地下

2023年12月23日

東南アジアの洞窟遺跡

ええ、

PC225286

東南アジアの洞窟遺跡であります



内表紙

PC225288

佐世保市の福井洞窟ミュージアムと東南アジア考古学会が連携して表題の企画展を開催、
全国10会場を巡回展示中で、その図録ミュージアム・ブックレットであります
まあ美術展の作品図録や映画の作品パンフレットみたいなものですね
最新のを図書館で借りられるとは思いませんでしたが・・・

近畿の会場では橿原考古学研究所附属博物館で令和6年度の特別陳列となっていますが、
日程などはまだ未定のようで、都合がつけば行ってみたいと思ってます




奥付

PC225291




例によって目次の紹介

PC225289

ええ、目次を見ただけで興味津々・・・


以下、わたくしの脳の外部記憶としての読後メモです

第1章
1より
・人類は猿人・原人・旧人・新人の段階のうち原人段階と新人段階でアフリカを出た
→新人が東南アジアに到達した5万~4万年前は最終氷期で海面がはるかに低かったので、
→大陸とスマトラ島・ボルネオ島・ジャワ島・バリ島などは陸続きだった(スンダ・ランド)
→さらにウォーレシア海を渡り、当時は陸続きだったニューギニア島・オーストラリア大陸・
タスマニア島などに到達した(サフル・ランド)

・ウォーレシア海域フローレス島の洞窟ではフローレス原人の遺跡もある
(ジャワ原人とは別系統のホビットで脳サイズは350mlとチンパンジーや猿人サイズなのに、
石器技術は東南アジア島嶼部のサピエンスと同じか、それ以上の多様性を含んでいる→
脳の巨大化で技術が進化したという人類の進化論に大きな課題を提出している)

・その後の海面上昇で島嶼部となったジャワ島の洞窟では、スンダ・サフル系とともに
東アジア大陸系(モンゴロイド系)の人骨が出土している
彼らはユーラシア大陸の東部から台湾・インドネシア・フィリピンへと海を渡ったか

2より
・ホアビニアン(ホアビン文化)はインドシナ半島最北部の洞窟に集中している
→43500年前~3700年前で洞窟周辺での栽培や初期農耕の可能性も議論されている

3より
・環境が温暖化したことで山村・農村・漁村が形成され、人類が定住するようになった
→洞窟は葬礼用や墓地として利用されるようになった
→さらにその後は洞窟利用の記憶が失われ、人類の生活から隔絶された
→その結果、洞窟空間は別世界と見做され、信仰や宗教の聖地・聖域となった
→ヒンズー教寺院や仏教寺院になり日本でも信仰の対象に・・・

つーことで第2章では目次のとおり、各地での人類の洞窟利用とその痕跡が紹介されてますが、
図版も多く、とても全てはメモできませんでしたので・・・

以前から興味のあったボルネオ島サラワク州ニア洞窟の項のみ一部メモ


PC225283 - コピー
(画像掲載に問題があれば削除します)


まずは位置関係・・・
MA-3がニア洞窟で、最終氷期には大陸と続いていたことが分かります


PC225281 - コピー
(画像掲載に問題があれば削除します)

ちなみに日本も台湾や朝鮮半島とは陸続きですが、奄美や沖縄は浅い海の中ですね
さらに宗谷海峡は陸続きだったけど、津軽海峡の最深部には流れがあったとか・・・

閑話休題

・ニア洞窟は海岸線から17km内陸に位置する巨大な石灰岩洞窟で複数の洞口を持つ
(4万年前の海岸線からは60kmほど内陸にあったと推測されている)
→1950年代から2000年代まで調査が続けられ各時代の古人骨や
生活痕跡が出土している

・最初の調査で4万年前にはホモ・サピエンスが暮らしていたことが明らかになった
→その後パラワン島のタボン洞窟遺跡でも発見された
→更新世後期にはボルネオ島・パラワン島・マレー半島は陸続きスンダランドの一部で、
陸路により、これらの洞窟遺跡に辿り着いたと考えられる

