映画

2024年02月25日

宮崎駿の雑想ノート

とーとつですが・・・

表表紙

P1165321



裏表紙

P1165322



奥付

P1165324

そう、宮崎駿の雑想ノート~増補改訂版~であります



例によって目次のみ・・・

P1165323


まず、序文の冒頭に「この本に資料的価値はいっさいありません」と大きく書かれてたのに、
すっかり惹きこまれてしまいました
何せ模型専門誌に連載されてた作品群ですからねえ


詳しい内容までは紹介できませんが、各話の概要だけ脳の外部記憶としてメモ・・・

第1話は、ボストニア王国?空中艦隊のWP-30(九二重爆の兄弟機)のおはなし

第2話は、南北戦争での装甲艦モニターと装甲艦メリマックの海戦のおはなし

第3話は、ボストニア王国?の超重戦車VSB-2のおはなし

第4話は、ポテーズ540によるアンドレ・マルローの爆撃行のおはなし

第5話は、定遠・鎮遠と松島による黄海海戦のおはなし

第6話は、中国空軍マーチン139W(B-10Bの輸出型)による九州爆撃(ビラまき)のおはなし

第7話は、ドイツ・リュースバルク市?の高射砲塔のおはなし

第8話は、第一次世界大戦でのドイツUボート対イギリスQシップの海戦のおはなし

第9話は、特設空母安松丸?と九六艦攻によるアフリカ沖での空母イラトリアス攻撃のおはなし

第10話は、ツェッペリン・シュターケンR-Ⅳによるロンドン爆撃のおはなし

第11話は、特設監視艇399号(マグロカツオ漁船吉祥丸)?の対コンソリ戦のおはなし

第12話は、映画「紅の豚」の原作となった「飛行艇時代」全3話

第13話は、P虎(ポルシェ・ティーガー)戦車実験小隊?のおはなし

・・・

おはなしには虚構と現実が混じっているそうで、空想としか思えない奇想天外な事実と、
いかにももっともらしい虚構が混ざり合い、著者ご本人がそれを楽しんでる姿が想像できる、
まさに「宮崎駿の雑想ノート」で、その世界に入り込んで大いに楽しめました・・・

巻末にあった富岡吉勝氏との(ドイツ戦車に関する)
雑想トークも面白かったです



m98k at 12:22|PermalinkComments(0) mixiチェック

2023年07月28日

ジーナの賭け・・・

ええ・・・

P7283922

本日、
三鷹の森ジブリ美術館から無事に届きました



P7283923

けっこう大きなサイズであります



そう・・・

P7283934 (1)

壁窓「ジーナの賭け」であります・・・




じゃーん

P7283928





もちろん、窓から見えるアドリア海の上空には・・・

P7283931

下品な紅に塗った飛行艇を駆る豚の姿が・・・いいですねえ・・・



ま、当面は・・・

P7283934



P7283932

居間の窓にして眺め、いずれは窓のないトイレの窓にするつもり・・・
そう、窓の外に真夏のアドリア海を眺めながら、毎朝の用を足せますので・・・




m98k at 18:18|PermalinkComments(6) mixiチェック

2023年06月30日

定吉七番の復活!!!

とーとつですが・・・

表表紙

P6193898




裏表紙

P6203910



帯の惹句

P6193899

そう、わたくしが愛したスパイ定吉七番(セブン)の最新刊であります!!!


ま、最新刊とはいっても・・・

P6193902



P6193901

13年前に小説現代に連載され、10年前に刊行されてた本なんでしゅが・・・


定吉七番(セブン)シリーズ・・・

わたくしは1作目(1985年)から5作目(1986年)まで愛読してましたが、6作目7作目(1988年)は、
仕事が多忙な時期だったので刊行も知らないまま絶版となってたようで、8作目(1994~5年)は
小説現代に連載されたものの当時のサリン事件の影響により単行本化されなかったとのことで、
やはり知りませんでした

著者の作品では、実家に少なくとも文庫版4冊5作と単行本「戦場は僕らのオモチャ箱」が
あるのは覚えてた(著者の作品リストを見ると他にもけっこう読んでた)のですが・・・

