醸造酒

2024年02月10日

ホイアン・ランチde西成結劇場を知る

とーとつですが本日のお昼・・・


P2105465



P2105466

ひさしぶりのベトナム料理ホイアンへ行ってました



P2105464

ひさしぶりの駐輪場・・・相変わらず酔うと危ない砂利と石畳の段差


店内は、ちょうどテト(旧正月)シーズンだったので・・・

P2105439





P2105459


P2105442

新年祝いの装飾でいっぱいでした



中庭には・・・

P2105430



P2105434




P2105433

ロウバイが咲いてたりして、いかにも新春の雰囲気
確かに新春や初春つーのは旧暦の方が、季節的にはしっくりきますね


と、本日は軽く北のハノイビールと南のサイゴンビールで・・・

P2105446

お昼のランチコースを楽しみました


以下さくさくっと・・・

P2105445

海老せんべいとパパイヤのサラダ・・・
先週も別の店で食べたような気もするけど・・・




P2105448

左上が生春巻きと揚げ春巻き、右上が海老マヨチリと皮付きパリパリ塩豚、
下がパインイット(海老のもちもち蒸し団子)で、どれも美味しく、ばくばくごくごく



3人で2本のビールはたちまち飲み干したけど、ランチなのでベトナム焼酎までは行かず

P2105452

各自が3種類から好きなフォーを注文・・・



わたくしはもちろん・・・

P2105453

牛肉のフォーを選択してました 
中華麺もいいけどフォーも・・・独特のスープも美味しいし・・・ずるずる


と、健康的に完食後は、

P2105454



P2105456

ハス茶やコーヒーでまったり・・・ご馳走様でした



で、店を出て26号線を渡ろうとすると、ちょうど向かいに・・・

P2105467



P2105468

こんな劇場が2月1日にオープンしてたようで、わたくし本日まで知りませんでした




P2105469

西成から世界へ!!!
右のパチンコ店との間が玉出本通り商店街で、スーパー玉出1号店の西隣になりますね



P2105473


P2105474


P2105475

それにしても大衆演劇の芝居小屋が新規オープンなんて!!!
わたくしには完全に昭和のイメージだったのですが・・・
ええ、もう今の時代の流れはわかりません・・・ぷつん



m98k at 17:11|PermalinkComments(0) mixiチェック

2024年02月07日

ラクサ⇒鉄板⇒蟹⇒蛤de連続宴会!!!

2月に入って記事を更新してませんでしたが、寝たきりだった・・・わけではなく昨日まで、

おそらく人生ではじめての4日間・連続宴会!!!を楽しんでました

ま、長期キャンプや海外植林ツアーでは連続宴会でしたが毎晩ほぼ同じメンバーでのハナシ、
全く異なるメンバーでの宴会が4日間も連続するなんて・・・じゅるじゅる



と、せっかくなので、まとめてメモしておきます

まずは2月3日、フラッシュ光・2023ボルネオツアーの反省・報告会つーことで・・・

P2035310

大阪駅前第4ビルのB1にあるアジアンバル・フロックスへ・・・


ええ、

P2035313

カウンターなんか、まるでシニアワン・ビカランの雰囲気でした



この日のメンバーはツアー参加者のうち4人と、苗木代などで協力いただいたちかこさんの計5人

P2035315

やや遅れた1名(Y原さん、あんたですよ!!!)を待つ間はベトナム茶と海老せんべいでまったり、
全員揃ったところで日本人らしく、まずはビールで乾杯!!!


