・ぐえっ



m98k at 00:02|PermalinkComments(0) mixiチェック

2021年03月29日

ALPHAのカメラバッグ!!!

今回はカメラ関連記事でミリタリー関連記事!!!

???

そう、MA-1フライトジャケットやM65フィールドジャケットなど米軍サープラス品で知られる、
ALPHA INDUSTRIES アルファ インダストリーズの・・・

DSCN9389




DSCN9387

・・・ロゴ入りの・・・





DSCN9394





DSCN9396



DSCN9397

カメラバッグであります!!! 

外側はオリーブドラブで内側はエマージェンシー・レッド!!!(オレンジ)
そう、昔ながらの定番カラーです。じゅるじゅる



カバンの町・豊岡にあるスワンのライセンス品でサンワサプライの販売だったんですが、

DSCN9390



DSCN9391





DSCN9388

ジッパーもALPHAのロゴ入りですし・・・


織ネームも・・・

DSCN9392


DSCN9393

つーことで、お値段の割にはよくできてました・・・


そう、ようやく買ったカメラとレンズはモンベル・ランバーパックMに収まったのですが、
常に持ち歩いてたEDCキットの行き場がなくなったので、新たに買ってみた次第。

ええ、わたくし本来?のカメラバッグは、小型ミラーレス一眼にはちと大きいし・・・

カメラ単体のケースもいいのですが、わたくしカメラだけを持ち出すことは滅多にないし、
すぐに取り出せるショルダーバッグかウェストバッグなら、ひとつにまとめて持てるし・・・

もちろんカメラ専用ではないバッグ類も、上
記リンク記事のように、しっかりしたインナーさえ
入れておけば安心なんですが、やはり専用品もそれなりに便利かと・・・
さらにこちらはポケットもいっぱいで、ふつーのショルダーとしても使えそうだったし・・・

そう、ランバーパックは基本的にはウェストバッグで、ショルダーバッグとして使うのに、
やはりショルダーバッグも欲しかった・・・ま、これは物欲の問題ですが・・・

ただ、各ポケットにマチがなく、さらにカメラバッグは全体にクッションが入ってるので、
わたくしがカメラ類とEDCキットなどを一緒に持ち歩くには、容量は
やや小さめでしたが、
フラップトップで
高さ調整ができるので、荷物を本体内に積み上げることも可能です。

全体がスリムなので、ナナメがけでボディバッグにしても、首からかけてズタ袋にしても、
あまり違和感はないし、これはこれで、それなりに使えそうです。




さらに・・・

カメラバッグには厚手のクッション材が入ってるので、こんなのを入れると・・・

DSCN9399


DSCN9398

クーラーバッグに変身じゃあ!!!

そう、これからのシーズンは、この使い方がメインに・・・



m98k at 00:12|PermalinkComments(2) mixiチェック

2021年03月18日

性懲りもなくミラーレス一眼・・・

性懲りもなく、またミラーレス一眼カメラを買いました・・・

ええ、奥様用に買ったOM-D E-M1 MarkⅡと12-100PROズームレンズを「使いこなせなさそう」
つーことで次男にプレゼントしたとゆーのに、今度は自分用として・・・あははは

今回はカメラもレンズも、さらに小型軽量なモデルにしてみました・・・

DSCN9321

まずはオリンパスOM-D E-M5 MarkⅢと14-150ズームレンズのキット・・・


と、さらに小型軽量にしたくて・・・

DSCN9328

右上の14-42パンケーキ・ズームレンズつーのも同時購入しました。

フォーサーズ(4/3インチ)サイズなので35mm判換算だと、28~300mmのズームレンズと
28~84mmのズームレンズを持ったことになります。

焦点距離がカブるのには最後まで抵抗があったのですが、ふだん常用するのは14-42つーことで、
望遠側も欲しい山歩きや自然観察、特に砂漠や熱帯雨林では、わたくしにレンズ交換する余裕など
多分ないはずなので、その際には14-150を付けっぱにしておけばいい・・・
と、ようやく決断したのでありますね。

ええ、これまでずっと、いろんな組み合わせで、うじうじと悩んでましたが・・・

わたくし、自分用のカメラでオリンパス製つーのは半世紀前まで愛用してたペンD3以来・・・
フィルム時代にはずっとOM-1に憧れてたけど、当時はとても買えなかったし・・・
(ちなみに上記ペンD3記事、はじめてalaris540さんからコメントをいただいた記事で、
あれからもう16年・・・うるうる)

特に今回のOM-D E-M5mkⅢの外観は、ペンタ部とか昔のOM-1を彷彿とさせてくれます。


付属のバッテリーを充電して、とりあえずレンズとかをセット・・・

DSCN9336

右は大きさ比較用の「98k様ご愛用」ライト・・・
この組み合わせなら確かに小型軽量で、高級コンデジとそんなに変わりませんね。

14-42レンズにはカメラの電源オン・オフで自動開閉するキャップも装着しました。
このキャップ、お安いレンズ本体の2割ちかいお値段なんですよね。ううっ
でもコンデジなみにお気楽に使いたかったし・・・外したレンズキャップはよく失くすし・・・


