廃線敷

2021年05月12日

大阪市電が走った街 今昔・・・

外出が少なくなり今年になってからずっと・・・になりますが・・・

「大阪市電が走った街 今昔~水の都の路面電車 定点対比~」

辰巳 博著・福田清二編 JTBキャンブックス 2000年12月初版発行

とゆー本を眺めてて、様々な思い出が蘇ってるので紹介させていただきます。


表表紙であります。

DSCN9069

昭和41年 旧大阪市庁舎前に停車する1601型・・・だそうです。



裏表紙であります。

DSCN9070

大正橋の今昔(昭和42年と平成12年)・・・だそうです。


例によって目次のご紹介・・・

DSCN9008

開業時期ごとにまとめた各路線主要停留所付近の今昔を、同位置から同画角で写真対比させ、
その写真に解説やエピソードが付くという構成で、分かりやすく面白かったです。




奥付であります。


DSCN9068

編者で現況の撮影者は、鉄道同好会OBの方だったんですね。



偶然ですが校友会誌・本年新年号の・・・


DSCN9033





「サークルいま、むかし」とゆーコーナーで鉄道同好会が取り上げられてて、

DSCN9034

なんとご本人が載ってました。現在もOB会の副会長をされてるんですね。お元気で何より!!!
学生時代は「撮り鉄」で日本写真印刷に就職、写真集の編集制作に携わっておられたとか。



DSCN9067

OB会の活動も盛んなようです。
SF研究会OBも、史跡同好会OBも、洛嶺会OBも、がむばらないといけませんね・・・


閑話休題


市電の路線図であります・・・

DSCN9009

戦後最盛期の昭和34年には大阪市内だけでなく守口市や堺市まで、まさに縦横無尽に
走り廻ってたんですね。

昭和44年に最後の路線が廃止されてますから、一人で乗った記憶は殆どありませんが、
父親が市電の車掌をしてたので、小さい頃に(おそらく非番の日に)一緒に乗せてもらい、
市内あちこちに連れて行ってもらった記憶は、朧げながら残ってます。

ちなみに京都の市電は(トシがバレますが)ずっと烏丸線で通学してたのが最終年次で廃止、
卒業までの1年間は四条烏丸から烏丸今出川の間は主にバス通学でした。
市電代(当時25円!!!)がなくなり、よく賀茂川べりなんぞを歩きましたねえ・・・



で、こちらが「大阪市街電車唱歌」・・・通称「市電唱歌」・・・

DSCN8832


DSCN8831

明治41年にできた一期と二期の路線だけですが、それでも21番まであり、父親からもらった
市電廃止記念誌に付いてたソノシートで!!!、わたくし全てを覚えてました。

九番の歌詞にありますが、明治時代の住吉や浜寺は「大阪」から、わざわざ見に行くような
郊外のリゾート地で有名観光地だったんですね。

ちなみに学生時代の小松左京氏による現代史講義で「覚えてる一番長い歌は?」と質問され、
「大阪の市電唱歌でしょうか、21番まで覚えてます。」と答えると、
「おおっ、それは面白い。ちょっと歌ってみて!!!」と言われたのも懐かしい思い出です。
複雑な情報も歌にすれば覚えられるので、人類は文字ができるまで情報を歌にして残してきた、
といった講義の一部だったと、今でも覚えています。


さらに閑話休題


どの停留所も沿線風景が懐かしく写真紹介できないのが残念ですが、どうしても一枚だけ・・・
(問題があるようなら、すぐに削除します。)

DSCN9010

三宝線、
住之江公園前の昭和35年と平成12年の沿線風景の対比であります。
そう、まさに今のわたくしの定番ポタリングルート!!!

もちろん、この現況写真から、さらに20年が経過してますので状況は変わってますが、
わたくしの記憶する市内なら阿倍野筋以東、南海本線沿線なら大和川以南の風景と同じで、
まさに一面の田畑だったんですね。感無量でした。

大阪市内の幹線道路や大きな橋は、もともと市電を通すため市電の収益で整備されたもの、
それがモータリゼーションの波で邪魔者扱いされるようになり、やがて廃止に至ったのは、
まさに高度成長期の悲哀ですね。

地下鉄やバスと違って乗り降りしやすく人に優しい路面電車は、新しい都市交通手段として
再び見直されてるようですが、大阪でも思い切って復活させてほしいものですね。
路面電車がのんびり走り、堀川で乗合船が行き来する街つーのは、じつに絵になりますし・・・


(追記)
じつは本書、たまたま図書館で見つけて熟読、貸出期間を延長して毎日眺めてたのですが、
見かねた奥様がメルカリで購入してプレゼントしてくれたもの。
ずっと手元に置いておきたかったので、大変ありがたいことであります。ぺこぺこ



m98k at 12:12|PermalinkComments(2) mixiチェック

2021年02月23日

伊丹市昆虫館~へやキャンOFF会!!!

