自転車

2020年09月22日

ランドナー乗りと竹内峠へ!!!

先週の土曜日、ご近所に住むランドナー乗りの知人と竹内峠までポタリングしてきました。
以前から、いつかご一緒しましょうと言ってたのですが、今回ようやく実現した次第。

いつもはランドナーをクルマに積んで近畿各地の山奥に分け入り、ソロ・ポタリングを
楽しんでるので、自宅から自走するのは今回がはじめてとのことでした。

ま、わたくしロードバイクなら、飲まないドライバー同伴の場合を除き、自宅発着の自走、
ミニベロでも現地の駅前で飲める輪行が殆どで「クルマなら飲めないでしょ?」と訊くと
現地に早朝に着くよう出発して昼前には終了、いったん帰宅してから飲んでるとのこと、
それなら近所まで戻ってから飲むのと変わらないので、今回も早めの切り上げつーことで・・・


と、二人で大和川右岸から石川左岸へ遡上、いつもの玉手橋を過ぎたあたりで(も)休憩・・・

DSCN7098




DSCN7097

今回は3台所有するランドナーのうち一番古い1台だそうで、20年前に組まれたとか・・・
で、当時で30年前のパーツを集めたそうですから、50年前の仕様つーことですね。
世界中から好みのクラシック・パーツを集めるので1台仕上げるのに時間がかかるとのことで、
今でも3台目は制作途上だそうです。
ちなみにフレームはTOEIのオーダーメイド、昔は3年待ちだったけど今は3ヶ月待ちだとか。

まあ、好きな人つーかマニアとゆーのは、どの世界にも存在するんですね・・・


と、R166から日本最古の官道と言われる旧竹内街道へ・・・

DSCN7099

彼もモンベル・ランバーパックの愛用者で、わたくしやwingさんとお揃い。




と、春には挫折した六枚橋東交差点から、

DSCN7101




DSCN7104


DSCN7105

いかにも旧街道らしい峠道を上っていきます。ひいひい



DSCN7109




DSCN7108


DSCN7110

折り返し点の道の駅に到着・・・
彼はクルマでここまで来て、峠を越え奈良側を廻ったことは何度かあるそうですが、
自走で来たのははじめてとのこと、やはり山間部がお好きなんですね。


二人でソフトクリームをぺろぺろしながら河内ワインなんぞを物色・・・

DSCN7106

その後もテーブル席でお互いの近況なんぞを話してまったりしました。


で、再び駒ヶ谷の集落まで下りてきたら、飛鳥川の左岸沿いに道が続いてたので、
そっちへ行ってみることに・・・

DSCN7111


DSCN7112




ま、左岸沿いの道は途中で途切れ、右岸へ渡りましたが・・・

DSCN7115

石川との合流点近くには石川の左岸に渡れる橋がなく・・・



DSCN7116

結局はR166の橋まで石川右岸を戻りました。ひいひい

見知らぬ道を行ってみるのもポタリングの楽しみですね。
ま、彼はそれで何度も道に迷ってるそうですが、それも楽しみ・・・


帰路は日差しが強かったので玉手橋の下の日陰で休憩しました。

DSCN7118




DSCN7120

彼はスマホ地図やGPSやサイコンは一切使わず、フロントバッグにセットした5万分の1
地形図だけで、おかげで何度も道に迷ってるそうですが、それもまた楽しみ・・・


と、石川左岸から大和川右岸を下り・・・

DSCN7121




ご近所にある(わたくしにはいつもの)「ぎょうざの満州」へ・・・

BlogPaint

とりあえずはプレモルで乾杯!!!

餃子好きの彼ですが、このお店は知らなかったようで、皮が厚めの餃子に感激してました。
感激ついでに水餃子を追加、プレモルやスーパーチューハイなんぞも次々と追加・・・
で、自転車を押して帰る頃には二人とも出来上がり腹が苦しくなってた次第。げふっ

と、今回は朝8時の集合で夕方4時の解散、ちょうど8時間のポタリングでした。
走行距離は50kmちょいで平均時速は15km/h、走行時間は押して歩いた分も含め3時間ちょい、
そう、残りの5時間は、ひたすらダベって食べて飲んでたことになりますね。あははは

