自転車

2021年12月12日

後タイヤ交換後の試し乗りと・・・

はじめて後タイヤ交換したシルヴァF8Fですが、前タイヤ時よりさらにてきとーだったので、
木曜日に試し乗りに出かけてました。


いつもの大和川沿いから・・・

PC090662





PC090666

堺浜の突端へ・・・



対岸には神戸の街並みと六甲山系が見えます。

PC090667

150(300)mmおまけズームレンズでは、これが限界・・・





PC090665

てきとーに交換したビットリアのタイヤですが、約10kmの走行では無事でした。




と、まったりしてると・・・

PC090669 (2)

待ち合わせしていた近所の廃人俳人が、
ダホン・ダッシュP18で到着・・・



PC090677




PC090676

二人で海を眺めつつ、俳壇批判とか文学論とかゲージュツ論とか、いつものバカ話・・・



ちなみに、こちら側の背景が金剛山であります。

PC090680

大阪の最高峰で標高は1125m、六甲山の932mよりは高いです。




と、のんびりと堺浜を1周してから、今回お目当てにしてた鉄砲町イオンにある・・・

PC090697


PC090698

シーバスリーガルの飲み比べができるとゆー「鉄砲町バル」へ・・・


って、

PC090696

「木曜日はお休みやないかっ!!! がるるる」

「事前に調べておけばよかったな・・・ううっ」

と、イオンのレストラン街もウロウロしたのですが夕食前に軽く飲めるようなお店はなく、
結局近くまで戻り、ひさしぶりに各種地酒を置いてる酒屋さんの立ち飲みへ・・・

PC090713





PC090710

まさに我々にとっては理想的な「バル」ですね・・・


と、まずは岩手の地ビール「ベアレン」で乾杯!!!

PC090706




やはり寒い時期の関東煮(おでん)つーのはいいですね。

PC090708

食べる前に撮ればいいものを・・・ちなみに牛すじは関西の関東煮の定番です。



続いて・・・

PC090711

どて焼き(モツ煮込み)で和歌山の地酒「黒牛」なんぞを・・・
わたくし日本酒はあまり飲まないけど桝に入れたコップ酒つーのはいいですね。ひっく



と、(夕食前だったので)今回は軽く2杯だけで済ませて・・・

PC090712

店の前に停めてたミニベロを押しながら、ふらふらと向かいの公園へ・・・




PC090714

一輪まるごと落ちるのがツバキで花弁が一枚一枚落ちるのがカンツバキ・・・だとか、
テレビの天気予報でやってましたが、わたくしサザンカとの違いも分かりません。


ま、大阪市内では・・・

PC090727



PC090718



PC090725

黄葉も紅葉も、まだまだ見頃でした。



と、

PC090726



PC090729 (2)

球場の夕焼けを眺めつつミニベロを押しつつ無事に帰宅しましたとさ・・・どっとはらい



m98k at 16:12|PermalinkComments(0) mixiチェック

2021年12月01日

はじめての後タイヤ交換!!!

この間・・・ボルネオ仲間にはベトナム焼酎で多大のご迷惑をおかけしましたが・・・

とりあえず、何もなかったことにして・・・


前回記事からの続きとゆーか、はじめての後タイヤ交換記事であります。

2年前の前タイヤと同じ症状になったシルヴァF8Fの後タイヤなんですが、当時は安かった
DUROのタイヤが今はけっこうお高くなってたので(999→1460)、どうしたものかと悩み、
結局ご近所のパーツ屋さんで1本だけ売れ残ってた、こちらのタイヤを購入・・・

PC010673


PC010675


PC010661

ビットリアvittoriaタウニーTOWNEEの20×1.35(35-406)であります。
ええ、DUROの現在価格とあまり変わらなかったし特価品だったもので・・・