・東南アジア圏で発見されたサピエンス人骨としては最古のものとして有名
→4万年前の層からはイモ類・サゴヤシ・パンノキ・ナッツ類も
→29000~27000年前の生活痕跡では大型哺乳類・貝類・炭化物・ナッツ類・石器類も
→5000~2500年前の遺体の多くは植物素材の敷物に包まれるか甕棺土器に収められた状態
→1200年前頃の舟の壁画も報告されている

つーことで、4万年前から少なくとも1200年前まで人類に利用されてきた洞窟なんですね


で、第3章「ホアビニアンの周縁と拡散」は丸ごと省略して・・・

第4章より
ラオスのタムバリン洞窟では2023年6月、大陸部で最古となる86000~68000年前の
新人の人骨が発表された

・最終氷期にスンダ大陸を進みニア洞窟などに辿り着いた人類は、5万年前にサフル大陸
(オーストラリア大陸)に到達した
→この両大陸を隔てたウォーレス海域にあるスラウェシ島トポガロ洞窟では、42000年前の
新人の骨が発見された→
ウォーレス線を越えて(海を渡って)いた

PC235282
(画像掲載に問題があれば削除します)

・新人段階での人類の旅路において、最終氷期の厳しい環境に耐え、命を繋ぐために、
洞窟とそこでの暮らしは不可欠だった
最終氷期の終わりになると温暖化が進み、洞窟での暮らしはより豊かになった(ホアビニアン)
→さらに温暖化が進むと人類は洞窟を出て、さらに豊かな生活の場を見い出した
→人類が去り隔絶されたことで、洞窟は精霊や神仏が宿る異界、聖なる場となった

・地球環境と人類の実生活と精神性の変遷こそが、人類にとっての洞窟の価値や利用形態に
大きな変化を促したといえる・・・


まあ、ライトマニアにとっての
洞窟の価値や利用形態といえば、それはもう・・・



m98k at 21:44|PermalinkComments(0) mixiチェック

2023年11月16日

フラッシュ光2023ボルネオ9フェアリーケイブ

前回記事からの続き・・・

ビダユ族のロングハウスに一泊ホームステイした御一行(一時的に4人)は・・・

PB034952




PB034950

セメンゴのワイルドライフセンターへ???


そう、
オランウータンはじめ野生動物を保護して再び自然に帰そうとする施設で、

PB034948

このセメンゴ自然保護区の最奥にあります



保護区は広大なので、ここからセンターまでの移動は電気バスで・・・???

PB034954

って、さりげにH田さんが運転席にいますが・・・???

じつは
顔の効くN嶋さんが受付にお願いして、トイレ休憩に立ち寄っただけなのですが、
せっかくなのでバスに乗ったことにして記念写真をば・・・わははは

ここのウータンくんに興味のある方は、こちらの過去記事をご覧くださいね

(ちなみにウータンくん、野生のドリアンなどが実る今の時期はエサやり場に現れることが
少ないとのことでしたが、上記過去記事の際は、ほぼ同時期だったけど現れてましたから、
結実時期は年によっても大きく変わるようですね)


閑話休題


セメンゴでトイレ休憩した御一行は本日の目的地である洞窟へ・・・

と、その前に・・・

PB034958





PB034972

大きなフードコートで待ちに待った昼食であります




PB034965

わたくしとwingさんはチキンカレー




PB034967

H田さんはお気に入りのサラワク・ラクサを注文したのですが・・・



Y原さんはN嶋さんオススメの・・・

PB034963




PB034964

客家擂茶なるものを注文

いわば漢方の「お茶漬け」で、
健康ブームのサラワクで今話題になってるそうです
お茶だけ味見させてもらいましたが
抹茶にスープと漢方薬を混ぜた感じで苦味は強烈でした
まあ、確かに健康にはよさそうでしたが・・・