うーむ、これならいつもの引き籠り宴会とあまり変わらんな・・・めでたし、めでたし・・・




m98k at 00:22|PermalinkComments(0) mixiチェック

2020年09月19日

1ヶ月ぶりの堺浜ポタ

先週末から堺浜ポタリングなんぞを再開しています・・・
わたくしにとっては1ヶ月ぶりのロードバイク・・・

大阪ではお盆の直前に梅雨が明け、それまでは梅雨の晴れ間しか走れなかったので、
いよいよこれから、しっかりと走り込もうではないか・・・
とか思ってたら、梅雨明け直後から体温を超える猛暑が続き、さすがにロードバイクで
熱中症になるのもなぁ・・・と、屋内でごろごろ、ばくばく、ごくごく、ばかりしてたら、
あれよあれよと筋肉は落ち脂肪は増え・・・

つーことで朝夕が少し涼しくなった先週末から、ようやく再開した次第。

ひさしぶりに行ったのが土曜日とゆーこともあり・・・

DSCN7048



DSCN7047



DSCN7051



DSCN7046

朝から高速で周回を続けるロードバイクでいっぱいでした。

この1ヶ月で、すっかりお腹が出て春の体形に戻ってたわたくし、またまたサドルを下げ
ハンドル角度を上げましたが、筋肉減と脂肪増はいかんともしがたく、僅か1周だけで、
這う這うの体で引き揚げてきました。ひいひい


で、今週に入り、ようやく走行中の画像も撮れたので、あらためて定番コースをご紹介・・・

DSCN7056

まずは大和川右岸の堤防上を下流へ。平日の朝なので人影もまばらでした。


阪堺大橋を左岸へ渡り、大阪市から堺市へ向かいます。

DSCN7057

橋梁の補強工事で閉鎖が続いてた下流側の自転車道が完成してました。



橋を渡って荒れた路面の左岸堤防上をゆっくり走り、河口付近で堺浜に下りると・・・

DSCN7058

サッカーのナショナル・トレセン。ここも長らく(感染対策で)閉鎖されてました。
ちなみにセンター内にも周回自転車道が整備されています。



DSCN7062

一部に砂浜もあるビーチをまったりと走り・・・



DSCN7063

昔、埋立地すべてを占めてた新日鉄のモニュメント「転炉溶鋼鍋」なんぞを眺めつつ・・・



DSCN7064

周回道路の入り口にある、この信号までで自宅から約7.5kmであります。



DSCN7065

シャープの液晶ディスプレイ工場を尻目に殺して、一周約5kmの周回道路へ・・・



DSCN7068



DSCN7069

周回道路の北西端にある「海とのふれあい広場」駐車場を過ぎて・・・
開園は9時からなので閉まってますが、ここも長い間、感染対策で閉鎖されてました。


周回道路のちょうど中間地点、南西端にある東屋まで・・・

DSCN7071




往路7.5kmと堺浜半周2.5kmで、自宅からここまで約10kmになります。

DSCN7079

と、まずはまったりと休憩、甘味などのおやつをばくばく・・・

ええ、わたくし走行30分ごと、または走行10kmごとに、たっぷり休憩するのが不文律。




せっかくなので定番の記念写真・・・

DSCN7076

で、この日は休憩後に2周してまた休憩、その後半周して周回道路のスタート地点に戻り、
往路と同じ復路を帰りましたので走行距離は約30km、平均時速は約20km/hでしたから、
走行時間は1時間半、なのに所要時間は2時間半・・・
そう、10kmごと30分ごとの休憩が2回で1時間つーことになりますね。あははは

ま、自宅からの往復路が15kmなので、5周して40km、7周して50kmと距離を増やし、
周回道路での巡航速度を25km/h以上にすれば、筋肉もつき脂肪も落ちて理想体型に・・・

でもその分だけ、休憩も増えて休憩中のおやつも増えるのは必定・・・
しかも帰宅後の飲酒量や食餌量が増えるのも必定だし・・・ううっ

このパラドックスを、どのように解決すればよいのだろうかっ???



m98k at 00:19|PermalinkComments(2) mixiチェック

2020年08月16日

サントリーブルーと夏の孤食2

とーとつですが新発売のサントリーブルーであります。

DSCN6929

天然水とエール酵母で超スッキリ!!!

