史跡・戦跡・名勝

2022年11月09日

ヒトコブラクダ層ぜっと!!!

とーとつですが・・・

「ヒトコブラクダ層ぜっと」とゆー小説のご紹介

ま、メソポタミアつながりとゆーか、ひさしぶりに読んだ万城目学作品であります

PA281793






著者紹介・発行所・発行年月日などは奥付のとおりですが、
こちらの著者や原案者
ほぼ同時期に京都で学生時代を過ごされてたんですね・・・


PA281795


惹句にもありましたが、まさにローラーコースター小説で、
舞台は日本からイラクへ、
現代からメソポタミア期へと、時空を超えて行ったり来たりで大いに楽しめました。
ちなみにわたくし、
著者の大阪、京都、奈良が舞台の作品は殆ど読みましたが、
海外が舞台の
作品を読むのは今回がはじめてでした。


で、オハナシは・・・
幼い頃、自宅を謎の隕石が直撃して両親が亡くなった、三つ子の兄弟の物語で、三人が別々の
超能力を持ってたものの、ずっと隠して暮らしてきたのが20歳の誕生日に偶然火災に出会い、
三人がそれぞれの超能力を使って他人を無事に救出したことから、それ以降は困っている人を
こっそり・ひっそりと助けるため、協力して超能力を使うようになり・・・
ただし超能力といっても大きな力ではなく「3秒ルール」という限界もあって・・・
(と、この辺りはミュータントSFのパターンですね)

やがて謎の女性が現れ三人に「ヒトコブラクダ層を見つけて欲しい」という謎の依頼をして、
「成功すれば三人の夢を叶えてあげます」と約束します
で、謎の女性の強大な権限で三人は自衛隊に入隊、PKOでイラクへ派遣されることになり・・・
(この辺りは英雄冒険譚SFの召命・旅立ち・越境ですね)

・・・と、オハナシは中東の砂漠へと展開して行きます

ちなみに長男の夢は巨大肉食恐竜の化石を日本で発見すること、
中兄の夢はメソポタミアで未発見の都市遺跡を発掘すること、
末弟の夢はズルしない本物の戦いを体験すること、

とゆー設定なので、
三兄弟それぞれが恐竜・メソポタミア・戦いの面白さを語るシーンが
たっぷりとあり、さらにイラク情勢や世界情勢のシビアな現状も、民族史や文明史に関する、
仮説も含む持論展開もあって、広い分野の最新情報を分かりやすく紹介されてること
からも、
著者は正統派のSF作家でもあると、あらためて感じました

と、イラクでは自衛隊、米軍、政府軍から古代戦士まで入り乱れての戦いに・・・
(こうなるとタイムスリップモノつーかアクションモノつーか戦場モノつーか・・・)

舞台が沙漠なので、砂漠と礫漠の違いも水やレーションの重要性もきちんと描いてあって、
戦闘シーンではスナイパーとスポッターの連携や大口径ライフルの扱い方とかも・・・

さらに異次元空間からフォン・デニケン以来の「古代の神々は宇宙から」説まで出てきて、
わたくしの好きな分野を総ナメしてくれるような展開になってですね・・・


ま、これ以上書くと物語のネタバレになるので我慢しますが、ともかく・・・

恐竜とメソポタミアと戦闘に興味をお持ちの方!!!にはオススメの作品です きっぱりと



m98k at 19:09|PermalinkComments(0) mixiチェック

2022年07月22日

聖徳太子「和のこころ」の真実

とーとつですが・・・
聖徳太子「和のこころ」の真実、とゆー本のご紹介・・・

表紙カバーと帯の惹句

P7151165


裏表紙カバーと帯の惹句

P7151166



発行日、著者、発行所については奥付のとおり

P7151170

2022年7月20日の初版発行ですから、まさに最新刊であります。



例によって目次のみのご紹介・・・

P7151167


P7151168

聖徳太子没後1400年企画として令和3年から4年にかけて産経新聞に連載されていた記事に、
新たに取材・加筆して再編集した本だそうで目次のとおり、まずは誕生から死までの足跡を辿り、
太子信仰から伝承や実像など諸説を交えて素人にも分かりやすく紹介されてました。

とてもすべては紹介できませんが、わたくしはとりわけ・・・

・聖徳太子は中国の高僧・慧思の生まれ変わりとされ、その伝説に四天王寺で触れた最澄が
自身を、さらにその(仏法上の)子孫と位置付けた
・後の観音信仰と結びつき聖徳太子は救世観音の化身とされるようになった
・親鸞が聖徳太子を「和国の教主」と仰ぎ、浄土真宗の布教とともに太子信仰も全国に拡がった
・時の権力者が自身を聖徳太子の生まれ変わりとした・・・

