宴会

2021年01月07日

マンダロリアン新年OFF会???

年始早々、ひっそりとマンダロリアン新年OFF会を楽しんできました・・・

???

ま、いつもの関西のライト仲間4人が、ひっそりと集まった新年OFF会だったんですが、
スターウォーズ・フリークでもある川端さんが年末にディズニープラスに加入されてて、
「今ならマンダロリアン・シリーズがオススメですよ!!!」
とのことだったので、ならば今回はマンダロリアンにどっぷりと浸る新年OFF会!!!
にしようではないかと・・・じゅるじゅる

マンダロリアン・・・詳細は検索いただくとして・・・
スターウォーズ・シリーズ初の実写ドラマで、スピンオフ作品の中では大人気だそうで、
ディズニープラスでシーズン1とシーズン2の各8話、全16話が鑑賞できるようです。
ちなみにシーズン3は2021年12月から配信開始予定だとか・・・

つーことで今回も川端号が大阪で98k、神戸でwingさんをピックアップ、姫路のwing別邸に
3人が着いたのは1月2日の午後1時過ぎでした。


遅めの昼食はコンビニのパスタなんぞで軽く済ませ・・・

DSCN8767

って、約1名は大盛りパスタをばくばく、wingさんは助六寿司をばくばく食べつつ、
ビール(ロング缶)をかぱかぱ飲んでましたが・・・


とーぜん、昼食後も・・・

DSCN8769

川端さんの主食、おにぎりせんべいを皮切りに・・・



DSCN8772




DSCN8770

辛子明太子入りさきいかや健康そうなチョコ各種で・・・


DSCN8776

テキーラなんぞをかぱかぱ飲みつつ、川端さんの解説を拝聴しつつ・・・




DSCN8775

シーズン1の第1話から楽しんでると、やがて地元のred-bicycle(赤チャリ)さんも到着。

ちなみに川端さんは年末にシーズン1と2をそれぞれ2回ずつ、つまり全16話を2回ずつ、
全編通しで観られたそうで、今回が3周目だそうです・・・
ライトセーバー(サーベル)コレクションといい、やはりS.Wフリークですねえ。


と、4人揃ったところで、ようやく鍋宴会に突入であります。

DSCN8777



DSCN8778

飲み物もわたくしとwingさんは熱燗にかわりました。ぐびぐび

ちなみに画像にあるハードタイプのクーラーボックスはwingさんのライト専用ボックス???で、
鍋具材はわたくしが午前中に買い出しして、前回記事のソフトタイプで運んできました。
画像にある4人分の鍋具材とロング缶2本が収まり、持ち運びもお手軽でした。


で、途中でマンダロリアン鑑賞をいったん中断して・・・

川端さんが、

DSCN8780

ネット上で開催されてた「ライト沼の新春忘年会」つーのに参加されました!!!

フラッシュライト好きのみなさんが、SNSでリモート新年会を楽しんでおられたようで、
わたくしもひさしぶりにhiguさんとお話させていただきました。
higuさん、個人的にも世間的にも落ち着いたら、またご一緒しましょうね!!


で、ライト沼のみなさんとは数時間でお別れし、マンダロリアン鑑賞を再開したものの、
ライト話やヲタ話での一時停止がますます多くなってきたし、わたくしも意識は朦朧、
ストーリーを追うことさえできなくなってきたので・・・

DSCN8781

午前4時ごろにようやく鑑賞を切り上げ、就寝準備に入りました。

奥から川端さんとwingさんはソロテントの中にマットとダウンシュラフ、赤チャリさんは
コット上のマットに新調された「ダウン1.5kgが入って4980円!!!」とゆー謎のダウンシュラフ・・・

ちなみに手前のわたくしは米軍ビビィカバーの中にエアマットを敷いて化繊シュラフでした。
そう、何せカバーがでかいので厚いエアマットとシュラフを内蔵できるのでありますね。

瀬戸内海性気候のわりに寒い姫路の外気温はおそらく氷点下、屋内でも座敷側には暖房がなく、
かなり寒かったはずですが、みなさんキャンプ用の完全装備だったので熟睡・・・
ま、誰かさんのいびきで眠れなかった方もおられたようですが・・・

と、6時間後の10時に起きたわたくしは、先に起きててアニメ「ソウルフル・ワールド」を
楽しまれてた川端さんとサンドイッチとコーヒーの軽い朝食・・・

昼前にはようやくwingさんと赤チャリさんも起きてきて・・・


昼過ぎにあらためて4人で食べた・・・朝食???