他にもN嶋さんオススメの点心を次々とシェアしました

PB034970






PB034968






PB034969

だから食べる前に撮ればよいものを・・・がつがつがつ



と、食後は(ムルのとは別の)ウィンドケイブへ・・・

PB034975

まあ一周しても1時間弱、高低差もなさそうだし、ここならわたくしでも・・・


まずは元気なうちに記念撮影

PB034979




以下さくさくっと

PB034981





PB034982





PB034983





PB034985





PB034987





PB034988





PB034989

コウモリさん




PB034990





PB034992

蟲さん





PB034993

いったん外へ出ます




PB034996






PB034999

???




PB035000

有刺鉄線の外側にはアブラヤシ畑が広がっています こちら内側は自然保護区




PB035001

別の洞口から再び洞窟へ・・・


さくさくっと・・・

PB035003






PB035004





PB035005





PB035006





PB035007

外へ出て最初の洞口に戻ってきました



せっかくなので記念写真

PB035014

ええ、皆さん明るいライトをお持ちでした わたくしだけ電球色ですが・・・


で、降ったり止んだりの軽いスコールが続く中、次のフェアリーケイブへ


PB035062

「あのタワーを上がって洞内に入ります」

「おおっ、エレベーターなら高低差も楽チンですね」

「階段です しかも洞内の高低差はこの比ではありません きっぱりと」

「うぐぐぐ」

と、仕方なく・・・

PB035025

階段をひいひいと・・・



ようやく最上階まで上がったけど展望台まで行く気力は残ってませんでした

PB035028





洞口であります

PB035027




左に案内板がありました

PB035029

ええ、わたくしムルの洞窟と同様あちこちでショートカットするハメに・・・



以下同様にさくさくっと・・・

PB035030





PB035032

って、確かに洞内の階段のほうがきついな・・・ひいひい




PB035033

トワイライト・トレイルだけあって光が差し込んでますが、上りが続きます




PB035034

この上で道は枝分かれしていて・・・


皆さんはフェアリーゲートまで行かれましたがわたくしはショートカット

PB035035

せっかくライト照射してくれてるので記念写真を撮りました




PB035037

明るい皆さんです




PB035039

さらに上りは続いて・・・ふうふう




PB035041






PB035055

こちらがフェアリーガーデン・・・




PB035044




PB035045




PB035046




PB035047

って、どこがフェアリーなんだか・・・

わたくしはダーク・トレイルをしばらく進んでとうとう限界となり、
引き返す途中でフェアリーゲートを廻ってきた皆さんと出会いましたが、
皆さんはダーク・トレイルをさらに奥まで進んで行きました


で、フェアリーガーデンでまったり撮影してたのですが・・・

PB035052

どーゆーわけかwingさんだけが写ってますね・・・

「いやあ、途中で限界を感じて引き返してきました あははは」

「まあ、わたくしより奥まで行ったんだから良しとしましょう あははは」

と、二人でまったり撮影してたら、やがて残りの皆さんも戻ってきて合流し、
上りとは別ルートのさらに急な階段(つーか、ほぼ垂直の梯子)を延々と下りて、
ようやく洞口まで辿り着きました

ま、せっかくなので洞口にあった顔出しパネルで・・・

PB035058

記念写真をとってもらいました(ちなみに3人が入ってる部分はタワーから張り出してて、
薄い板を張っただけの床の隙間から地上が見えてました ぶるぶる)

さらにタワーの階段を下りると、わたくしは完全にへろへろになり、有料トイレの洗面台で、
汗でぐしょ濡れになったシャツとタオルを水洗いして絞り、駐車場前にあった売店のビールで、
ようやく少しだけ落ち着いた次第