以下さくさくっと、この日のラクサ鍋・飲み放題コースを(一部)ご紹介

P2035318

生春巻き・・・食べる前に撮ればよいものを・・・




P2035319

パパイヤのサラダ・・・これは二皿に分かれてたので手を付けてないほう・・・




P2035320

チキンの唐揚げ




P2035321

ポークの串焼き・・・この辺りは食欲に少し余裕が感じられますね



わたくしはプレモルを何杯か飲んでからアジアン各種に切り替えましたが、

P2035322

こちらはトマチーだそうで、トマトとパクチーのチューハイ・・・




P2035324

こちらは希少なキールのスパークリングだそうです




で、こちらが今回お目当てののラクサ鍋

P2035325



P2035327




具材もたっぷり用意してくれてたので、

P2035326





P2035330



P2035332

次々と追加投入して・・・




P2035331

わたくしとH田さんはハイボールに変わってますね、覚えてないけど・・・



と、鍋のシメにはフォーではなく中華麺を選択・・・

P2035337



P2035338



P2035340

わははは、完食完飲であります

ま、食後に胡麻団子も出ましたが・・・撮る前に食べてました




P2035344

なぜか、こんなのもテーブル上にあったようでしゅ・・・


と、帰り道の
大阪駅前ビルの地下には・・・

P2035346

新しくレトロでお安い居酒屋がいっぱいできてたのですが、わたくしは飲んで少し歩くと、
すぐに腰が痛くなる状態が再発、一緒に帰ってくれたちかこさんにご迷惑をおかけしました
ううっ 情けないなあ・・・ぺこぺこ

今後は飲むのも節制しないと・・・


と、翌4日にwingさんが誘ってくれてた神戸ライトOFF焼肉宴会は休肝日にします、
つーことで断ってたのですが、この日はめずらしく中学時代の同級生からお声がかかり、
ついつい近所のお店へ  そーいやwingさんも2日連続のはず・・・

P2045352

以前ちかこさんに連れてきてもらったことのある、肉類が自慢の鉄板焼・お好み焼のお店で、
まずは「さいぼし」(馬肉の燻製)でビールから、やがて二階堂のお湯割りへ・・・かぱかぱ


で、メインには希少な部位の極上ステーキを焼いてもらったのですが夢中で食べてしまい、
今となっては教えてもらった部位の名称も思い出せません

P2045353

こちらは撮影用に出してもらったイチボ肉で、これよりはるかに希少部位だったはず・・・
だから食べる前に撮ればよかったものを・・・


と、もちろんシメは・・・

P2045355



P2045357

生地のしっかりした昔ながらの大阪風お好み焼きでした・・・
って、いつの間にか角ハイボールに変わってますね ひっく



で、翌5日は京都洛南にある家内の実家でカニちり宴会!!!
(介護施設に入所中の家内
父親がカニを食べたいとのことで日程調整してました)