最近、NATO東京事務所設置に関するnon☆postさんのツイートをきっかけに、懐かしくて
検索したところ、何と二十数年の時を経て!!!2013年に続編が刊行されていたことを知り、
思わず図書館に予約していた次第・・・(ちなみに本書の文庫版も刊行されてます)



閑話休題



例によって目次のみ・・・

P6193900

目次にある著者の前口上によれば・・・

定吉七番が誕生したのはちょうど関西バブルの絶頂期で、その後は「アホな現実が小説世界を
はるかに凌駕する状況となり、いまさら東西摩擦でもあるまい」と、ずっと続編の執筆依頼を
断り続けていたところ、最近、大阪府を都にするとかを叫ぶ法律家の市長が現れたりして、
新秩序やら事業仕分けやらリストラやら文化補助削減やらで、人々が閉塞して混乱する中、
「古きに復し廃れたるを興さんとするも、また一興なり」と、定吉の復活を決意されたそうです
(そーいや文化財が行政で保管できずOSKの秘密基地に積み上げられてる場面もありました)

2010年頃の雑誌初出なので(2013年の単行本化時点では)時事ネタが若干古いけど御容赦を、
ともありましたが、今回はじめて読んだわたくしには、2010年頃の大阪どころか世界中の
世相が詳しく盛り込まれてて、じつに懐かしく貴重な一冊となりました


で、オハナシは・・・

帯の惹句にもあるとおり、二十数年前にNATTO幹部を追っていたスイス・アルプス山中で
返り討ちに遭い、氷河クレバスの底深くに落ちて死んだと思われていた定吉七番(セブン)が、
2010年に偶然、氷河の
温暖化調査団によって冷凍保存状態で発見され、世界各国が稀少な
研究材料として奪い合う中、OSK(大阪商工会議所秘密会所)が、大阪オリンピック辞退の
見返りとして(それで東京になったんやっ!)密かに入手、
南港WTC地下にある(あったのかっ!)
OSKの秘密
基地で培養液の中から蘇る・・・あたりまでがプロローグ・・・

で、舞台は本町のレトロビルから枚方の古いアパート、淀川河川敷のホームレス小屋、
スイス国境付近の旧ドイツ要塞跡にあるナチス残党の秘密基地などなどから、やがて、
福島県境の新潟県側にある、田長巻子率いるNATTO過激派の秘密基地へ・・・


小説なので驚愕の展開には触れませんが1980年代のシリーズにさらに磨きがかかったとゆーか、
さらにハチャメチャになったとゆーか、雑誌連載されていた2010年までの007シリーズはじめ
あらゆる映画、小説、コミックス、アニメ、TV番組などのパロディが、これでもかとばかり
盛り込まれてて、1頁ごとに何度も抱腹絶倒しました

例えば・・・

・リクルートスーツ姿でビシッと決めているOSKの美人エージェント岡田真弓が、
初対面の際には「私の名前は真弓、岡田真弓・・・」と名乗るとか
(その名前で往年の阪神ファンからは必ず昔話を聞かされ辟易してるのですが)

・経費削減でリストラされた定吉七番の元上司が、淀川河川敷の小屋でアルミ缶収集しながら、
自然繁殖した巨大アリゲーターやアナコンダらと仲良く暮らしているとか

・スイスの草原から村の集積所へミルク缶を運ぶハイディの、祖父譲りのケッテンクラートとか
(ハイディの幼馴染の恋人がペーテルで、今は都会に住む友人がクララとか)

・新潟の秘密道路に突如現れるM1エイブラムズ(しかも105mm砲搭載の初期型)とか・・・
・それをRPG7で攻撃し軽微な損害しか与えられなかったものの、両者の原価を計算して
損得勘定だけで成果に満足している
OSK美人エージェント岡田真弓とか・・・

・駅弁鉄でもある定吉七番が大阪から新潟まで在来線を遠回りして全駅弁を制覇したため、
NATTOの待ち伏せチームが大混乱に陥るとか・・・

・新潟名物「イタリアン」の北越地方での評価やスイスのパンが不味い理由などなど・・・

映画「裸の銃を持つ男」を遥かに凌ぐコテコテのパロディやギャグが全頁に満載のうえ、
著者は上記ウィキにある経歴のとおり、博物館学の助手からコンバットマガジン編集部を経て
作家になり、真面目な歴史小説では数々の大賞も受賞されてますから博識も相当なもので、
世界の兵器、料理、
歴史から古い吉本ギャグにいたるまで、じつに詳細に描かれており、
トリビアの泉としても興味深く読めました
前作までの作品を知らなくても充分に楽しめますので、未読の方には一読をオススメします


