食器・クッカー

2021年02月10日

焚火台???

(役に立つかも知れない前書き)
NHK総合・2月11日(木)2:49AM~3:49AM(10日深夜)「魂のタキ火 特別編 癒やしの炎」が再放送されますね。
焚火だけの動画なので、録画しておいて焚火キャンプができないときに大画面で流しておけば、癒やされる・・・
・・・かも知れません・・・



と・・・最近のソロキャン・冬キャンブームで焚火台が見直されてるようです。

つーことで今回は、わたくしがキャンプで愛用していた焚火台???のご紹介・・・



じゃーん

DSCN9089

ま、基本的には頑丈な鉄バケツ(ペール缶)なんですが・・・




DSCN9094

中ほどに仕切りがあって下部の穴から空気が入り燃焼しやすくなってます。
大きな薪とかでも、タテにそのままぶち込めるのも便利でした。




DSCN9096

短い三脚も付いてて地面への影響も少ないし・・・



ま、正式名称は焚火台ではなく・・・

DSCN9088

「多目的スーパーコンロ」つーことで・・・




DSCN9086

「冬期には暖房用及び、簡易焼却用としてご使用下さい。」と書かれてます。

そう、わたくしこれを主にキャンプでの「ごみ焼用」に使ってたのでありますね。
もちろん、今は人も多くキャンプ場での「ごみ焼」は迷惑千万ですが、昔はキャンプ最終日に、
生ごみなど燃えるものは全て焼却して、灰は土に埋めて帰るのが当たり前でした。
ま、それでも石や土を焦がすのが嫌だったので、これを使ってた次第・・・

生ごみも他の可燃物さえあれば完全燃焼しましたし、分厚い鉄板なので輻射熱も大きく、
冬場の「ごみ焼ファイアー!!!」は暖かくて快適でしたね。ま、夏場は暑かったけど・・・

さてさて、今は焚火台が流行ってることだし、これを復活させるとするか・・・
でも、長年「ごみ焼」用に使ってきたので、この上で調理するのもなあ・・・



つーことで、小型軽量の炭火用として・・・

DSCN9100



DSCN9101



DSCN9102

こんな鉄製の七輪(かんてき)もあるので、これを焚火台に転用するか・・・

そう、炭火の七輪(かんてき)ならwingさんの珪藻土の高級品があることだし・・・

でもこれ、大きな薪は入らないし雰囲気的にも「焚火台」とゆー感じでもないし・・・



つーことで、こんなのも・・・

DSCN9097



DSCN9098



DSCN9099

これなら折りたたみ式だし、網を外せば焚火台らしくなるし・・・

でも、どれを焚火台に使うにしても・・・

わたくしにはどうしても、ちまちま感が否めないなあ・・・




そう、やっぱり焚火は・・・

DSCN8611

どどんと直火で盛大に!!!

って、こんな直火ができるキャンプ場、今は希少なんですね・・・

ま、ソロや少人数で小さな焚火台の前で、ちまちまやるのもいいもんですが・・・



m98k at 00:10|PermalinkComments(2) mixiチェック

2021年01月16日

少人数キャンプ宴会グッズ追加!!!

とーとつですが少人数キャンプ宴会グッズを追加しました!!!

そう、こちらの記事後半のグッズをさらに充実・・・

じゃーん

DSCN8836




DSCN8838




DSCN8837

まずは折りたたみ式の「お玉」・・・



と・・・

DSCN8889





DSCN8892

ミニ四脚・・・


ではなく・・・

DSCN8891

折りたたみ式の「鍋敷き」であります。



わははは、これで・・・

DSCN8894

竹箸と一緒に鍋に入れておけば、少人数の「いつでもどこでも鍋宴会!!!」が楽しめます。
ま、具材を切るナイフ・まな板と具材を入れるザルかボウルは持つかも知れませんが、
具材をカットしてポリ袋に入れて持って行けば、そのままブチ込むだけで済むし・・・



DSCN8896



DSCN8897

追加しても何とかひとまとめにできたし・・・



さらに今回は少人数での焼き物用にも・・・

DSCN8898


DSCN8900



DSCN8901



DSCN8902

表面にコーティングではなく特殊熱処理で「窒化鉄層+酸化鉄層」を形成させたとゆー、
16cmサイズの日本製・高級フライパンを・・・
(買ったけど一度も使ってなかった)奥様からプレゼントしていただきました。