DSCN8782

昨夜の寄せ鍋の出汁に残った食材と煮込みうどんを追加して・・・はふはふ、ずるずる

食後もマンダロリアンの続きとヲタ話が続いてたのですが、wingさんと赤チャリさんが、
「やはり映画鑑賞にはポテチでしょう。じゅるじゅる」
「甘いデザートも食べたいな。じゅるじゅる」と追加の買い出しに・・・


で、日暮れ前に食べた・・・朝食後のデザート???

DSCN8783

wingさん憧れの巨大プッチンプリンをはじめ、けっこうなボリュームでしたが、
シーズン1の全8話を見終わる頃には完食してましたねえ。ばくばく
ま、シーズン2まで全制覇するのは、さすがに一泊では無理でしたが・・・

すっかり暗くなってから、次回こそ本編9作品とスピンオフ全作品の完全制覇じゃあ!!!
との固い約束を交わし3日の夜8時に姫路を出発、再び川端号で送っていただいた次第。
ま、次回の完全制覇OFF会は何日かかることだか・・・わくわく

いやあ、今回もじつに楽しかったです。
少人数でも会ってヲタ話をする時間つーのは、今のわたくしにはとても貴重ですね。
さらに恒例によりわたくしの100均商品が、様々な高級品やレア品に化けたことだし、
やはり、わらしべ長者OFF会はやめられまへんなあ・・・げひげひ



m98k at 00:20|PermalinkComments(0) mixiチェック

2021年01月04日

ホールアース・ソフトクーラー17!!!

新年早々なので自分へのお年玉をご紹介・・・

そう、もうくれる人なんかいないし、年末に自分でポチったお年玉・・・

じゃーん

DSCN8745



DSCN8746




DSCN8760



DSCN8764

whole Earth (OLIVE) SOFT COOLER 17・・・
そう、ホールアースのソフトクーラーボックス17ℓサイズ、オリーブカラーであります!!!


中はこんな感じ・・・

DSCN8748

フタ裏には保冷剤を入れるポケットと両面ファスナーが付いてて・・・



収納時には・・・

DSCN8757



DSCN8758



DSCN8759

このように両面ファスナーで固定できます。
ちなみに背面にあるフックやベルトはキャリーバッグ・ハンドルなどへの固定用。

わたくしハードタイプのクーラーボックスは、コールマンのスチールベルト54とポリライト28を
数十年間ずっと愛用してて、ソフトタイプについては缶ビールのおまけや100均商品も含め、
様々なサイズを使い分けてるのですが、これと似た容量の縦型が、やはり数十年前のもので、
過日の冬キャンで使った際に、もともと断熱材も薄いし、そろそろ買い替えないと・・・
とか思ってたのであります。

今回のはサイズ感と色合いだけでなく、惹句にもある15mm厚の断熱材や、フラップ付きで
ファスナーを閉めなくても冷気が逃げにくい構造、といった点も魅力でした。

ま、ハードタイプなら保冷能力も高く中身がなくなれば帰りの収納ボックスにもなるのですが、
やはり嵩張って重いですし、日帰りはもちろん一泊二日までならソフトタイプで充分だし、
特にサイトまで距離があり徒歩で運ぶ場合は、圧倒的に有利でしょう。
ちなみにこれの重さは僅か420g、やはり軽量でコンパクトになるのが魅力ですね。

つーことで、
クリスマスプレゼントの22cm鍋と同じく少人数のキャンプや日帰り宴会用にと、
ついついポチってた次第・・・

このサイズに一泊分の保冷を要する食材と飲み物と保冷剤を入れても、ソロなら充分だし、
二人分としても食材の工夫次第で何とか収まるはずです。
ま、缶ビール18本と保冷剤だけ、あとはてきとー・・・つーのもありですが・・・