それにしても・・・
わたくしシリーズの第一作目から、ずっと感じていたことなんですが、
著者は大阪人でも関西人でもないのに、土地勘にしても言葉の使い方にしても、
なにゆえ、ここまで詳しいのだろうか???



m98k at 22:33|PermalinkComments(0) mixiチェック

2023年01月04日

バンコク・マンダリンホテルへ

とーとつですが・・・昨年末に8泊10日でバンコクに行ってました

はじめてのタイ王国への訪問となりましたので「トスカーナの休日」カテゴリと同じように
「バンコクの休日」とゆー別カテゴリを作り降順ではなく昇順(古い記事が上)にしました

また関係者の同意を得て画像処理はしてませんが連絡があれば削除・修正します


と、はじめてのタイ王国への訪問に至る経過から・・・

15年前、我が家にホームステイしててwingさんや川端さんらと一緒にキャンプしたりして
バンコクの高校卒業後は日本での大学進学から就職、その後も来阪時には我が家を訪ねて
来てくれてたペーンが、東京で知り合ったニルスとドイツでめでたく結婚、暮らしはじめ、
今回はバンコクでの結婚披露宴やご実家などに我々夫婦を招待してくれた次第

上記トスカーナ記事と同様、現地での披露宴や家庭訪問など一般ツアーでは体験できない
バンコクも楽しませてもらったので備忘を兼ね(食べ物をメインに)紹介していきますね


まずは12月22日の早朝に自宅を出て
なーんなーん南海電車で雨に煙る関西空港へ・・・

PC222128

今回はじめてWEBチェックインやVisitJapan登録をスマホで事前に済ませてたのですが、
託送荷物を預けたり手荷物検査に並ぶのは以前と同じでした

で、ボルネオ植林ツアーではすっかりおなじみのマレーシア航空クアラルンプール行きは、
定刻9:55を15分ほど遅れただけで無事離陸
(なぜかボルネオツアーではトラブルが発生しがち)

そう、タイ航空のバンコク直行便よりはるかにお安く、はるかに時間のかかるクアラ乗り継ぎ便
(とーぜんお安いエコノミークラス)を予約していたのであります・・・ 



もちろん機内では恒例の・・・

PC222130


PC222131

チキンorフィッシュのハラル機内食とノンハラルのビールやワインで映画鑑賞
(往路ではトップガン、マトリックス、ジュラシックワールドの最新作を観たはずです)


クアラ到着予定は現地時間で15:55でしたから、

PC222135


PC222136

激しいスコールと雷の中、少しの遅れで到着したことになります

ちなみにこのボードウォークは屋外にあるのですが、うちの奥様は
「熱帯雨林を模した温室だから
水やりも激しいのだ」と思ってたそうです

で、落雷か豪雨のせいか空港トラムが運休してて代替バスを探したものの、今回は単純な
国際線
の乗り継ぎなので、前回ボルネオツアーのように勘違いして右往左往することなく、
余裕でバンコク・スワンナプーム行きの搭乗ゲートに着いた・・・のですが・・・


激しい雷雨は続いてて、

PC222138

クアラ18:05の出発予定もスワンナプーム19:20の到着予定も
1時間ほど遅れました
(クアラとバンコクでも1時間の時差があるので飛行時間は2時間以上)


ま、いったん雲の上に出てしまえば

PC222151


PC222145


PC222146

のんびりと軽食を味わえたのですが・・・


で、披露宴の準備で忙しい最中、わざわざスワンナプーム空港まで出迎えに来てくれてた
ペーンとニルスに再会して案内してもらい、空港線ARLから地下鉄MRTに乗り換え・・・

PC222157



MRTには何度も乗るからとデポジットありのプリペイド式カード(パスポートなど年齢証明の
提示で半額の子供・老人料金に!!!)を二人分購入してくれて・・・

PC222160




自動改札を入ってから、はじめての記念撮影

PC222161




ちなみに

PC222163

タイでは駅構内にも王室を祀ってあるんですね・・・


と、ようやくMRTサムヤーン駅から歩いて5分ほどのマンダリンホテルに到着・・・

PC232165

クリスマス・デコレーションいっぱいのG階ロビーでも記念撮影して、M階フロントで
チェックインを済ませ、6階のデラックス・ツインルームへ・・・

ちなみにこのホテルはタイでは四つ星ランク、一泊朝食付料金は1人1500バーツなんですが、
披露宴のウェディング・パッケージつーことで、何と料金が半額になってました!!!
早めに予約してくれててありがとうね、ペーン!!!