つーことで、サルでもできる?はじめての後タイヤ交換!!!であります。

PC010662

用意したのは前タイヤ時と同じく空気入れとタイヤレバーのみ・・・



まずはブレーキワイヤーを外します。

PC010664




で、サイコンを外した車体をひっくり返して・・・

PC010665

チェーンが外れやすいようシフトを一番外側にしてタイヤの空気は抜いておきます。

で、クイックリリースを緩めディレーラーを押しつつチェーンを外し、やや前に抜きとれば、
本体から後輪が外れます。

このあたりが前輪よりやや手間がかかり輪行の場合はチェーンの固定やエンド金具の装着
といった作業がさらに必要になるので、後輪を外さないタイプの輪行袋も多いですね。

あとは前輪と同じ手順でタイヤレバーでタイヤの片側を外してチューブをバルブ部分から抜き、
タイヤのもう片側もタイヤレバーで力まかせに外します。
(パンク時の修理や交換でチューブのみを取り出す際は片側のみでも可能)



ちなみに後輪では・・・

PC010666

タイヤにチューブがべったりくっついてて剥がすのにけっこう時間を要しました。



で、まずはチューブに異常がないか、空気を入れて確認・・・

PC010669




ちなみに古いタイヤのほうは・・・

PC010668

やはり前タイヤと同じ症状になってました・・・
まだ2000kmも走ってないし、原因は何だったんでしょうね・・・
やはり体重増加か・・・


で、前輪同様に新タイヤの片側を嵌め空気を少し入れたチューブを入れてもう片側も・・・

PC010670

やはり最後はタイヤレバーで力まかせにぐいぐいと・・・


中でチューブが捻じれてないか挟まってないか、ぐにぐにと全周を押して確認し・・・

PC010671

異常がなければ規定圧(今回のは2.5~3.5BAR=35~50PSI)まで空気を入れて再度確認、
ディレーラーを手で押さえながらチェーンをひっかけ後輪を本体に戻します。

廻してみてブレがないか確認してからクイックリリースを固定、本体ごとひっくり返して、

PC010672

タイヤの方向も再確認、ブレーキワイヤーを戻せば後タイヤ交換の終了であります。

輪行時と同じで後輪の脱着は前輪より手間でしたが、まあ時間さえあれば・・・

で、近所数キロの試し乗りでは特に異常はなく低圧のわりには、けっこう硬い乗り心地でしたが、
前タイヤ(5.5BAR)と後タイヤ(3.5BAR)との空気圧差つーのは問題ないのかなあ・・・




m98k at 19:40|PermalinkComments(0) mixiチェック

2021年11月24日

ひさしぶりのF8Fで・・・

先週の水曜日、ひさしぶりのシルヴァF8Fで、ひさしぶりの大泉緑地へ・・・

ええ、今年4月に行ったきりで以後は梅雨から夏の猛暑と秋の長雨が続き・・・へらへら

PB170671 (2)

