自然観察

2022年07月01日

はじめてのテレビドラマ出演!!!

7月になったので、とーとつなご報告ですが・・・

わたくし、はじめてテレビドラマに出演します!!!


テレビ大阪開局40周年「名建築で昼食を 大阪編」 であります。

8月17日から毎週水曜日の深夜に(テレビ東京でも)放送予定の番組・・・

ええ、もちろんエキストラの一人だったんでしゅが・・・(^_^;

じつは野鳥愛好家である知人にエキストラ出演の依頼があり、たまたまロケ地に近かった、
わたくしにも声をかけて下さり、めでたくドラマ初出演!!!となった次第。

わたくしはべつに野鳥愛好家でもないのですが、ま、役柄つーことで・・・

4月下旬の撮影でしたが、SNS等での周知はテレビ大阪からの放送日発表以降にしてね、
とゆーお約束だったので、ようやく皆さんにも出演のお知らせを・・・(^_^;



で、もちろんドラマ上のハナシですが・・・
わたくしは遠くのカワセミさんを望遠レンズで撮影している野鳥愛好家の一人・・・

P5240947

ちなみにこちらは近くの剥製さん・・・そう、
わたくしにホンモノの撮影は・・・

ロケでは約4名が言われるままにカメラを構えてただけなんですが、さすがドラマの演出、
大型三脚にフルサイズ一眼と大口径レンズを構えた人から順に目立つ位置に配置されました。
ええ、わたくしはとーぜん、一番端っこの、一番目立たない位置に・・・

まあ一人だけ、怪しげなフレックカモのパーカーやモールスキン・シャツを着てましたから、
機材だけでなく衣装の点でも、隅に追いやられたのかも知れませんが・・・

はてさて、全6話のうち、わたくしは何話に登場するのか・・・
大阪の名建築でランチを食べるとゆードラマも、とても楽しみです
謝礼もロケ弁も出たことだし、これはこれでいい冥途土産に・・・げほげほ


(7月26日の追記です)
わたくしは第2話、第4話、第6話に登場するそうです。わくわく




m98k at 07:01|PermalinkComments(2) mixiチェック

2022年06月11日

ボルネオの熱帯雨林とか・・・

まずは「ボルネオの熱帯雨林~生命のふるさと~」

表表紙

P6050936




裏表紙

P6050937

横塚眞己人著 福音館書店 2004年5月20日初版第1刷発行


奥付にあった著者紹介

P6050940

ちなみにこちらの本は、うちの奥様が
2012年12月に来阪したご本人とお会いした際に、
サインをいただいたそうで、その時の記念写真も挟んでありました。




あとがき

P6050943





謝辞と参考文献

P6050942

わたくしも野村さん、酒井さん、鍋嶋さんにはお世話になってたし、今森さん、海野さん、
安間さんの本も参考にさせてもらってたけど、こんなに素晴らしい写真は撮れないし、こんなに
わかりやすい解説もできないのは何故なのか・・・あははは



で、こちらは同じ著者による「熱帯雨林のコレクション」・・・


表紙

P6030936



裏表紙

P6030937

フレーベル館 2012年6月初版第1刷発行



奥付

P6030939



もくじ

P6030940

こちらの本の主な取材地は、東南アジアではボルネオ島とニューギニア島、南米では
コスタリカとブラジルアマゾン、アマゾン上流のエクアドルだそうです。


どちらも子ども向け出版社の子ども向けの本で、子どもがワクワクするような本ですが、
大人でも「なるほど、そうだったのか・・・」と感心することもいっぱい・・・

そう、子どもにもわかりやすい写真や文章つーのは、作るのはとても難しいだろうけど、
質のいいものは大人でも充分に楽しめるんですよね。



いずれにしても・・・

はやくボルネオに行きたいなあ・・・うじうじ





m98k at 21:21|PermalinkComments(0) mixiチェック

2022年05月25日

日本の鳥の巣と卵427と・・・

とーとつですが、昨日5月24日・・・

大阪市立自然史博物館で
6月19日まで開催されている特別展「日本の鳥の巣と卵427」
~小海途銀次郎 鳥の巣コレクションのすべて~を俳句好きの友人と観てきました。