と、それなりに使えるソフトタイプですが、保冷能力以外にもハードタイプより不利なのが、
キャンプサイトの物置台やサブ・テーブルとしては、やや使いにくいとゆー点。
そう、中身の少ない状態で上に重量物を置けば、とーぜんぐにゃりと曲がりますので、
満載の中身を使ってるうちに物置台やサブテーブルとしては使えなくなるのでありますね。



で、ここからが、わたくしおなじみ100均商品の出番!!! げひげひ

じゃじゃーん

DSCN8751

同じオリーブ系で、ぴったりサイズの100均プラまな板であります。

ソフトクーラーの中身がぎっしりの際はフタの上にのせてハードな天板として使えますし、
中身がスカスカになってきたら・・・

DSCN8752

支柱になるのであります・・・もちろん間仕切りにもなってます・・・ぱちぱちぱち
ま、1枚で不安なら複数枚もありですが、クロスさせたり保冷剤も支柱にしたりと工夫すれば、
それなりの重量物も置けるはずです。
ただし取り出して予備のまな板や天板として使う際には注意が必要ですが・・・

高さが足りないようにも見えますがフタも15mm厚なので閉めればぴったりサイズになり、
タテ・ヨコもボトムと同じサイズなので、収納時も一緒にしておけます。
そう、このソフトクーラー、ほぼA4サイズだったのでありますね。

年始早々に4人分の鍋食材とビール・ロング缶2本を入れて部屋キャン宴会してきましたが、
容量はちょうどだったし、ともかく軽いし、お気楽に使えそうです。めでたし、めでたし



m98k at 21:01|PermalinkComments(0) mixiチェック

2020年12月24日

土鍋風アルミ鍋22cmとか・・・


めりいくりすます、みすたあ98k!!!



つーことで、まずは土鍋風アルミ鍋22cmであります!!!

そう、サンタさんにお願いしても(ずっと飲んだくれてて、いい子にしてなかったから)
プレゼントしてくれないだろうし、自分で買ってきました。あははは


じゃーん

DSCN8733



DSCN8726



DSCN8727



DSCN8732

フタに菜箸が置けるので、フタを開けると同時に味見ができます。
ま、左手にフタ、右手に菜箸を持って味見すると、ヨダレが鍋に入りますが・・・じゅるじゅる




DSCN8734

アルミ鍋つーのは、ともかく軽くて熱伝導率が高いのが特徴ですね。

ステンレス鍋や鉄鍋は丈夫だけど重いし、土鍋は割れやすく内側だけ洗うのにも気を遣うし、
特に土鍋をアウトドアに持ち出すことはないので、「土鍋風」なのもお気に入りです。



ちなみに・・・

DSCN8736

はり底はステンレス鋼で底の厚さは2.7mm、ま、鍋物には充分でしょう。




DSCN8735

はり底のおかげでIHにも対応、おなじみコーナンのLIFELEXブランドであります。


とか、そんなことより今回のポイントは、22cmとゆーサイズだったのでありますね。
このシリーズには18cmサイズと25cmサイズもあったのですが・・・

そう、わたくしキャンプ宴会用の大鍋はいくつか持っており、巨大な中華鍋もあるのですが、
十数年来ずっと愛用しているステンレス鍋は4~5人用だし、それよりも大きい多人数用は、
今では殆ど使うことがなくなったので、2~3人用サイズの鍋が欲しかった次第。


ま、1~2人用には・・・

DSCN8730


DSCN8728



DSCN8729

SOTOの鍋型スモーカーST-125つーのを兼用してましたが、二人鍋としてはやや小さめで、
二人で生煮えの肉を奪い合う凄絶な状況が頻発してましたし・・・

いっぽうフライパン兼用で使う「ダッカルビパン」では、2~3人用にはちと大きかったし、

こちらの・・・

DSCN8731



DSCN8724

鋳鉄製すき焼き鍋はサイズ的にはあまり変わらないのものの、アウトドアで使うには、
やはり
重くて扱いにくいし・・・ま、分厚い鋳鉄なので焼き物にはぴったりなのですが・・・