などの記述から、地域や時代を超えて「これは聖徳太子によって○○されたもの」といった
伝説があちこちに残っている理由が、今回なんとなく納得できました。

各地にある聖徳太子の建立と伝わるお寺とか、各地に残る聖徳太子の足跡とかの中には、
その功徳を讃える、あるいは生まれ変わりとされる人たちのものもあるんでしょうね。

わたくし本文や各部末尾にある「太子を歩く」で紹介されている聖徳太子ゆかりの寺社や史跡、
古道などについては若い頃から、また最近のポタリングやウォーキングでも何度か訪れている
のですが、本書にあったエピソードなんぞはこれまで知るはずもなく、たまに奈良ソムリエの
資格を持つ友人にガイドしてもらった際でも、終了後は必ず宴会になり必ず泥酔するので
その日の詳しい説明を覚えているはずもなく・・・

今回あらためて聖徳太子と現地との関係をおさらいできました。


つーことで巻末にあった出典・参考文献を今後の学習用
にメモ・・・

P7151171

そう、これらを何冊か読めば、わたくしもイッパシの聖徳太子通になれるかと・・・
って、どうせ飲みながら読むだろうから、やはり覚えられないか・・・


ちなみに161頁にあった聖徳太子の肖像を使った昭和の紙幣・・・

P7161172

じつはこの中に我が家にあった紙幣が写っています。

切手やコインのコレクターでもある家内の父親に渡してたものが、たまたま撮影協力の
当日に手元にあったそうで、それがカット写真用として使われた次第。

で、後日スタッフから贈呈された本書を、わたくしが借りて読んでたのでありますね。



m98k at 07:22|PermalinkComments(0) mixiチェック

2022年07月17日

黄砂の籠城

とーとつですが・・・
小説「黄砂の籠城」のご紹介であります。

表紙カバー

P7121198




裏カバーにあった惹句

P7121188



著者、発行所、発行年月日については奥付のとおり

P7121190

で、オハナシは・・・

清国が日本を含む欧米列強の横暴に対し事実上の宣戦布告をした1900年6月19日の翌日から、
各国連合軍が北京を占領する8月14日までの55日間に及ぶ、清軍と義和団によって包囲された
北京の在外公館区域だった東交民巷での、20万対4000の
戦い・・・

いわゆる義和団事件で、その籠城戦の実質指揮官として活躍し、欧米に名を知られる初の
日本軍人となった、当時の日本公使館駐在武官柴五郎砲兵中佐を、この小説の主人公である、
彼の部下になった一人の伍長の視点から描いた物語であります。

そう、柴五郎中佐は映画「北京の55日」で若き日の伊丹十三が演じた人物なんですが、
なにせ
1963年製作のハリウッド映画ですから、大活躍する
主役はチャールトン・ヘストン演ずる
アメリカ海兵隊の少佐で、伊丹十三はあくまで脇役つーかチョイ役でした・・・

いっぽう史実では、籠城中の実戦指揮をしてたのは柴中佐のようで、その理由をウィキでは、
各国公使館の駐在武官の中で最先任の中佐であったこと(フランスの駐在武官は大佐だったが
技術系で指揮を辞退したこと)や、英語・フランス語・中国語に精通し各国間の意思疎通が
できたこと、以前から北京の地理に詳しく情報網を築き上げたことなどが記されてますが、
のちに英国ビクトリア勲章はじめ籠城していた各国や、漢人のキリスト教徒を助けた功績で
清国からも勲章を授与されてますから、籠城戦の主役であったことは間違いないようです。

小説では一兵士から見た籠城戦の様子がリアルに描かれ、当時の欧米人と日本人との中国観
や世界観の違いなども描かれてましたが、映画と同じで包囲前から援軍到着までのオハナシ、
日清戦争に勝利し欧米列強の仲間入りを果たそうとしていた当時の日本が、最終的には
各国中で最大規模の兵力を派遣し、占領後は列強と同じく略奪や更なる利権確保に奔走、
ロシアと張り合う形になり、やがて日英同盟を組んで日露戦争へ・・・

といったあたりはもちろん描かれてませんし、義和団も本作では狂信者集団という部分だけ、
当時のキリスト教会の横暴ぶりについても殆ど触れられておらず、このあたりはわたくしの
大好きなアメリカ版サスペンス・アクションのヒーローが日本軍人になった感じ・・・

ただ著者にはこの事件を義和団側からみた続編「黄砂の進撃」もあり、こちらも読まないと、
作品の全体像は掴めないのかも知れませんが・・・


いずれにしても・・・
わたくし義和団事件については、古い映画に何となく違和感を感じてたぐらい、だったので、
この作品を機会に、あらためて(ネット情報で)当時の事情を知ることができました。