で、二人に部屋まで来てもらい、とりあえず、

PC232171

共通の知人から預かってたお土産や、



PC232172

二人からのお祝い(今は安いので来日した際に使うか高くなるのを待つ日本円)を渡しました


で、ペーンからは機内の軽食だけではお腹が空いてるだろうからと、大好きなお店の、

PC232169

ケーキや甘いパンをいっぱいもらいました!!!
じつに美味しかったです ばくばくばく

この後、二人はMRTで数駅のところに借りている高層コンドミニアムに戻りましたが、
時刻は日本より2時間遅い現地時間でも、すでに午後10時半を過ぎてました

なんだかんだで自宅を出てからすでに20時間ほどが経過してましたが、とりあえずは
コンビニで美味しいタイ・ビールなんぞを買ってきて・・・じゅるじゅるじゅる

しまった、両替をお願いするのを忘れてたぞ・・・うぐぐぐ
レートの悪そうなホテルの両替も、お高いルームサービスも勿体ないし・・・うぐぐぐ
コンビニでビールを買うのにクレジットカード決済もなあ・・・うぐぐぐ

と、この夜はシャワーを浴びただけで、めずらしく素面で眠りについた次第・・・

(次号に続きます)


m98k at 20:41|PermalinkComments(0) mixiチェック

2022年09月01日

飛行艇時代・・・

9月に入りましたが前回記事からの続きとゆーか、その原作とゆーか、今回は・・・

『映画「紅の豚」原作~飛行艇時代~増補改訂版』の(一部の)ご紹介であります


表紙

P8311160




裏表紙

P8311161




著者、発行所、発行年月日なんぞは奥付のとおり

P8311162




例によって目次のみのご紹介・・・

P8311164

映画の原作となった宮崎駿の漫画「飛行艇時代」第1話~第3話(全話)に加え、映画に出てくる
飛行艇やその背景にある歴史、モデル化の過程などを、さらに増補改訂した本であります。

どの項目も面白く、丹念に読んでメモしましたが、今回記事では原作漫画をメインに・・・


まずはYouTubeで岡田斗司夫が解説していた映画の冒頭シーンの謎・・・
→ポルコのアジトのテーブル上には飲みかけの赤ワインがあるのに、
→テーブルの下にはバケツに冷やされた未開封のシャンパンがある
→アジトの砂浜にはポルコの客船用デッキチェアと同じ柄のバスタオルが敷かれている
→ふだんはランニング短パン姿で裸足のポルコが飛行服に手袋ブーツの完全装備で微睡んでいる
→アジトの浜辺には小さな手漕ぎボートが置いてある・・・

これらの理由が何なのか、ひとつひとつ論証していく過程がじつに面白かったのですが、
ま、おそらく彼の妄想だったんでしょうと思いながら、全3話を読んでいくと・・・

第1話から
→まず「マンマユート団は人質に美少女をさらうので知られていた」との説明書きがあり、
→マンマユートのボスが人質の美少女(カリオストロのクラリスそのまま)を抱きかかえ、
「これでも撃てるかブタ野郎」と叫ぶと、
→「美少女は世界の宝だぞ」と、エンジンやラジエーターを狙って撃ち返すポルコ
→銃撃で不時着水したダボハゼ号にポルコが、
→「ロリコンのマンマユートへ、ムスメと金貨半分をおいてウセロ」と発光信号を送り、
→美少女が銃撃戦の隙にダボハゼ号から着衣のまま海に飛び込み逃げるシーンがあって、
→「イエーイ、ヒロインはこうでなきゃ」と喜ぶポルコが着水、彼女を海から愛機に救出、
→「アドリア海の陽光ですぐに乾きますよ」と、彼女の着衣上下!を主翼上に並べて干し、
エンジンを整備する(ふりをしている?)ポルコ
→「ありがとう」と毛布にくるまりコックピットの後ろに腰掛ける美少女
→「さあ、ご両親の元へお送りしましょう」と、彼女を膝の上に乗せて操縦するポルコ・・・