伊丹市昆虫館経由で「へやキャン???」OFF会を(ひっそりと)楽しんでました。

関西ライト仲間のwingさんから、週末から四連休になったので遊びましょ!!!とのお誘い、
暖かく好天の予報だったし、新テントを試しがてら、ひっそりキャンプしたかったのですが、
近くのいいキャンプ場は冬キャンブームでいっぱいだろうし、まだ密は避けたいし・・・
さらに、いつもの川端さん赤チャリさんのご都合も、今回はびみょーだったし・・・

つーことで、わたくしは阪神電車の某駅前でwing号にピックアップしてもらい・・・

「昼過ぎに伊丹市昆虫館の予定ですが伊丹駐屯地の近くなんですよ・・・じゅるじゅる」

「おお、そのための10時集合だったのねっ、じゅるじゅる・・・」

と、駐屯地前のサクラヤさんは11時開店だったので、先に近くのスーパーで食材なんぞを
買い足してから、開店と同時に店内に入って物欲三昧・・・

「ありゃま、ふと気づけば昼前ですね・・・次は食欲三昧つーことで・・・」

と、昆陽池の池畔にある・・・

DSCN9150

MIYABIとゆーパン屋さん・・・カフェでランチも食べられるのでありますね。





DSCN9145

テラス席もありましたが我々は店内の窓際でぬくぬくと・・・




DSCN9146

ハンバーグドリアのセット、焼きたてのパンも旨かったです。





DSCN9149

完食後はコーヒーでまったりして・・・





昆陽池公園の駐車場へ・・・

DSCN9153

古くからあった広大な溜池を埋め立て、残りの一部を公園として整備したもので、
野鳥の観察地としても有名、島を日本列島の形にしてるんですね・・・知らなんだ。
って、一周は約2000m、駐車場から昆虫館まででも約600m・・・ひいひい


ま、せっかくなので道すがら・・・

DSCN9155






DSCN9157





DSCN9158





DSCN9163



DSCN9164

800mmズームを付けたOM-D EM-1を下げてるwingさん、通りすがりのコンデジの方から、
「これは何という鳥ですか?」とか画面を見せられ訊かれてましたが・・・





DSCN9165

「はてさて・・・あそこに説明板がありますよ・・・あははは」

「って、そんな超望遠を下げてたら、当然トリさんに詳しい人と思われるでしょ。」

「いやいや、これはトリさん用ではなく、あくまでムシさんのテレマクロ撮影用です。
遠くのトリさんとかにはイマイチで・・・ぶつぶつ・・・」

とかレンズ性能についてぶつぶつ呟きながら・・・


DSCN9167

ようやく伊丹市昆虫館に到着。



ま・・・

DSCN9168

感染症対策で滞在時間は60分とのことで、以下さくさくっと・・・


入ったところが「10倍の森」・・・

DSCN9169





巨大ミツバチさんから見ると・・・

DSCN9171

わたくしもこんな感じなんですね・・・びくびく



モルフォ蝶・・・

DSCN9175

きれいきれい・・・



ヘラクレスオオカブト

DSCN9177



DSCN9178

でかいでかい・・・




ニジイロクワガタ・・・

DSCN9181



DSCN9180

きれいきれい・・・



マダガスカルオオゴキブリ・・・

DSCN9182



DSCN9185

でかいでかい・・・



ローズヘアータランチュラ・・・

DSCN9187




DSCN9186

でかいでかい・・・ローズヘアーには見えなかったけど・・・



と・・・

DSCN9188

メインのチョウ温室へ・・・



ま、

DSCN9190

こんなチョウチョさんがいたのですが・・・



なにせ暖かい日の温室内だったので・・・

DSCN9192



DSCN9195

たちまちレンズは曇り、身体は汗まみれに・・・ひいひい





DSCN9191

約1名は800mmレンズで撮影を続けておられましたが・・・



わたくしは這う這うの体で温室から出て・・・

DSCN9197

むしのうんことか・・・




DSCN9200

アカハライモリさんとか・・・





DSCN9202

イモムシさんとか・・・かわいいかわいい・・・



と、それでも汗がひかないので屋上展望台へ上りました。

DSCN9213





DSCN9219

チョウチョさんのソーラーパネル・・・これで飛ぶのか・・・


と、60分以内であちこち見て廻りミュージアムショップへ・・・

DSCN9222

wingさんは海洋堂のイモコレ・ガチャにチャレンジ・・・


DSCN9242



DSCN9243

ミノムシさんをゲットされてました!!!