ええ、このあたりの歴史の(ネット情報からの)ウンチクについては、いずれまた・・・


(翌日の追記です)

作品中、主人公の伍長が支給されている22年式村田連発銃が「当たらない」と嘆いている
シーンが何度かあり、柴(砲兵)中佐が「早く30年式が行き渡ればよいのだが・・・」と
返すシーンもありました。

ところが義勇兵となった2等書記官が戦死、彼がイギリス公使館から支給されていた、
当時最新式だった
リー・エンフィールド銃を、義勇兵仲間から「伍長が使って欲しい」
と言われた際に
「自分にはこの村田銃があります」と戦死した2等書記官の手に握らせ、
結局
その銃は、最後に戦う決意をした非戦クリスチャンの1等書記官が引き継いでいた・・・

とゆーエピソード、なんかTVドラマ「コンバット」で分隊最強火器BARの引継ぎを描いた、
「勇者の機関銃」の回を彷彿とさせてくれました。うるうる

ちなみに22年式村田銃から30年式有坂銃になった時点で陸軍のボルトアクション歩兵銃も
ようやく世界標準レベルとなり、その後に一部改良されて有名な38式有坂銃になるのですが、
ここに至るまでの明治新政府の歩兵銃ウンチクも、いずれまた・・・




m98k at 19:38|PermalinkComments(0) mixiチェック

2022年07月05日

南天苑de温泉宴会!!!

とーとつですが・・・
先月末に天見・南天苑とゆー温泉旅館で日帰り温泉宴会!!!を楽しんできました。

南天苑があるのは南海高野線・天見駅のすぐ目の前・・・

そう、この駅はわたくしが昔よく登ってた府庁山への登山口で、いつかはのんびりと、
ここで宴会したいと思ってた次第。


せっかくなのでトンネルができる前の旧線路敷を利用した遊歩道まで歩いて・・・

P6301069

南天苑の全貌を眺めてから・・・


駅前に戻ると・・・

P6301072


P6301074

南天苑本館であります。


そう、この建物は・・・

P6301073

むかし大阪のリゾート地だった堺・大浜の潮湯に建てられ、ここに
移築された建物ですが
最近になって(東京駅などで有名な)辰野金吾が設計していたことが判明・・・

そう、大正・昭和初期の雰囲気が残る建物で、国の登録文化財なのでありますね。



4時過ぎにチェックインを済ませ、まずはレトロな内部を見学・・・

P6301078




P6301079




P6301080




P6301081

確かに大正・昭和の雰囲気でした。



で、次は
本館を囲む庭園を時計逆回りに一周・・・

P6301088




P6301089

ちなみに大広間の上にある角部屋が今夜の宴会場であります



P6301095




P6301096



P6301102

やはり外観も大正・昭和でしたねえ・・・


ちなみにこちらの・・・

P6301105

すぐ下を流れるせせらぎでは、前週ぐらいまでホタルが飛び交ってたそうです




P6301116




と、のんびり散策してから、のんびり温泉へ・・・

P6301110

たまたま、わたくし一人だったし、まったりまったり

脱衣場に(各国語で書かれた入浴マナーとともに)貼ってあった成分分析表によると、ここは
単純弱放射能泉の冷鉱泉で泉質別適応症は切傷・やけど・皮膚病・高血圧・動脈硬化・・・
などとなってました。
まったりまったり


と、いったんロビーに戻って暫し休憩・・・

P6301112

オーディオ・セットも昭和であります


案内されて大広間の階上にある二間続きの広い座敷へ・・・

P6301120

(セパレートパネルは了解を得て外しました。)




P6301151

「ボラがソーメン食べてる!!!」「鯉の滝登りじゃ!!!」




P6301119

先ほど廻った庭園の眺めもなかなかでした。


この日は奥様と、N.GKS第22次隊ボルネオ植林ボランティアツアーにも参加してくれた
奥様の友人二人の計4人での温泉宴会でした。


以下、さくさくっと・・・

P6301123



P6301124

食前酒(一人はジュース)で乾杯のあとは・・・


日本人らしく、まずは(三人で)ビール!!!