ええ、今回ツアーでは最後の洞窟トレッキングとなったフェアリーケイブでしたが、
今のわたくしには、けっこうハードでした・・・

と、ハードな後にはご褒美、週末だけ開催されるシニアワンの屋台街を目指します

(次号最終回に続きます)



m98k at 16:16|PermalinkComments(0) mixiチェック

2023年11月11日

フラッシュ光2023ボルネオ4ムル2

前回記事からの続き・・・

前日の夕方から降り続いたスコールも夜半には止んでたようで・・・

PA304399



PA304395




公園事務所のレストランでまったりと朝食

PA304398

わたくしはトーストと茹で卵とチキンソーセージのセットにしましたが、右にあるのは
ナシ・レマのセットでココナッツミルクで炊いたご飯がメイン・・・

ちなみにコーヒーとオートミール風のお粥はおかわり自由でした ばくばくごくごく



朝食後は公園事務所の直下からボートでメリナウ川を遡上します

PA304401

この吊り橋がムル国立公園の入口で、左がムル空港とマリオットリゾートへ至る道路、
右が公園事務所などがあるエリアになってます
他に道は殆どなくプナン族の定住村が僅かに点在するだけで、まさに手つかずの熱帯雨林・・・



PA304403

前回とは異なるプナン族の定住村が見えてきました
プナンはもともとジャングルを移動して暮らす民族でしたが、ムルではイギリスの洞窟探検隊の
ポーター雇用をきっかけに一部が定住するようになったとか・・・

つーことで・・・

PA304404

上陸しました



PA304405

左が政府の支援で建てられた新しいロングハウスで、


右が・・・

PA304406

プナン族の民芸品を売る売店であります



PA304409




PA304407

ここのブローパイプ(吹き矢)体験は無料でした ぷっ

6年前の記事にも書きましたが、エコツーリズムで僅かでも現地での暮らしに貢献することも
自然環境を守るためには必要なことだと、わたくしは思っています

で、民芸品の(お安い)お土産を少しばかり、美少女たちから買い求め・・・

LINE_ALBUM_フラッシュ光ボルネオ2023_231111_15
(Y原さん提供画像)


さらに遡上します

PA304414



PA304415



PA304420

こちらはクリアウォーターケイブにつながる洞口ですが洞内のルートはけっこうハードで、
本格的なケービング装備が必要だそうです ぶるぶる


御一行は安全な船着き場に上陸、安全な木道でウィンドケイブを目指します

PA304424




PA304426




PA304427

ランの原種?



PA304423

ツノゼミさん?



PA304425

安全とはいいつつ延々と上りが続きます ひいひい


ようやくウィンドケイブへ・・・ふうふう

PA304428



以下、洞内をさくさくっと・・・

PA304435




PA304436




PA304438

わははは、こちらのほうが明るいぞ!!!