P2055358

カニ各種は家内の妹が大阪・黒門市場で仕入れてきてくれてて・・・




P2055359

わたくしが鍋奉行を担当しました
カニちりは濃厚な風味が出るので、出汁は水と昆布のみで充分



で、例によってビールにはじまり、ばくばくごくごく・・・

P2055361

残ったカニ爪肉はほぐして・・・


濾した出汁のカニ雑炊へ・・・

P2055362





P2055364

だから食べる前に撮ればよいものを・・・




で、翌6日は恒例の元職場の同期会・・・

P2065371

ひさしぶりに大阪メトロ梅田駅の阪急側に出て・・・




P2065373



P2065374

徒歩1分の32番街にある「はまぐり庵」へ・・・




P2065376

はまぐりの専門店だそうで、わたくしははじめてでした




P2065378





P2065377

さすがに28階からの眺めはなかなかのものでした


で、

P2065386

つーことで、この日は安心して・・・




P2065387

こちらの飲み放題コースをば・・・



P2065388

まずはビールで乾杯して・・・




以下同様にさくさくっと・・・

P2065394

先付け三種





P2065395

造り




P2065396

焼きはまぐり三種





P2065397

温物はアワビやあん肝など
生ビールが美味しくて2杯は飲んだはずだけど、ドリンクが変わってますね



で、鍋物は、はまぐりと季節野菜のしゃぶしゃぶ

P2065405

人数×2個ずつぐらいをしゃぶしゃぶしてくれて、開いた順に次々といただくのですが、
わたくしは3~4個ぐらいを一度に・・・これは確かに旨かったです



はまぐりがたっぷりあって、途中からわたくしが
アクを取りつつ鍋奉行をしましたが、

P2065409

さすがに食べ切れないほどでした



で、はまぐりを一通り食べ終えて、

P2065410

野菜や・・・



P2065414

わかめなんぞもしゃぶしゃぶ、ともかく貝独特の出汁が美味かったです




P2065413

この日はめずらしくパインリキュールや桃リキュールのソーダ割を交互にかぱかぱ




P2065415



P2065416

シメのはまぐりラーメンも逸品でした




P2065417

つーことで、この日も完食完飲 げふっ



ちなみにJR大阪駅の夕暮れも・・・

P2065404

上から見るとなかなかのものでした

と、4日連続の宴会となったわけですが、最終日が「はまぐり尽くし」つーことで、
わたくし肝臓を気にすることもなく、めでたしめでたし・・・ぷつん



m98k at 22:22|PermalinkComments(0) mixiチェック

2023年11月17日

フラッシュ光2023ボルネオ10シニアワン

前回記事からの続き・・・

2023ボルネオツアーの連載記事も今回が最終回となります
(最初からご覧になる場合は11月7日記事から順に「次の記事へ」をクリックしてくださいね)


さて、フェアリーケイブのトレッキングでへろへろになったわたくしを乗せて・・・
クルマは一路、バウ地区にあるシニアワンを目指します

バウはマレー語で臭いという意味だそうで、ここに定住していたビダユ族をイバン族が襲撃、
その際に村を焼き尽くした臭いに由来するとか・・・

シニアワンはクチン近郊では最も古い金鉱開発の町、金鉱で働いていた中華系の人たちと
ビダユ族が一緒に暮らす町ですが、昔の目抜き通りは道路の付替えもあり時代に取り残され、
レトロな姿を留めてたので、2010年から週末だけの屋台街が並ぶようになり、サラワクでは
話題の観光地になっているとのこと・・・


まずは昔の目抜き通りを中央から撮影・・・

PB035066


PB035067

早い時間に着いたので路上の屋台もお店も、まだまだ準備中でした

確かに西部劇に登場するゴールドラッシュに沸いた町と同時代の感じで規模も同じ感じ、
レトロな町並みがそのままが残ってて、ロスト・タウンとも呼ばれてるとか・・・

まあ、平日ならゴーストタウンに近いんでしょうね


で、目抜き通りの中央にある、こちらのお店・・・

PB035068

まさに西部劇で保安官とアウトローが撃ち合いになるバーそのものです!!!
(実際にバウ地区はインドネシア国境にあり密輸に関わるアウトローも多いとか)


で、この店の経営者アンディさんはN嶋さんの知り合いで町の有力者、レトロな町の保存や
屋台街など町の復興にも努力されてるとのことで、まだまだ開店前でしたが・・・

PB035078

準備中の一番奥にある川沿いテラス席を確保してもらい・・・


まずは周辺を散策・・・

PB035069



PB035072

店のすぐ裏が渡し船の乗り場になってます
クチンから来たクルマは対岸に停めて、この渡し船を使う方がずっと近道になるとか


目抜き通りの裏側の様子

PB035074

こちらまで来たクルマや自家用車は裏に停めてるんですね



と、軽く散策したところで、まだまだ開店前だったけど・・・

PB035079

まずは乾杯!!!



フェアリーケイブ前でビールを飲んだばかりなので、

PB035082

ロゼール酒とゆー地酒をば、かぱかぱと・・・



4人で、たちまち空けてしまいましたが、

PB035087





PB035086

瓶にも店のロゴマークがあって店のオリジナルなんですね・・・


準備中だったけど料理も早めに作ってもらえることになり、

PB035089




PB035092



PB035090

続いてビールで乾杯!!!