板厚は1.6mm、ほんとは2.3mmのステーキパンつーのがあればよかったけど・・・
ま、軽いことだしアウトドアでの簡単な焼き物には充分でしょう。

さてさて、これでいつでも少人数での鍋物・焼き物宴会が楽しめるようになったのですが、
ひっそりと、とはいっても今は少し行きにくいかなあ・・・まだ寒いし・・・




m98k at 02:30|PermalinkComments(2) mixiチェック

2020年12月27日

ポロショコラ専用ケースと専用フォーク!!!

ええ・・・

わたくしの愛してやまないポロショコラですが・・・

ついに専用ケースと専用フォークを入手しました!!! ややきっぱりと・・・


じゃーん

DSCN8641



DSCN8642

ま、某セリアにあった「カーゴランチボックス・ロング」とゆー100均商品なんですが・・・





なんと・・・

DSCN8655

このサイズ感!!!



DSCN8652

まさにポロショコラ専用ケース!!!だったのでありますね。

好みの色合いだしMADE IN JAPANのポリプロピレン製で耐熱140℃・耐冷-20℃だし・・・
ま、耐熱・耐冷性能はポロショコラの持ち運びには、あまり関係ないでしゅが・・・

ともかくぴったりサイズなので、リュックやバッグに放り込んでもこれで型崩れしません。

本来はランチボックスだそーですが、ポロショコラは1本で825kcalありますから、
ランチボックスとしての機能も充分に果たしているかと・・・


さらにタテ・ヨコはジャストサイズで、高さには少しゆとりがあるので・・・

DSCN8656

このようにセリアの折りたたみスプーンとフォークも一緒に入るのであります。
ま、ポロショコラにスプーンは使わないので、実際にはフォークか爪楊枝と紙おしぼりを
人数分入れることになりますが・・・

ちなみにセリアの折りたたみスプーンとフォーク、以前は燕三条の全金属製でナイフもあり、
どれもひとつで100円でしたが、今は2点セットで100円になってて、

DSCN8650

発売元は三条市の会社ですが、MADE IN CHINAのハイブリッドになってるんですね。

まあまあしっかりしてるし以前の全金属製よりお安く軽くなって、色合いもまあまあだし、
これはこれで、まあまあお気に入りに・・・


つーことで・・・

DSCN8649

「わらしべ長者」をめざして、またまた大人買いしましたとさ!!!
そう、これをあちこちでプレゼントしてると、やがて高級チタン製とかに・・・げひげひ



m98k at 00:27|PermalinkComments(4) mixiチェック

2020年12月24日

土鍋風アルミ鍋22cmとか・・・


めりいくりすます、みすたあ98k!!!



つーことで、まずは土鍋風アルミ鍋22cmであります!!!

そう、サンタさんにお願いしても(ずっと飲んだくれてて、いい子にしてなかったから)
プレゼントしてくれないだろうし、自分で買ってきました。あははは


じゃーん

DSCN8733



DSCN8726



DSCN8727



DSCN8732

フタに菜箸が置けるので、フタを開けると同時に味見ができます。
ま、左手にフタ、右手に菜箸を持って味見すると、ヨダレが鍋に入りますが・・・じゅるじゅる




DSCN8734

アルミ鍋つーのは、ともかく軽くて熱伝導率が高いのが特徴ですね。

ステンレス鍋や鉄鍋は丈夫だけど重いし、土鍋は割れやすく内側だけ洗うのにも気を遣うし、
特に土鍋をアウトドアに持ち出すことはないので、「土鍋風」なのもお気に入りです。



ちなみに・・・

DSCN8736

はり底はステンレス鋼で底の厚さは2.7mm、ま、鍋物には充分でしょう。




DSCN8735

はり底のおかげでIHにも対応、おなじみコーナンのLIFELEXブランドであります。


とか、そんなことより今回のポイントは、22cmとゆーサイズだったのでありますね。
このシリーズには18cmサイズと25cmサイズもあったのですが・・・

そう、わたくしキャンプ宴会用の大鍋はいくつか持っており、巨大な中華鍋もあるのですが、
十数年来ずっと愛用しているステンレス鍋は4~5人用だし、それよりも大きい多人数用は、
今では殆ど使うことがなくなったので、2~3人用サイズの鍋が欲しかった次第。