P5240915




P5240916




早めに着いたわたくし、友人を待つ間にエントランス付近の野鳥を試し撮り・・・

P5240920


P5240931



P5240921




P5240925


P5240923

わははは、ここの野鳥撮影に望遠レンズは不要・・・説明まで付いてるし・・・


と、二人揃ったところで二階のネイチャーホールへ・・・

P5240935




受付でもらった会場マップ

P5241184

営巣場所などで1から8までに分け、大ホールすべてを使った展示で・・・




なにせ・・・

P5240939

168種427点に及ぶ日本最大規模のコレクションを自然史博物館に寄贈されたそうで、
今回の特別展ではそのすべてが展示されており、とても紹介しきれません・・・


まあ・・・

P5240972

つーことだったので、ごく一部だけですがサクサクっとご紹介・・・



まずは入口にあった・・・

P5240940

ミサゴさんの巣・・・ええ、大迫力でした。




P5240944

オオセグロカモメさんの巣




P5240947




P5240950

カワセミさんの巣





P5240948



P5240949

ヤマセミさんの卵




P5240952

コアジサシさんの巣



P5240953

イカルチドリさんの巣




P5240954

カンムリカイツブリさんの巣(剥製は幼鳥)




P5240986

ハシブトガラスさんの巣
ビニールひもや針金ハンガーなども使ってますね・・・



P5240958

マガモさんとカルガモさんの巣




P5240961




P5240960

ヨシゴイさんの巣
ヨシの中に巣を作るのね・・・




P5241047


P5241048

ブッポウソウさんとアオバズクさんの共用?巣箱
このように剥製のない展示には見事な写真が付いてて素人にも分かりやすかったです。



もちろん剥製のほうも・・・

P5241037




P5241057

なかなかの迫力でしたが・・・

今回記事では全427点のうち10点も紹介できませんでしたが、コレクションのすべてを
見ることができるのは、おそらく特別展の期間中のみ、興味のある方は必見です。



と、鳥の巣と卵を堪能したあとは隣接する長居植物園に入って・・・

P5241092

木陰のベンチで休憩しつつ、パンケーキズームから新機軸の望遠ズームに換装して、
ホンモノの野鳥撮影に挑戦・・・



P5241094





P5241130

まあ、わたくしが見つけられるのはカラスさんやハトさんぐらい・・・



P5241112



P5241110

チョウチョさんはなかなか留まってくれないし・・・


ま、お花さんぐらいなら・・・

P5241102

赤バラさん




P5241103

白バラさん




P5241138

卯の花(ウツギ)さん




P5241137

卯の花の匂う垣根に、時鳥(ほととぎす)早も来鳴きて、忍び音もらす夏は来ぬ・・・

風呂上がりの同級生とすれ違って、思わず「ええ匂い、女の人の匂いや」と呟く・・・
そう、昔の絹石鹸CFの浴衣がけの女の子、美人でかわゆかったなあ・・・うるうる


話は変わって・・・

P5241158

ムクドリさん?




おなじみのカワウさん・・・

P5241150




デジタルテレコンで・・・

P5241155

巣の中と、もう一羽が幼鳥???



やはりおなじみのサギさん

P5241165




やはりデジタルテレコンで・・・

P5241167




P5241168



P5241169

ぱたぱたぱた



P5241172

対岸まで飛んでいったな・・・




P5241173






やはりデジタルテレコンにして・・・

P5241171

これだけ離れると、さすがに無理があるな・・・




とか、さんざん楽しんだあとは、とーぜん・・・ぎょうざの満州へ・・・

P5241174



P5241175

まずはプレモルとよだれ鶏で乾杯!!!



その後はスーパーチューハイなんぞで、ひたすらごくごく、ばくばく、ぺらぺら・・・

P5241178


P5241180

って、食べる前、飲む前に撮ればよいものを・・・


ま、

P5241181

ラーメン大盛り無料期間中だったのは幸運でしたが・・・



P5241182

と、この日もふらふらと自転車を押して無事に帰りましたとさ・・・どっとはらい





m98k at 22:55|PermalinkComments(0) mixiチェック

2022年04月29日

病み上がりdeへやキャン宴会!!!