ちなみにわたくしは「二本松こおろぎ」つーのを購入したのですが・・・


と、駐車場まで戻り、バイクで来られてた
gochpfozha(ゴッホ)さんと合流!!!
お会いするのは、wingさんもわたくしも今回がはじめてでした。

bonさんの「フラッシュライトファン」以来のライト好きだそうで、当サイトも含め、
G3さんのサイトや川端さんのサイトなども、開設以来ずっと愛読されておられたとのこと。
いやあ、隠れた愛読者とリアルでお会いすることができて、うれしい限り!!!

で、ゴッホさんはバイクを置いてwing号に同乗、大阪のわたくしの実家に3人が着いたのは
土曜日の3時過ぎぐらいでした。

あまり飲まれないゴッホさんも交えて、とりあえずはビールもどきと乾き物で乾杯、
昔話やライト談義に花が咲きました。


ひとしきり談義を終えての夕食は、以前wingさんと行った韓国料理店で軽く・・・

DSCN9228

マッコリなんぞで・・・



DSCN9230


DSCN9231

とーぜん軽く完食完飲しました・・・



そう、なにせわたくし・・・

DSCN9224


DSCN9226

実家にいっぱい飲み物とつまみを用意してたもので・・・



といいつつ「やはり大阪に来たら粉モンでしょう」と帰り道でwingさんが買ってた
たこ焼きやお好み焼きを温めて、さらにビールもどきをかぱかぱと・・・

DSCN9233


DSCN9232

ちなみに右下にあるのが、わたくしが昆虫館で買った「二本松こおろぎ」なんですが、
けっこうデカい個体で、お二人とも食べるのを躊躇されてたので、翌日に未開封のまま
昆虫食が好きな?川端さんに
プレゼントした次第。


と、お二人のライト談義は続き・・・

DSCN9236



せっかくなので恒例の照射散策へ・・・


DSCN9239




ま、約1名は・・・

DSCN9238

ムシさんを撮っておられましたが・・・


と、戻ってからもヲタ話は続き・・・(わたくしとwingさんは飲み続け・・・)
この夜は日付が変わる頃に(各自マットとシュラフで)就寝しました。


翌朝は7時半に起床、ハムマフィンとコーヒーで軽い朝食、さらにライト談義を続け・・・

DSCN9245




夜は入れなかった住吉大社の本殿とか、まったりと朝の散策、昼食は軽くうどん定食・・・
ま、お二人はさらに軽く天ぷらうどんだけでしたが・・・

DSCN9246



DSCN9248

軽く完食して戻り、2時過ぎには凄いお土産を持ってきてくれた川端さんとも合流、
さらにライト談義とヲタ話が盛り上がりました。



阪堺電車の廃線敷や古いポンプなどをもう一度見ておきたいとのゴッホさんの要望もあり、
今度は4人で、ふたたび近所を散策・・・

DSCN9250

住吉公園駅の古い駅舎はまだ残ってて・・・
(住吉停留所(住吉交差)からの引き込み区間が2016年2月に廃線)


DSCN9249

対面式のプラットホームに続いてた屋根の一部も残ってました・・・
ゴッホさん、昭和の古い街並みも大好きだそうです。


と、旧の紀州街道や熊野街道や住吉街道を軽く廻って戻り、夕食は・・・

DSCN9257

直火の焚火(ただし動画)を眺めつつ・・・
キャンプ用のテーブル・チェア・ランタンで部隊鍋(プテチゲ)!!!
そう、まさに「へやキャン△」だったのでありますね!!! わははは

と、ライト談義は続き、わたくしとwingさんは燗酒を飲み続けてたのですが・・・
さすがに疲れたのか、この夜は10時半に(各自マットとシュラフで)就寝しました。
ま、わたくしは夜中に何度か目覚めて飲み直したりしてましたが・・・

で、翌日わたくし以外は早朝から起きておられたようで、7時には、なんとwingさんから!!
モーニングコールされました!!! 
ええ、10年以上になるわたくしのOFF会人生でも、はじめての体験でした・・・