そう、この帰路の途中に彼女を膝の上に乗せたままアジトに立ち寄る計画(下心)があった
とすれば、映画冒頭シーンのお膳立ては全て辻褄が合ってくるわけで・・・ま、知らんけど・・・


第2話から
(エンジンのオーバーホールのためミラノに向かうことになったポルコ)
→「ついでにパイロットの命の洗濯もするか」と鼻歌混じりで無精ひげを剃るポルコ
→「真っ白なシーツ、美しい女達、ウヒョヒョ」(このセリフは映画にもありましたね)

(ミラノのピッコロ社に着いたポルコ)
→「誰だい、あのカワイコちゃんは?」
→「アメリカに行とったわしの孫じゃ、手を出すなよ」とピッコロ親爺
→製図台の前に座ったまま眠り込んだフィオに、そっと自分のコートをかけてやるポルコ

(マジョーレ湖での調整とテスト飛行を終え、フィオを連れミラノを飛び立つポルコ)
→「(フィオに)手を出すなぁ」と見送るピッコロ親爺
→「ひ孫を楽しみに待ってろ」と飛び去るポルコ
(このセリフは、さすがに映画には使えませんね)
→「わたしの前にはいつもフィオの笑顔があった。彼女は心から飛行を楽しんでいた・・・」
(この漫画でも映画でも、眼鏡式照準器にはフィオの顔が映り込んでいる)

第3話から
(夜、テントは(空賊たちが潜んでたので)臭いので野宿になった、との説明があり)
→やがてフィオは安らかな寝息をたてた
→「イイ子だ、ほんとにイイ子だぜ・・・
(カーチス(漫画ではドナルド・チャック)との対決当日)
→フィオの人気はたいしたものだった。
→みんなが一緒に写真を撮りたがり、空賊共すら歯をみがいて来たのだ・・・

(カーチスとの空中戦と殴り合いでボロボロになりながらも最後に勝利し)
→抱きつくフィオと賞金と幸運のガラガラヘビが描かれたカーチスの方向舵をかかえて、
ワハハハと豪快に笑うポルコ
→前方ハッチにフィオを乗せ、雲上を飛び去る紅い飛行艇のシーンでおしまい・・・

とまあ・・・
漫画ではポルコも空賊たちも明らかに
美少女好きとして描かれており、冒頭の岡田斗司夫説も
まんざら妄想だけではないと、あらためて納得した次第・・・ま、知らんけど・・・

でも、さすがに原作漫画でも最後のポルコのセリフは・・・
「イタリアを訪ねるならミラノのピッコロ社によってほしい、
その玄関にカーチスの方向舵が今もかざってあるから・・・」
と〆てましたから、やはりキマってましたね・・・
映画はもちろん、原作の漫画も素晴らしいエンディングでした。


と、原作漫画とは少し離れますが、これまで気になってた点をもうひとつだけ・・・

・作品中のサボイアS.21(フィオが改造後はS.21F)試作戦闘飛行艇と実機のマッキM33について
→ポルコの飛行艇は宮崎駿が小学生の頃に一度だけ見た写真のイメージだけで描いたもの
→その後に本人がイタリアの本屋で偶然みつけたシュナイダー・トロフィーの本によって、
小学生の頃に見た写真はマッキM33のものだったということが分かった
→さらにその後の(ポルコ機やカーチス機をモデル化した)ファインモールド社の調査により、
ポルコの飛行艇と実機マッキM33の構造が、ほぼ同じであることが判明した・・・

つまり彼がイメージしていた実機は
サボイアS.21ではなくマッキM33だったわけですが、
小学生の頃の写真1枚の記憶だけで、実機構造の飛行艇を正確に描けるとゆーのが凄いですね

やはりヲタクの世界は奥が深いです・・・どっとはらい



m98k at 12:12|PermalinkComments(2) mixiチェック