途中の大阪市立大学のイチョウもすっかり黄葉してました・・・




ちなみに大和川の右岸には・・・

PB170679


PB170678

どーゆーわけか、サギさんとカワウさんが集結してました・・・



と、ふらふらと大泉緑地の大池に到着・・・ここまで自宅から約10km・・・

PB170698

この日も近所に住むダッシュP18乗りの友人と二人でのポタリング。



今回はじめて気づいた水琴窟・・・こんなのあったのね・・・

PB170701

ぴちょーん、ぴちょーんと響く音には確かに独特の風情がありますね。



大池には・・・

PB170707

カモさんも飛来してたので、パンケーキ・ズームから150(300)mmズームに交換・・・





PB170686



PB170683

さすがに近くなので、それなりに撮れました・・・

そーいや、カモさんの居る時期しか来てないなあ・・・しかも真冬は寒いし・・・



おなじみのサギさんも居たのですが・・・

PB170711

こちらは、さらに近づこうとすると、ぱたぱたと逃げ出しました・・・
住吉公園のサギさんなら野外宴会をはじめると近寄ってくるのですが・・・


少し離れた草むら(湿地)に移動してました。

PB170714




PB170712

ここでは蟲さんでも探してるのかな・・・



と、園内の周回路をのんびりポタリングして・・・

PB170725

古墳の一部を利用した???BMXコースであります。



PB170719

まだ小学校低学年ぐらいでしょうか・・・



PB170721

物凄いスピードとバランス・テクニック・・・

「どや、我々も二人で勝負しようか、同じ小径車やし・・・」

「二人とも転倒骨折は確実、やめておこう・・・」

「確かに・・・」

と、さらに周回路を半周して・・・

PB170727



PB170726

メインゲートのイチョウの黄葉も見事でした。


と、そそくさとおなじみの「ぎょうざの満州」まで戻り・・・

PB170730

おなじみのプレモルでまずは乾杯!!!



あっとゆー間に飲み干してしまい・・・

PB170732

おなじみの水餃子と焼餃子とレバニラで二杯目もかぱかぱ・・・




PB170734

さらに友人は常温の紹興酒なんぞもかぱかぱ・・・
ま、わたくしは夜から所用がありビールだけで我慢しましたが・・・



で、〆は期間限定の鶏チャーシューねぎラーメン・・・

PB170736

ええ、すでに食べる前に撮る段階を過ぎてましたが・・・




PB170737

ともかく完食完飲であります。
ちなみにここのあっさりスープとストレート麺のラーメンは好みです。げふっ



と、例によって水曜特価の冷凍餃子や生麺を買い求め、例によってあちこちで休憩しつつ、
ふらふらと押して帰る途中に後輪がゴトゴトしてるのに気づき、自宅で確認してみると、
なんと後タイヤが・・・

PB190660

以前交換した前タイヤと同じ症状になってました。

うーむ前輪よりややこしそーだけど、やはりタイヤ交換するしかないか・・・
と、某Amaz〇nを見てみると、同じタイヤが2019年12月には999円だったのに、
今は何と1460円になってました・・・これもコロナの影響なのか・・・ううっ

さてさて、どうしたものか・・・(と、続きは次回記事にて)



m98k at 11:24|PermalinkComments(2) mixiチェック

2021年05月30日

サクランボと・・・

サクランボ・・・

P5260029





P5260031





P5260032

4月にハッカチョウのペアを見つけた大泉緑地の桜の樹であります。
ハッカチョウは見つけられませんでしたが、熟れたのを一つ食べたら酸っぱかったけど、
サクランボの味がしました。ま、当たり前なんですが・・・

そう、過日の梅雨の晴れ間に、いつもの近所に住む廃人俳人とミニベロで再訪してた次第。


この日の芝生広場では・・・

P5260036

ゴムのカタパルトで飛ばす手作りヒコーキのグループが楽しんでおられました。
ちょうど近所の廃人俳人も製作中だったそうで、興味津々でお話を伺ってましたが、
「手作りでは失敗続きやから、やはりキットを買ったほうがよさそうやな・・・」
「あんたの工作レベルでは、キットを買っても無理でしょう、あははは」
と、冷酷な現実を告げておきましたが・・・

この日は緑地の周回コースをのんびりと走ったり・・・



P5260041

まっすぐな道でさみしい・・・山頭火


と・・・

P5260042



P5260043

山頂を制覇したりして・・・

今回は暑かったし長居植物園も緊急事態宣言を受けて閉館中だったので、例によって、
たっぷりと買い出しをした後に、わたくしの実家で遅めの昼食宴会!!!つーことで、
またまた、かぱかぱ、ばくばくと・・・