ええ、病み上がりdeへやキャン宴会、しかも連荘で・・・

???

そう、わたくし先月末に鼠径ヘルニア手術で入院、今月半ばには一応完治との診断があり、
さっそくキャンプ宴会を計画してたのですが、天候や日程の調整もあって・・・

まずは先週の土曜日、「チーム・フラッシュ光」ボルネオ・ツアーの企画会議・・・
名目の「へやキャン宴会」をば・・・

P4230861



P4230862

わたくしの実家ですが、食材もテーブルも椅子も(灯りも)殆どがキャンプ仕様・・・




P4230863

3時前にこの日のメンバー5人が全員揃ったところで(何回目かの)乾杯!!!

今回はじめて参加いただいたトリ好きのN家さんが、その日の早朝に掘ってアク抜きしてから
持参してくれた旬の筍が、何といっても絶品でしたね。ばくばくごくごく


で、明るいうちに住吉大社や住吉公園をふらふらと歩いて「探鳥会ごっこ」・・・

P4230880




P4230903




P4230889




P4230883

ご専門のN家さんにトリさんの名前や特徴を詳しく教えていただきました・・・が・・・
すっかり出来上がってて覚えられるはずもなく・・・


粉浜商店街で焙じ茶をご馳走になったり揚げ蕎麦、豆おかき、たこ焼きなんぞを買い足して、
ふらふらと実家に戻り、再度の乾杯を何度か繰り返してから、いよいよ・・・

P4230908

この日のメイン、サラワク・ラクサ鍋のはじまりであります。

サラワク州政府観光局の某イベントでwingさんがゲットしたサラワク・ラクサの素をベースに
したのですがココナッツミルクを買い忘れたため、最初は辛さで全員が咳き込んだものの、
様々な具材をぶち込むうちに、ややマイルドになって美味しくなりました。
まあ、酔いで辛さが麻痺してきたのかも知れませんが・・・

ちなみに同じインスタントの素でもメーカーにより、辛さや味が全く異なるんですね。

で、ボルネオ動画を見たりカメラ談義をしたりでビールもどきから、酒類調達担当のH田さんが
大量に持参してくれた缶ハイボールに切り替え、さらにその後は、わたくしの安バーボンと
安炭酸水による安ハイボールに・・・ええ、今回ベトナム焼酎はありません。きっぱりと

N家さん自家製の冷凍レモンをすりおろすと安ハイボールでもめっちゃ美味しくなりましたね。

と、結局この日は午後2時過ぎから日付が変わるまで(探鳥会ごっこを挟み)飲み続け・・・
まるまる10時間も・・・みなさん、じつによく飲みましたねえ・・・

じつは前回の企画会議(名目の宴会)は某ベトナム料理店で開催してたのですが、時間制限の
ある飲み放題コースだったのでベトナム焼酎を次々と注文、しかも飲み放題時間が過ぎても
次々と追加注文してたそうで4時間以上も飲み続けた・・・ようです。
そう、わたくしは殆ど意識不明になり他のメンバーに自宅まで送り届けてもらった・・・
ようです。ええ、どちらもまったく覚えてませんが・・・
で、その翌日に迷惑をかけた(らしい)管理人さんに謝りに行くと、送り届けてくれたメンバーも
完全に出来上がってましたよ、とのことでした。

それでもみなさんは奇跡的に生還されたようですが、次回はたとえ酔いつぶれても、そのまま
自分のシュラフに潜り込むだけのキャンプ宴会にしよう、と固く誓ってたのでありますね。

と、この日は各自持参したシュラフで爆睡、日曜日の午前中には三々五々で解散した次第。



で、その翌日の月曜日、今度は学生時代の史跡サークル仲間4人で・・・

ま、殆ど同じ状況だったんですが・・・

1651110109096

この日は豪華に「佐賀牛しゃぶしゃぶ宴会!!!」だったのでありますね
まあ、底に大量に埋もれてるのはお安い健康的な赤身肉なんでしゅが・・・



1651111857785

昆布のグルタミン酸と椎茸のグアニル酸と牛肉のイノシン酸が相まったUMAMIが・・・
さらに旭ポン酢と大根おろしで食べると、そりゃもう・・・ばくばくごくごく


しかも今回は・・・

1651110804289

奈良ソムリエの友人が持参してくれた奈良の「春鹿」
四段仕込み純米生原酒・・・
と、わたくしの次男が送ってきてくれた滋賀・日野町の地酒「鈴正宗・大吟醸」も・・・
さらに俳句好きの友人が、最近ハマっているというサントリー「翠ジンソーダ」を持参・・・