この頃にはスコールもすっかり止んで、

PB035085

青空が広がってました


開店準備で忙しい中、アンディさんと奥様が挨拶に来てくれたので・・・

PB035108

記念写真をば・・・


で、アンディさんの着てたオリジナルTシャツ・・・

PB035107

いいなあ・・・と思ってメニューを見ると・・・




PB035100

おおっ、あるじゃないか!!! しかも速乾性生地だったので・・・
(汗かきのわたくしには速乾性の衣類が必須です)

さっそくアンディさんの奥様にサイズを見計らってもらい試着して購入、
奥様が、今せっかく着てるんだからと、アンディさんを呼んできて、

PB035115

お揃いの記念写真を撮ってくれました


当日のアンディさんのfacebook投稿がこちら

34B524A9-47DD-4CB7-8152-C53546E81E5A
(H田さん提供画像)

ええ、今回ツアー唯一の自分のお土産になりました



とか遊んでると、
料理がどんどん運ばれてきて・・・

PB035105




PB035106





PB035111




PB035112

こちらはタンポヤ(ドリアンの塩漬け発酵食品)を使ったチキンスープ
深みのある味わいで、日本でいえば白味噌や酒粕の風味に近いでしょうか・・・
N嶋さんは6年物のタンポヤを味わったことがあるそうで、さらに深い味わいだったとか




PB035116





PB035120





PB035117

ポークもじつにひさしぶりだったし・・・ばくばくごくごく

とかやってると・・・

アンディさんが、今度はランカウ(強い蒸留酒で本来は密造酒)の瓶を下げて再び現れ、
次々と注いでくれて・・・

399025272_1099103241454299_8632980656890534755_n



399103247_1099103314787625_8179987211809857994_n
(アンディさんのfacebook投稿画像より)
ええ、ご本人もお好きなようで・・・かぱかぱと


もう飲めません、もう食べられません、とゆー頃になって屋台街がオープンしだしたので、
延々と楽しませてもらったお店に別れを告げ、軽く散策することに・・・

PB035122

アンディさんのお店は、すでにお客さんで賑わってましたが・・・



PB035124



PB035125

道路上のほうは、まだこれからとゆー感じですね


以下、さくさくっと・・・

PB035128

こちらはビダユのウツボカズラ飯

ウツボカズラにコメを入れて蒸したもので、たまさんたちのお土産に買って帰り、
ホテルでお相伴しましたが、軽い風味があるものの美味しく食べられました

ちなみにN嶋さんによると、ビダユ族に古くから伝わる野外飯との説明も一部にあるけど、
実際には蒸し器や鍋がないと作れず、そんなの野外には持ち出せないので、古くからあった
野外料理ではないはず、とのことでした なるほど・・・


ほかにも・・・

PB035131

竹筒の焼き鳥スープとか・・・こちらは間違いなくビダユの伝統料理でしょうね




PB035140

ノンハラルの豚肉ソーセージ各種
全種類を制覇しようと、日本を
出発する前から楽しみにしてたのですが・・・
さすがにお腹がいっぱいで・・・うぐぐぐ


ちなみにこんなのも・・・

PB035139


PB035138

ええ、ライセンスマークは特に見当たりませんでしたが・・・

他にも美味しそうなのがいっぱいでしたがとても入らず、今回はあきらめました


と、最後は・・・

PB035145

こんな顔出しパネルでの記念撮影で〆て・・・




PB035146

シニアワンとお別れし、たまさんたちの待つクチンの定宿ホテルに戻りました


で、ホテルの部屋では二日ぶりに全員が集合して、ボルネオ最後の宴会!!!

LINE_ALBUM_ボルネオ2023原田_231107_88
(H田さん提供画像)


たまさんもすっかり元気になってて・・・

1700145743582



1700145743579

シニアワンで買ったウツボカズラ飯やお菓子、スリアンで買った各種フルーツの残りなんぞを、
みんなでばくばく、ビールをごくごく・・・

そう、明日はもう帰国するだけなので、遅くまで会話が弾みました


で、翌朝・・・

PB045149

ボルネオ最後の朝食をばくばく・・・



ホテルを出てクチン空港へ向かう途中の車内からは、

PB045152

巨大なサイチョウさんを撮ったりして・・・って、ピントが車内に・・・


今回もお世話になったN嶋さんとも空港でお別れ・・・スラマッ・ティンガル!!!