軍艦部(上部)であります。

DSCN9339

なんかダイヤルやボタンやレバーが、いっぱい付いてましゅが・・・
ま、わたくしが操作方法を理解することはないかと・・・
困ったときのwingさん頼み・・・げひげひ


こちらが背面・・・

DSCN9340

撮影している現用ニコン・クールピクスS9700が液晶面に映ってますね。
ちなみに液晶保護には極薄0.1mmゴリラガラスつーのを貼ってみました。

で、32GBのSDカードを本体に入れて初期化、言語や日付の初期設定までは何とか完了。


こちらがキットに付いてた・・・

DSCN9342

14-150ズームレンズと付属のレンズフードであります。
同時購入した安物プロテクトフィルターを付けましたが、12-42パンケーキズームのほうは
自動開閉キャップとフィルターの併用はできないようなので付けてません。

こちらのレンズ、あまり使うことはないだろうけど、前述のとおり山歩きや自然観察などで、
望遠側も欲しい際には常時付けておけばいいし、カメラ本体と同じく防塵防滴仕様なので
砂漠や熱帯雨林でも安心だし、10倍ズームのわりには小型軽量だし、まあいいかと・・・


つーことで、さっそく試し撮り・・・ではなく・・・

まずはカメラとレンズの容れ物を検討・・・

DSCN9344

カメラ用にキャンティーン・カバーのハードインナー、予備レンズ用に100均のポーチ・・・


DSCN9345


ええ、これでとりあえず・・・


DSCN9354

愛用しているモンベル・ランバーパックMには、余裕をもって収まりました。

ま、EDCキットを入れたポーチの行き場がなくなったので、バッグ再考の余地はありますが、
このハードインナーなら衝撃にも安心だし(米軍のキャンティーン・ポーチを電子機器用に
転用するための付属品。サバゲ用コピー品
ですが)、両面ファスナーで容量の微調整もできて、
今後バッグは替えても、インナーケースとして使えそうです。
予備レンズにはペットボトルホルダーもぴったりだったので、いずれそちらも検討・・・

(それから約10日後の追記です)
やはりカメラバッグも追加購入しました。


つーことで、いよいよ試し撮り・・・ではなく・・・


わたくし専用の・・・

DSCN9346

ハンドストラップを自作しました。

ま、自作といっても適当なストラップを自分の手に合わせてカットしただけでしゅが・・・


DSCN9348

けっこう安定しますし、このサイズのカメラとレンズならネックストラップは不要でしょう。
ただし、大口径レンズとかを付けた場合は別ですが・・・
wingさんの100-400を奪うとか・・・


さらに余ったストラップと適当なパーツで・・・

DSCN9347

こんなのも作ってみましたが、やはり大口径レンズ以外には不要かな・・・


ま、そのほかにも・・・

DSCN9331

予備バッテリーやマニュアル本なども同時購入したのですが・・・

これだけ一度に届くと、そろそろアタマがバグってきました・・・おろおろ・・・

さてさて、次は何からはじめればよいのやら・・・うろうろ・・・


(追記です。)
備忘のためカメラとレンズの大きさと重さをメモしておきます。
①E-M5mk3ボディ本体 サイズ125.3×85.2×49.7mm 重量366g

②14-42パンケーキズームレンズ本体 サイズ60.6×22.5mm 重量93g
③14-150ズームレンズ本体 サイズ63.5×83mm 重量285g
①+②サイズ(奥行)72.2mm 重量459g
①+③サイズ(奥行)132.7mm 重量651g

参考(以前、使いこなせなさそうと手放した・・・)
④E-M1mk2ボディ本体 サイズ134.1×90.9×68.9mm 重量498g
⑤12-100PROズームレンズ サイズ77.5×116.5mm 重量561g
④+⑤サイズ(奥行)185.4mm 重量1059g

赤字部分を較べると奥行も重さも4割以下になりました。
これで今度こそ使いこなせる・・・のだろうか???




m98k at 01:40|PermalinkComments(4) mixiチェック

2019年04月22日

昆虫撮影テクニックとか・・・

とーとつですが・・・

最近、昆虫撮影に興味を持たれた方が何人かおられるようですので・・・


まずは・・・

DSCN2156

「(デジタルカメラによる)海野和男の昆虫撮影テクニック 改訂増補版」
海野和男著 2014年5月30日 誠文堂新光社刊
とゆー実用書のご紹介であります。




例によって目次だけ・・・(クリックすると拡大します)

DSCN2158



DSCN2159

ひとくちに昆虫撮影といっても、じつにいろんなテクニックがあるんですねえ・・・

ちなみに昆虫撮影では、フルサイズの一眼レフだけでなく、小さなセンサーのミラーレスや、さらに
センサーの小さなコンデジも、被写体に応じて様々に使い分けるとのことでした。ふむふむ