それに・・・

DSCN8725

ダッカルビパン同様、すき焼き以外の鍋物には、やや深さが足りませんでした。

つーことで2~3人の鍋宴会に、ぴったりサイズのを以前から探してたのでありますね。

アルミ製で軽くて持ち運びも便利、土鍋風で雰囲気もあって2~3人にはぴったりサイズ、
2人だと余裕の容量なので、生煮え状態の肉を奪い合うこともないだろうし・・・

ちなみにサーモスの炒め鍋つーのもフライパンになるしサイズ的にもよかったのですが、
焼き物用と鍋物用は別々にしようと、とりあえず今回はこちらにしてみた次第。
ただし平底でそれなりに厚みもあるので、焼き物も楽しめるのではないかとも・・・
って、やはり兼用しようとしてますねえ・・・洗い物とかめんどーだし・・・



で、せっかくなので、これに色合いをあわせた食器セットもついでに購入・・・

DSCN8738

スキレット風のプラボウルと・・・






DSCN8739

シェラカップ風のプラカップであります。

どちらもダイソーにあった100均商品で、同じポリエチレン製なんですが売り場は別々で、
さらにボウルは耐熱140℃、カップは耐熱80℃になってました。どう違うんだろ・・・

ま、それぞれを鍋物と焼き物の取り皿にしてもいいし、カップは飲み物用にしてもいいし、
飯椀にも汁椀にも使えるし、ともかく色合いがぴったりだったので・・・

DSCN8743

どどんと二人分を揃えました。そう、100均商品はいつ廃盤になるか分からないし・・・



この組み合わせなら・・・

DSCN8744

ひとまとめにスタックできるし・・・


さらに・・・

DSCN8737

ぴったりの黒い収納袋も昨年の京都環境フェスティバルで、もらってたことだし・・・

いやあ、今回はじつにいいクリスマスプレゼントになりました。
ま、自分でちまちまと買い揃えたんだけど・・・


(当日の追記です)
さっそくクリスマスに二人鍋・・・ま、冬キャンではなく自宅ですが・・・

DSCN8761



DSCN8763

まさにぴったりサイズでした!!! ええ、これで肉を奪い合うこともな・・・がるるる





m98k at 00:24|PermalinkComments(2) mixiチェック

2020年12月15日

ひっそりと冬キャン・・・

ええ、先週末にひっそりと冬キャンしてきました・・・

メンバーはwingさんとred-bicycle(赤チャリ)さんとその友人・・・
そう、たまたま川端さんにお仕事が入ったため、今回も4人以下つーことになりました。

場所は岡山県にある某キャンプ場で、あそこなら密にならないと赤チャリさんが推奨、
たしかに各サイトが完全に独立してて、各サイト間の距離も充分で安心でした。


で、土曜日の9時半過ぎに神戸でwingさんをピックアップ、六甲山を一気に北へ抜けて、
中国自動車道をひた走り、11時半過ぎに勝央SAで早めの昼食・・・

DSCN8556

なにせ勝央町つーぐらいで、ここのSAの名物は「勝丼」!!!


つーことで・・・

DSCN8560

「おおっ、ふつーのカツ丼は990円だけど、下のBigカツ丼なら4人前で1980円ですよ!!!
これを二人でシェアしましょう!!!」

「いや、あなたと二人でシェアしたら、わたしが昼食抜きになる予感がします。」

「ちっ、見抜かれてたか・・・」


と、3396kcalほぼ一人制覇はあきらめ、それぞれがふつーのやつを・・・

DSCN8550


DSCN8552

やはり一人でもBigにすべきだったな・・・がつがつ
ちなみにwingさんはふつーのでも、ご飯を一部残されてたようでした。ぶつぶつ




と、1時過ぎには某キャンプ場に到着し・・・

DSCN8563_LI

この受付で姫路からの赤チャリさんらと合流、予約サイトまでクルマ2台で上がりました。
ここから先は、地上最低高の低いクルマや大型車にはつらいでしょうが、そんな場合は
管理人さんが軽トラで荷物を運んでくれるそうです。