と、朝食も早く軽く・・・

DSCN9258

パンとラムレーズンクッキーとコーヒー、その後も甘い物なんぞでライト談義が続き・・・



早めの昼食も・・・

DSCN9259

部隊鍋(プテチゲ)の残りスープに太麺と餃子を入れて軽く済ませ、お昼過ぎには解散、
wing号は昆陽池までゴッホさんを送り届けたとゆー次第。

つーことで今回も楽しく気軽なOFF会となりました。
ええ、これがほんとのライトOFF会・・・どっとはらい



感謝のP.S
あまり飲まれないのに飲んだくれ宴会に付き合ってくれた初参加のゴッホさん、
全く飲まないけど、とんでもないお土産を持参いただいた川端さん、
送迎はじめ、今回もいっぱいおもちゃを持参いただいたwingさん、
とても楽しかったです。ありがとうございました。
また(当分はひっそりと)軽くやりましょう!!!
ちなみに川端さんからの(重い)お土産については、いずれまた別記事で・・・



m98k at 17:16|PermalinkComments(0) mixiチェック

2020年11月28日

大仏鉄道遺構めぐり!!!

はじめての大仏鉄道遺構めぐり・・・ひさしぶりのハイキングでした。

そう、前回記事のとおり以前から興味があったのですが、一昨日、はじめて巡りました。

メンバーはいつものダッシュP18乗りの友人と奈良ソムリエの資格を持つ友人の計3人で、
学生時代からの史跡サークル仲間であります。

JR加茂駅に9時半すぎに集合、まずは駅前広場にある・・・

DSCN8323

蒸気機関車の動輪前からスタート!!!




DSCN8321

木津川市になる前の加茂町長が鉄分好きで、私費で建立して市に寄贈されたそうです。
前回記事で紹介した研究会の活動にも関わっておられたようで、遺構めぐりコースにも
あちこちに案内板が整備されてました。


おさらいのため、同所にあった大仏鉄道の説明板・・・

DSCN8324

つーことで、今回はこの路線に沿った遺構めぐりコース約13kmを歩きます。
120年前に10年間だけ走ってた廃線遺構つーのがロマンですねえ。


ちなみに駅前広場の反対側に当時から残ってる遺構が・・・

DSCN8328

「ランプ小屋」で、当時の蒸気機関車の照明はオイルランプだったので、その整備小屋。
可燃物のオイルも大量に保管してたので頑丈なレンガ造りだったんでしょうか・・・


大仏線も加茂駅からしばらくは現在の関西本線(JR大和路線)と並走してました。

DSCN8330




DSCN8332

あちこちに案内板があるのがありがたいですね。さすが鉄分好きの元町長・・・
そーいや琵琶湖東岸の某市長も東大自転車競技部の出身で周辺の市町村や県に働きかけ、
「ビワイチ」サイクリングコースの整備が一層進んだとか・・・

自治体の首長が趣味を地域に活かす、つーのは、わたくし個人的には大好きなんですが、
やはり行政としては、首長が変わってもブレないコンセプトがないと迷惑なだけ・・・
ま、サイクリングコースや廃線敷めぐりとかなら、大いに良しとしましょう!!!


と・・・

DSCN8334


DSCN8335


DSCN8338

1937年製C57 56の静態展示。前照灯はバッテリーライトでしょうか・・・
(追記です。初期はオイルランプ、近代型は蒸気によるタービン発電だったようです。)




DSCN8341

路傍の石灯籠を観察したりして・・・



関西本線(JR大和路線)の踏切を渡ります。

DSCN8342




DSCN8345

線路左側の草むらが廃線跡でしょうか、盛り土が2車線分になってますね・・・


いったん大仏線から離れて大きく迂回・・・

DSCN8347




DSCN8352

路傍の石地蔵なんぞを観察しつつ・・・




DSCN8349

観音寺橋台へ・・・



加茂駅から約3kmで・・・

DSCN8363

観音寺橋台に到着であります。

奥が関西本線(JR大和路線)で、まだ大仏線と並走してますが、この辺りを過ぎると本線は
トンネルを抜けて木津へ、いっぽう大仏線は山を越え丘を越え奈良までほぼ一直線・・・
そう、ほぼ一直線とはいいつつ、山あり谷ありの難所でしたから、平坦な路線ができると、
僅か10年で廃線になったんですね・・・