またフィルムカメラの時代、昆虫撮影は高度な知識・機材・経験を要するプロの世界だったけど、
デジタル時代になってからは進歩も早く、ずっと簡単に撮れるようになった・・・とも書かれてましたが、
そーいやわたくし、フィルム時代に昆虫を撮ろうと思ったことは一度もありませんでしたね。

やがて安物コンデジを使うようになり、簡単に接写やマクロ撮影ができるようになってからも、
たまに花なんぞのクローズアップを撮ることはあっても、昆虫撮影には興味がないままでした。
ま、この本をナナメ読みしてフラッシュライトなどと同じく、沼にハマる世界だと納得しましたが・・・

そう、じつは昆虫好き(だった?)うちの奥様が一昨年、オリンパスOM-D E-M1 MarkⅡを買った際に
合わせて購入してた本だったのでありますね。
で、カメラと同じく買っただけで満足してたようで、本の整理をしてたら新品のまま出てきたとか・・・




つーことで同時に出てきた、もう一冊(やはり新品の)撮影テクニック本もご紹介・・・

DSCN2162


DSCN2161

「(世界一わかりやすい)デジタル一眼レフカメラと写真の教科書 改訂版」
中井精也著 2014年12月1日 インプレス刊であります。



こちらも目次だけ・・・

DSCN2163

中井精也さんのTV番組は、食べ物をじつに美味しそうに食べるので大好きなんですが
まず何をどう撮るか、があり、そのための一眼レフの設定の仕方などのテクニックについて
初心者向けに書かれた入門書ですが、それなりのマニアでもおさらいには最適でしょう。

ちなみに、こちらの本の監修はNikon College、とーぜんニコンのデジイチがメインになってますが、
他のデジイチやミラーレス、コンデジでも使えそうなワザもいっぱい載ってました。

ま、こちらもナナメ読みしただけですが、今のデジイチは、いろんな撮り方や設定が素早く、
自分の思いどおりにできるようになってるんですね。
ただし、それなりに使い方をマスターすれば、のハナシなんですが・・・


どちらも入門書とはいえプロの裏ワザも満載なので興味のある方はご一読を・・・
ただまあ、わたくしには殆ど役立つことはないのではないかと・・・
そう、わたくしがすでにプロ並みの技術と知識を有しているから・・・ではもちろんなく、
安物コンデジでも使えるワザとかもあったけど、他の機器の操作と同じで、まず覚えられないし、
ふと思い出して簡単な設定を変えるだけでも、今はめんどーになってますからね・・・あははは





ぐだぐだとP.S

人に感動をもたらす一枚、あるいはお気に入りの一枚を撮るためには、以前にも書いたとおり、
まず本人の感性・センスだと思ってますが、その上で、ある程度の努力も必要・・・

たまたま素晴らしい一枚が撮れた経験は誰にでもあるでしょうが、自分の感性・センスをそのまま、
写真作品にしたいと思えば、他の創作活動と同様の技術や工夫、機材もそれなりに必要ですし、
さらにそれらを駆使して、時間と労力をかけることが重要になってきます。

今回紹介したようなプロの写真家の場合は、まさにそのために全てを捧げておられるのでしょうが、
アマチュアの場合、素晴らしい感性やセンスを持っていても、どこまで時間と労力(とカネ)をかけるか、
つーことが大きな問題になってきます。ま、プロでも「せめぎあい」はあるんでしょうが・・・

たとえばアウトドアに出かける際、写真を撮ることがメインであったとしても、やはりせっかくなので
山頂も目指したいし、キャンプ宴会も楽しみたい、さらには温泉も家族サービスも・・・
とかなってくるので、みなさん「せめぎあって」おられるのではないでしょうか・・・

ま、今のわたくしはアウトドアでも完全に宴会がメインになってますので、撮影に時間をかけたり、
重い撮影機材を持ち歩くことは皆無ですが(って、そもそも、そんなの持ってませんが・・・)、
ならばスマホで(って、スマホも持ってませんが)、お気楽なスナップ写真だけでいい・・・
とゆーところまでは割り切れず、安物コンデジにも決して満足はしていない・・・のですが、
昆虫撮影の沼にハマるようなことはまずないだろうし、簡単な設定変更さえめんどーだし・・・

ま、とりあえずG7XがMarkⅢになって、少しでも小型軽量になれば機種更新してみるか・・・
そーいや、昔はG7を持ってた時期もあって、あの絵作りは好みだったものなあ・・・
でも最短撮影距離はあまり変わらないだろうし、防塵防滴にもならないだろうし・・・
さらにバリアングル液晶のままだと厚みもそれなりにあるだろうし・・・
でもG9Xだと新しくなってもズーム域やレンズの明るさが・・・
それにダイヤル操作以外で深層まで入って設定変更するのもめんどーだし・・・ぐだぐだぐだ・・・




m98k at 19:22|PermalinkComments(0) mixiチェック