斜面に造成された広大な独立サイトの奥にテント3張りとドームタープを設営・・・

DSCN8576

ま、約1名は蟲さんを探したり・・・





DSCN8579

鳥さんを探したりしてましたが・・・



ちなみに斜面に造成された各サイトは完全に独立しており・・・

DSCN8565

下隣のサイトとは、かなりの距離があり、密になることもなく気を遣わずに済みますね。



で、わたくしは、ひさしぶりにケシュアのポップアップテントを設営しました。

DSCN8572

そう、今回は一泊だし到着後すぐに飲みたかったので・・・
ちなみにケシュアはデカトロン直売になってから、この色合いを見かけなくなりましたね。
さらにちなみに右上に小さくクルマが見えてるのが上隣のサイトです。




こちらwingさんのモンベル・ムーンライトⅢ・・・

DSCN8573

先月の熊野キャンプでは車中泊されてたので、こちらもひさしぶりであります。




さらにひさしぶりの・・・

DSCN8580

赤チャリさんのダンロップ4人用・・・そう、数十年前のモデルで、じつにポップな色合い!!!



と、設営が終わると、さっそくタープ内で乾杯・・・

DSCN8566

左は以前wingさんからいただいた高級スパークリングワインですが、右にあるのが・・・




DSCN8567

赤チャリさんの友人が差し入れてくれた軍用???ワイン缶!!! 
ええ、じつにいい色合いの・・・缶に入った・・・白ワインでした。ごくごく


wingさんとわたくしは引き続き、ごくごくかぱかぱやってたのですが、やがてwingさんは
「ちとシュラフの様子を試してきます。ひっく」と、テントに入った直後から爆睡したようで、
わたくしもけっこうへろへろになってたのですが、赤チャリさんらはひたすら・・・

DSCN8577

焚火用の薪やファイアプレースを準備したり・・・
そう、各サイトに焚火用の石が置いてあり頼めば薪も軽トラで届けてくれます。



DSCN8578

延々とバウムクーヘンを焼いてくれてたりしてました。
一度はキャンプで試してみたかったとのことでしたが、キャンプ歴の長いわたくしも、
さすがにバウムクーヘン作りつーのは、今回がはじめてでした。


と、わたくしもテントに入ってマットとシュラフを調整してて「試し爆睡」したようで、

DSCN8582

起きてみるとバウムクーヘンは何度も塗り重ねられ大きくなってて・・・





DSCN8583

最後に表面をバーナーで焦がして完成だそうであります。じゅるじゅる




で、夕暮れになると、けっこう冷えてきたので、またタープに引き籠って・・・

DSCN8585

持参したバーボンにテキーラ、ソフトサラミにポーランド産ティラミス・チョコなんぞで
ちびちびやって、さらにまったり・・・




DSCN8588

すっかり暗くなり炎のランタンが燃える頃になると、ようやくwingさんも起きてきたので、
4人そろって遅めの夕食宴会に突入・・・





DSCN8596




DSCN8597





DSCN8599

各種の焼き物と・・・




恒例の部隊鍋(プテチゲ)・・・

DSCN8593

ではなく、今回は赤チャリさん新機軸のトマト鍋であります。はふはふ、むぐむぐ
そう、お二人とも辛い鍋は苦手なので、今回は大鍋だけ持って来て下さいとのことで、
たしかに甘めの鍋でした・・・
ま、わたくしはニンニクと胡椒をたっぷり追加しましたが・・・ばくばく