で、チャンギ空港行きの機が離陸してしまうと、いよいよ・・・

PB045162

楽しかったサラワクともボルネオともお別れであります ぐすん


往路と同じスクートのスナックが我々だけに出て、ばくばくしてると

PB045167

機はシンガポール・チャンギ空港に無事着陸




PB045169

広大なチャンギ空港では、関西空港行きのゲートオープンまで2時間以上あったし、
お店も昼の時間帯で全て営業してたので自由行動にしました

マレーシア・リンギットのシンガポール・ドルへの両替はレートが悪かったそうで、
皆さんはクレジットカードで高価な香水やタグ・ホイヤーの高級腕時計をお土産に・・・
されてたのかっ???


はたまた・・・

PB045192




PB045193

高価な博多ラーメンや一番搾りを味わう富裕層もいたようですが・・・



わたくしは数リンギしか残ってなかったし、クレジットカードを使うのもめんどーで、

PB045191

Y原さんと空港内にあった入場無料のバタフライ・ガーデンへ・・・




PB045183





PB045188

大温室に大きな滝もあって、なかなかの迫力でした

で、ボルネオでは殆ど撮れなかったチョウチョさんが、たっぷりの花やフルーツに、
いっぱいとまってるので、これならば撮れるかと・・・

PB045172





PB045175





PB045178






PB045181




PB045180




PB045186

わははは、いくらでも撮れました・・・
ただ温室内は外気温と同じ?暑さなので、すぐ「エアコンの効いた外」へ出ましたが

ゲート前でお知らせして残りの皆さんも最後のチョウチョ撮影に向かわれてました


と、いよいよ
トラムが行き交うチャンギ空港ともお別れ・・・

PB045200



往路と同じシンガポール航空の関空便に搭乗して・・・

PB045201

スナックでかぱかぱ・・・



PB045204

ひさしぶりの和風チキンカレーの夕食でかぱかぱ・・・



PB045205

さらに飲み物を追加して、かぱかぱしつつ・・・
復路も何本か映画を観ましたが日本映画の「湯道」がけっこう記憶に残ってます


と、関空には予定より20分ほど遅れて到着・・・

LINE_ALBUM_ボルネオ2023原田_231107_92
(H田さん提供画像)

ともかく全員無事に帰国できて、まずはめでたし、めでたしです
ま、神戸ベイシャトル組は予定の便に間に合わず、次便までまったりされてたようですが

と・・・

今回もインサーツアーズのN嶋さんはじめ、MRCのT井さん、現地スタッフや公園レンジャー、
ホストファミリーなど多くの方々にお世話になりました
おかげで(わたくしには難行苦行もあったけど)じつに楽しい旅になりました
あらためて心より御礼を申し上げます

さてさて、次のフラッシュ光ツアーはモンゴルの大草原での星空照射か、
はたまた、サバ州キナバタンガン川ナイトクルーズでのイリエワニ照射か、
それとも、まだまだ知らない魅力がいっぱいのサラワク州リベンジかっ???

いずれにしても・・・

わたくし今回ツアーでは(落車による大腿骨頸部骨折のリハビリ中ということもあったけど)、
皆さんの半分程度の歩行距離と歩行速度でしか歩けず、脚力の衰えを痛感しました
さらに平衡感覚も療養中に驚くほど衰えてて、よくバランスを崩すので慎重になってたし、
おかげで皆さんにもご迷惑をおかけしてました

まあ飲食に関しては、まだ楽しめることを再確認しましたが、このままではどこへ行っても
トレッキングを楽しむことはできません
今後もリハビリを続けて通常ペースで歩けるまで回復しようと帰国後に決意した次第


つーことで、ともかく・・・

今回参加された皆さん、連載をご愛読いただいた皆さん、まことにお疲れ様でした
いずれ、どこかでご一緒しましょう!!!