ま、1~2人用には・・・

DSCN8730


DSCN8728



DSCN8729

SOTOの鍋型スモーカーST-125つーのを兼用してましたが、二人鍋としてはやや小さめで、
二人で生煮えの肉を奪い合う凄絶な状況が頻発してましたし・・・

いっぽうフライパン兼用で使う「ダッカルビパン」では、2~3人用にはちと大きかったし、

こちらの・・・

DSCN8731



DSCN8724

鋳鉄製すき焼き鍋はサイズ的にはあまり変わらないのものの、アウトドアで使うには、
やはり
重くて扱いにくいし・・・ま、分厚い鋳鉄なので焼き物にはぴったりなのですが・・・


それに・・・

DSCN8725

ダッカルビパン同様、すき焼き以外の鍋物には、やや深さが足りませんでした。

つーことで2~3人の鍋宴会に、ぴったりサイズのを以前から探してたのでありますね。

アルミ製で軽くて持ち運びも便利、土鍋風で雰囲気もあって2~3人にはぴったりサイズ、
2人だと余裕の容量なので、生煮え状態の肉を奪い合うこともないだろうし・・・

ちなみにサーモスの炒め鍋つーのもフライパンになるしサイズ的にもよかったのですが、
焼き物用と鍋物用は別々にしようと、とりあえず今回はこちらにしてみた次第。
ただし平底でそれなりに厚みもあるので、焼き物も楽しめるのではないかとも・・・
って、やはり兼用しようとしてますねえ・・・洗い物とかめんどーだし・・・



で、せっかくなので、これに色合いをあわせた食器セットもついでに購入・・・

DSCN8738

スキレット風のプラボウルと・・・






DSCN8739

シェラカップ風のプラカップであります。

どちらもダイソーにあった100均商品で、同じポリエチレン製なんですが売り場は別々で、
さらにボウルは耐熱140℃、カップは耐熱80℃になってました。どう違うんだろ・・・

ま、それぞれを鍋物と焼き物の取り皿にしてもいいし、カップは飲み物用にしてもいいし、
飯椀にも汁椀にも使えるし、ともかく色合いがぴったりだったので・・・

DSCN8743

どどんと二人分を揃えました。そう、100均商品はいつ廃盤になるか分からないし・・・



この組み合わせなら・・・

DSCN8744

ひとまとめにスタックできるし・・・


さらに・・・

DSCN8737

ぴったりの黒い収納袋も昨年の京都環境フェスティバルで、もらってたことだし・・・

いやあ、今回はじつにいいクリスマスプレゼントになりました。
ま、自分でちまちまと買い揃えたんだけど・・・


(当日の追記です)
さっそくクリスマスに二人鍋・・・ま、冬キャンではなく自宅ですが・・・

DSCN8761



DSCN8763

まさにぴったりサイズでした!!! ええ、これで肉を奪い合うこともな・・・がるるる





m98k at 00:24|PermalinkComments(2) mixiチェック

2020年12月21日

コンダスの女王シェルピ・カンリの装備と食料

前回記事でサバイバルの実話本を紹介しましたが、ま、その続きつーか・・・

今回は昔のカラコルム遠征隊のキャンプ装備と食料のお話であります。


1978年に刊行された「コンダスの女王 シェルピ・カンリ」とゆー本・・・

DSCN8303


DSCN8301

編著者は隊長の平井一正氏 神戸新聞出版センター 昭和53年5月25日発行・・・

そう、昭和51年(1976年)8月、神戸大学山岳部の遠征隊がカラコルム山脈の未踏峰だった
シェルピ・カンリ(7654m)に初登頂した際の記録で、ひょんなことから最近読んだのですが、
特に巻末にあった遠征隊の装備・食料リストが、とても懐かしくて興味深かったので、
今回はその一部を紹介させていただきます。