一時は雨も降ってきて(やはり来れなかった川端さんの呪いの雨乞いが効いたのか・・・)、
閉め切ったタープ内で煮炊きしてると湿気が凄かったですね。



もちろん、その後も・・・

DSCN8606



DSCN8607

手作りバウムクーヘンを皮切りに・・・



DSCN8608

チョコ・バウムクーヘンとか様々な甘味やつまみで、かぱかぱと飲み続け・・・



日付が変わる前には雨も完全に止み、盛大な焚火で暖をとりました。

DSCN8611

このキャンプ場は直火可能で、わたくし本格的な焚火はじつにひさしぶりでした。
そう、いつもはせいぜい「ごみ焼キャンプファイアー!!!」ぐらいだったし・・・
やはりホンモノの焚火はいいなあ・・・特に冬キャンには必須ですね・・・ぬくぬく


と、暖をとってるうちに見事な星空になり、みなさんは頂上付近の広場へ星空観察に、

DSCN8619

わたくしは焚火番を名目に椅子とテキーラを持ってきて、ひたすらまったり・・・

と、結局、全員がテントに入って就寝したのは午前2時過ぎでした。

この夜はけっこう冷えて、夜明け前におしっこに行きたくなったわたくし、素足のまま
前回記事のケベック・ロングを履いてトイレに行ったのですが、素足でもじつに暖かでした。
ま、泥酔状態でのブーツ脱着とテントへの出入りについては想定どおりでしたが・・・ひいひい


と翌朝、わたくしは8時過ぎに起床・・・

例によってwingさん、と、めずらしく今回は赤チャリさんも朝寝してたので・・・

DSCN8625

バウムクーヘン生地で焼いてもらったワッフルと熱いコーヒーで二人でまったり・・・


ちなみに最後に起きてきた赤チャリさんは追加のワッフルに次々と・・・

DSCN8626

大量のバターとシロップをかけてましたが・・・


と、まったりとダベり続けながらのブランチは、昨夜のトマト鍋のスープを使った・・・

DSCN8627




DSCN8628

ゴーダチーズたっぷりのトマト・リゾットでした。
そう、前夜に赤チャリさんがメスティンでご飯を炊いてくれてたんですね。
キャンプでトマト・リゾットつーのもはじめてでしたが、温まりましたねえ・・・はふはふ

で、テントとタープを乾かしつつ撤収し、わたくしとwingさんは2時過ぎに現地を出発、
4時半には神戸でwingさんともお別れし、5時過ぎには無事に大阪に帰り着きました。
ちなみに距離的に近い赤チャリさんらは3時過ぎに現地を出発されたようです。

と、今回はキャンプ場の予約から食材の買い出しから料理から、何から何まで赤チャリさんと
その友人に任せっぱなしで(やや甘めにはなりましたが)、美味しくて楽チンなキャンプでした。
キャンプ場もゆったりしてて管理も親切、すべて林業経営のオーナーの手作りだそうで、
トイレも手作りだそうですが全自動で快適清潔だったし、じつに気持ちよく過ごせました。
あらためて、赤チャリさんとその友人と今回のキャンプ場に感謝です。
ちなみに林業は引き続き不振だそうですが、こんな兼業で続けてくれるとありがたいですね。

やはり寒い時期のキャンプもいいですねえ。
今はこんな状況なので、他人と近接することも周囲を気にすることもなく、ゆったりできる、
今回のようなキャンプ場つーのは、まさに理想的なのかも知れませんね。




m98k at 02:55|PermalinkComments(2) mixiチェック

2020年12月01日

ランドナーのパーツと野鳥園と・・・

10日前のハナシになりますが・・・

ご近所のランドナー乗りさんと大阪・南港野鳥園までふらふら、ご近所でひっそりと宴会し、
さらにふらふらになってから、彼のランドナーのパーツを撮ってました。ひっく
(追記です。当記事のコメント欄に詳細な解説をいただきました。)