ええ、この日も走行距離は25kmほどで平均速度も15km/h以下、そう、例によって
消費カロリーを大幅に上回るカロリー摂取となりました。げふっ


m98k at 00:03|PermalinkComments(2) mixiチェック

2021年05月20日

「4分で身体は変えられる」の科学

大阪でも梅雨に入ったようですが、まだまだ宴会できない状況が続いてます・・・

つーことで・・・

DSCN8293

「4分で身体は変えられる」の科学~なぜ短時間・高強度運動が人気なのか?~

田畑 泉著 扶桑社(扶桑社新書340) 2020年7月1日 初版第1刷発行

そう「タバタトレーニング」の考案者ご本人が書かれた昨年7月の新刊書であります。

今や世界中に広がってるけど誤解も多いし、感染予防の巣籠りで運動不足を心配している
人たちにもいるし・・・と、新たな出版を決意されたとのこと。

わたくしも巣籠りによる運動不足と飲み過ぎ食べ過ぎで筋力は落ち、体重と体脂肪は増える一方、
ま、これなら一人で、ひっそりとできるかもと・・・


例によって目次のみ・・・

DSCN8295




DSCN8296



DSCN8297

ナナメ読みしただけですが、以下はわたくしなりの部分メモ・・・

・「強度の高い運動」=最大酸素摂取量の170%の強度の運動=50秒程度で疲労困憊に至る運動
=だいたい400m走を全力疾走するぐらいの強度
・この運動を20秒やって休憩を10秒=30秒×6~7セット=1回3分~3分半だけの運動
・このインターバル・トレーニングを週4回×6週やれば有酸素性エネルギー(最大酸素摂取量)が10%、
無酸素性エネルギー(最大酸素借)が30%改善した。
・1日1回4分(8セット)を週2回だけでも3週間やれば改善し、6~12週間やれば充分。

(以下、自転車によるトレーニング部分のメモ)
・固定式の自転車エルゴメータ運動が安全で最適だが、一般ジムの固定式自転車では
(スポーツ選手なら)最大強度にならないこともある。
・毎分90回転でセットを繰り返し回転数が落ちてきたら声をかけ、いくら声をかけても
85回転に下がる程度の負荷が最大強度(疲労困憊状態)
・8セット(4分)以上できれば負荷が軽すぎ、5セット(2分半)以下なら重すぎなので調整する。
=6~7回で疲労困憊(自転車なら90回転が85回転に落ちる時点)に至る強度(負荷)が適正。
・強度の高い運動なので必ずウォーミングアップとクールダウンを10分ずつやること。
つーことでした。

ま、ジムにある固定式の自転車なら疲労困憊すればやめればいいだけで安全なんでしょうが、
一般道のロードバイクで素人が疲労困憊するまで漕げば、間違いなく事故になりますね。

さてさて、わたくしはどうすればいいのか・・・

(某wingさんとは異なり)室内に固定された自転車を漕ぐなんて大嫌いだし・・・
急坂なら低速でも負荷が大きいだろうけど、わたくし上り坂も大嫌いだし・・・
20秒は全力で漕いで10秒は惰性で走る、つーのを8回(4分)週2回でやってみるか・・・
堺浜の自転車道なら車止めもフェンスもあるので万一転倒しても、まず大丈夫だろうし・・・
その往路復路をのんびり漕げばウォーミングアップとクールダウンになるだろうし・・・
で、わたくしの場合、20秒間を維持できるのは、せいぜい時速45km/hぐらいか・・・
でも、その後に10秒だけ休憩、また20秒の全力つーのを8回も繰り返せるのだろうか・・・
それでも最大強度までいかないだろうけど、間違いなく疲労困憊はするなあ・・・
そんな状態で果たして無事に帰宅できるのか、ま、あとのビールはうまいだろうけど・・・

ちなみに著者は、この運動で痩せたという話も聞くが短時間なので脂肪燃焼は少ない、
とも書いておられました。
ただし活発に動ける身体になった副次的効果により、痩せることもあるそうです。

うーむ、さてさて、どうすべきか・・・
ま、ナナメ読みでもメモしたことだし、とりあえず朝から一杯・・・ぷしゅ



m98k at 08:18|PermalinkComments(2) mixiチェック