確かに同じエールタイプのホワイトベルグより、ややスッキリしてるよーな気も・・・



つーことで、夏の孤食その2・・・

DSCN6932

この日は昼食だったけどビールもどきは最初から2本だし、前回より高脂肪になってますね・・・

ま、炭水化物を少なめにして多めの脂肪を摂取し、脂肪を燃焼する身体にすれば脂肪は溜らず、
怪我もしにくくなり、より活動的で健康になれる・・・
つーのがファット・アダプテーション食事法だそうですから、これでダイエット・・・

って、そーいや炭水化物が減ってないな・・・

ま、ツールドフランスの選手は毎日8000kcal以上をパスタと甘味だけで摂取し続けて、
それでも激痩するのですから、毎日200km以上の山道を高速で走れば、たちまちダイエット・・・

って、わたくし平坦路ばかりだし1日平均なら20km以下だし、のんびり漕いでるし・・・

やはり当面は杜仲茶ともち麦と海苔に頼ることにして・・・


ばくばく、ごくごく、ぷつん


(注記)
自宅でのふだんの食事は奥様が(ヘルシーに少なめに)作って下さいます。
なので孤食は(里帰りとかで)奥様がいないときだけ(の楽しみ)です・・・



(役に立つかもしれないP.S.)
ボルネオ島クチンのN嶋さんからドローインとゆー腹横筋を鍛える呼吸法を教えてもらいました。
意識して呼吸するだけなので簡単にできそうだし、内臓保護や腰痛対策にもいいようです。
ま、わたくしの場合、ロードバイクでへらへら走ってて素敵なおねいさんとかに遭遇すると、
意識的にお腹をへこませてますから、これぞドローイン呼吸法・・・だったのかっ???



m98k at 00:16|PermalinkComments(2) mixiチェック

2020年07月26日

ランバーパックMとボルネオ学習会???

とーとつですがモンベル・ランバーパックMとボルネオ学習会であります。

???

この連休、いつもの懐中電灯仲間でこっそり遊ぼうと画策してたのですが、川端さんはお仕事、
赤チャリさんはお出かけつーことで、今回はわたくし98kとwingさんの二人だけに・・・

「じゃあ、わたくしが通販で、実家用にブルーレイ・プレーヤーを買っておきますので、
これまで録りためたボルネオ番組を見て、次回「チームフラッシュ光ツアー」に備えた
学習会つーことにしましょう。どうせずっと雨だろうし・・・
そうそう、来られる際のお土産には大阪駅のモンベルでランバーパックMを買ってきてね。
わたくし繁華街へ買い物なんぞに出かけるのは自粛中だし・・・げひげひ」

「なんとゆー身勝手な・・・こちらも今のご時世、電車に乗ったり繁華街に出たりは嫌です。
でも、カメラを入れるショルダーバッグを実際にお店で確かめてから選びたいしなあ・・・
ではクルマで郊外のモンベルへ行って二人で買い物してから学習会にしましょう。」

とまあ、お互いの物欲が一致、
金曜日の10時にwing号にピックアップいただいた次第。

と、やや前置きが長くなりましたが・・・

DSCN6814


DSCN6825

モンベルmont-bellのランバーパックLamber Pack、Mサイズであります。

そう、モンベル定番のウェストバッグで、わたくし(おそらく初号機の)ブラックを長年愛用
してたのですが、さすがに内側ウレタンコーティングがボロボロになって処分済みでした。

ウェストバッグ・ウェストポーチ・ヒップバッグ類は、まだ使えるモノがけっこうあるのですが、
このサイズがなかったので(自転車でのポタリング用にも)新調しようと思っていた次第。

ま、同じモンベルのサイクル・ランバーパックやトレイル・ランバーパックも軽くていいのですが、
普段のEDCにも使うなら、やはり丈夫で多機能なこれで、wingさんも長年愛用されてますね。

背面にはとーぜん・・・

DSCN6817

収納式のウェストベルトが付いてて・・・



DSCN6818




DSCN6819

コンプレッションベルトにランバーパックボトルケージつーのが装着できるのであります。



ただまあ、わたくしのは(ランバーパック初号機と同時に買った)年代物のため・・・

DSCN6824

やはり内側のウレタンコーティングなんぞはボロボロですが・・・
ま、伸び切ったエラスティックコードを交換すればまだ使えるし、もともと保冷機能がないので
薄くて軽く、装着したままで畳んで背面に収納しておけます。
ただし実際に使えるのは、ウェストベルト使用時に限られますが・・・



んで、本体ポケットのボトムは結構薄かったので・・・

DSCN6821



とりあえず・・・

DSCN6822

銀マットをカットして敷きましたが、いずれA3サイズのプラまな板を探して、型崩れ防止
兼用に曲げて入れておくつもりです。硬い平面はアウトドアで色々と使えるし・・・
(追記です。さっそく購入しました!!!)