(2023ボルネオ連載記事はこれでおしまい)


m98k at 17:50|PermalinkComments(0) mixiチェック

2023年11月15日

フラッシュ光2023ボルネオ8アナ・ライス村

前回記事からの続きであります

ベンゴー地区での秘境トレッキングと滝での水浴び?を楽しんだ御一行(ただし4人)は、
ビダユ族が暮らすパダワン地区のアナ・ライス村へ・・・

PB024833

この村ではロングハウスでのホームステイに村を挙げて取り組んでるようで、村の入口には
大きな駐車場と立派なビジターセンターがあり、ここで入村手続きをします


ビジターセンターでは歓迎の地酒が振る舞われ、かぱかぱと・・・

LINE_ALBUM_ボルネオ2023原田_231107_72




LINE_ALBUM_ボルネオ2023原田_231107_73
(H田さん提供画像)

「ったく、
この人たち何杯飲むつもりかしら・・・びくびく」
といった顔をされてますが、奇跡的におかわりはしませんでした


ちなみに村の駐車場には・・・

PB024834

なかなかの色合いのクルマが停まってました


で、トレッキングで汗まみれ、滝でびしょ濡れの御一行は、ビールを仕入れてから、

PB024835

村の温泉へ・・・




PB024840



PB024841



PB024842

対岸の川底から温泉が湧いてて、その一部をせき止めて湯舟にしてあります
ちなみにこの川は、サラワク川の源流のひとつだそうですが清流でした



涌出部に足やお尻をのせると熱かったですが適温で川で身体を冷やすこともでき・・・

LINE_ALBUM_ボルネオ2023原田_231107_67
(H田さん提供画像)



LINE_ALBUM_ボルネオ2023原田_231107_70
(H田さん提供画像)




PB024844

これまでで最高のビール、まさに至福のひとときでした



シャワー施設もあり、さっぱりしてから村のロングハウスへ・・・

PB024853

店で借りたクーラーボックスに残りのビールを入れたN嶋さんの後に続きます




PB024854

ロングハウスは最初は共同で建てるものの、その後は各戸の事情に合わせて、
別々に改築や増築をするので、こんな感じに不揃いになっているのだとか・・・

イバン族のロングハウスは川と平行なのに対しビダユ族のは川と垂直なのが特徴だそうで、
山裾まで行けば、そこで終点になるそうです



この村は大きく、ロングハウスもどんどん延長・増築されてて・・・

PB024857





PB024859





PB024860





PB024861

枝道があちこちに伸びて迷路状態になってるのが面白いですね・・・
散策するのが楽しみです



PB024862

このあたりが高床式「目抜き通り」といったところでしょうか・・・


で、目抜き通りから枝分かれした先にある・・・

PB024863



PB024864

こちらのお宅にお世話になります


ロンドンから帰ってきたばかりのホストマザーからコーヒー紅茶お菓子で歓迎を受け、
こちらからも日本のお土産(未開封のつまみ)を渡して挨拶の後は・・・

LINE_ALBUM_ボルネオ2023原田_231107_66
(H田さん提供画像)