観音寺橋台にあった案内図であります。

DSCN8365

現路線は木津駅へ湾曲してから平坦路を奈良駅へ、大仏線は難所をまっすぐに奈良駅へ・・・
つーのがよく分かりますね。



で、すぐ近くにある・・・

DSCN8361



DSCN8369



DSCN8371

観音寺小橋台であります。


竹林を抜け・・・

DSCN8373



DSCN8374

じゅるじゅる・・・




DSCN8375

かなり鬱蒼としてきて・・・



DSCN8376



DSCN8378

とーとつに小さな祠がありました。



DSCN8379



右側の盛り土が大仏線跡で・・・

DSCN8380

道路には枕木とガイドレールを利用した柵が残ってました。
そう、「まぼろしの五新線」にもありましたねえ。懐かしいなあ・・・


で、こちらが・・・

DSCN8381


DSCN8384

鹿背山橋台・・・勾配を少なくするための盛り土や築堤をあちこちで築いたのでしょうが、
今はどこも自然の一部になってました。




DSCN8386

こちらも枕木とガイドレールを利用してますね。



こちらがおそらく廃線敷でしょうが・・・

DSCN8391




DSCN8392

遺構を続けて見るため、いったん築堤の下に降ります。




DSCN8393

梶ヶ谷隧道であります。築堤を渡る通路用アンダーパスですね。




DSCN8396

ポータルのレンガはイギリス積みで・・・



DSCN8398

内部は長手積み???



反対側のポータルであります。

DSCN8399

この築堤の上を真っ赤なイギリス製の蒸気機関車が走ってたんですねえ・・・



で、しばらく行くと赤橋で・・・

DSCN8403

こちらはイギリス積み・・・


と、再び廃線跡に上がりました。

DSCN8408

奥がスタートした加茂駅方面で、左手には新しい道路と公園があり・・・




DSCN8410



DSCN8411

きれいなトイレや東屋に大仏線のモニュメントや案内板もありました。



すでにお昼近くになってたので・・・

DSCN8413

わたくしが最近ハマってるテキーラとポロショコラで、はじめての大休止・・・
この組み合わせは友人二人にも好評でした。ぐびぐび


ちなみに位置関係はこんな感じ。

DSCN8412

当時の路線図を見ると、まさに加茂と奈良を結ぶ直線コースだったんですね。


さらに廃線跡を進みます。ひいひい

DSCN8416



梅谷からは県道44号線となり廃線跡モニュメントのある歩道を歩きます。ひいひい

DSCN8417

で、右に見えてきたのが・・・



DSCN8419

らせん型の配水塔で・・・



DSCN8421

大仏鉄道へのオマージュでしょうか・・・



で、この配水塔を越えると、ようやく・・・

DSCN8422

京都府から奈良県に入りますが、びみょーなアップダウンはずっと続きます。
確かに非力な蒸気機関車には大変な難路線だったんでしょうね。
ええ、非力なわたくしにも大変な難コースでしたが。ひいひい




DSCN8426

県境を越えると「国境食堂」つーのがあり・・・



DSCN8429

ステーキハウスも併設されてたのですが、ここで昼食宴会をすると途中挫折は自明なので、
泣く泣く歩き続けました。ひいひい



沿道には、こんなお店もありました。

DSCN8430


DSCN8431

そう、アウトドアで喫茶・軽食を楽しむお店なんですね。じゅるじゅる・・・


さらに、こんなお店も・・・


DSCN8434




DSCN8436

ツリーハウスでもCAFE&SWEETSが楽しめるのだろうか・・・じゅるじゅる・・・


で、こちらが・・・

DSCN8432


DSCN8433

大仏線唯一のトンネルだった「黒髪山トンネル」のあった峠・・・



そう、今は拡幅されて切り通しになってますが、

DSCN8439

当時はトンネルだったんですね。ちなみに上を跨ぐ歩道橋は奈良で一番の高さだとか・・・

できるだけ上まで登って、どうしても登れないところで仕方なく短いトンネルを掘るのが、
昔の鉄道の敷設方法なので、今も残るローカル線なんかは風情があるんですね。

途中でいくつかの遺構を見過ごしてますが「鹿川隧道」は、ここの案内板で・・・

DSCN8438




ちなみにこの黒髪山には・・・

DSCN8441

奈良市のキャンプフィールドがあるんですね・・・



奈良ドリームランド跡・・・

DSCN8443

園内を一周してた蒸気機関車の高架でしょうか・・・ま、こちらも廃線遺構ですね・・・
わたくしが小さい頃は関西で最大の遊園地だったはず・・・懐かしいなあ・・・



で、こちらの鴻ノ池あたりから・・・

DSCN8448

県道44号線は大仏線の廃線敷から大きく外れるので・・・


遺構めぐりコースは興福院(こんぶいん)へ・・・

DSCN8453

そう、大仏線は興福院の前あたりを通ってたのでありますね。

ちなみにこの間にある遺構「鴻池橋台の基礎部」は見つけられませんでした。


で、興福院から南下していくと・・・

DSCN8454



DSCN8456

ようやく大仏駅のあった「大仏鉄道記念公園」に到着であります。ふう
ちなみに大仏線は動輪の右手あたりからナナメに来てたようで、延伸後は石碑あたりから
やはりナナメに抜けて佐保川を渡っていたようであります。