ちなみに当時の隊員は以下10名の方々であります。

DSCN8319

神戸大学山岳部のOB9名と現役学生1名による遠征隊で30歳前後が中心だったんですね・・・
現在は60代後半から80代後半になる方々で、わたくしが山歩きにハマってた時期とほぼ重なり、
当時わたくしも使っていたモノや、わたくしが憧れていたモノがいっぱいでした・・・


まずは(1)幕営具!!!であります。

DSCN8304

テントはカマボコ型とウィンパー型がメインで、ウィンパーの3人用でも7kgになってますね。
2人用の吊テントつーのは、当時は最新だったダンロップの吊り下げ式でしょうか・・・
ただし吊テントはキャラバン用や連絡将校用で、高所用はまだまだウィンパーの独壇場。
この後、遠征隊でも急速にドーム型テントが主流になっていくんですよね。

最近のキャンプブームでは、広くて風にも強いカマボコ型が、一体型タープ・テントとして、
再び脚光を浴びてるようですね。やはりテントについても時代は廻るのか・・・

さらに竹ペグ200本を日本から持ち込んだ、つーのも時代ですねえ・・・
たわしは、とーぜんテントの雪払い用・・・

(2)の登攀用具は省略して・・・

(3)炊事用具・・・

DSCN8305

一次隊が高所でのケロシン(灯油)ストーブの不完全燃焼とカーボン詰まりに苦労したので、
ABC(アタックベースキャンプ)以上ではプロパンガスを、BC以下ではケロシンを使用した
と本文にありましたが、200gカートリッジが50本とあり、ラジウス等に慣れていた隊員たちも
やがて不完全燃焼が起きないプロパンを愛用するようになったとのこと・・・

キャンピングガスのブタンバーナーがようやく出回ってた時代なので、鉄製の大型ボンベから
小型カートリッジへプロパンガスを詰め替えて使ってたんでしょうか。
でも1本200g入り230gで今のOD缶とほぼ同じだし、800gボンベ直結型コンロは別にあるし、
キャンピングガスのバーナーやランタン用のプロパン・カートリッジが当時からあったのか・・・
とか、興味は尽きません。

わたくしも当時は先輩から引き継いだプリムス製の灯油ストーブを愛用してましたが、
やがてキャンピングガス→EPI→イワタニプリムスと、OD缶仕様がメインになりました。
コールマンのガソリンバーナーやランタンも併用してましたが、アウトドアでの遊びが、
ファミリーキャンプ中心になる頃から、カセットボンベ式(CB缶)がメインに・・・

そう、バーナーは灯油やガソリンからCB缶とOD缶の使い分けへ、ランタンはガソリンと
CB缶とOD缶の併用から(その前はローソクでしたが)、やがて乾電池式LEDが主流になり、
さらに今ではモバイルバッテリーを兼ねた充電式LEDに完全に移行しました。
そう、これならソーラーパネルを併用すれば、永遠にキャンプ宴会が続けられるし・・・


(3)炊事用具の続きから・・・

DSCN8306

テルモスにメタクッカーにスイスメタ・・・マミヤプレスにニコンF2にニコマート他・・・
どれも懐かしいなあ・・・うるうる

当時の酸素ボンベ(川崎重工)つーのは4ℓサイズで6.3kgとあり、やはり相当重いですね。
現在の高所用はチタン製で軽くてコンパクト、一般人でも健康で資金とヒマさえあれば、
誰でもエベレストの頂上に立てる時代だそうなので、みなさんいかがでしょう・・・

(5)器具他の続き・・・

DSCN8309

動画撮影はベル&ハウエルの16mmとフジカシングル8、他の機材についても、もちろん、
ソーラーパネルやリチウムイオン電池はないので乾電池1200本を持ち出したんですね。
単一200本、単二400本、単三600本で、乾電池だけで総重量は56kg・・・
フィルムは計380本で総重量は30kg、電卓2台で500g・・・時代ですねえ・・・

ちなみにヘッドランプの共同装備は4個になってますが、これは個人装備の予備用。
とーぜんLEDは存在せずライト類はすべてフィラメント仕様なんですね。
さらに通信機器としては3種類のトランシーバー8台と短波受信用ラジオ2台のみ・・・
サーチライト(防水ライト)300g×2つーのは、いったい何だったんでしょう???
と、さらに興味は尽きません。