当日は9時半にわたくしの自宅前に集合、堺浜への往復路である大和川右岸から・・・

DSCN8163




南港自転車道に入り、南港大橋を渡ろうとすると・・・

DSCN8166


DSCN8167

自転車道になってる部分は補修工事中で、12月いっぱいまで通行止め・・・



図のとおり、反対側まで迂回し・・・

DSCN8168

階段を上りました・・・ひいひい



ま、野鳥園については以前にも紹介してるので、ワンシーンだけ・・・

DSCN8189

今回は冬鳥さんたちが集まってて・・・





DSCN8192

チョウゲンボウさん?が何度も襲いかかるのですが・・・



DSCN8191

一時はばたばたと逃げ廻るものの・・・



DSCN8194


DSCN8195

一斉に飛び立つことはありませんでした。



DSCN8196


DSCN8197

集団だと安全なことを知ってるんでしょうか・・・

超望遠レンズを卓上三脚で構えて撮影されてた方のハナシによると、
「一羽だけを群れから離そうと飛び廻ってるのかも・・・」とのことでしたが、
なんか遊ばれてるみたいな感じでしたね・・・


で、北観察所へ行く途中には・・・

DSCN8198


DSCN8203

なんと満開の桜花がありました!!!


狂い咲きか???とかも思ったのですが・・・

DSCN8201

ヒマラヤザクラだそうで冬に花を咲かせ、高温多湿の日本では育てるのに手間がかかるけど、
二酸化炭素の吸収率はソメイヨシノの5倍で温暖化対策に注目されてるとか・・・(ウィキより)

と、北観察所では観察もそこそこにポロショコラなんぞで延々とダベり続け・・・

メインの観察塔に戻って・・・

DSCN8216


DSCN8217

記念撮影だけして帰路につきました。


ATCの野外ステージでは・・・

DSCN8219 (2)


DSCN8221 (2)

素敵なおねいさんたちのコンサートもあったようですが・・・



我々は南港自転車道をのんびりと漕ぎ・・・

DSCN8231

ま、補修工事中の南港大橋は往路と同じ階段でしたが・・・ひいひい



帰路は大和川右岸まで戻らずに・・・

DSCN8233

貯木場を抜けるルートを走りました。都会でフィトンチッドが味わえる稀少なコースです。

そう、昔のわたくしの通勤ルートで、alaris540さんとも走りましたねえ・・・
もうあれから2年半か・・・懐かしいなあ・・・


住吉川左岸の遊歩道をのんびり漕いで・・・

DSCN8242




ランドナー乗りさんにもなじみのあった周辺をふらふらしてると・・・

DSCN8243

右岸にあったロゴスショップ(その前はロゴス本社)は、LOGOS LABOになってました。


と、今回は周辺ふらふらも含めて25kmほどでご近所まで戻り、wingさんとも行った
おなじみの韓国料理屋さん
へ・・・

DSCN8245

まずは乾杯であります。



DSCN8247

一杯目は突き出しだけで、あっとゆー間になくなり・・・



二杯目も・・・

DSCN8248

海鮮チヂミであっとゆー間に・・・


で、焼肉ニンニクを食べる頃には・・・

DSCN8249

すでに大量のマッコリを飲んでたはずで、その間に豚ニラ炒めも食べてたはずですが、
すでに画像を撮るつもりはさらさらなく、ひたすら、ばくばく、ごくごくと・・・



DSCN8252

この後、サービスのキムチも含め完食完飲したのは間違いないのですが・・・ひっく


で、酔った勢いでお店の前で撮った、彼のランドナーのパーツを一部ご紹介・・・
古いパーツをこつこつと集めて、自分で組み上げた初号機だそうです。

DSCN8254



イデアルのサドル・・・

DSCN8255


DSCN8256



DSCN8257




ハンドルまわり・・・

DSCN8258




DSCN8273


DSCN8274



DSCN8276



シフトレバー・・・

DSCN8266



フロントギアとペダルまわり・・・

DSCN8267


DSCN8268



DSCN8270




ブレーキまわり・・・

DSCN8263



DSCN8264




ホイールとスポーク・・・

DSCN8271




リアのリフレクター?

DSCN8283



そしてフロントライト!!!

DSCN8282

LEDに換装されたと聞いたような気もしますが・・・

クラシック・ランドナーつーのも味があっていいですねえ・・・

各パーツについて詳しく解説いただいてたのですが、出来上がってて殆ど覚えてません。
もし見てたら、この記事のコメント欄へ再度の解説をお願いしますね!!!




m98k at 12:01|PermalinkComments(4) mixiチェック