ちなみに画像下のメッシュポケットにはキーフックが付いてました。


で、ふたつあるフロントポケットの大きい方には・・・

DSCN6823

スマホ収納用の内張り付きポケットがありましたがコンデジならここにも入りますね。

旧型を愛用されてるwingさんは、これを見て、
「あっ、ポケットが随分大きくなってる、やはり画面サイズの大型化に合わせてるなあ、
わたしのは今のスマホにはギリギリサイズだものなあ・・・いいなあ・・・
そーだ、どーせ98kさんはガラホだし、わたしのと交換してあげましょう!!!」
とかヌカしておられましたが、きっぱりと断っておきました。

ちなみにwingさんは各種のショルダーバッグを試して最終的にベルニナフラップショルダー
のMサイズを購入されましたが、なんと色合いはミリタリーオリーブを選択!!!

「その色合い、いいなあ・・・こっちはライムだものなあ・・・それちょーだい!!!」

「あげません、きっぱりと。OM-D E-M1mkⅢに300mmズームを付けてジャストサイズだし、
ポケットもいくつか付いてるのでレンズとか財布とかスマホとかも入るし・・・うひうひ」

と、物欲を満たした二人、まずはわたくしの実家で「アサヒ ザ・リッチ」で乾杯!!!

引き続き「ボルネオ学習会」に移行・・・する前に、徒歩で近くの韓国料理屋さんへ移動し、

DSCN6776

チヂミで2回目の乾杯・・・


さらに・・・

DSCN6781

ホルモン炒めで3回目の乾杯であります。



とりあえずの・・・

DSCN6782

完食・完飲後は近くのスーパーで夕食・夜食・朝食・甘味・飲み物なんぞを大量購入。


さらに帰宅途中でwingさんが駄々をこねて、結局自分で買ってた、たこ焼きで・・・

DSCN6785

実家に戻って4回目の乾杯であります・・・


で、食べつつ飲みつつ、これまでわたくしが録りためたボルネオ番組を次々と視聴・・・

DSCN6786

グヌンムル洞窟の2003年番組と2018年番組との撮影機材、特に照明機材の大きさの変化や、
300万匹のコウモリさんが織りなす「昇竜」撮影テクニックなんぞで盛り上がってたのですが、
さすがに二人とも前日は深夜まで起きてて睡眠不足で夕方の5時半にはそのまま寝落ち・・・
で、2時間ほどでようやく目覚め、さらにラオスの巨大洞窟やボルネオの昆虫・オランウータンくん
ゾウさんや幻のランやトリさんなどの番組を甘味とアイスコーヒーなんぞで次々と視聴・・・

「こんなの見てると撮りたくなってきたな・・・新しいバッグも試したいし・・・うずうず」

「じゃあ、以前行った住吉大社の御田に行ってみますか、ちょうど雨も止んでるし・・・」

「わーい、ちょうど赤色光で夜のサギさんとか撮りたかったんですう・・・わくわく」

と、すっかり日付が変わってから、二人で深夜の散策に・・・

DSCN6790

ま、今回はサギさんはおらずカエルさんなども見つかりませんでしたが・・・


DSCN6799

「何を撮ってるんですか?」

「いや、樹上に虫さんを見つけたので・・・ゴキさんかな・・・」


って・・・

DSCN6793

「人に赤色光を向けないで下さいっ!!!」

「ま、これなら視力の改善になるかと・・・むひむひ」

とか、ひっそりと楽しみながら、さらに24時間営業のスーパーで食糧・飲料を追加、
帰宅後はボルネオ番組を見つつワインなんぞをかぱかぱ、結局寝たのは4時前でした。

で、翌朝は10時に起床し、まったりと朝食後は引き続きボルネオ番組を鑑賞してたのですが、
NHK番組でも民放番組でも何度もテロップに(いつもボルネオ・サラワク州でお世話になってる)
N嶋さんのお名前が流れてましたね。