PA304441



さらに降りていきます

PA304443




PA304444

陽光が僅かに差し込んでますが・・・



PA304445

ライト照射しました かなり深い切れ込みですね



PA304446

上は崩落跡でしょうか・・・


さらに降りていきます ひいひい

PA304449




PA304450



こちらの分岐点から先は・・・

PA304452

左下の木道から最深部を巡って右上の木道から降りてくるルートなんですがアップダウンが
激しいので、わたくしはここから引き返すことにしました


反対側には谷底に続く道があり、途中から岩場を下ることになるようですが・・・

PA304459


入口は閉鎖されてて・・・

PA304456



PA304457

ここから先は自己責任、何があっても公園管理者は知らないよと・・・

通常ルートでも今回はショートカットしてるのに自己責任ルートなんて行くはずもなく、
ひいひいと下ってきた階段を上って外に出ました


PA304460

来た道を船着き場まで戻り・・・


そのすぐ上にある・・・

PA304461

トイレもある休憩所で・・・



PA304462

ボートで運んできてくれてた温かいコーヒー紅茶とクッキーで一息


その後、皆さんは・・・

PA304464

ここからクリアウォーターケイブに出発であります

200段以上ある急階段を上って洞口へ、洞内ではそれ以上の階段を下って洞窟の最深部へ、
わたくし、それを往復する自信はなかったので、ここで待機することにしました


そう、ここで・・・

PA304467



PA304469

すぐ下のクリアウォーターケイブから流れ出るクリアウォーターで泳ごうと・・・


と、思ってたら階段を降りてきた若者4人が・・・

PA304472

目の前で水着に着替えて、ばしゃばしゃと・・・


彼らが去るのを待ち、泳ぐタイミングを見計らってると・・・

PA304473

今度は高齢者の集団がやってきて泳いでました・・・

ガイドしてたパークレンジャーと話してたら、リトアニアからの11人のグループだそうで、
ひょっとして昨日の便に乗り遅れた人たちだったのかも・・・

皆さん殆どタオルも使わず着替えてたので目のやり場に困りましたが、彼らが去ってしまうと
辺りは熱帯雨林特有の「音のある静寂」に包まれ、靴を脱いで乾かしたり・・・

PA304477

って、靴にもチョウチョさんがとまってました
そりゃあ汗まみれでミネラル分たっぷりですからね・・・

ベンチで横になり「音のある静寂」を味わったりしてると・・・

洞内を巡ってた皆さんが戻られ・・・

PA304479



PA304480

やはりボートで運んできてくれてたお弁当で、待ちに待った昼食であります


まあ、約1名は・・・

PA304484

アカエリトリバネアゲハとやらを追いかけてましたが・・・

わたくしがまったりしている間も飛び回ってましたが、飛んでるチョウチョさんを
撮るのは至難のワザですね、大きくてきれいなチョウチョさんなんですが・・・

と、昼食後に元気な人はトレッキングで、元気のない98kさんなどはボートで戻る予定、
だったのですが、早めに戻って昨日見れなかった昇竜に再チャレンジすることになり・・・

PA304486




PA304488




PA304490




PA304491




PA304492

全員がボートで戻りました


で、わたくしを除く皆さんは、

PA304498

元気にディアケイブ前の昇竜観察所に向けて出発・・・


わたくしはのんびりと周辺を散策したり・・・

PA304496

きれいなセミさんとか・・・


どうせ最終日にも行かないであろう・・・

PA304493

キャノピーウォーク(のパネル)を撮ったりしてたのですが・・・

やがて雷鳴とともに、この日も雨が降り出してきて、仕方なく・・・
エアコンの効いた部屋で、まったりとウィスキーの水割りをば・・・
氷はありませんでしたが、かぱかぱ3杯目を注いでるとドアがノックされ、
「戻りましたよ、夕食ですよ!!!」とN嶋さんに呼ばれてレストランへ
わたくしがいないと歩行速度が随分速くなるのね・・・


この日もそれなりのスコールでしたが、皆さんは・・・

PA304500

濡れながらも元気そのもの、この日も昇竜は見れなかったとのことでしたが、
熱帯雨林のナイトトレッキングを充分に楽しまれたようです


昨日より夕食時間が早かったこともあり・・・

PA304499

レストランは、ほぼ満席状態でした


で、慌ただしくナシ・ゴレンだけ食べた昨夜とは打って変わって・・・

PA304501



PA304502




PA304503




PA304504




PA304506

まったりと夕食宴会に突入


夕方から部屋で水割りを飲んでただけのわたくしは元気そのもので・・・

PA304508




PA304509

最後の完食完飲画像まで撮れました


夕食後、皆さんはシャワーを浴びて着替え、周辺の夜間撮影とかに行かれた方もおられた
ようですが、呑兵衛はもちろん・・・

PA314510

部屋で大宴会!!!