ゴールドスターからジンソーダ、日本酒2種と、この日は昼前から飲み続けました。

ちなみにもう一人の病み上がり友人は1年以上禁酒していたものの様々な乾き物を持参、
もともと日本酒好きなだけに少し味見してるうちに、次々とおかわりを・・・あははは

と、結局この日も4時間以上は飲んでたのですが、やはり奇跡的に全員生還されたようです。
まあ、わたくしは夕方に解散するなり、夜までばったり倒れてましたが・・・


それにしても・・・

1651138838978

よくまあ、こんなに飲めるもんですね・・・
わたくし以外の方々が・・・
これ以外にも1リッターの安バーボンは2/3が、鈴正宗は完全に空いてたし・・・


参加いただいた皆さん、今回も美味しい差し入れをいっぱい有難うございました。
これだからキャンプ宴会はやめられないのでありますね。
ええ、野外・室内を問わずに・・・べひべひ



m98k at 12:59|PermalinkComments(0) mixiチェック

2022年01月22日

生命海流~GALAPAGOS~

とーとつですが・・・

生命海流~GALAPAGOS~のご紹介であります。

P1190685

著者・福岡伸一 写真・阿部雄介 朝日出版社 2021年6月12日初版第1刷発行



表紙カバー裏にあった著者紹介

P1190686

偶然ですが、ジャフメイトJAFMate2022年2・3月号の「幸せって何だろう」コラムが
著者によるもので、このガラパゴスへの旅についてでした。




例によって目次のご紹介・・・

P1190687


P1190688

虫好きが嵩じて生物学者になった「じつはひ弱なナチュラリスト」である著者が、ずっと
憧れていたダーウィンの「ビーグル号航海記」とほぼ同じルートでガラパゴス諸島を巡り、
様々な考察をするとゆー、探検記とゆーか、科学的な思索エッセイとゆーか、なんですが、
文章に味わいがあって、進化論の矛盾から編集・出版界の内情、コロナ禍前後の状況まで、
最後まで興味深く読めました。

世界の進化から孤立していることを「ガラパゴス化している」とか言うけれど、それは逆で、
ガラパゴス諸島の生き物は今も進化の最先端にあるのだ、とか、なるほどと思った部分も多く、
航海記も、生き物だけでなく島の地質的・歴史的な背景、航海中の食事からトイレまで、
狭い船内での暮らしぶりについても詳しく描かれてて興味津々でした。
やはり生き物が食べて排泄する、つーのが循環の基本なんですねえ・・・ばくばく



以下
(著作物なので問題があるようなら削除しますが)画像で2枚だけピックアップ。

まずは冒頭にあった「ナチュラリスト宣言」であります。

P1190689

おそらく学生(教え子)たちを念頭に書かれたのでしょうが、特に・・・
「今、君が好きなことがそのまま職業に通じる必要は全くないんだ」
「大切なのは、何かひとつ好きなことがあること」
「そしてその好きなことがずっと好きであり続けられること」が、
「君を(最後の最後まで)励まし続ける」つーのには、高齢者のわたくしも感銘しました。


もうひとつは「参考に」とあった、ガラパゴスへの携行品リストであります。

P1190693

いやあ、わたくしのボルネオ植林ツアー携行品リストと殆ど同じじゃないですか!!!

さすが「じつはひ弱なナチュラリスト」さんですね・・・

ちなみに著者は2019年の台湾孤島への稀少な蝶探しには、一昔前の山歩き装備で行って
疲労困憊したため、今回はモンベルなどの最新装備を整えたそうです。わかるなあ



m98k at 01:22|PermalinkComments(0) mixiチェック