P6301127

わたくしアサヒのプレミアム熟撰つーのは、はじめてでした。ぐびぐび





P6301128






P6301130





P6301134



お魚には白ワインつーことで・・・

P6301131

地元の河内ワインなんぞも・・・ぐびぐび




P6301135






P6301142




P6301141

牛肉には赤ワインかな・・・でも日本酒も合うし・・・


ま、せっかくなので・・・

P6301148

やはり地元の天野酒・純米大吟醸なんぞも・・・ぐびぐび



で・・・

P6301154

〆のご飯や・・・





P6301157

食後の甘味をいただく頃には・・・




P6301155

あたりはすっかり闇に包まれて・・・




やはりレトロな正面玄関を出ると・・・

P6301158

大阪市内よりはるかに涼しくて爽やかでした。

いやあ、都心から電車で30分ほどで、温泉も宴会も納涼も満喫できました。ひっく





m98k at 19:09|PermalinkComments(0) mixiチェック

2022年05月25日

日本の鳥の巣と卵427と・・・

とーとつですが、昨日5月24日・・・

大阪市立自然史博物館で
6月19日まで開催されている特別展「日本の鳥の巣と卵427」
~小海途銀次郎 鳥の巣コレクションのすべて~を俳句好きの友人と観てきました。


P5240915




P5240916




早めに着いたわたくし、友人を待つ間にエントランス付近の野鳥を試し撮り・・・

P5240920


P5240931



P5240921




P5240925


P5240923

わははは、ここの野鳥撮影に望遠レンズは不要・・・説明まで付いてるし・・・


と、二人揃ったところで二階のネイチャーホールへ・・・

P5240935




受付でもらった会場マップ

P5241184

営巣場所などで1から8までに分け、大ホールすべてを使った展示で・・・




なにせ・・・

P5240939

168種427点に及ぶ日本最大規模のコレクションを自然史博物館に寄贈されたそうで、
今回の特別展ではそのすべてが展示されており、とても紹介しきれません・・・


まあ・・・

P5240972

つーことだったので、ごく一部だけですがサクサクっとご紹介・・・



まずは入口にあった・・・

P5240940

ミサゴさんの巣・・・ええ、大迫力でした。




P5240944

オオセグロカモメさんの巣




P5240947




P5240950

カワセミさんの巣





P5240948



P5240949

ヤマセミさんの卵




P5240952

コアジサシさんの巣



P5240953

イカルチドリさんの巣




P5240954

カンムリカイツブリさんの巣(剥製は幼鳥)




P5240986

ハシブトガラスさんの巣
ビニールひもや針金ハンガーなども使ってますね・・・



P5240958

マガモさんとカルガモさんの巣




P5240961




P5240960

ヨシゴイさんの巣
ヨシの中に巣を作るのね・・・




P5241047


P5241048

ブッポウソウさんとアオバズクさんの共用?巣箱
このように剥製のない展示には見事な写真が付いてて素人にも分かりやすかったです。



もちろん剥製のほうも・・・

P5241037




P5241057

なかなかの迫力でしたが・・・

今回記事では全427点のうち10点も紹介できませんでしたが、コレクションのすべてを
見ることができるのは、おそらく特別展の期間中のみ、興味のある方は必見です。



と、鳥の巣と卵を堪能したあとは隣接する長居植物園に入って・・・

P5241092

木陰のベンチで休憩しつつ、パンケーキズームから新機軸の望遠ズームに換装して、
ホンモノの野鳥撮影に挑戦・・・



P5241094





P5241130

まあ、わたくしが見つけられるのはカラスさんやハトさんぐらい・・・



P5241112



P5241110

チョウチョさんはなかなか留まってくれないし・・・


ま、お花さんぐらいなら・・・

P5241102

赤バラさん




P5241103

白バラさん




P5241138

卯の花(ウツギ)さん




P5241137

卯の花の匂う垣根に、時鳥(ほととぎす)早も来鳴きて、忍び音もらす夏は来ぬ・・・

風呂上がりの同級生とすれ違って、思わず「ええ匂い、女の人の匂いや」と呟く・・・
そう、昔の絹石鹸CFの浴衣がけの女の子、美人でかわゆかったなあ・・・うるうる


話は変わって・・・

P5241158

ムクドリさん?




おなじみのカワウさん・・・

P5241150




デジタルテレコンで・・・

P5241155

巣の中と、もう一羽が幼鳥???



やはりおなじみのサギさん

P5241165




やはりデジタルテレコンで・・・

P5241167




P5241168



P5241169

ぱたぱたぱた



P5241172

対岸まで飛んでいったな・・・




P5241173






やはりデジタルテレコンにして・・・

P5241171

これだけ離れると、さすがに無理があるな・・・




とか、さんざん楽しんだあとは、とーぜん・・・ぎょうざの満州へ・・・

P5241174



P5241175

まずはプレモルとよだれ鶏で乾杯!!!



その後はスーパーチューハイなんぞで、ひたすらごくごく、ばくばく、ぺらぺら・・・

P5241178


P5241180

って、食べる前、飲む前に撮ればよいものを・・・


ま、

P5241181

ラーメン大盛り無料期間中だったのは幸運でしたが・・・



P5241182

と、この日もふらふらと自転車を押して無事に帰りましたとさ・・・どっとはらい





m98k at 22:55|PermalinkComments(0) mixiチェック