この夜は日本好きの公園事務所長が日本酒を持って参加するかもとのことでしたが、
結局は都合がつかなかったようでした

ムル最後の夜だし(わたくしも歩いてないので元気だし)部屋飲み宴会は延々と・・・

(次号に続きます)


m98k at 17:08|PermalinkComments(0) mixiチェック

2023年11月10日

フラッシュ光2023ボルネオ3ムル1

前回記事からの続き・・・

ボルネオ二日目にクチンからグヌンムル国立公園に移動した御一行、女性2人は公園内ロッジへ、
N嶋さんを含む男性5人は公園内ロングハウスの2室に分かれて荷物を解き・・・


まずは公園内レストランで、待ちに待った昼食であります

PA294277





機内でチキンカレーを食べたばかりだし昼食は軽く麺類だけに・・・

PA294274

ミーゴレン(焼きそば)とか・・・





PA294276

コロミー(油そば)とか・・・





PA294275

わたくしはムル・ラクサ(汁そば)にしましたが、具沢山でこちらもなかなかのものでした




ま、午後からはトレッキングつーことでビールは控えて・・・

PA294273

おいしいマンゴージュースで・・・



ちなみに・・・

PA294278

腕に巻いてもらってるのが公園事務所のタグでチョウチョさんがとまってますね





PA294280

我々は3日間有効のタグで午前零時を過ぎると自動的に発火消滅・・・はせず自分で外しました



で、今回はじめての二人がおられたので、昼食後は公園のビジターセンターへ

PA294288

興味深い展示がいっぱいでしたが・・・


とりあえずジオラマの一部から今回のコースを案内

PA294297
(画像をクリックすると拡大します)
中央の赤い四角が現在いる公園事務所で、その左の棒がムル空港の滑走路、
下にある赤い丸が前回宿泊した(高級な)マリオットリゾート
です

で、

PA294295

本日はトレッキングで9ディアケイブと10ラングケイブを巡り、夕方にディアケイブから現れる
(かも知れない)昇竜(数百万匹のコウモリが一斉に渦を巻いて天に昇る様子)を堪能して???
ナイトトレッキングで宿所のある公園事務所まで戻ってくる予定

明日はメリナウ川をボートで遡上し前回とは異なるプナン族の村に立ち寄り、さらにボートで
遡上して3ウィンドケイブと4クリアウォーターケイブを巡り、体力のある人はボートではなく
川沿いのトレッキングコースを歩いて公園事務所まで戻ってくる予定

最終日は周辺を散策、希望者のみ11キャノピースカイウォーク(樹上に張り巡らされた吊り橋から
熱帯雨林の立体的な生態系を観察するものでムルのはボルネオ最長の480m)を堪能して、
午後にはクチンへ戻る予定・・・

なんですが、はてさてわたくし、どこまでついていけるのか・・・びくびく


とりあえず、有名なアピ山ピナクル(のパネル前)で・・・

PA294302


PA294306

いかにも「ピナクルを制覇しました!!!」とゆーヤラセ画像をば(N嶋さん演出撮影)



ひとくちにグヌン・ムル国立公園の熱帯雨林といっても・・・

PA294289

高度や地形により様々なタイプに分かれてて生態系も多様なようですね



せっかくなのでムルで最も多く見られる動植物のパネルも紹介・・・
ええ、どうせ自分ではロクな画像は撮れないだろうし・・・

PA294308

蟲さんつーか無脊椎動物さんたち



PA294309

こたまさんの大好きな植物さんたち




PA294310

たまさんの大好きなカエルさんたち




PA294311

爬虫類さんたち




PA294312

N家さんの大好きなトリさんたち(今回は来れなくて残念でした)




PA294313

哺乳類さんたち ま、今は98kさんたちもいますが・・・

とか遊びながらビジターセンターを出て、ディアケイブ・ラングケイブへのトレッキング!!!

わたくしカメラを構えて撮影する余裕など全くなかったので、歩行中のスナップのみですが、
以下、さくさくっと何枚か・・・

PA294319



PA294321



PA294323



PA294324

平坦な木道が整備されてて歩きやすいのですが何せ高温多湿、洞窟前までの片道3.4km
だけでも、骨折リハビリ中のわたくしにはきつかったです ひいひい




PA294327

かなりの巨木ですね




PA294330

この分岐点からムル山頂(2376m)まで片道24km、今から軽く往復してきます!!!
って、わたくしパンツまで汗でびちゃびちゃですね(決しておもらしではありません)



PA294331



PA294333



PA294334




PA294341



PA294350





PA294343

こちらはディアケイブの古い入口だそうです



と、ようやくディアケイブ前の「昇竜観察広場」までやってきました ひいひい

PA294347

中央左に巨大な洞口が少しだけ見えてますが、そこから天に昇る竜が・・・今回も見られるか?