そう、この大仏駅まで開通した2年後には奈良駅までの1kmほどを延伸したので・・・

DSCN8458

このあたりに佐保川を渡る鉄橋の遺構があるはずなのですが見つけられませんでした。

と、大仏線はJR奈良駅まで延伸してから廃線になったのですが、ここから先は遺構もなく
「JR奈良より近鉄奈良のほうが飲み屋が多い」つーことで、一行は近鉄奈良駅前へ・・・

たまたま奈良ソムリエさん御用達のお店が閉まってたので、以前正倉院展の帰りに見つけて
すっかりお気に入りになってた大和醸造の直営店へ・・・

DSCN8468



で、まずは濃くて美味しかったIPA(インディア・ペールエール)のLサイズで乾杯!!!

DSCN8460



で、やはり美味しかった「太陽のピザ」をばくばくと・・・

DSCN8462

って、今回も食べる前に撮ればいいものを・・・ばくばくがつがつ


続いてダッシュP18乗りさんはSAISONのLサイズつーのを・・・

DSCN8463


DSCN8464

わたくしはSTOUTのLサイズを、奈良ソムリエさんはSTOUTのMサイズを・・・


もちろん、お安い各種ピザも次々と追加しました

DSCN8465


DSCN8470

だから食べる前に撮ればいいものを・・・げふっ

と、今回は9時半過ぎにJR加茂駅を出て2時半過ぎに近鉄奈良駅に着きましたから休憩も含め、
所要時間は約5時間、遺構めぐりコースは約13kmでしたが、途中で迷ったりもしたので、
おそらくそれ以上は歩いたでしょう。

なだらかな勾配の廃線敷がメインですが、何せ難所が多くて廃線になった路線ですから、
それなりにアップダウンもあり、途中からけっこう脚にきてました。

以前も書きましたが自転車でそれなりに漕いだ際に痛くなる部分と歩いて痛くなる部分は
けっこう異なるんですね。
少しは歩行にも慣れないと・・・ま、寒くなって自転車漕ぎもご無沙汰してるけど・・・




m98k at 01:50|PermalinkComments(2) mixiチェック

2020年11月24日

大仏鉄道物語

とーとつに・・・「大仏鉄道物語」・・・であります。

DSCN7253



DSCN7254

大仏鉄道研究会・著 関西印刷出版部・飛鳥書房 平成21年9月1日第二版第一刷発行



恒例により目次のみご紹介・・・

DSCN7256




ちなみに大仏鉄道研究会つーのは・・・

DSCN7257

鉄分好きの方たちの集まりのようですね。

本書によると、大仏鉄道とは明治時代の一時期に存在した関西鉄道・大仏線の通称で、
加茂駅から奈良駅まで約9km(奈良駅に乗り入れるまでは手前の大仏駅まで約8km)
の区間とのことでした。

ちなみに表紙絵の赤い蒸気機関車ですが、当時の関西では私鉄間の競争が激しかったので、
少しでも乗客の目を惹こうと、実際に関西鉄道で走ってたカラーリングだそうです。
今のラッピング列車とかと同じ発想だったんですねえ・・・

この区間は勾配が急で難所も多く平坦路線が大阪や奈良に直結されると、開業後わずか9年で
廃止され、しかも廃止時期が国有化の直前であったため、殆ど資料も残っておらず、まさに
「まぼろしの鉄道」になっていたようです。
このあたりは「まぼろしの五新線」とは対照的ですねえ・・・

で、それを僅かに残る資料や遺構、聞き取りなどから調査して、遺構の保存や観光スポット
としての活用に、研究会として取り組まれてるんですね。

ええ、これだけでもコアな廃線マニアにはたまらない路線なんでしょうねえ。
といいつつ、廃線敷(の中でも特に廃トンネルの照射)が好きなわたくしも、本書を読んで、
ともかく一度は行ってみたくなった次第。

当時の遺構もまだいくつか残ってるようで、巻末にあった遺構めぐりマップによると、
ハイキングコースとしては12kmほどのようです。

以前からネット情報とかでも興味はあったのですが、近々に史跡好きの友人たちと一緒に
歩いてみることになりました。

おそらく舗装路ばかりで輪行ポタリングでも楽しめそうですが、まずは徒歩で・・・
そう、徒歩だと駅前に着けば(自転車をたたむことなく)すぐに飲めるし・・・
それに市街地部分が多いので、途中で飲めそうな店もあるだろうだし・・・

さてさて、次回記事は廃線敷の完歩記事になるか途中挫折の飲んだくれ記事になるか・・・
みなさん、どーかお楽しみに・・・



m98k at 00:11|PermalinkComments(0) mixiチェック

2020年01月26日

「阪堺電車177号の追憶」と上町線の謎???