と、遅めの昼食は、近くにできた古民家カフェで日替わりのランチ・・・

DSCN6808

わたくしのご飯がやや多いように見えますが広角レンズのせい・・・にしておこう。

いやあ、今回もじつに楽しかったです。

モンベルまで送迎いただいたwingさんに感謝を込めて・・・

DSCN6810

と、土曜日の夕方には無事解散しました。めでたしめでたし・・・




m98k at 16:40|PermalinkComments(0) mixiチェック

2020年07月14日

最近のEDCその2自転車編

最近のEDCその2は自転車編であります。

ええ、雨が降り続いたりして、ここ10日以上まったく漕いでないので室内撮影でしゅが・・・

DSCN6739

今回は唯一のロードバイクでご近所にお出かけの際にEDCしているグッズのご紹介・・・

まずハンドルにかけてるのが常用している
リン・プロジェクトの革製カスク(2Lサイズ)であります。

ま、たまに車道を走る(可能性がある)場合はbernのALL STONEヘルメットを着用しますが・・・


で、こちら・・・

DSCN6744

トップチューブバッグには、いつもの定番コースならガラホ(京セラ・トルク)とキーホルダー、
写真を撮りたいときは古いニコンのコンデジS9700を入れてますが、これらは前回EDC記事
で紹介したものと同じです。

バッグの底にはカメラ防水用のジップロックを2重に敷いてクッション代わりにしています。


ご近所用の(容量可変)サドルバッグには・・・

DSCN6743





DSCN6752

左上から時計回りに、ティッシュや絆創膏などのセット、レジ袋、マスク、チェーンキー、


で、マスクの下が・・・


DSCN6753

キャノンデールのインフレータ付き小型ツールキット



その左が・・・

DSCN6754

非常用のFENIX P1Dであります。ええ、ご近所で夜になることは滅多にないので・・・

カメラを持つ場合には、こちらに予備バッテリーやガラホやキーホルダーが来ますし、
小銭やグローハイパーセットやおやつを入れると、あっとゆー間にいっぱいに・・・

もちろん終日の遠出などでは、6リッターのサドルバッグに換えたり、ウェストポーチを
追加したりしますし、さらにポケッタブルのデイパックかサコッシュを予備に入れますが、
半日程度のご近所へのお出かけなら、これで充分ですね。


で、ダウンチューブとシートチューブのボトルホルダー・・・


DSCN6741

まず画面左のダウンチューブには、ピーコック製800ccステンレス魔法瓶・・・
ええ、わたくし走りながら水分補給するなどとゆー、野蛮なマネは決してしません。

ちなみに魔法瓶屋さんはピーコックとか象印とかタイガーとか強そうな動物名ばかりですが、
これはガラス製の魔法瓶が主流だった頃、丈夫さを売りにするためだったとか・・・


さらにちなみに夏場でもボトルはこれ1本なので、VAAMと氷をたっぷり入れて出発しても、
真夏にはコンビニで1ℓパックの
スポーツドリンクなんぞを何度も追加補給してます。



で、右のシートチューブにあるのが・・・

DSCN6749



DSCN6750

お酒・・・


・・・のペットボトルに入れた・・・


DSCN6747

エマージェンシー・キットであります。


ふたつに切り分けたチューハイ750ccペットボトルをパカッと開けると・・・

DSCN6748

左上から時計回りに、スゴイSUGOiのヘリウム・ジャケット、予備チューブ、タイヤレバー、
ダクトテープ・変換バルブ・痛み止め・絆創膏などの応急セット、炭酸ガスボンベ2本、
であります。

ま、終日とかで雨も予想される場合は、スゴイSUGOiのハイドロライト・ジャケットや、
レインチャップスなどを持ちますが、ご近所なら少々濡れても凍死はしないだろうし・・・
でも薄くて軽いジャケットが1枚あると安心ですし、実際に使うことも多いです。

出先でのチューブ交換や緊急補修が(わたくしの技術で)できるのか、とゆー問題はさておき、
いちおーの装備をEDCしておくことは、ご近所へのお気楽ロードバイクでも必要ですね。

折りたたみミニベロのシルヴァF8Fで出かける際も予備チューブのサイズが変わるぐらいで基本は同じ、
ただし輪行袋をサドルバッグの代わりに装着するしボトルホルダーはハンドルポストの1ヶ所だけなので、
大きめのウェストポーチかデイパックに中身を移すことになります。


ちなみに・・・


DSCN6759

現在もテールランプはDOSUNのRuby Diamondで、これがけっこう明るくて・・・




DSCN6760

この赤い光を毎日3分間ずつ見つめていると、2週間で視力が改善・・・


されるのだろうか???




m98k at 20:44|PermalinkComments(6) mixiチェック