PB024871

温泉から持ち帰った冷たいビールで、まったり、のんびり、ぐったり・・・



室内を一巡しました

PB024872

階下の左が台所、右がトイレとシャワーで二階もありますから実質3階建てですね


部屋には・・・

PB024879

ビダユ伝統の民族衣装や



PB024899

ブローパイプ(吹き矢)や生活用品などが飾ってあり、



PB024890

数々の表彰状もありましたが、この村もキリスト教徒が多いのかな・・・



窓からの眺めはこんな感じで、確かにロングハウスが山裾で途絶えてます

PB024870

すべてが高床式の回廊で繋がってて地上に下りる必要はありません



やがて雲行きが怪しくなってきて・・・


PB024877





PB024881

スコールが始まる頃になると・・・




PB024887

ビダユ伝統料理による夕食であります




PB024888

基本は竹筒で炊いたご飯に、鶏と卵と野菜や山菜の組み合わせですね
どれも癖がなく食べやすく美味しかったです ばくばくばく




PB024889

食後のフルーツが出て・・・





PB024900

酒類調達担当が調達してくれたマンゴー酒なんぞを飲んでると、



ボルネオでは「オッサンの酒」と呼ばれる安い紹興酒で・・・

PB024906




ホストファミリーが・・・

PB024902



PB024904



PB024907

ビダユの酒の飲み方を披露してくれます


まずはホストが自分でグラスの酒を飲み干し、そのグラスをゲストに廻して注いでいきます

PB024908

次々とゲストが飲み干して一巡すれば、また最初から・・・

と、この夜は一泊用の軽装備だったので、すべての酒を飲み干して就寝しました ばたっ



翌朝・・・

PB034910





PB034909

たっぷりの朝食を食べてから、N嶋さんの案内で村を散策します



以下、さくさくっと・・・

PB034911




PB034914

あちこちで鶏が飼われてました
ここの鶏は何故か深夜でもガンガン時を告げ続けるので、昨夜もうるさかったです


地上に下りた村の公共トイレ

PB034931

ボルネオに公共トイレは少なく、あっても有料が多いのでホームステイ客への配慮も?




PB034933

川の向うにも村は続きます




PB034937

こちらは昔の村の集会所



PB034935

今は使われず保存されてますが、ここで車座になって毎晩宴会してたんですね




PB034934

この川を下ればクチンへ・・・



河原へ下りました

PB034943





PB034944

ビダユの人々は、こんな巨木には精霊が宿ると信じており絶対に伐らないそうです




PB034941

裏山は演習地になってるそうで、陸軍の車両が移動を開始してました




PB034947



PB034946

こちらは村の共同精米所(精粉所?)でしょうか・・・

と、まったり散策した後は楽しかったアナ・ライス村に別れを告げて、
御一行(今は4人)はウィンドケイブとフェアリーケイブを目指します

(次号に続きます)



m98k at 17:17|PermalinkComments(0) mixiチェック

2023年11月07日

フラッシュ光2023ボルネオ1クチンへ

わたくし10月27日から11月4日まで7泊9日のフラッシュ光2023ボルネオツアーつーことで、
ボルネオ島サラワク州を巡ってきました

このツアーとしては奇跡的にこちらのスケジュールどおりとなりましたが、今回は雨季に
入ってたので、はじめての長時間スコールに何度か遭遇したり、個人的には骨折リハビリ中
だったりで、わたくしには難行苦行の珍道中となりましたが、それでも楽しくお腹いっぱい
になるツアーでした

ま、ぼちぼちと記事をアップしていきますが、当サイトでは(恒例により)飲食画像がメイン、
稀少な動植物の画像や説明などはwingさんのSNS投稿とかで楽しんで下さいね



まずは10月27日の夜9時、関西空港シンガポール航空カウンター付近に全員が集合・・・

PA274095

今回の
メンバーは前回と同じく宴会担当Y原さん、酒類調達担当H田さん、照明担当wingさん、
飲み食い担当98kさんに、wingさんの古い友人で初参加のカエル担当たまさん、たまさんの娘さんで
同じく初参加の植物担当こたまさんの計6人でした



恒例によりチェックイン開始を待つ間にも・・・

PA274097

持参の焼酎をかぱかぱ呑む者・・・




PA274099

酒類調達担当が調達してくれたトリス・ハイボールで乾杯する者なんぞが続出・・・


それでもチェックイン→託送手続き→出国審査→手荷物検査と奇跡的に全員がクリアして・・・
搭乗開始を待つ間にも・・・

PA274104


LINE_ALBUM_2023 ボルネオ 宮澤_231107_1

Y原さんオススメのホットドッグなんぞで
チューハイやビールもかぱかぱ・・・



やがて・・・

PA274106

ふらふらとシンガポール航空ボーイング787-10に搭乗・・・

ちなみに、この機種のエコノミー席は横の一列が・・・

    DEF
ABC      GHIとゆー12席になってて中央席でも割と通路に出やすくて便利でした
    JKL



で、席に着くとサロンケバヤ姿の素敵なおねいさんの歓迎を受けました

PA274108

関空からシンガポール・チャンギ空港までは5時間46分なんですね・・・ひっく




PA284111

機内食も美味しく映画を観ながら、さらにビールやワインをかぱかぱやってたのですが、
深夜便だしやがて意識は朦朧、全編を観たのはインディジョーンズの最新作ぐらいでした