今回はご近所を走る阪堺電車を題材にした小説のご紹介・・・と、

阪堺電車の上町線に関する、わたくし懸案の謎???についてであります。

まずは・・・

DSCN5089

「阪堺電車177号の追憶」山本巧次著 早川書房 2017年9月発行・・・


裏表紙・・・

DSCN5090

ひょんなことから阪堺電車の上町線についてネットで調べてて、この小説を知ったのですが、
今回ようやく読むことができた次第。

ちなみに定期運用されている電車としては日本最古となった阪堺電気軌道のモ161型ですが、
実際に製造された車両は161号から176号までで、177号とゆー車両は存在しません。
(ただし、この小説が評判になり1日だけ177号に書き換えた同型車両がほんまに走ったようで、
阪堺はんも、なかなか粋なことをしはりますな・・・)


例によって目次のみ・・・

DSCN5091

小説作品なのでストーリーなんぞは紹介できませんが、昭和8年から平成29年まで、177号の
独白ではじまる各章が、その時代を反映した軽いミステリー仕立てになってて、各章の登場人物も
さりげに何人かが繋がっていたりと、とてもほっこりさせてくれる佳作・・・だったんですが・・・

何せ全編の舞台が阪堺電車の車中と沿線、しかも殆どが住吉交差から僅か数停留所の範囲内!!!
ええ、この辺りに長年住む者としては、沿線の情景描写がたまりませんでした。

車両や沿線はもちろん、時代も人物もストーリーも丁寧に描き込まれており、なじみのない方でも
充分に楽しめますが、身近な沿線住民からすれば、まさに珠玉の貴重な作品ですね。

わたくし作品では第三章つまり昭和34年ぐらいからしか実記憶がないのですが・・・

小学生の頃のテリトリーつーか遊びに行く範囲といえば、西は国道26号線まで、東は阿倍野筋
(当時は十三軒道路とか13号線とか呼んでましたね)まで、南はせいぜい細井川あたりまで、
北は塚西、姫松あたり(今で言う南港通り)まででしたから、まさにこの作品の舞台そのものですね。

たまに自転車で大和川まで行ったり長居公園まで行ったりするのは大冒険でしたし、上町線で
天王寺に出たり、南海で難波に出たりする際は、たいてい大人と一緒でした。

もちろん、その後の行動範囲は広がりましたが、天王寺に出る際は今でも上町線まで歩きますし、
自転車でふらふらしてても、必ず一度や二度は阪堺線・上町線の軌道を渡ったり並走したりします。
(ちなみに自転車で軌道を渡る際は直角に近い角度で渡らないと、必ずコケます。)
さらに息子たちが小さい頃は、せがまれてよく住吉交差まで行き交うチン電を見に行ってましたし、
数回の宿替えはありましたが、チン電はずっと身近な存在なのであります。

で、わたくしが小学生の頃の沿線風景は、大邸宅と商店と下町が混在してたものの、何となく
棲み分けてたような感じだったのが、中学生になる頃から大邸宅の跡地やそれまであった空き地に
一度に何十軒もの建売住宅ができたりして、古くからあった長屋以外にも小住宅や集合住宅が
一気に増えました。まさに高度成長期の真っ只中だったんですね。

当時の住吉大社はじめ神社やお寺の境内は荒れ放題、広大な邸宅の庭池跡も放置されたままで
探検したり秘密基地を作ったりの毎日、住吉公園や万代池公園で遊ぶよりずっと面白かったです。

また紀州街道・熊野街道・住吉街道などの沿道には、重厚な家並みも所々に残ってたのですが、
やはりバブル前後からでしょうか、特に表通りはすっかり様変わりしてしまいました。

ま、今は神社やお寺もきれいに整備され(秘密基地は作れなくなったけど)、街並みや道路も
明るくなって(探検する場所がなくなったけど)、住吉大社や粉浜商店街の外国人観光客も増え、
休日には史跡めぐりや撮り鉄のみなさんを数多く見かけますし、これはこれでよかったかと・・・
ただし住民は(わたくしも含め)高齢者が目立つようになりましたが・・・げほげほ

と、身近な存在のチン電と沿線の生活を、この作品であらためて振り返ることができました。



で、この阪堺電車に関する、わたくしの疑問つーのが・・・

上町線が高野線を跨いだのはいつなのか???であります!!!