(6)雑品類(7)医薬品と続き、(8)は隊員用個人装備・・・

DSCN8310

ウールの肌着にアクリルの肌着、網シャツにウールの登山シャツにパンツ10枚・・・

(6)雑品類にはパキスタン国旗×2、日本国旗×3、ローソク40本とかも・・・


(8)個人用装備の続き・・・

DSCN8311

ウールのニッカーズボンにヤッケにジャンパーに半身用の(重い)「エヤーマット」・・・
キャラバン用の軽登山靴に(ヒマラヤンシューズ)とありますが、あのキャラバンシューズ?
ちなみにパキスタン連絡将校用の個人装備は当時の登山規定上の義務だったようです。

以下・・・

DSCN8312




DSCN8313

ハイポーター6人分、中間ポーター11人分の個人装備も当時の規定で同様に準備・・・
ちなみにキャラバン時の一般ポーターは50人以上だったようです。

とまあ、懐かしい44年前の大学海外遠征隊の装備ですが、酸素ボンベと圧力鍋以外は、
当時の国内での冬山装備と基本的には同じだったようです。

今の遠征隊なら衛星からネット接続できる電子機器とソーラーパネルは必須でしょうが、
担ぎ上げる手間はフィルムと乾電池だけ考えても、随分と便利になったものです。


で、以下は日本から持ち出した食料リストであります・・・

10人分だそうですが、ベースキャンプまでのキャラバン中は現地調達した食料が中心で、
日記によると、カパルからのキャラバン出発が6月16日、仮ベースキャンプ入りが6月25日、
ベースキャンプ設営が6月30日、初登頂成功が8月10日、ベースキャンプの撤収が8月17日、
カパルへのキャラバン到着が8月22日となっており、「仮ベースキャンプから撤収までを
日本食とし、670人/日分を用意した。」とありましたから、10人の約2ヶ月分でしょうか。

DSCN8314

当時のアルファ米の赤飯は不評だったようですね。
食塩620g入り467個つーのは何かの間違い? 岩塩より使いやすいとも・・・



DSCN8315


DSCN8316

特注ベーコン真空パックに、瓶詰めのつくだ煮や塩辛、つけもの各種・・・



DSCN8317

当時とすれば最新の行動食なんでしょうが、主食は米とアルファ米、おかずは乾燥肉に
乾燥野菜と缶詰、フリーズドライもありますが、やはり重い缶詰が圧倒的ですね。
レトルト食品が見当たらないのは、缶詰ほどの強度がなかったから?
ボンカレーが1969年、ククレカレーが1971年の発売ですから、出回ってたはずなんですが・・・

最年少の現役学生だった食料係は、出発前に缶詰が多すぎると隊長から非難されてたけど、
旨い旨いと言って缶詰ばかり食べてたのは隊長だったとか・・・

ま、確かに当時の乾燥野菜や乾燥肉つーのは、決して旨いものではなかったでしょうし、
フリーズドライやレトルトの技術も、今とは比較にならなかったでしょう。
砂糖85kgを現地購入つーのも、考えてみれば凄いハナシで、お茶に使ったんでしょうか・・・



DSCN8318

粉ジュースの評価がBつーのも時代ですねえ・・・
またウィスキー30本とありますが、これは隊によって大きく異なるそうで、本隊の場合は、
仮ベースキャンプに到着した時点で、殆ど底をついていたとか・・・
缶ビール(ロング缶?)が450ml入りになってるけど・・・覚えてないなあ・・・
さらにピース缶入り15000本、ハイライト5000本つーのも時代です。
ちなみにどちらも「特にうまいと思ったもの」に評価されてますね。

いやあ、じつに懐かしくて興味深かったです。
本文も単なる記録としてだけでなく、紀行文としても読み応えがありましたが、
巻末にあったこの装備リストと食料リストは、大人数・長期キャンプの糧食・飲料計画や、
災害時に備えたストック計画にも参考になるのでは・・・と思った次第。
そう、現在のキャンプ装備や保存食・行動食の原点は、まさにこの頃でしたので・・・



m98k at 00:21|PermalinkComments(5) mixiチェック