で、昇竜が見られるのは日没前後なので、先にラングケイブとディアケイブを巡ります


まずはラングケイブをさくさくっと・・・

PA294353




PA294354

こちらは洞内照明による撮影・・・



PA294355




PA294356

こちらはMecArmy PT60のハイモードによる撮影で、完全に白トビしてますね わははは



皆さんはさらに奥まで進みましたが、すでにへろへろで左脚も不安なわたくしは無理せず、

PA294357




途中から引き返して・・・

PA294360


PA294359

洞口でまったりしてました ええ、来たのは2回目だし・・・



で、皆さんと合流してムル最大の洞窟、世界でも有数のディアケイブへ・・・

PA294363



PA294364





PA294365

6年前にはこんな案内板や郵便ポストはなかったなあ・・・
って、ここに投函された郵便物は、いつ誰が集めに来るんだろ???


ディアケイブも途中で引き返したので、詳しくは6年前の記事をご覧いただくとして、
今回は
MecArmy PT60の威力を数枚だけ・・・


洞口付近であります

PA294379

右の人物との比較で、洞窟の大きさが想像いただけるかと・・・


ライトオフ

PA294387



ライトオン

PA294390




ちなみに・・・

PA294385

中央に黒く見えるのはコウモリさんのフンが長期間堆積して化石化したグアノで、
厚さは8m以上あるそうです

とか遊んでたのですが、ディアケイブとラングケイブの分岐点で、洞内を一周してきた皆さんと
合流する頃には、雷鳴と稲妻が激しくなり急な雨が降り出しました

これでは昇竜も期待できず撮影どころではありません
(昇竜の画像は6年前のこちらの記事でご覧くださいね)

と、慌ててカメラ類やパスポート財布などを二重にしたレジ袋に再度しまい込み、屋根のある
「昇竜観察所」まで傘をさして移動、しばらく雨宿りをすることにしました

LINE_ALBUM_ボルネオ2023原田_231107_36
(H田さん提供画像)
熱帯雨林のスコールだから、すぐに止むだろうと思ってたのですが、ちょうど乾季から
雨季に入ったところで、雷雨はますますひどくなるばかり・・・
わたくし、こんなに長いスコールは、ボルネオはじめての経験でした


で、帰りが遅くなると公園レストランが閉まってしまい夕食にありつけなくなるので、

LINE_ALBUM_ボルネオ2023原田_231107_35
(H田さん提供画像)
すでに汗でずぶ濡れ、眼鏡も曇って使えず、完全にへろへろになってたわたくしも・・・
仕方なく簡易ポンチョを着て(後ろはwingさんに被せてもらい)、宿所やレストランのある
公園事務所までの3.4kmを豪雨の中、急いで戻ることになりました ひいひい

ちなみに今回ツアー用にH田さん(TG-5を持ってるwingさんも)が発売と同時に購入された
TG-7とゆー新機種は15m防水カメラ、こんなシーンの撮影にもぴったりですね

とか感心してる場合ではなく歩き出したのですが左脚は限界、右足の踵まで痛みだしてきて、
結局はN嶋さんとwingさんに見守ってもらいながら、皆さんより遅れて何とか生還した次第