ま、それが分かったからどーだ、つーこともないのですが・・・

とりあえずウィキの記述を時間軸で整理してみると・・・(カッコ内は現駅名・現停留所名)

・南海・高野線が(汐見橋)から(堺東)まで開業したのが1900年9月3日
・同線の住吉駅が(住吉東)駅に改名したのが同年9月11日
・上町線が天王寺南詰から上住吉(神ノ木)まで馬車鉄道で開業したのが1900年11月29日
・上住吉(神ノ木)から下住吉(住吉)まで馬車鉄道で延伸開業したのが1902年12月27日

つーことなんですが・・・

まず、高野線の開業から僅か3ヶ月後に馬車鉄道がその上を跨いだ!!!とは考えられないので、
・当時終点だった上住吉(神ノ木)停留所は高野線東側の地上にあったのではないか???
(「マッサン」竹鶴政孝がウィスキーの研究をすることになる摂津酒造の北隣あたり???)
で、開業の2年後には上住吉(神ノ木)から下住吉(住吉)までの区間を延伸開業してるので・・・
・この間に高野線を跨ぐ工事をして上住吉(神ノ木)停留所も高架上西側(現在地)に移設した???
と推測したのですが、上住吉(神ノ木)停留所を延伸後に高野線東側から西側(現在地)に移設した
といったハナシは、ネット上では見当たりませんでした。

仮に最初から上町線が高野線を跨いでて終点の上住吉(神ノ木)停留所も現在地だったとしても、
・電車でも難所になってる急なスロープを果たして馬車で上下できたのだろうか???
はたまた、
・下住吉(住吉)まで上町台地を下る急なスロープも馬車で上下できたのだろうか???
とゆー疑問が残ります。

ちなみにウィキでは、
・上町線の改軌・電化・複線化工事が完成したのは1910年で開業は10月1日
となってますので、遅くともこの時点では上町線が高野線を跨いでいたのは間違いないでしょうし、
電化・複線化されて対面式のホームを持った神ノ木停留所が高架の西側に存在していたことも、
間違いないのでしょうが、この間、つまり1900年の馬車鉄道開業から1910年の電化複線化まで
10年の間で、いつ路面電車が鉄道を跨ぐようになったのか、神ノ木停留所は当初どこにあったのか・・・

そう、わたくし・・・

Q1 上町線が最初に高野線を跨いだのはいつだったのか???馬車時代か電車時代か???
Q2 当初の終点、上住吉(神ノ木)停留所はどこにあったのか???地上か高架上か???

とゆー疑問が数年来ずっと頭の中に残っています。(だからどーだとゆーこともないけど・・・)

何せ路面電車が鉄道を跨ぐとゆー世界でも珍しい光景で、撮り鉄の方々も多く来られてますので、
どなたか教えていただければと・・・


2021年1月追記です。
「阪堺電車物語」(長岡靖久著 論創社 2011年11月30日初版第一刷発行)によると、
本文には天王寺西門前から東天下茶屋まで馬車鉄道で開業したのが1900年9月20日で、
上住吉(神ノ木)までは1900年11月、下住吉(住吉)への延伸が1902年12月とありましたが、
各電停データでは、天王寺駅前から東天下茶屋までの開業は
1900年9月20日で本文と同じ
なんですが、
北畠から住吉までは全て1900年11月29日の開業となってました。
これはおそらく本文のほうが正しく、下住吉(住吉)の開業は1902年12月27日でしょう。
ちなみに住吉から住吉公園駅への延伸開業は1913年7月2日だそうです。
残念ながら上町線が高野線を跨いだ時期や上住吉(神ノ木)電停の開業当時の位置についての
記述はありませんでした。

ちなみにウィキによれば天王寺南詰(天王寺駅前)から天王寺西門前(当時は天王寺)への延伸は
1900年9月20日ではなく1900年11月29日から1902年12月27日までの間で、1921年10月21日に
その区間を大阪市電に譲渡したとなってましたが、はてさて・・・
同じくウィキには天王寺(西門前)から下住吉(住吉)間の馬車鉄道による旅客営業を廃止し、
改軌および電化・複線化工事に着手したのが1908年1月31日、電車の運転を開始したのが
前述のとおり1910年10月1日とありますから、少なくとも
1902年12月27日から1908年1月31日
までは
上住吉(神ノ木)~下住吉(住吉)間でも、単線の馬車鉄道が走ってたことになりますが、
1900年11月29日から南海高野線を跨いだ高架上に終点の上住吉(神ノ木)があったとしても、
それをわざわざ単線の馬車鉄道用から複線の電車用に作り直したのか???
それとも当初から改軌・電化・複線化を見越した現在の高架にしてたのか???
やはり謎は解けないままであります。




m98k at 00:53|PermalinkComments(6) mixiチェック