と、わたくしは眠れないままの朦朧状態が続いてましたが・・・

PA284114

ほぼ定刻にチャンギ空港に到着したようです

広い空港を延々と歩き、さらに足腰もへろへろになりましたが、旅への高揚感だけで、
なんとか皆さんについていくことができました ひいひい



やがて・・・

PA284119


PA284120

乗り継いだクチン行きのエアバスA320-4が離陸する頃には夜が明けてきました


この便はLCCスクート航空との共同運航だそうで・・・

PA284121



PA284122

シンガポール航空の乗客にだけ軽食が出るんですね・・・ばくばく


と、チャンギ空港から1時間半のフライトでボルネオ島のクチン空港へ・・・

PA284125

4年ぶりのボルネオ島であります わくわく


空港で、おなじみ現地旅行社N嶋さんの出迎えを受け、入国審査や荷物検査も無事に通過、
専用バンで最近クチン市内にオープンした豪華なシェラトンホテルへ・・・

PA284126

ではなく・・・


その近くにある・・・

PA284128

レートのいい両替屋さんへ・・・

ここで日本円をマレーシア・リンギットに両替したのですが、4年前と比べ円安になってて、
この日の1万円は318リンギットにしかなりませんでした


ただし、wingさんだけは・・・

PA284129

「むふふふ、この日のために準備してたんですよ・・・ひひひ

そう、彼は円高時代に両替していた米ドルをリンギットに両替し、その為替差益で大儲け、
以後はメンバーから為替長者様と呼ばれてVIP待遇に・・・ぺこぺこ
さらに・・・
「98kさん、リンギット不足ならwing金融が高利でお貸ししますよ、げひげひ」と・・・
って今回は、いつものOFF会と立場が逆転してしまったぞ・・・うぐぐぐ

とか、わいわい遊びながら近くのモバイル屋さんへ・・・
ここでwingさんはマレーシアで使えるSIMを購入、N嶋さんもムルの通信会社が変わったとかで
ムルで最も使いやすいSIMを購入されてました

ま、わたくしはSIM交換もできないしwingさんやホテルのWi-Fiを利用することにして・・・

PA284132



PA284131

記念撮影とかで遊んでました

で、この日はレガッタの世界大会が開催中とかで、いつものサラワク川沿いの定宿は満杯、
今回はじめての昔からあるホテルに荷物を置いたのですが、ロビーでは・・・

PA284135



PA284134

今年はヒンドゥー教徒が新年を祝う最大のお祭り「DIWARI」が11月12日だそうで、
その飾り付けが始まってました

そう、ボルネオ島では先住民族のお祭りに加え、マレー系・中華系・インド系の人たちの
お祭りも皆で盛大にお祝いするんですね
イスラム教徒のラマダン明け、仏教徒の旧正月、キリスト教徒のクリスマスとか・・・


で、待ちに待った(早めの)昼食宴会はクチン近郊にあるN嶋さんオススメのフードコートで

PA284136



PA284137

そう、マレーシア料理フードライターの古川音さんが、N嶋さんとライブ配信されてた、
あのフードコートであります



まずは、わたくしの今回ツアーの目的のひとつだった・・・

PA284140



PA284141



PA284149



PA284145

サラワク州ではじめてのクラフトビール「1602」で乾杯!!!


お昼のメインはもちろん・・・

PA284144

サラワク・ラクサであります
確かにここのフードコートのは格別においしかったです


他にもN嶋さんオススメの点心なんぞが次々と運ばれてきて・・・

PA284142



PA284143



PA284147

すべてが美味しく、すべてを完食完飲・・・げふっ

と、食後は前回4年前には建築中で、昨年オープンしたばかりのボルネオ文化博物館へ・・・

(次号に続きます)



m98k at 19:37|PermalinkComments(0) mixiチェック