後ろを歩いてくれてたN嶋さんによると、わたくしの簡易ポンチョの隙間から水蒸気がもくもくと
湧き上がって、それはそれは鬼気迫るものがあったそうです



で、レストランの閉店時間までに何とか席に着くことができて・・・

PA294393

とりあえずはマンゴージュースとスーパードライで無事生還を祝し乾杯!!!
ちなみにこちらのスーパードライは320mlなんですね




PA294394

ともかく早くできるよう全員がナシ・ゴレン(焼き飯)を注文して、食べ終える頃には、
わたくしも少しだけ落ち着いてきました ばくばく

その後エアコンの効いた部屋に戻って熱いシャワーを浴びて着替えたら、さらに落ち着き、
結局は各自が持参したウィスキーや焼酎やつまみでの宴会になったのですが、さすがに
わたくしだけ早めに倒れてしまったようで、この夜も記憶と画像がまったくありません

明日もウィンドケイブやクリアウォーターケイブへのトレッキングだとゆーのに・・・
98kさんは大丈夫なのかっ???

(と、次号に続きます)



m98k at 20:25|PermalinkComments(0) mixiチェック

2023年05月26日

地霊を訪ねる

とーとつですが・・・

P4083809

地霊を訪ねる~もうひとつの日本近代史~とゆー本のご紹介



著者略歴と奥付

P4083811





目次であります

P4083812

そう・・・



鉱山や鉱山跡を中心に辿った旅のエッセイであります・・・

P4083810

「まえがき」よりの読後メモ・・・
・同じ技術で同じ製品を生産する同じ規模の企業組織であっても、そのために必要な人材を探し、
技能を高める方式は、日本と欧米、東南アジアとでは少なからぬ違いがある
→その差異と類似性をどう説明すればよいのか・・・
→日本社会を具体的に知るために歩いて旅をする、私流のブラタモリ、街道をゆく・・・
→近代日本の工業化の担い手のひとつ鉱業操業地跡への旅
→地霊(社会風土あるいは習俗)によって「もうひとつの日本の近代」を探ってみたい・・・
と、15年かけて40を超える鉱山跡地を訪れて綴ったのが本書

ちなみに鉱山跡地は地下遺構がメインの廃墟ですから、わたくしの大好きな場所ですし、
鉱山鉄道跡はサイクリング・ロードとして整備されてるところも多く、鉄道敷とゆーのは
そもそも勾配やカーブが緩いので、まったりポタリングにぴったりでこちらも大好きです

以下、最初の「伊那谷から中山道に出る」よりの読後メモ
(福田恒存の言葉の紹介)
・日常的でないものにぶつかったとき即座に応用がきくということ、それが教養というものです
・あることを知ったということは、それを知る前に感じていた未知の世界より、
もっと大きな未知の世界を、眼前にひきすえたということであります
・さらにそれは、そのもっと大きな世界を知らなければならぬという責任を引き受けたことを意味します

・・・

で、各項の紀行内容は、メモするには濃かったので、この際どどんと省略して・・・

「あとがき」よりの読後メモのみ・・・
・どの棚に置けばよいのか、書店が困るような分類の難しい本になった
・旅という体験を通して「足から」しか学べないことは少なくない
・本を読め、人に会え、そして旅をしろ(池島信平の言葉)
・何を読んだか、どこを旅したかを話し合うことで、どのような人格の人物なのかを知ることができる



じっくりと読ませていただきましたが、まさに著者版の「街道をゆく」や「ブラタモリ」で、
経済学者としての深い知識知見だけでなく、幅広い教養と美的感覚と味覚に裏打ちされた、
格調高く味わい深い文章で楽しめました

特に柵原鉱山、生野銀山、紀和鉱山など西日本の鉱山跡については、ライトOFF会キャンプや
ポタリングなどで訪れたことがあるので、それらの歴史や文化、たたら製鉄に関する考察などは
とても興味深く読みました

ええ、当時は前知識なんか殆どなく、みんなでわいわいと坑道に入っては、
「わははは、こんな明るいライト軍団が入ったのは、歴史上初めてのはずじゃあ!!!」
とか、大はしゃぎしてただけですから・・・



m98k at 21:50|PermalinkComments(0) mixiチェック